指揮者はオーケストラの音色やテンポを図りつつ、全体の演奏をまとめあげてゆきます。

指揮者の解釈によって、演奏のスタイルや曲のイメージが大きく変わるもので、解釈の違いがそのまま指揮者の個性となり、オーケストラの評価へとつながります。

その解釈や奏法を各楽器奏者のメンバーに的確に伝え、全体でまとまるよう指揮をとる統率力、そして何よりも深い音楽的才能が要求されます。
管弦楽団や交響楽団を指揮する。

音楽大学の指揮科で学ぶか、海外で個人教授を受ける。

あるいは作曲を学んだ後に指揮者になるケースもある。

指揮者
を職業としている人は、日本中で10人にも満たないかもしれない。

日本の交響楽団が外国人の有名な指揮者を招待してコンサートをすることも多いからだ。

ひょっとしたら、総理大臣になるより、指揮者として成功するほうがむずかしいかもしれない。

音楽と楽器に対する深い理解と敬意、作曲家の意図とアイデアに対する卓越した想像力、そして演奏家たちの才能を引き出すコミュニケーションスキルとカリスマ性、プロデューサーとしてオーケストラを率いる忍耐力と指導力、すべてを備えていなければ指揮者にはなれない。

音楽を愛する人にとって、フルオーケストラの指揮は、永遠のあこがれである。

今、フジテレビ月9ドラマで「のだめカンタービレ」で玉木宏がやってますよね。