ブログネタ
プロレスラー・三沢光晴選手について一言お願いします。 に参加中!
 三沢光晴が他界して、既に数日経つ。

 僕はへそ曲がりなので好きな相手やファンになった選手や作家やアーティストでもファンですって滅多に口にしないけれど、バスケのアレン・アイバーソンと今回の件があって、三沢選手だけは、素直にファンだって言う。大好きだ。


 思い出や素晴らしさやエピソードや感想はいろんな人が語り尽くすだろう。僕も近いうち、三沢が好きだったプロレス好きの友人と、三沢の事だけを語り尽くす夜があるだろう。それだけ人に影響を与え、試合や背中や生き様で人をしびれさせてきた人だ。


 彼が作ったプロレス団体の名前「プロレスリング・ノア」

 それは聖書に出てくるノアの方舟から取った名前だったけれど、90年代後半から傷付けられてきたデリケートなプロレスファンにとってみたら、エメラルド・グリーンのノアのマットで繰り広げられるプロレスこそが、本当に一縷の光だったのではないだろうか。


 ヤラセだ八百長だと蔑まれ本物ではないと罵られる密航者(プロレスファン)が自信を持って言い返せる台詞「一遍ノアの試合観てみろよ」


 そう言える程、三沢光晴を中心としたリング上の光景は凄く、輝きに満ち、胸を熱くさせた。何もかもを忘れさせる程魅入らせ、夢中で叫ばせ、期待と満足感に心を焦がし、鬱屈するそれぞれの思いに誇らしさという聖水を注いだ。


 偉大な彼の最期に対し、これから映像が出回る事だろう。まだ観た事のない人は良い機会だから一度試しに観て欲しい。四天王と呼ばれた全日本時代、進化ではなく深化と呼ばれた彼の試合を(特に社長の重責を担う前、二年連続で年間最高試合賞を獲得した小橋健太戦、愛憎が交差する高校時代からの後輩川田利明戦、怪物と呼ばれたジャンボ鶴田が先輩の意地を剥き出しにした試合、”不沈艦”スタン・ハンセンや”殺人医師”スティーブウイリアムス、”皇帝戦士”ベイダーといった超パワー戦士らとの試合。そして、それを壊しながら新たな色を出そうとしたノアでの試合)


 素晴らしいのは、認めている相手だからこそ戦いたいという世界だからだ。三沢が作り上げてきた世界は、極力マイクパフォーマンスが少ない世界だ。言葉ではなく、試合で語る。どれだけの攻撃を叩き込むかだけでなく、どれだけ受けられるかをも競う世界。


 色もの扱いする冷たい視線をそのエルボーで吹き飛ばし、皮肉に沈んだ根性をジャーマンで投げ捨て、言い訳ばかりのその口をフェイスロックで締め上げろ。

 胸に秘めた理想へ向かってエルボー(魂)翳してトペ(飛び込み)してけ。口ばっかりで基本も出来てない奴に見せ付けるようにドロップキック。少しばかりの困難に落ちた気分をキックアウト。


 孤独に震えた夜へ師匠譲りのダイビング・ネックブリーカー・ドロップ。死ぬ程嫌いな後悔へ走り込んでのエルボー・スマッシュ。認めた相手だからこそここ一番のエメラルド・フロウジョン。何もかもを出し尽くしたら、死力を絞ってもう一度エルボー。


 あなたのファイトが観れた事が、とてもとても幸せでした。


 悔しくて唇噛み締めながら涙堪える時、様々な困難に心折れてしまいそうな時、これから僕は心の中でこう叫ぶでしょう「三沢ファンだぞ!この野郎」と。


 まぁ、こんな感じです。(最後の方は自分でも書いててよく解んない感じになったけど……)まだ気持ちの整理がつききらないって事にしといて下さい。


PS.引き続き、ランキングのところポチっとして下さると有難いです。はっきり言って、泣いちゃいそうだよ。