2006年02月

2006年02月06日

カラフルなお皿で幸せな食卓♪

オペラをピンクのお皿にコーデイネート











ホッとお茶のひととき。

アンリシャルパンテイエ の 

オペラというチョコケーキをいただきました。

父へ、と買ったのですが。

結局家族で食べました 笑



今度のバレンタインサロンで使用するコーラルピンク色のお皿を

一足お先に

バレンタイン風に使ってみました。



ただお皿にケーキを並べるのではなく、

こうやってドライフルーツ(写真はりんごとベリー)

回りに飾ってみるとケーキの味も見た目もグレードUPです!

ちょっとした工夫で毎日の食卓が楽しくなりますね♪



こういうカラフルなお皿って毎日の食卓にはちょっと抵抗が

あるかもしれませんが、意外に使えるんですよ。



朝食のプレートとしては抜群!目玉焼きやサラダを載せると

色鮮やかになります♪

ブランチにサンドイッチをのせてもいいですし、

綺麗な和菓子を並べてもいいですね。


なによりカラフルなお皿で食事をすると気持ちがHAPPYになりますし、

食欲もUPします(あんまりUPしすぎるとだめだけどね、、笑)

”食べる”ことはお腹を満たし、気持ちを満たしてしてくれる魔法です

カラフル皿で幸せな食卓を♪



2006年02月03日

ACQUA DI PARMA  パルマの水

アクアデパルマロゴTN_AcquadiParma_02










今日はイタリアで長い歴史を誇る 私のお気に入り香水ブランドを紹介いたしましょう。
ここも老舗ですが、PRを見ると老舗とは思わせない斬新さがあります。

●ACQUA DI PARMA  

イタリアはパルマの香水ブランド、長い歴史を誇る「アクア・デ・パルマ」。
直訳すると”パルマの水”というそうです。

パルマという街はどんな印象を持っていますか?
サッカーの中田選手がここのチームに所属してましたね ・・

私個人の印象としては自然が沢山ある郊外・・
というイメージを持っているのですが
パッケージや広告を見ているとアーバンスタイル、、、
つまりちょっと角が立っているモード系
で打ち出しているような感じがあります・・・ 

アクアデパルマ1TN_acquadiparma_01












パリのデパート、ギャラリーラファイエットで発見したときに
試しにちょっと香ってみたのですが
けっこう重めでしっかりした香りだったように記憶しています。
イタリアらしく、力強く主張のある香りとでもいいましょうか・・


パッケージの黄色はなんともいえないイタリアンクリームイエロー(勝手に名づける 笑)。
バスルームや玄関に置くのがおしゃれかもしれません。

このブランドは香水・キャンドルのほかに
バス周りの雑貨(バスローブとかタオルなど)も扱っているので
ACQUA DI PARMAでバスルームを統一すればあなたもイタリア人の
仲間入りってやつです☆


これも残念ながら日本に直営店はなく、
唯一東京の伊勢丹に置かれているようです。

その他アジアでは香港のハーベイニコルズというデパートに
置いてあるようですので、香港へ
ご旅行の際はぜひ覗いてみてくださいね☆

(香港)
HARVEY NICHOLS - THE LANDMARK
15 QUEEN'S ROAD CENTRAL
HONG KONG

Acqua_di_Parma2001aquaMain

Diptyque パリの香り

dyptiquedyptique1





Diptyque

【非常に洗練されたスノッブな香り】を持つディプティックのキャンドル

これまた素敵なキャンドルなんです☆

ヨーロッパのインテリアBOOKに載っているリビングなどには必ずこの
キャンドルが飾ってあろう、といえるくらい素敵なキャンドル。

1個約5000円もする高級・・・汗
キャンドルですが、火を灯すと何時間もいい香りが
持続する。キャンドル好きにはこの値段も高くないと考えるでしょう。

このDiptyue,
欧米では「正にアート/芸術の香り」と評価されているそうで
顧客リストには世界中の有名人が名を連ねています。


その “極めて上品かつ洗練された香り” は、
良質の香料を使い数年かけて丁寧に調合され、
香水で有名なグラース(南仏ニースからほど近い)
で一つずつ大切に作られているそうな。

そういえばグラースでは、フラゴナール(Flagonard) の工場は見学したけど、Diptyqueもあそこで作られてるんだなあ。妙に残念、、、行けばよかった(って知らんかったけどさ) 笑

dyptique2dyptique3












DIPTYQUEの香りは、良質の香料を贅沢に使用して作られています。
そして、数ある香りのどれもが、長い時間を掛けて丁寧に調合されたもの
その老舗ならではのこだわりが、シンプルで上品な香りを生みだし、
世界中のファンを魅了し続けています。

日本ではセンスのいいセレクトショップや、インテリアショップで購入する
ことができますよ♪   通販では fstyle さんなら種類も豊富に購入が出来ます。

わたしの夢はパリにいって、ここのキャンドルやオードトワレを
買い占めること!!!! 

一体そんな夢叶うんだろうか。。 笑
って感じですけど、夢を言うのはただだし、(^^;) どんなささいな
夢でも、日々の生活が楽しくなるような気がします

どんな夢でもいい、ずっと色んな夢を見ていたいな。

夢見る夢子ちゃん・・・


dyptique4dyptique6

2006年02月02日

JO MALONE

JOMALONE1jomalone9











今、キャンドルや香水に夢中です☆

素材が自然で、できるだけBIO(有機栽培)の素材を使っていたり、
ラベルがシックでインテリアにもなるものがわたしの好み


お部屋を真っ暗にして灯すのも好きですし、
灯さずにインテリアの一部として置くのも素敵だなと思います。
キャンドルがあるだけで心が癒されます。

もちろんテーブルコーディネートにもキャンドルは
よく利用します♪


ヨーロッパではキャンドルは生活の一部として使われています。
日照時間が短いため、キャンドルをつけて
夜長を楽しむ習慣があります、だからキャンドルが彼らの
生活に浸透しているのですね♪


JOMALONE4Jo-Malone2











ここでお気に入りのキャンドルを紹介いたしましょう。

JO MALONE

セレブの間では絶大な人気を誇るこのJO MALONE 。 
イギリス出身のパフューマー(調香師)が立ち上げたブランドです。
彼女自身の名前をとってブランド名とされました。

ロンドンやアメリカには数店舗の直営店があるのですが、まだまだ数は少なく
もちろん日本ではお目にかかることができません。
なかなか手に入れられないのはキャンドル好きとしては残念なのですが、
それが余計に”レア感”を増し、興味をくすぐられます・・

ロンドンに行ったとき、ゆびをくわえながら恐る恐る店に入ったのを思い出します。
買うか買うまいかさんざん悩んだあげく
やっぱ高いかな〜と思って買わなかった
凄い後悔でした・・・汗

ジョー・マローンのフレグランスのコンセプトの中で一番印象的なのは”自然”
”素材を大切にする”ということ。


徹底的にナチュラルな素材、それも最もフレッシュな香りを生み出す
贅沢な素材にこだわって、人工的でない、心地好い香りをクリエイトすること。

そんな彼女のフレグランスは身につけた人自身の香りやその体温によって美しく
表情を変えるため、「心身ともに馴染む香り」と絶賛されています。

彼女の素朴な飾らない雰囲気にも惹かれ、今私があこがれるトップブランド。
こんな香水をさりげなく纏(まと)える女性は永遠の憧れですね

わたしも素朴で飾らない女性、そしてエレガントな香りをまとえる女性に

なれたらいいな、と思います!

これから数日間は私のお気に入りのものをいろいろ綴っていこうと思います☆

JOMALONE3JOMALONESHOP