2009年10月25日

熱帯魚ブログを起ち上げた



勝間女史の本を読んで、すこし自分のブログについて考えてみた。
読みやすいブログということで考えると、このブログはあまり良くないのではないかと思う。
自分なりにどこが良くないか考えてみたところ、以下の2点が大きな問題であるようだ。

まず第一に1回のエントリーが長すぎる。これはブログを書く時に全く無計画に書き始め、思いつくまま話があっちこっちにそれてしまい、気がつけばだらだらと沢山書いていた、という事が多いからだ。だいたい、書く前に思っていた内容とできあがったブログの記事の内容はかなり違っている事が多い。自分でも思っていなかった結論とかが出てきて、それはそれで面白い。自分の思考を整理するという点ではこれでも良いのだけれど、他人が読むには読みにくいだろうし、何より自分が後から読み返しても読みづらい。勝間氏も言っているが、だいたい1000文字くらいでおさめておくのが適当らしい。なので、今後は出来れば1回の本文を短くしようと思う。途中で思いついた事はメモするなり覚えておくなりして、別エントリーを立てて書く事にしよう。その方が検索性も上がり、後から読み返す時にも便利だ。

第二の問題点は内容が雑多であるという事だ。これは「俺」の思った事やその周辺の出来事という点では統一したテーマであると言う事ができるが、しかしブログとして読んだ時には一貫性を欠く。何のブログですかと聞かれた時に、熱帯魚のブログなのか読書記録の日記なのか日記なのかが解りにくい。勝間流に言えばエッジが立っていない。こちらの問題についても、別にいいじゃんと言えば良いのだけれど、検索性についても問題がある。後から備忘録的に読み返す時に不便だ。
そこでいくつかブログを起ち上げて、それぞれ内容を特化していったものにしていこうかと思う。とりあえずこのブログを身辺雑記やら思いつきを書く場として残しつつ、ハブとして機能させる。どうせ中身がすっからかんなのであまり沢山起ち上げても仕方がない。まずは熱帯魚と読書記録あたりから独立させよう。ロードスターについても独立させたいと思うのだが、最近は頻繁にドライブにいったりという事が少ないので、当面は日記の一部としよう。その他競馬とかプラモとかあるのだけれど、ドライブ同様1個のブログとしての内容が揃わないと思うのでこれも分離しない。
という事で、とりあえずはこのブログと熱帯魚ブログ、読書感想文ブログの三本立てでいこうと思う。今日は熱帯魚ブログを起ち上げた。

みなぞこ日記
http://tomo7336.blog101.fc2.com/


今のところ、熱帯魚ブログを更新したらこっちのブログにもその旨書いていこうと思う。興味のある人はみてくだされ。

tomo7336 at 21:52│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔