2008年06月15日

地震

東北地方に大地震がおきました。
テレビを点けると私の田舎である秋田県湯沢市も震度5強と出てました。
おじさん達は大丈夫かなと軽い感じで電話したら繋がらない。
急に不安になりお父さんに電話しました。
妹が連絡とっているところらしいがまだ詳細は分からないとのこと。


何かあったのかしら。
不安な気持ちが増してきました。
電話しても電話しても繋がらない。

10分くらいしてやっと電話が繋がりました。

「はい、かくえんラーメンです」
「智樹だけど大丈夫」
「今お父さんからも電話あったよ」
「かなり揺れたけど皆無事だよ」

良かった。

でも我が家だけで3人もいっぺんに電話してるんだもんな。
そりゃ繋がらないよな。

でも、混雑で繋がらないだけでもやはり心配さは増します。
そして電話するのは控えるようにと思ってもやはり電話してしまう。


こういう時にはコミュニティFMが大事だと再認識しました。

自分のしている仕事の大きさに実を引き締めました。


tomokihonke at 17:56│Comments(2)TrackBack(0)clip!日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Yuka   2008年06月18日 16:34
本当に、地震のエネルギーは凄まじいですね…
岩手・遠野市に何人か知り合いがいるので、メールしたら「大丈夫です、ご心配おかけしてすみません」と、かえって恐縮されてしまいました。
被災された方々のお気持ちは量り知れませんが、田舎で暮らされてる方は心が広くどっしりして、何事にも動じないように思います。
2. Posted by 本家智樹   2008年06月20日 22:38
yukaさん>
私も電話口で「心配掛けてすいません」と言われました。
変な感じです。

災害は誰にでも起こりえる。
わかってはいるもののむずかしいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives