週刊ジョンプ

2chスレのまとめだったり、まとめサイトとか他サイトへのリンクだったり、荒唐無稽なブログです。

漫画

ドラえもん毒舌集「のんびりしすぎてるんだよ。はっきりいえば、のろまだ!ぐずだ!」

ドラえもんはだらしないのび太によく毒舌を吐く。
「遠足新報」では、そんなドラえもんの毒舌をまとめている。
「のんびりしすぎてるんだよ。はっきりいえば、のろまだ!ぐずだ!」など、
ドラえもんの強烈な毒舌がおなかいっぱいになるまで堪能できる。


1 : ◆aquaO2s2S6 @甘がみアリゲーターφ ★:2008/04/22(火) 02:33:01 愛 0 ?DIA(234499)続きを読む

【ランキング/漫画】去年度最も読まれた漫画全巻セットは「クローズ」

1 :しいたけφ ★:2008/04/17(木) 09:10:32 ID:???0
コミック本を全巻丸ごと購入できる「漫画全巻ドットコム」を
運営するTORICO(台東区台東1)は4月14日、
2007年度(2007年4月〜2008年3月)に最も読まれた漫画全巻セットの
ランキングベスト20を発表した。同年度に売り上げたタイトルは約1,300。
続きを読む

【ランキン】最もなってみたいテレビアニメの主人公(オリコン調べ)

1 :窓際政策秘書改め窓際被告φ ★:2008/04/16(水) 14:51:54 ID:???0
1度使ってみたい「かめはめ波」と「四次元ポケット」?

 テレビ画面の中で自由に動き回って、空を飛んだりビーム光線を出しちゃったり…。
そんなテレビアニメのキャラクターたちに憧れを持つ人も多いのでは? そこでオリコンでは
「実際にアニメ主人公になれるとしたら誰に?」というアンケートを行ったところ、
【孫悟空(ドラゴンボール)】が1位にランクイン。また、2位には【ドラえもん(ドラえもん)】、
4位にも【のび太(ドラえもん)】がエントリーし、ドラえもん関連が人気という結果に。
も、もしかしてみんな、ドラえもんのお腹に付いている四次元ポケットに期待を寄せているのでは…?

 1位の【孫悟空(ドラゴンボール)】には「かめはめ波をうってみたい」(栃木県/30代/男性)と
きっとファンなら誰もが抱いたであろう願望のほか、「空を飛べるし、瞬間移動できるし、強いから」
(北海道/20代/男性)と、まさに理想のヒーロー像だという意見が殺到した。さらに「敵だった
キャラも味方にしちゃう、その心の大きさが欲しい」(東京都/20代/女性)など、
大らかな性格に親近感を持つ人も多いようだ。

 2位は【ドラえもん(ドラえもん)】。「やはり四次元ポケットの中の道具を扱ってみたい」
(宮城県/20代/女性)、「困ったときはポケットからアイテムを出して解決…みたいな」
(兵庫県/20代/女性)など“やっぱり!”なコメントが続々と寄せられた。
また4位の【のび太(ドラえもん)】にも「ドラえもんの道具を使ってみたいから」
(群馬県/10代/男性)という意見が多く見られた。

 3位の腕などをゴムのように自由に伸ばせる能力を習得している【モンキー・D・ルフィ
(ONE PIECE)】には「ゴム人間を体感したい」(東京都/20代/女性)、「強くて、仲間思いで、
大食いでとっても楽しそうだから」(愛知県/20代/女性)と、人柄に惹かれての選出もあったようだ。

 今回のランキングでは、男性キャラクターが上位を占める結果となった。なお、能力や力に
憧れるだけではなく、人柄も重要なポイントになっていることが伺えた。

↓にランキング有続きを読む

【漫画】2008年1〜3月で最も全巻読破された作品ランキング 1位スラムダンク

1 : ◆Pinkset6A. @う〜ぽん。φ ★:2008/04/14(月) 21:45:24 ID:??? ?2BP(3334)
プリマプロジェクトが運営する漫画全巻セットの販売サイト「全巻読破.com」から
2008年第1クール(1月1日〜3月31日)最も全巻読破された人気コミックランキングが
発表になった。栄えある1位になったコミックは?

総合部門の1位は「SLAM DUNK(スラムダンク)」(全31巻)。
男女ともに人気が高く、総合でトップとなった。
男性部門の1位は「ジョジョの奇妙な冒険 文庫版」(全39巻)。
以下「SLAM DUNK(スラムダンク)」(全31巻)、「クローズ」(全26巻)、
「MASTERキートン」(全18巻)、「MAJOR(メジャー)」(全61巻)と続く。

女性部門は1位が「のだめカンタービレ」(全19巻)、
以下「SLAM DUNK(スラムダンク)」(全31巻)、「きみはペット」(全14巻)、
「ごくせん」(全15巻)、「BASARA(バサラ)」(全27巻)が上位にランクインしている。

男性部門では週刊少年ジャンプ作品が多くランクインし、
女性部門ではドラマ化・映画化された原作コミックが強かった。
作品全部を通して読んでみたいという全巻読破は、最新刊ランキングとは
またひと味違った指標。“大人買い”も多いようで、息の長い作品が並んだ。

↓にランキング有続きを読む
無料レンタル
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ