2014年07月20日

結納品について 〜結納品の必要性〜

bf70b15d.jpg

結納品とは

  結納品とはそもそも…


結納の起源は今から約1400年前。
仁徳天皇が后を迎える際に贈り物をしたことが起源とされています。
結納の作法は室町時代に整えられ、庶民の間に広まったのはなんと
明治時代。
庶民が結納を行うようになるまで、数百年の時間がかかっているのです。

結納とは、つまり「婚約式」のことです。
結納当日、婿方は「小袖」「帯」、嫁方からは「袴」を中心とした贈り物を
用意します。
「帯」は妻としての貞淑な精神を表し、「袴」は夫としての節義の精神を
表しています。
これらを取り交わすことで、夫婦の永遠に変わらない愛情を誓う――
これが結納の意味なのです。
現在「小袖」「帯」「袴」はそれぞれ「小袖料」「帯地料」「御袴料」として、
結納金を包む袋に記される名に名残を留めています。



結納のここが知りたい!

  〜まずはあいさつに行こう〜


あなたが男性で、結婚の申し込みをしてOKをもらった場合、
次は当然彼女の親にあいさつに行かなければなりません。
近年は先方の家を訪問するのではなく、互いの家庭が外で「お食事会」を…というケースを多いようですが、どちらにしても必要になるのが
「手土産」です。この場合、羊羹など“切る”ものは避けてください。
きちんと結び切りの「外のし」を付けて、風呂敷に包んでいくのが
正式な作法です。

いざ先方の親と対面しましたら、まずは自己紹介。
その後、あまり間を置かずに本題に入るのが良いでしょう。
言い出せずに間を置いてしまうと、ズルズルと世間話が続いてしまいます。
ドラマのように「お嬢さんをください!」などと意気込む必要はありません。
丁寧にハキハキと。そして大事なのは「将来自分たちはこうしたい」という
展望を伝えることです。
こんな家庭を築きたい、しばらくは共働きだが子供が生まれたら
こうしたい、など。
先の見えない相手には、先方の親も不安を感じてしまいます。



結納品について

  結納品の必要性


本来、結婚という社会的契約を締結するためには、
区切りとしての「式」が必要です。
2人だけの話ではなく、互いの家の問題でもある結婚。
結納や結婚式などの両家が一堂に会する機会を設けることは、
その後の2人の生活を順調に進めるためにも重要です。

結納には、お互いの経済的基盤や社会的責任を確認する
という役割があります。
これらの「儀式」は、おそらく2人が初めて乗り越える困難の1つです。
しかし結婚生活がスタートする前に、そうした困難を乗り越えることは
必ずや2人の糧となることでしょう。



結納のここが知りたい!

  〜両家のごあいさつ〜


男性が女性の親にあいさつに行ったその後は…
両家の親同士の出番です。
顔合わせにふさわしい場を設けましょう。
男性側が女性の実家を訪ねるのが正式な作法となります。
しかし、近年では食事会という形で両家顔合わせ、というケースが
増えているようです。
この際に気を付けておきたいことは「男性側がリードを取ること」です。
とは言えがむしゃらに仕切ってしまうわけではありません。
結婚する2人を通して、あらかじめ女性の親について
リサーチしておきましょう。
外で顔合わせを行うのであれば、食事の趣味・嗜好などの
リサーチは必須。
場所の予約なども男性側で行ってください。
もちろん肝心のあいさつは丁重に行うべきですが、
必要以上に改まることはありません。
落ち着いてごく常識的に、女性の親へ結婚を承諾してくれたことへの
お礼を述べてください。
結婚は本人同士のものでありながら、同時に家と家のつながりを
築くことでもあります。
親同士も仲良くやってこそ、
本当に幸せな家庭を築くことができるはずです。



結納に必要なものは


結納に必要となる「結納品」。
実は地方によってその品目は多少異なってきます。
見当違いのものを送ってしまわないように、あらかじめ
両家の親に確認を取ってください。
専門店にて色々なタイプの結納品が販売されておりますので、
それを利用するのが一番良いでしょう。
もちろんわからないことはどんどん店員に質問してしまいましょう。

◆仲人さんは?
本来の結納とは、仲人が間に立って両家を往復し、
段取りをつけて行うものです。
男性側の結納品を女性側の家に届け、女性側からは受書と
結納品を預かり、男性側の家に納めます。
時間・手間・労力がかかるものの、正式な結納はこのように行います。
しかし、現在では特定の仲人を立てずに両家が一堂に会して行う方式の
結納が主流です。
両家が結納品を持参し、午前中からお昼頃にかけて行うのが良いでしょう。



結納のここが知りたい

  〜結納についての考え方〜


「結納は省略でも構いませんから…」

こうした言葉を女性側の家からいただいたと仮定します。
この言葉をどう捉えますか?

日本は「本音」と「建前」の言葉を使う国。
言葉通りに「では結納は省略でいいか」などと考えていると、
式間近になってから「やはり…形だけでも結納を…」といった話が
女性側の家から持ちかけられることがほとんどです。
非常にばつの悪い思いをしますし、結納の価値も半減してしまいます。
また男性側から「簡略でもよろしいですか?」などと
尋ねることは避けましょう。
女性側としても答えにくい質問です。
結納は男性側の家の「気持ち」を示すものなのです。
ある程度は男性側主導で進めてしまうくらいで丁度いいでしょう。
また簡略化する際にも、「あまり大層なことはできませんが…」「簡単ではありますが、形ばかり…」といった謙虚な態度を取るのがベターです。



結納品が求められる理由


「どうせ結婚式をするんだから、結納は別にいいんじゃないの?」
という風に考えていらっしゃる方も多いことでしょう。
さまざまな考え方がありますし、経済的な理由などで結納まで
行うのは難しいというケースもあります。
仮に結婚する2人に親・親族がいない、というのであれば、
結納はなくとも問題はないかと思われます。
しかし現代、そのようなケースはごくまれでしょう。
これまで自分たち2人を育んできたのは、社会であり、親です。
そうした感謝すべき周囲に対して婚約を発表し、
かつ認めてもらうという大切な行事――それこそが結納であると言えます。
互いの家族にとっても大きな節目となることは間違いないでしょう。

また結納は先祖代々伝わってきた儀式です。
社会に対して婚約を宣言するという意味がある以上、その社会の
持つ伝統を尊重することも必要です。
結納にはさまざまな結納品が必要となりますが、
それらの1つひとつに古来からの意味が宿っています。
自分たち2人を育んでくれた風土に対して礼を尽くす意味でも、
これらをないがしろにすることなく、
正式な結納品を揃えた上で結納を行いたいものです。



結納のここが知りたい!

  〜結納金の相場って?〜


誰もが気になるのは「結納金はどのくらい納めるべきなのだろう?」という点ではないでしょうか?
実際その金額には大きなバラつきがあり、その時期の世相や景気が
大きく影響しています。
とはいえ大まかな目安は存在します。
たとえば平成15年度のデータによると「100万円…56%」「51〜99万円…25%」
「101〜150万円…9%」…といった数字が挙がっています。
やはりキリのいい数字ということで 100万円を結納金として
納めるケースが多いようです。
ただし、見栄を張ってその後の結婚生活に影響が出るほどの金額を
包んでしまうのは本末転倒です。
結納式を行うことだけで充分に社会的な意味はあるのですから。
ご結婚される2人が幸せな家庭を築くことこそが、
もっとも重要なことのはずです。

詳しくは、
ともえやホームページ→ 失敗しない結納品の選び方ガイド
結納用品→ ともえやホームページ



tomoeya3832 at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)婚約 | 結納

お二人とご両家の絆を深める伝統的な儀式 結納

お二人とご両家の絆を深める

  伝統的な儀式
 結納

婚約(結納おさめ・結納かえし)
新 郎 側新 婦 側
■扇子の交換
扇子の交換は、正式な結納の前に行われる習わしで、結納の意思を明らかにするものです。男物扇子一本を新婦側に贈ります。
※京都の場合は、女物扇子を贈ります。
■扇子の交換
女物扇子一本を新郎側に贈ります。
※京都の場合は、男物扇子一本を新郎側に贈ります。
■結納納め
結納の流儀は地方によって異なります。
ご両家の地方が異なる場合は、あらかじめご相談されることをお勧めします。(注1)
また、結納金や結納返しの金額、結納の場所についても事前に良く話し合っておきましょう。

ご用意する品は、・結納飾り・家族・親族書・儀式扇子・広蓋・袱紗・風呂敷(目録用)・風呂敷(結納飾り用)・指輪、高砂等・毛氈・お車料(仲人用)・昆布茶またはさくら湯・お干菓子・家族へのお土産・結納目録を揃えます。

結納品は、関西では基本的に結納金・熨斗・寿恵廣・清酒料・松魚料の五品を揃え、これに酒肴の品や飾りが付くことにより地方の特色がでます。

(注1)通常は男性側の習慣で良いのですが、女性側のどうしてもというご希望があれば取り入れてあげてください。

■結納受取
結納をご自宅で迎えられる場合は、床の間におめでたい絵柄の掛け軸(高砂、日之出、鶴、亀)などを掛け、若松などを生けるとよいでしょう。

ご用意する品は、?結納の受書?家族・親族書?指輪の答礼品セット?お祝膳?昆布茶またはさくら湯?お干菓子?広蓋?袱紗?風呂敷(家紋・家用)?儀式扇子?家族へのお土産を揃えます。

結納品は本来、結納当日から結婚式まで飾っておく習わしですが、無理な場合でも一ヶ月は飾り、お祝いに来ていただいた方に披露しましょう。

挙  式  準  備
挙式、披露宴の準備は最低でも六ヶ月前からを目安に行いましょう

結婚式場の予約は遅くとも六ヶ月前にはすませておきましょう。
六ヶ月から三ヶ月前に媒酌人の依頼・新居のプランと家具購入品リスト作成・新婚旅行の手配・貸衣装選び・引き出物選び・司会者、世話役の依頼・招待者リストづくり・招待状の印刷・披露宴プログラムづくり

一ヶ月前には・招待状の発送・スピーチの依頼・衣装合わせ・かつら合わせ・結婚指輪、引き出物選び・新居の引越し準備

一ヶ月前には・式場、お仲人との打ち合わせ・新居通知の印刷・出欠の返事の確認・引き出物数の確認・席次表の作成・旅行用品、衣装、小物のチェック

二週間前には、式場側との最終打ち合わせ・当日の乗り物の手配

挙式前にお祝いに来られたお客様のために、昆布茶とお菓子を用意しておきましょう。

お祝い金を頂いたときは、お祝い金の一割を多芽紙に添えてお返しします。(関西の習慣です。)



tomoeya3832 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)結納 | 婚約

結納って?

結納って?



結納って?


結納とは人生の門出とも言うべき婚礼の最初の儀式です。

婚約を世間に公表し、正式に認めていただくためのものです。
 
長年この仕事に携わっておりますと、いろいろなお客様のお話を耳にします。
不平・不満をおっしゃる方はほとんど、結納があまりにも簡単な場合か省略の場合です。
当然のことですが、きちんと結納を頂いて不平・不満を言われる方は少ないですね。
 
商売で言ってるんじゃないの?と、お思いになる方もいらっしゃるかも知れませんが・・・
 
全部が全部そういった方ばかりではありませんが、出発地点で心にしこりが残らないようにご両家で納得のいくように進めてください。これも難しいことですが・・
 
本心はなかなか言えないですし、
それぞれ考え方の違い・地方の習慣等が、ありますから。
 
あるお客様(女性側)から伺った話ですが
初顔合せの席で男性側の親御さんから「簡略にしましょうね」と言われ、後日「結納はどうしましょうか?」とお尋ねがあったそうです。
どんな返事が出来ますでしょうか?
そのお客様は「結構です。」としか返事できませんでしたと・・・
 
結納はどうしましょうか?という尋ね方は絶対に避けてください。
「結納はいつ納めさせていただきましょうか?」と聞いてあげてください。
 
また別のお客様で
最近ご本人お一人で来店され、
先方のご両親から「簡単でいいよ」と、言われたんですが、先方のおうちが広いのでコンパクトのセットではいけないんじゃないのかな?っておしゃっておられました。
 
 若いのに思いやりのある方だなって感心しました。
大人の優しさじゃないでしょうか。
 
基本的には結納を決める場合は、男性側のお気持ち・慣習でいいのです。
でも、お相手のご両親のお気持ちを考えてあげるのが思いやり・誠意じゃないでしょうか?
男性側の誠意、大事に育ててこられた女性側のご両親への感謝の気持ちを形に変えたのが結納です。
結納が納まれば、女性側のご両親(特に お父さん)に現実を受け入れていただけるんではないでしょうか。
両家のご両親にも祝福して頂きたいですしね。
 
いろいろと書きましたが、意味を知って頂いた上で御両家でアレンジしていただかないと後々もめることもあるかもわかりません。
知らないまま省略すること程怖いことはありませんから。
 
付け加えておきますと、
娘を嫁入りさせるのに、お金を貰うのは・・・ 
婚約記念品をお金に代えて納めるのが結納金です。
だから、小袖料・帯地料・御帯料と書くのです。
今の若い方が指輪をあげるのと同じ意味なのです。
 
ブログから引用させていただきました。

「結納をして良かった。結婚する実感するし、良い区切りになった。」

「結納をやって良かった。結納おすすめです。心構えとけじめがつきました。」

「今まで親の言う事も聞かず、迷惑を掛け続けていました。
 今回ばかりは両親に頭が下がります。」
 
結納飾りのそれぞれの意味をお知りになりたい方はこちらから ともえや 結納に必要なもの
 
兵庫県西宮市馬場町


tomoeya3832 at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)結納 

結納のTPO



結納のTPO

結納までに決めておくこと



■ 結納はいつごろ

  結婚式の半年前が一般的です。遅くとも2〜3ヶ月前には、納める
  あるいは取り交わしておくほうがいいでしょう。
  両家ともいろいろと準備をする期間が必要ですので。
 
■ 結納の日取り

  昔からのしきたりでは、六曜の大安・先勝・友引の午前中に行うものと
  されています。現在では両家の都合の良い日を選ぶこともあります。
  ただご両家のなかに気にされる方があれば、その方のお気持ちも
  汲んであげてください。
  若いお二人が末永く添い遂げて欲しいという願いから良い日をと思って
  おられるわけですから。
 
■ 場所と形式

 1)仲人が両家を往復する形式

  基本的には、両家が直接顔を合わせることはありません。
  しかし最近では、新婦宅へ向かう場合、新郎が道案内や運転手を
  兼ねて同行する場合もあります。
 
 2)両家が一堂に会して行う形式

  往復の必要がないため、儀式自体は短時間で終了し、
  その後祝宴を設けます。
  仲人を立てる場合と立てない場合があります。
 
  ・新婦宅で行う。

  ・ホテルや料亭を利用する。
 
■ 当日の服装

  本来は、結納式は結婚式と同じ格の儀式ですので、紋付やモーニング、
  振袖などの礼装を着用していましたが、最近では略礼服の着用が多く
  なっています。両家のバランスを取ることが大切なので事前に打ち合わ
  せしておきましょう。
 
  ・新婦  振袖、訪問着、付け下げ
        アフタヌーンドレス(膝上のものは避けた方がよいでしょう)

  ・男性  ブラックスーツ、紺やグレーのダークスーツに白または
        シルバーのネクタイ

  ・女性  色留袖、一つ紋の色無地、訪問着
        新婦よりも控えめのスーツかワンピース

お問い合わせは  ともえやまで
 
兵庫県西宮市馬場町

tomoeya3832 at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)結納 

相手の方を大事に想う気持ち、その想いを形にかえて

 イメージ
 
結納や婚礼などの人生の節目や、さまざまなお祝いを贈る時、
贈る方のこころ」がうつしだされる調度品。
さまざまな「こころ」を託す究極のかたち─
それは、永久に受け継ぎたい日本の美学
 
 
 
 
 
 結納を納める時、どんな道具で持参すればいいの?
 
地方によって様々な形がありますが、関西地方の道具を紹介します。
まず目録を白木の片木にのせ、袱紗を掛けます。
紋と柄入の袱紗の場合は、紋を上にします。
次に縮緬の慶祝柄の風呂敷で包みます。(中包み)
その上から紋付の風呂敷で包みます。
結納飾りの入った箱を、紋付または唐草の風呂敷で結び目をつけないように包みます。(平包み)
 
 
広蓋セット結納や正式なお祝いを持参するときに、使うセットです。
袱紗・風呂敷・広蓋は家紋入。
写真の袱紗は塩瀬ですが、綴れ織の紋付で裏無地と
裏に柄のある袱紗もあります。
紋と柄の袱紗の場合、紋のある方を上に掛けます。縮緬慶祝柄の中包みをするのが正式です。頂いた方は袱紗の柄(裏面)を上にして返します。
飾りを納めた箱は、紋付・唐草などの風呂敷で包みます。
 
 袱紗 表         袱紗 表          袱紗 裏            紋付ブロードの結納包み
 
袱紗 裏
 
 綿ブロード紋付風呂敷
 
 
 
 
 
 
 
お祝いを持参する時には?
 
正式に片木に熨斗と末広を添えて持参する場合は結納と同じです。
金封だけを先方に届ける場合は、
祝儀盆に金封をのせ、袱紗を掛けます。
紋付の風呂敷で右前になるように包みます。
切手盆セットお祝いの金封を持参するときに、使うセットです。
袱紗・風呂敷・祝儀盆は家紋入。
袱紗には?と同じく綴れ織もあります。
結婚祝・出産祝・長寿祝・新築祝・成人祝等々
成人のお祝いをお孫さんに、祝儀盆にのせてあげてもいいかも?
「おめでとう!今日から大人だから自覚を持ってね。」 
 詳しくは こちらから
 包み方は こちらから
 


tomoeya3832 at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)結納 

結納に必要なもの

結納に必要なもの



男性側のご準備品

望3号 5点



結納品

結納飾り一式・結納目録

結納品飾りの規模や納め(交わし)方など地方によって大きく異なることがあります。基本的には結納を納める側(通常男性側)のしきたりで納めれば良いのですが、女性側の風習に合わせてあげる心遣いも必要な場合もあります。最初が肝心ですので、「あとでああしておけば・・・」と言うことのないように。

 ・ 家族書・ 親族書

両家が婚姻を結ぶにあたって、双方の家族や親戚を列記したものですが、最近は家族書だけにしたり、どちらも省略する場合もあります。ただし、取り交わすなら双方とも同じように用意しなくてはなりません。

結納式に格式を添えて

広  蓋 白木台(片木)に置いた目録をのせて、先方に渡します。 (家紋入り。蒔絵入りまたは無地でも)

袱  紗 目録の上に掛ける、もともとは塵除け埃よけの儀礼的なものです。 (家紋入りまたは寿。裏に柄の入ったものもあります)

風呂敷 白山紬または縮緬の紋付で、広蓋にのせた目録を包みます。 (家紋入り。寿でも)

袱紗・風呂敷・広蓋の使い方は ともえや 儀式セットの使い方

結納包み 結納飾りの箱を包む大判の風呂敷です。結び目を付けない平包みという包み方で包みます。 (紋付または唐草)  広蓋セット

 結納包み

 綿ブロード紋付風呂敷

 

 

 

結納式を厳かに・華やかに

儀式扇    挨拶をするとき・受けるときに前に置きます。

緋毛氈    飾りの下に引くと飾りが引き立ちます。

屏 風    結納飾りや高砂人形のバックに立てて使うことにより、

“金=晴れやか”という意味付けで、縁起がよく、飾りがより一段と引き立

ちます。
儀式扇子

毛氈屏風金箔
 

 

 

上記以外に

受  書 本来女性側が用意するものですが、最近では男性側が一緒に用意する場合が増えています。


結納はどうしましょう?女性側にこんな尋ね方をしていませんか。
尋ねられた方としての返事は、「結構です。」「簡単で結構です。」ぐらいの返事しか出来ないのでは?
大事に育ててこられたご両親のお気持ちを、考えてあげてください。
若い方は純粋で言葉の裏まで読めないことが多いのかも知れません。
でも最初が肝心、心にしこりが残ると大変。

参考までに 女性側の準備品


お尋ねになりたいことがございましたら、何なりとお問い合わせください。 

どんな些細なことでもお気軽にどうぞ。

こちら→お問い合わせ



tomoeya3832 at 17:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)結納 

結納に必要なもの2

結納に必要なもの


女性側のご準備品( ※ 結納の同時交換を行う地方では、結納飾り一式が必要です。)

結納受書
受書一式受書セット

結納の目録どおりしたためて、当日男性側に納めます。
本来女性側で用意するものですが、最近では男性側で用意をする場合が
増えています。
この場合受書は、事前に女性側に渡しておきます。当日に渡す場合もあります。
関西地方では結納当日に、受書目録・おため(結納金の1割を袴料の意味でお返しします)・合せ紙などをお渡しします。後日袴料のセットが必要な地方もあります。

・ 家族書・ 親族書 両家が婚姻を結ぶにあたって、双方の家族や親戚を列記したものですが、最近は家族書だけにしたり、どちらも省略する場合もあります。ただし、取り交わすなら双方とも同じように用意しなくてはなりません。


結納式に格式を添えて
広  蓋   白木台(片木)に置いた受書をのせて、待ち受けます。(家紋入り。蒔絵入りまたは無地でも)
袱  紗   目録の上に掛ける、もともとは塵除け埃よけの儀礼的なものです。(家紋入り。裏は柄入りまたは無地)
(・ 風呂敷)   白山紬または縮緬の紋付で、広蓋にのせた受書を包みます。(家紋入り。寿でも)
           女性宅で受ける場合は不要です。
(・ 結納包み) 結納飾りの箱を包む大判の風呂敷です。(紋付または唐草)
          女性宅で受ける場合は不要です。
広蓋セット

 結納包み

 

 

結納式を厳かに・華やかに
儀式扇 挨拶をするとき・受けるときに前に置きます。
緋毛氈 飾りの下に引くと飾りが引き立ちます。男性側が用意する場合もあります。
屏  風 結納飾りや高砂人形のバックに立てて使うことにより、“金=晴れやか”という意味付けで、縁起がよく、飾りがより一段と引き立ちます。儀式扇子

 毛氈

屏風金箔

 

 

 

床の間を華やかに
掛軸 2点 ・ 掛 軸 慶祝柄(高砂・松竹梅鶴亀等) 

 ・ 飾り扇

飾り扇

 

 

 

 

そのほかに

家紋額

家紋額

 

 

 

参考までに 男性側の準備品


   

 

お尋ねになりたいことがございましたら、何なりとお問い合わせください。 

どんな些細なことでもお気軽にどうぞ。早急にご連絡致します

お問合せ窓口



tomoeya3832 at 17:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)結納 

風呂敷の包み方

結納目録や祝儀袋を、風呂敷・ふくさ等で包む時に。
 
慶弔で包み方がかわります。無頓着に包んでませんか?
着物を着るとき、左前には着ませんね。
それと一緒で結納とかお祝いを持参する時に、左前に包んでいくと大変。
 
広蓋を使用する場合
 
まず家紋入または寿の袱紗を掛け、慶祝柄の風呂敷で中包みをします。
その上から、家紋入または寿の風呂敷で外包みをします。
 
風呂敷の包み方1風呂敷の包み方2風呂敷の包み方3風呂敷の包み方4風呂敷の包み方5   

1、家紋入風呂敷で包むときは、包み上がったときに家紋が中央になるように中包みを置きます。
2、家紋を向こうに、手前側を折ります。
3、左側を折り重ねます。
4、右側を折り重ねます。
5、向こう側を最後に折り重ね、家紋が中央になるよう形良く仕上げます。
 
切手盆を使用する場合
 切手盆の包み方1
 切手盆の包み方2
 切手盆の包み方3
 切手盆の包み方4

1、家紋入切手盆を使います。(蒔絵入・寿などでも)
2、家紋の正面にあわせて金封をのせます。
3、家紋入袱紗を紋が表になるようにして掛けます。
4、家紋入風呂敷で包み、先方に持参します。
  この時家紋が中央に出るように包みます。
  包む順番は手前(紋の対角)、左、右、一番上に紋。
  切手盆の向きですが、切手盆の頭を左に置くと慶事、右に置くと弔事になります。
 
万寿盆を使用する場合
 ?家に関する内祝・男児に関する内祝等

万寿盆の包み方1

万寿盆の包み方2
万寿盆の包み方3

万寿盆の包み方4

 

 

 

 

 


1、家紋入万寿盆を使います。
2、万寿盆にのし紙・水引のかけられた品物をのせ、その上に紋が表に
  なるよう袱紗を掛けます。
3、それを慶祝の柄に染められた縮緬風呂敷で包みます。
  これは中包みと呼ばれています。
4、中包みを家紋入風呂敷で包みます。先方へはこのまま持参し、
  家紋入風呂敷ははずして手渡しします。

 ・嫁入りのお配り物・女児に関する内祝等
  女紋の万寿盆・袱紗・風呂敷にかわるだけです。
 
◇台付ふくさの扱い方
慶事の場合
1、慶事の場合は右包みです。ツメを右側にして金封をのせてください。
2、このとき台は赤のほうになります。まず左を折る。
3、次に上側を折り重ねます。
4、さらに、下側を折り重ねる。
5、最後に、右側を折り重ねる。右が上になることから、右包みといいます。
 台付ふくさの包み方1
台付ふくさの包み方2
台付ふくさの包み方3
台付ふくさの包み方4
台付ふくさの包み方5 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弔事の場合
1、弔事の場合は左包みです。ツメを左側にして金封をのせてください。
2、このとき台はグレーのほうになります。まず右を折る。
3、次に下側を折り重ねます。
4、さらに、上側を折り重ねる。
5、最後に、左側を折り重ねる。左が上になることから、左包みといいます。

台付ふくさの包み方11
台付ふくさの包み方12
台付ふくさの包み方13 
台付ふくさの包み方14
台付ふくさの包み方15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◇金封ふくさの扱い方
風呂敷・台付ふくさと同じで慶弔で右上と左上とがかわるのですが、
柄入りの金封ふくさの場合、弔事用も慶事用と同じくほとんど右上になってます。
この場合は柄を逆にする訳にいかないので、ふくさに合わせてください。
金封も本来は慶弔で反対になるのですが、慶弔問わず全部同じ折り方になってますので、
仕方ないでしょうか。
無地・上下の区別のないふくさの場合は、使い分けてください。
 
金封ふくさ 草木染
 
 
 
 
 
 

お尋ねになりたいことがございましたら、何なりとお問い合わせください。 

どんな些細なことでもお気軽にどうぞ。

こちら→お問い合わせ



tomoeya3832 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)風呂敷の包み方 

お嫁入りの道具

お嫁入りの準備品
 
花嫁のおつきあいの道具 普段使わなくてもいざという時困らないように
広  蓋(女紋入) 婚家土産を持参するときに使います。無地なら後々幅広く使えます。
万寿盆(女紋入) 挨拶回りや、内祝いを持参するときに使います。
袱  紗(女紋入) 挨拶回りや、内祝いを持参するときに使います。
風呂敷 正絹白山紬または縮緬(女紋入) 挨拶回りや、内祝いを持参するときに使います。
  必ずというわけではありませんが、 地方・先方によって必要な場合もあります。
  ご親戚、ご近所への挨拶回りには、普通花嫁の紋付の道具を使います。
  ただ最近では挨拶回り自体しないこともありますので、使い道に限られてる
  女紋の道具ではなくて嫁ぐ先の家紋の入った新家庭で使う、袱紗・風呂敷・祝儀盆
  (金封用)を持たせてあげることも増えてます。この場合は先方に声を掛けてくだ
  さい。
  家紋も同じ名前の紋でも紋帳によっては、少し違うこともありますのでしっかり
  確認してください。


万寿盆セット
 切手盆セット
 
 
 
 
 
 
 
祝儀盆(女紋入)   無地とか蒔絵柄入りでも
・風呂敷 正絹縮緬(友禅無地)  
 
 
縮緬友禅 見本 
縮緬無地風呂敷イメージ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・手帛紗(小風呂敷)
        金封を式場などに持っていく際に使う一番略式の帛紗ですが、一枚はご用意        
        ください。使う頻度は多いと思います。
・念珠    先方の宗派に合わせて用意をした方が良い場合と、一般的な形の数珠で        
        良い場合とありますので、先方にお尋ねください。一般的な数珠の場合、両        
        手掛けの二輪と片手掛けの略式とあります。
・儀式用扇子
 
花嫁からのお土産  「よろしくおねがいします」という意味で
・ご先祖様
・ご両親、ご兄弟姉妹
・ご親戚、ご近所
 
 
 

お尋ねになりたいことがございましたら、何なりとお問い合わせください。 

どんな些細なことでもお気軽にどうぞ。

こちら→お問い合わせ



tomoeya3832 at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)結婚 

袱紗(ふくさ)とは?

ふくさには、掛け袱紗・包みふくさ(小風呂敷・台付帛紗など)・はさみふくさ等があります。
 
まず、掛袱紗(かけふくさ)ですが
袱紗

結納目録の上に掛けたり、お祝いの金封・品物の上に掛けて先方に持参します。
もともとは貴重品のおさめられた箱物の上に塵除けとしてかけられていたものですが、
贈答の際に道中のちりよけとして使われるようになり、
今日では儀礼的な贈答に欠かすことができません。
まず差し上げる金封・品物を塗りのお盆(広蓋・祝儀盆)に載せ、袱紗を掛けます。
 
広蓋の場合は祝儀柄の縮緬の風呂敷で中包みをします。
その上から紋付の風呂敷で包み先方に持参します。
お家用は家紋を、お嫁入りの道具に用意される場合は女紋を入れます。
裏に柄の入った袱紗もあります。
      
      袱紗 
袱紗 表
 
 
      袱紗 裏
 
袱紗 裏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結納の目録を渡す時、お祝いを渡す時には紋を表に掛けて渡します。
受け取った側がお返しするときには裏の柄を表にして返します。
 
包み方・使い方はこちらから袱紗 風呂敷 広蓋の使い方

わかりやすく言えば、湯呑茶碗の蓋と考えていただければ。
大事なお客様を迎えたときにやっぱり蓋付ですね。
 
次に、
包みふくさ(小風呂敷・手帛紗)(つつみふくさ(こぶろしき・てぶくさ))


縮緬中巾 風呂敷

金封を式場の受付に持参する場合などに包んでいきます。
一番略式の道具です。金封をむき出しで手渡しは、大変失礼なことなのです。
慶事・弔事で包み方が変わります。
金封のサイズに関係なく使え、使った後はかさばらなくて便利です。
サイズは中巾(約45cm)、尺三巾(約50cm)、  
尺四巾(約53cm)があります。



台付帛紗(だいつきふくさ)は、ふくさと漆盆を一つに組み合わせたもの。
台は慶祝用(赤色)と弔意用(グレー)に両面に   
使い分けて頂ける様になっています。
 
縮緬 台付ふくさ
草木染 台付ふくさ
江戸小紋 台付ふくさ 



 
包み方・使い方はこちらから→台付ふくさの包み方・渡し方
 
最後に、はさみふくさ(金封ふくさ)(はさみふくさ(きんぷうふくさ))ですが
財布型の簡略に使える帛紗です。
金封の大きさによっては入りきらない
場合があります。

正絹縮緬草木染金封ふくさ 約12×20cm(木箱入)
花百染   表:絹100% 裏:レーヨン100%
 配色:1 紫(フジ)・ 2ローズ゙・3利休 ・4青磁

草木染 金封ふくさ
 


お問合せはこちらからお問合せ





tomoeya3832 at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)袱紗(ふくさ) 

定紋表

定紋表 (都綴・本綴式・正絹西陣)

定紋表


定紋表1 (都綴・本綴式・正絹西陣) 定紋表2 (都綴・本綴式・正絹西陣)

まず定紋表をクリックで拡大してください
その後マウスのポインタ(矢印)を画像の上においていただくと、
右下に拡大ボタンが出ますのでもう一段階拡大してご確認してください。

部分的に違う場合がございますので、

 よく確認していただくように、

  お願いいたします。



ご注文いただきます時に当方より確認の為、

紋の写しをお送りいたします。

ご確認いただいてから、加工に掛からせていただきます。

ご不明の点等ございましたら、なんなりとお問合せ下さい。

お問い合わせは  こちらから




tomoeya3832 at 14:37|PermalinkComments(3)TrackBack(0)儀式セット 

家紋・女紋

家紋・女紋について
 
家紋 定紋(家によっては数個の紋を持っている場合がありますが、その 
    うちの公式に使う紋)
    その家に代々伝わる紋。
 
女紋 女性の方個人の紋。
    紋の受け継ぎ方には、地方によって様々です。
    
? 母から娘に伝える母系紋。実家の紋とは違います。(母から娘、娘から孫娘と、代々女性の方に継承される)
? 実家の紋をつける。(ほとんど継承されない)
? 実家の紋の丸をとる。(ほとんど継承されない)
? よくある紋を便宜的につける。(五三ノ桐、蔦、桔梗、揚羽蝶 等)
 gosannokiri
 tuta
 kikyou
 agehachou
 
 
 
 
 
 
? 嫁ぎ先の姑の紋をつける(姑紋)。(継承されない)
? 自分でアレンジしたり(例 女性らしく剣片喰の剣をとる・丸をはずす)、組み合わせたり(例 蔦を雪輪に入れる)、まったく新たに創作する。
 kenkatabami
katabami
yukiwanituta
 
 
 
 
 
 
 
    剣片喰     →     片 喰        雪輪に蔦
 
西日本ではほとんど?の母系紋で、代々継承していきます。
女紋という習慣のない地方もたくさんあります。
習慣が同じ家同士の縁組みであれば、問題はまずありません。
習慣が違う家との縁組みの場合、事前によく話し合っておかないとトラブルになりかねません。
関西から関東に嫁いで来た嫁が、いつまでも実家の紋(母系紋)を使い続けることに不愉快な思いを抱くケースもあります。
とにかく、話し合うことが最善の策です。
最近では嫁入りに紋付の着物自体、作ることが減る傾向のようですが、女児誕生の際に紋を入れることがありますので決めておかれると良いでしょう。
 
注意していただきたいのですが
家紋にしても女紋にしても、同じ名前の紋でも紋帖によって部分的に違うことがあります。
たとえば、違い矢という紋ですが、平安紋鑑と紋典という紋帖で矢の先の部分が違います。 tigaiya_tigai

tigaiya_tigai_saibu

 

 

 

    平安紋鑑        紋  典        平安紋鑑    紋  典

他にも紋帖によっての違いがある紋がたくさんありますので、紋付の着物とか袱紗・風呂敷等を作るときはよく確認の上お作りください。

 



tomoeya3832 at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)結婚