2006年02月

2006年02月26日

ラフォーリアでランチ

LAFOGRIA 店内













今日は 芦屋のラフォーリアでお友達とランチ♪

ラフォーリアはついつい足を伸ばしてしまうイタリアンです。

お料理も結構好きなのですが、

足を踏み入れると、窓一面の緑が目に飛び込んでくるこの店内

一番のお気に入り。特にその日は晴天(わたしたちって晴れ女♪いえーい♪)

だったということもあり、店内から見える緑がゆらゆらゆれて

輝いていました。

その緑を背景に私達のランチョンはスタート

ここのランチ、とっても可愛いお値段なのです。

そして内容は充実でした。

(写真とってないの。。。残念)

冷たい前菜:6個のくぼみのある真っ白いお皿に彩られた6種類の前菜
毎回違う種類で楽しませてくれます、これがまた白ワインに合うのだ〜

暖かい前菜:3種類のチーズが詰められたクレープ
これはとっても美味しいのですが、4回行って4回ともこれが
でてきた、ちょっと変わり映えしないよなあ・・・
ま、美味しいから許すけど。

パスタ:ごぼうと牡蠣と水菜の白ワイン風味パスタ
あーこりゃ絶品!!

お手製ローズマリーのフォカッチャ(イタリアンパン)
普通。

デザート:抹茶ケーキとパンナコッタ、黒トリュフのアイス
いけてます!


特に牡蠣のパスタは絶品。

オリーブオイルとパスタのゆで汁、白ワインが絶妙に乳化されていて

とろーりとしたソースに。

牡蠣からもいい出汁がでて、食感もぷりぷりでした☆


ごぼうと牡蠣の組み合わせ も意外に合うなってことが分かりました。

(うーんサロンでも似てるようなメニュー出そうかしら♪)

トリュフのアイスもけっこうインパクト大。

量も多すぎず、リッチな香りを楽しめました。


、、、、と食の研究もそこそこに女3人の会話は永遠につづく。。。。

店員の方々は文句もいわず、そっとしていてくださっていました。

気づいたら店には私達だけ 汗

そそくさと店をあとにしたとさ 笑



そうそう、

一緒にランチをしたお友達の中に フィトテラピスト(植物療法士)さんが

いるのですが、彼女から素敵なお土産をいただきました。

明日へつづく。。。。



2006年02月24日

素直に受け取りたい

54f6e082.jpg













豊かな人は、他の人から自分の才能を褒められると
素直に「ありがとう」と受け入れる

そして才能にさらに磨きをかける


豊かさに距離がある人は、自分の才能を褒められると
謙遜したり否定してしまう

そしてダサい自分を演じてしまう


自分の才能を磨くためには、
まずはその才能を優しく自分で受け入れてあげよう

人から褒められたら、ちょっと勇気をだして「ありがとう」と受け入れてみよう


(本田晃一 メルマガより抜粋 http://www.hondakochan.com)




本田さんはメルマガで、

いつも素敵な言葉を送ってくださいます。



人から褒められたとき、あなただったらどうしますか。

嬉しいけど、謙遜しますか?

素直に喜びますか?

周りから褒められたことを「ありがとう」

とまず素直に受け取ってみましょう。

自分はそう思わないことだとしても、自分はここが豊かなのかも、、、!

と新たな発見があるかもしれません。

そして

自分のことを良く知って

心が豊かになれば

相手を豊かに受け止め褒めることもできると思うのです。

相手の幸せを素直に褒めれる人、

それは自分の心が豊かだからできること。

ありがとう!

素直にいいたいものですね!








tomoko2307 at 00:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!日記 | 日記

2006年02月22日

お雛祭りサロン 参加者募集 ♪

雛人形











来る 3月12日 日曜日に開催いたします

”お雛祭りサロン”参加者募集のお知らせです♪

毎回会員様のみに募集をかけさせていただいて
おりましたが、ありがたいことにブログでもお問合せくださる方
が増えましたので、思い切ってブログ上で募集をかけさせていただく
ことになりました。

Salon de apple では初めての方もお一人でよく参加されていますので
心配ご無用。ぜひこの機会に楽しい時間をご一緒しましょう!
<女性限定>

サロン内容:
定番の雛祭り料理を、得意のピンチョス風にひねりを加えた
お料理を分かりやすく、レッスンいたします
桃の節句やひなまつりにちなんだテーブルコーデイネート
についてお家でも手軽にできるテーブルのポイントなどを
アドバイスさせていただきます。
お持ち帰りいただけるちょっとしたお土産もあり、と
企画満載でお送りする予定です。

海の見えるSalon de appleで、はんなり優美な☆
雛祭りをご一緒しましょう!

日時:3月12日(日) 13時〜16時半ごろ
定員:5名 (すでに2名予約ずみ、2/22現在)
場所:兵庫県内(詳細は参加者のみに連絡いたします)
参加費:追って連絡いたします。価格以上の内容になっております

ご興味ある方はまずは ここ へご連絡ください。


お陰様で満席となりました、ありがとうございました!
お見逃しになられた方は4月度にぜひご参加お待ちしております



また大変申し訳ありませんが、女性のみの参加となりますのでご了承ください。
皆様にお会いできること、楽しみにしております♪   


てまりずし

2006年02月21日

若手経営者とシャンパン片手に

シャンパン!







昨日書いた美味しい赤ワインのスパークリングを飲んだカフェバー
JAMAIS

こちらのオーナーは若干29歳の女性!!!
色が白くて、ちっちゃくて、可愛い。そしてセクシー。
しっとりして一本筋が通っている感じがしました。

経営者を前に実は興奮していた私。
(変な興奮じゃないよ 笑)

友人のお友達ということもあって席に来てくれた彼女。

まず、シャンパンで乾杯。
お互い自己紹介。

内心、びびってました。

「おおーこれが経営者姫かい!」

堂々とした立ち振る舞いとか
しっとりとした雰囲気、大人っぽいのかな。
けれどなんとなく未完成な部分も見えていて
それがまた荒削りでそそられました(って変な意味じゃないよ 笑)

世代が同じということもあってか話が弾み、
お店は忙しくなってきているのに一向に席を立たない彼女。
きっとこの会話を楽しんでくれたに違いない!

ビジネスのよもやま話とかきっかけやお店のコンセプトとか
沢山お話してくださった彼女。お店や従業員に対する
愛情がひしひしと伝わってきました。何より本人が
お店に居ることを楽しんでいる様子でした。
これって一番大切ですよね。

私もサロンの日は凄く楽しくてならない。
これって一番基本的なこと。
辛かったらそれが相手にも伝わるもの。

彼女のカフェバーのスケールはとても大きく、
私のサロンのスケールは本当にまだまだ小さいんだけれど
「何かを生み出す仕事」をしているのはお互い同じ。
「お客様に(かなり直接的に)満足してもらいたい」という姿勢も同じ。

彼女が生み出したいのは、「もうひとつの媒体」
この場所や機会を提供することで、新しい何かが
世に生まれる、それを広めていく媒体(場所)になりたいという。

お店のことを熱く語る彼女をみて
私も胸が熱くなりました。
こんな出会いをくれた友人に感謝。
そして熱くお話をしてくれたこれからが
楽しみなオーナーに感謝!


自分がサロンのことを聞かれたらどう答えるだろう。

コンセプトは?
自信を持っている点は?
将来どのように展開したい?
いますべきことは?


もう一度考えてみようと思います!




2006年02月20日

赤いスパークリングワイン? LAMBRUSCO

870dc5b1.JPG









ちょっと前のお話ですが、大阪は北浜にある

JAMAISというお店で

とても美味しいお酒を頂きました。

ずっしりと重い濃厚な赤ワインのボトルか?と思われたそのお酒。

ぜひ食前酒にということでシャンパングラスが用意されていたので

ん???? 赤ワインにシャンパングラス??と疑問に思ったのもつかの間

そこに注がれたのは

なんと赤〜い スパークリングワインだったのです!

注がれるとスパークリングやシャンパンよりも優しいとろりとした

シュワシュワな見た目。

次にカシスのようなアロマが周りにふわーっと漂いました。


犬以上、と言われる(、、というか自分でいっている 笑)

私の鼻はすかさずそのあまーい香りを堪能。

香りも一つのプレゼンテーションなんだなあと目をつぶりながら実感。

セクシーで濃赤な見た目とは違い、

お味は赤ワインというよりもカシス寄でしつこくない甘さ!


一口で虜になりました。

つまり ちょっとダークなべリー系

つまり黒スグリ味のようなお味。

かといって 本物のべリーのような酸味はまったくありませんでした

このお酒の名前、

イタリアはモデナのLAMBRUSCO GRASPAROSSA DE CASTELVETROという

れっきとしたD.O.C.名を持つ 赤いスパークリングワインなのです!

多分店頭にはほとんど並んでないんじゃないかな。

(、、とお店の方がおっしゃっていました)

希少?ながらとてもお得で美味しいこのスパークリングワイン。

パーテイなどでお出しすると

素敵な話題になってくれること間違いなし☆


しかもリーズナブル!

ここでなら通販で購入可能のようですよ♪

女性同士の集まりに、

パーティに

もちろんカップルでも。

ぜひにも、お勧めです!


これを頂いたお店JAMAIS

かなり私好みのお店。

明日はお店のお話をちょこっとしようかな♪







2006年02月15日

■決して諦めないで

平原綾香さん♪










トリノオリンピックのテーマ曲

平原綾香さんの 「誓い」 の詩には

勇気付けられる言葉がちりばめられています。

特に

「その時まではきっと諦めないから」

というフレーズがとても好きです。

いい響きですよね。



逆境とか辛さとか甘えとか誘惑とか

いろいろあるけれど、

それを理由に諦めたくない。

それが原因だ、と思った瞬間が

自分に負ける瞬間だと思う。



あるオリンピック選手がこう言っていた。

「他の誰かに勝つ、負けるというよりも

 自分にどう打ち勝つかなんです。

 自分と向き合って、自分をとことん知っていく

 それが出来て初めて今の自分を越えることができるんです」


 凄く印象的な言葉でした。

 
私もまだまだ甘い人間だから自分に甘いときもあるけれど

そんな偉大な選手の言葉を胸に焼付けて、

これからもいろんなことに決して諦めず

挑戦していきたい!!!!

頑張れニッポン!

決して諦めないで!


平原綾香さん2




tomoko2307 at 01:25|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!日記 | 日記

2006年02月13日

乾杯!

ワインと牡蠣♪







バレンタインサロンのあと

家族が旅行先で買ってきてくれた牡蠣

ほっと一息。

ガーリックバターとパン粉を載せてグリルしました。

白ワインとピッタリの組み合わせ♪

グリルといってもオーブンではなく

私は魚焼き器でグリルしちゃいます。

魚焼き器は意外につかえるんだな、これが ^^

パンとかも焼けるんだよ!

調子に乗ってワインを飲みすぎて

ちょっとへたってしまった週末でした。

そんな日があってもいいよね〜♪


tomoko2307 at 23:35|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!日記 | 日記

バレンタインサロン その2

今日は昨日のつづきでバレンタインサロンのレッスン内容と
お料理についてちょっとお話します♪


まずはピンクのシャンパンで乾杯!
細かく切ったイチゴを入れて見た目もゴージャスに☆

始めにバレンタインの歴史や各国の習慣を説明いたしました、
国ごとの珍しい習慣に皆さん関心されていました。

ピンチョス料理1ピンチョス料理2







お料理レッスンでは、実際作りながら美味しく作れる
ポイントをピンポイントで説明いたしました。 お料理だけでなく
女性ならではのお話にも花が咲きました、話は尽きない〜!
美しくお皿に盛り付けていただき、お食事タイム♪

スパイシーポテトと蛸












そして最後にはお気に入りのホテルでお取り寄せした
ホワイトチョコとべリーのケーキをデザートに。

バレンタインにぴったりのピンクとブラウンを基調にした
色のケーキで締め。

お取り寄せのデザート1








最後にはお手製のチョコレートバーをお土産にお持ち帰りいただきました♪
これが結構好評でさっそくレシピを教えてほしいという問合せをいただきました。
(写真撮るのわすれちゃったわ・・) 

と今回も盛りだくさんの内容を企画し、
皆さんにもご満足いただけたかな☆と思います!

職業や年齢の垣根をこえて、お料理とともに楽しむ
時間ってありそうでなかなかない、そういう機会を
少しでも皆さんと分かち合えるのが私の何よりの喜び。

サロンのあと皆さんに「いい時間だった〜!」と
思ってもらうのが私の幸せです。


お陰様で 最近はサロン募集をするとすぐに満席になるという
嬉しい反響を頂き、大変ありがたいと感激すると同時に背筋が伸びる思いです!

毎回参加者の皆さんに「いい時間だった」
「期待以上だった」「また来たい」
と思っていただくようなそんなサロンを
これからもずーーーっと続けていきたいな☆


継続は力なり、ともいいますからね^^

3月はおひなまつりサロンを開催する予定。
次に向かって、また邁進していきまーす♪





2006年02月12日

バレンタインサロン開催♪ その1

全体コーデイネートピンクのシャンパン♪











サロン当日
2月11日はポカポカ陽気になりました♪
Salon de appleも温室のように暖かい日差しが注ぎ、
抜群の”サロン日和”になりました


今回のサロンテーマは "バレンタイン"
 
”どんな女性でもピンクを纏(まと)えば素敵になる”
と言われるようにピンクは女性を幸せにしてくれる色。

そんな甘〜いピンクをテーマに、テーブルをコーディネートいたしました。

今回のピンクは 
メイン:コーラルピンク、
サブカラーは大人なワインピンク
に。
可愛さの中にもエレガントさを取り入れたいということで画像のような
テーブルが出来上がりました!


お一人様分のコーデ






ナプキンリングやコースター、お花のアレンジはすべて私の手作り。
サテンのリボンを使ったり、ハート型の画用紙を利用したり、
100円ショップのバケツを使ったり・・・と私にしかできない
オリジナリティ溢れる(って自分で言うのもなんだけど 笑)
コーディネートで今回も自身満々です^^


皆さん見られたとたん「きゃーーーっつ!」とおたけびしてくださり、
練りに練ったコーデに喜んでもらって私も感激ひとしお。

コーデイネートの工夫や手作りのアイデアをご説明し、
100円ショップでの活用法なども説明させていただきました^


参加してくださった皆さん、今回のテーマを意識されてか
ピンクのお洋服で着てくださった方もいらっしゃり
お洒落の話題にも花が咲きました♪
そして話題は美容のお話、それからそれぞれのご職業のお話など
おしゃべりは尽きませんでした^^

素敵な参加者の方々1素敵な参加者の方々2






カラーセラピストさん、英語の発音コンサルタントさん、
栄養士さん、OLさん。。
サロンに来てくださる方々のご職業はいつも本当に多様。
様々なご職業の方とお話するのは、わたしにとっても
いつも大変な刺激になるものです。


私から皆さんに提供するものもありますが、
同時に皆さんにも”出会い”という
大変貴重な機会を頂いています!!


バレンタインサロンについては
今日と明日にわたって綴っていこうと思います。
明日はサロンのお料理について。
お楽しみに!


2006年02月08日

色彩感覚を育てる

SCALAMANDREadsSCALAMANDREads1












素敵なファブリックを扱うHPを見つけました。


SCALAMANDRE

関西では神戸御影のメゾン・デコール
で扱いがあったのを見て、素敵なファブリックだなと思ったので
webでHPを検索してみるとちゃんとありました♪

この scalamandre のファブリックは本当に素敵。
さすがヨーロッパ! 見るだけでため息が出てしまいますね☆
ヨーロッパのファブリックは長い歴史をもつ文化、芸術が
影響しているせいか、非常に色彩感覚に溢れています。
圧倒的な色、そして洗練された模様!!


SCALAMANDRE9SCALAMANDRE2













かなりのゴージャス系☆ですので、実際の住居のファブリックとしては
落ち着かないかもしれませんが、こうやって眺めているだけでも
色彩の勉強になります。

”使える”色彩感覚を育てるのはこのような芸術的な
色彩の画集を見たり、写真集をみたり、実際のアートに触れることが
とても大切なんだな、と毎月のサロンのテーブルコーディネート
アレンジを考えるときにつくづく思います。


日々の生活でそれを続けていると、いつの間にか色彩感覚が
よくなっていきますよ!
私もまだまだ勉強中、好きな写真集は時間があるときに
いつも眺めています。

それぞれのお好みがあると思いますので
ご自分のお気に入りアートや画集、写真集などを見て
色彩感覚を育てましょう♪


AD6AD15

tomoko2307 at 02:18|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!日記 | 日記