September 28, 2004

  フランソワーズ・サガン死去

-----------------------------------------------------
 「悲しみよこんにちは」など数々のベストセラー作品で知られるフランスの小説家、フランソワーズ・サガンが24日、ノルマンディー地方オンフルールの病院で心臓疾患のため死去した。69歳だった。病院の広報担当者が明らかにした。
 病院には数日前から入院しており、息子に看取られながら息を引き取ったという。
 1935年、裕福な家庭に生まれたサガンは、18歳の時、マルセル・プルーストの小説の登場人物をペンネームにして「悲しみよこんにちは」を執筆。54年に出版された同作品は世界各国で大ベストセラーとなった。その後も、愛に疲れ、退廃的で享楽を追及する主人公を描いた作品を次々と発表、多くのファンを魅了した。映画や舞台の脚本も多数手掛けた。
 シラク大統領は、「彼女の死とともに、フランスは最も聡明で繊細な作家の1人を失った」と哀悼の意を表した。(パリ 24日 ロイター)
-----------------------------------------------------

 うーん…なんというか言葉が無いです。
 憧れて憧れて憧れつづけた女性。
 「悲しみよこんにちは」のセシルは、10代だった頃の私のヒーローだったな。
 何度も何度も読み返した、たくさんの物語。
 彼女が描くパリの街と人々はため息がでるくらい素敵だった。
 彼女から生まれた無数の美しい言葉たちはこれからもずっとずっと、生きつづける。
   

Posted by tomo0527 at 01:14Comments(0)TrackBack(0)

August 24, 2004

  水色の本『新選組、敗れざる武士達』

599fec0e.jpg 新選組のかっこよさって、まずストレートに「強さ」じゃないだろうか。彼らはけっしてヒーローではなかったかもしれないけど、そのまっすぐな強さには憧れる。
 この本のなかには、それまでの新選組関連の本で書かれていたこととはまったく違う新たな仮説というのがある。私には、その仮説は真実であるように思える。彼らのことを本当に好きなら、きっと、そうであって欲しいと思えるだろう。
 土方が本当に好きで、彼の人物像を思い描くなら、やっぱりそうなるよね。あと、沖田の最後のところ。彼の純粋さを想像できれば、そうだよ。絶対そう思う。彼の残されたエピソードのなかであそこだけイヤだったんだよね。だから、そうじゃないって思えるのはすごく嬉しい。
 ネタばれになってしまうので詳しく書かないので、わけが分からないかもしれませんが、ぜひ読んでみてください。  
Posted by tomo0527 at 14:19Comments(4)TrackBack(1)

  赤い本『幕末武士道 若きサムライ達』

bushi 日本人にとっての宗教は武士道である、という言葉には深くうなずくことができる。経済的には、商人達の方がずっと裕福だったけれど、彼らは自分たちよりも貧しい暮らしをしている武士達を尊敬し、敬っていた。だって、武士達は娯楽や遊びを我慢して、志を高くもち誇り高く生きていたから。その根底には武士道があったから。そういう美学というか、生き方のスタイルは素敵だ。
 ただどこかで武士道は男の人たちのもの、という気がしないでもない。女性のための新たな武士道を見つけたいものだ。  
Posted by tomo0527 at 14:00Comments(6)TrackBack(1)

August 02, 2004

  三国志

三国志江戸時代タイムスリップ物を読み終えた今、兄から借りた『三国志』を読み始めた。
以前にも、友人の男の子からすすめられたんだけど、長いしなー・・・と思って躊躇していたのだ。
でも案外読みやすくてサクサク読める。
でも人名の読みを途中で忘れちゃったり、ちょっと間が空くと、誰が誰なのかわからなくなっちゃう。
こういうのは一気に読まなくちゃね。
『三国志』のあとには、『水滸伝』が待っている。

アジアカップの影響でちょっと中国が嫌いになりそうな私・・・。でも違うんだよね。たとえばアンチブッシュだけど、アンチアメリカというわけではなくて。
ムズカシイナ。  
Posted by tomo0527 at 23:09Comments(0)TrackBack(0)