2009年10月

2009年10月30日

マラドーナ誕生日おめでとう!Feliz Cumple Diego Maradona

DSC06746Que los cumplas feliz,
que los cumplas feliz,
que los cumplas Diego,
que los cumplas feeeeliz!
ケ ロス クンプラス フェリス ケ ロス クンプラス フェリス
ケ ロス クンプラス ディエゴ、ケ ロス クンプラス フェリス
誕生日のハッピーバースディの歌のスペイン語版です。
毎年このディエゴマラドーナの誕生日の前夜をクリスマスイブ(神の生誕前日)として祝うのが、写真の本のタイトルになっているマラドーナ教会です。
今年は、本拠地のロサリオの近くのサン ロレンソで祝いました。
なお、ディエゴは49歳になったので、マラドーナ教会では現在DD49年なのだそうです。
http://www.clarin.com/diario/2009/10/30/um/m-02030466.htm
Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村

アルゼンチンの国花はセイボ

plazayceibos アルゼンチンの国花はセイボCEIBO,アメリカでいごと言います。水辺にある木が多く、パレルモ公園には多くあるので、ぼちぼち真っ赤な花が咲き始めました、原産はアルゼンチン北部で、サルタで大木を見たことがあります。パレルモ公園で人々は付近で涼をとっていますね!DSC06700アルゼンチン在住の日本婦人の会はセイボ会と言います。私は最初聞いたとき「聖母」かと思ってしまいました(笑)Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いしますにほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村

2009年10月29日

暑いブエノスアイレスCalor en la ciudad

DSC06675今朝10月29日の朝の風景です。パレルモの四ブロック四方を占める(400X400m)ラス エラス公園Parque Las Herasです。女性ももちろんいますが、セニョールまでですからかなり暑いという現象です。今日は気温30度ですが、体感温度は32度。今週末はもっと暑くなるそうです。コルドバのサンロケ湖では水不足でひあがってしまっています。一方で、ブラジルの南部からの影響で、パラナ河上流でチャコやコリエンテスの河の増幅により、中の島にある牧場の牛が移動されています。9月21日から12月まで春のはずなんですが、もちろん、すごく寒い日もあり、今年はアップダウンが激しいですが、基本「暑い」ようです。
現在、ブエノスアイレス市政府の中に、国政府の盗聴スパイがいたようで、その調査も進んでいます。最近、公務員の移動が多いなと思いましたが、係わり合いになりたくないため仕事をやめる人も多かったようで、市政府と国家の対立も熱く続いています。




ウルグアイの選挙結果el Frente ganó, pero ganó por poco

El pasado domingo 25 de octubre, en Uruguay celebró sus comicios, los cuales eran especialmente particulares, ya que también se celebraban dos plebiscitos: contra la ley de caducidad y por el voto epistolar, estas propuestas no lograr alcanzar el 50 % más uno que requieren y no fueron aprobados.
Fue una gran tristeza el domingo pasado para muchísimo uruguayos, ya que era la oportunidad de reivindicarse ante el mundo derogando la "ley de caducidad", ley que absuelve a los criminales militares de ser llevados a juicio. Se cree, o eso nos gustaría creer, que más que la indiferencia de la gente ante las tragedias del período dictatorial, fue la ignorancia sobre qué era lo que se votaba (en parte porque la polémica se centró entre los presidenciables). Sería increíble pensar, que el ciudadano común, se horrorice con los robos (tema central en el discurso de la oposición), se horrorice con la tragedia del holocausto, pero que sin embargo, sea incapaz de conmoverse por un vecino cualquiera que perdió un padre, un hijo, un nieto, no de otra forma sino mediante la tortura, el asesinato o el robo.
(http://www.youtube.com/watch?v=S7R_M0p4ceI&feature=related)
Reforma de la constitución por la ley de caducidad:48,3%
Reforma de la constitución por el voto epistolar: 36,3%
 En cuanto a las campañas de los candidatos fueron, más que en otras elecciones, llenas de abruptos y sorpresas. Por la izquierda, el candidato del Frente Amplio “Pepe” Mujica, tuvo que enfrentar no solamente los desmerecimientos de sus contrincantes por su pasado guerrillero y su desaliño en la vestimenta, sino los dichos en “Pepe coloquios”, el libro que escribió un amigo suyo en base a entrevistas que habían realizado a principios de año. Mujica, basado en la confianza depositada en su amigo, no corrigió el libro antes que este saliera publicado, no enterándose así, que también habían salido comentarios de índole personal sobre la gestión actual del gobierno y sectores del Frente Amplio. Esto le valió un “cruzamiento” con Tabaré Vazquez, presidente de la república.
  Por la derecha, los candidatos del partido Blanco Luis Alberto Lacalle y por el partido Colorado Pedro Bordaberry. Ambos candidatos representan a los partidos tradicionales, los cuales habían llevado el gobierno hasta el período anterior (con mayor predominancia del partido colorado).
  Lacalle, un político locuaz y de tradición, cometió numerosos “fursios políticos”, emitiendo acusaciones desde “asesino” a “perro faldero” hacia el presidenciable Mujica, a quien también acusó de vivir en un “sucucho”. Pero estas no fueron únicamente las declaraciones malsonantes, sino que sorprendió al país cuando entre sus propuestas incluía la de colocar duchas en los cantegriles (villas miseria) para que los pobres no estuvieran tan sucios, también extrañó el calificativo de “atorrantes” a aquellos que fueron ayudados por el plan de emergencia(http://www.mides.gub.uy/mides/carpeta.jsp?contentid=912&site=1&channel=mides). Pero no podemos dejar de destacar, que si hubiese alguna “metida de pata” que nombrar de este candidato, sería la “metida de mano en la lata” durante el período en que él mismo ejerció como presidente. En resumidas cuentas, la primera dama recibió un porcentaje del 3, 33% de las acciones del banco estatal Pan de Azúcar que vendieron a “manos extranjeras”, en aquel momento no existía una ley que impidiera recibir comisiones por lo que ni la primera dama ni su presidente pudieron ser encarcelados, a diferencia de todos los funcionarios implicados, los cuales gozan de vida entre rejas. (http://www.youtube.com/watch?v=7hpfLr2_JFQ&feature=related)
El candidato por el partido colorado, que enfrentaba el descontento de los dos últimos períodos, mantuvo una estrategia de intentar diferenciarse de los otros candidatos como un presidenciable que no entra en querellas, con lo cual obtuvo una importante emigración de votos desde el partido Blanco. Sorprendió a muchos por otra parte que la gente olvidase que Bordaberry no es otro que el hijo del ex dictador, Juan María Bordaberry (http://www.ladiaria.com.uy/files/ladiaria_20061221web.pdf).No es necesario preguntarle a “Pedro”, como se presentó en campaña, sobre si su padre es inocente o no, o si hubo o no dictadura en el Uruguay, (http://www.youtube.com/watch?v=FpHeA0HDiKw&feature=related)
Bordaberry no puede deslindarse de las ideológicas que lo vinculan con su padre por lo que aunque no se lo puede acusar de los delitos de su padre, ni se puede asumir que cometería las mismas acciones, es considerado no apto para presidente por su visión sobre la historia reciente y concepción ideológica que se deriva de la misma.
Finalmente, el domingo pasado el Frente Amplio no logró ganar en primera vuelta aunque sí obtuvo la mayoría parlamentaria. Mujica (Frente Amplio): 48% Lacalle (Partido Nacional):28,8% Bordaberry (Partido Colorado):17,7%
El próximo 29 de noviembre, se volverá a celebrar elecciones entre los candidatos Mujica y Lacalle. Por nuestra parte, consideramos que quienes roban al país aprovechándose de su conocimiento de la ley, no deberían haberse candidateado desde un primer momento. “Mujica presidente”(http://www.elpais.com.uy/Suple/DS/09/09/20/sds_442824.asp). ウルグアイのパブロ特派員からでした。以下のブログでウルグアイについていろいろ日本語とスペイン語で紹介しています。後ほど上記日本語でアップします。http://paburoiza.exblog.jp/

2009年10月28日

Sub17でアルゼンチンの勝利

DSC06658アルゼンチンユース代表チーム(SUB17)が本日ドイツに勝利。Octavo finaと呼ばれる、最後の八チームに残りました。2−1の勝利です。次は対ナイジェリア戦です。勝利の瞬間のFIESTAこと、祝いで皆が跳ねていました。アルゼンチンの試合終了後も、応援中もはねろ!サルタ!Saltaと言われれば、はねなければなりません。はねない人は非国民。。。つまり、イギリス人だ!とかウルグアイ戦のときにはウルグアイ人だ!と言われてしまっています。
El que no salta es un ingles! DSC06441Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村

2009年10月27日

イグアスの滝がThe Guardianのベスト旅先賞受賞

イギリスの旅雑誌THE GUARDIANで2009年のベスト旅先賞は「イグアスの滝」Cataratas de Iguazu
IMG_0274
を今年2009年の最高の旅先に決定しました!アルゼンチンには素晴らしいところが多いですけれどもブエノスアイレスから一つだけいくとしたら私はここをお薦めします。そして、節約タイプにもデラックスタイプの旅行にもイグアスは最適です。もちろん最近のアルゼンチンの物価高騰により値上げは避けられませんが、まだまだ選択の余地あるお得な場所がイグアスです。2011年の新世界七不思議にも立候補しています。こちらから是非投票してくださいhttp://www.vote7.com/n7w/nature/finalists
 写真は、今回取材対象となった、レンジャーという森林管理人さんで密猟者の前に命を落とされたベルナベ メンデスさんの名前がついている滝付近にて、二重の虹が出ました。見逃し視聴という企画で、インターネット上で番組を見ることができます!普段は見られないレンジャーさんの別のハードな仕事の面と家族との憩いの様子が見られます。実はこの主役の方には南極取材のときに一度お会いしたことがあります。その後パタゴニアのあまり訪問者のないさびしい国立公園で仕事をし、現在観光客の多いイグアスにと、レンジャーさんの活躍の場は多様です。以下でダウンロードしてご覧ください。
http://www.twellv.co.jp/minogashi/index.html
美しいジャングルです。
IMG_0565 このやしがパルミートPALMITOです。やしのシンでたけのこのような食べ物ですが、そのシンをとれば木自体が死んでしまい、この木に住む昆虫、それに関わる動物とPALMITOが少なくなるだけで生態系が変わる、それを守るためにも密猟者を取り締まっているのだそうです。Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村



2009年10月25日

タージマハールとクリスティナ

indiaタージマハールを前にどちらのモデルさんかと思えば、我が大統領クリスティナ フェルナンデス デ キッシュネルです!美しいですね。tapa                        何と、ノティシアの雑誌の表紙で「クリスティナの美容整形の秘密」という記事まで今週は出ましたが、先般メディア法を急いで署名して、出かけた先はそう、インドでした。楽しそうですね!それでいろいろな商業ミッションがあります。その中でも核エネルギーに関する協定を結んだそうです。アルゼンチンは核エネルギーセンターは三箇所ありまして、その中で譲渡関係のATUCHA 1の横にATUCHA IIというセンターが2010年までに向けて、20年泊まっていたのが2007年建設が開始されました。ブエノスアイレスからホンの100キロ、サラテという場所でパラナ河の横にあります。詳細は以下のリンクで見られます。
http://es.wikipedia.org/wiki/Central_nuclear_Atucha
VHB_0185[1]

2009年10月24日

日本庭園を救おうSalvemos al Jardin Japones Parte 2

 10月21日は雨にも関わらず、PERU通りのフロリダ通りの続きにある歩行者天国前の市議会の中の公開討論に参加する人、+その前でのたいこ隊に、オタクな若者が半コスプレで、そして武道家が胴衣で、日系人、非日系人集まって、JARDIN JAPONESことブエノスアイレス日本庭園の存続の意義を穏やかに説き、訴えました。その整然さには市議会の議員も感心したとのこと。そのニュースは全国紙ラ ナシオンに出たのは当方の市民欄記事のみでしたが、他のニュースに三社出ていました。以下のリンク参照。
http://www.noticiasurbanas.com.ar/info_item.shtml?sh_itm=9ca5725d2c6736215f034ba721db33ad
また、楽しいのは多くのブログが SALVEMOS AL JARDIN JAPONES「日本庭園を救おう」の題で、ポスター掲載と、自身で何故この庭園存続に賛成するのかが、書いてあります。それを眺めるのも楽しいし、写真もいいので、スペイン語ですが、是非ご覧ください。
http://blogsearch.google.com.ar/blogsearch?hl=es&ned=es_ar&tab=nb&q=salvemos%20al%20jardin%20japones
皆さんの大筋の意見として
1.綺麗に管理されている美しい庭園が市の管理で普通の公園に戻る=荒れ果てる のを見るのはいやだ。実際に、そうなりそうだったときに現在の日本文化財団が構成され、庭園を管理するようになった、ある程度の入場料を取るのは当然だと思うし、その金額はシンボルのようなもので、それで美しく景観を眺め、街中で綺麗な空気をすうことができるオアシスが得られるのならいい。また犬の糞を心配しながら、歩く必要がない。
2.誰でも市民も一度は最低行くべきところ。地方から来た人の観光客も多く遠くはベネズエラの人もブエノスアイレスの観光のいい思い出となっている。市民にも初めてのデートの場所だった、という素敵な思い出を持つ人が多い。
3.小額の入場料のみで、日本に行かずに日本文化に触れることができる。入場無料にしてしまったら、パレルモの湖でやっているように、皆が鯉を釣って持って帰るだろう。植物を持って帰って自分の家に植え替える人がいるだろう。柵を取り除くなど持っての他などなど、結構楽しいです。
 もちろん一方で入場料が高い、無料にすべきだという意見も もちろんあります。(でも4ペソですけれども。。)
 当方の記事についているコメントも、日本庭園と日本人、日本文化、日本芸術、精神を絶賛しています。移住者した日本人の花き栽培や正直、勤勉にも触れています。また市民欄では一番読者を獲得した記事ランキング1位となりました。以下念のため再リンクします。写真の石灯篭には、日本語とスペイン語でアルゼンチン独立150年祝いに建立した在アルゼンチン日本人一同寄贈となっています。http://soycorresponsal.lanacion.com.ar/Nota.aspx?IdNota=5306
Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村



2009年10月22日

パレルモの隣人を愛でながら

DSC03330
私の住んでいるパレルモ地区にはいろいろな隣人がいます。緑な彼ら、オキナインコさん達Cotorrasを眺めるのは楽しいですね。DSC04618ここも近くです。日本庭園として南北アメリカ最大の規模であり、週末は地方からのブエノスアイレス観光客だけではなく、ゆっくり都会の喧騒を忘れて(犬の落し物も気にしないで)散歩をする人がたくさんいます。瞑想するには平日の方がお薦めです。エキゾチックな植物を愛で、アルゼンチンライクに大きな鯉を眺めるのがアルゼンチン人の憩いとなっています。国の記念物にも指定されていますDSC03091しかし、花より団子な方は、こちらのチョリパンを愛でてください。Panza llena corazon contento 「おなかがいっぱいなら、心も満足」とアルゼンチンではいいます。




2009年10月21日

ブエノスアイレス日本庭園の存続危機Salvemos al Jardin Japones

n138045219232_6860ラ ナシオン新聞市民記者欄に記事を載せていただきました。以下、クリックしてください。写真と、日本庭園の存続危機について書いています。http://soycorresponsal.lanacion.com.ar/Nota.aspx?IdNota=5306
ちょうど1989年から20年の譲渡ということで現在アルゼンチン日本文化財団が運営期限が切れるということで、議会では市の公共公園に戻す動きがあります。すでに1967年に建設されていた後、日本庭園は市の管理で普通の公園に戻ってしまいました。そのため20年ほど前、日本人移住100周年を記念して大きな清掃と改築を行い現在の姿があります。もちろん途中、池の鯉の成育のため、池の水を取り替える大作業も行いました。アルゼンチンでは公共文化施設は無料という考え方から、入場料を取るのを反対する、また一方で別の目的でこのパレルモの一等地を使いたい考え方などが入り混じっています。そのため、先月まで入場料は5ペソ、週末は8ペソであったのが現在一律4ペソになりました。4ペソは約1ドルです。日本庭園は他の公園よりも手入れがアルゼンチンでは複雑であり、また日本文化の普及のためにも現在の財団が継続して運営する必要性はあると思います。もちろん、これからの考え方からも多くの改革は必要でしょう。それでも、実は1960年からアルゼンチンの建国150年を祝って日本人移住者一同が寄贈した素晴らしい「石灯籠」ありました。日本人移住者は勤勉、人を尊敬する人たちであるという定評があり、今まで黙ってきましたが、本日16時からPeru街160番地にて、平和的デモとそして、公開討論に参加します。もしお近くに行くことができるのなら、是非、日本文化の発信地としての「日本庭園JARDIN JAPONES」が消えてしまわないためにも、ご参加、もしくはリンクの親指マークを押して投票し、できればこの声をアルゼンチン社会にももっと広めたいと思います。こちらはその趣旨のFACEBOOKのグループです。
http://www.facebook.com/group.php?gid=138045219232#/group.php?gid=138045219232Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村



2009年10月20日

アルゼンチンの家庭料理

DSC03672
DSC03688
DSC06372
DSC03010

家庭料理を並べてみました。
名前が全部分かりますか?
まだまだ載せます。DSC04553

グローバルビジョン「見逃し視聴」必見!

DSC02074 写真は悪魔の喉笛を一番上の部分。雲と空でまるで絵に描いたような景色です。
さて、BS12チャンネルで好評放送中の「世界の。。。」で三つの国の様子を描くグローバルビジョン。次は「世界の牧場」でアルゼンチンのカウボーイこと、
ガウチョが登場します。観光向けのフィエスタガウチャ(ガウチョショー)のような御客さん向けではない、普通の牧場で馬に乗って生活するガウチョの仕事を日常を朝から追いかけます。
11月1(日)21:00〜22:00、2(月) 19:00〜20:00、
7(土)16:00〜17:00
ですが、すでに放送した、「世界の7歳」(サッカー少年ーと「世界の森」(イグアスの森を中心にイグアスの滝も出ます)をインターネット上で見逃し視聴としてみることが出来ます!以下ご覧下さい。
http://www.twellv.co.jp/minogashi/index.html
DSC02147Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村



2009年10月19日

夏時間は当面延期(パラグアイ、ウルグアイ、ブラジルは変更)

IMG_4149 アルゼンチンは18日から時計を一時間進める、という夏の間の時間を採用する予定でしたが、16日に急遽 延期することに決めました。観光業界を中心に、夕食の時間帯に明るければ人々は夕食を取らないということによる反対意見が圧倒的に多く、地方も州ごとに決めるのですが、夏時間採用をどこも率先しないため、政府はこれ以上国民との摩擦を増やしたくないようです。その一方でパラグアイ、ウルグアイ、ブラジルは実行しましたので、パラグアイは現在アルゼンチンと同じ日本とは12時間違いの時差。ウルグアイ、ブラジルは11時間の時差になります。
 ブエノスアイレスは すっかり夏のように写真では見えますが、まだ涼しい日も多く手放しで半そでのみではいられません。

2009年10月18日

母の日 Feliz Dia de la Madre!

アルゼンチンでは10月の第三日曜日が母の日なので、今年は10月18日です。南米周辺でも5月が多いのですが、アルゼンチンだけ10月なのは春を意識しているからでしょうか。ラテンアメリカでは、母親は別格に大事に置かれています一方で男同士で悪態をつくときに「売女の子ども」「お前を産み落とした売女」という表現がスペイン語でありますが、たまには「すごい!」という意味でいい意味に使われるときもあります。そのまま直訳すると、きつい表現ばかりなので、せいぜい「お前の母さんでべそ」が悪口である程度の日本語にするのは難しいですね。現在、とうとうFIFAの裁定が行われるだろう、マラドーナ監督としての放送禁止用語発言は実はカンチャことピッチの中でのやりとりや、応援席からの悪態では結構、挑発するための発言として相手の勇気と根性を測る意味で使われます。
 マラドーナが本日10月17日、古巣であるアルヘンティノス ジュニオルス(ホームのマラドーナの名を冠したスタジアムにて)の試合を見に行っていましたが、元奥さんのクラウディアさんと娘さんを伴ってです。アルゼンチンでは離婚した相手であっても、子どもが小さいと時々行き来する習慣がありますし、クラウディアは貧しい時代から選手として大変なときも共にした相手でもありますし、マラドーナがTOTAこと、自分の母親同様大事にしている女性であり、また明日の母の日を意識して自分の娘達の母親に敬意を払って、今週末は大事にしているのではないかなーと思われました。娘のダルマも子どもができて初めての母の日ですし、今週末はマスコミの追ってを逃れ、平和に過ごしてほしいと願います。もちろん、試合会場に来ていればインタビューもありましたが、ペルー戦までは大変だったね。自分がプレイするのとは違うでしょーという風に終始穏やかな感じでした。最後にワールドカップも監督するでしょ、という質問にも もちろんだよ、と答えていました。
 この試合の放送は現在公共放送の7チャンネルでした。アルゼンチンでは、今季から、地元リーグ戦は全て公共放送で放送しているため、大衆も余分な料金を支払わずに、試合を見ることができるようになりました。今までは一部のチャンネルの独占、もしくは試合カードにより生放送、時差放送があったのですけれども。それを支持したマラドーナは微妙に政治的に「利用」され?そして、またそれがメディア法支持にもつながることによってマスコミからバッシングがあるのもそういう理由があるかもしれません。DSC06375Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村アルゼンチンで女性にプレゼントで喜ばれるのがチョコレートです。これは75年続いているEl Crisantemo(日系チョコレート屋)で買いました。Lengua de gato猫の舌と呼ばれる形になってかわいいのです。



2009年10月17日

マラドーナ監督の発言はいつも注目の的

DSC0653810月15日夜、サッカーテレビことT C Sportsにてマラドーナ独占インタビューが放送されました。
 以下、聞いて書いただけなので、ダイジェストになりますが、基本的にディエゴ マラドーナ監督は対ウルグアイ戦後の記者会見でマスコミを批判し、また悪態をついたことについて以下のような話をしています。
「私は決して皆さんの手本ではない、それは子ども達は自分の親をお手本として下さい。私は単に自分のうっぷんを晴らす言動をしたことです。批判する人々はサッカーが分からない、今までサッカーを満足にしたことも、賭けであってもボールを蹴ったことのない人たちでしょう。私の家族の中の女性に、そして、アルゼンチンの、ウルグアイの、試合を見てくださった女性達に大変申し訳ない発言をしたと思っていますが(女性にはそういう発言をしてはいけないとアルゼンチンでは小さいときから教えられているー男性同士の中だけ)それだけです。いろいろなことを言っている人がいますが、あのチャンスがもうないかという状況のぎりぎりのところに立たされた私達の思いを想像してみてください。私の頭の中でいろいろなことが思いめぐり、そうして、あのようなうっぷんさらしの言動となったのです。私は自分と気が合うから、友達だからといって選手を選んだことはありません。アルゼンチンのユニフォームに誓って、アルゼンチンサッカーの歴史にかけて。。。
No soy ejemplo, tiene que seguir a sus padres como ejemplo, yo soy una persona mas que desahoga, la gente que critica, me parece que no tiene nivel, pido disculpas a las mujeres argentinas y uruguayas por mis expresiones,
pero nada mas, hemos visto en dar sueltas a las bocas la gente que nunca patio la pelota. de mi yo ya no tenia chance,todo esto fue maquinando mi cabeza, desahogando imaginate el limite que pasamos nosotros.
yo puse ningun judador por la simpatia ni amistad,
respetando la camiseta, y la historia del futbol argentino
世界の唯一のスターに今まではプレイをしていたので批判の余地がなかったのが監督になってから、成果が出ていなかったので、マラドーナ監督の采配を評価し、多くのスポーツ番組でのディスカッションが過熱し、アルゼンチンのメディアに向けての対抗的な発言により、集中砲火しています。外国のメディアは理解できないようで、翻訳もめちゃくちゃですが、アルゼンチンではサッカーの試合会場内外で普通に話されている言葉をアルゼンチンのメディアがいるだけではなく、ちょうどアルゼンチンが予選突破なるかの注目のときに世界中のマスコミがいる前でいっちゃったのでそのニュースはセンセーショナルに流れ、アルゼンチンのマスコミも真っ二つに分かれ、ディエゴの発言に批判の矢が向けられています。
 それでも、選抜チームのベロンさんもパレルモさんもディエゴの気持ちは分かると擁護。またディエゴ監督だからこそ、試合中にいつもテレビ画面の中にマラドーナを入れて、視聴者を喜ばせています。
DSC06403(真ん中下の紺色にエンジいのをつけている)
ちょうど祝杯アサードをしていたところにカメラが行ったので最後に仲間を映していましたが、私が注目したのはこれ
DSC065342010年W杯進出祝ケーキですね!
DSC06533Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村





2009年10月16日

NHKBS2地球アゴラにマラドーナサポーターとして出演します(10/18日)

 10月18日(日)午後10時10分から59分まで、NHK BS2地球アゴラにて、アゴラーにてマラドーナとアルゼンチンサポーターとして生出演します。
http://www.nhk.or.jp/agora/02
マラドーナはアルゼンチンの英雄です。写真左はカルロス ガルデル(タンゴ歌手でタンゴを世界的に有名な音楽のジャンルにのし上げました)真ん中の女性はエビータことエバ ペロン(ペロン大統領夫人、貧しい出身からファーストレディになったシンデレラ、そして女性の参政権など社会福祉のために活躍しました)そして、もちろん我らがマラドーナです。
なお、続けてオンエアがあります!
先般 放送された
グローバルビジョン「世界の7歳」(BS 12チャンネル)が
17日(土)16:00〜17:00  に再放送します!見逃した人はどうやって
アルゼンチンのサッカーが育つかをみるチャンスです!
http://www.twellv.co.jp/program/documentary/index.html
現在上記HPの写真になっているのは、イグアス国立公園の森の管理人レンジャーさんです!
グローバル・ビジョン vol.54「世界の森」“Forest”
18(日)21:00〜22:00なので、地球アゴラの前によろしくお願いします。
19(月) 19:00〜20:00にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



アルゼンチンスポーツ紙の表紙

portada 本日の新聞は競って、アルゼンチン選抜の記事。スポーツ紙はマラドーナ監督とビラルドマネージャーの抱き合い泣く写真を載せて、
El que no llora, no mama.「泣かない子には乳が与えられない」
欲しい物があれば、そういうこと、そうしなければ、誰も与えてくれない。
とやりました。アルゼンチンタンゴのカンバラッチェのフレーズにありますね。
このタンゴはひどい言葉遣いで、しかもアルゼンチン人の性格、習性をよくあらわしています。軍政時代に歌唱禁止になった歌でもあります。
 勝利で喜んでいる状態のときにマイクを向けたらマラドーナ監督が放送禁止用語爆発してしまいましたしね。マラドーナにアルゼンチンのメディアの批判に加えて、スペインを中心にしたメディアの批判がありました。
 しかし、普通!のアルゼンチン人でもあんな状態(特にサッカーでは)悪態をついて一日やっているのが通常なんです。。
 マラドーナは子どもがそのまま大きくなったような人、に見識を求めるのが無理な話ですし、そして純粋な人なんですから、思ったことを言う。。今までのプレッシャーが炸裂したんでしょうね。ポトレーロといいますが、貧民街で道端で新聞紙を丸めてボールにしたサッカーやっていて大きくなって才能を見つけてもらったのですから、今の若い選手のようにクラブで大事にされて、お行儀よくやれというのが無理なものです。そして、そういう返事をするだろうと分かっていて、マイクを向けるマスコミもちょっと反省してもらいたいものです。DSC06504Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村


2009年10月15日

勝利に酔うアルゼンチンサポーター

ブエノスアイレスのセントロのオベリスコ周辺の共和国広場にてにほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ディエゴ マラドーナ監督勝利の笑顔!

DSC06401選手と間違えられないように赤いのをつけられたディエゴ マラドーナ監督
本当は出てほしかったと誰でも思っているでしょう!?





DSC06426
アルゼンチン人ならオベリスコの共和国広場に集合だ!
Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ!にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村


Vamos al Mundial

かちました!

ウルグアイ戦のチームメンバー

DSC06397
ディエゴ アルマンド マラドーナ監督率いるアルゼンチン代表チームのメンバーです。ウルグアイのタバレス監督はじめ、選手達はマラドーナに挨拶ができて嬉しそうです。

Centenarioは100周年スタジアム

戦ウルグアイのセンテナリオスタジアムは1930年第一回ワールドカップが開催され、ウルグアイが第一回優勝したので有名です。その後、多くの南米サッカー大会に使用され、最近ではコパ アメリカ大会です。la Copa América 1995, ウルグアイで行われる試合はウルグアイは常に勝ってきた歴史があります。
 ワールドカップのために、特別に9ヶ月の当時異例の早さで1930年7月18日に落成式をし、またウルグアイ憲法から100年ということで、センテナリオ100周年スタジアムという名称がつけられました。1983年7月18日建築から53年後、FIFA(国際サッカー協会)によって、歴史モニュメントに指定されました。中には素晴らしい博物館がありますので、モンテビデオに訪れる際には是非見学をお薦めします。DSC05802モンテビデオ市はブエノスアイレスからラプラタ河の反対側の町です。Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ!にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村


2009年10月14日

ウルグアイでの決戦La Batalla Final

DSC06379モンテビデオに昨夜到着した選手達DSC06386
まず第一に選手達はアルゼンチンのユニフォームを着て試合ができることに誇りを持ってほしいし、それが何を意味するか多くのアルゼンチン人たちにどんな夢を与えるか、そして、私達はそんな選手達を支援するために行くんだ!と イグアインのお父さんのインタビューでした。
 本日10月14日は、雨模様、ラプラタ河の向こうの町モンテビデオ(ウルグアイ首都)はもう少し強い雨が朝から降っています。午後7時からウルグアイの伝統あるCentenarioセンテナリオスタジアムにてVisitanteアゥエイで試合のため、600人のサポーターがブネブスというフェリーに乗って午後1時半から3時半の間に3時間の旅で移動します。
 その中にはディエゴの兄弟のラロ マラドーナ、イグァイン選手の父、ホルヘ イグァインの姿が見られました。DSC06383

2009年10月13日

サッカーに国境なしEl Futbol, sin frontera

 アルゼンチン代表がワールドカップ行きにやっと前進したところで、すでに切符を手にしているアルゼンチン人がラテンアメリカに二人います。それはパラグアイ代表の監督タタ マルティノそして、元アルゼンチン代表監督を務めたこともあるマルセロ ビエルサです。アルゼンチンに勝利した次の日は公的機関の祝日になるほど盛り上がったパラグアイ、そして、チリの大統領は10月11日、ビエルサ監督を訪問。バチェレ大統領には、チリ魂のある監督として讃えられました。チリは1998年のフランス大会から11年ぶりにワールドカップ出場権を手に入れたため、ビエルサの功績は次期大統領に出馬すれば当選するだろうという噂まで出るくらいの人気ぶり。以下のリンクで笑顔のチリ大統領を見てください。http://www.canchallena.com/1185327
http://www.canchallena.com/1185430-marcelo-bielsa-el-dt-que-idolatra-un-pais
 その一方で14日のアルゼンチンのウルグアイ戦のチケットの売れ行きは芳しくなく、ブエノスアイレスではまばらな人影。。。それもそのはず、200ペソが一般入場券POPULAR、そして座席指定のPLATEAが400ペソです。(現在1ドル3.8ペソです)チケットの値段の高さにウルグアイまで行くべき、しかも、対ウルグアイだし、今までの試合運び振りなのですからね。。。ブラジル戦では5000人ほどがチケットもなく、スタジアムの外で体感していたそうですが。。それでも、現在ウルグアイとの環境問題で確執があるエントレ リオス州のグァレグァイチュでは国境の橋を封鎖しているのが、この日ばかりは通すそうですので陸路で行くことも可能です。サッカーに国境はない、というのが結論かもしれません。
 なお、この試合に勝てばワールドカップ行きは確実です。それ以外ですと他の試合結果に左右されます。Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ!にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村


ブエノスアイレスの伝統の味una tradición porteña

 ブエノスアイレス人たちは外食が大好きです。しかも変わった物を食べに行くよりはむしろ普段食べているものを外で食べることが多いのですが、その「家庭の味」的なブエノスアイレスの伝統の味のお店の一つがPIPPOピッポ(MONTEVIDEO341)です。1937年から72年間、コリエンテス大通りを50m入ったところにあるこの老舗は、昔ながらの自家製パスタとパリージャを味あわせてくれます。観劇の後、スポーツ観戦の後、何時でもあいているしいつも賑わっていてうるさいぐらいですが、活気があって私は好きです。しかも気取らない、カミのインディビドゥアルと呼ばれるシートは、その昔、テーブルで話していてメモを取るのに活躍した名残だとか。ウエイターも昔ながらの白い制服で年季もたっぷりです。私のお薦めはタジャリンTALLARINと呼ばれるきし麺のようなスパゲティにバジルの緑のソースにトマトの赤いソースをミックスしたものに粉チーズをたっぷりかけていただきます。女性なら2人以上でシェアした方がいいくらいの量です。Asado de Tiraアサード デ ティラ骨付きTボーンステーキもそうですから、この二品を頼んで3人で食べたらいいぐらいかもしれません。vermicelli al tuco y pestoは太い麺でこれもブエノスアイレスっ子には大人気です。ニョッキ ア ラ ボロネサはピリ辛で日本人向きかもしれません。また小さな子どもがいる家族には気をつかわなくていい場所です。http://www.pipporestaurant.com/
注 ホームページはどうも2年ぐらい前から更新されていないので、値段は現在とは違います。
そしてもう一つはチキリンchiquilinです。ピッポの隣ですが、モンテビデオ街でサルミエント通りとの角です。ここでは ビッフェデチョリッソ(ステーキ)を頼みましょう。http://www.chiquilin-argentina.com.ar/
こちらは1927年からの味です。
Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ!にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村


春半ばブエノスアイレスマラソン

IMG_4114ブエノスアイレスマラソンが開催。12万人が内外から参加しました。ブエノスアイレスは首都で標高が高くない地形も平坦でマラソン向きらしいです。。しかし、交通規制で、このモニュメントから1キロに住んでいるのにしばらく家に帰れない事態に陥りました。交通規制だけ何とかうまくやっててほしいです。国内空港へ歩いていくしかない人たちもいっぱいいました。でもとりあえずパレルモ公園内サンマルティンアンデス越えのモニュメント前に集結するランナーの写真が撮れました。下にちらばっているのはオレンジです。。。
IMG_4156すがすがしいランナー達を見た後、ふと街路を見ると綺麗にこの花はlimpiabotellasリンピアボテージャスよく言ったもので、ビン洗い花といいます。コップを洗うたわしに似ていますね。もう春も半ばです。パタゴニアのバルデス半島には背美鯨(セミクジラ)が多く現れウオッチング日和だそうですし、プンタトンボコロニーのマゼランペンギンももう到来しています。

2009年10月12日

アルゼンチン言論統制?メディア法Kスピード発布

conf__jpgこの方は、アニバルフェルナンデスさん、内閣長ですが、10月10日午後、大統領が早朝に上院議会を通過したばかりのla Ley de Servicios de Comunicación Audiovisual オーディオビジュアルサービス法を発布する署名をし、この規則番号は26.522であり、内容は Boletín Oficial政府広報に記載してある政令1.467号となります。もちろんこの背景には国会では議長である副大統領の前に書類を持ち出したこの首相がいて、大統領が署名を終了し午後7時にインドへの外遊に飛び立つ準備を可能にした訳で早朝判決が出て午前中に発布されているという異例のスピード処理に疑問の声が上がっているのは当然です。
 公開討論が数週間にわたって繰り返されていたのです、実際最近アルゼンチン選抜のサッカーのワールドカップ予選通過なるか、で国民が少し気がそれていたのは確かです。その一方で地元アルゼンチンリーグの独占放送権を取り上げられたT&C SPORTSをはじめとする、大統領側と真っ向から対立をしてるClarin新聞(正確にはクラリンメディアグループ企業体)は、突然のAFIPからの手入れがあったばかりです。
大統領側からは80回以上もの公開討論により、200箇所の修正を行ったとのことなんですが。。
 また一方で通常発令になる予定でも、まずは正式文書作成だけではなく、実行はしばらくかかるのが常にもかかわらず、今回は「民主主義」の意見をできるだけ早急に実行するとのことです。lg_Clarinhttp://www.clarin.com/diario/2009/10/11/um/m-02016776.htm
クラリン新聞ではこれを受けて政府側に多くの裁判に訴えられ、後の犠牲は大きいだろうと評しています。Inconsitucional法に反する、が理由になっています。一方でまずは地元サッカー放送権を奪われた痛手から、TC SPORTチャンネルでは自主退職社員には、事情を察する心ある社員には退職金を120%増しにて支払うという勧告を出しています。一方で、あまり直接解雇をすると、現在毎日のデモの大部分の元凶である、Terrabusi -Kraft (テラブッシという主に菓子製造メーカーが外資に身売りし、大量解雇を出しているので、それに労働の権利をとり、就業の権利を主張している問題)と同じことになります。それで結局どんな法律になったかは政府広報を見るのを待つことになりますが、それでも「言語統制」だとして多くのメディア企業は反対です。なお、再び公共放送(国営)になっている7チャンネルでは、週末は見たくない派もサッカーを長時間見せられ続けている、という問題と、一方でサッカー開始時間にも関わらず多くのファンと視聴者を待たせながら、大統領夫妻がメルセデスソーサのお通夜でお別れをしているところを30分間放送したとして大統領のメディアだから何をしてもいいという姿勢に批判の声があがっています。(決してメルセデス ソサが悪いのではありません。もっと早く衷問へ行かなかった大統領の問題と逆に試合開始時間で皆がテレビをつけている時間にわざと露出するためだったということもあったかもしれません)
 もちろん「くだらない」番組の垂れ流しで、国民の痴呆化問題を指摘している派もいます。センセーショナルすぎる番組ももちろんありますし、それが世論をアオルこともあり得るでしょう。一方で、毎日のデモに疲れ、経済不況で不満がある中、娯楽番組は必要との感もありますし、最近は番組が多すぎる傾向がなきにしもありません、それでも、どちらにしても何でもいい方向への改革は大歓迎でしょうが、やり方が強引で高圧的なのはちょっと勘弁してほしいものです。またサッカーをサポートする、と先般スポーツ放送の公共化でマラドーナと共に記者会見を行い、アルゼンチンのユニフォームをもらったにも関わらず、ちょうどペルー戦の開始時間に合わせて、インドへ飛び立つのはどういうことでしょうか。私的には、ワールドカップへの切符がかかっていたペルー戦を気にかけなかった人は非国民としかいいようがありません。Te gusta la nota ? Hace click 人気ブログランキングへよかったら、クリックお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ!にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村
ちなみにClarinクラリンとは?トレードマークの絵のようにラッパを鳴らす人という名前があります。ファンファーレとして戦闘には重要な人なんですが、今回のメディア戦争はどう出るのでしょうか。
 


2009年10月11日

マラドーナスライディング

20091011_portada 本日10月10日、アルゼンチンーペルー戦は2−1でアルゼンチンの勝利。イワインのデビューゴールでそのまま勝つかと思ったら、ペルーに最後1点入れられ、後半の大雨も手伝い多くのアルゼンチン人がスタジアムから帰りたい、また喫茶店で観戦していても立ち上がる自体になりましたが、最後はメッシと後半交代したわれわれの救世主マルティン パレルモさんが、ゴール。。。ディエゴは芝生にスライディングを2回もして、大喜び、多くのアルゼンチン人が同じ気持ちになりました。Si estuviera yo en la cancha, habria hecho lo mismo.
イグワインのシュートもよく、またメッシと抱き合ったのは、レアルマドリッドとバルセロナのエースがということもあり、アルゼンチン人達には素晴らしいシーンでしたが、一番最後は大雨のシャワーを浴びて自身のゴールに歓喜するパレルモさんの嬉しそうな笑顔でした。明日の新聞はパレルモ一色であろうし、ディエゴ監督自身も最後のインタビューで、「マルティンのことを忘れていたよ。何かがあってアルゼンチンのエースストライカーなんだ!次の選抜チームはまた考えたい、ということでした。。。」神様 仏様 ディエゴ様! マラドーナ監督、アルゼンチンにいるハングリーな選手を是非たくさん投入してくださいませ。アルゼンチンのスポーツ新聞(サッカー新聞という方が適切ですが)一面は試合結果、写真だけではなくビデオも楽しんでください。http://www.ole.clarin.com/
ワールドカップ予選17日目、ウルグアイもエクアドルに勝ったということで、ウルグアイとは兄弟関係ですから、アルゼンチンが助けて予選勝ち抜きを果たしたこともありますし、次は勝たせてくれてワールドカップの切符をくれると思います。

2009年10月10日

アルゼンチンーペルー戦は本日です。

ワールドカップ予選のため、アルゼンチンはペルーと対戦。リベルのスタジアムで午後7時から開始です。ベルグラーノ、ヌニェス地区は交通量が増えたり、通行が周辺の車乗り入れ禁止になるので、込んだりします。終了の午後9時以降は人がカビルドやリベルタドール大通りをあふれることでしょう。
El partido Argentina-Perú
Estadio: Antonio Vespucio Liberti (River Plate)
Horario: 19.00
マラドーナ監督は落ち着いた風、ニュース合戦も押さえ気味です。国民はまあ、ペルー相手だし、あまり見に行くためのチケット争奪戦もありませんでした。。。こういうときに見に行くと落ち着いていていいですね。


2009年10月09日

中国新聞海外レポート 本日10月9日掲載予定

中国新聞海外レポート 本日10月9日掲載予定。多分お昼前には掲載されていると思います。
今回は番外編でウルグアイで剣道普及に取り組まれている久保先生のお話です。http://blog.chugoku-np.co.jp/fureai22/
直接記事へは
http://blog.chugoku-np.co.jp/fureai22/?date=20091009#p02

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CONSULTA! Aqui estan los libros japoneses.

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CODIGOS!


クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村 サッカーブログへ
ラテンアメリカ関係テレビ番組
アルゼンチン撮影コーディネートはファニプロラテンアメリカにお任せください!詳細はこちらから


((オンエアのご案内)))

2014/05/17,24,31
フジテレビ「めざましテレビ」(6-830am)
公式HP:http://www.fujitv.co.jp/mezamado/
めざましどようび藤原倫己
“CHANGE THE WORLD for 2020”アルゼンチン編
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/




2012年グローバルビジョン「世界の起業家」
5月5日(土) 19:0019:54
5月8日(火) 27:0027:54 (再)
5月12日(土) 19:0019:54 (再)
5月19日(火) 27:0027:54 (再)
見逃し視聴「起業家」(ウルグアイ)

2012年3月20日(火)午後9時から
NHK BS1「夢をあきらめない
〜女子ホッケーさくらジャパン〜」


TBS世界ふしぎ発見!
2012年3月10日(土)午後9時から
第1222回 一番遠い親日国アルゼンチン
宮地眞理子インタビュー1
宮地眞理子インタビュー2

NHK >地球アゴラ
2012年3月4日(日)午後10時から
第160回アルゼンチン編

TBS 夢!世界どうぶつ大図鑑
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dーバルデス半島他

2012年1月21日
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dー南の牧場


朝日放送朝だ!生です 旅サラダ
毎週土曜日午前8時から午前9時半
海外マンスリー三月はアルゼンチンBY石川梨華
2011年3月5日(土)ブエノスアイレス
3月19日(土)サルタ
3月26日(土)エル カラファテ

vol.103 「世界の働く女性(Part2)」 
2011年 3月13日(日) 21:0021:54
3月16日(水) 27:0027:54 (再)
3月19日(土) 16:0016:54 (再)
3月20日(日) 21:0021:54 (再)
3月23日(水) 27:0027:54 (再)
3月26日(土) 16:0016:54 (再)
vol.100 「世界の誕生日」
vol.101 「世界の石」
「グローバルビジョン見逃し視聴」

NHK BS-1 地球アゴラ
12月19日(日) 
「第111回」

NHK BS-1 地球アゴラ
11月28日(日) 
「第108回耕せ世界の大地」

アルゼンチンにて12月12日(日)1710

BS TWELLV、グローバルビジョンTVにて
「競技会]「チリのクエッカダンス競技会にかける若者」
11月27日(土) 16:0016:54 (再)
11月28日(日) 21:0021:54 (再)
12月1日(水) 27:0027:54 (再)
12月4日(土) 16:0016:54 (再)
「グローバルビジョン見逃し視聴」
BSジャパン
<8月29日(日)午後9時から 
「アルゼンチン絶景の旅」

「先住民の文化を継ぐパラグアイ」
7月22日(木)18:00〜(1時間番組)
「パンタナールの大自然〜パラグアイ〜」
7月29日(木)18:00〜(1時間番組)
地球ゆうゆう紀行
2010年1月24日(日)午後10時から
NHK地球アゴラ
はるばる日本人のコーナー「世界一蹴の旅」
世界一蹴の旅
アルゼンチン ブエノスアイレスからLIBEROユニット生出演

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

Profile
地球の歩き方2010年版発売中(巻末見てください)
05753-7 GUIA DE TURISMO DE ARGENTINA; CHILE; URUGUAY Y PARAGUAY EN JAPONES 地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員のページへ
バンクーバーオリンピック アルゼンチン人選手頑張れ!
DSC06734 スキーフリースタイル男子でアルゼンチン代表として、2010年2月のバンクーバーを目指しますクライド ゲティCLYDE GETTY選手 https://5dreams.panasonic.net/
テレビ番組コーディネート、スペイン語通訳などご用命は。。
テレビ番組撮影コーディネート
現地コーディネーター
スペイン語通訳
プロジェクトコーディネート

アルゼンチンのことなら! 

tomokoargentina☆gmail.com
☆を@に変えてメールをどうぞ!

FunnyPro LatinAmerica
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
br_decobanner_20091225082816
((オンエアのご案内)))

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員
51Ehu1%2B6utL__SL500_AA300_ 世界一蹴の旅の本アマゾンで購入!
livedoor プロフィール
トラベルコちゃんのサイトで旅行者向けブログを書いています! トラベルコちゃん、素顔のブエノスアイレス・アルゼンチン 旅行情報ブログ
ブエノスアイレスでW杯を楽しむ
アートとカルチャーを満喫
コロン劇場 攻略ガイド など続きます。
格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行情報サイト
#ブエノスアイレス、パタゴニア、 北西部、イグアスの滝、南極の 旅、目的別の旅行、視察、研修。
#スペイン語留学
#スペイン語学習
#短期 ’長期滞在
#手続き
#−−がしたい!
#−−さんと会いたい!
など、 通訳、翻訳、便宜、資料作成、 語学レッスン、プラン作り、 コーディネーションを行います。
MIN+GOB_REF
https://5dreams.panasonic.net/