日曜ワークショップのブログ

講座名:右手のタッチと爪の削り方講座
日時:2019年4月7日(日)
会場:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室A
時間:午前9時30分~12時
料金:3000円(学生1500円)
必要なもの:クラシックギター、爪ヤスリなど

申し込み:不要(当日直接お越しください)
お問い合わせ:tomikawaguitar@gmail.com

概要:クラシックギター演奏のための爪の「削り方」を教えます。とはいえ、ギターを弾くための爪の形状は、タッチの正しい理解や演奏フォームと大きく関連しております。様々な音色を出せるタッチと爪の関係を考えるためのヒントを差し上げます。
基本的な右手の弾弦理論を確認した上で、爪の機能を検証し、形を作るためのコツを伝授します。
初心者の段階から、正しい爪の形をつくるための「基本理論」を学ぶことが大切です。すべてのクラシックギター奏者におすすめできる講座です。

今後の予定
5/12? 期日未確定

日時:2019年3月3日(日) 
会場:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C

時間 午前9時30〜正午

料金:3000円(学生1500円)
必要なもの:ギター&足台
申し込み:不要(お問い合わせなどはお気軽に下記メールにて!)
tomikawaguitar@gmail.com 
 

概要:音楽表現の基本であるメロディーがテーマです。旋律をどう表現するのか?そもそもフレーズとはなんなのか?ということからスタートして、具体的な表現に導いていくための基礎知識を学びましょう。器楽演奏はそもそも歌の模倣である点からスタートしています。器楽において旋律の力学を学ぶためには歌との関連で考えていくことは必須です。
フレーズとは何か?音のグルーピングとは?…この段階をしっかりと理解した上で、音程感の感じ方、声部の弾きわけについてもクラシックギター特有の問題点とからみ合わせて考えていきましょう。
実際に歌うことはワークショップでは行いませんが、普段の自宅での練習においても「声に出して歌うこと」で気づくことはたくさんあります。歌うことは誰にでもできることですので、実はもっとも生理的に体感しやすい”理論”なのです。和声や音楽理論などはその体感を言語化したものにすぎません。音楽表現の基本の”き”を一緒に学びましょう。


次回ワークショップ予定
2019/4/7→期日決定 内容未定
2019/5/12?



日時:2019年2月10日(日) 
会場:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C

時間 午前9時30〜正午

料金:3000円(学生1500円)
必要なもの:ギター&足台
申し込み:不要(お問い合わせなどはお気軽に下記メールにて!)
tomikawaguitar@gmail.com 
 

概要:クラシックギターの左手の講座です。クラシックギターの楽曲演奏のために習得必須であるクラシックグリップを身に着けるためのトレーニングを集中的に行います。クラシックギターの多声で書かれている楽曲を弾くためにはクラシックグリップの習得は必須です。柔軟な各指の独立性を維持しながら、安定し効率の良い動きができるフォームを学んでいきましょう。



このページのトップヘ