2005年07月24日

■アンリシャルパンティエ

アンリのケーキ2アンリのケーキ1


甘いもん食べたい〜!

ちょっとゴージャスなところでケーキを食べたい!!

ってことで



アンリシャルパンティエ  

へ行ってまいりました。

関西ではかなりメジャーなお店。
銀座にも1年くらいまえにオープンになって結構な話題になっていた
(関西だけやったりして、、)
ような気がします。

神戸のお土産といえば
もしかたしたら”アンリ”という神戸っ子からの
声が返ってきそうなほど、有名店にもかかわらず
この店には”おごり”がない。

いわゆる老舗にありがちな、おごり高ぶった態度や
老舗を守る変な固定概念がない。常に伝統を固辞し
ようとするあまり、新しいものに目を向けない失敗型の
老舗ではないのだ。


なんか評論家みたいに語ってしまったが

つまりは、

最新モードを
よお勉強してはるな〜


ということ。

ここには常に最新モードのお菓子がならぶのだ。
パリに足しげく通い、最新お菓子を常に研究している、
と見受けられる。
HPを見てみるとそれがわかると思う。
味だけでなくパッケージデザイン、建築(特に銀座本店)についても
モードなデザインをどんどん起用し脱皮を図ったようだ。
建築はパリのホテルやレストランをデザインしている
ジャンフィリップ・ニュエル。

どうやって彼に交渉し起用したのだろう、
そういうストーリーが知りたい。。。どうやらここが絡んでいるみたい)


一昔まえのアンリは
”神戸のちょいダサマダムが好むちょいダサお菓子屋さん”
だった、私は少なくともそう思っていた。

でも今は違う。

とってもスタイリッシュ♪
ちょっとスノッブ。

サーブしてくれたプレートがまた(個人的に)
お気に入りの Villeroy&Boch
のニューウェーブシリーズを使っているのだ♪

ただね、
ひとつ気になった点がひとつだけ。
芦屋の場所にメゾンを作るのは納得だが
なんで車がじゃんじゃん通る国道沿い!!に
メゾンを作ったのか。。?

せっかく内装が素敵なのに、外をみると
国道って。。。とほほ。
せめて道路が見えないように木でも
植えようよ〜。

ちょっと 興ざめ(*o*) ヨ。。。。

でもさ。。。

ケーキ、おいちかったぁ〜〜!!


ちょっとゴージャズな気分になって満足じゃ (^^)




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔