快適で安心な住まいづくり TOMO設計ブログ

自然素材を生かしたエコで快適なデザイン注文住宅   (有)TOMO設計コンサルタント

house-KBO  基礎施工チェック

型枠施工、アンカーボルト施工が完了したと報告をもらいました。

定例打合せの前に、現場で施工内容の確認を工務店立会いで行いました。

82


問題点がある所を指摘して、その場で対応してもらいました。

一般の施工内容では、普通ですが私は少しでも精度を良くしてもらいたいので

工務店さんも直しましょうと協力的なので、型枠も一部修正してもらったりしています。

蚊に10ヶ所以上も刺されていて大変でした。


house-KBO  配筋検査

今日は、最初に弊社の配筋検査を行いました。

雨降りの生憎の天候でしたが、工務店さんにも協力してもらい検査は、少しの修正を

してもらうだけで大丈夫でした。

次に、保険会社の検査です。

70


雨模様は変わらずでしたが、何も指摘事項が無く適合でした。

今回の基礎は、耐震等級3の計算を行った住宅ですので、地中梁もがっちり入っていて

見ただけでも頑丈なのがわかります。


house-KBO  地盤補強工事

地盤補強工事が始まりましたので、立会いに行ってきました。

今回の地盤補強工事は、最新の工法で行います。

従来の柱状改良工法を進化させた工法で、強度は3倍もあります。

地盤の土質の影響を受けずに杭を施工できるので、高品質で高支持力を発揮する

戸建て住宅用の杭状地盤補強工法です。

68

house-KBO  遣り方完了報告

遣り方の完了報告が届きました。

建物と敷地境界との距離や建物の高さの基準など図面の通りになっているかが

わかるように報告してもらいます。

敷地の調査を事前に正確に行っているので精度良くできています。

53


house-KBO  遣り方の確認

今日は遣り方の確認に行ってきました。

まだ遅れていて完了していませんでしたが、建物配置などポイントを打ち合わせてきました。

完了してから報告してもらいます。

50

house-MOT 敷地調査測量

mog

敷地調査測量に行ってきました。

素敵な景色ですよね。

この環境にマッチする設計を考えていきます。

house-KBO  地鎮祭

house-KBO  地鎮祭を行いました。

最近の天気は雨模様で心配したのですが、今日は綺麗に晴れました。

どんどん気温が上がっていき汗ばむほどでしたが、祭儀は滞りなく終わりました。

jitin


地鎮祭終了後にお施主様に立ち会ってもらい、

事前に張っていた地縄で建物の配置関係を確認していただきました。

house-KBO は付加断熱を行うことで低燃費な高性能住宅『Q1.0住宅』となっています。

【 Q1.0住宅(キューワン)とは、自然エネルギーを出来るだけ利用しながら
「冬の暖房エネルギー」と「夏の冷房エネルギー」を減らすために、
建物そのものの断熱性能を向上した「超高断熱住宅」です。】

Categories
Archives
Copyright
Copyright (C) Tomo
Architectural
Design & Consultants Inc.
All Rights Reserved.
無断転載禁止
  • ライブドアブログ