講座名:「音楽表現と巨匠の技~セゴビア編ソルの20のエチュードから学ぶ part2」

日時:2017年6月18日(日)

会場:東山社教館第4研修室(いつもと場所が違います!)→こちら

時間:午前9時30分~11時45分

料金:3000円(学生1500円)

必要なもの:クラシックギター、アンドレス・セゴビア編ソル20のエチュード

✴︎上記ですが、できるだけご用意ください。ギターの用意と楽譜の用意がなくても参加可能ではあります。


申し込み:不要(当日直接お越しください)

お問い合わせ:tomikawaguitar@gmail.com

概要:アンドレス・セゴビアが選曲・編纂した「ソルの20のエチュード」集は現在もたくさんのクラシックギター学習者の聖典となっております。現在ではソルの原典も入手しやすく、さまざまなエディションが出されていますが、いまだにアンドレス・セゴビアのつけた運指や表現は我々に多くの技術上と音楽的な示唆を与えてくれます。

本講座では毎回数曲ずつ「セゴビア編ソル20のエチュード」からとりあげて、技術面と表現面について解説をしていきます。また原典、セゴビア編のもとになったと思われるコスト編との版比較も行います。原典から感じられる音楽表現、セゴビア編から感じられる「セゴビア的=ロマン派的」音楽表現がそのことによって明確になってくるはずです。セゴビアの巨匠の技もはっきりと区別し理解されてくるものと思います。

第2回目は「4番~6番」までを扱う予定です。

アンドレス・セゴビア編20のエチュードはこちらで入手できます。




(国内版はアマゾンなどでプレミア化しているようです。国内有名ギター専門店などに在庫などは問い合わせください。)

今後の予定
7月23日 夏休みの基礎練習講座!(仮)
8月(期日未定)セゴビア編ソル20のエチュード part3(仮)