離婚 相談 快適で安心な住まいづくり TOMO設計ブログ - livedoor Blog(ブログ)

2016年07月18日

梅雨ももう少しで明けそうですね。

本格的な暑い夏がやってきます。そこで今回は暑さ対策を考えます。

一番に対策が打てることは、窓などの開口部から入る日射熱を抑えることです。

そのために窓の外に日除けとなるオーニングやよしず、グリーンカーテンを設けることを
おすすめします。

室内に入ってくる熱を住宅の外側でカットするのです。
こうすることで、エアコン使用電力量の低減にも効果を発揮します。

以下のような商品もあります。YKKのHPより
ykk2


ykk


日射遮蔽シリーズ

開口部にさしこむ強い日射しをコントロールして快適な空間をつくります。
室内の温度上昇を抑え、夏をより快適にします。
室内熱中症のキケンから、大切な家族を守ります。
エアコン効率を高め、冷房費を軽減します。
紫外線をカットして、しっかり日焼けをケア。
使わないときも、すっきりスマートに。
光を採り入れながら、プライバシーを確保。

このような商品を弊社では十数年前から取り付けています。

2006


そのほかに簡単に出来る方法としては、ドレープカーテンやレースカーテンなどを
日中も閉めて遮熱するのも有効です。

ですが、日よけを室内側に設置した場合、日差しは窓を透過して熱のほとんどが室内に
放熱されてしまいます。

外付けですと、屋外で日射熱を放熱、より日射遮蔽効果が高まります。

建物の構造で防ぐ工夫も大事です。
日射角度を季節により算定して庇や軒、バルコニーなどで遮蔽することを新築の場合は考慮します。

温熱設計により冬季の日射取得、夏季の日射遮蔽を考えて上手に太陽を利用しましょう。




2016年07月12日

2013年10月29日のブログ

「省エネ住宅セミナー」に参加してきました。

http://blog.livedoor.jp/tomodesignconsult/archives/53088227.html

で、ご紹介した温熱物理を理解するのに最適な「エコハウスのウソ」ですが
「エコハウスのウソ増補改訂版」が発刊されています。

前先生の講演もお聞きしているので、今回もすぐに購入しました。

ec


「エコハウスのウソ(初版)」を、大幅加筆して再構成したものです。

実証データやシミュレーション結果をもとに「常識のウソ」をただす。
2020年義務化の新省エネ基準も解説されています。

イラストも豊富に掲載していて、一問一答形式で書かれているので、専門家だけでなく一般の人にも分かりやすい本になっています。



tomodesignconsult at 20:00断熱・エコ・省エネ本・モノ 

2016年07月09日

ブログの更新、かなり期間が空いてしまいました。(^_^;)

最近の「ご当選」状況です。(^^)

明治から石原さとみさんのQUOカード。もったいなくて使えないね。
かなりの高額です。
ga


次は、サントリーのトリスハイボール缶
レモン絞ってある風で、すっきり飲めました。
tor



tomodesignconsult at 19:30日記 

2016年06月19日

house-SKA のクライアントA様より、半年経過してのご感想をいただきました。

お引越し後はちょうど冬でしたので、寒冷地の住宅にとって大事な冬の生活状況についても

詳しくご報告していただきました。


ちょうど6 カ月経過いたしました。

毎日気持ちよく暮らすことができるのは、TOMO 設計コンサルタントの盒桐佑里陰です。

盒桐諭△寛搬欧粒様ありがとうございました。相談段階から、設計、施工、監理と1年以上

かかりましたが、その間、疑問や不安にその度に丁寧に答えていただきました。

その結果、満足度が高い、安心な住まいになりました。

これまでのお礼に代えて、感想を申し上げたいと思います。

(冬の様子)

ここでの生活を昨年12月から始めました。最も気になっていたのは寒さへの備え。

寒さはもちろんのこと、県内でも有数の積雪地であり、設計時から暖房についての説明をよく

お願いいたしました。その結果、お勧めのパネルヒーターを設置し、ひと冬を通して、自然な

暖かさで過ごすことができました。

ハウスメーカーのCMのようなポカポカな暖かさではありません。しかし、暑くもなく、寒くもなく

丁度いい暖かさ、家全体が。また、FFヒーターやエアコンの音とともに冬を過ごしていましたが、

大変静かで正直驚いています。

施工中の現場に年度も足を運びました。今さらながら、設計のTOMO 設計コンサルタントの

盒桐佑旅盖ぬ高断熱のノウハウと、工務店様の丁寧な作業とで、快適な冬を過ごすことが

できたものと感謝しております。

(平屋の様子)

これからの私たちの生活を考え、なんとなく平屋造りを模索していました。

平屋という選択肢がベストとしながら、なかなか決断に至りませんでした。

しかし、希望をかなえる間取り、十分な収納スペース等が私たちの生活にふさわしいということ

が実感でき、平屋造りを決断できました。

6カ月過ごした今では、平屋での生活に何も違和感なく、平屋で当たり前という風に「はまって」

います。

もう平屋以外は考えられませんし、これからますますその良さが実感できると思っています。

ライフスタイルが合えば、きっと平屋はグッド!

(普段の様子)

生活に慣れ、座ったり寝転んだりして、部屋の形を改めて見ています。

ラインや高さが当たり前に揃っていてシンプルで、機能と形の両方がかなえられているとは

このことと思います。このため、生活に不便や我慢がほとんどありません。

私たちの初めての家づくりは、納得した家づくりになりました。盒桐佑判于颪ぁ∪澤廚忙蠅

までの相談には、納得するまで乗っていただきました。

設計はたくさんのプランを練り、納得のプラン、種々の数値を示していただきました。

監理により家づくりの一つ一つの工程がさらに納得できるものになりました。

今後も何かとご相談する機会があると思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。



お忙しい中にもかかわらずご感想を頂戴して大変ありがとうございました。

TOMO設計との家づくりを選んでいただき、快適な生活に満足しているとのこと、

とてもうれしく思っております。

HPの 「お客様の声」ページにも掲載させていただきます。今後とも、よろしくお願いいたします。





tomodesignconsult at 22:00house-SKA快適な住まい 

2016年06月10日

政府の地震調査委員会が研究成果に基づき、今後30年以内に地震で震度6弱以上の

激しい揺れに襲われる確率を示した最新の全国の予測地図が「全国地震動予測地図」と

して10日公表されました。

「全国地震動予測地図」は、地震調査研究推進本部のHPで見ることができます。

以前から高い確率になっている関東地域や南海トラフ巨大地震の震源域周辺では高い確率となっています。

その他では長野県の一部で前回より確率が上がりました。

確率が高い所はもちろんですが、確率が低い所でも安全というわけではなく、大きな地震が

発生すれば、激しい揺れに見舞われるおそれがあるので、耐震化や家具の固定など、

備えを進めてほしいと書かれています。

ji0








tomodesignconsult at 20:30ニュース土地・融資 

2016年05月24日

今日は暑かったので、今年初めての冷やし中華。

今回のは初顔の、太打ち麺のあまり酸っぱくない旨コク醤油だれ

hiy


tomodesignconsult at 21:00日記 

2016年05月14日

初夏の大北海道展に行ってきました。

目当てはこれ!

北海道を代表する銘菓「ロイズ」

roy


tomodesignconsult at 20:30日記 
Categories
Archives
Copyright
Copyright (C) Tomo
Architectural
Design & Consultants Inc.
All Rights Reserved.
無断転載禁止
  • ライブドアブログ