2008年11月

2008年11月27日

2万円を切るワイド液晶パソコンディスプレー

b3de3286.jpg 大画面のパソコンディスプレーだと、作業もしやすく、目的のウィンドウにすぐにチェンジできる。快適なパソコン作業には大きいディスプレーほどうれしい。
 そこでオススメなのが、ベンキュージャパンの液晶ディスプレー「E900HD」。解像度1366×768ドット(アスペクト比16:9)のパネルを採用した18.5インチワイド液晶ながら、実勢価格は2万円以下みたい。
 アナログ(ミニD−Sub15ピン)とデジタル(HDVP対応DVD−D)の2系統の入力端子を搭載。ステレオスピーカーも本体に内蔵されている。消費電力を最大30Wに抑えた省エネタイプ。サイズは幅458.1×高さ360×奥行き178.7ミリで、重量は4.1キロ。

リンク


2008年11月12日

ビジネスから家庭まで使えるプロジェクタ X Pro920M

6455ceeb.jpgこういうのが欲しかったんですわ。
なんと手のひらの上に載ります、超小型プロジェクタの登場。その名も「プロジェクタ X Pro920M」。メーカーは海連だそうです。サイズは90W×44H×80Dmm、重さ190gっていうんだから、ポケットにだって入るみたい。
小さいけれど左右を逆に投影する反転投影もサポートするなど、機能は本格派。1mの距離から投影した場合、25インチサイズで表示されます。
端子はD-Sub 15pin。外部ディスプレイ端子付きのノートパソコンと組み合わせれば、いつでもどこでも大画面でのプレゼンテーションができますね。
お値段は3万9800円。2009年1月中旬発売予定です。楽しみですね。

リンク

2008年11月03日

パンドラ

パンドラ。パンドラの箱で有名な元々はいろいろな災いの入った箱をパンドラという女性が開けたため、人類がいろいろな病気など災厄に見舞われながらも希望だけは失わないとうことですが、ここでいうパンドラは本格医療サスペンスドラマです。ストーリーは18年の研究のすえ、がんの特効薬を発見した内科医。当初は誰も相手にしなかったが、その発見が本物だと分かると、ややこしい人間が次から次へと出てきてはすさまじい渦を作っていくという話です。がんが撲滅されるというのはそれだけ見れば素晴らしいことですが、現実問題、平均寿命は延び、国家財政が破綻するのではとか、外科医の仕事がなくなるのではと、必ずしもいいことばかりではないようです。こういう事をパンドラの箱にかけて、このタイトルがつけられたようです。なかなかすぐれた脚本で一度見ると、引き込まれていくよく、できたドラマです。

パンドラ

2008年11月02日

エコとデザイン性を兼ね備えたフィルター

fadd5a0f.jpgなかなかかっこいいデザインの素敵なフィルターですね。
「Blade exhaust filters」は、車の排気ガスによる大気汚染を57%改善し、CO2排出量は34%削減、そして燃費も1リットルあたり2km分も良くなるそうです。もしこの数字が本当なら200ドルの値段と、年間20ドルのフィルター代くらいすぐに元がとれそうです。
是非、早く販売してほしいですね。

リンク

お気に入り
最新記事