2017年05月23日

ウグイスのさわやかな鳴き声~軽やかな散歩・・・

 朝の目覚めは重い~頻尿による夜間起床6回が原因・・・


 膀胱ガンが背景にあり避けられないと認識しているが、最低限の睡眠のためぜいぜい.3回程度にしてほしい。明日は膀胱カメラの定期検査の日~医師へ実情を報告し、うまい対応策は?と投げかけてみたい~夜間でも水分補給が必要になる時節であり、切実な問題である。


 夕診で股関節調整の治療を受ける。先のガイドボランティアの不規則な歩きは、股関節に異常なし~ストレッチ治療をしながら医師より、“少し筋力がついてきた感じ、歩行の継続に心掛けること!”との指導を受ける。


ウグイスの小径 帰路、散歩を兼ね近くの二ツ池へ~夕方の散歩は記憶にないほど珍しいこと。新緑の満ちた緑のトンネルはホウ・ホケキョウの連発、上池を周回する間の10回ほどのウグイスのさわやかな鳴き声を聴く、鳴き声を求めることで歩速がダウンする。

 30分ほどの短時間ではあったが、日没を感じながらの夕方散歩もありかな?との思いで家路を急いだ。



tomo100214yoko at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)散策日誌 

2017年05月22日

まちあるきイベント“大森の歴史を訪ねる”~成功裏に終了・・・

守山の魅力を発見しよう 自覚する体力の低下が大きく、ボランティア活動主催者の一員として参加するため心身の強化の必要性を重視し、この春先より整骨院の指導を受け脚力アップに取組んできた。一方、参加者へ説明する場面での対応力を持つため、知力はついてこないがせめて気力だけはと考え説明用資料を準備した。


 本番直前の5/16(火)中日新聞朝刊に今回の“まちあるきイベント”についての記事が掲載~即反応あり~事務局へ問合わせ殺到。事務局と主催者役員は参加者増への現場対応策を立案し当日を迎えた。

 5/20(土)の本番、準備はしてきたものの参加者人数増に事務局・主催者ともに一抹の不安は隠しきれない。好天の中、参加者の熱中症チェックに注意することやその対応策を確認しながら、参加者の集合状況を注視した。

 
 結果は、計画人数を大幅にアップする参加者を迎えたが、事前準備の範疇に収まり当初計画を少し修正することで“まちあるきイベント”はスタート・・・

 散策コースには歴史ある寺院や神社、江戸時代をしのばせる郷倉、終戦直後の瀬戸電の脱線転覆事故現場など思わぬ発見に、多くの参加者に満足そうな顔が見られ、うれしく感じた。


 わが任務は参加者の安全管理、スタート班の安全誘導とイベントのスムーズな運営に努め、事故もなく無事成功裏に終了させたことに満足。
 移動距離は4㎞程度だが、歩く・止まるの不規則的歩行に思いのほか疲れあり・・・当日5/20は帰宅後横なったまま何もできず。昨5/21は家中で身辺整理をした程度で、外出もしなかった~今朝、やっと疲れが消え始めた感じである。


tomo100214yoko at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ボランティア 

2017年05月18日

体力維持を求める仲間との交流~加齢との闘い・・・

 “Every day Holiday”の生活~何も考えずマイペースで過ごしている。しかし、体力低下を感じる昨今は、日常活動中に不安を感じることがある。


 5/15
(月)、サラリーマン生活を送った勤務先の定年退職者対象の創立記念パーティーが開催され、名古屋会場(マリオットアソシアホテル)へ出かけた。10人の懐かしい旧友と再会、体形だけでなく人相の変化も大きく、中には“あなたは・・・どなた?”と遠慮気味に・・・所属は違ったが交流があった10歳以上後輩で10数年ぶりの再会であった。
 また、再会を約束していた7歳年上の先輩が、会場へ欠席の連絡(体調不良という)、5歳年上の先輩から“ゴルフをあきらめたと聞く、いずれも体力低下が主要因であろう。挨拶を交わす参加者の中に“胃切者”が四名、膵臓・腎臓・肝臓の異常で入院者二名が存在するなど加齢を意識させられる。各テーブルを先輩サービスに回る元気な現役後輩たちに感謝しつつ、機敏に動くその姿を羨ましく眺める高齢者であった。


モリタン記事 5/16
(火)の中日新聞朝刊:市民版に、自分が参加するガイドボランティア活動が取り上げられた。取材が行われたのは5/9(火)の“まちあるきイベント”の下見会、当日は所用があって欠席したが記事と写真より取材現場の状況は読める。
 イベントの本番が5/20(土)と迫り、現場チェックをする真剣な仲間の姿に頭が下がる。イベント開催直近のこの記事は、当日の参加者増に一役買うことになろう。有難いことではあるが、主催者の精神的・肉体的負荷がアップするとこは間違いない。

 二年以上の長期にわたり欠席し、今回のイベントも企画・実施計画検討、下見会ともに参画できず、全体像がつかめないことに多少不安はあるが、会員の負担を少しでも軽減できないかとの思いで、久しぶり主催者の一員として参加する気持ちでいる~高齢者としての自覚をもてと言い聞かせながら・・・



tomo100214yoko at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生活情報 

2017年05月16日

京:錦水亭 旬の料理を堪能~雅と静寂感・・・

錦水亭 早朝、京都へ向かった~所用は予想外に早く終わった。

 10日程前に見た“京都の筍料理”のTV放映を思い出し、 “錦水亭”の筍料理で食事を・・・!を期待し思い切ってチャレンジした。


 早速、予約の電話~少し待たされたが、淡い期待が運よく現実のものとなった~ただし、個室は満席で無理、そこで筍料理専用座敷の共用席が用意された。

 焼竹この店は明治の創業という老舗で長岡天満宮に隣接し、八条ヶ池を取り込んだ数寄屋造りの座敷が点在、広い庭園には自然景観の美竹林を有する。ここで手入れされた庭園の竹林美がその宝である筍を生む~そして、朝堀りの超新鮮な筍を食材として3月~5月末限定で提供する贅沢さ。池を眺めながら静寂感の漂う京の雅を感じつつ旬の筍料理を万感の思いでゆっくりと味わった。


 この店は自分の京都勤務時代(40年以上前)の社宅近くにあったが、敷居が高すぎ近寄りがたく、かつ私の経済力がそれを許さず、大変遠い存在であった・・・。

 今年の筍料理の営業はあと10日くらいで終了か?という中居さん、来年の再会!を期待しお互いに健康を維持することを約し退席した。

tomo100214yoko at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)グルメ日誌 

2017年05月13日

ボランティア活動資料の整備~イベントへの参加・・・

守山の魅力を発見しよう 5/20(土)には、ガイドボランティア活動の“まちあるきイベント~大森の歴史を訪ねる”が開催される。
 そのためつい先日“当日運営の役割分担”の検討を含め例会が開催された。この会合に出席するため、必要な資料の整備(特に説明用資料)に取組んでいた。しかし、飛込みのやむなき事情があって欠席した。


 これまでイベント時には説明を担当が多かったこともあり、都度説明用“マイ・アンチョコ”を作成した経緯より、今回も同様で遅まきながらその資料を完成させた~実に久しぶりのアンチョコ完成に妙な満足感を感じている。

 ここ二年ほどは諸般の事情があってイベントは欠席~今回のイベントについもコース下見会も当日運営検討例会ともに欠席しており、検討された計画・運営の全貌が見えておらず、参加しても会員の足を引っ張らないことがポイントになる~情けないことであるが・・・


 二ヶ月ほど前から整骨院の指導を受けながら、脚力アップに努力してきた。よって、今回のイベント参加では、運営内容の変化などの全貌を確認し、無事成功裏のもと終了させることに注意したい。
 そして、今後のガイドボランティア活動への参画可能な体力のチェックをしたい~自信が得られることになれば幸いである。


tomo100214yoko at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ボランティア