空を見上げて

今日ライブです。

ブログ、引越し完了しました。↓どうぞよろしく。
http://ameblo.jp/tomocommunity/


今日は新宿のRUIDO K4で、18時〜ライブ出ます。お時間あったら観にきてください。

tomocommunitytomocommunity  at 10:47  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

お引越し

ある方のお勧めにより、近日中にブログをアメブロに引っ越す予定。もう手続きはしたんだけど。
なので、URLが変更になったらここに載せます。どうぞよろしく。

引越しといえば、私、家の建築本がとても好き。一軒家に住んだ事が今まで一度もないので、戸建ての間取り図やら部屋の写真なんかを見てると、これ以上ないくらいうきうきしてくる。ファッション雑誌より音楽雑誌より小説より、もしかしたら一番好きかもしれない。いくつもの設計を眺めてきて、中庭のある家に住みたい!と数年前から思ってる。一本でいいから、日常の中で木を眺められたらいい。
旦那さんの会社もあるので、都会から離れていっそ森の中で、というわけにもいかないし、緑の中で生涯を終えるのは夢ではあるけどそれはもっとあとの話。中庭って贅沢だけど、実は12坪ぐらいの土地でも有効なのだ。…って、どこまでもいってしまいそうなのでこの辺でやめとこう。




tomocommunitytomocommunity  at 21:21  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

爆発的号泣

先日の日記の予告どおり、ニライカナイからの手紙、を観た。
私の隣で観てる人は、まったく泣いていなかったもようであるが、翌日も目が腫れた程一人で泣いた。観終わって、メニュー画面の蒼井優と平良進の写真だけでもまた泣いた。

ストーリーの一部分は、昔観た映画だったか小説だったか、かぶるものがあって、結末の予測はついてたわけだけど、その予測どおりになっても尚、号泣、号泣。こんなに泣いたからって、五本の指に入るぐらいこの映画良かった!ってわけではなかったりするんだけど…。
なんであんなに泣いたのかよく分からない。涙を流すことはストレス発散になるらしいが、引きこもりでたまってた分、ストレス分の涙が余計に出たのだろうか…。そんなことってある?
いや、でも、きっと蒼井優が良かったんだろうし、竹富島があったかかったんだろう。そして私も母になったからなのか。

子供の頃から船で学校に通うような島暮らし、田舎暮らしの人が東京に出てくるとどんなふうに感じるんだろう。想像はできても、リアルな感覚は分からない。この映画を観てる時に、なんだか無性に羨ましくなっていた。子供の頃の環境は、大人になってからの自分にとても影響するように思う。人間が形成される時期、子供の頃、田舎で暮らすことで、色んな感性が色づくような気がする。東京生まれ、東京育ちの人がそうじゃないと言ってるわけじゃないんだけど、大人になって思う理想はそうだ。私ももしそうだったら、また違う感覚で詩も書けてるんだろうな。人に対しても、空気ひとつとっても、温かさと冷たさをもっと鋭く感じ取れるんじゃないか。
もう一度生まれ変わるなら、竹富島で産声をあげたい。


tomocommunitytomocommunity  at 20:35  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

ナオラン!!

碧さん。一向にひかないしつこい咳こそマイコプラズマか…。いつ復帰できるのか目途つかず。
この1週間、ずっと家にこもりっきりで、親子共々明らかにストレスを抱えこんでる。あぁイライライライラ……。
土曜日にやっと美容院の為だけに外出できたものの、前髪切られ過ぎてマンガの出っ歯みたいに前にふっ飛んでるけどさ、コレでいいの?と鏡の自分に自問自答。伸びるまで待つしかないじゃん。じゃあ、前髪くらい割り切りますんで、わが子のウイルスよ早く去ってくれ!!

で、今日も病院。
朝からわがまま連続碧にプンっプン怒りながら、携帯で診察予約。そしたら、なんと1番ゲット。こんなことぐらいでも、だいぶ気分が良くなって、そんな自分の単純さに意外にも救われることに気づいたら、なんか面白くなった。
ストレスなんて絶対溜め込みたくないタイプなんだけど、最小規模のストレス社会に化してる我が家。幼稚園復帰まで発散は無理だ。とりあえず、碧が寝た後に、ちょっとネットやって、Wiiでテニスして、本当は大声で歌いたいところだけど即泣かれると思うので、あきらめる。
あとはダンナくんが帰ってきたら、首を長くして届くのを待ってた「ニライカナイからの手紙」を観たい。最近観たミストもウォッチメンも、個人的にげんなりだったので、今度こそお願いします。
蒼井優ちゃん、待っててね。

あ、ライブ。29日に急遽決まりまして→


tomocommunitytomocommunity  at 20:09  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

夢の中でも…

ゼルダの伝説をダンナくんが夜中にやっていて、数分だけ謎解きを一緒にやてみたりする。
ドラクエとかも、途中で敵に出くわすのがとにかくストレスだから一切やらない、というタイプなもので、こちらも自ら望んでやりたいゲームではない。
寝る直前に、駆け回ってもそこから抜け出せない主人公の様子を眺めているからなのか、碧の足が私の身体に乗っかっていたからなのか、怖い夢を見た。

とあるマンションの一室が心霊スポットで、昔バイト仲間だったみんなと数人でそこに行くという夢。
それはそれはもうすごい霊気で、霊感のない私たちでさえ鳥肌立ちまくり。霊というか、おばけ。
その部屋に入ると、窓の向こうは地獄みたいな世界がなぜか広がっていて、向こう側から手招きしてる感じ。私たちは恐怖に慄き、部屋に居続けることもできず玄関を飛び出す。
しかし、無数のおばけたちが部屋から出ようと、すごい力で玄関のドアを押してくる。それに耐えて、鍵をかけて帰らないと大変なことになる、という話らしいが、私以外はみんなマンションの下に降りていて、私一人、逃げ場もなく必死にドアを抑えこむ。
「はぁ?なんで私なの?なんでみんないっちゃうわけ?」
恐怖がピークに達すると、キレる自分がいることを今までの実体験でわかってはいたけど、まさか夢の中でも同じとは…。恐怖+他のみんなが私を置いて逃げたことへの怒りで、ドアの向こうにいる輩に、ものっすごい勢いでブチギレていた。恐怖を恐怖と思っちゃ負けだ!絶対呪われないから!とか思いながら。
どうやって夢が終わったのかは覚えてないけど、とりあえず、恐怖に打ち勝って目覚めた。
夢って、うまくできてるものだけど。

tomocommunitytomocommunity  at 21:55  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

マイコ…

碧、マイコプラズマ肺炎にかかった。
先週、咳がひどくて病院に行って薬を飲ませていたけど、改善されないので血液検査してもらったらマイコプラズマだった。その昔私もかかったのだけ覚えてる。
咳がひどくて可愛そうだけど、家に閉じこもってるのもとても退屈そうだ。幼稚園の方がみんなもいるし、楽しいはず。
先月も休んで、また今回お休み。免疫ついて強くなってくれるのはいつだろう。もっと色んなのもらっちゃうんだろうな…。来週、参観日があるんだけど、復帰して行けるのかな、幼稚園。
先生からも電話をもらって「今日碧ちゃんいなくてなんだか静かでした。碧ちゃんいないねーって話してました。」と、先月もそういわれたけど、この前、内科検診のお手伝いに行ってその意味を理解した。やっぱり声でかいし、自己主張強いし(言葉より先に泣く)、あぁ、これだ、と。
保護者会の時の園長先生のお話の中にも「今年の年少さんはもう本当に元気がよくて」とのことで、あはは、とみんなと他人事のように笑ってたけど、どうやら当事者らしいぞと最近になって気づいた。
お手伝いの日は、体操着を脱がせるにも千差万別の反応で、目で訴えてくる子もいれば、ねえねえとそっと腕を引っ張る子がいたり、「ねえ、おかあさん」と甘えてきてくれる子がいたり、すっかり自分で着替えができるお兄ちゃんお姉ちゃんたちがいたり、ずっと泣いてる子がいたり…。「ママに会いたかったんだよ」と碧は泣き出し、裸にはなりたがらず、私がいなかった身体測定では碧だけ主張を通したらしい。頑固者だ。
まぁ、色んな子がいるんだし、目立っちゃってもしばらく様子をみよう、と私自身は思うわけで。
私もそういえば、決して目立たない子ではなかったよな…と思い出してみてもいる。
言葉でちゃんと伝えられて、泣かないようになればなぁ…。

とにもかくにも、早く元気になってもらわなくちゃ。心配だなぁ。

tomocommunitytomocommunity  at 21:23  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

昨日のCD-Rの正体は、トニー滝谷のサントラだった。教授の曲。どうりでね…。
トニー滝谷か。宮沢りえがすごく綺麗だった。服を山ほど持ってるのに、それでもまた沢山沢山買ってしまって、洋服だけの部屋がある。私とおんなじだ…と思った記憶。ブログにもかつて感想を書いたのを覚えてる。
村上春樹。かつて、読み漁ったな。江國香織と併せて。だけど、自分も少しずつ変わるんだろう、読むもの、読みたいもの、求めるものが変わっていつの間にか離れた。映画は春樹の世界観がふわふわしていた気がする。
本屋に立ち寄った時に、久しぶりに新刊を買ってみたりしても、あぁ、やっぱりこれ、昔はすごく好きだったなっていう感覚に変わってる。
銀色夏生も吉原幸子も、私の中できっと永遠なんだと長年思っていたけど、結婚してから家にあるのを数年ぶりに読んでみたら、重ねていた何かはすっかりどこかに消えていて、自分が新しい場所にいるんだとその時初めて思った。


去年は確か二つ花を咲かせたサボテンが今朝、三つかわいい花を咲かせていた。
去年とは違うんだ。命あるもの、少しずつ変化してる。
7ec0d2fe.jpg

tomocommunitytomocommunity  at 10:57  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

音楽と映像

まとめてアイロンをかけながら、あぁ、そういえば一人だし音楽聴けるんだった、と気づいて、ずっとステレオの上に放置されてた謎のCD-Rを再生すると、胸を締め付けるようなピアノの旋律。ダンナ殿が誰かからもらったっぽい様子だったのでメールで聞いてみるとやはりそうだった。
すごくいい。
映像のないサウンドトラック。やっぱり私もそれを歌いたいんだ、と改めて思う。
誰かの胸の中にある映像を引っ張り出すサウンドトラック。押し付けじゃないもの。
切ない気持ちで数枚アイロンをかけたときにそのCDはストップし、次にCocteau Twinsを聴き始めた。10年ぐらい前に好きだったけど、ピアノの後に聴く感じじゃなかった。
Fleming & Johnというバンドが昔好きで、なぜか突然聴きたくなって棚をあさる。色褪せないボーカル、曲。好き過ぎて10年ぶりくらいに聴いたけど、思わず一緒になって口ずさんだ。というか、本気で歌っちゃったりするわけだけど…。

さて、これから幼稚園の内科検診のお手伝いに行ってきます。すっかり忘れてて、吉祥寺にでも行こうかと思ってたら、朝、バス停でママ友に「今日よろしく」と言われて気づいたのだった。あぁ、危ない…



tomocommunitytomocommunity  at 11:49  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

サボテン

8df4fd3e.jpg今年もサボテンに花が咲いた。
鋭い棘を、花びらが包む。
自分を守るための棘。静かな威嚇。
この季節だけは特別に笑顔を見せる。
気が緩んだ証拠。冬が去った証。
日中花開き、陽が沈む頃、眠るように蕾む。
まだ目覚めない蕾がいくつかあるけど、もう少しできっと笑える。

誰かに手紙を出したくなった。


tomocommunitytomocommunity  at 09:12  | コメント(2)  |  この記事をクリップ! 

遠足

708d5ad0.jpg今日は初めての遠足。といっても行き慣れたとしまえんへ。
碧が、同じクラスの子達をフルネームで覚えてきて、なんとかちゃんはメロンパンナちゃんが好きみたいだよ、とかいろんな話やらお名前は聞いていたものの顔が分からないままだったから、今日ようやく一致して嬉しい限りだった。
「あ、うちもあおちゃん、って名前出てきますよー」と何人かのママからも言われた。
自由行動の間、先生達からは「あおちゃんは声ですぐ分かるー」と言われて、相変わらず幼稚園でも声でかいんだろうなと思った。

そういえば私も子供の頃、声がでかいと誰か先生に怒られたんだったか指摘され続けたからだったか、普段の喋り方ものどをつめるような、声をひっこめるような感じにするようになって、いつの間にかそれが普通になってしまった。だから歌ってる声と喋る声が全然違うというのはよく言われる。でも、小さい頃にそうしてしまったせいか、喋るときの発声のコントロールはなんだかできなくなった。
碧には、でっかいままでいさせよう。萎縮する必要なんてないよ、子供の頃から。

さて、としまえん。
お昼ごはんの後の自由行動ではもうずーーーっと、クラシックカーに乗り続け「もう1回!!」を20回は繰り返した。1点集中型最大限に発揮したようで…。1時間半、私も隣か後ろに乗り続けたわけで。さすがに飽きるわ…。


tomocommunitytomocommunity  at 23:56  | コメント(2)  |  この記事をクリップ!