2017年07月21日

酷暑:エアコンによる体力低下~気力喪失・・・

 ブログ欠信でご心配をかけ申し訳ありません~大過なく生活していますが・・・本音:連日の酷暑と熱帯夜対応のため、エアコンと共存する生活に妥協が苦しい。


 先日の眼科検診で左目の立体視力低下の指摘あり~それ以降の生活の中で、新聞などを読むこと、手紙を書くこと、箸で小さなものを摘まむこと、パソコンのキーをたたくなどの行動に、ぎこちなさとうっとうしさを感じる。気にし過ぎるせいもあろうが、物事への集中力が大きく低下している自分に腹立たしい。

 さらに、酷暑・熱帯夜が連続に睡眠不足、体力は低下し自主的行動は殆どなしの状態である。体力維持を目的とした早朝散歩も、10日ほど前の散歩中に軽い立ちくらみを感じたことから中断しており、天候の関係もあると思うが体力・気力の低下は明確。こんなことから、ボランティア活動の例会参加もままならず、無責任な対応が続き関係者に迷惑をかけている。


 体を動かすため重い腰を上げ、この数日は大手スーパー三か所へ出かけ、エスカレーターを使わず店内を散歩させてもらった。どの店もエアコン効果は明確で、在店20分程度で声が変調(頭痛の前兆)、急いで駐車場へ逃避もあり~エアコン対策のためジャケット着用しての結果である。

 食事は食べ物の嗜好に多少変化はあるが、食欲そのものは安定しているので安心しているが・・・体調管理には注力していく。
 久しぶりのブログ発信のためキーを叩く、昔からキーボードは人差し指の一本指打法、今までよりミスタッチが多い~立体視力の変化が要因とすれば・・・怖いことである。

tomo100214yoko at 18:00|PermalinkComments(0)健康と病 

2017年07月13日

加齢黄班変性:定期検診~立体視検査が加わる・・・

 この.2~3日は起床時より倦怠感あり、食欲に大きな変化なし・・・しかし、体を動かす気力が失せている。同時に思考回路も停止している感じ。こんなことから、楽しみにしていた11日(火)のボランティア活動定例会を欠席した。


 連日の異常な暑さや夜間頻尿(平均5回前後)が睡眠不足を併発し、体調管理ができず軽い熱中症か。1112日は体に良くないクーラーと共存し、家から出ることのない生活に終始。今朝になって起床は多少楽になったが、早朝散歩を決断するまでの気力・体力はなし。

 
 AM9:00
予約の眼科へ・・・“左目の加齢黄班変性”の定期検診~

 毎日の視力チェック時、両眼での見え方に今までと違って微かな変化を感じる~“遠近感か立体感の感覚”が今までと微妙に異なるのだ。この感覚は“植木鉢”に生えた小さな草の芽を抜こうとすると、今まで簡単に摘まめたのものが摘まめない~健常な右目だけで摘まもうとすると同じような事態が起きることを確認し少々心配。


 医師へ、普段のチェック項目とこの新情報を報告・・・医師は23の質問をした後、新しい検査をしましょう!の提案~瞬間緊張。この検査は“立体視検査(ステレオテスト)”と呼ばれるもので、特殊メガネを使って虫や絵柄の図(検査材料)を見ることで、立体的な視力を測定するという。

 検査結果:
 加齢黄班変性の左目の立体視力が低下したもので、新たな病の発症ではない。今日の矯正視力検査値は、右目1.2・左目0.3と安定している。見え方の変化は、健康な右目に偏った利用から生じたもので想定内。今後もこの症状はゆっくりと進むと考えておきましょう。普通自動車の運転免許証更新には、この検査項目はないですよ。と気遣ってくれる。

 心配したが、積み上げた加齢が体験させる一芸と収めておきたい。




tomo100214yoko at 17:00|PermalinkComments(0)健康と病 

2017年07月10日

緑地帯にセミの合唱~梅雨明け近し?・・・

 なんだ、この異常な蒸し暑さ!
 気候変化に体が順応できていないのは理解するが、それにしてもこの蒸し暑さはギブアップだ。

 加齢による暑さを感じる力の低下が、高齢の熱中症患者を生んでいるというが、この蒸し暑さはすべての人に厳しすぎる。


水位挽回 今朝は散歩のためAM530頃外に出たが、ムッとする外気に息苦しさを感じ一瞬躊躇した。そこで冷蔵庫よりペットボトルを取出し腰にぶら下げた。体力を考え近くの二ッ池へ・・・ゆっくり歩いたが10分程度で体に汗が滲み一休み。すれ違う同年代のご夫妻より、“今日は暑いですね”の声がかかる。

 緑に包まれた池の堤では、今年初のセミの合唱に気付く~クマゼミと思われる騒々しい鳴き声が・・・梅雨明け近しのシグナルを暑苦しく感じ、体調管理のため帰路へ・・・


干割れした田 今年の名古屋の梅雨は雨が少ない~二ッ池の干上がった水位は、先日の雨で多少回復したがまだ30㎝以上低い。この池から灌漑用水を導く水田のイネは元気に育っているが、田には割れが生じているように見えた。
 素人ながら、これで問題はないのか?と心配しながら眺めてきた。


tomo100214yoko at 20:00|PermalinkComments(0)散策日誌 

2017年07月08日

エアコンは健康管理の敵、体調管理の邪魔~

 連日の強い日差し、時間経過とともに真夏日から猛暑日へ・・・

 熱中症を気遣う生活~外出時の訪問先はもちろん家でもエアコンが出動するため、体調管理が大変である。


 胃を切除して6年を経過したが、年を追うごとにエアコン恐怖感覚が強くなった気がする。冬の寒さは全く平気なのに、夏場の低くすぎるエアコンの冷気は“空気が冷たくて重く”“肌を刺す”という体感である。

 外出時には、滞在時間を考えながら薄手のベストかジャケットを持参することが多い。訪問先で冷たい・寒いと感じた時は、即着衣するようにしている~無対策だと短時間で気分が悪くなる、30分もすると頭痛を訴え、時間の経過とともに症状は悪化する。


 この体感は車のエアコンにも通じる~エアコンが恋人の家内が同乗した場合は、あの狭い空間でエアコンが即効。私は運転席の窓を半分開き、目の前の吹き出し口は閉め、左の肩と膝にはミニ毛布やタオルを当て運転している。足元は厚めの靴下とウォーキングキングシューズである。サンダル利用は一人運転の時のみ。


 また、熱帯夜にも苦労する、就寝時の寝室の気温は連日2830℃前後が続く。湿度が低ければよいが、高い時は寝苦しい~今は、部屋の間仕切りをなくし扇風機に関節風を求めることが多い。
 梅雨明け後には就寝前に寝室の除湿・冷房の調整はエアコンに求める・・・大嫌いな時節の到来は避けられず体調管理が難しい。


 医師は明言しないが・・・わが身が異常体質であるのか?



tomo100214yoko at 16:00|PermalinkComments(0)生活情報 

2017年07月06日

膀胱ガン:定期検診~医師の診断は・・・

 病院までは約5㎞、車で1015分程度の距離~予約時間より早めに到着。今日の検査は尿検査(尿細胞診検査)のみ、膀胱内視鏡検査がないため精神的に楽な訪院である。

 
問診 総合受付で健康保険証チェックを受け予約表を入手~これで本日の尿検査・受診の流れにオンレール。二階で採尿コップを提出後、一階で泌尿器科の受付・・・待合スペースは大混雑・・・その要因の一つに車いす患者4名、その同行者の存在があろう。また、同科の患者は後期高齢者が中心で連添者も多い。少し離れた懇談スペースで時間待ち。

 待ち時間は約1時間、呼び出し~前回の内視鏡検査から6週間経過、医師へこの間の生活や夜間頻尿の近況など報告、そして医師から尿検査の結果は・・・“陰性”です!また様子を見ていきましょう~の診断、ホット安堵する瞬間である。
 
気になっている前立腺肥大については、内視鏡検査の折に注意して診ている~直近に処置すべき問題はない。今後ともガン同様注視していくことを共に確認した。

 次回は6週間後で内視鏡検査の指示を受け診察終了。



tomo100214yoko at 18:30|PermalinkComments(0)健康と病