August 24, 2004

  水色の本『新選組、敗れざる武士達』

599fec0e.jpg 新選組のかっこよさって、まずストレートに「強さ」じゃないだろうか。彼らはけっしてヒーローではなかったかもしれないけど、そのまっすぐな強さには憧れる。
 この本のなかには、それまでの新選組関連の本で書かれていたこととはまったく違う新たな仮説というのがある。私には、その仮説は真実であるように思える。彼らのことを本当に好きなら、きっと、そうであって欲しいと思えるだろう。
 土方が本当に好きで、彼の人物像を思い描くなら、やっぱりそうなるよね。あと、沖田の最後のところ。彼の純粋さを想像できれば、そうだよ。絶対そう思う。彼の残されたエピソードのなかであそこだけイヤだったんだよね。だから、そうじゃないって思えるのはすごく嬉しい。
 ネタばれになってしまうので詳しく書かないので、わけが分からないかもしれませんが、ぜひ読んでみてください。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tomo0527/6102881
この記事へのトラックバック
 今日は、九州の小倉の書店で撮った写真を送ってくれました。縦並びの珍しいパターンだ。しかし、POPを見たという人が1人もいないんだよね。あれは、幻のツチノコPOPだな。 それからこの頃は、NHKの大河ドラマについてメールで書いてくれる人が多くてさ。ぼくの
NHKの大河ドラマと史実【幕末武士道と新選組】at August 27, 2004 22:40
この記事へのコメント
無事発売できてよかったよねー!!
そういえば、新撰組関連のbbsで朋子さんの
世を忍ぶ仮の名前(長い。。)の"杏”を
ハンドルネームに使った書き込みを発見したんだけど、

あれってひょっとして、、っていえないか(笑)
Posted by エビヌマタイスケ at August 24, 2004 17:05
へへ、どうでしょう。。
それはご想像におまかせするとして、エビヌマくんもいろいろお疲れさまでした!
ポップ作りとか、なかなか出来ない体験でもあるよね。
まだ書店ではポップにお目にかかれないので、がんばって探すぞーー。
どこにいるんだろう・・・
Posted by tomoko at August 24, 2004 23:52
沖田総司の最後のところって、猫の話? なるほど、朋ちゃんってそういうところを読むんだね。でもあれはね、絶対そうだという確信がぼくにはあるんだよね。
Posted by 山川健一 at August 26, 2004 08:14
山川編集長、そうです! 黒猫のエピソードです。これまであたかも史実としていわれていたあのエピは、私の中の沖田総司像を最後の最後で裏切るものだったんです。そういうことって、私のなかではすごく大事で。あれだけたくさん人を斬ってきた沖田総司だけど、とりわけ子供と、そして動物には優しいはず。今回の仮説でこれが一番嬉しかったかもしれません。この本で、すごくスッキリしました。ありがとうございます!!
Posted by tomoko at August 27, 2004 22:51