今回は、仕事帰りにたまに立ち寄る居酒屋「なるとや」さんの社用車で、よく働く為、H18年式ですが、アッと言う間に100000㎞を超えてしまいタイミングベルトを交換させて頂く事になりました。
DSCN0278

DSCN0279
左右のシートを開けエンジンをのぞいたところです。
ご覧の通り、エンジンの前方には隙間が殆ど有りませんし中央上部にはカバーがかかっています。
しかし、これらのカバーは外さずにタイミングベルトを交換するのです。
DSCN0280

DSCN0282
ちょっと分かりにくいですが、これは車体の下からのぞいた写真です。
90%位の作業は下にもぐっての作業となります。
DSCN0283

DSCN0285
上が交換前、下が交換後です。やはりウォーターポンプは同時に交換しました。
DSCN0287
その他のベルトも交換して、
DSCN0289
冷却系統のエア抜きを行い、タイミングベルト交換記録ステッカーを貼って作業終了です。
一見作業しずらそうでも実は視点を変えるとそうでもない事って良くある事だと思います。
私達の仕事は多々あります。色々な角度から物ごとを見ることって重要だな~って改めて感じました
ただ、この作業の後3日間は肩の関節が痛かったです
「なるとや」さん、いつもお世話になりありがとう御座います。また美味しい料理を食べに行きます