言いたい放題ローゼンメイデン

ローゼンメイデンについて好き放題語ってます。

ローゼンメイデン愛蔵版

皆さま、お久しぶりです。

取り敢えず、本題である愛蔵版の感想から行きましょうか。近況は後でも構いませんからね。

実は、昨日ようやく2巻が届いたところです。なにしろ私が現在住んでいる場所はとても便利とは言い難い所ですから、宅配便も限られた曜日しか配達されないのです。

20220521_203853

さて、まず驚くのはその厚さ。何と言っても15話ぐらいずつ収録していますからね。

勿論、表紙の新規イラストも絶品ですよ。久し振りの薔薇乙女、じっくりと眺めまわして堪能しましょう。当然、表紙を取り外して中を見るのもお忘れなく。

今回各キャラクターに共通のモチーフとして入っているのが、真紅の胸と水銀燈の髪飾りにある「ギザギザに畳んだ生地」でしょうか。各ドールのイメージカラーと純白の対比もGoodです。次に、彼女たちが持っている笏杖ですね。

そして気付いたのが、水銀燈の背景にある花が薔薇じゃない事。桔梗ですかね。この感じだと、各ドールにそれぞれ違う花をあてがうつもりかもしれません。どのドールにどんな花が割り当てられるのか予想するのも楽しいでしょう。私個人としては、金糸雀には向日葵が似合うと思うんですけどね。

20220521_203921

背表紙には表紙のドールに対応した花と、その巻で出てきた名台詞があしらわれています。こうして見ると、「誓いなさい 薔薇の指輪にかけて」が全ての始まりだったんだなぁ……なんて懐かしく思い出したりする訳ですよ。水銀燈のやさぐれっぶりもまた懐かしい。

今回の愛蔵版で特筆すべきは、紙の質が上がった事でしょうか。

20220521_203909

上質紙の白さは格別です。ページの白さをお伝えしたいところなんですが、これは実際に手に取って確かめていただいた方が良いでしょうね。圧倒的な白さを背景にして、どのページも新鮮な気持ちで読む事が出来ます。まあ、紙の質に関わらず乙女たちの美しさは変わらないのですけれど。

また、ヤンジャン時代の企画「大正浪漫×薔薇乙女」と「ニコイチメイデン」がカラーで収録されています。

更に、「ドール×マスター」の新規イラスト。

これがまた可愛いんですよ。ジュンと一緒に漫画を読んでいる真紅と、満面の笑みを湛えためぐに抱っこされてむっつりしている水銀燈。彼女たちをスマホで撮影しているのは誰なんでしょうか。多分、読者自身でしょうね。金糸雀×みっちゃんがセルフィ―ならカメラマンはみっちゃんで決まりなんですけど、私は読者という可能性に賭けたいです。もし私がこんなシーンを撮影できるなら、スマホじゃなくて一眼レフを使いますが。

さて、ここでふと思ったんですけど、ドールとマスターは基本的に1対1ですよね。

・真紅×ジュン
・水銀燈×めぐ
・金糸雀×みっちゃん
・翠星石×ジュン
・雪華綺晶×大ジュン(又は二代目ローゼンとしてのジュン。オディールは単なる糧)

でも、複数のマスターと関わったドールも居るのです。

雛苺は巴→ジュンですけど、ここはやはりトゥモエとの2ショットが見たいですね。可愛らしさ大爆発になること請け合いです。でも、ジュンを含めた3ショットも見てみたい。はしゃぎまわる雛苺の後ろでちょっといい雰囲気の2人なんていかがでしょう。

問題は第4ドールの蒼星石です。結菱氏が渋くキメてくれるのか、蒼星石の身体を隅から隅まで知っている大ジュン――この宇宙でただ一人、蒼星石から口づけを受けた人間のはず――との甘いショットになるのか、最終的なマスターでありお父様でもある中ジュンか……。

いっそのこと、気取ってお茶を飲んでいる蒼星石の後ろで、3人のマスターがピリピリした雰囲気を醸し出しているのも良さそうですね。蒼星石ってなんだかんだ言ってモテるタイプですから、3人くらいが取り合っていても違和感ないはずです。

うーん……。

久し振りにレビューを書きたくなってきました。正直な話中々気力を回せなかったんですけど、こうして改めて読んでみると、やっぱりローゼンメイデン(もしくはRozen Maiden)は面白い。この面白さを伝えるんじゃなくて、ただ単に吐き出してみたい。そんな気分になっています。やると断言はできませんけれど、気持ちが盛り上がっている事だけは確かです。

そんな感じなのにどうしてとっとと書かないのか……。

まあ、この後で近況をお伝えしましょう。







続きを読む

ブログの更新に関して

新しい土地、新しい職場、新しい仕事、新しい仲間……。

慣れない仕事というのもあって、なかなかブログまで気が回らないのが正直なところです。勿論、まだまだやめたりはしませんし、AMNIBUSで予約受付中のフルグラフィックTシャツを買おうかどうか迷っているくらいなのですけど、更新まではいましばらく時間を頂くことになるでしょう。

コミックスは実家に置いてきちゃいましたから、後で電子書籍を見ながらレビューする事になりそうです。

それにしても……





続きを読む

来たぞ!! 水銀燈!!

グリフォンエンタープライズから数年が経ち……満を持して登場ですね。



先ず特徴を上げるとすれば、可愛い方面に寄せてきた顔つきでしょうか。

幼さを感じさせる柔らかめの輪郭、第1期、第2期の切れ長とは全く違う、ぱっちりした目。極限まで目立たなくした鼻と、小さな口。

解釈は2013年版のアニメに近い感じでしょうか。ジュンの部屋を好き勝手にトコトコ歩いて、真紅用に買ってあるお菓子とか適当に食っちゃう水銀燈ですね。

そもそも水銀燈……いや、彼女を始めとする全てのドールズは"女の子"として作られているのです。だからこんな可愛らしい顔つきも当然アリなのです。

ドレスやワンピースの造形にも目を奪われますけど、特筆すべきは背中に生えている翼です。これは原作寄りの表現になっていますね。翼に隠れていますけど、相変わらずガラ空きの背中にも注目しましょう。

発売予定は、なんと来年の8月。

9/7から予約できますから早速……と行きたいのですけど、私は新しい職場に向かうため引っ越し準備の真っ最中なのです。当然お金も入用(車の修理代金40万円が痛い)なので、直ぐに予約できないのがもどかしくてなりません。

数量限定でない事を祈りつつ、落ち着くまでしばらく我慢するしかありません。待ってろよ、水銀燈!!!

【再レビュー024】Rozen Maiden Phase22

金糸雀が初登場するPhase22。

さすが自称薔薇乙女一の頭脳派だけあって、いきなり全開でトバしてますねぇ。真昼間に屋根の上で、黄色い服着た人形がブツブツ言ったり大騒ぎしたり。挙句の果てに屋根から転げ落ちています。

「36回の失敗」を経て桜田家にたどり着いているので、これは37回目という事。挫けない姿勢は見習うべきですけど、水銀燈みたいに鏡を通って忍び込もうとは考えなかったんでしょうかね。

楽してズルしてとか言ってる割に、金糸雀は効率化に興味が無いみたいです。彼女がこだわっているのは、自分の目で確認して、自分の足で乗り込むこと。人工精霊ですら玄関から正面突破させようとしているくらい。たとえ手間がかかろうと危険だろうと、そんなの一切お構いなし。この真直ぐさこそが、金糸雀の持ち味です。

あれこれやらかしている金糸雀をよそに、桜田幼稚園薔薇組はいつものような賑やかさ。3体の人形にまとわりつかれ、ジュンは落ち着いてネットも出来ません。当然外の様子など目に入らないのです。ようやく静けさが戻っても、巴の来訪で台無しに。

真紅が竹刀を持つシーンでは、ちょっと乙女の嫉妬が見えています。身の丈を超える剣を持っている真紅は、翠星石に抱きつかれているジュンをジッと見てから竹刀をぶつけているんですよ。これに気付けぱ、誰だって笑みがこぼれる事でしょう。小さな人形がジュンを取り合っている様子は猫動画に匹敵する可愛さですし、とっつきづらいジュンが人形に翻弄されているのも単純に面白いですから。

Extra Phaseに続いて微笑ましい日常が描かれるのかと思いきや、物語には少しずつ影が差してきます。

雛苺の成長を見た前回に引き続き、今回はジュンの変化も感じ取ってしまった巴。もしかすると自分だけが取り残されているんじゃないだろうか。彼女はそんな不安や焦りを感じ、それでも状況を変えるための一歩が踏み出せない自分をもどかしく思っているのです。

ジュンも同じようなもどかしさを感じていますが、以前の完全な拒絶に比べて、今はかなり周囲を受け入れた様に見えますからね。巴からは、実際以上に大きな変化を遂げた様に見えてしまうのかもしれません。

一方その頃水銀燈は……。

雛苺と真紅に折られた翼がたためずに困っています。翼が折れるという事は、骨組みがあるという事です。背中の中からにゅるにゅる~って感じでのびるんでしょうかね。片側ずつの制御も出来ないみたいで、折れてない方の翼も出しっぱなし。病室に入らないのは翼がつっかえるから……だけではありません。

こんな姿を見せてしまえば、めぐに余計な心配をかけるからです。心配しためぐは必ず水銀燈に生命力を与えようとするでしょうし、心配するだけでもめぐの生命力が少しずつ流れ込んでくるはず。契約なしで生命力を吸い取れる水銀燈は、それを拒絶することが出来ません。意識と理性が遠のいてしまえば、生き延びるため本能的にめぐを食らいつくす可能性だってあるのです。

こう書いていると、水銀燈はドールズの中で最も敏感に絆を感じ取れるんじゃないかと思えてきました。ローゼンメイデンが生命力を分けてくれるマスターの心と繋がるのなら、水銀燈は誰の心とでも繋がってしまうはず。

彼女は今までどれ程多くの想いに触れてきたのでしょうか。楽しい事ばかりではなく、時につらく、時に悲しく、時に汚い。心に触れ続ける事に耐えきれず、水銀燈は人と触れ合う事を避け始めたのかもしれません。

今の水銀燈が自分に許せる癒しは、小さく小さく聞こえる歌だけ。細い細い、絆の糸だけ。

【Extraレビュー】ヤン・シュヴァンクマイエル『アリス』

Extra Phaseの後ですから、レビューもExtraにしてみましょう。やるべきかどうか迷いに迷っていた、ヤン・シュヴァンクマイエルの『アリス』です。

因みに、私が持っているのはHDニューリマスターのチェコ語ノーカットバージョンです。「アレンカがアリスで、クラーリークがウサギの事かも。パレはPleaseの意味かな?」なんて感じで聞き取りにチャレンジしてみるのも一興です。もちろん日本語字幕が付いていますのでご安心を。

それでは、いざ不思議の世界に参りましょう。

川に石を投げ込んでいる、ピンクの服を纏った少女がアリス(クリスティーナ・コホウトヴァー)。隣には本を持った女性……と言ってもそんなに大人とは思えません。石を投げつくしたアリスは本をパラパラとめくるのですが、女性はその手をバシッとはたいてしまいます。

突然部屋に戻って1人きりのアリスは、紅茶の中に石を投げ込んで( ! )暇をつぶしています。そんな中、剥製のウサギが動き出し……。

こんな具合に始まる「アリス」は、シュルレアリストが好む幻想や夢の話。当然シュールな世界です。

でも先ずは、主人公のアリスちゃんに注目してみましょう。

アリスは好奇心が服を着ているような少女なので、穴があれば覗き、引き出しやドアがあれば開けてしまいます。開けたドアをちゃんと閉めたり、玄関マットで靴底の汚れをしっかり落とすところなんて躾が行き届いてますよね。

しかし、なんでも口に入れるのは感心しません。ウサギが食べていたおがくずに始まり、インクを舐めたり飲んだり、拾ったクッキーを何のためらいもなくむしゃむしゃ食べてしまったり。夢の中なので大目に見るべきでしょうか。

可愛らしくてちょっと心配なところもあるアリスが繰り広げる冒険ファンタジー……だけの作品ではありません。物語はルイス・キャロルの原作に大体沿って進みますが、常に付きまとうのが微妙な不快感。

アリスは可愛いのですけど、とにかくすべての物が薄汚れていますし、ウサギは多分本物の剥製。骨格や昆虫の標本が次々登場しますし、画びょう入りのジャムや釘の生えたパンなど、いちいち引っかかる不快さがあるのです。同じくシュルレアリストが作った『アンダルシアの犬』(小さな頃に見た、目をカミソリで切るシーンはいまだにトラウマ)程ではないにしても、常にどこか汚れていて不気味でグロテスク。

基本的にアリス以外はストップモーションアニメになっています。この技法も不気味さに拍車をかけていますね。ウサギの剥製を筆頭に、動き回る異様な組み合わせの骨格標本や靴下の芋虫。帽子屋や三月ウサギやトランプの兵隊も、やっぱりどこかに引っかかる感じの不気味さです。這いずり回る生肉なんて悪趣味の一言ですよ。それなのにゴキブリや豚、鶏やハリネズミは生きている本物を使っているのが、夢だか現実だか分からない独特な雰囲気をさらに引き立てます。

そして、音響も特徴的。

BGMは存在せず、モノラルの効果音がこれでもかと響きます。ウサギが時計を舐める音なんて、鳥肌物のゾワゾワ感が味わえますよ。声を出すのはアリスだけで、他のキャラクターのセリフも全てアリスが語っているという形式。このせいか、色々なキャラクターが次々登場するのにどこか寂し気な感じが付きまといます。

不気味だの異様だの言ってますけど、なぜか途中で見るのをやめようとは思えません。何故か不思議と引き付けられるのはいったいどうしてでしょうか。

それは、この映画が幼少期の夢に似ているからです。

小さな頃の夢……特に大人になっても覚えている夢って、独特な雰囲気があるじゃないですか。楽しい部分も多いけど、ちょっとだけ現実とは違う不気味さがあって、そのせいで忘れられない。『アリス』は、そんな感じを見事に再現してくれるんですよね。

可愛さだけを求めて観る映画ではありません。しかし絶妙な加減でくわえられた不快感が、まるで香水に隠された不快臭の様に、観る物を引き付けてやまないのです。

これは夢なのか現実なのか、それとも夢の中の夢なのか。不気味で不思議なワンダーランドを、一度覗いてみてはいかがでしょうか。
最新コメント
相互RSS
記事検索
ツイート
Twitter プロフィール
ローゼンメイデンとヘヴィメタルを愛する男。 ヘヴィメタルは音楽界の賢者の石。全ての音楽にメタルの要素があり、メタルにはあらゆる音楽の要素が含まれる。 とにかく、アイドルを聞いてても民謡を聞いてても俺はメタル「キッズ」。メタルのおかげで永遠の若さまで手に入れたのだ。サンジェルマン伯爵も人形師ローゼンも驚くことだろう。
  • ライブドアブログ