カツカレーコメダ珈琲のゴディバとのコラボ

2020年11月22日

世間とズレちゃうのはしょうがない

思い出したのはダウンタウン松本の本のエピソード。
本の中の一つの企画で精神鑑定(心理テスト)を受けるというものがあった。
その中で携帯電話の充電の話になった。
松ちゃん曰く、外に出かける前に、ちょっと携帯をイジって100%じゃなくなってしまう、そのことをけっこう気にしてしまう、と。
それに対して精神科医が肛門期(エディプスコンプレックス)を用いて解説していた。
100%に対する考え方、価値観。
「世間とズレちゃうのはしょうがない」を読んで共通点というか、リンクした記憶。


世間とズレちゃうのはしょうがない
伊集院 光
PHP研究所
2020-10-14



理屈派・伊集院光は一つ一つロジックを積み重ねていった先にゴール(100%)があるという考え方をする。
そして、それをアッサリ否定する養老孟司。
理屈を積み重ねて物事を探求するというパブリックイメージを持つ学者である養老孟司のほうが、ある種のいいかげんっぷりを見せる様子はイメージとのギャップでとても面白い。
「おばけはいる」と言ってみたり(笑)
世間ズレをテーマにした本で世間のイメージを崩していく養老孟司がこの本のキモのような気がする。
そして、読者が考える「世間」とのズレを感じさせつつも許容させる語り口は本当に優しい。安心する。




このエントリーをはてなブックマークに追加
tomohiro100kg at 20:00│Comments(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カツカレーコメダ珈琲のゴディバとのコラボ