cinema cafe

私なりのレビュー








201410152359204fa

exodus-poster





l_1318514_da5c2e4f

 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

2011年/アメリカ/105分

伝説のSF映画「猿の惑星」をリブート(再起動)。知能を持った猿たちが人類に対抗していくまでを、最新VFXを駆使して迫力満点&スリリングに描いた、話題のヒット作!
猿が人間を支配する星を描いた1968年の名作SF映画「猿の惑星」とそれに続くシリーズは伝説的名声を獲得したが、賛否両論呼んだ、2001年のティム・バートン監督によるリ・イマジネーション版「PLANET OF THE APES/猿の惑星」を経て、新たな構想のもとで旧シリーズをリブート(再起動)しようと挑んだのが本作。ドキュメンタリー「プロジェクト・ニム」も描いた“知能を持つ猿の出現”を、フィクションながらリアルに映像化。旧作ファンも思わず納得という、力強い1本に仕上げた秀作だ。 
 (WOWOW 記載)


お猿さんの表情が凄いですねえ〜 なんか関係ないただのシーンで幾度かブルって鳥肌立ちました  とても表情がいいです ほんと
ストーリーはいかにもって感じで、赤ちゃんの可愛いお猿さんを人間が育てて、大きくなったら手放して、そして檻に入れられ人間の看守にいじめられ、そいから自我に目覚める
でもCGがリアルでほんとに起こりそうな感じだったですね
ラストも、ほんの短いしーんですが、全世界へウイルスが拡散していくって感じで、見る側にそれからどうなる?って想像させてくれます

C・ヘストンから考えると、実に映像がリアルになったもんですねえ
 

このページのトップヘ