魍魎の匣

昨日は「魍魎(もうりょう)の匣(はこ)」の試写会に行って参りました(^▽^)♪

京極夏彦さんが書く原作の「京極堂シリーズ」を愛してやまない私。
もちろん数年前の「姑獲鳥(うぶめ)の夏」も観ましたよ〜
この試写会、すご〜く楽しみにしてたんですが、世の中的には人気が無いの?
それとも年末で皆さん忙しいからかしら?
何故か会場はガラガラだったんですけど・・・(^^;

映画自体はすご〜く面白かったです
内容を書くと面白くなくなっちゃうので書けませんが
原作と全く同じって訳ではなくって、ちょっとアレンジされてるんだけど
それがまた面白い!
前回(姑獲鳥の夏)と監督さんが違うのかな?印象が全然違いました
私は「魍魎の匣」の方が好きかな〜
キャスティングはほぼ同じだったんですけど
関口巽の役が、椎名桔平さんに代わってました。
個人的にはこちらの方がピッタリな印象だったので、ちょっと嬉しい(^^)

今回の試写会はペア招待試写会でしたので、友達を誘おうとしたところ
「ホラーでしょ?行かない(=”=)ケッ」と断られました
ホラーじゃないよ?面白いよ?と誘ったのですが、
今までの積み重ねでしょうか?信じてもらえず(笑)
きっと未だに「黒い家」のDVDを見せたことを覚えてるんですよ(^^;
※「黒い家」私が今まで見た中で一番怖いと思ってるサイコホラー
結局昨日は一人で行く事に・・・
まあ、映画はよく一人で行くんで、別にいいんですけどね

中禅寺秋彦 役の堤真一さんは、今回も着物が似合ってて素敵でした。
最初の映画化の時は「ええ〜っ(=”=)京極堂のイメージと違う」などと思ってたのですが
↑だってほら。原作読んで自分の中でのイメージがあったから(笑)
でも、どんどん京極堂になってきたように感じます。さすが俳優さんです。

榎木津礼二郎 役の阿部寛さんは、最初っから「この人しかいない!」という
イメージピッタリの方だったので、もう今回もコメントはいりません(笑)
そうそう!イメージピッタリといえば
最後に東京事変の「金魚の箱」が流れるんですけど
そのスピード感とかが、すご〜くイイ感じに雰囲気あってて良かったなあ。
帰り道はずっと脳内リフレインでした(^^)

まずは「京極堂シリーズ」の本を読んで欲しいけど
ただ・・・厚いんだわ。重たいんだわ。画数の多い漢字が多いんだわ(^^;
でも私はオススメの本です。

姑獲鳥(うぶめ)の夏
魍魎(もうりょう)の匣
狂骨(きょうこつ)の夢
鉄鼠(てっそ)の檻
絡新婦(じょろうぐも)の理
塗仏の宴 宴の支度
塗仏の宴 宴の始末
陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)
邪魅(じゃみ)の雫
鵼(ぬえ)の碑

本は既に読んだので手放しちゃったけど、また読みたいなあ〜
図書館とかにも置いてあるのかな??

これは噂の
「一番怖かった映画」の原作↓



1日1クリックお願いします
←図書館に置いて無い時は「リクエスト」だよね?(^m^

ブログランキングに参加しております。サンタさんをクリック!クリック