日曜ワークショップのブログ

講座名:禁じられた遊びをもっと楽に弾きたい! 自然体を知る“心身の使い方”ワークショップ 第3回

日時:2018年7月8日(日)
会場:渋谷リフレッシュ氷川多目的室C
時間:午前9時30分~12時
料金:3000円(学生1500円)
必要なもの:クラシックギター&足台

申し込み:不要(当日直接お越しください)
お問い合わせ:tomikawaguitar@gmail.com

講師:清水博子 アドバイザー:富川勝智
清水博子プロフィール:クラシックギターを富川勝智先生の師事。リオリコ・ギターアンサンブル メンバー。 2016年より、BodyChanceアレクサンダーテクニーク講師養成コースに所属。トレーニー。 

概要:クラシックギターを習っています」というと、「“禁じられた遊び”弾ける?弾いて!」などと、いちどは言われたことがあるのではないでしょうか。でも、実は難しいですよね、禁じられた遊びって。 
このワークショップでは、「禁じられた遊び」を主軸において、演奏するときに多くの方が持つ悩みに焦点を当て、それらについて身体と心からアプローチをしていこうと思います。 
本来ならば、身体と心は分けて考えることができません。心の動きは身体に影響を与えます。身体の動きもまた、心に影響を与えます。明確な意図があって動くことができるならば、自然と身体は協調作用を持って動くことができるはずなのです。 
ですが、人は成長とともに、無意識に心身の不必要な癖を作り出します。過度に力が入り、身体が緊張し負担がかかる姿勢や動きをとることで、痛みや故障をもたらすことがあります。過度に緊張をすることで、家では上手に弾けるけれど、発表会では思うように弾けないこともあります。無意識な心身の不必要な癖が、本来のわたしたちの能力の発揮を妨げています。 
このワークショップでは、第1回は身体からのアプローチを、第2回は心から動きのアプローチを、第3回は、第1回・第2回を踏まえ、両方からのアプローチをしていきます。 
自分の身体が自然体のままで演奏をすることができるための方法を、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

第3回  心身の使い方 ワークショップ
第1回、第2回を踏まえ、実際に演奏をしてみましょう (簡単に復習もしますので、第3回のみの参加もOKです。演奏曲は、“禁じられた遊び”でなくても構いません!)

※このワークショップは、富川勝智にかわり、清水博子が講師を務めます。アドバイザーとして富川が同席いたしますので、クラシックギター固有の問題点については補助コメントを与えることになります。

講師: 清水博子:クラシックギターを富川勝智先生の師事。リオリコ・ギターアンサンブル メンバー。 
2016年より、BodyChanceアレクサンダーテクニーク講師養成コースに所属。トレーニー。

講座名:禁じられた遊びをもっと楽に弾きたい! 自然体を知る“心身の使い方”ワークショップ 第2回

日時:2018年6月3日(日)
会場:渋谷リフレッシュ氷川工作室
時間:午前9時30分~12時
料金:3000円(学生1500円)
必要なもの:クラシックギター&足台

申し込み:不要(当日直接お越しください)
お問い合わせ:tomikawaguitar@gmail.com

講師:清水博子 アドバイザー:富川勝智
清水博子プロフィール:クラシックギターを富川勝智先生の師事。リオリコ・ギターアンサンブル メンバー。 2016年より、BodyChanceアレクサンダーテクニーク講師養成コースに所属。トレーニー。 

概要:クラシックギターを習っています」というと、「“禁じられた遊び”弾ける?弾いて!」などと、いちどは言われたことがあるのではないでしょうか。でも、実は難しいですよね、禁じられた遊びって。 
このワークショップでは、「禁じられた遊び」を主軸において、演奏するときに多くの方が持つ悩みに焦点を当て、それらについて身体と心からアプローチをしていこうと思います。 
本来ならば、身体と心は分けて考えることができません。心の動きは身体に影響を与えます。身体の動きもまた、心に影響を与えます。明確な意図があって動くことができるならば、自然と身体は協調作用を持って動くことができるはずなのです。 
ですが、人は成長とともに、無意識に心身の不必要な癖を作り出します。過度に力が入り、身体が緊張し負担がかかる姿勢や動きをとることで、痛みや故障をもたらすことがあります。過度に緊張をすることで、家では上手に弾けるけれど、発表会では思うように弾けないこともあります。無意識な心身の不必要な癖が、本来のわたしたちの能力の発揮を妨げています。 
このワークショップでは、第1回は身体からのアプローチを、第2回は心から動きのアプローチを、第3回は、第1回・第2回を踏まえ、両方からのアプローチをしていきます。 
自分の身体が自然体のままで演奏をすることができるための方法を、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

第2回  シンキング・ボディ ワークショップ
考えが動きにどのように影響するかをお話しします。わたしたちの信念、感覚、または自分自身や人に対する考え方や感じ方は、体の協調作用に深く影響するのです。たとえば、精神的なストレスを受けているときは、からだにストレスが表れます。思い方や感じ方によって、筋肉の努力の仕方に違いがあらわれるのです。 

※このワークショップは、富川勝智にかわり、清水博子が講師を務めます。アドバイザーとして富川が同席いたしますので、クラシックギター固有の問題点については補助コメントを与えることになります。

講師: 清水博子:クラシックギターを富川勝智先生の師事。リオリコ・ギターアンサンブル メンバー。 
2016年より、BodyChanceアレクサンダーテクニーク講師養成コースに所属。トレーニー。

講座名:禁じられた遊びをもっと楽に弾きたい! 自然体を知る“心身の使い方”ワークショップ 第1回

日時:2018年5月27日(日)
会場:目黒区東山社会教育館 第4研修室(音楽室)
時間:午前9時~12時
料金:3000円(学生1500円)
必要なもの:クラシックギター&足台

申し込み:不要(当日直接お越しください)
お問い合わせ:tomikawaguitar@gmail.com

講師:清水博子 アドバイザー:富川勝智
清水博子プロフィール:クラシックギターを富川勝智先生の師事。リオリコ・ギターアンサンブル メンバー。 2016年より、BodyChanceアレクサンダーテクニーク講師養成コースに所属。トレーニー。 

概要:クラシックギターを習っています」というと、「“禁じられた遊び”弾ける?弾いて!」などと、いちどは言われたことがあるのではないでしょうか。でも、実は難しいですよね、禁じられた遊びって。 
このワークショップでは、「禁じられた遊び」を主軸において、演奏するときに多くの方が持つ悩みに焦点を当て、それらについて身体と心からアプローチをしていこうと思います。 
本来ならば、身体と心は分けて考えることができません。心の動きは身体に影響を与えます。身体の動きもまた、心に影響を与えます。明確な意図があって動くことができるならば、自然と身体は協調作用を持って動くことができるはずなのです。 
ですが、人は成長とともに、無意識に心身の不必要な癖を作り出します。過度に力が入り、身体が緊張し負担がかかる姿勢や動きをとることで、痛みや故障をもたらすことがあります。過度に緊張をすることで、家では上手に弾けるけれど、発表会では思うように弾けないこともあります。無意識な心身の不必要な癖が、本来のわたしたちの能力の発揮を妨げています。 
このワークショップでは、第1回は身体からのアプローチを、第2回は心から動きのアプローチを、第3回は、第1回・第2回を踏まえ、両方からのアプローチをしていきます。 
自分の身体が自然体のままで演奏をすることができるための方法を、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

第1回  ボディ・シンキング ワークショップ
体の構造と動きについてお話しします(このWSは解剖生理学のWSではありません)。 
多くの人が真実の構造を知らずに、自分なりのあいまいなイメージで体を使ってしまいます。これにより、自由な動きが抑制されたり、体に無理な負担がかかり、時には体の痛みとなって表れたりします。それを正しいものに修正することで、自らの体の動きも楽になることができます。 

※このワークショップは、富川勝智にかわり、清水博子が講師を務めます。アドバイザーとして富川が同席いたしますので、クラシックギター固有の問題点については補助コメントを与えることになります。

講師: 清水博子:クラシックギターを富川勝智先生の師事。リオリコ・ギターアンサンブル メンバー。 
2016年より、BodyChanceアレクサンダーテクニーク講師養成コースに所属。トレーニー。

このページのトップヘ