◆◆  私の心に残るとっておきの山行きです
大障子、前障子  夏木山犬流しコース  小松尾根から祖母山へ  坊がづる二泊  笠松山直登  三里河原  五月の五葉岳  杉ヶ越  万次越(七年谷)  屋久島  根子岳の天狗岩   北穂高岳

◆◆  なんでも有りの自己流確保方法(参考程度に!)
自己流確保

◆◆  お勧め所
珈琲屋:夢前(ゆめさき)

◆◆  過去の記事一覧
過去の記事一覧

2017年02月11日

大平山

この冬一番の寒気が来た。天候の合間を見てトレーニング方々裏山の大平山に登ってみた。
家を出ると道路は凍結していて登山靴で歩きにくい!
横断道路は朝方は冬用タイヤが必要だった様です。
DSCN6879DSCN6885

扇山ゴルフ場入口道路の途中から太平山に登る。時折小さな竜巻状の風と雪が舞うが、日差しも差します。
桜の林が有り春は桜舞う景色が楽しめそう(^^)
DSCN6887DSCN6892

別府一周遊歩道ルートの看板が有るが道は雪が無くてもハッキリしなかったと思うが?
DSCN6895

今日はマッテンベルチョオユーと久々の6本爪アイゼンの組み合わせだが、この6本爪アイゼンが何とも中途半端なアイゼンだ! 緩い傾斜登りならソール全体でアイゼンが効くが、急な傾斜登りではキックステップでつま先が効かない!(つま先にアイゼンの爪が無い為) また岩の上では6本は凄く歩きにくい。
チョッと重くなるが10本以上のアイゼンかもっと小さい4本爪が良いと思った。
DSCN6899DSCN6900

別府の町も雪で白くなっている様だ。
DSCN6904DSCN6905

標高810mの大平山です。通称扇山の方が馴染みが有る様。
DSCN6906DSCN6907

時折突風は来るが天気は良い。
この雪もあと三日もすればドロドロになるだろう。
DSCN6909DSCN6910

雪が有っても無くても(アイゼンを装着してもしなくても)下りでは膝を曲げてつま先から降りるイメージでソール全体を接地して降りるのが基本です
DSCN6911

下りで、かかとから接地すると滑った時に踏ん張りが効かず危険です。注意しましょう
DSCN6913

以上、湿った雪質でした。

ではまた
  
Posted by tomoki49 at 14:03Comments(0)clip!由布、鶴見 | その他の山

2017年01月26日

三俣北峰鞍部アイスバリエーション


三俣山北峰鞍部へのアイスバリエーションルートを行った。
今回は渡辺さんと二人です。
長者原ビジターセンターから指山への林道へ行きます。途中でルートを間違い藪こぎとなったが林道行き止まりから最終砂防ダムの上からとなる。
DSCN6778DSCN6781DSCN6783DSCN6786

雪が有るが先行者が居たらしくトレースが有るので精神的にも体力的にもかなり楽である。
軽い膝下ラッセルで登る。雪が多少ある方が岩よりもガレバは登りやすい。
DSCN6789DSCN6790

晴天で空は青いが日陰である。
DSCN6791DSCN6793

7〜8mの氷壁がある。
ここで想定外は発生した!安全環付カラビナの安全環が凍り付いて動かないのである
これには困った!バイルのハンマーでたたいたり体温で温めたりと悪戦苦闘!
スクリュー2本打ち登る。 
ところが登ったビレイポイントにアイスが無い!セルフが取れない! しょうがないので雑木を束ねてスリングでとる。
DSCN6794DSCN6798

渡辺さんは股関節が柔らかく床でベタッと開脚できるので膝が真っ直ぐに顔まで上がるのです。凄い!
DSCN6799

下山で指山鞍部に降りる尾根を見ながら登る。
DSCN6800DSCN6802

段々と青空へ近づく。
DSCN6803DSCN6804

もう少しだ。
DSCN6805DSCN6807

DSCN6811DSCN6817

自然の造形を楽しむ。
DSCN6816
陽が差し始め目に眩しい!
DSCN6819

DSCN6822

DSCN6824

DSCN6826

三俣北峰鞍部に出た。今季初の氷雪の為腿の筋肉がつりかけたが、ホッと一息。飯にします。
渡辺さんはミカンが好きらしく今日も10個位持ってきている。私にも4個くれた。
DSCN6829DSCN6832DSCN6835

氷雪と光のコントラストが素晴らしい。
DSCN6838

DSCN6844

DSCN6847DSCN6848

昼飯後、北峰から指山方向へ細尾根を下山します。
結構な勾配が続く。
DSCN6853

途中で25mの懸垂下降です。
DSCN6859DSCN6864

懸垂下降し右にトラバース気味に行くがキワドイ下降が有ります。
DSCN6868DSCN6871

ハングした岩の下当たりからまだまだ下降したら、笹の安心道の出る。ホッと安心。
後は指山鞍部から砂防ダムの涸沢に出て林道にでる。
DSCN6876DSCN6877

左の写真は以前来た時だがこの時も好天でした。右は今回です。
e3a14bb8IMG_20170126_120901 (1)

Map

今回は好天、無風で最高日和だった
山の神様ありがとう!

ではまた次回
  
Posted by tomoki49 at 22:29Comments(0)clip!クライミング | 久住連山

2017年01月21日

やっと雪が積もった!

夕方からの雪がやっと積もりました。
が、しかし気温が高めなので解けるのも早い様です。
阿蘇、久住の方は凍っているだろうか?来週あたり行きたいと思う。
DSCN6774DSCN6775

ところで最近は生ピーナツを買って来て調理している。
/紊鳳を適量入れて一度沸かして融かす。
△修譴棒献圈璽淵弔鮨擦1分位。
DSCN6757DSCN6764DSCN6760DSCN6762

フライパンで水気を切りった後、5分位レンジにかける。
DSCN6763DSCN6765

完全に冷えてから食べる。
落花生は体に良く、悪玉コレステロールを減らすらしい。薄皮はポリフェノール含量が多く、またビールのつまみにも持って来いである。
DSCN6772

食べ過ぎに注意!

ではまた
  
Posted by tomoki49 at 09:17Comments(0)clip!

2017年01月04日

由布の岩場

2017年は良い年をお迎えですか!
今年が皆様にとって良い年で有りますように祈っています。
DSC_0014

由布山西側の由布の岩場が地震後にどうなっているか見に行きました。
湯布院の町手前の林道を右に車で行きます。(この林道は工事をしてました)
ステップワゴンで十分に進めました。登り詰めたらまだ林道工事中でした。西登山道はここより少し前から取り付きます。(駐車スペース十分に有り)
IMG_3590DSC_0030DSC_0031

林道からは湯布院の町が見える。

DSC_0033

林道から5分登ると標識が有り由布岳山頂まで3600mとの事でここからが最短かな?
このコースを進めば、水場を経由して飯盛ヶ城から合野越しのルートです。今日は頂上には行きません。
IMG_3579c86b6ff3[1]2363e472[1]

ボルダーの出来そうな奇岩が沢山有ります。
2012年にOCCCで来た由布の岩場が見えます。
上部を確認しましたが一部変化は有りますがほぼ倒壊は無い様です。
IMG_3578f83b1bb2-s[1]

ここからも湯布院の町が良く見えます。クライミングの練習になりそうな岩がいくつか有ります。
IMG_3582IMG_3580

IMG_3584IMG_3585

IMG_3586IMG_3588

IMG_3583

肘の具合が回復したらまた行って見たいかも!

今年はアイスは出来るでしょうか?
冷えて貰いたい

では良いお年を

  
Posted by tomoki49 at 13:04Comments(0)clip!クライミング | 由布、鶴見

2016年12月23日

扇山〜内山

大平山から内山に地震の影響を見に行きました。
Map

扇山ゴルフ場への道の途中から扇山に取り付きます。
途中を振り返ると別府湾や高崎山が一望に出来ます。日の出を見るのに最高のロケーション!
DSCN6663DSCN6666DSCN6670DSCN6671

扇山(大平山)は左の樹林帯と野焼きの縁を歩きます。扇山の頂上から内山方向にシャクナゲ尾根を行きます。
DSCN6675DSCN6680DSCN6681DSCN6682

シャクナゲ尾根がけっこうな勾配で息が上がります。 山岳会の方向の印が木に食い込んでいる。かなり古い様です。 地震による地割れ跡が凄まじい!
DSCN6685DSCN6687DSCN6690DSCN6693

地震で動いた岩などは樹木の根子で支えられて落石しなかった様です。
DSCN6694DSCN6695DSCN6697DSCN6698

凄まじい倒壊地の横を注意しながら登ります。この辺りから霰が降り出し白くなる。
DSCN6703DSCN6708DSCN6713DSCN6714

今日は風が強い!風が一番嫌です。来年はシャクナゲが良く咲く様で蕾が多い。
内山に到着。早々に降りに付き途中で昼食。
下りは伽藍岳の方に尾根を進み途中から鍋山方向にウサギ落としをテープを頼りに下ったがここも勾配がキツイ!尾根を見失わない様に尾根筋を下ると「烏の湯」の少し下辺りに出ます。
DSCN6717DSCN6718DSCN6724DSCN6729

林道から掟破りのショートカットでロープで30mを降りる。早い(^^)!
ゴルフ場の上脇を行き駐車場所へ到着。 AM8:00〜PM14:45着
DSCN6733DSCN6737

後は友の湯でくつろぎました。

ではまた
  
Posted by tomoki49 at 20:32Comments(0)clip!由布、鶴見 | 山登り

2016年12月11日

バイクヘルメット用スピーカー

ヘルメットにラジオや音楽を聞くためのスピーカーを着けてみた。(ネットで500円)
そのままだとスピーカーが薄いので音量が小さいので、下地にスポンジを着けて耳に近くした。

DSC_0090DSC_0087DSC_0091DSCN6662

これで音量もまずまずとなった。ただ線が細いので断線に注意!
朝、夕の通勤でニュースを聞きながら安全運転を心がけよう。

  
Posted by tomoki49 at 14:35Comments(0)clip!くらし