2018年08月21日

アルゼンチンのお土産 お勧め集

WhatsApp Image 2018-08-08 at 15.54.49


アルゼンチンから日本へのお土産に悩む方、実際の写真を掲載します。
はちみつキャンディー
マテ茶のジェルバ・ティーパック
アルファフォール
ドゥルセデレチェ
いずれもスーパーで気軽に買えるものばかりです。パッケージもカラフルで楽しいですね。

39203597_1896906863737399_410280204104105984_n (1)


39227107_1896906980404054_8006502764177784832_n (1)



39210974_1896907037070715_350380601624231936_n (1)



その他にオリーブオイル、お塩、ワインもお勧めです!



tomokoar at 23:33|この記事のURLComments(0)

2018年08月13日

8月18日広島セミナー平和の折り鶴教室ブエノスアイレス市ヌニェス地区国立記憶記念館にて

IMG_0641


来る8月18日、NGOフンダシオンサダコの広島セミナー、平和の折り鶴教室を
 午後5時から6時半の予定で(おそらく少し遅れて始まり多分515ぐらいから640ですが、別に6時頃から来てもらっても構いませんー笑)
ブエノスアイレス市ヌニェス地区国立記憶記念館 Av. del Libertador 8151 にて開催します。
こちらの記念館で広島と長崎の被爆の実情をお知らせするポスター展をアルゼンチン日系社会歴史記録局主催し、長崎県人会、フンダシオンサダコ、国立ラプラタ大学日本研究センター国際関係局、広島県人会、JICAアルゼンチン事務所が協力し、開催している広島、長崎の原爆の実情を伝える平和記念資料館の広島長崎ポスター展の一環の行事です。
お忙しいところ恐縮ですが、お時間、ご都合があいましたら、是非、ご出席いただき、またアルゼンチンの平和文化教育活動にご興味のある方と平和の折り鶴教室の中でお手伝いいただき、交流されたら楽しいと思います。
 広島セミナーの意図は平和を築くために、私達にできることはなにかです。
 折り紙が初めてのアルゼンチンの皆さんに折り鶴教室の間に入っていただくと大変助かりますので、よろしくお願いします。
 また日本や広島についていろいろ興味を持っている方と触れ合うことは平和な社会を築く上でお互いの学びの場となれば幸いです。
広島について、日本についての皆さんの質問にもお答えする予定です。
時間が来ましたら、フリートーク、自由解散とします。なお、参加自由、無料ですが、もしよろしければ参加連絡をしていただければ幸いです。sadakoar@gmail.com にどうぞ。

また折り紙を持っているから寄付したい!も歓迎です。基本15x15僂量誼呂里發里鯏日は利用しますが
別の機会もありますので、よろしくお願いします。

 また お友達、ご家族でご興味のある方に、ぜひ、ご参加していただけますようご周知いただけましたら幸いです。
 よろしくお願いします。

 TOMOKO
 相川知子
 広島市特任ひろしま平和大使、平和首長会議国際アドバイザー、NGOフンダシオンサダコ代表
 異文化コミュニケーションコーディネーター

Estimados Amigos de FUNDACION SADAKO,

Por la presente, queremos invitarles a ustedes a la muestra documental
fotografica de Hiroshima y Nagasaki en conmemoracion de los dias 6 y 9
de agosto respectivamente y a las actividades relacionadas a realizarse
los dias 18 y 25 de agosto en el Archivo Nacional de la Memoria, Avda. del
Libertador 8151, barrio de Nunez, CABA.

Estas actividades son organizadas por el Archivo de Historia de la
Inmigracion Japonesa en la Argentina, junto con Nagasaki Kenjinkai, la
Fundacion Sadako, Centro de Estudios Japoneses y Relaciones
Internacionales de la Universidad de La Plata, el Museo Nacional de la
Memoria con la colaboracion de JICA ARGENTINA y de Hiroshima Kenjin
kai
en la Argentina.
Dias y horarios: del 9 al 25 de agosto.
Muestra: Lunes a viernes de 10:00 a 18:00 y los sabados por las actividades
Entrada Libre y Gratuita

Sabado 18 de agosto
de 17:00 a 1830
Seminario de Hiroshima, Educacion de Cultura por la Paz y
Taller de Grullas por la paz (origami)
Proyeccion de video de testimonio, etc.
por Tomoko Aikawa,
Embajadora de la Paz de Hiroshima, Fundacion Sadako
Asesora Internacional de Red de Alcaldes por la Paz
(Mayors for Peace)


Agradeceremos la confirmacion de su asistencia por los preparativos
de los materiales y por cupo limitado.
sadakoar@gmail.com

18:40hs Proyeccion de "Las Voces de los pajaros de papel. Realizacion
de Silvia Gonzales (Universidad Kanda de Estudios Internacionales,
Japon)
20:00hs cierre

25 de agosto
17:00hs Visita de las cinco colectividades y terrorismo de Estado .
Detenidos desaparecidos armenios, japoneses y judios.
Clausura de la Muestra.

Agradeceremos toda la colaboracion en la difusion de esta invitacion.

Atentos saludos,
Tomoko Aikawa
Asesora Internacional
Red de Alcaldes por la Paz
Embajadora de la Paz de Hiroshima
Fundacion Sadako
sadakoar@gmail.com
https://www.facebook.com/FUNDACION-SADAKO-137603382954853/
https://www.facebook.com/fundacionsadako/
54 9 11 51833604 (011-1551833604)
http://www.mayorsforpeace.org/
https://www.facebook.com/mayorsforpeace/?fref=ts
PUEDE BUSCAR LA REFERENCIA DE SU
AFILIACION
http://www.mayorsforpeace.org/english/membercity/latinamerica/
www.fundacionsadako.org


2018年08月09日

110Aniversario de la Inmigracion Okinawense en la Argentina沖縄県人アルゼンチン移住110周年記念祭典開催(8月8日)

 ブエノスアイレスの在アルゼンチン沖縄県人連合会において、2018年8月8日午後8時から11時半ごろまで、沖縄県人アルゼンチン移住110周年記念祭典が開催されました。
同日、翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事がご逝去され、まずは追悼の黙とうから始まりました。
そのため、記念誌の同氏の言葉を引用し、本ブログの記事も始めたいと思います。

沖縄県人が大きな夢と希望を胸にアルゼンチンの地に降り立ってから110年、先人たちは互いに助け合い、幾多の困難を乗り越え、今日の県系人社会繁栄の基盤を築かれました。
そのご労苦に対し、心から敬意を表します。今日、沖縄県系人の皆様がアルゼンチンの社会に深く根を下ろし、政治、経済、教育、文化等様々な分野で活躍し、同国の発展に寄与されたことは私達沖縄県民にとっても大きな誇りであります。
 ・・・

そうなんです。アルゼンチンでは日系社会の70から80%が沖縄の人だと言われています。もちろん、友人、知人、親戚で沖縄の人がいないことはありえません。多くの比嘉さんや玉城さんが誠実にクリーニング店を営み勤勉さに加えて、二世のその息子さん達がまじめな学生で、学友と仲良く共に学んできたことはアルゼンチン社会への日本人へのイメージの支えとなっています。

Nozomi y Naomi


((うちの娘の幼馴染も名字は新里さん! なおみちゃんは三世、おじいちゃんはクリーニング店を営んでいました。やっぱり!))

 現在、1世、日本人とは言っても赤ちゃんのときに来たとか、小学生だった人達も多く、日本の記憶はだんだん薄れてはきていても、逆に、沖縄の踊りの先生になったり、県系人との交流、さらに南米全体の沖縄ネットワークもあり、最近では世界中の沖縄ビジネスマンのネットワークWUBがあったり、ますますルーツを活かした根強い絆を深めています。

IMG_0379


((レングアスビバスで生徒だったクリスティナ神山二世になりますが、素晴らしいおどり手であり、師範です))

 言語学的には周辺すなわち中心部の地域では新しい言葉で言語がどんどん変化することがありますが、遠隔地、すなわち、沖縄から遠く離れた南米移住者、その子孫が使っている沖縄の言葉は移住当時のままの古い表現が残っていたりして、逆に見直されたり、研究の対象となったりしています。

WhatsApp Image 2018-08-08 at 23.12.13


 このような文化遺産を大切にしている人達をあたらめて、本日 アルゼンチン移住110周年記念祭典の催し、そして多くの沖縄系の人々の交流を目の当たりにして思いました。なんとなく沖縄県人じゃないのが申し訳ない雰囲気で、ああ、沖縄からきたのーーと勘違いされ、高齢の移住者の方とご挨拶する度に、え!沖縄じゃないの!と言われ。。。 もちろん多くの友人が沖縄県系人であったりもしますから、友達がいっぱいいますよと答えたら笑顔が広がりました。。。
 
La foto del dia

 嘉手納(かでな)系三世で、今回の最年少の出席者モーラ・さおりちゃん(6か月)と来ア中の富川沖縄副知事です。

 

tomokoar at 15:09|この記事のURLComments(0)

2018年08月06日

8月6日午前8時からの平和記念式典ライブ中継(アルゼンチンは8月5日午後8時)

IMG_5129


 広島平和記念式典は来る8月6日午前8時から8時50分に広島市の平和記念公園にて行われます。
1945年8月6日午前8時15分の原爆による死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈念するため、原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑)前(写真)において、原爆死没者の遺族をはじめ、市民多数の参加のもとに平和記念式典を挙行しています。 
 例年5万人程度の参加者があり、一般席も多いですが、通常午前7時には式典会場はほぼ満員になります。どなたでも参加していただけますが、当日は午前6時半ごろから車両規制などもあり、早朝に公共交通機関を利用する、または500m程度は確実に徒歩でのご参加となります。また一方で向かって左側の国際平和文化センターでは講堂内で同時中継を行っています。
 外国人の方が参加希望の場合には特別枠がありますが、かなり以前から満席になりますので、お早目にお申込みください。もしくは、一般席で先着順です。
または、NHK全国放送では8時半まで放送であると思います。
もしくは、世界中から平和記念式典をライブ中継リンク を見ることができますので是非シェアください。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1532049829175/index.html
私もアルゼンチンから見る予定です。いっしょに世界平和を願いましょう。


開催日時 
 8月6日 午前8時〜8時50分
  ※ 毎年、開催日時の変更はありません。
  ※ 献水(式典に先立ち、7時55分から原爆犠牲者に対する献水を行います)

 次第 
 1開式           
 2原爆死没者名簿奉納  
 3式辞          
 4献花          
 5黙とう・平和の鐘    午前8時15分
 6平和宣言       
 7放鳩          
 8平和への誓い     
 9あいさつ          
 10ひろしま平和の歌(合唱)
 11閉式    
        

■ 会場 
  平和記念公園(広島市中区中島町)

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1347936740512/index.html

Peace Memorial Ceremony (英文式次第)
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1431582843811/index.html

平和記念式典をライブ中継リンク
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1532049829175/index.html

平成30年(2018年)8月6日(月)7時50分〜8時50分(予定)まで(式典終了まで中継します。)

El 6 de agosto a las 8am hasta las 850 transmision en vivo la Ceremonia Conmemorativa de #Hiroshima @HiroshimaCityPR Deseamos #porlapaz a 815(en Argentina sera el 5 de agosto desde las 20 hasta las 2050)
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1532049829175/index.html

平和記念式典終了後は、国際平和文化センターで多くの行事があり、お茶や折り紙など日本文化に触れたり、平和講和、被爆者証言があります。英語でも行っています。
平成29年度 平和関連行事一覧表
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1499152767025/index.html

なお、午後6時頃から開催される 灯篭流しにもぜひご参加ください。


広島市特任ひろしま平和大使 相川知子

アルゼンチンを中心にスペイン語圏の国、地域を中心に平和文化活動を行っております。
ブエノスアイレスにいらっしゃった際、参加してみたい、などお問合せは
sadakoar@gmail.com
FUNDACION SADAKO
https://www.facebook.com/fundacionsadako/
NGO フンダシオンサダコのページです。

また参加できないけれども折り紙持っていきますよ!もちろん差し入れも大歓迎です。
なお、次の広島セミナー、平和の折り鶴教室は8月18日 ヌニェス地区で行います。
よろしくお願いします。TOMOKO



2018年08月05日

110 aniversario de la Inmigracion Okinawense ARGETNINA沖縄県人アルゼンチン移住祝100周年!沖縄第一号 仲里新忠さん(今帰仁村出身)移住記他



 2018年アルゼンチンに沖縄の人々が移住して110年を迎えました。 琉球新報で報じられています。
移民110周年祝う アルゼンチン友好協 那覇で式典 (2018年7月23日)
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-766882.html
 アルゼンチン日系移民史によると、
 「日本人移民がアルゼンチンに入ってくる流れは大体、ブラジル、ペルーからの転住者によってつくられたが、これはボリビア、チリ−を経由したものだった。これは戦後も同じように、ボリビア、パラグアイからの転住者の流れがあった。
 すでに1908年の「笠戸丸組」の転住者の中には沖縄県出身者も含まれていた関係から、その年がアルゼンチンにおける沖縄移民元年となっている
 「沖縄県移民の草分け、知念政実(「アルゼンチンのうちなーんちゅ80年史」在亜沖縄県人連合会)。沖縄県首里の出身で、同県今帰仁村出身の仲里新忠らと笠戸丸で1908年にブラジルに渡り、同年にアルゼンチンに転住した。」(FANAアルゼンチン日本人移民史より)

 アルゼンチン日系文化メディアのアルテルナティバニッケイに以下の1908年第一笠戸丸で海を渡り、アルゼンチンに移住した日系移住者の子孫の話が掲載されています。
https://alternativanikkei.com.ar/el-kasato-maru-y-los-primeros-inmigrantes-japoneses-en-la-argentina-segunda-parte/

NAKASONEsan


((今回の史実確認に付き合い、いろいろ教えてくださった在アルゼンチン今帰仁村人会の歴史研究家仲宗根哲也さん。15歳の時家族に連れられてブラジル丸に乗って移住した1969年1月着なので来年で移住50年))


今回は沖縄県人アルゼンチン移住110年記念に、こちらの記事の内容を引用しながら、上記のアルゼンチン日本人移民史を引用し、また上記の知念氏は途中1917年に帰国されたため、アルゼンチンで永住し、永眠した最初の沖縄人であり今帰仁村出身の仲里新忠氏(アルゼンチン沖縄移住者第一号)(らぷらた報知故崎原朝一記者談)にルーツを持つ、在亜今帰仁村人会(1934年創立)のご協力もあり、その他の証言と史実を照らし合わせ、まとめてみました。注 今帰仁とは なきじん、と読みます

NAKIJIN70


((在アルゼンチン今帰仁村人会は創立1934年。70年記念誌の表紙))


 仲里新忠(なかざとしんちゅう)氏は23歳で1908年の笠戸丸に乗船、今帰仁村(なきじん)から当初ブラジルに移住した12名の一人であったが、1908年10月にはアルゼンチンに転住。運転手として働き、また1910年コルドバ州の鉄道の線路敷の仕事も行った。1920年には、北部のコリエンテス州に居住して食堂を経営していた。この地でコリエンテス女性と結婚。長女マリア(のちのマリア・トヨザト)が生まれた。妻に死没されたため、メルセデス・アコスタという同じくコリエンテス女性と結婚、次女ビクトリア(女性)((二世))が生まれた。しかしながら後にマリアは弟の新栄氏と沖縄に戻ったため姉妹は分かれ分かれになった。1941年、仲里新忠氏は離婚。ビクトリアと一緒にブエノスアイレスに転居して店も転居、日本に戻ることを考えたが、戦争下のため結果的に実行不可。翌年の1942年アベジャネダで死没したとき次女の仲里ビクトリアは15歳であった。仲里ビクトリアは28歳のとき戸田フリオと結婚。子どもは三名。長女マリア、次女シルビア・クリスティナ、長男フリオ・グスターボであった。娘の戸田マリアが沖縄に戻った叔母のマリア(沖縄での名前は、とよざとマリア)と連絡を取り、2006年、とよざとマリア氏が84歳のとき、沖縄の今帰仁村で再会を果たした。アルテルナティバ日系のインタビューを受けた戸田マリア氏((仲里新忠からは孫の三世))は「沖縄のおばさんは大変喜んでくださり、また頭もはっきりしていて、眼鏡もせずに、書物を読むことができ、またハーモニカとオルガンを弾いてくれた」と回想している。また姉妹の再会を企画したが仲里(戸田)ビクトリアの健康上の問題で不可能となった。
 この仲里新忠(当時23歳)を含む今帰仁村出身者は合計12名の家族移住としてブラジルに1908年、笠戸丸でわたり、その際、仲里新忠氏の実際は母方のいとこである、新里新清(しんざとしんせい)という若者を伴っていた。
 新里新清 Shinzato Shinsei (1892年1月22日生 今帰仁村出身)1908年4月13日笠戸丸に乗り、ブラジルに移住。他の移住者同様、南米の大地での仕事を求めて旅立った。同村の仲里新忠家に連れられてきた16歳の青年であった。当時のほかのブラジル日系移民同様、雇用契約を破棄し、アルゼンチンに新天地を求め、同家族として当初ブラジルに移住しアルゼンチンに転住を果たしていた同村人六名の一人であり、実際のいとこでもある仲里新忠を追って1909年アルゼンチンに転住。コルドバに入ったがコリエンテスへ大城清治経営のレストランで働いていた。なお、1910年コルドバでイギリス系の家族の料理人として勤めていたとき、そこで、家政婦をしていたRamona Rosa Salinas(ラモナ ロサ サリナス)と知り合い、1912年 Maria Rosa Salinas.(マリア ロサ サリナス)((2世))が生まれた。新里新清氏の娘はTomas de la Fuente (トマス デ ラ フエンテ)と結婚し、子どもは8人であった。その中の Oscar de la Fuente (オスカル デ ラ フエンテ)((三世))はCelia de la Fuenteセリア デ ラ フエンテ の父親に当たり、セリアは新里新清氏からはひ孫の四世に当たるが、彼女は1996年頃に今帰仁村出身であり新聞記者の上原清利美氏の助けを借りて家系図を作ったからわかったことである。なお、セリアのきょうだいやいとこで、ひ孫、四世の世代は23名。なお、新里新清(しんざとしんせい)氏は 1944年10月17日コリエンテス州で52歳で死亡。こんなに家族が広がったなんて思いもしなかったであろう。
なお、セリアさんはフアンアンヘル・ロッハス氏と結婚。その息子はマティアス・ロッハス(5世)であり、新里新清氏の玄孫(やしゃご)は2017年現在32名にのぼる。
 一方で初めてのアルゼンチン生まれの沖縄県系二世は新垣まつとよし夫妻の清松(1910年12月8日生まれ)ではないだろうか。
 中城村(なかぐすく)伊舎堂(いしゃどう)出身の新垣まつは、17歳のときに第一ブラジル移民船、笠戸丸に乗り、船上で比嘉よし(当時16歳)と知り合い、のちに生涯の伴侶とした。ブラジル到着時に夫婦として登録、コーヒー農園で働き契約の問題でアルゼンチンに転住した。ラ ボカ地区に住み(サンタマリア街)最初の子ども清松を1910年12月8日生まれをもうけ、その後、アルゼンチン北西部のフフイ州に転居し、次男の清善が生まれ最終的に10名の子どもができた。(二名は幼年で没)フフイのIngenio Ledesma インへニオ・レデスマで働いていた。当時先住民労働者を日系移民労働者にかえていく傾向があったのだが、同じ移住者達と一緒に沖縄特有のカチャーシーを踊る夕べを持ったところ、近辺からよく思われず、結果、その地を去ることになる。ブエノスアイレス州のラファエル・カスティージョへ引っ越し、モンテ・グランデに転居し、そこで農園を営むこととなった。まつとよしは、子どもたちと農園に住んでいた。新垣グラシエラは、大叔父大叔母と6歳までそこに住んでいて思い出を語った。 「大叔母の新垣よしは、大変面倒見のいいひとでで、守り神のようなのはあの人のようなことを言うと、皆頼っていました。多くの日系家族の出産を手伝い、病気のときには看病し、家の中で工事が必要な場合も手伝いました」新垣松氏は1961年に、新垣よし(比嘉よし)は、1974年に亡くなった。
 なお、この新垣清松さんは1910年12月8日のため、最初の沖縄系二世のようだ。
 アルゼンチンに多くの転住者を出した第一笠戸丸(蒸気船)は1908年4月23日出帆。シンガポール、南アフリカを経由し、ブラジルのサントス港に6月18日接岸。日本からの移民、780名(もしくは779名、781名など異説あり、そのうち324名が沖縄からであった)を乗せて、主にブラジル移住者としてだったが、多くのアルゼンチン転住者を出し、現在のその子孫の近況を沖縄県人に限って上記まとめ記した。

 先人である沖縄県人移民第一号の仲里新忠は1908年23歳で海を渡り1942年に57歳で、新里新清も1908年に16歳乗船、アルゼンチン転住を経て1944年52歳で死亡している。これからというときに病で倒れるのはどういう気持ちであったのだろうか。どんな夢をいだいて海を渡ったのか。

IMINSHI40anos


在アルゼンチン今帰仁村会 創立四十周年記念誌(1974年九月発行)の中で、
 旅に病んで夢は枯野をかけめぐる(松尾芭蕉) が引用されている。
 
 私はその夢をたどるため、仲宗根哲也さんに移住50年にもなるのでたずねてみた。アルゼンチンに来てよかったかと。「アルゼンチンはいろいろ大変なことがあるから難しいこともあるが、自営業ができて、自由な時間を持てた。生活するにはちょうどであるけれどもね。日本で住むよりずっと自由があるよ」と教えてくれた。貸していただいた移民誌のページをめくりながら先人の皆さんの希望、思い、そして夢について考えた。夢はかなったのだろうか。どんな夢があったのだろうかと。

参考文献
アルゼンチン日本人移民史
在アルゼンチン今帰仁村会 創立四十周年記念誌(1974年九月発行)
與那嶺誌 (沖縄県今帰仁村与那嶺発行)(平成七年十二月一日発行)
在亜今帰仁村人会創立70周年記念 大地に住むなきじんちゅ(2004年発行)



 在亜沖縄県人連合会 ( https://www.okiren.org.ar/ ) 通称 沖連(おきれん)または コア(COA Centro Okinawense en Argentina) はアルゼンチンで最大規模の日系団体である。沖縄の人々が動けばアルゼンチン日系社会が動く。移住当初は、え!日本文化祭に沖縄のことばかりじゃない!と思っていたが、実は日系社会の大部分(約70%)が沖縄系なのであし、アルゼンチンに住んでいて沖縄系の親戚、友人がいない日本人、日系人はいないし、アルゼンチン人が日本人を知っている!と言えばたいていが沖縄系のクリーニング店を営む家族である。

nakijin80


((在アルゼンチン今帰仁村人会80年記念誌))

沖縄の文化、芸術に携わる人達はアルゼンチンのテレビ局やブエノスアイレス市などからの要請があれば、手弁当で常にかけつける。そしてその協力姿勢多くの沖縄の市町村人会をまとめ、ほかの日系機関と協力する。これこそ、在亜沖縄県人連合会多目的ホール前に掲げてある額にうたわれる、和衷協同(わちゅうきょうどう)の精神であり、そして、万国津梁(ばんこくしんりょう)のようにアルゼンチンと日本の架け橋となっている。


GRULLAS


((沖縄県人連合会館にある折り鶴でアルゼンチンと日本の国旗が形作られている))

 実はアルゼンチンだけではなく、ブラジル、ボリビアも沖縄県人移住110周年を迎えます。そのため8月3〜5日はブラジル、7〜9日はアルゼンチン沖縄県人移民記念式典、11、12両日はボリビアで式典、記念行事が開催されます。
 2018年、110周年は、アルゼンチンと日本の外交樹立120周年の年とも合致しました。

 沖縄県人アルゼンチン移住110年を心からおめでとうございます。そして、
 これからもよろしくお願いします。   
1991年アルゼンチン移住 相川知子 TOMOKO

2018年07月31日

10月のユースオリンピックの入場パス登録開始(7月31日)

アルゼンチン、ブエノスアイレスで、10月5日から二週間ユースオリンピックが開催されます。
このオリンピックの試合を見るのは無料ですが、入場パス取得事前登録が必要です。
次のリンクに入って、登録して、入場パスをもらう手続きを行ってください。

https://ticketing.buenosaires2018.com/




なお、受け取るのは8月末以降だそうです。私たちはアルトパレルモショッピングセンターでの受け取りに登録しました。
まず、氏名、身分証明書番号、生年月日、国籍、メールアドレス、受け取る場所に誓約などを
行って登録ができます。外国からも可能です。
確認メールが来るのでそのリンクにクリックして終了です。

このパスでオリンピック公園4会場の入場が可能になり、ユースオリンピック競技を観戦できます。
また関連文化教育イベントに参加が可能です。

なお、会場は入場制限があり、場合によっては満員となり、パスがあっても入れないこともあります。((これは早く行くべき))

このブエノスアイレスユースオリンピック大会のための滞在、通訳コーディネーション、撮影コーディネーションをいたします。
必要な方は ご連絡ください。TOMOKO

tomokocomunication@gmail.com

2018年07月30日

「アルゼンチン産牛肉いよいよ日本へ」 海外食肉情報7月30日発行号に掲載


38030598_606074403119549_4429451823073460224_o



海外食肉情報 http://www.overseas-meat.com/ の7/30発行に巻頭現地レポート
「アルゼンチン産牛肉いよいよ日本へ」(相川知子 在ブエノスアイレス食品ロジスティック専門家 )が掲載されました。
 海外食肉情報は毎週月曜日更新です。HPに入られて定期購読申込みが可能です。
 

IMG_3336





2018年07月29日

第132回アルゼンチン農牧展 #exposicionrural 開会式(7月28日)

PRESIDENTE SOCIEDAD RURAL


アルゼンチン最大の展示会である
第132回農牧展、本日は開会式に行ってきましたが、終了一日前にオープニングを行うのがいつも理解できませんが、今年はアルゼンチン大統領が外遊中のため、副大統領が式典を代表しました。


Gaburiela


DESFILEVACAS





 日本びいきのガブリエラ ミケッティ副大統領で、女性でこの式典を代表されるのは歴史上初めてということでした。もちろんガブリエラ副大統領はいつもそういう記録を塗り替えています。

 チャンピオン牛のお披露目会、
IMG_9633




そしてトラクタ―パレード、馬のパレードにサンマルティン近衛兵がその昔、サンマルティン将軍とメンドサからアンデス山脈を越えたり、サンロレンソで戦ったときなどを彷彿させる装束で、楽隊も騎乗のままのパレードが盛大に行われました。

IMG_9698



 農牧組合のダニエル ぺリグリーナ会長は大変人望があり、いつも皆さんに囲まれていましたが、久しぶりに会った友達のお友達ということでファンと一緒に写真に納まりました。

 記事がよかったら以下クリックしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2018年07月23日

アルゼンチン牛肉日本上陸(7月24日)

7月23日未明 アルゼンチンから日本へ初めて牛肉が輸出された。24日夕方日本到着の予定である。
アルゼンチンと日本の相互輸出協定が結ばれ、日本からは和牛肉が、アルゼンチンからはパタゴニア産に限り牛肉と羊肉が輸出されることが許可された。パタゴニアは口蹄疫フリーの地域であり、予防接種を行っていないため選ばれ、一つの国で地域が限られるのは例外だそうであるが、アルゼンチン自体は通常の一つの国以上の広大な土地をもち日本の約8倍、また南北東西に大きいため世界中の気候を有する国で、特にパタゴニアは寒冷で風が強い地方で別世界と言われればそうである。ブエノスアイレス市から南や800キロほどのリオコロラドという川以南がそう呼ばれる。
アルゼンチン国リオネグロ州ビエドマ市に位置する食肉工場FRIVEDI社が世界で最も厳しい市場の一つである日本へ牛肉生産を行う唯一の業者として選ばれた。

アルゼンチン初日本向輸出牛肉は航空便で送られ、特別な最高品質の部位が200キロテスト輸出される。この後、月末に続いて、そのほかの部位もまた、船便で送られる予定である。

IMG_8343


 本日はアバディーンアングス(牛の種類)にそのことを報告しに農牧展会場へ行きました。

TOMOKOCON LA VACA


これらの牛は首都ブエノスアイレスから500キロほどのまだ、ブエノスアイレスの地域から連れて来られ、29日までパレルモ地区で農牧の祭典ルラルで品評市、そして農業牧畜産業の普及のため働いています。
こちらに農牧展の写真いろいろ載っています。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011509839004

関連記事はこちらから
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52189147.html

アルゼンチン農業、農産業についてはこちらから
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50054362.html

日本庭園アルゼンチン人+在住者無料デー(7月24日、31日)

37237314_1723435314406943_132099188136607744_o


 ブエノスアイレス日本庭園は、アルゼンチンの方々が日本人をこの地に受け入れてくれたお礼に造られたものでアルゼンチンの方々には、通常公園と言えばだだ広い空間なのに、草木や花や池などで整備されている素敵な散歩道であり、日本にいるように体感できるので、(しかも入場料は比較的安いし、ハルディンハポネスJARDIN JAPONESこと日本庭園はととても人気があります。
色とりどりの鯉が泳いでいるし、餌もあげられて、赤いお太鼓橋、欄干、平和の鐘が建立されていて、TOYOTA茶室もあります。

 また、結婚式や15歳の誕生日の記念写真を撮りたいスポットの一つでもあります。
 さらに、現大統領のマクリ氏も奥様のフリアナさんとデートしたこともある、という逸話もあります。((夜のレストランに庭園の風景はとてもロマンチックですね!))

歴史的には1967年創設で、今上天皇陛下が皇太子でいらっしゃったときのアルゼンチン訪問の際に造られました。その後、1989年より現在の日亜文化財団が管理していて、この土地はブエノスアイレス市の2月3日公園、通称パレルモ公園内なので、運営維持譲渡がなされています。

 こちらは通常120ペソ(現在1ドル28ペソ)の入場料ですが、上記の理由で、アルゼンチン社会への還元として、ときどき無料開放デーがあります。今月7月は、次は24日と31日はアルゼンチンのDNIという身分証明書を持っていれば入場が無料になります。日本人など外国人の方も永住者でしたらDNIを持っていますので、無料です。長いこと住んでいてもDNIがなければ、観光滞在になりますので、普通の入場料を払うことになりますので、ご注意ください。

ブエノスアイレス日本庭園
Jardin japones de Buenos Aires
Av. Casares 3450, C1425
011 4804-4922

ファイスブックで現在 冬休みのイベントの紹介もあります。
 https://www.facebook.com/jardinjapones

2018年07月22日

Expo La Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典7/21,22週末のプログラム

37343229_2096346653910566_9134823894409019392_o
Expo La Rural ラルラル農牧展示会はアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典です。
詳細は既報
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52189147.html

毎日いろいろなプログラムがありますので、この機会にぜひ、その他、牛、馬、羊、鶏。。。ウサギ、各種家畜の品評市もあるので、珍しい動物が見られ、その家畜と、農牧従事者の技も披露されます。音楽や踊りのショーもあります。もちろん、物産展もあり、おいしく楽しい展示会です。

http://www.exposicionrural.com.ar/wp-content/uploads/2018/07/Programa-de-Actividades-2018-11.7.pdf
この一時からの馬のアクロバットショーみたいなのはおもしろそうです。
13 a 14 hs Escuadra Albiceleste Pista Central (I,II,III,IV)
14 hs Juzgamiento Aves Premio Olivieri Pab Aves y Conejos
14.30 hs Jura Cuarto de Milla Pista Central (I)
14.30 hs Jura Percheron y Percheron Postier Pista Central (II)

16 hs Remate Vaquillonas Seleccionadas Hereford Pista Auxiliar
16 hs Cocina en Vivo - Los Peteresen Playon de los Lapices (Juncal)
16 a 17 hs Prueba de Riendas Petiso Argentino Pista Central (III, IV)
17 a 18 hs Polo de Picadero Pista Central (I,II,III,IV)
17 a 20 hs Admision Limangus Sala de Ventas
18 hs Espectaculo Escuadra Pampa Mia Pista Central (I,II,III,IV)

この午後6時からのはフォルクローレ―ショーでラパンパ州からダンサーが来訪

日曜日は特に お昼の1230から昔の馬車などがパレードします。午前中は伝統農具コンクール
7 a 18 hs Pre- Pista Concurso Emprendados Pista Auxiliar
9.30 hs Categoria Caballos de Trabajo (Concurso Nacional de Aperos de Uso tradicional Centros Trad
y Caballos de Trabajo) Pista Central (I,II)
9.30 hs Categoria Aperos ( Concurso Nacional de Aperos de Uso Tradicional. Centros Trad) Pista Central (III)
9.30 hs Categoria Aperos ( Concurso Nacional de Aperos de Uso Tradicional. Centros Trad) Pista Central (IV)
10.30 a 12 hs Misa Sala Ceibo(A,B)
12.30 a 14.30 hs Exhibicion de Carruajes (Asoc. Hackney y CAC) Pista Central (I,II,III,IV)
14 hs Remates: Appaloosa, Hackney, Percheron, Petiso Arg, Peruano de Paso, Cuarto de Milla
orden de salida a determinar Sala de Ventas
15 hs Categoria Caballos de Trabajo (Concurso Nacional de Aperos de Uso tradicional Centros Trad
y Caballos de Trabajo) Pista Central (I,II)
15 hs Categoria Aperos ( Concurso Nacional de Aperos de Uso Tradicional. Centros Trad) Pista Central (III)
15 hs Categoria Aperos ( Concurso Nacional de Aperos de Uso Tradicional. Centros Trad) Pista Central (IV)
16 hs Cocina en Vivo - Los Peteresen Playon de los Lapices (Juncal)
18hs Espectaculo Regimiento Patricios - Carrousel Pista Central (I,I,III,IV)
午後6時からブエノスアイレス市の近衛兵隊ショー



どんな場所かオープニングに行きましたので様子の写真はこちら
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=594135550980101&set=pcb.594140430979613&type=3&theater
農牧展初日ビデオはこちらです。この日は寒くて小雨で朝で人が少なかったですが、皆さん元気で大変活気がありました。
https://www.facebook.com/funnypro.latinamerica/videos/2096341930577705/UzpfSTEwMDAxMTUwOTgzOTAwNDo1OTQyODM5Njc2MzE5MjY/?id=100011509839004


2018年07月21日

『ラテンアメリカ時報』2018夏号「アルゼンチンは再生できるか」 (7/25)

 7月25日発行のラテンアメリカ協会季刊会報『ラテンアメリカ時報』夏号の特集は、「特集 アルゼンチンは再生できるか」です。政治の混迷と経済の停滞が長かったアルゼンチンに、12年半続いた
左派政権からの「変革」を訴えたマクリ政権が誕生しました。次々に打ち出す諸施策によって大きな変貌をとげつつあるが、一方で積年の懸案の解決はまだまだ試行錯誤を続けています。
正念場を迎えているマクリ政権の経済改革政策と外交と投資環境の変化、最近のペソ安とIMF支援要請、年金改革、そして資源開発の展望、日系社会に育つ若手ビジネス人材など、アルゼンチンの今を
様々な切り口から解説しています。また、今号ではラテンアメリカで OECD加盟を果たした国々、目指している国々の狙い、加盟前、加盟後の高いハードル、OECD側の位置付けと狙い、LACプログラムの概要と課題について、興味深い特別寄稿を載せています。

IMG_6715


『ラテンアメリカ時報』 2018年夏号(No.1423)

特集 アルゼンチンは再生できるか
 危機に立たされるマクリ政権の経済改革路線 −ペソ急落と利上げ
 の背景と今後の見通し

  −桑山 幹夫(ラテンアメリカ協会常務理事、神戸大学経済・
         経営研究所リサーチフェロー)
 アルゼンチンの国際金融市場復帰・ペソ暴落とIMF支援要請
  −野本 和樹(三菱東京UFJ銀行ブエノスアイレス支店企画課
         支店長代理)
アルゼンチンの投資環境の変化の背景にあること −政権交替
前後の事情−

   −紀井 寿雄(日本貿易振興機構(JETRO)ブエノスアイレス
         事務所長)
  目覚めるか? アルゼンチンの豊かな地下資源 −金属鉱物・
  リチウム、シェールガス−

   −白鳥 智裕(石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)
         金属企画部調査課課長代理。
    舩木 弥和子(JOGMEC調査部調査課主任研究員)
 政治・経済改革は進むか? −年金改革議論を通じて
  −アルベルト 松本(IDEA NETWORK代表)
アルゼンチンの日系社会に育つ若手ビジネス人材
 −日系社会との新たなパートナー関係の構築に向けて−

  −武田 浩幸(国際協力機構(JICA)ブラジル事務所、元JICA
         アルゼンチン事務所長・同事務所企画調査員)
 マクリ政権の地域経済外交の進展 ―メルコスールと太平洋同盟
 を軸にして―

  −ラテンアメリカ協会ラテンアメリカ・カリブ研究所

駐日ラテンアメリカ大使インタビュー <第28回 エクアドル>  
 ハイメ・バルベリス駐日エクアドル大使
 「ドル化」により安定したエクアドル経済 ―優先政策は外資導入―
  −伊藤 昌輝(ラテンアメリカ協会監事、前副会長)

特別寄稿
 OECDの改革道標で目指す「坂の上の雲」 ―ラテンアメリカから
 の新規加盟と地域プログラムの意義―                 
  −安部 憲明(経済協力開発機構(OECD)日本政府代表部参事官)

ラテンアメリカ時事解説      
 第8回米州サミットから見るラテンアメリカの現状と今後   
  −大竹 伸平(外務省中南米局中米カリブ課課長補佐)
 TPPの次は? ―ラテンアメリカとアジア太平洋の新たなステージ―
  −幸地 茂(青山学院大学教授)
パラグアイ大統領選挙について
  −石田 直裕(在パラグアイ日本国大使)
コスタリカ大統領選挙 −独立200周年を目指し国民の団結を
呼びかける若き大統領の就任
  −木村 泰次郎(在コスタリカ日本国大使館参事官)

33カ国リレー通信 <第43回 アルゼンチン>
 アルゼンチンでKAIZENの今 −アルゼンチン企業が関心を寄せる
 日本式経営

  −相川 知子(在ブエノスアイレス。通訳・教師・異文化コ
          ミュニケーター、食品ロジスティクスペシャ
          リスト)

IMG_6539


IMG_6592



ラテンアメリカ随想
 ポスト・カストロ時代のキューバと日本・キューバ関係
  ー渡邉 優(在キューバ日本国大使)

ラテンアメリカ都市物語 <第9回>
 新テクノロジーで変貌しつつある新大陸最古の植民都市 サント
 ドミンゴ
  ー鈴木 渉(日本・ドミニカ共和国友好親善協会代表理事、
         GR Japan(株)公共政策マネージャー)

ラテンアメリカ参考図書案内         桜井 敏浩
 ・アルゼンチンカトリック教会の変容 −国家宗教から公共宗教へ
   渡部 奈々 成文堂
 ・ラテンアメリカの年金政治 −制度変容の多国間比較研究
   馬場 香織 晃洋書房
 ・「ポピュリズム」の政治学 −深まる政治社会の亀裂と権威主義化
   村上 勇介 国際書院
 ・ラテンアメリカをテーマに起業するというリアル −独自の道
  を生きる22の声
   金安 顕一 中南米マガジン
 ・ペルーの民衆教育 −「社会を変える」教育の変容と学校での
  受容
   −工藤 瞳 東信堂
 ・大航海時代の日本人奴隷 −アジア・新大陸・ヨーロッパ
   −ルシオ・デ・ソウザ 
 ・CHOCOLATE −チョコレートの歴史、カカオ豆の種類、味わい方
  とそのレシピ
   −ドム・ラムジー 東京書籍
 ・バナナのグローバル・ヒストリー −いかにしてユナイテッド
  フルーツは世界を席巻したか
   −ピーター・チャップマン ミネルヴァ書房
 ・ブラジル映画史講義
   −今福 龍太、金子 遊編集 現代企画室
 ・マヤ探検記 −人類史を書きかえた偉大なる冒険 上・下
   −ウィリアム・カールセン 青土社
 ・アンデス古代の探究 −日本人研究者が行く最前線
   −大貫 良夫、稀有の会 中央公論新社

『ラテンアメリカ時報』のバックナンバーの目次は、
以下をご覧下さい。
 http://latin-america.jp/archives/category/quarterly

ご関心の方は、協会事務局にお早めにお申し込み下さい。
 1,250円+送料.申し込み info@latin-america.jp

これらの『ラテンアメリカ時報』のバックナンバーの全内容
とともに多くの有用なデータベースが、会員専用ページに
収録されています。

会員になれば、『時報』の無料送付を受けられ、協会が催す
講演会・ワークショップ・ラウンドテーブル等への優先・
割引参加、わが国随一のラテンアメリカ・データベースで
ある会員専用ページ閲覧も出来ます。

年会費(4〜3月)は、個人−国内 8,000円、法人−同70,000円以上、
賛助会員(駐日公館等 10,000円。学生会員 5,000円)や Webサイ
ト閲覧のみの「在外会員」(4,000円)制度もあります。
 
詳細はこちらのラテンアメリカ協会のHPから http://latin-america.jp/join

ZZZZ




2018年07月18日

アルゼンチン最大の農業牧畜の祭典ラ・ルラルが7月18日から開催

アルゼンチン最大の農業牧畜の祭典ラ・ルラルが7月18日から開催します。(29日まで)
16日月曜日、会場準備のため、
検疫検査後最初に入場した牛の名前はMBAPPEムバぺ、フランスのW杯優勝を記念して、フランスのサッカー選手の名前です。粋な計らないをしまして、かなり話題となりました。

いろいろな牛、馬、羊の品評市(真ん中のスタジアムのような会場に出てきます!)
20424288_1592047970816911_9156264593493386567_o

((昨年の優勝牛))

に農牧グッズが買えて食べられる素敵な展示会です。パレルモのイタリア広場PLAZAITALIA 駅からすぐに入り口があり、入場料平日は120ペソ、週末は150ペソでとっても楽しむことができます。(8歳未満は無料)
毎日いろいろなプログラムがあり、地域の物産展も開かれますので、お買い物袋をご用意ください。
 牛さんや豚さんの横で、アサードやチョリパンを食べることもできます。

こちらのビデオでよくわかります。
https://www.facebook.com/exposicionrural/videos/1944712525550452/

https://www.facebook.com/exposicionrural/

会期 7月18日から29日まで 午前9時から午後8時まで
入場料 120ペソ(平日)、150ペソ(週末)
会場はイタリア広場Plaza Italiaにある、La Ruralラ ルラル 農牧展示場
地下鉄D線 Plaza Italiaプラサ イタリア駅下車すぐ パレルモ地区
市内中心部から地下鉄で(乗れば)15分です。

ラ ルラル会場では一年中 数々の展示会やショーが開催されますので、ブエノスアイレスに訪れたら、是非チェックください。
ご注意は通常は午後2時ぐらいから開場ですが、農牧展だけは午前9時から夜まで開いています。
今回は大きな展示なので、イタリア広場のサンタフェ大通り側とサルミエント大通り側Av. Sarmiento 2704の入り口が開いています。

130年続いている伝統ある祭典であり、中央の競技場のような場所は家畜の品評会会場です。ですからアルゼンチンの牧場文化がここに集大成されます。
様々な種類の家畜を見せるだけではなく、そして農産物の展示、即売、試食があります。
アルゼンチンの各州のブースではその地域の特産物が見られ、またその場で試食できるので、さながら食のアルゼンチン巡りとなります。

地方農産物展示会場では、ワイン、ジャム、パンの付け合わせ、オリーブオイル、アルファフォール、ヤギのチーズやサラミを試食できます。

品評会なので、この日ばかりにと毛並みだけではなく、馬具も特別にした馬や、美しく大きく見せられる牛を見るのは楽しいです。また、引き連れる牧場代表の人々もおしゃれなガウチョファッションをしています。特にポンチョは出身の地域の特徴が出ているもので、またポケットにチェーンのようなものをつけているのはクエンタガナドと呼ばれる牛を数えるのに使うそろばんの玉のようなのがついています。また背中にナイフは普段は実用的なものですが、この場面では銀細工を施した物をさしているでしょう。帽子の形によって牧場の出身地域を知る事もできます。ベレー帽はブエノスアイレスの牧童はバスク地方で牧畜従事者であった先祖を持つ人達の証明です。現在は四世ぐらいのアルゼンチン人になります。要は晴れ着を着て、登場する訳です。
ガウチョファッションのお店も出ていますので、お買い物にも便利です。
またガウチョの飲料である実際にマテ茶を飲んでいる人を見に行くのも素敵です。
かっこいい装束にマテ茶を飲んでいたり、牛を移動させている人達に
「写真を撮ってもいいですか」Puedo sacarle una foto? プエド サカルレ ウナ フォト
「一緒に写真を撮りたいんです」Quiero sacar foto con usted. キエロ サカル フォト コン ウステッ

究極は FOTO POR FAVOR フォト ポル ファボル (写真お願いします)でも通じます。

と声をかければきっと素敵なポーズをとってくれますし晴れ着姿の彼らにとってはそれが大変名誉なことなのです。
(ただ、馬や牛の足側から近づくと危ないので気をつけてください)

その他、トラクターなどの農業技術に必要な機械も展示していますし、企業ブースやピックアップトラックのテストコースもできあがっています。
ちなみにアルゼンチンのマクドナルドでANGUSアングスが、ありますが、アバディーンアングスという肉牛の一種なのですが、この会場でどんな牛か見る事ができます。大きな大きな黒い牛です



2018年07月17日

飛行機に乗るときは粉ものにご注意((アルゼンチンお土産に適するものはほぼ手荷物には無理でしょう))

 6月30日から、粉ものが350㎖、12Oz以上のものは、機内手荷物持ち込みではなく、預け入れ荷物に入れてくださいというアメリカ合衆国のセキュリティの関係で規定が出ました!

22424490_1711218968950854_1241202215477225691_o (1)


 アルゼンチンのお土産ですでにひっかかりつつあったのがこのDULCE DE LECHEドゥルセ デ レチェ、ミルクジャムとてもおいしいんです。このLAS QUINASのDULCE DE LECHEに加えて、はちみつがクリーム状のがあるんですが、これらのジャム瓶類系はすでにNGでした。((預けるスーツケースでは大丈夫です))グルメ食材店やフェアでこのブランドは売っています。

dos-anclas-fina-carton-1


しかしながら、おいしい塩湖の塩、これが持ち込み規制になりました!
これもアルゼンチンフラッグからーでアルゼンチン農産業省の認証もあり、特に粗塩は味が良く出るのでとお土産にいいんです。実は私は日本へ行くときに、成田から広島へそのまま飛んで、そのときにすぐ会う人へのお土産用に機内持ち込み手荷物のミニスーツケースに入れていたら、アメリカで去年ひっかかりましたよ。。。。 もちろんチェックされて、開けられて塩でーす、と言っても検査官は相手にしないでチェックしていました。。。これ500gですからもう7月から完全にアウトです。もちろんスーツケースなら大丈夫です。((これはどこのスーパーにも売っていて、1ドルぐらい)

33020165_1771403842954369_616410562405859328_n


この調子ですとマテ茶も益々あぶなそうですから、スーツケースに全て入れるのがいいようです。
しかし、いずれもアルゼンチンのパッケージは微妙に甘いので、こぼれるといけないですからきっちりビニール袋に入れておくことをお勧めします。

(マテ茶はこのCBSE -セべセがハーブぽくオレンジ入りがお気に入りです。これで1.5ドルぐらいです)

Restriccion TSA a polvos
A partir del 30 de junio de 2018, segun las nuevas disposiciones de la TSA, se restringira el transporte de productos en polvo a todos los pasajeros que viajen a los Estados Unidos.
Los pasajeros no tendran permitido transportar productos en polvo de mas de 350 ml (12 oz) en la cabina como parte del equipaje de mano.
El transporte de productos en polvo de mas de 350 ml (12 oz) solo estara permitido como parte del equipaje en bodega.

お知らせとアルゼンチンお土産情報でした!
記事がよかったら以下クリックしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

レングアスビバスの後期講座は7月30日から整理番号取得へ行ってください。

来る7月30日、ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス「フアンラモンフェルナンデス校」(通称レングアスビバス)の外国人のためのスペイン語講座の集中講座ことインテンシボ(週8時間程度受講)のクラスの申し込みのための整理番号取得日となりました。午後2時から4時半が受付です。Oficina de cursos 語学講座オフィスで行います。
なお、申し込みのためのレベルチェックテストは翌日の7月31日(火)午後2時に予定されています。レベルチェックテスト後、結果発表、登録手続きがあります。
おそらく翌週午後2時から4時半です。
なお、すべて先着順となります。

第一期のインテンシボ(スペイン語集中講義)のクラスは8月8 日から5月11日の予定です。
クラス時間帯はレベルによりますが、だいたい午後2時から6時の間に日によって、
2時間から4時間のクラスがあり、それにより、週に二回か、三回か、四回となります。

なお、週二回午後6時以降のレグラル(レギュラー)通常コースは4ヶ月で前期と後期に分かれます。
7月30日午後2時から4時半に整理番号を取得し、
7月31日午後6時がレベルチェックテストです。
その次に、登録の手続きの日程があり、
おそらく
8月9日に登録手続きをして、
8月13日から11月30日が後期です。
クラス時間帯は午後6時以降、週に二回2時間ずつです。曜日はレベルによって変わります。
これは通常のオフィスアワーで働いている人向きです。


いずれもInstituto de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez
(住所 Carlos Pellegrini 1515, CABA)ことレングアスビバスはブエノスアイレス市立外国語大学の中の外国人向けスペイン語で、第二言語の社会へ入ってもらうためのスペイン語の講座でときどき難民の方々も外務省から送られてくる公共講座なので、学費が無料です。

24173509_1513033678732206_2210579402976890400_o


((こちらが玄関です。日本語講座もほかに、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、アラビア語があります。こちらは年間講座なので、3月に申し込みです。))

ただ、協力費で運営委員会COOPERADORAを補助します。
今年は外国人のためのインテンシボINTENSIVOことスペイン語集中講座は二か月で1000ペソ。
レギューラーコースと他の外国語は500ペソ程度です。
しかし、現在 1ドル28ペソなのでこの金額なら35ドルです。
だいたい、いつもレートによりますが、20ドルから30ドルぐらいを納めて、別途大学指定の教授陣作成の教科書をFOTOCOPIADORAで購入します。

今までのご説明は以下のリンクに。

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52177985.html

またスペイン語を学ぶ人を応援している記事はこちらから。

なお、今回次のクラスまで時間があるので、早めに教科書を買って予習をお勧めします。
難しい場合はプライベートレッスン、またはスペイン語学習コーディネーションを行い、目標設定、勉強プログラムのお手伝いをいたします。ご連絡はこちらから tomokoargentina2@gmail.com


記事がよかったら以下クリックしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


2018年07月16日

#アルゼンチンを知ろう! ブエノスアイレスツアー

TOMOKOのブエノスアイレスツアー #アルゼンチンを知ろう! 
開催中の7月冬休みシーズンの特別お知らせです。

IMG_9113



((大統領府ツアー))
 お知らせ!冬休み期間のため、7月アルゼンチン大統領府日本語ツアーはすでに22日まで満席です。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52184936.html
 次は28日(土)もしくは29日(日)になりますので、お早目にお問合せください。
 8月はこれからお申込みくださっても大丈夫です。

 ((ブエノスアイレス展望コース))
 特設コースです。7月19日午後2時半から一時間ほどです。市内を展望できる場所へ参ります。


その他、オーダーメードで以下のテーマなどのプライベートグループツアーを
コーディネートすることができます。またプラス車両も手配可能です。((車両だけも可能です))

ブエノスアイレス市内新旧探訪 ((五月広場周辺、パレルモソーホー、ボカ地区など))
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52140574.html
サンテルモ地区骨董市・ガウチョ伝統文化市(日曜日のみ)

IMG_2461






季節の変わり目セール探訪 ショッピングアドバイザー
ルハン(動物園、大聖堂など)
中央市場
ラプラタ市(博物館、大聖堂、野外アサード)
NHK世界肉の頂上戦に出た400キロアサード食堂(土曜日お昼がお勧め)
アルゼンチン旅行プラン 一週間モデルコース
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52187988.html

IMG_2679

((10月はブエノスアイレスユースオリンピックが開催されます。入場は無料なので、ぜひ見に来てくださいね))

また来週はアルゼンチンで一番の農業牧畜の祭典、LA RURALがパレルモで開催されます。そちらも牧場関係の仕組み、仕事、そして食などをご案内いたします。

https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2018/07/expo_rural729.html

有名レストランの予約とお勧めもお任せください。
お問合せはこちらから tomokoargentina2@gmail.com 

なお、ブエノスアイレスだけではなく、パタゴニアやイグアスなども同行通訳コーディネート・フォトサファリのコーディネートをいたします。

先般はパタゴニア、イグアス、ウユニ塩湖、タンゴ、と欲張りツアーでした! 


アルゼンチン訪問お役立ちリンク! 
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52188983.html

2018年07月15日

ブラジル日本人移住110周年おめでとうございます!7/21記念式典に伴い同時にアルゼンチン御来訪の皆さんへの情報リンク

1908年笠戸丸がブラジルのサントス港に到着したのを記念して、今年2018年はブラジル日本人移住110周年のため、式典が7月19から20日、パラナ州マリンガ市にて、また、一方で
サンパウロではブラジル最大規模の日本祭り(第21回フェスティバル・ド・ジャポン)は7月20日から22日の間の中日の21日に開催されます。
(ブラジルの日系新聞サンパウロ新聞のリンクはこちらから)
http://saopauloshimbun.com/%E3%80%902018%E5%B9%B4%E6%96%B0%E6%98%A5%E7%89%B9%E9%9B%86%E3%80%91%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A7%BB%E6%B0%91110%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E7%A5%AD%E5%85%B8/


IMG_5917


それに伴い、アルゼンチン、ブエノスアイレスにも、多くの都道府県から前後して訪問があり、この機会に記念式典が行われるそうです。またもちろんアルゼンチンも日本との外交関係ができて、120年の記念すべき年です。

そのため、近頃アルゼンチンについてはどうですか、とお問い合わせが多いので、念のため、一番一番ご心配でしょう、
外務省のたびレジはぜひご登録ください。治安情報などを発信してくれます。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

それから私は現地の具体的な安全情報を書いていますので、よかったらご参考にしてください。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50053406.html



こちらが個人ブログ 主観的アルゼンチンブエノスアイレス事情
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/
左にいろいろなカテゴリーがあります。例えばアルゼンチン旅行について
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045655.html

フェイスブックはこちら (タイトルを入れてもらっても出てきます)
https://www.facebook.com/%E4%B8%BB%E8%A6%B3%E7%9A%84%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%96%E3%82%A8%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%B9%E4%BA%8B%E6%83%85--2031492853757079/

こちらは地球の歩き方 ブエノスアイレス特派員のブログです。
食べ物、レストラン情報が多いです。メニューも書いてありますからご参考にどうぞ。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/
フェイスブックはこちら (タイトルを入れてもらっても出てきます)
https://www.facebook.com/%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%8D%E6%96%B9-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E7%89%B9%E6%B4%BE%E5%93%A1%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0-2143807155851854/

IMG_7953

アルゼンチンで食べに行くべきベスト10 ナンバーワンはLA CABRERA(ラ カブレラ)
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2016/01/10lacabrera.html

ブエノスアイレス2018
日本食レストランリスト
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52178748.html
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2018/05/post_379.html

それから撮影の合間や、普段撮った写真をこちらの我愛しのブエノスアイレスでアップしていますので、どんなところか見るのにいいと思います。
https://www.facebook.com/Mi-Buenos-Aires-Querido%E6%88%91%E3%81%8C%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%96%E3%82%A8%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%B9-951012618319957/


IMG_4735




フアンカルロス スプリンター 車両手配など ロジスティックを行います。
http://juancarlossprinter.wixsite.com/juancarlossprinter/services

ファニプロラテンアメリカ
撮影コーディネーター・通訳者、現地ビジネス、アジェンダコーディネーター、観光コーディネート、ライター、異文化コミュニケータ―、食品ロジスティック専門家
相川知子
tomokocomunication@gmail.com
http://tomokoargentina.wixsite.com/funnyprolatinamerica
また、ラテンアメリカスペイン語日本語通訳者翻訳者協会を主宰しております。

またツイッターで、
https://twitter.com/tomokoargentina で最新情報を発信、シェアしています。
特に、ハッシュタグ、今日のブエノスアイレスでは突発的なデモやスト情報にご注意ください。
もちろん楽しいイベント、ブエノスアイレスの楽しみ方を発信しています。
@tomokoargentina
#今日のブエノスアイレス

ブエノスアイレスで28年目、単なるスペイン語とラテンアメリカ好きでこちらに住んで生きております。輪の中に入れて、はこちらからどうぞ。私が出かけるとき(取材のときなど)、一緒に行きたいなど、tomokoargentina2@gmail.com お気軽にご連絡ください。TOMOKO

##モットーとしては、私が行くところについていきたい、で、お連れできるときは問題ありません。どこかへ行きたいで、ついでに行くことがあれば一緒に行けます。
ただし、ご自身の希望の時間、内容でいい風に案内してほしいという場合はお仕事でのご案内になります。


スペイン語で日本文化を説明します。CULTURA JAPONESA EN ESPANOLもアルゼンチンをはじめラテンアメリカの日本好きの方が見てくれています。
https://www.facebook.com/CULTURAJAPONESAENESPANOL/

IMG_7157










28年アルゼンチン人に日本語を教えていますが、25年勤務しているブエノスアイレス市外国語大学レングアスビバスの選択外国語科目公開講座の
日本語講座のクラス
の様子はこちらから
https://www.facebook.com/CursoDeJaponesLenguasVivas/

2018年07月13日

muestra de munecas de Japon 日本人形展、国立図書館で8月26日まで

 国際交流基金の日本人形展が在アルゼンチン大使館により、アルゼンチン国立図書館で開催中です。オープニングに参りましたが、素晴らしいお人形さん達で大変感動いたしました。
レングアスビバスの日本語講座の生徒たちと行きましてとても喜んでいました。
なお、アルゼンチン大使館の前身であるアルゼンチン代表事務所が置かれたのが100年前のちょうど7月10日ということです!

IMG_8072


Muchaconcurrencia


IMG_8074


Muchaconcurrencia2


 ちょうど冬休みの時期なので多くの人が訪問されるでしょう。

日本人形展 muestra de munecas de Japon
期間 8月26日まで毎日午前9時から午後9時まで土日は12時から午後7時まで
会場 Sala Juan L. Ortiz, del tercer piso de la Biblioteca Nacional, en Aguero 2502.
(LAS HERAS通りから入って、階段をらせん状にあがると入り口に出ます。)
入場無料 ただし、身分証明書(パスポートもしくはDNI)を入館時提示する必要があります。

IMG_8048



国立図書館はレコレータ地区にあるこの宇宙船のような建物で、クロリンドテスタという建築家にデザインされ1992年に開館しました。なお、テスタ建築家は2013年亡くなりました。


HINANINGYOOparaeldiadelasninas3demarzo

title="kimekominingyoo" target="_blank">kimekominingyoo



Nadiepuededejardetenersuspasosparasacarfotos



ConHakataNIngyoo



La muestra de munecas de Japon se puede apreciar hasta el 26 de agosto en la Sala Juan L. Ortiz, del tercer piso de la Biblioteca Nacional, en Aguero 2502.

Los horarios son de lunes a viernes de 9 a 21 horas. Los sabados y domingos de 12 a 19 horas. Se debe llevar el DNI para el ingreso a la Biblioteca.

スペイン語ですが、記事と写真をたくさん掲載しています。

http://alternativanikkei.com.ar/exposicion-las-munecas-de-japon-en-la-biblioteca-nacional/

2018年07月08日

fuertes lluvias e inundaciones #OestedelJapon, listas de vocabularios y frases para los #evacuados 避難所でのスペイン語コミュニケーションのため語彙・表現リスト(ニュースリンク有)

Estas lluvias torreciales continuaran hasta el domingo 8 de julio, segun el pronostico.
En el Oeste y el Sur del Japon, Kyoto, Hyogo, Okayama, Hiroshima, Tottori, Ehime,etc. hay mas de 20mil evacuados y ya casi 50 muertos. Sigue en alerta de tormenta e inundaciones.
Solo en Hiroshima fallecieron 34 personas y 44 desaparecidos segun el diario de esta manana
http://www.chugoku-np.co.jp/paper/
https://data.np.chugoku-np.co.jp/hv/index_viewer.html?pkg=jp.co.chugoku-np.viewer.pc&mcd=M1&npd=20180708&pn=1&uid=&tkn=&_ga=2.13910708.220759283.1531043453-1650907222.1531043452

Un cuestionario para los evacuados (sus datos y estado fisico) de la prefectura de Saitama pero se puede usar para todos.
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0306/tabunkakyousei/documents/378847.pdf

Una lista de frases para comunicarse en el refugio
http://www.clair.or.jp/j/multiculture/tool_library/tagengohyoujisheet50.pdf

Otras informaciones utiles Que deberia hacer en el momento de catastrofes naturales de Yokohama
pero con mucha ilustraciones se puede adaptar en otras zonas.
http://www.city.yokohama.lg.jp/kokusai/multiculture/disast/bousaic.pdf

Esta es la ultima noticia en espanol hasta el dia 8 de julio, 2018
http://misionesonline.net/2018/07/07/japon-30-muertos-dos-millones-evacuados-raiz-fuertes-lluvias-e-inundaciones/

Filmacion Aerea de Kurashiki por Mainichi Shinbun
https://mainichi.jp/movie/video/?id=5806423026001

Algunas noticias e informacion util subire en Facebook Cultura Japonesa en Espanol
https://www.facebook.com/CULTURAJAPONESAENESPANOL/

Muchos trasportes estan interrumpidos y no se podra viajar en la zona facilmente.
Por favor cuente con sus amigos japoneses o personas del Hotel para inteorizarse de la situacion antes del traslado hacia la region.

Aqui solo en japones, pero por las dudas que hay que hacer por las inundaciones.
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/shintsuna-suigai?utm_term=.etBp63jMN4#.dj1bQ4Yklq

IMG_7748


西日本で大変な豪雨、洪水で被害が出ているとのこと、スペイン語で日本文化を説明しますの
フェイスブックで発信中です。
https://www.facebook.com/CULTURAJAPONESAENESPANOL/

また一方で今日は避難所語彙リストの多言語版で、スペイン語は11と12ページです。
必要な方のところに届きますように。

http://www.clair.or.jp/j/multiculture/tool_library/tagengohyoujisheet50.pdf


埼玉県の避難所アンケート スペイン語版
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0306/tabunkakyousei/documents/378847.pdf


横浜の災害対策 指さし イラスト説明 スペイン語版
http://www.city.yokohama.lg.jp/kokusai/multiculture/disast/bousaic.pdf


スペイン語で最新ニュース(7月8日版) 二百万人が避難、約50人死亡 (多分2万人の避難者、20万人に避難勧告の間違いだと思いますが)
http://misionesonline.net/2018/07/07/japon-30-muertos-dos-millones-evacuados-raiz-fuertes-lluvias-e-inundaciones/







 個人的には直接の友達が広島の東広島から府中の家まで帰れない状態になっています。。。
 早くうちに帰りますように。。。多く方も同様なことになっている皆さん、早く安心して暮らせる日に戻れますように。

早く雨がやんでまずは水が引きますよう、アルゼンチンから祈っています。
 

豪雨被害対策一助 避難所語彙リスト スペイン語版

 西日本で大変な豪雨、洪水で被害が出ているとのこと、スペイン語で日本文化を説明しますの
フェイスブックで発信中です。
https://www.facebook.com/CULTURAJAPONESAENESPANOL/

また一方で今日は避難所語彙リストの多言語版で、スペイン語は11と12ページです。
必要な方のところに届きますように。

http://www.clair.or.jp/j/multiculture/tool_library/tagengohyoujisheet50.pdf

 個人的には直接の友達が広島の東広島から府中の家まで帰れない状態になっています。。。
 早くうちに帰りますように。。。多く方も同様なことになっている皆さん、早く安心して暮らせる日に戻れますように。

早く雨がやんでまずは水が引きますよう、アルゼンチンから祈っています。


BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CONSULTA! Aqui estan los libros japoneses.

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CODIGOS!


クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村 サッカーブログへ
ラテンアメリカ関係テレビ番組
アルゼンチン撮影コーディネートはファニプロラテンアメリカにお任せください!詳細はこちらから


((オンエアのご案内)))

2014/05/17,24,31
フジテレビ「めざましテレビ」(6-830am)
公式HP:http://www.fujitv.co.jp/mezamado/
めざましどようび藤原倫己
“CHANGE THE WORLD for 2020”アルゼンチン編
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/




2012年グローバルビジョン「世界の起業家」
5月5日(土) 19:0019:54
5月8日(火) 27:0027:54 (再)
5月12日(土) 19:0019:54 (再)
5月19日(火) 27:0027:54 (再)
見逃し視聴「起業家」(ウルグアイ)

2012年3月20日(火)午後9時から
NHK BS1「夢をあきらめない
〜女子ホッケーさくらジャパン〜」


TBS世界ふしぎ発見!
2012年3月10日(土)午後9時から
第1222回 一番遠い親日国アルゼンチン
宮地眞理子インタビュー1
宮地眞理子インタビュー2

NHK >地球アゴラ
2012年3月4日(日)午後10時から
第160回アルゼンチン編

TBS 夢!世界どうぶつ大図鑑
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dーバルデス半島他

2012年1月21日
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dー南の牧場


朝日放送朝だ!生です 旅サラダ
毎週土曜日午前8時から午前9時半
海外マンスリー三月はアルゼンチンBY石川梨華
2011年3月5日(土)ブエノスアイレス
3月19日(土)サルタ
3月26日(土)エル カラファテ

vol.103 「世界の働く女性(Part2)」 
2011年 3月13日(日) 21:0021:54
3月16日(水) 27:0027:54 (再)
3月19日(土) 16:0016:54 (再)
3月20日(日) 21:0021:54 (再)
3月23日(水) 27:0027:54 (再)
3月26日(土) 16:0016:54 (再)
vol.100 「世界の誕生日」
vol.101 「世界の石」
「グローバルビジョン見逃し視聴」

NHK BS-1 地球アゴラ
12月19日(日) 
「第111回」

NHK BS-1 地球アゴラ
11月28日(日) 
「第108回耕せ世界の大地」

アルゼンチンにて12月12日(日)1710

BS TWELLV、グローバルビジョンTVにて
「競技会]「チリのクエッカダンス競技会にかける若者」
11月27日(土) 16:0016:54 (再)
11月28日(日) 21:0021:54 (再)
12月1日(水) 27:0027:54 (再)
12月4日(土) 16:0016:54 (再)
「グローバルビジョン見逃し視聴」
BSジャパン
<8月29日(日)午後9時から 
「アルゼンチン絶景の旅」

「先住民の文化を継ぐパラグアイ」
7月22日(木)18:00〜(1時間番組)
「パンタナールの大自然〜パラグアイ〜」
7月29日(木)18:00〜(1時間番組)
地球ゆうゆう紀行
2010年1月24日(日)午後10時から
NHK地球アゴラ
はるばる日本人のコーナー「世界一蹴の旅」
世界一蹴の旅
アルゼンチン ブエノスアイレスからLIBEROユニット生出演

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

Profile

tomokoar

地球の歩き方2010年版発売中(巻末見てください)
05753-7 GUIA DE TURISMO DE ARGENTINA; CHILE; URUGUAY Y PARAGUAY EN JAPONES 地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員のページへ
バンクーバーオリンピック アルゼンチン人選手頑張れ!
DSC06734 スキーフリースタイル男子でアルゼンチン代表として、2010年2月のバンクーバーを目指しますクライド ゲティCLYDE GETTY選手 https://5dreams.panasonic.net/
テレビ番組コーディネート、スペイン語通訳などご用命は。。
テレビ番組撮影コーディネート
現地コーディネーター
スペイン語通訳
プロジェクトコーディネート

アルゼンチンのことなら! 

tomokoargentina☆gmail.com
☆を@に変えてメールをどうぞ!

FunnyPro LatinAmerica
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
br_decobanner_20091225082816
((オンエアのご案内)))

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員
51Ehu1%2B6utL__SL500_AA300_ 世界一蹴の旅の本アマゾンで購入!
プロフィール

tomokoar

トラベルコちゃんのサイトで旅行者向けブログを書いています! トラベルコちゃん、素顔のブエノスアイレス・アルゼンチン 旅行情報ブログ
ブエノスアイレスでW杯を楽しむ
アートとカルチャーを満喫
コロン劇場 攻略ガイド など続きます。
格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行情報サイト
#ブエノスアイレス、パタゴニア、 北西部、イグアスの滝、南極の 旅、目的別の旅行、視察、研修。
#スペイン語留学
#スペイン語学習
#短期 ’長期滞在
#手続き
#−−がしたい!
#−−さんと会いたい!
など、 通訳、翻訳、便宜、資料作成、 語学レッスン、プラン作り、 コーディネーションを行います。
MIN+GOB_REF
https://5dreams.panasonic.net/