2017年02月11日

鎌倉、横須賀の旅 〜その2〜 横須賀編

鎌倉、横須賀旅行、2日目。

朝、7時半頃に目覚め、身支度を調える。宿についている朝食を軽く食べ終えてから出発。
この日は、横須賀を回る。

事前に予約しておいた「横須賀軍港めぐりツアー」なるものに参加する。これは、横須賀の軍港を船に乗って海上から見物しようというツアーで、ちゃんと解説がつく。旅行などで色々と見て回る時、解説がつくのはとてもありがたい。事前に調べていくとしても限界がある。神社仏閣でも、何にも説明書きのないところと、簡単でも何かしら説明してくれているところとでは、見た後の満足度が違う。やはり多少でも説明があると嬉しいものだ。

そんなわけで、平塚から横須賀へJRで移動する。中央線で大船まで出て、そこから横須賀線で横須賀まで行く。小一時間コース。
横須賀駅に降り立つと、早速港へ向かう。

なぜか戦艦陸奥の大砲の砲身が飾ってあるのを見つつ、更に進むと、すぐに自衛隊の軍艦や潜水艦が見えてくる。

P2050002



P2050016



軍港めぐりツアーの受付場所でチケットを発券してもらい、乗船場所を確認しておく。乗船時間開始時間の11時まで1時間ほどある。丁度、自分が乗るのの一本前の便が出るところだった。

乗るのはこの船。

P2050024



時間をつぶすため、近くのスタバでコーヒーを飲む。同じようにコーヒーを飲みながら待っている人たちもいるし、何やら資格試験の勉強をしている人もいる。ケータイをポチポチしたり海を見たりして時間が過ぎる。できるだけ良い席を取りたいので少し早めに桟橋に並ぶ事にした。
既に家族連れが一組並んでいたが、まずまずの場所をとれそうだ。

しばらくすると、先ほど出発した前の便が帰ってきた。
5分前になってようやく乗船開始。一番前の左側の席を確保した。

約45分間の航海で、日本の護衛艦や潜水艦、アメリカのイージス艦などを見られる。目玉は空母ロナルド・レーガンか。300mを超す船体が迫力だ。アメリカの空母でアメリカ国内以外で見られるのは横須賀だけだそうだ。
その他にも観測船や珍しい木造船なども見て回り、あっという間の45分が過ぎる。

詳しい様子を動画で撮影してきたので、YouTubeを貼り付けておく。




乗船中から小雨がぱらつきだした。大した降りでもないけれど、この先どれくらい降るのか解らないので、昼食より先に三笠公園を見ておく事にした。

三笠公園まで歩いて行ったが、全日の膝の痛みが取れておらず、結構苦労して到着した。

P2050136



三笠公園は、日露戦争の日本海海戦で活躍した連合艦隊旗艦三笠を保存してある公園だ。
三笠の中は、勿論見学ができる。

P2050060



この時代の戦艦は、主砲の他に舷側に沢山の副砲がにょきにょきと生えている。

P2050086



船体の前後に30cm主砲がそびえる。

P2050123



ここ三笠でも、解説してくれるボランティアの方がいた。かなり年配の人で、少々口の回りがよろしくなかったけれど、色々と解説をしてくれた。特に船内の艦長室などの偉い人の滞在していた部屋の話は、解説を聞かなければそのままとばして見過ごしていたかも知れない。

解説して廻るのに約1時間ほどかかった。


三笠を見終わり、次はようやく昼食だ。
横須賀と言うからには、海軍カレーを食わねばなるまい。
かねてより調べておいた海軍カレー本舗なる店へと向かう。例によって道中は膝の痛みに苦しめられる。店が2階にあって、階段を登らなければならないのが膝には地味にきいてくる。

店に到着した頃には2時を廻っていた。

メニューを見ると、カレーのセットのようなものがあった。サラダとコーヒー、何故か牛乳がセットになっていた。これがオーソドックスなようなので、それを注文する。他のメニューを見ると、何やら大食いメニューが目についた。巨大なカツカレーなど。さすがにそれは食べられないので見送る。

New photo added to "All Photos"



目の前には1/350とおぼしき戦艦三笠のプラモデルが飾ってある。
カレーなのですぐに出てくるかと思いきや、結構待たされた。カレーの味は、最初、ボンカレーぽいか?と思ったが、よくよく食べてみるとそうでもなく、それほど辛くなく、と言うかむしろちょっと甘めな感じで、結構美味しかった。
コーヒーを飲んでゆっくりしたかったのだが、ちょっと時間が押している。この日の最後にメインイベントのライブ参戦があるのだが、入場開始が4時からなのだ。場所は新横浜にある横浜アリーナで、横須賀からだと1時間ほどかかる。3時くらいには電車に乗っていたい。そうすると、ゆっくりコーヒーを飲んでいる時間が残されていなかった。やむなくコーヒーを半分ほど残して店を後にする。

Googleマップによれば最寄り駅は横須賀中央駅で京急に乗っていく事になる。横浜で乗り換えだ。
最近は便利になっていて、スマホで駅を指定すれば勝手に時刻や乗り換えを調べてくれる。ところが、何故か今回はそれが上手くいかなかった。スマホで調べた時刻に発車する電車はないのだ。同じような時刻に同じような行き先の列車が来るのだが、果たしてそれに乗って良いものかが分からない。普通列車であれば良いのだが、快特で、かなり駅をすっ飛ばして走るものに乗ることになる。そうすると、右も左も解らない、初めて乗る路線では結構不安になる。幸い、行き先表示板に停車する駅名が全て載っていたので助かった。スマホがない時代だったら、こういう不安を沢山抱えてながら旅をしていたのに、今ではすっかり楽をする事に慣れてしまっている。たまに上手くいかないと必要以上に不安になってしまうのだろう。


電車に揺られて1時間、新横浜に到着した。
メインイベントのMISIAのライブだ。周りを見渡すと、多分同じライブに参加するとおぼしき人達が沢山いる。なんとなく人の流れができているので、初めての道でもなんとかなるものだ。

おおよそ予定通りの時間に到着。自分の席へと向かう。今回のチケットはオークションで取得した。結構な金額を出してSS席を取ったのだが、そのSS席の中では余り良い席とは言えない35列目だった。実際に席に行ってみると、予想していたよりもかなり後ろの席でちょっとがっかりする。とは言えそれでもSS席なので、通常の席よりは良いはずと自分に言い聞かせる。

今回参加したライブは、THE TOUR OF MISIAというシリーズになるのだが、どうやらこのシリーズはこれが最後になるらしい。ファイナルという事で、せっかくだから参加しようと決めたのである。
そのファイナルであるからには、MISIA本人はもとよりファンもかなり力を入れているはずだ。相当に盛り上がるライブになるに違いないという期待がある。
実際のところ、かなり盛り上がった。
元々はおとなしめのバラードが好きでファンになった。正直、バラード以外はどっちでも良いかな、くらいに思っていたのだが、今回参加して、アップテンポな曲に合わせて手を振ったりするのがかなり楽しいという事に気付いた。舞台の演出もかなりド派手で、すっかり没入してしまった。惜しむらくは、やはり席が後ろだったという事。もっと前の席だったら、相当凄かったに違いない。


そんなこんなで、ライブが終わり、全ての日程を終えた。
後は新幹線で帰るだけだ。
しかし、最後にまだお楽しみが残っている。新幹線の中で食べる弁当とビールだ。
新横浜の駅で、崎陽軒のシュウマイ弁当とプレミアムモルツを買い求める。おつまみにもう一品欲しかったので、生春巻きを追加。後は新幹線に乗るだけとなった。

あらかじめ、ライブの終わる時間を見越して帰りのチケットをとっていたのだが、当然時間に余裕を持たせている。そこで、早く帰れるなら早めの新幹線に変更しようと思っていた。
で、みどりの窓口に行って、早めの時間に変えてくれと言いに行った。そこでちょっとショッキングな事実が発覚。20時代のチケットをとっていたつもりが、なんと朝の8時代のチケットをとっていた事が判明。道理で、最初は怪訝な顔をされる訳だ。
本当だったらもう変更はできませんよ、と一言クギを刺されはしたが、何とか予約を変えてもらった。ギリギリセーフ。
誰だ、こんな間違いをしたのは、と最初は怒り心頭だった。が、よくよく考えれば窓口で発券したのではなく、自動販売機で自分で発券した事を思い出し、恥ずかしくなった。

まあ、最後に少しミソがついたが、帰りの新幹線の中ではシュウマイと生春巻きを肴にビールを一杯やって、最後のプレミアムタイムを楽しんだ。
翌日からはまた仕事の日常が待っているのだ。


二日間、鎌倉と横須賀を回り、MISIAのライブを楽しんだ旅は終わった。初見参となった鎌倉と横須賀だったが、今回は時間配分の問題で鎌倉は少し消化不良な感じだった。もう少し見たいところがあったのが廻りきれなかった。少々時間の見積が甘かった。と言うか、1日だけで見たいところを全部廻るのがどだい無理な話なのかも知れない。
今回一番印象に残っているのは、残念ながら観光名所でもライブでもなく、膝の痛みだった。とにかく、初日にこじらせた膝の痛みは2日間を通して苦しめられた。はじめは右膝が痛み、それをかばっていたら左膝がもっと痛くなり、更に左足の股関節まで痛くなる始末。ロキソニンを飲んでも治らなかった。原因不明なのが辛いところだが、体重を減らしたらなんとかなるんではないかという気がしないでもない。

とにかく、痛くも楽しい2日間でした!!

tomo7336 at 01:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年02月06日

鎌倉、横須賀の旅 〜その1〜 鎌倉編


2017年2月4日〜5日にかけて、鎌倉、横須賀へ旅行へ行ってきた。

行くきっかけとなったのは、2月5日のMISIAのライブだ。
THE TOUR OF MISIAの最終回だと言うので参加する事にしたのだ。開催は横浜アリーナなので、ついでに鎌倉と横須賀を回って、一拍旅行に仕立て上げた。

初日に鎌倉、2日目に横須賀へ行った後、夜にライブに参加してから帰ってくるという旅程。

4日にある程度廻りたかったので、朝6時に家を出た。7時台の新幹線に乗って新横浜で降りる。そこから横浜を経由して鎌倉駅へ行く。到着は9時半頃。
鎌倉駅を下車し、小町通りを抜けつつ鶴岡八幡宮を目指す。

P20400032



道を調べずに行ったので少し迷ったが、程なく到着。

P20400352



鎌倉と言えば大仏か八幡宮かというところ。旅行雑誌などでよく見る光景が広がる。


静御前が義経を慕って舞ったという舞殿。

P20400212



源実朝が暗殺された大イチョウの木。今は倒れてしまって再生中のよう。「がんばれ大イチョウ」の立て看板が立っている。

P2040029



神社らしく真っ赤な建物が続く。


一通り見た後、離れようと道案内標識を見ると、「源頼朝の墓」の案内があった。これは是非行っておこうと思い向かう。

P20400842



墓なので見た目、地味。

地図によると、鶴岡八幡宮から道が延びていて建長寺へ続いている。
と言うわけで、鎌倉五山第一位の建長寺へ。

P2040090



地図で見ると割と近いのだけれど、実際に歩いてみると結構ある。しかも、山道なので辛い。とはいえ、地図では北鎌倉の駅からも同じような距離があるので、どちらにせよ歩かなければたどり着かない。
疲れつつ、建長寺に着く。

建長寺と言えばけんちん汁らしい。建長寺汁がなまってけんちん汁なのだとか。

三門。
山門ではなくて三門らしい。

P2040094



ご本尊の地蔵菩薩像。

P2040116



奥の院があるので向かう。奥の院と言えば大体山道を辿っていかなければならない。山道は苦手だが、せっかくだから行こうと思い階段を上る。

予想通り、とても疲れたが、その先には絶景が待っていた。
富士見台という事で、富士山を遠く望む。

P2040162



苦労に見合う眺望で、満足するが、ここでアクシデント。
1週間前に発症していた膝の痛みが再発。山道を無理して登ったからだろう。登ってくるのも大変だったが下りもキツい。特に下りは膝に体重がかかってくるので膝の痛みにはこたえる。

四苦八苦して建長寺を後にするが、膝の痛みは結構致命的。次の目的地、円覚寺までは地図でも結構ある。歩いて行っては膝がもたない。北鎌倉駅のすぐ近くにあるので、北鎌倉駅までバスを使う事にする。
バスを待っている人が何人もいるが、その会話を聞いていると、どうやらバスの到着が遅れているらしい。路線図を見ると、鎌倉駅からの折り返しで北鎌倉へ向かっているのだが、どうも鎌倉駅に向かう道中が渋滞して遅れているようだ。確かに建長寺の前の道は、鎌倉に向かって大分混雑している。

しばらく待ってようやくバスが到着。初めて乗るバスというのは緊張するもので、つまりは、先に料金を支払うのか、それとも後払いなのかが解らないという問題があるのだ。今回は先払いだった。驚いたのは、先払いなのに定額運賃ではないということ。口頭で運転手に行き先を告げると、料金を教えてくれるので、それを支払うという形式。これっていくらでも誤魔化しがきくのではないか。実際のところ、北鎌倉駅で降りるつもりで料金を支払ったのだが、ぼんやりしていて北鎌倉駅を降り過ごしてしまった。降りる停車場の前でボタンを押さねばならないのをすっかり忘れていたのだ。他にも北鎌倉駅で降りる人がいたように思うのだが、誰も下車しなかった。運転手も気付いても良さそうな気がするが、それは言っても詮無いこと。
膝が痛くてバスに乗ったのに、一駅余分に歩かなければならないのは痛かった。

そうこうして、どうにか円覚寺に到着。

P2040005



ご本尊の宝冠釈迦如来像。

P2040013



建長寺にもあったが、天井には龍の絵が書いてある。

P2040011



かなりデフォルメされていて、最近のマンガのよう。

境内を散策していると、国宝の文字がある。洪鐘があるらしい。これは見に行かなければ、と思って向かったのだが、またしても山の上にあるという。今回は膝が限界に来ていたので、やむなく断念。

時計を見ると、既に1時を廻っている。そろそろ昼飯にしなければと思い、北鎌倉駅に帰る。
北鎌倉駅には余り食べるところがなさそうなので、JRに乗って鎌倉駅へ。
再び小町通りにやってきて食べるところを探す。既に2時近くになっていて、当初行こうと思っていた店は閉店近い。そこで行き当たりばったりで店を探したが、膝の痛みと空腹がネックなので、手近な店を選ぶ。
小道を入ったところにちょっと小洒落た店があり、生しらす丼の看板がでている。
生しらすが名物らしいので、ここに決めた。

ところが、注文の段になって、今は禁漁の時期なので生しらすではなくて、普通のしらす丼になるという。ただのしらす丼では面白くもなんともないし、それにしては随分高い。急遽変更して、海鮮丼を頼む。

new-photo-added-to-all-photos_31856223644_o-2



まあ、旨いが、わざわざ鎌倉で食べたという程でもない、という感じ。
お茶を飲んで人心地ついたところで、次の目的地へと向かう。

次に目指したのは鎌倉の大仏。江ノ電で向かうのだが、1日乗車券のような「のりおり君」というチケットを買う。
ホームへ向かうと丁度電車が出るところで、急げば間に合ったのだが、凄く満員で乗るのがためらわれた。一本待って座って行く事を選択。
しばらく待って、次の電車が来る。並んでいた親子連れがいたのだが、その会話を聞くと、かなり古い車両が来たらしい。列車の事は余り詳しくないのだが、その親子によれば現行走っている江ノ電で一番古いらしい。なるほど確かに床は板張りで古めかしい。

その古い列車に揺られて長谷駅を目指す。
本当に揺られていく感じのするローカルな列車だった。


さて、長谷駅に着き、大仏を見に行く。本当は長谷観音も見ていくつもりだったが、時間的にも膝の痛み的にも難しかったので、やむなくオミット。

少し歩いて大仏へ。

P2040037



拝観料を徴収する場所からは大仏はさっぱり見えないのに、入り口を超えるとすぐに大きく見えてくる。よくよく考えられた場所なのだなと変なところに感心しながら大仏見物をする。
大仏というと背筋をピンと伸ばして姿勢が良いように思うのだが、鎌倉の大仏は猫背なのが面白い。

P2040051



大仏の体内も見物できるのだが、かなり行列していて、とても並ぶ気にならなかったので諦めた。
今回は諦めるポイントが多いなと感じつつ、再び長谷駅へ戻る。

もう一度江ノ電に乗り、名物駅、鎌倉高校前駅で列車を降りる。

P2040074



ここは駅のすぐそばまで海が来ている事で有名なところ。わざわざ降りて見物する人が多いらしい。確かに目の前が海で絶景だ。カメラを構えている人も散見される。
スラムダンクのアニメに登場した踏切が近くにもあって、そこは台湾人観光客に人気だとか。

ここで時計を見ると既に夕方の4時を廻っている。他の場所を見て回る時間はなさそうだし、膝痛みや疲れもあったので、ここは潔く撤退。
平塚にとってある宿へ向かう。
江ノ電で鎌倉駅まで行き、JRに乗り換えようとしたのだが、なんと車両の窓が割れたとかで電車が何本か運休している。次の電車までかなり待つ事になった。


5時過ぎに宿にチェックインして一息入れる。
パソコンの電源を入れ、カメラのデータを読み込もうとSDカードを入れるもなかなか認識しない。パソコンがおかしいのかSDカードが悪いのか。後で解ったのだが、どうもSDカードが良くなかったようだ。せっかくこの旅のために買ったのだが、安いものを選んだのが悪かったのか。
しかし、そうとは気付かず、パソコンのリーダー側に問題があると思ってしまい、近くの電気屋へSDカードリーダーを買いに走る。近くと言っても地図上での話。歩けば結構ある。膝も痛い。やっとの事でたどり着いたがなかなか売り場が見当たらない、など苦心してリーダーを買う。テナントで美味しそうな店が並んでいたが、宿までの距離を考えたり、店の雰囲気を考えると一人で入るのはためらわれた。
帰りも歩いて帰るとなると膝が辛いので、平塚駅までタクシーを使う。

その足で駅前の居酒屋へ入り、ビールを飲んで生き返る。
刺し盛り、串盛り、寿司盛りと三つも盛り合わせを頼み、腹一杯となる。

32548263402_a19ce1d460_o-2



宿に戻ってもう一度一息入れる。
各種の充電など翌日への準備をしつつ、普段は見ないテレビなどをぼんやり眺める。夜中にNHKでさだまさしの番組がやっていた。さすがに朝も早く、歩き疲れていたので、その日は夜の2時頃には眠る事ができた。

と言うわけで旅の初日が終わった。2日目については又、稿を改める事としよう。
最後に、1日撮った動画をまとめたので貼り付けておく。




tomo7336 at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月29日

新年会

今日は会の新年会だった。
午前中、仕事を1件こなした後からの研修、新年会と続く連続コンボ。

午前中の仕事は、完全敗戦からの敗戦処理かと思っていたのが、半分負けからの敗戦処理だった事が解り、少し安心。
研修は、なかなかの内容で、とても興味深かった。ここ最近の研修の中では最も良かったのではないだろうか。

新年会は結構飲んだ。
一次会、二次会と参加したが、二次会は飲み放題がついていなかった。にも関わらず、俺の前には沢山の空のジョッキが並んでいて、結構ひんしゅくものだった。
この辺の飲み会というのはかねてから言うとおりの付き合いの飲み会なので、割と気乗りがしないものなのだが、今日は、席の巡り合わせがよく、心地よかった。
が、ちょっと飲み過ぎたかもしれん。

2月にも俺幹事の飲み会が2回あるので、その準備もしなければならない。
幹事は面倒くさいのでやりたくないが、一つは持ち回りの順番で、もう一つは先輩からの指名とあって断れない。
ま、来週、色々と予約を取り付けようと思っている。

MISIAツアーまで後1週間となって、膝の調子を見つつ、色々と機材もそろえつつ、準備を整えて行っている。今日は、調子の悪いビデオ編集ソフトを買い換える事を考えている。Video Studioというソフトを使っていたのだが、最近すこぶる調子が悪い。ちゃんと編集できず、しばらく使っているとすぐに落ちてしまう。仕方ないのでAdobeのpremiere elementに乗り換えようかと画策しているのだ。

兎にも角にも、今のところ膝の調子が悪くないのが一番助かっている。
この調子で1週間の間に良化してくれる事を望むところだ。

tomo7336 at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月28日

右膝の経過 続編

ロキソニン投入後、初めての外出という事で、電車に乗って出かけてきた。
結果、右膝の痛みはほとんどなかった。
駅の階段の上り下りを少しと、片道15分くらいの歩行という内容。


平地を歩く時は勿論のこと、懸念されていた階段の上り下りでも特に問題はなかった。
ただ、痛みは確かに感じないのだけれど、本当は痛い状況なんだろうなと推測される感じがある。
痛みはほとんど感じない。ほとんど感じないのだけれど、ほのかに痛いような気がする。
本当は良くなっていなくて、痛いのだけれど、ロキソニンの効果で痛くないだけ。若干の違和感は感じているのだ。
やはり余り表を歩き回る事は控えた方が良さそうだ。


いよいよ来週には鎌倉旅行が迫ってきている。
それまでにはなんとか良化していて欲しい。

今日の感覚では、ロキソニンさえ飲んでいれば何とか乗り切れそうな気はするが・・・。
ただ、やはり余り状態の良くない中で、二日間観光をするとなれば、相当にストレスを与える訳で、それが足の治りには悪影響を与えるという事は簡単に予想できる。
できれば来週までに治っていて欲しい。

しかし、これ、痛み止めを飲んでいれば、確かにその場はしのげる。そして、炎症が治まるのを待つ、という戦略な訳だが、根本的な治療は一切されていない。今回良くなっても、またしばらくしたら再発する可能性が高い、と言うか、実際、今回がその「再発」なのだ。原因を究明して、それを取り除くという事がなされていないと言う点で、今回の医者の処置にやはり納得がいかないなあ、と思うのであった。

ま、次回、再発したらロキソニン買って飲めば良い、という事ではあるのだが。

tomo7336 at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月27日

右膝の経過

先日来の膝の痛みだが、昨日、整形外科で診てもらってきた。

痛みの部位は、太モモからつながる筋肉なのだそうだ。
念のため、レントゲンを撮ってもらったが、骨などに異常は見られなかった。
痛みをこらえて歩くような事は慎むようにとの指示。

痛み止めにロキソニンをもらって帰る。

痛い割にはロキソニンしか処方されない事に若干の不満を持ちつつ。
今のところ、安静にしていれば痛むこともないのでロキソニンは効いているのだろう。
実際、歩いてみてどうなるか。
丁度これから出かけるので、試してみる。

tomo7336 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!