2017年03月24日

アルゼンチンで逮捕されたホームレスの日本人その後

 神奈川県警が窃盗容疑で手配していた滝谷具靖容疑者(44)がアルゼンチンで拘束されている。
http://mainichi.jp/articles/20170318/k00/00m/040/059000c
と毎日新聞にでました。
これは先日書いた アルゼンチンでホームレスの日本人 タキヤ トモヤス逮捕の記事
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52158718.html
の人が瀧谷具靖(たきやともやす)らしい。
 実は2011年ごろ、ブエノスアイレスの上野山荘ブエノスアイレス館で宿代を踏み倒して逃げた
人と同一人物らしい。。。こちらのサンパウロ新聞に記事が残っているが
ブエノスアイレスの邦字紙らぷらた報知でも警告記事が載っていました。
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/4198/cat/105

その顔写真からそう、ぜったい忘れない顔よね、
ブラジルにいくかもしれないが気をつけて、とオーナーの上野さんが訴えたのが掲載されていますが、
きっとそのままホームレスになったのでしょうね。。。
逮捕の写真をみましたが、同じような感じでしたので多分同一人物でしょう。

((ところでその金額今なら100ドルに満たないペソですが、当時はおそらく1ドル4ペソぐらいでしょうか。だったら300ドルぐらいですね。。。))

まあときどき日本人のヒッピー的な人がいますが。。。それはね、自由意志の問題ですからね。
PeruとAv. de mayo 付近にいる人は随分長いですね。

まあ上記の件はインターポールで呼ばれていますが、「死刑」というのがね?もちろん交際中の女性を殺害した疑いもありますが、それで終身刑はあっても「死刑」となっている人なのか、とても不思議です。

別途、たまに訴えられる日本人もいて、ブエノスアイレス司法に通訳として呼ばれたこともありますから、ちょっとしたことだと日本人が思っても罪に問われることもあります。

例えば特に女性への取り扱いにはお気をつけて。
特に血の気の多い男性は手を出すのはもってのほかですが、言葉もお気をつけください。
特に近年、世界中で女性への扱いについての問題が提議されています。だからこそ、上記のタキヤトモヤスの交際女性を絞殺したかもしれない件について。。。死刑という話題になるから記事になったのではないでしょうかね。。。






「真実と正義の記憶の日」2017年

 1976年3月24日に発生した軍事クーデーターの日をもって、
「真実と正義の記憶の日」として3月24日は、アルゼンチンの国民の祝日です。
 数万人規模の行方不明者を出したとして人権侵害ということでこれが二度と起こらないようNUNCA MASをテーマにデモが行われます。
 午前9時ヌニェス地区の元軍機械学校ex ESMAから5月広場へデモ行進が出発しますからベルグラーノ地区のLibertador 大通りから朝の交通は大変になるでしょう。
 その後、だいたい12時から13時は9 de julio y Av.de Mayoの交わったあたり、
ドンキホーテの像付近や、オベリスコ付近で結集する団体多いです。日系団体もあり16名の行方不明者を出しています。

 詳細はこちらの過去の記事が詳しいです。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52041638.html

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51640849.html

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51640006.html

 2015年末まではこちら側が正義党(ペロン党)として与党でしたのでまだ「まし」ですが、
現在それが野党に回っているのでさらに政治的に深い
デモが起こることでしょう。

 まあ中心街へ行くということはサンテルモ地区も影響でますし、行かない方がいいでしょう。
昨年はここで貴重品を盗まれた人達もでました。
要はデモにかこつけて、泥棒をする人も混じっているのです。
そうそうこの間の教員デモの途中ではドローンを盗まれたテレビ局もありました。

 ちなみに昨年はオバマ大統領がアルゼンチンを訪問し、この国が大きく変わったというイメージにもなりました。

しかしながら未だにデモを「仕事」にしている人達も多いのですが、そのお金がどこから出ているのか、人権団体もどんな資金を得ているのかそんなことを考えていると まだまだため息がでてくるアルゼンチンです。

もちろん、人権を無視して物事はできないし、行方不明のご家族など大変悲しいお話を聞くばかりでしたし、その失われた子供や孫を取り戻そうとする努力は五月広場の母達も、五月広場の祖母達も立派です。ただそういうのが高じるとなんでも大変ですね。
 









2017年03月23日

Taller de Origami en Biblioteca Ascasubi アスカスビ図書館の折り紙教室第二回から

17436042_1341972595897498_6448101866541609301_o


 本日の作品は上からお財布Billetera ビジェテラ 右 コップVaso バッソ 左 箱Caja カッハです。
お財布は チラシなどやいらない紙などリサイクルして大きい紙で作ってもらいます。
それからコップは想定以上に大受け。
これにチョコレート入れてもいいわね。ポップコーンとか。そうよーもっと大きい紙でやってもいいしと皆さんの利用のイマジネーション想像力が広がります。

最後の箱は微妙に難しかった。やっぱり中折が困難なのですよね。そして立体ですからね。
でもやはり難しいものを行うと最後には達成感や満足感が増大します。もちろんお手伝いしてみんなできましたよ。

 こんな感じで、
ブエノスアイレス市文化省図書館読書振興局図書館ネットワーク主催の折り紙教室を行っています。
Taller de Origami  タジェル デ オリガミとスペイン語では言います。
会場はイラリオ アスカスビ図書館
Biblioteca Hilario Ascasubi
住所はフロレスタ地区のこちらです。
General Cesar Diaz 4219, Floresta.
地下鉄D線Plaza Italia 駅から、Oro通り沿い y Guemesグエメス通りと交わるところに止まる34番に乗り換えて、途中パレルモSOHO地区からはJuab B. Justo という大通りを走っている中央のバスレーンを走る幹線バスのメトロブスという大通りの真ん中を通るバスでJuab B. Justo7100番台でおりて500mほどで行くことができます。(パレルモから20分ほどです)
時間は
毎週水曜日午後3時から4時です。
講師は私、相川知子です。

講習費は無料です。ありがたいことに、昨日はまた

17353392_1339451029482988_4274671966184890930_n


折り紙のご寄付をいただきました。大変助かります。

さらに折り紙が得意というお友達にもご協力いただき、
作品のバラの花を見せてもらい、皆感動しました。ーーー ちょっとまだ難しいです。
17425982_1341986069229484_4370469553018187409_n



こちらの教室のスペイン語の説明は以下のとおりです。お友達、ご家族にもおしらせください。
Taller de Origami
El 15 de marzo comienza el Taller gratuito de origami en la biblioteca Hilario Ascasubi. El mismo estara a cargo de la profesora Tomoko Aikawa y los encuentros seran todos los miercoles de 15.00 a 1600 horas. Podran participar personas de cualquier edad, sean o no socias de la biblioteca. Ya estamos inscribiendo... apurense porque los cupos son limitados al tamano de la sala.
Telefono: 4566-5171
Correo electronico: biblioteca_ascasubi@buenosaires.gob.ar
Direccion: General Cesar Diaz 4219, Floresta.
Los esperamos!!
本日はお孫さん連れの方や、息子さん娘さん(8歳から10歳)そして、年金退職者の方々と本日初めての人たちバラエティに富んだ顔ぶれでした。

 折り紙はやはり脳の活性化にも役立ちます。今時のことばでは脳トレ、というんでしょうかね。
また形の認知は数学的ですね。
そして集中力、持続力を養います。もちろん形を見ながら、次はどうしたらいいという想像力、そして新しいものを考える創造力にもいいのです。

 しかしながら、日本人は通常 子供のときから慣れっこになっています。
上手な人もまあまあの人もそれなりに折れますが、。。。
アルゼンチンの普通の人は全然知らないのです。

その全然知らない人に 教えていくのもまあおもしろい作業ですね。
この積み重ねが少しでも大きくなり、
17311094_1341997989228292_7638736349057492820_o

小さい積 が 大きく為る、と「小を積んで大と為す」積小為大(せきしょういだい)というそうです。
 こちらは別途Tシャツで以前やはり読者からのプレゼントです。いやーよくプレゼントもらいます(笑)ありがたいことです。


 1998年からアルゼンチンのことを日本語で発信していますが、来年でなんともうすぐ20年になるではないですか。毎日ではないですが、いろいろな記事をおしらせで、説明で、そしてニュースでアルゼンチンをはじめラテンアメリカのことをお伝えしています。

 折り紙教室の初歩クラスで、改めて 初心を思い出しました。
 

郷にいれば郷に従い、流れにさからわなければアルゼンチンライフもきっと楽でしょう。

 アルゼンチンでのいろいろな手続きや人が言うことがいつも違ったり、そしてまた約束にこないなど、ストレスを感じている人、今一つ振り返ってみてください。

 まず第一に自分がスペイン語を十分理解できていないこと、また理解できても習慣が違うので様子が違う理解の方向性が違うこともありえます。それを一方的にいい加減だったりはっきりしないとか言っている人が多いので私は大変悲しく思います。

 もちろん「特に」約束を守る、というのはアルゼンチン人のプライオリティではなく、「予定」はあくまでも予定ですので変更も大有りです。
 しかしそれも振り返って、自分が体調が悪いのに無理して約束を守ることを優先して後でそれを悪化させたりしていたら、それはそれで何のために、ということもありますから、実はアルゼンチンの人たちの優先順位が違うのを見習うべきなこともあるのです。

 しかも昨今、ストで途中ピケがあったり、またそれがイライラででしょう、追突事故が頻発したり、また大雨が降ると街路樹が倒れてきたりと 天候によってもいろいろ危険なことがあるのです。

 それは約束を守らなかったり簡単に変更するのは、身を守るための、きっと生活の「知恵」なのかもしれません。

 実際、アルゼンチンはとても人道的です。
 もちろん、正式な国民でなければえられない権利やメリットもあることはありますが
((まあそれは当たり前でしょうもし自分が日本で外国人になったら、、、考えてみてください。アパートも借りられないしだいたい敬遠されるし、携帯すら契約できないし、それから多くの手続きが不自由です、そして90日の滞在以上はまあ、せいぜい日本人と結婚したり、かなり特別に労働契約を結ばなければ無理ですよね))

 ここで、一番大きいのは、アルゼンチンの地を踏めば、外国人たろうとも、特に「病院」が無料なのには本当に驚きです。

 先日も大怪我をして重体で国立病院に担ぎ込まれた人がいました。アルゼンチンに来たばかりで知り合いも身内もいませんが、それでもアルゼンチンの人たちは大変心配して手厚く看護してくれました。もちろん包帯代も、点滴代も、一週間のベッド代も無料です。ただ、まあ普通の人なら後で 共同組合的な事務所がありますので、そこである程度、ボーノと呼ばれる協力券を買い(おそらく、これぐらいなら30ドルぐらい、寄付すれば特に問題ないでしょう。また次の人たちのために備えてあげる訳です。)ーーーーだいたい、これ、アメリカでなどでしたら身代潰れる金額になるでしょうね。もしくはお金払わないと治療しない、でしょう。もちろんしっかりした機械や設備がない、という残念なことはあります。。。しかしお医者さんの腕は確かで、看護婦さんたちもとても優しいです。

実際、私 ドイツ病院で緊急出産した人がまだ会員登録手続き中。次の日の朝呼ばれて、終了しなかったら、、、それは明日でもでてもらうことになりますね、国立病院へ行ったらいいでしょう、と軽く言われました。

 そのほか、学ぶことが無料というのもすごいのです。 わたしの教えているブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスの外国人のためのスペイン語講座も ぽっときた外国人にも無料です。
もちろん基本は移民対策でもあります。難民の人などにも特別スペイン語講座がたまに開講されます。
また街の文化センターの市民講座も身分証明書提示してきちんと登録すれば、タンゴダンスや、演劇、コーラスなど無料で学ぶことができます。

 それでもまだ、気に入らないことがあるの、それじゃ、帰れば? と
アルゼンチンの人たちはこともなげに言います(笑) 

 日本にいれば、きっと安全でもっと清潔で、かなり守られた生活なのです。
 それが「いや」で来たのなら、もしくはアルゼンチンの方がいいから来たのなら、ぜひアルゼンチンスタイルを身につけてください。
もちろんいろいろ泣きたいことはあるでしょう。
当たり前です。違う国に来たのですからね。
もちろん日本のいい部分は失わずに、というのもいろいろちょっと難しいけれどもね。郷にいれば郷に従う、はスペイン語ではローマに行けばローマ人のように振る舞うと言います。
そしてまた 全くアルゼンチン人でいる必要もありません。だって、この国は本当にいろいろな人種に考え方の国だから、それがこんな構成で出来上がっているのですし、だいたいアルゼンチン人だけじゃない人、まあ大勢います。ヨーロッパ系移住者の子孫が大半なのでアルゼンチン人でスペイン人、イタリア人である人多いです。

 もちろんいつも善良な移住者は歓迎されますよ。

 ぜひいい「日本人移住者を!」と先日 マウリシオ マクリ大統領にインタビューに行った際、わたしの二の腕を掴んで言ってくれました。

 












2017年03月22日

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス2017年度日本語講座初心者は3月27日申込み

 アルゼンチンで一番長くやっている職業は 日本語教師です。到着時からなので通算26年になります。
 ブエノスアイレス市立外国語大学フアンラモンフェルナンデス校は、通称「レングアスビバス」と言います。
 レングアスビバスとは生きた言葉という意味どおり、語学に重点を置き、
1895年からの歴史のある小学校から大学まである高等教育機関でアルゼンチンでは、一番レベルの高い外国語大学です。
午前中は中学高等部、午後は小学部、そして大学は午前から夜まで時間帯によります。
 
 英語はもちろん、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語の教員養成と翻訳学科があります。そして その学生が学ぶ選択外国語科目の中には、英語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、アラビア語、ロシア語、中国語、そして、日本語があります。そして、選択外国語科目で履修する生徒以外の枠で公開講座として一般の人々も大学なので
18歳以上でしたら、申し込み登録をすれば履修が許可されます。

 アルゼンチンでの日本語教育は、まず、北はミシオネス州、南はネウケンーリオネグロ州、そして西はメンドサ州、そして東はブエノスアイレス州に広く日本人移住者のコミュニティがあり、主に日本語学校が日系社会で生まれ、
そしてその運営を行う地域の日本人会ができ、文化、スポーツを中心に発展してきました。
 その後、日本とアルゼンチンの友好団体を中心に、日本語や日本文化を普及し、教育する機関ができていき、消えて行きました。
その中で、例えば、国立ブエノスアイレス大学でも哲学文学部とロハス文化センターで、他の外国語、文化講座といっしょに日本語講座が開設されました。
現在 私立公立、いろいろな機関や団体で日本語が教えられています。

1992年 アルゼンチン国立高等専門語学院レングアスビバス
Instituto Nacional de Enseanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez では、
日本政府からの無償供与により、当時最新式のタッチパネルのLL教室が二室、そして、ビデオ編集室が寄贈されました。
それと同時にAENS 選択外国語科目が同時にコミュニティカレッジのように公開講座となり、
日本語講座も開設されることになりました。
将来の教員養成課程などを目標に日本語上級と初心者講座が開設されました。
私は1993年から初心者、初級講座である日本語1、2を教え始めました。
残念ながら上級講座はなくなってしまいましたが、その後、順調に皆さんが進級するに従って、日本語3もできました。
また上記のビデオ編集室では英語を中心とした語学学習ビデオ教材が開発されました。
そのためSONYのビデオ芸術賞も数度受賞したことがあります。
その後 民営化の波で国立ではなくなりました。(が、依然公立で)
現在は、ブエノスアイレス市政府管轄となり、
ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス フアンラモンフェルナンデス校が正式名称で
スペイン語では
Instituto de Enseanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez になりました。

そして、教授陣も交代はありますが 3年前 から現在の3名体制におちついています。
当地では初めて公認教育課程で、そして、唯一、高等教育課程の中に組み込まれている単位の取得できる科目として教えられている場所です。
現在、日本語1、日本語2、日本語3、日本語4,
NIVEL1,
NIVEL2
NIVEL3,
NIVEL4 の計4クラスがそれぞれ週二回、二時限 開講されています。

実際、4年間、本校の学生は2年間選択外国語を履修するだけでいいので、義務でもない勉強を行うのは大変なことです。


 レングアスビバスの学生は語学好きが多いのはもとより、やはり昨今はアニメとともに育った世代がおおいです。そして、日本語を選ぶちょっと変わったまじめっぽい人たちです。
 普通に会社員や大学の先生などで働いていながら、大学にも通っている人がほとんどです。
また、小学校時代は日系の日本語学校で勉強したけれども、
今一度、ある程度家庭的会話はできるけれども、しっかり学びたいという日系の二世、三世の大学生、
一方でいまも続けたいというその人たちの親の年代の人たちがレングアスビバスの生徒で増えています。
 また、日本語は、他のヨーロッパ言語とよりも、もっと専念して、時間をかけて、特に文字なども書いてもらわなければならないので、勉強が追いつかないことが多いのですが、それでも、逆に、「漢字が魅力的」「語学的興味」「日本文化が好き」という人たちが、レングアスビバスの学生には多いので、教える方も「助かります」

 なお、本講座は公教育であり、アルゼンチンの一般の教育事情と同じで学費は 無料です。
 ただし、本校学生の単位取得授業と同等のため、出席率75%、また授業中の参加、また宿題の提出も成績に響きます。まずは出席がないと、試験が受けられない、即ち次のレベルに上がれないことになっております。そして、三回 無届けで欠席すると、席がなくなることになっています。
 皆さんの周辺、ご家族、ご友人のアルゼンチンの方で(たまにコロンビア人やアメリカ人、台湾人も来ますが)興味がある方は、お知らせしてあげてください。


Inscripcion Nivel 1 (Aspirantes externos de todos los idiomas )
Horario 2017
: 13:30 a 16:30 hs. en Carlos Pellegrini 1515,
27/03/2017 y 28/03/2017
Hago acordar que el Instituto Lenguas Vivas es Publico y la Educacion Publica Argentina es Gratuita. Solo solicitamos su colaboracion con BONO CONTRIBUCION.
ASPIRANTE EXTERNO CON CONOCIMIENTO DE CURSO DE JAPONES
IES en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez.
https://www.facebook.com/ieslvjrfernandez/?fref=ts
Sobre la Inscripcion ya esta publicada en la pagina pero explico un poco mejor, porque es DIFERENTE este ano 2017
1) BUSCAR SU NUMERO PARA test de Nivelacion
los dias lunes y martes 13 y 14 de marzo 13:30 a 16:30 hs.
aclarando que va a rendir JAPONES.
2) RENDIR TEST DE NIVELACION - ORAL y ESCRITO
(un solo dia indistinto del nivel) BOLiGRAFO, DNI, LOS DATOS PERSONALES A MANO, PAGO DE FOTOCOPIAS DE EXAMEN
MIE 15 de marzo, de 17:00 a 19:40 hs. (Prof. Liliana y Norma) o
JUE 16 de marzo, de 17:00 a 18:20 hs. (Prof. Tomoko)
3) INSRIBIRSE, BOLIGRAFO, DNI, COPIA DE DNI, LOS DATOS PERSONALES A MANO BONO CONTRIBUCION
20 y 21 de marzo,13:30 a 16:30 hs.
El Instituto de Enseanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez esta en CARLOS PELLEGRINI 1515.
http://ieslvf.caba.infd.edu.ar/sitio/index.cgi?
wid_seccion=2&wid_item=126#aens


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年03月20日

ミルタとマクリ大統領

 昨夜はアルゼンチンの徹子の部屋的「ミルタ レグランと夕食をとりながら」が夏休み明けの今年最初の第一回のテレビ対談番組は、
マクリ大統領とその夫人のフリアナ アワダと大統領官邸にてでした。
 ざっくばらんな会話が聞けると期待したので私もテレビの正面に座してみたのです。
普段の倍の視聴率、しかも大統領出席でギャラもなかったでしょう。
しかしながら、ミルタさんの「あなたがたはアルゼンチンの現実が見えていないのだと思う」「また貧困をゼロにするって言ったのに!」「近頃のアルゼンチンの様子(デモやピケ)を見たらイメージ的によくないんじゃない」と攻撃的な発言でしたので、マクリ大統領がそれは目標であって、しかも統計局が機能していなかったので現状を把握もできない、それを把握して対策を立てて、それを講じるところです、と説明。フリアナ夫人も後援していい発言をしました。
 またストやピケに伴う交通麻痺各種機関の麻痺に関しても、野党がピケを行うことで表現するのはどうか我々は以前野党であったがこんな表現を実行したことはない、と労働派をたしなめました。
また一方でミルタ氏の「公共放送をうまくつかって、国民に語りかけないと」のアドバイスにはあっけにとられました。((前政権はしょっちゅう、公共放送は大統領のスピーチで中断され、うちの娘は午後6時からのドラマのために540に終わった小学校から急いでうちに戻って座った途端、大統領のスピーチです、でドラマが中断「クリスティーナの馬鹿ー」と叫んでいたものでした」

http://www.lanacion.com.ar/1995561-las-frases-y-preguntas-mas-picantes-de-mirtha-legrand-con-la-pareja-presidencial

2017年03月17日

2010年に妻を殺害し、逃亡中だった日本人のたきやともやすがブエノスアイレスの市街で逮捕

 2010年に妻を殺害し、逃亡中だった日本人のたきやともやすがブエノスアイレスの市街で逮捕されたそうです。 日本では死刑の判決が出ていた?そうで、アルゼンチンの友人が日本ではそれ、死刑になるんだ!だったらアルゼンチンにはたくさんの死刑者が出るね。もっともアルゼンチンは死刑は禁止になっているからね。。。とのコメント。またアルゼンチンが死刑反対なので法的に引き渡しがややこしくなるのかしら?

http://www.infobae.com/sociedad/2017/03/16/la-historia-del-femicida-japones-que-mato-en-tokyo-y-cayo-en-buenos-aires/

たきや ともやす、日本人だと見分けにくいことはない。ブエノスアイレスの中心街でたった一人の
日本人路上生活者であった。
45歳。ともやすは公園や歩道で夜を明かし、売春宿のビラを配ってのわずかな糧が唯一の収入であった。不法滞在であり、アルゼンチンの身分証明書もなく、その身の上は全くミステリー。昨夜 身柄を拘束された。

アルゼンチン連邦警察のインターポールにより、ブエノスアイレスの中心街
San Martin y Lavalleから連行されたのは日本のインターポールより、逮捕要請があったからである。容疑は娼婦であった妻の殺人である。

2010年7月13日、東京で ともやすは金銭問題の口論の後、自宅で妻を絞め殺した。
同年、アルゼンチンにはツーリストの身分で到着し、期間不明で滞在、結果として不法滞在となった。

ともやすは 到着時はいくらかの金銭を所持していたと見えるが、それが底をつき、路上の生活となり、手に職もなく、仕事を得られないままとなった。アルゼンチンに入国した時は逮捕要請はなく、その後、日本の司法が判断を下したと見られる。

インターポールは国際手配を行い、緊急逮捕という指令から今回の逮捕となった。しかしながら、インターポールの公式サイトによると、日本人は11名のみが国際手配中である。
ともやすのケースは国際刑法の違いにより幸運が認められる可能性がある。

青手配は 在アルゼンチン日本大使館による圧力で身柄引き渡し要請に加わり、ともやすは日本に到着次第 司法にさらされることになる。
ただし、状況は芳しくない。今回のケースでは死刑で償うという罪状である。

アルゼンチン、国家として死刑に反対の国の関係筋によると、「人権的理由のため」国外追放を否定することになるという。その間に、アルゼンチン連邦警察はともやすをモニタリングすることになる。
東京のインターポールの要請は、今回の状況を連邦警察並びに移民局と交渉するために人員をアルゼンチンに送ることとしている。

移民局側はともやすの不法滞在の状況から今回のケースに介入している。すでに以前、滞在状況を法的に規定どおりにするより、告げてあるという。そうすることにより、逮捕状が出ていなくても、不法滞在がアルゼンチン追放の理由となる。

来週、日本警察が到着し、ともやすを日本へ連行する予定である。日本では裁判官が決定を下せば、
死刑が実行される。


2017年03月16日

パロParo ピケPiqueteの毎日に道路工事 ブエノスアイレス中心部混乱中

 幸いパレルモ地区に住んでいるので、何でも近くで事足りますし、地下鉄一本でどこでもいけますし、バスもターミナルがあり、最近は市内の北部(ベルグラーノ地区)へもバス一本で事足ります。
各種手続きもね、インターネットでできるようにもなったし、ネットバンキングも可能になり、本当に便利な世の中になりました。ですからあまりわざわざ出向いては必要ないですし控えていますが、それでも市内中心部(セントロ)へ行かざるを得ないこともたまにあります。私の大好きなナレーションの講座も国会議事堂から一つ目の地下鉄の駅、近くなのです。今年もおいでよ、といわれていますが、申し訳ないのですが、今年はもう無理です、と丁寧にお断りしました。
 テレビやツイッターを見ればセントロの交通渋滞は最低です。きっと歩いた方が早いでしょうね。
オベリスコ付近、callao y corrientes 付近は特にひどいです。地下鉄B線は、不通です。
いまC線は回復したようですが。。。
 この原因はparo パロ(スト)にpiquete ピケテ(ピケー道を封鎖して何かを要求して座り込みをすること)です。直接は労働問題で特に、教員の給与を賃上げだけではなく、あがる課税枠も増えるので非課税枠をあげてくれという要求なのです。 
 えー正直教員の給与は「安い」んですが、これ、からくりがあり、公立校は4時間が普通だからそれで「安い」んです。だいたいの先生は、午前4時間、午後4時間 教えています。例えばうちの娘たち小学校の社会の先生は午前中は中学でも教えていました。同じ学校か、別の学校に行くか、または家庭教師などをするかの違いだけで、正直4時間だけの仕事で生計を立てるのはいくら何でも無理ですから普通はもう少し仕事をするわけです。それをしないのか、ダブルで給与をもらっているのに、デモをしているのか、いくらなんでもブエノスアイレス州のいまの教員ストはすでに8日に渡り、いくらなんでも同じ公務員教員としてひどいと思います。これはでも実は教員組合が問題なんです。前政権派なのでこれを機会に政治を混乱に陥れようという魂胆だから、単なるストで終わらないわけです。もちろん最初の二日ぐらいは純粋にストの人も多かったですが、先生がたの間でも子供たちがかわいそうと残る派と行く派に分かれ、さらにこちらのジャーナリストがデモ隊のなかでまじわった実録として
ベビーカーを押している女性に「なぜこのデモに参加しているの」と聞いたら「わからない、でも400ペソもらったし、サンドイッチ二つ(食事2食)ももらえるから」という回答でした。。。。

http://www.lanacion.com.ar/1993921-paros-y-piquetes-que-agigantan-la-anomia?utm_medium=Echobox&utm_campaign=Echobox&utm_source=Twitter&utm_term=Autofeed#link_time=1489651769

さらに、きちんとやはり多くの人々に迷惑がかかる交通遮断など他の国ではあり得ない、と評しています。やはりそれがわかる人がいたので安心しました。

マリアエウヘニア ビダル州知事は、ぜひ、本日の午後の話し合いに組合の人たちは参加し、対話の機会をもとうと訴えています。なお分割払いで支払うと。。。。
そしてあんまりだと思ったのでしょう。ストに行かない教員には褒賞金を配布するとしています。

だいたいいまの政府が払いたい、払いたくないの問題ではなく、特にブ州政府の州庫はすっからかんなのです。ですから交渉で行いたいのですが、強硬手段を取りたい派がいるのですよね。
アルゼンチン23州のなかで130ほどの市があり、教育、治安、ドラッグ問題など 一番大変な問題を抱えている州でもあります。

と、いうわけでこれだけ交通が麻痺すると、他の機関にも影響があります。

先週、教育省との話でブエノスアイレス州の平和教育に協力するという話をしたばかりなのですが、
会場となる、ブエノスアイレス州会議所はまさにこの教員賃金問題でてんてこ舞いで、話が進みません。


多くの場所ではミーティングの相手が到着できないということも多々あります。

そうそう、3月末か4月そうそうには ゼネスト、全国ストが開催されるそうで、本日決定だと思います。
また一方で3月24日は記憶と正義と真実の日で祝日で、確実にデモが国中で行われます。この日はうちでゆっくり マテ茶を飲むのが最適です。

このような状況から、アルゼンチンでは人々にはどうせ行っても相手がこない、またやり直し、物事が進まない、という事態が起きる構造になっているのです。
また何かあればピケやストのせいにすればいいわけですー笑 

ですから順延順延の事態があってもアルゼンチンでは普通です。逆に最近は新政権で比較的みなさん、時間を守りますし、また一方で「遅れてすみません、お待たせしました」というコメントが先日参加した経済フォーラムであり、びっくりしました。

IMG_5059


さらに、ですね。レティロ駅、シェラトンホテル付近のLeandro Alem付近はメトロブスという幹線バス工事で大渋滞中です。

IMG_5077


Taller de Origam, Biblioteca Hilario Ascasubiイラリオ アスカスビ図書館折り紙教室第一回!


IMG_5092

 
本日、無事にイラリオ アスカスビ図書館にて折り紙教室第一回を行いました。
しかしながら午後からの大雨で多くの人が出席を断念しましたが(ブエノスアイレスは雨が降ったら交通はマヒするし、第一木が倒れたり、道と道の間が渡れなくなったり大変危ないです)
地域の図書館の会員であるご近所さんの皆さんですので、少しは集まりました。

17203027_1334349889993102_6185065624481090555_n


今回の仕掛け人はこのマルティンさん。図書館長でこの図書館に通ってくる地域の皆さんに「アート、芸術」の場をがいいけれども何かできないかと、ブエノスアイレス市文化省図書館読書振興局図書館ネットワーク本部に相談してくれたのがきっかけだそうです。
実は高齢者が中心だろうと思っていたそうですが、ふたを開けてみたらいろいろな年齢、プロフィールの人が申し込んでくれたそうです。ただし、今日のような大雨では子供連れとお母さんは大変なので欠席されたのでしょう。。。 

17190453_1334349729993118_8957770362648562056_n


IMG_0656



どちらにしてもアルゼンチンでは物事が本格的に始まるのは2、3回目が普通です。。。 


まずは折り紙はなんであるか簡単なイントロダクション。
折り紙、ってこの技術でもあり、紙でもあること、そしてアートだと私はアルゼンチンに来て初めてしりました、というイントロを行いました。
そして、簡単な折り紙の効用について説明し、また、
今日は 折り鶴がいかに平和のシンボルになったかを広島の平和の子の像を中心に説明し、千羽鶴をお見せし、そして、それを想って、
2011年3月11日の東日本大震災のときに多くのアルゼンチンの人たちが日本の人たちを想って
おってくれた折り鶴がいいと思い、ブエノスアイレスの片隅の小さな図書館で東日本震災6年で日本の人々を折り鶴を降りながら復興と皆さんへの安らぎのために折り鶴を折りました。


毎週水曜日の
折り紙教室は
Taller de Origami  タジェル デ オリガミとスペイン語では言います。
会場はイラリオ アスカスビ図書館
Biblioteca Hilario Ascasubi
住所はフロレスタ地区のこちらです。
General Cesar Diaz 4219, Floresta.
時間は
毎週水曜日午後3時から4時です。
3月15日から始めます。
講師は私、相川知子です。
講習費は無料、もしくは今後 折り紙などの実費負担になるかもしれません。
パレルモ地区からはJuab B. Justo という大通りを走っているメトロブスという大通りの真ん中を通るバスで行くことができます。Juab B. Justo の7000番まで行きます。
実はパレルモ駅から5キロですが、バスレーンのおかげで、すごく早くいけます。
正直、ブエノスアイレス市内でもなかなか普通はいかないところですが、だからこそ、
折り紙教室はまだまだ斬新なのです。。。

スペイン語の説明は以下のとおりです。
Taller de Origami
El 15 de marzo comienza el Taller gratuito de origami en la biblioteca Hilario Ascasubi. El mismo estara a cargo de la profesora Tomoko Aikawa y los encuentros seran todos los miercoles de 15.00 a 1600 horas.
Telefono: 4566-5171
Correo electronico: biblioteca_ascasubi@buenosaires.gob.ar
Direccion: General Cesar Diaz 4219, Floresta.
Los esperamos!!

IMG_5090


本当に初めての折り紙では鶴は結構難しいのですが、頑張って作ってくださいました!

17342563_1334349769993114_7384133643164116834_n



ブログ読者の方々が折り紙を寄付してくださったおかげです!

IMG_0661


スペイン語留学生も一生懸命 お手伝いしてくれました。

おばさまがたはとても優しく比較的はっきりしたスペイン語ですので勉強にもなり一石二鳥!
いえいえ千羽鶴への一歩でした!

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2017年03月11日

FUERZA JAPON 2011 desde Obelisco ブエノスアイレスのオベリスコから頑張れ日本!を振り返って

DSC01160

ブエノスアイレスのオベリスコから頑張れ日本! 



https://www.youtube.com/watch?v=n2CpMn3Efx4
浴衣の女の子はうちの長女 希光(のぞみ)です。

DSC01163


このフレーズしかいえなかったアルゼンチンの皆さんですが、これに尽きると思います。

DSC01195


DSC01157



もちろんいろいろ大変で、頑張れでまとめられないと思われ、またあんまり頑張れ、頑張れと言わないでとも言われましたが、アルゼンチンの人々の
それ以上のいっぱいいいたい日本の皆さんへの想いのメッセージが込められているのです。

DSC01205


DSC01188


あれから6年、みんな「大きく」なりました。この子たちうちの娘の幼稚園のクラスメート。。。

IMG_1869


みんな今年は16才になります!

いつも変わらず親日家の皆さんがいるからこそ、アルゼンチンに日本人が「ポッ」ときても優しくしてくれるんだな、と改めて思います。

そして、東日本大震災で被災者、家族の皆さんをはじめ日本の皆さん一人一人に、
是非、アルゼンチンでこんなに日本大好きで悲劇を悲しみ共有してくれた皆さんがいた、そしていまもいつもいることをお伝えしたいとおもい、この記事を書きました。


taller de origami



折しも来週はブエノスアイレス市図書館で折り紙教室を始めます。
やっぱり最初は折り鶴かしらね。もちろん目標も折り鶴ですが、今年はいろいろな折り紙をしようと
いう教室です。
すでに8才と9才の子にそのお母さん達、30代の人、60代の人他とバラエティに富んだ
メンバーになりそうです。


17098270_1328887780539313_3188446932431574274_n


折しも前回のブログ投稿を見て本日 たっくさん! 折り紙をそして 日系の高齢者活動用の日本食などたくさん思いのに持ってきてくださった読者さんがいらっしゃいました! ムチャスありがとう!

図書館折り紙教室の紹介と折り紙協力のお願い。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2017/03/taller_de_origami_en_la_biblio.html

((写真はこんな15x15cmの色折り紙と千代紙も少しを希望しています!という意味で本当はもっとたくさんいただいています))

2017年03月09日

Taller gratuito de origami en la biblioteca Hilario Ascasubiブエノスアイレス市イラリオアスカスビ図書館折り紙教室は毎週水曜日午後3時から開催

DSC01132


ブエノスアイレス市文化省図書館読書振興局図書館ネットワーク主催の折り紙教室が
来る3月15日からはじまります。
Taller de Origami  タジェル デ オリガミとスペイン語では言います。
会場はイラリオ アスカスビ図書館
Biblioteca Hilario Ascasubi
住所はフロレスタ地区のこちらです。
General Cesar Diaz 4219, Floresta.
時間は
毎週水曜日午後3時から4時です。
3月15日から始めます。
講師は私、相川知子です。
講習費は無料、もしくは今後 折り紙などの実費負担になるかもしれません。
パレルモ地区からはJuab B. Justo という大通りを走っているメトロブスという大通りの真ん中を通るバスで
行くことができます。
スペイン語の説明は以下のとおりです。
Taller de Origami
El 15 de marzo comienza el Taller gratuito de origami en la biblioteca Hilario Ascasubi. El mismo estara a cargo de la profesora Tomoko Aikawa y los encuentros seran todos los miercoles de 15.00 a 1600 horas. Podran participar personas de cualquier edad, sean o no socias de la biblioteca. Ya estamos inscribiendo... apurense porque los cupos son limitados al tamano de la sala.
Telefono: 4566-5171
Correo electronico: biblioteca_ascasubi@buenosaires.gob.ar
Direccion: General Cesar Diaz 4219, Floresta.
Los esperamos!!


今回は市の図書館の要請で どなたでも対象とは言っていますが、高齢者の余暇対策でもあり、
また午前中だけ学校へ行っている若者への文化行事ですが、きっと年配の方が多いでしょうね。
そして、折り鶴に加えて、いろいろな折紙を教えて欲しいということです。

1008503_522053394509848_1672296802_o


**なお、折り紙は手の運動にもいいそうで、リューマチ予防運動にもリハビリにもなります

13119882_1002976016417581_4870681564612537042_o



13669574_1046146425433873_4657116670857523599_n


@@@ 女性も笑顔になり、ますます美しくなります!



ちょうど東北大震災から6年になりますので、まずは折り鶴にしようかなーとも思っています。
その当時の思い出をこちらに掲載中
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2017/03/taller_de_origami_en_la_biblio.html
ただ、生徒さんがどんな方々かまだ不明なのですが、普通は折り紙初心者でしょうし、
そして本当に初めての折り紙では鶴は結構難しいので、
やっぱり最初は簡単なのにしようかなど思慮中です。
そして私はアーティストではなく、普通の基礎的な折り紙を教えていく予定です。
3月は15日、22日の予定です。29日はおそらくおやすみです。

こんな折り紙教室に是非折り紙を持ってご参加してくださると嬉しいです。
アルゼンチンの人々との交流にもなりますし、もちろん折り紙得意!大好きという人も大歓迎です。

**アルゼンチンでも最近折り紙を売り始めていますが 高いのです。
ですから今後実費負担も大変です。

そしてまた今後 慣れてくれば誰でもうちでできるように紙を切って、
リサイクル紙にしたいのですが、最初は片面が白い手が切れなかったり、力をいれすぎなくてもいい
折りやすい紙が最適です。
もちろん、折り紙だけの寄付も受け付けています!差し入れも歓迎です。
tomokoargentina2@gmail.com
また別途平和の折り鶴教室にも利用させてもらいます。

Nippon Mania mas oscuro

よろしくお願いします。


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年03月08日

EXPO EFI2017開始(3月8、9日)en HILTON

アルゼンチンに投資をビジネスを!ということで、
ECONOMIA FINANZAS INVERSIONES の頭をとって、 EXPO EFI 2017が
来る3月8、9日、ヒルトンホテルで開催されます。

15994822_575267432667512_7616752475999240405_o


まず最初、3月8日の午前10時から自動車産業のセミナー
アルゼンチンでトヨタのダニエル エレーロ社長を真ん中に登場予定です。
1997年ブエノスアイレス州サラテ市の工場をたちあげてから早20年、
しかしながらそれ以前からブエノスアイレス市にしばらく営業所をもち、
新しい工場でのリーダーのためのエンジニアなどの技術者に研修を行っていて
日本語集中講座を担当させてもらっていました。
日系企業以上にアルゼンチンでの自動車産業のリーダーの一社です。
HILUXハイルックスを生産し、ブラジルに輸出、そしてブラジル生産のカローラを輸入するビジネスモデルは
前政権時代に悩まされた多くの企業を尻目に貿易バランスは最高でした。


17097366_598162723711316_9079839550186397912_o


こちらはアルゼンチンの農業牧畜産業分野です。モンサントさんのお顔も見えます。




一方でEXPO AGRO エクスポアグロ2017が現在10日まで開催中です。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52125819.html


アルゼンチンは今年末 WTO会議の会場となりますことが今週ブエノスアイレスにおける
国際副理事会にて決定されました。WTO国際貿易機構はスペイン語では OMCと呼ばれます。
2015年までは輸入規制がWTO違反と日本からもヨーロッパからも言われていたばかりですけれどもね。


EFI2017の詳細はこちらから。


HILTON ホテルへのセミナーなどへの参加は無料です。
ネットで登録が可能です。

別途会議は参加料が必要です。
3月8日は午前中 いる予定です。9日はお昼ごろからです。

来年はこのセミナーにエクスポアグロなどを組み合わせてアルゼンチンの視察にいかがでしょうか。
ビジネスコーディネーションはこちらにどうぞ。
tomokocounication@gmail.com

そのほか、各種ビジネス情報記事などをシンクタンクや業界誌関係にレポートを
書かせていただいています。












2017年03月07日

kodomoe(コドモエ) 2017年4月号でアルゼンチンの子育て事情掲載(3月7日発売)

16991792_888987924536924_2122795778523604981_o


 本日3月7日発売の白泉社月刊kodomoe(コドモエ) 2017年 04月号は
特集「絵本がママを救う。」絵本付録2冊付きにて
 ここにアルゼンチンの子育てについてインタビューを受けまして、アルゼンチンの子育ての特徴について記事が掲載されています。
kodomoe(コドモエ) のページはこちらから
http://www.kodomoe.net/nextissue/
アマゾンからでも買えるそうです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B06X9GSBS4

ぜひご覧ください!
読んだ方は よかったら感想を教えてくださいね!

tomokoargentina2@gmail.com


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年03月06日

#CervantesTokio セルバンテス東京の日本最大スペイン語図書室新刊「母の遺産」(水村美苗著)スペイン語訳

IMG_3808


Instituto Cervantes Tokio(インスティトゥート セルバンテス トーキョー)ことセルバンテス文化センター東京の図書館に2015年出版された「母の遺産」(水村美苗著)のスペイン語版La herencia de la Madre(Adriana Hidalgo Editora 出版 相川知子訳)右側
(詳細は出版されたときの記事参照 http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52112531.html )
と姉妹図書 本格小説のスペイン語訳左側の二冊が新刊として書架に並びました!

IMG_3809



セルバンテス文化センターは東京千代田区にある、スペイン政府機関のスペイン語学習支援・振興を中心にスペイン語圏の文化を日本で普及しています。ここに スペイン語の図書室があります。
おそらく日本で一番の規模のスペイン語蔵書を誇ります。

日本文学のスペイン語訳も多く所蔵しています。スペイン語書籍はなかなか手に入れられないことがありますので、ここで閲覧が可能です。
((私が学生のときと比べてずいぶんすごいことになりました!))

セルバンテス東京 Federico Garcia Lorca フェデリコガルシアロルカ図書室
開館時間は 
火曜日から金曜日10:30 から19:45
土曜日は10:30 から 17:30
入館自由で、図書は図書室内で閲覧可能です。
貸し出しに関しては図書館利用カードが必要です。
費用は一年間有効で3300 円。
ただし、セルバンテス東京でスペイン語講座受講生は無料です。
なお、学生と60歳以上は2500 円。(要証明書提示)
こちらの申請書を記入。
http://tokio.cervantes.es/imagenes/File/biblioteca/solicitud_carnet_biblioteca.pdf

住所は以下の通り
Edificio Instituto Cervantes
2-9, Rokubancho
Chiyoda-ku, Tokio 102-0085
Tel +81 3 5210-1704
Fax +81 3 5210-1811
セルバンテス文化センター東京
〒102-0085
東京都千代田区六番町2-9
セルバンテスビル
Tel (03) 5210-1707
Fax (03) 5210-1811
http://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm
https://twitter.com/CervantesTokio

IMG_3812



IMG_3815


IMG_3816


日本にありながら、日本でないような空間の素敵なロルカ図書室は
David Carrionダビッ カリオン図書室長の寄与だと思います。
素敵な写真も送ってくださいました! Muchas Gracias!!!

なお、ブエノスアイレスにいらっしゃったら、La herencia de la Madre de Minae Mizumura,
por Adriana Hidalgo と言って

世界で二番目に美しいと言われるエル アテネオ書店 グランスプレンディッ劇場支店
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2013/06/post_276.html
をはじめ、市内の多くの本屋にて購入することが可能です。
日本語版とスペイン語版を比べると楽しいですよ。



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



Paro Docente パロ ドセンテ3月6日決行その後、7、8日ぐらいまで毎日デモです。

アルゼンチンは3月の最初の週である、明日から新学期!のはずですが、
恒例教員ストが行われます。
Paro Docente パロ ドセンテといいます。
(docente は教師です)
ラ ナシオンによると、ブエノスアイレス市と23州の中でサンルイスとサンティアゴデエステロはいまだ交渉中ですが、それ以外は3月6日は教員ストとなります。
http://www.lanacion.com.ar/1990200-las-clases-empiezan-manana-solo-en-dos-de-las-24-provincias

基本的には公立の幼稚園から大学までの教員のためのストですが、
組合によっては私立も入りますので通っている学校のお母さんネットワークにそれぞれお尋ねください。というのも都心の学校ですと、ストのため、交通が大渋滞になります。
教員ストの場合は特にコルドバ通りとカジャオ通り付近に教育省(Rodoriguez Pena entre Paraguay y M.T de Alvear) がありますし、多くの学校が集まっていますのでこの辺で集結してからデモに繰り出すことが多いのです。
ブエノスアイレス市の場合は3月7日に話し合いをもつと言われていますので、
二日間学校はない状態だと思いますが、きっと3月8日からはあるでしょう。

その一方で、3月7日はCGTという労働者連合がパロ、ストを企画していてツイッターにたくさん結集メッセージが見られます (ちなみに1000ペソ日当を払うという話もあります、現政府への嫌がらせです)これには多くの組合が参加することを表明していたりしなかったりですが、
特に怒っているのが科学技術省の研究職に就任する予定だった人たちです。
これはパレルモ地区の地下鉄パレルモ駅付近にあるのでここで朝10時に結集だそうです(その後オベリスコへ移動)
それから労働省があるのが、アレン通りとコルドバ通り付近。
この辺はいまメトロブスの工事もあって、プエルトマデロ付近まで車が溢れるでしょうね。
それから社会開発省がベルグラーノ大通りと7月9日大通りにあるのでサンテルモ付近も大変でしょう。
どちらにしても町中各地は交通混乱となるでしょう。

さらに進んで水曜日の3月8日は世界女性デー。
女性の権利のためのデモが開催される予定です。
これは国会付近が中心でしょう。
ちなみに予定は不明のアルゼンチンですが、デモの予定は結構きっちりあります。

まとめると、
6日は教員ストで、
7日は教員ストと労働ストで、
8日は女性の日のデモです。
 スト=交通遮断、バス迂回してどこを通るかわからなくなる、
 地下鉄の出口が一部閉鎖、場所によっては駅閉鎖、
 大統領府、5月広場、5月大通り、7月9日大通り、オベリスコ、国会議事堂付近
 コルドバからコリンンテス大通りとカジャオ付近はまあ大変なことになる予定。

緊急の用事がなければ、手続きなども水曜日か木曜日以降に延期するのが賢いと思います。
もちろんパレルモ地区一帯、レコレタ地区の公園付近だけ、ベルグラーノ地区
など内の行動には特に問題がないと思います。

なお、緊急性のある話はツイッターで速報しています。
https://twitter.com/tomokoargentina

なお、ブエノスアイレス在住の方はデモなんて毎日のようにあるじゃない、とおっしゃるかもしれませんがこれの規模が大きいものです。
ご参考までに昨年2016年3月24日(祝日)の記憶と正義と真実の日の様子です。
今年もきっとあるでしょうが、ここまで元気があるかどうでしょうか。
普段のと、これの間ぐらいの規模のデモです。 これから 普段のちょっとした交通遮断は
小デモ、明日のは中デモがいくつかありますから、中大デモ、24日のは大デモと呼びましょう。

IMG_5695


IMG_5753


IMG_5684



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 







2017年03月05日

アルゼンチンでATM利用の際のご注意

 最近日本から現金をもたずにATMから現地通貨を引き出して旅をする人がいます。便利な世の中になりましたが、これ、アルゼンチンでは万全ではありません。以下、いろいろなご注意をしますが、結果的には、どんな滞在をするにも、ある程度必ず現金を持ってくることをお勧めします。現金でも日本円は本当に限られたところでしかかえられないので、アメリカドルの現金です。
 日本から携行されるキャッシュカードはだいたい CITY BANK 、BANCO DE GALICIA、 HSBCのどこかで出せます。本当はカードの裏に書いてあるATMネットワークによります。
ほとんどがLINK か BANELCO (CIRCUS)系です。現地の人にATMというより、バネルコBANELCOという言い方が一般的だったりします。 
 なお、一番はこの系列を知らない人が多いです。ですからどこの銀行にお連れしたらいいかわからないので、だいたい上記の大きめの綺麗なセキュリティがよさそうな銀行にしています。
 ATMを利用するのに24時間できるからといって、夜間や、人通りの少ない日曜日の朝、あまり治安のよくない場所などに引き出しに行くのは止めましょう。襲ってくれというものです。できれば銀行の営業時間の10時から3時をお勧めするのは機械に何かあったときに行員に連絡しやすいからです。利用後、カードをそのまま放置すると(取り出すのを忘れていたり時間がかかったりすると)セキュリティのためにカードは機械にのまれます。そんなときにお願いするにも営業時間内がいいのです。
それから全てではないですが、だいたい3時から4時ぐらいに機械にお金を入れていますので、作業中で使えないことが多いです。
 さて、まずATMのコーナーに入るとき、しっかりカードでドアが開閉するか確認ください。普通に入れたら誰でも入れるイコール泥棒さんも入れます。それから後ろから入りたいという人もカードを持っていなければ入れないでください。それも紛れて入る泥棒かもしれません。
昨日はサンパウロでATM機コーナーで強盗にあった人がいました。
サンパウロ領事館からのメールの抜粋です。
1 発生日時
 3月2日(木)12時00分頃

2 発生場所 
 サンパウロ市サントアマロ区ジョアン・ジアス通り

3 事件概要
 被害者が銀行ATMで現金引き出しを行っていたところ、突然後方から羽交い締めにされた。
数秒の後に開放され、ATMを見たところ取り出し口にあるはずの現金がなかった。身体的被害はなし。

4 被害品
 現金約1300レアル

5 防犯対策
(1)常に警戒心を維持し,時折周囲に視線を向けるなど、警戒心を顕示する。
(2)現金引き出しの際は、なるべく警備員の配置がある、利用客が多い支店・ATMを利用する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
だいたいのシステムは、カードは最初に一度入れてカード情報を読んでもらったら抜き出すシステムになっています。その後
Extraccion 引き出しを選択し、
Caja de Ahorros   普通預金
Cuenta Corriente   当座預金
credito     クレジット のどれかから、お金を引き出すか選択します。
ここで、自分のカードの出金がどこからになるのか理解していない人がときどきいますので、この辺、よく日本を出る前に確認してください。手続き中で悩むことになります。
 その後金額を確認するところに出ます。最近は2000ペソが表示最高金額になったようです。
金額を選ぶと、続いて96ペソの手数料がかかりますが、いいですかと聞いてきますのでそれでSI イエスを選択し、そして晴れてお金が引き出されます。なお、CITY BANKはたまに日本語の機械があります。
 なお、引き出したお金をしっかりしまってからその場を離れましょう。後ろに人が待っているから、とあせる必要は全くありません。もちろんさっさとできればいいですが、お金をしまうために必要な時間は必要な時間ですから問題ありません。ここだけはどこでも少し目隠しされているので一番安全なお金をしまう場所です。
 だいたい、6000ペソぐらいはこれを三回繰り返して出てくるようです。いわば、400ドルぐらいです。しかし何か旅行で必要なときなどは1日で、これが最大の引き出し金額なので要注意です。数日前から引き出す用意をしましょう。
 また引き出してからどこかへ寄るとかせずにお金をしっかりしまえる場所などに移動して、その準備をしてからの行動をお勧めします。
 それから連休の場合ときどき機械からお金がなくなります。皆が引き出してそして、またお金を補充していないからです。ですから早めに準備することをおすすめします。
 というわけで日本ではATMキャッシングする方がレートがいいとか言われますが、手数料が400ドルで20ドルぐらいかかります。日本の金利が低く手数料も低い国から来たらびっくりしますが、アルゼンチンでは普通カードを使うイコール手数料がかかります。
またその一方で現在 現金払いになれば割引が適用される(もしくはCard使用なら10%高い)ように
なってきたのでぜひ利用してください。クレジットカード利用もだいたい普通の商店は最低使用金額は10ドル以上となり、やはり現金が大変重要になってきます。
 見知らぬ地ではお金がないのは大変不安なことです。
 日本ではなぜか盗難にあったときに大丈夫とありますが、実際はカードだから大丈夫と思わずに、
ご注意ください。なお、その一方でカードが万一何かあった場合はどうするかも事前に調べておくといいでしょう。
 また念のために何枚かカードを持つのもいいですが、同じ財布にバラーとカードの品評会のように持つのは止めましょう。その財布に何かあれば、すべて失いますので、リスクは分散して、別のいつもの財布とそうではないのを分けておきましょう。
 ついでに現金をポケットに少し持っておいて(いまの物価なら、200ペソぐらいでいいかな15ドル弱です) 簡単なお金のやりとりなら、そこからすぐ支払えるようにして、財布は安全な場所以外は出さない方がいいでしょう。カードも同様です。変な店ならスキミングというリスクもありますから、カードはできるだけ大きな金額で支払うべき安全そうな場所で、簡単なお小遣いは現金で、というのが鉄則です。お財布を開けている間にそれを持って行かれるというリスクもありますから、周りを見てから財布を出してくださいね!
 これだけ言ってもなかなか難しいでしょうが。。。 いつもお仕事で出会う方々にはいつも「うるさいおばさん」になっても被害にあうよりはで注意していますが 関係なくても日本人の誰かが被害にあうと私も悲しいし、またせっかくのブエノスアイレス滞在がいやな思い出になっては大変です。それに警察への通訳をお願いされる時もちょっと残念です。安全情報をときどき書いています。ぜひ気をつけてくださいね!


 注))  それから他の国では大丈夫だったのに。。。アルゼンチンではなぜか引き出せないという事態もあります。カードと銀行の相性の問題なのかわかりませんが。
世界中旅して経験値の高い方でもそういうことがありますので、十分ご注意くださいね!





 記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2017年03月04日

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスのスペイン語通常講座は3月6日(月)レベルチェックテスト

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス2017年外国人のためのスペイン語講座の
通常講座の申し込みのためのレベルチェックテストは、3月6日の午後6時からです。
一応3月10日までですが、先着順ですので、6日に行った方がいいです。
まずregular レグラル通常講座のクラスは週2回4時間受講。
レベルにより、時間帯、曜日が違います。
なお、午後2時から4時半まで 語学オフィスが開きますので、
その時から整理券が配布される予定です。
本日3月3日現在、まだ政府側との合意に至らず、
3月6日教員ストがアルゼンチン中の学校で決行される予定ですが、教員ストですので
語学事務所は関係ありません。
ぜひ整理券をもらいに行ってください。午後2時からでも、先着順ですので早めに行ったらいいでしょう。そしてレベルチェックテストは午後6時からで、
ストに参加する先生が行かないこともあるかもしれません。
その場合は別日(スト開け)になるでしょうが、レベルチェックテストを受けられる人数にも限りがありますので、せめて整理券をもらうべきでしょう。ただし、ストで町中は混乱するでしょうから
早めに時間の余裕をもって移動したらいいでしょう。
なお、レベルチェックテスト後、結果発表があり、登録手続きに行かなければなりません。
また3月1日の集中講座でレベルチェックテストすら受けられなかった人はせめてレグラル講座に行ったらいいでしょう。またレベルチェックテストが受けられてもかなり後尾な場合はインテンシブを受講できる可能性がないかもしれません。語学事務所に相談してこちらも行ってみたらいいでしょう。

なお、今年のBono Contribucionボノコントリブシオン協力寄付金はインテンシブは月に400ペソです。(現在一ドルは15から16ペソです)レグラルはおそらく200ペソでしょう。
なお、レングアスビバスの外国人のためのスペイン語講座はそれぞれのレベルに一クラスだけで、
受講は先着順で、昨年からの受講生が進級していきますので、初心者コースで早くいった人は問題ないですが、それ以上のレベルのクラスも定員に限りがありますので、試験でレベル分けされますが、
あくまでも空席があった場合になります。
なお、昨年受講していて進級(もしくは進級しなくて同じレベルを再受講する人も)
する人は3月6日の午後2時から事務所へ手続きに行ってください。

一応、一般的に再履修は可能ですが、再履修は二回までですので進級もがんばってくださいね。

週二回午後6時以降の
Regularレグラル(レギュラー)コースは4ヶ月で前期と後期に分かれます。
3月6日の午後6時がレベルチェックテストです。
一応6日から10日まで受け付けていますが、先着順に埋まっていきますので、
早く行かないとこれも席がなくなります。
前期は3月20日から7月14日まで
7月31日がレベルチェックテストで
後期は8月7日から12月1日まで。
12月から3月までは夏休みです。


ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスの正式名称は
Instituto de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandezです。
住所 Carlos Pellegrini 1515, CABA
簡単にレングアスビバスといいますが、もともとは国立で現在はブエノスアイレス市立の高等教育機関で英語学科やフランス語学科などがあり、語学講座同様学費が無料です。
ただ、協力費で運営委員会を補助します。

レングアスビバスはアルゼンチンで最初に外国語教育を行った機関であり、
日本政府に無償協力にてLL教室二部屋とビデオ編集室の寄贈を受けました。
英語学科、フランス語学科、ポルトガル語学科、イタリア語学科の他に7ヶ国語を選択外国語科目として教えており、学科生の受講生が優先ですが、それぞれの外国語クラスに空きが出れば一般へ公開講座として開放しています。それのため、日本語も寄贈をきっかけに1992年から公立の高等教育機関で単位の得られる科目として最初に開講され、そして現在も高等教育課程の中で日本語が教えられている唯一の学校です。
さらに無料ですから、大変人気があります。


外国語大学ですが、登録の手続き全てスペイン語ですから初心者の方など付き添いが必要であれば
頼むことができますから、お早めに申し込んでください。
tomokoargentina2@gmail.com
それから、結構厳しいので、ついていけない人へのためのプライベートレッスン、グループプライベートレッスンも行います。

何かあれば私は3月16日午後5時から6時半まで
日本語のレベルチェックの日には確実に学内にいる予定です。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 






Gourmet Channel にて日本の食事事情について放送中

ただいま3月3日
午後6時からGourmet Channel にて日本の食事事情について放送中 gastronomia del Japon,
DirecTVなら232です。
最初は築地の特集です。
 その後、家庭などにお邪魔していきますので、スペイン語で日本紹介番組楽しいですよ!

2017年03月03日

アルゼンチンサッカーの情熱とブエノスアイレスの街周遊ツアー3月13日午前10時から

 アルゼンチンサッカーの情熱とブエノスアイレスの街周遊ツアーを来る3月13日午前10時から
午後5時まで開催します。
 ブエノスアイレス観光局主催で、アルゼンチンサッカーの情熱とブエノスアイレスの街の地域を回る周遊バスツアーですが、特別日本人枠を設けてもらいました。
http://www.lanacion.com.ar/1967902-a-la-cancha-un-tour-por-los-barrios-portenos-para-vivir-la-pasion-por-el-futbol

IMG_2783




集合場所はこちらです。
なお、午前10時の集合場所はこちらです。
Sarmiento y Av. Leandro N. Alem (Plaza del Correo) 151
セントロクルトゥラルキッシュネルCCK前です。
周遊場所は以下のスタジアムです。 
1。ボカジュニオルスBoca Juniors (ボカ地区)
2。ウラカン Huracan 
IMG_2794
 
##先日は偶然、選手に遭遇しました。
3。サンロレンソSan Lorenzo (アルマグロ地区)
IMG_2825

4。アルヘンティノスジュニオルス Argentinos Juniors  注  
マラドーナが最初所属していたチーム
5。リベルプレート River Plate  
((ヌニェス地区なので、こちらに近い人はそのまま帰ることもできます))
です。

IMG_2782


バス周遊自体はブエノスアイレス市文化事業で無料ですが、
それぞれのスタジアムへのアクセスに入場料がかかります。
それから日本語通訳料、現地ガイドさんへの心付け。
また地元ぽいランチ付きです。

IMG_2805



参加ご希望の方は tomokoargentina2@gmail.com にご連絡ください。
ご氏名、お子さんの場合は年齢も、そして、ご滞在先などの連絡先 
電話番号があれば電話もお願いします。
観光で滞在の場合、ホテルにお迎えが必要な方はホテルもお知らせください。

なお、人数により参加費が変動します。

なお 別途ニ人以上でしたら、
ご希望の日に実施することも可能ですからご相談ください。(ただし、月、水、金になります)
TOMOKO

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





2017年03月02日

アルゼンチン総合舞台芸術フエルサ ブルータ「Panasonic presents WA ! - Wonder Japan Experience」8/1から9/30東京公演!



Fuerza Brutaはアルゼンチンの総合演出芸術のステージ集団です。
http://www.centroculturalrecoleta.org/nuevositio/fuerza-bruta/
現在ブエノスアイレスではレコレータ文化センターにて水曜日から日曜日夜8時頃の部(日によっては7時もありますし、11時半もあります)などの公演が行われています。
チケットはこちらのサイトから。
http://www.ticketek.com.ar/fuerza-bruta/centro-cultural-recoleta
実は2003年設立されたのですが、この舞台を有名にしたのが2010年のアルゼンチンの革命宣言からの200年祭です。フエルサブルータによる誰にでも理解できる芸術的パレードが展開され、多くの国民が楽しみました。現在のカーニバル週間でもカーニバルをテーマにした舞台ができています。
しかしこのショーの特徴は舞台がまああるというかないというか。。。そして全員が80分立ち見なのです。ぜひこの「舞台」に参加して楽しんでほしいのがショーの意図だそうです。

なお、このアルゼンチン発の芸術である究極を超える体験型エンターテイメントが今夏日本に上陸します。

フエルサ ブルータ 「Panasonic presents WA ! - Wonder Japan Experience」8/1(火)から9/30(土)
品川 ステラボールにて開催されます。常識と重力を凌駕する フエルサ ブルータ最新作が日本をテーマにしたショーが世界初演されます。
https://twitter.com/FB_Tokyo   
ツイッターで現在3月2日のプロモーション「BUY 1 GET 1 FREE!」をやっていますのでお得です。
詳細はこちらから
http://eplus.jp/sys/web/irg/fbw-tw/index.html



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CONSULTA! Aqui estan los libros japoneses.

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CODIGOS!


クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村 サッカーブログへ
ラテンアメリカ関係テレビ番組
アルゼンチン撮影コーディネートはファニプロラテンアメリカにお任せください!詳細はこちらから


((オンエアのご案内)))

2014/05/17,24,31
フジテレビ「めざましテレビ」(6-830am)
公式HP:http://www.fujitv.co.jp/mezamado/
めざましどようび藤原倫己
“CHANGE THE WORLD for 2020”アルゼンチン編
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/




2012年グローバルビジョン「世界の起業家」
5月5日(土) 19:0019:54
5月8日(火) 27:0027:54 (再)
5月12日(土) 19:0019:54 (再)
5月19日(火) 27:0027:54 (再)
見逃し視聴「起業家」(ウルグアイ)

2012年3月20日(火)午後9時から
NHK BS1「夢をあきらめない
〜女子ホッケーさくらジャパン〜」


TBS世界ふしぎ発見!
2012年3月10日(土)午後9時から
第1222回 一番遠い親日国アルゼンチン
宮地眞理子インタビュー1
宮地眞理子インタビュー2

NHK >地球アゴラ
2012年3月4日(日)午後10時から
第160回アルゼンチン編

TBS 夢!世界どうぶつ大図鑑
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dーバルデス半島他

2012年1月21日
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dー南の牧場


朝日放送朝だ!生です 旅サラダ
毎週土曜日午前8時から午前9時半
海外マンスリー三月はアルゼンチンBY石川梨華
2011年3月5日(土)ブエノスアイレス
3月19日(土)サルタ
3月26日(土)エル カラファテ

vol.103 「世界の働く女性(Part2)」 
2011年 3月13日(日) 21:0021:54
3月16日(水) 27:0027:54 (再)
3月19日(土) 16:0016:54 (再)
3月20日(日) 21:0021:54 (再)
3月23日(水) 27:0027:54 (再)
3月26日(土) 16:0016:54 (再)
vol.100 「世界の誕生日」
vol.101 「世界の石」
「グローバルビジョン見逃し視聴」

NHK BS-1 地球アゴラ
12月19日(日) 
「第111回」

NHK BS-1 地球アゴラ
11月28日(日) 
「第108回耕せ世界の大地」

アルゼンチンにて12月12日(日)1710

BS TWELLV、グローバルビジョンTVにて
「競技会]「チリのクエッカダンス競技会にかける若者」
11月27日(土) 16:0016:54 (再)
11月28日(日) 21:0021:54 (再)
12月1日(水) 27:0027:54 (再)
12月4日(土) 16:0016:54 (再)
「グローバルビジョン見逃し視聴」
BSジャパン
<8月29日(日)午後9時から 
「アルゼンチン絶景の旅」

「先住民の文化を継ぐパラグアイ」
7月22日(木)18:00〜(1時間番組)
「パンタナールの大自然〜パラグアイ〜」
7月29日(木)18:00〜(1時間番組)
地球ゆうゆう紀行
2010年1月24日(日)午後10時から
NHK地球アゴラ
はるばる日本人のコーナー「世界一蹴の旅」
世界一蹴の旅
アルゼンチン ブエノスアイレスからLIBEROユニット生出演

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

Profile
地球の歩き方2010年版発売中(巻末見てください)
05753-7 GUIA DE TURISMO DE ARGENTINA; CHILE; URUGUAY Y PARAGUAY EN JAPONES 地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員のページへ
バンクーバーオリンピック アルゼンチン人選手頑張れ!
DSC06734 スキーフリースタイル男子でアルゼンチン代表として、2010年2月のバンクーバーを目指しますクライド ゲティCLYDE GETTY選手 https://5dreams.panasonic.net/
テレビ番組コーディネート、スペイン語通訳などご用命は。。
テレビ番組撮影コーディネート
現地コーディネーター
スペイン語通訳
プロジェクトコーディネート

アルゼンチンのことなら! 

tomokoargentina☆gmail.com
☆を@に変えてメールをどうぞ!

FunnyPro LatinAmerica
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
br_decobanner_20091225082816
((オンエアのご案内)))

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員
51Ehu1%2B6utL__SL500_AA300_ 世界一蹴の旅の本アマゾンで購入!
livedoor プロフィール
トラベルコちゃんのサイトで旅行者向けブログを書いています! トラベルコちゃん、素顔のブエノスアイレス・アルゼンチン 旅行情報ブログ
ブエノスアイレスでW杯を楽しむ
アートとカルチャーを満喫
コロン劇場 攻略ガイド など続きます。
格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行情報サイト
#ブエノスアイレス、パタゴニア、 北西部、イグアスの滝、南極の 旅、目的別の旅行、視察、研修。
#スペイン語留学
#スペイン語学習
#短期 ’長期滞在
#手続き
#−−がしたい!
#−−さんと会いたい!
など、 通訳、翻訳、便宜、資料作成、 語学レッスン、プラン作り、 コーディネーションを行います。
MIN+GOB_REF
https://5dreams.panasonic.net/