日曜ワークショップのブログ

告知がまたまたまたギリギリになってしまいましたー。
参加をお待ちしております!富川ギター教室以外の方、歓迎です。当日部屋まで直接おいでください。

日時:2021年10月17日 9:30-12:00
場所:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C
タイトル:右手親指の機能とタッチ
参加料金:2000円(学生1000円)
参加方法:当日直接会場にお越しください
持参すべきもの:クラシックギター、足台

概要:クラシックギターにおける右手親指の機能とタッチを整理します。様々な役割を右手親指(p)は担っています。そこを理解することで右手pのタッチやフォームがわかってきます。少しずつ整理をしていきましょう。右手全体の重さを利用したタッチもそこから作っていくことができます。丁寧に練習していきます。ギター初心者の方こそ、右手pのタッチは雑になりがちです。また「腕の重心」を意識しすぎるあまり、ギター語法におけるpの機能が制限されてしまう例も多く見かけます。正しく、ロスのないフォームを作っていきましょう。



告知がまたギリギリになってしまってすいません!
やります。シンプルなテキストを作りましたので、参加をお待ちしております!富川ギター教室以外の方、歓迎です。当日部屋まで直接おいでください。

日時:2021年9月19日 9:30-12:00
場所:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C
タイトル:ギターの指板と音程
参加料金:2000円(学生1000円)
参加方法:当日直接会場にお越しください
持参すべきもの:クラシックギター、足台

概要:ギターの指板上で音程を学んでいきましょう。簡単にいうと「音が見えるようになる」というワークショップです。ギターでは同じピッチの音がいくつもあります。それがギターの難しさでもあり、ポジショニングによってたくさんの音色やニュアンスの可能性を与える魅力ともなっています。オクターブ、五度、三度etc...とは何かというところから説明して、初心者の方でもわかるように、指板上の音に慣れていきましょう。



告知がいーーっつも遅くて「参加したかったけど、告知を見たのは当日の夕方だった」とか数名の方に言われましたので、早めに告知!
8月15日、右手フォームと旋律を弾くときの基本であるim交互運動について説明します。im交互運動を明確に定義して、段階的に説明します。「バタ足をするように」…この一言だけではスムーズなim交互運動は実現しません。

日時:2021年8月15日 9:30-12:00
場所:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C
タイトル:右手フォーム〜和音とim交互運動
参加料金:2000円(学生1000円)
参加方法:当日直接会場にお越しください
持参すべきもの:クラシックギター、足台

概要:右手のフォームの見直しをいたします。和音を弾く=通常のグリップ動作を用いる…というところからしっかりと確認します。その後、それをどのようにim交互運動に変化させていくのかを見ていきます。旋律を弾く基本であるim交互運動ですが、口伝において伝えられてきた部分が大きく、教授者によっては「リラックス」という言葉を明確な定義なしに使っている場合もあります。ギターのタッチで用いられる動きを明確に分析することで、クラシックギター演奏に必要なim交互運動をしっかりとマスターしましょう。



このページのトップヘ