2005年05月10日

ファー・イースト・ファミリー・バンド/NIPPONJIN

nippon

これは、マジ、ヤヴァイ!!

またかよ〜なんて言うんぢゃねぇーぞ!本当なんだから!(爆)

ブルース・クリエイション『悪魔と11人の子供達』を買ったら
“ニューロックの夜明け”って宣伝が出てたんだ。
その中から「ファーラウト」「コスモス・ファクトリー」と
本作を一機に購入した!!

こんな…こんな…こんな素敵なバンドが日本にいたなんて…。
知らないって罪だよな…誰も教えてくんなかったもんな…。(笑)

簡単に紹介すると(俺もライナーが頼り/爆あの『喜多郎』が
在籍してたバンドと言えばわかってもらえるかな?

75年から77年まで3枚のアルバムを残している。
本作は、ファーラウトの「日本人」のリメイクと、「地球空洞説」
から7曲、未発表の2曲を加え解散の危機を乗り切るためにリリース
された企画盤。2nd「地球空洞説」には、プロデューサーに、
あのクラウス・シュルツが招かれている。
オフィシャル
詳細説明

タンジェリン・ドリームや、ピンク・フロイドが好きな人なら
マストだろうと思う。それに加え、“東洋の神秘”が融合する、
彼らにしかやりえない音楽をやってしまっている。
シンセサイザーに、日本笛、筝、宝来ドラ、琵琶等の楽器の融合。

これを聴いて、横尾忠則の絵を見ていると、深い深い
禅の世界へ入ってしまいそうである。
同時に、宇宙への旅も出来てしまうのだから、凄いとしか
言いようが無い…。

それにしても、ヤヴァイ…ヤヴァ過ぎる…。あわわわ。

マインド・ミュージックに力を注がれた宮下文夫さんのご冥福を
心よりお祈り申し上げます。
http://www.biwa.co.jp/

この記事へのトラックバックURL(ワンクリック選択可能)

この記事へのコメント
Trip Musicですね。
喜太郎さんは有名になられましたが、わたしは和旋律を取り入れていた
深草アキさんの「観世音」をよく聴いていました。
Posted by Roku at 2005年05月11日 07:34
前身のファーラウトは難波高島屋のホールで見ました。20年前?
インド産の香を模した香水の匂い漂う長髪細身の青年こそが喜多郎氏
その人やったと記憶しております。
Posted by のじー at 2005年05月11日 12:37
めんご、30数年前の間違いやね(~_~;)
Posted by のじー at 2005年05月11日 12:38
>Rokuさま
はじめまして!コメントありがとうございます。
深草アキさんは、当時ベース奏者でいらしたみたいですが
今は、なんと中国民族楽器の「秦琴奏者」でいるみたいですね。
民族楽器には目が無いので、興味ありますね!!
ライヴ活動などもやってられるのでしょうか?

>のじーしゃん
げぇぇぇぇぇ!ファーラウト観た事あるの?
すんげぇ〜〜〜〜〜〜!
ライナー見ると、頭脳警察の左右栄一さんや、ジョー山中、
マキOZの武田治の名前があるんですけど、その時は
いたのかな??
で、どんなライヴでしたか?

30年前、俺は何をしていたのだろうか…?
Posted by Tommy at 2005年05月11日 22:47
>Tommyさま
書き込みしましたのは2度目で御座います・・・。(^^;)
深草アキさんは国内外でコンサートをやられているようですね。
12,3年前にTVで野口五郎さんとのコラボで演奏されていたのを
観た事があります。

私は民族楽器も興味がありますが、やはり民俗音楽のメロディー・
フレーズに惹かれます。
前記のAGHORAにしてもあのメロディーが効いています。
バックの演奏もバカテクですが・・・。
Posted by Roku at 2005年05月12日 00:28
>Rokuさま
おおっ!!思い出した!某掲示板の方ですな?
それは、失礼つかまつった!平に平に…m(_ _)m

野口五郎…実は、ギター小僧なんですよね!!
小僧と言う年齢じゃありませんけど!(爆)

私の、カテゴライズの中に「民族音楽」というのが
あるので、時間のある時にでも、覗いていただけると
嬉しいかと思います。

インド…に弱いんですよ…実は…。
Posted by Tommy at 2005年05月12日 22:02
ファーラウトメンバーのアライマナミってしってます!
今、埼玉でデイサービスしてるよ。
それと、音楽教室。でも、本人が教えてるわけじゃなくて、
場所貸し。 去年の発表会の裏側に学園長紹介ってあって
アライマナミバンドってかいてあった。ちょっと、見栄っ張りだね。 まア、今は、ただのオヤジって感じですけど。
Posted by こみ at 2009年04月21日 16:19