一つ前の記事を書く時は、実は最初にパナソニックのGX8を買う予定でしたが・・・。

パナソニックの提供するRAW現像SILKYPIXは、市販のソフトの簡易版だそうで
VIVIDやモノクロのようなどこにでもある機能はあるけど
22個もあるメーカーオリジナルのフィルター機能が使えないことがわかり、がっかり。

撮影時にJPEGで撮影したらいいやん、といわれる方もいるかもしれないのですが
撮影のたびに設定を変えるのは面倒。しかもJPEGだと後で加工は画質劣化するため、ハイライトシャドウ等も撮影時に調整しないといけず、撮影にかける時間がかかりすぎる。。。
やはり撮影時は、構図重視で、撮影チャンスをどんどん撮影したい自分にとっては、RAWで撮影したい。

RAWで、各メーカーの個性的な機能が使えないのであれば、ソニーと同じ。
あえてパナソニックを買う必要はなく。。。

オリンパスはアートフィルタ機能がRAWファイルでも十二分にできるし
富士フィルムやPENTAXも調べたところできるようで。
でもパナソニックとソニーはできない。。。

今まで意識したことないけど、こういうところが家電メーカーとの違いなのかな?

G8Xの次は、グリップ力最強のG9購入する予定でしたが残念。

DSC06299