2011年11月

2011年11月30日

フアン カルロス スプリンター(ミニバス)遠出やグループでの観光にどうぞ

IMG_7514
ブエノスアイレスの町中でさえる赤い色はフアンカルロス スプリンターです。
IMG_8500

一般の方も、カンポと呼ばれる田舎への遠出、町中でのグループで一度にの移動、車高が高いので見晴らしがいいので ご家族での観光にいいですよ。ご希望があれば、おすすめルートを組みますのでご連絡ください。なお、節約タイプで3人までなら乗用車でも可能です。
tomokoar@gmail.com

2011年11月29日

SUBEカードがないバスは無料で乗れます

2009年から磁気カードにするといって、最終的に2011年に導入されたスベこと統一料金徴収システムスベカードですが、今日からこのカードを利用できる機械を持っていない、壊れている、場合は、利用者は急いで鞄の中のモネダ(コイン)を探すのではなく、そのまま無料でバスに乗ることができます。ただし、スベを持っていない場合はこの限りではありません。現在郵便局だけではなく、フロリダ通りや、地下鉄の入り口などですぐに手続きができます。身分証明書を提示するのが建前ですが、というのも一人一枚の制度でもし紛失しても盗難届を出せば、チャージしているお金が再利用できるシステムです。でもなくさない方が面倒くさくないし、また、もしなくしたときの場合を考えて、面倒でも私は40ペソ以上は入れないようにしていまう。

http://www.lanacion.com.ar/1427306-si-no-hay-sube-se-viaja-gratis

アルゼンチンで日本人の行動で気をつけた方がいいこと「暴力について」

 DVドメスティックバイオレンス家庭内暴力はスペイン語ではViolencia domesticaビオレンシア ドメスティカと言います。夫婦であったり、親しい仲であっても、特に公共の場などで、口論であっても、大声でどなったり、日本的にははたく、こづく、どつく程度であったとしても暴力と判断されることがあります。もちろん殴れば完全にそうです。当事者が訴える方法だけではなく、その目撃者が警察に通報することもあります。相手が通報することも可能です。事情聴取、もしくは拘束に発展することもあります。以下はカルフォルニアの日本大使館の注意喚起が書かれており、日本人の逮捕理由第一になっているそうです。http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/archives/TERROR/terror_06_1129.htm
 これは家庭内ではなくても、仕事仲間でも同じことです。
 カリフォルニアでの事例は言わば「大げさ」なのかもしれません。しかし、こういう基準は国際基準として少しずつ世界中に広がっています。アルゼンチンも例外ではありません。現在ブエノスアイレス市内にて積極的なキャンペーンが行われ、特に女性向けに口を閉ざさないでしかるべき場所へ相談するよう喚起しています。アルゼンチン人男性、女性を問わず、国際結婚/カップルのコミュニケーションの行き違いによって、解釈や常識の違いによっても起こります。夫婦であるから、これぐらいはいいだろう、という憶測も少し危険です。特にこういう面では婦女子に寛容であるアルゼンチン社会では女性を特に未成年を抱えている母を神聖視し重要に考えています。もちろん、「ささいな」ことではなく、実際にそういう境遇にあっている場合、男性でも女性でも、日本人でありましたら、日本関係機関に相談を開始するべきであると思います。一番中立なのは日本領事館です。そして訴えれれば自らの行動を反省することが重要です。実際問題、程度の差はありますが、日本的な「大声でどなる」「(一度)殴った」これはまだアルゼンチン社会ではある程度の範囲では「犯罪」にはなりません。それでも社会的ペナルティを科されます。まず、接見禁止といって、家族に会うことができなくなります。その他賠償費用などの社会的法的責任を問われたり、それらが解決できていないと出国できないなどです。
 こちらはエピソードで済みましたが、日本人女性アシスタントを言わば「どついた」その上司の方がいました。しかしただちにアルゼンチン人スタッフがものすごくびっくりして、女性をかばい、男性の目の前に立ち下がり、その無礼を詫びてくれと主張しました。女性にはいくら部下であってもそう態度をとるべきではないと。他には、ホテルのロビーにて、仕事の関係の行き違いのようで、相手を大声でどなった人もいました。これはその相手への精神的暴力ともなりすし、また公共の風紀を乱すことにもなります。ホテルの人に注意が促され、その場はことなきを得ましたが万一そこに泊まっていたとしてもそのホテルから立ち入り禁止になっても文句は言えません。また一方で周りの人から通報されることもあります。
 どちらにしても本人の自覚も重要です。
 わざわざここに書きますのも、最近日本の方は「情報がなかったから、知らなかった」とか「言ってくれないからわからなかった」という責任転嫁的な言動をされることがあるからです。ちょっと厳しいことですが、外国に行くからにはその国の常識に従うのは重要です。日本の常識は世界の常識と違う、とよく言われますが、大概の人間的生活をすれば、どこでも普通に通用すると思います。
 実は私はブエノスアイレス検察庁にての通訳をしております。もし言葉の問題があっても、通訳が必要と「主張」し「要請」すれば、ブエノスアイレス市の費用で私のような通訳者が呼ばれます。弁護士もそうです。もちろん、自分に非があったりして自分に完全に有利なように動いてもらうのなら自費で雇う必要がありますが、普通の場合は用意してもらえますので、それをうまく利用したらいいでしょう。ただ、弁護士や通訳が何とかしてくれると「思う」のはまた違い、お手伝いならできる、ということです。どちらにしてもアルゼンチンでは少なくとも日本人の人権のために、このように配慮されているのは朗報かもしれません。

なお、この記事の分類タグにおもしろい習慣と書いてありますが、分類上のもので、これがおもしろいもの、という訳ではなく、日本とは少し違う、という程度の意味です。

2011年11月28日

TC2000 TOYOTA優勝

26
アルゼンチンではサッカーに次いでカーレースが盛んですTS2000にて Toyota Corolla がパイロットは Matas Rossi で優勝しました。

2011年11月27日

メキシコマリアッチショー(26日午後8時まで)

本日正午から午後8時まで、パレルモ公園のロセダルと言いますが、Av. Sarmiento y Av. Figueroa Alcorta
の湖の入り口の辺りでマリアッチショーが開催されますし、またメキシコの文化、芸術、飲食関係スタンドがでます。日中お出かけの方向きです。
Dia: 26 de Noviembre

Lugar: Rosedal

Horario: De 12.00 a 20.00 horas

Organiza: Ministerio de Medio Ambiente y Espacio Publico (G.C.A.B.A) junto con la Embajada de Mexico

*Encuentro musical y cultural que se desarrollara al aire libre, con un programa de musica de distintos generos de musica mexicana. La entrada es libre y gratuita. Paralelamente, se llevara a cabo una feria gastronomica, ludica y cultural con puestos para la muestra y venta de comidas tipicas, productos frescos, artesanias, juegos tradicionales, discos, libros e indumentaria.


アルゼンチンタンゴのお勧め(11/26夜、11/27夕方)

 ブエノスアイレス市内には約90軒以上の「高名なる喫茶店(バール)」があります。バールというのはお茶も飲めてお食事もできて、おつまみなどもあり、お酒も飲めてという、全然イメージは違いますが、日本的には居酒屋のように人々が何かある(仕事、友だちとちょっと会う、誕生日祝いなど)と集る場所です。その中でコンフィテリィア イデアルConfiteria Ideal ですが、今晩土曜日と明日の日曜日にLos Reyes del Tangoが出演します。以前このブログでもご紹介したので、後ほどリンクを貼りますが、聴きごたえ抜群です。またミロンガというタンゴダンスパーティが40年代ミロンガMilonga del 40
$ 45.-の入場料で、別途 飲み物などを注文する義務がありますが、普通のタンゲリアに比べれば全く安く地元の人が集るのを見ることができます。a href="http://livedoor.blogimg.jp/tomokoar/imgs/0/3/031a389a.jpg" target="_blank">maria peralta afiche gral-1
実は今週このイデアルをちょっとのぞいたんですが、相変わらずあまりにもひどい(古い)ので、びっくりするかもしれませんが、こんなところで生のタンゴは息づいているわけです。またLos Reyes del Tango は、casa de la cultura住所はAv. de Mayo 575ちょうど、5月広場から5月大通りが始まるところ (ブエノスアイレスの文化の家こと文化省建物、黄金の間ことサロンドラドにて、27日(日)午後6時から演奏します。これはまた何と無料です。コツは午後4時ごろから配られる整理券をゲットすることです。もちろん前がいいのなら、もっと前の時間に行きましょう。別途それほどでもないけれども、行きたい方は、6時5分前に行っても一番後ろでいいのなら、席はあるでしょう。サロンドラドだけではなく、文化の家自体が歴史的建造物で1869年に立てられていますので、古きよきブエノスアイレスを彷彿させられるでしょう。<

2011年11月26日

スペイン語上達への道(2)

 スペイン政府の国際交流基金Japan Foundation的にスペイン語の普及を世界中で展開しているのが、Instituto Cervantesインスティトゥト セルバンテスと言います。アリアンサ といえば、フランス語を世界的に普及振興している、そのスペイン版です。最近(私的には5年以内は最近です、すみません)東京にもできて(2007)、スペイン語学習並びにスペイン語圏の文化普及に寄与しています。その事業の中で、外国語としてスペイン語の学習のレベルをチェックする検定試験をデレ(DELE)と言います。(デレのメリットがまとめてありますhttp://dele.jp/merit-example.html)ヨーロッパ言語各国語基準Marco comun europeo de referencia (MCER)に準拠していて、最近A1、A2のレベルができました。これは私には基本、スペイン語を勉強しています、本当にサバイバルというレベルがA1、スペイン語頑張っています、何とか旅行で使えますがA2、スペイン語できますがまだ分からないこと多いですがB1、スペイン語通じますがB2じゃないかと思います。アルゼンチンでよく多くの人が目指すイギリスのファーストサーティフィケイト英語試験がB2相当だと分かりました。さて、留学してどれぐらいのレベルまで行けるか、これは重要だと思います。やはり事前の知識の問題がかなり関与します。まずは外国語大学スペイン学科である程度できるレベルですと、口頭運用力と筆記能力を伸ばすことを頑張って、よくできる人でB2を受けて日本へ帰ることができるんじゃないかと思います。ということは基本的にほぼ予備知識なしでしたら、半年から一年ぐらいいても、A2から、よくできてB1レベルだと思います。アテンド通訳や、ガイドぐらいなら、人付き合い力にもよりますが、B1からB2ぐらいで始めている人もいるようです。通訳と呼ばれるだけではなく通訳者となるならC1ぐらいは欲しいものです。また現在はC2もあります。問題はこちら!http://diplomas.cervantes.es/sites/default/files/modelo_examen_c2.pdf
それでは3月にやってきて、11月に終了のレングアスビバス(ブエノスアイレス市立外国語大学の言語公開講座にて外国語としてのスペイン語講座(集中講座)に入りますと、3、4月が初心者講座、5、6月が初級者講座、7月—中に習慣休みあって、8月が中級者講座、9月から11月で、中級後半講座に順調に行くのでしたら、文法的には接続法の現在と過去に入るぐらいで終了するのでやはりB1レベルぐらいでしょう。しかしながら、これぐらいになると語彙力、運用力をさらに経験値として伸ばさなければなりません。レベルが上がる毎に授業時間が減りますので、別途プライベートレッスン、講座、また中級ぐらいになれば、何とかアルゼンチン文化講座などを受けて幅を広くするといいでしょう。また一方で日本で下準備がないと語彙力がテキメンに影響します。文法はできても語彙が分からなければ内容がわかりませんし、使えません。日本語のクラスの学生と交換授業したり、英語講座などに行って、クラスメイトはアルゼンチン人ですから、実はスペイン語の練習になったりもできます。また一方でスポーツ、例えば空手などで日本の興味のある人達と出会ったり、普通にサッカーやテニスなどをして、実用的にスペイン語を使う機会を増やすといいでしょう。パレルモ公園ではよく無料ストレッチレッスン、ダンス、などありますので、楽しいですし、勉強になります。また運動が苦手で暑いし、あまり積極的でもないし、かといってお金もないしという人(でなくてもですが)にはスーパーなどでうろうろしながら商品名や説明を読むのも、へえこんな表現をしたらいいんだと理解しやすい勉強の場所です。マクドナルドなどの店内での表現もだいたい決まった形で注意事項など書いてありますから勉強になります。また新聞も無料でおいてありますし、雑誌がある店舗もあります。私は実は電気代などの請求書などのレターなどもすみずみまで読んで、いいにくいことなどの表現方法を学びました。大学院の授業では授業内容だけではなく、教授の言い回しが気に入るとノートの横に書いておいて、それをそのまま使ってみます。「あんたの言い方先生みたい」とクラスメイトに不評ではありましたが、先生として話すときにはとても便利になりました。IMG_8883
(日本文化をスペイン語でいえるようになるのも重要です。難しいことよりも折り紙からなんてどうですか?)それからやはり人間かわるべきでしょう。恥ずかしがりや消極的、、、では実は上達するものも上達しません。私はスペイン語のおかげでずいぶん明るくなり積極的になりました、また大きな声じゃないと理解してもらえないのはアルゼンチン社会で生き抜く鍵です。そう実はそういう言語なのです、だから、感謝しています。
 年がバレますが(笑)スペイン語をHola! から学んで、とっくに20年以上ですし、17年前から通訳やっていて、通訳者と大きな顔をしていえるようになったし、大学院も行って勉強したし、もう受ける試験もなくなってしまったのですが、久しぶりにチャンスがあり先月試験を受けてみましたら、よかったそうで、DELE A1 とA2の試験官認定に合格しました!同時にこの二つのレベルの差がわかりましたのが実のり大きいことでしたから、次はC1とC2の試験官講座があるそうなので、また頑張ります。本当に終わりがなく、スペイン語学習オタクで困りますが、アルゼンチンではOtakuといえば、漫画やアニメ好きなので、こちらの若い人と会話するために、逆に日本の漫画の勉強をしておくとスペイン語での会話に役に立つでしょう。IMG_8946



2011年11月22日

ブエノスアイレスのお得宿

先般紹介しました、セントロ地区の下宿部屋が11月27日から一部屋、もう一部屋が12月7日から空きますので、再度掲載します。以下が詳細です。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045694.html

2011年11月21日

マラドーナ頑張れ!FUERZA DIEGO

 残念ながら11月19日、ディエゴマラドーナの母「ドーニャ トタ」が81歳で亡くなりました。
http://playfutbol.infobae.com/notas/617901-Maradona-ya-conoce-la-noticia-y-viaja-hacia-el-pais
ディエゴはドゥバイで監督の仕事をしていますが、27時間のフライトの後、ブエノスアイレスに到着することができました(危篤を知らされて、着いたらなくなっていたということで。。。)
頑張れマラドーナ!Fuerza DIEGO!

2011年11月20日

NGO JICA JAPAN DESK ARGENTINAのニュースレター掲載

NGO JICA JAPAN DESK ARGENTINAのニュースレター掲載
http://www.jpn.ngo-jica.org.ar/

http://www.jpn.ngo-jica.org.ar/downloads/newsletter85.pdf


前田先生

先般御知らせしていたニッカイ共済会の前田先生が本日19日御亡くなりになりました。合掌。
Q.E.P.D. Dr. Maeda...
お通夜はVelatorio ベラトリオの会場をスペイン語でコチェリアと言います。cocheria ー場所は Quito 4716ですが、行ったら、少し違っていましたが、20m先で外で人が集っているので分かると思います。
アルゼンチンの日系社会では一応 お香典の習慣もあります。しかしながら、日本のような封筒はないので、普通の無地の物で大丈夫です。

前田先生

先般御知らせしていたニッカイ共済会の前田先生が本日19日御亡くなりになりました。合掌。
Q.E.P.D. Dr. Maeda...

2011年11月16日

ハカランダ大好き

IMG_9076
ブエノスアイレスではハカランダの花も素敵ですが、花を横に素敵なカップルを見つけました。IMG_9073

IMG_9072

IMG_9080
是非このブエノスアイレスのハカランダ並木の御散歩に!ブエノスアイレスで御待ちしております。IMG_9084


2011年11月15日

アルゼンチンの旅行情報について詳しくは。。。

 本日11月15日満開のハカランダ(薄紫のアルゼンチンの初夏到来を知らせる花)をおすそわけします。
アルゼンチンの旅行情報について詳しくはこちらの
 とらべる子ちゃんのブログをどうぞ!


http://www.tour.ne.jp/blog/tomokoargentina/33855/

2011年11月12日

La Noche de los Museos博物館の夜(11/12)

11月12日(土)は「博物館の夜」一晩中ブエノスアイレス市内の博物館、美術館、ギャラリー、普段開いていないところなど訪問できます。これはウルグアイで国家遺産の日があったのを夜が長いブエノスアイレスに適用したものだと思われます。この11月12日以外にもギャラリーナイトの企画もあります。なお、夜とは午前3時まで!です。
詳細はこちら
http://www.lanochedelosmuseos.gob.ar/
プログラムはこちら
http://www.lanochedelosmuseos.gob.ar/programacion.html
308265_271727302870022_153484614694292_790210_761659532_n
市内のバスを利用する人はこのフリーパスを印刷して使えば一晩中無料で市内を移動することができます。
おすすめはフリオ ゴヤさんの展示がある
ベルグラーノの彫刻博物館Museo Casa de Yrurtia (O´Higgins 2390)地下鉄Juramento駅/中華街近くです。この博物館の夜を逃しても、11月23日まで展示中、なお、ロジスティックの問題で全てミニチュア版ですが、ゴヤさんの大きな作品は日亜修好100周年記念の7月9日大通りとパラグアイ通りにある、「鶴」の彫刻です。実は呉屋(ごや)さんは日系二世で、現在沖縄在住アーティストです。
Exposicion del Artista Plastico Julio Goya
en el Museo Casa de Yrurtia en O´Higgins 2390 CABA.
Desde el 21 de Octubre hasta el 23 de Noviembre del 2011
Martes a Viernes de 13 a 19 hs.
Sabados y Domingos de 15 a 19 hs.
Organizado por: La Secretaria de Cultura de la Nacion
Con el auspicio de: Centro Cultural de la Embajada del Japon, la Asocicaion Japonesa en la Argentina y el Centro Nikkei.



イグアスの滝が新世界7不思議の一つに選ばれました

 イグアスの滝が新世界7不思議の一つに選ばれました。おめでとうございます!
311x0_480497-1

http://www.infobae.com/notas/616348-Las-Cataratas-fueron-elegidas-como-una-de-las-siete-maravillas-del-mundo.html
ブラジルのアマゾン、韓国、ベトナム、インドネシア、フィリピン、南アフリカ、
アルゼンチンとブラジルのイグアスの滝です。1984年ユネスコ世界遺産に指定されたのはアルゼンチンでは初めてであり、やはりアルゼンチンでどこへ行ったらいいのですか?という質問には私もイグアスの滝と答えます。
その理由は、季節でいつ訪問しても素晴らしい(同時期に世界遺産に指定されたロスグラシアレス氷河国立公園はもちろん冬も素晴らしいですが、死にそうに寒いです)、あまりおすすめしませんが、さっさと観光もできる。(ブエノスアイレスから飛行機で一時間半、一番早い便と遅い便で日帰り、もしくは普通の体力の人なら1泊二日あれば、十分ゆっくり観光できるーパタゴニアなどは行くだけで4時間飛行機に乗るので、最低2泊3日必要ですが、もちろん、ちゃんと観光するには三泊以上)、空港から近いし、ホテル、食事、観光オプションも高くない(パタゴニアは予算に余裕が必要、だいたい、最低3倍かかります)、もちろん、バックパッカー的にも、お得な旅も、セレブなリッチな旅も可能です。一人で行っても何となく、国立公園のレンジャーと会話できたり、エコ列車で、悪魔ののど笛に出かけるときなど、同席者と会話したりして交流も可能で、寂しくない。

アルゼンチンは観光シーズン(初夏)

 アルゼンチンは初夏を迎え、観光シーズンです。それは毎年のハカランダ(キリモドキ)の薄紫の花が町中に咲き始めて知らせてくれます。今年は何となく早い感じがします。急に咲いてしまったのと、一昨日大雨が降ったのでまだ全部確認していませんが、毎年 好きなのは イタリア広場から動物園とルラル横のサルミエント大通りを白いスペインの塔がある奥辺りにいったところ、、、(Av Sarmiento y Libertador) IMG_7704
日本庭園先の比較的おそめに咲きますが、パセオ アルコルタのあるフィゲロア アルコルタ大通りAv. Figueroa Alcorta が一番最後です。セントロも咲き始めています。7月9日大通りAv.9 de Julioが全部咲くと圧巻です。また医学部付近もたくさんさいていて、ロドリゲス ペニャ公園(教育省前)のカジャオ通りとサンタフェの公園もいいです。(Av. Callao entre Paraguay y Marcelo T. de Alvear)
観光、町の様子関係にはこちらのリンクにたくさん書いています。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50046033.html
ご参照ください。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50044321.html?p=2
なお、アルゼンチンは年末年始よりもクリスマスが重要です。12月24日の夜は家庭か、またはレストランでオールナイトディナーになります。開いていない店も多くなりますし、25日は全く休みになりますから注意してください。なお、最近は25日の午後開く店も少しずつは増えて来ました。その分外国人や観光客が増えた証拠ではあります。またクリスマスの飾りも少しずつ問屋街に出始めました!04
本日11月11日午後6時半なので、ちょっと暗めですが、ハカランダ並木です。

2011年11月11日

メルセデスソーサがラテングラミー2011を受賞

 メルセデスソーサのDeja la vida volar「命が飛ぶままに」がラテングラミーを受賞しました。今までの世界ツアーでの録音と初めてMe haces bien" ( Jorge Drexler ) "La Celedonia Batista" (テレサ パロディ)も収録されています。2009年10月4日、74歳で亡くなったメルセデスの死後に編集されたアルバムです。
http://www.clarin.com/espectaculos/musica/Mercedes-Sosa-Grammy-postumo-Deja_0_589141256.html
なお、11月22日ごろ、市内のビセンテナリオ展示会にてメルセデスの数々のコンサートのポスター展が開催されます。日本のも一枚混じっていて先週翻訳に協力しました。1960年代の秋田市でのポスターでした。

ビル崩壊事件から政治の立場話 

 いいニュースなのか、悪いニュースなのか。。。ブエノスアイレス中心部ビル崩壊の件ですが、一人行方不明者がいるということで、市政府による倒壊作業が一時中断していましたが、本日、74歳のイシドロ マドゥエニャさんが遺体で見つかりました。3階(しかし実際はアルゼンチンなので日本の4階ですが)に住んでいたということでその場所が倒れたところを探し、さらに警察犬による捜索などを行い発見されました。遺体確認後の息子さんの会見では必ず崩壊したマンションに耳が遠いので逃げ遅れていたはずという主張が、現実的には自分も確信はできていなかったがやっぱりそうだったんだ、という発言など、複合政府への提言など、どうも誰かによる作られたスピーチづいていて、不思議な感がわいてきました。http://www.clarin.com/ciudades/Hallaron-escombros-cuerpo-hombre-desaparecido_0_588541319.html
 今回の事件で、メディアの報道の「差」についてもさらに確認することができました。特に分かりやすいのはアルゼンチンではクラリン新聞とラ ナシオン新聞という二大新聞がありますが、このビル崩壊の話題、そして、ドルの問題、輸入手続きの問題、社会セキュリティの問題など取り上げ方が、どうも政治的傾向がライターにも新聞にも強すぎて、それぞれの新聞だけを読むと全く違うアルゼンチンを読むような新聞の「差」でありました。それぞれの記事についての誌面の使い方、内容の温度差ということです。
 特にクラリンの中銀のドル介入についての記事は一面から三分の一程度続いていて、ビル崩壊などないようなアルゼンチンの新聞でしたし、社会欄ではラプラタでの自宅の駐車場に入るときに強盗が一緒に入ってきた事件を詳細に描写し、注意喚起をしていました。本日改めてビル崩壊について掲載されたのでやっぱり同じ国の新聞ね。と、少し「安心」しました。
 どちらにしても、一人でも生存者がいる可能性があるため、法的にすぐに、ビルの積極的倒壊を阻止するよう法的措置の対処が早かったのはよかったですね。こういうことはアルゼンチンは早いのです。また逆に103番の市政府緊急対策省による迅速な対応のおかげで、多くの人が避難することができ、一人の犠牲者ですんだこの事故ですが、現在、ブエノスアイレス市長の立場を悪くしようという現在の国家政府側の陰謀も見え見えです。そういうものが政治なのかもしれませんが。もっとも、市政府内内閣長の「ブエノスアイレス中の建設案件を全てを正確に審査して把握するには限りがある」発言は、要はそんないちいち全部の詳細を把握できません、と何だか責任逃れのような気がしましたので、もう少し考えてほしいものです。
 折しもドルの購買規制は緩和されつつあるそうですが、どこも手続きは長く、また妥当に買えそうな人が買えないという税務署のシステムの問題もあります。また現在税務署の規制があちこちで厳しくなっているようです。不動産では売買案件がストップもしくはキャンセルされています。観光セクターではすでに観光向けの交換レートが制定され、ケースバイケースですが、現在の公式レートの4.28ではなく、ドル建ての支払いをペソで4.5ぐらいで換算されています。外国へ行くのですからドル建ての値段をアルゼンチンペソで支払う場合、「割高」になります。もっとも観光セクターの交換率の差は今に始まったことではないですが、今まではドルが入手できたので、そのままドルで支払えばよかっただけなのです。なお、非公式市場での取引は1ドル5ペソ近くの価値にあがっているようです。
これは外国通貨でのアルゼンチン国内の富の流出を規制する物なので、そのうちいつもどおりに戻るでしょうが、ドルの価値をさらに値上げたこと、またこれから12月に入り、バケーション時期で3月にふと気づいたら大変値上げがすごい、というのが通年の例です。また一方で、公共料金、バスや地下鉄が補助金削減のため、大幅値上げと言われています。選挙後にこういう話をしています。。。

11/11/11 ブエノスアイレスのイベント

 アルゼンチンの人々が11/11/11に注目しています。
パレルモのプラネタリムにて平和と愛を願う集団瞑想が21時に行われます。
またオベリスコでも大きな旗を降って、現在行われている抗争が収まるように祈りが行われます。
http://www.clarin.com/sociedad/fecha-elegida-pedir-paz_0_588541383.html

2011年11月10日

アルゼンチンロック(ファビアナ カンティロ)ディエゴのテーマ

 アルゼンチンがタンゴ離れになった原因はロックの台頭にあります。中でもファビアナ カンティロのハスキーな声にデリケートな当時の若者の気持ちを描写した詩は、ディエゴマラドナも大好きで、いつも登場のテーマソングにリクエストしていました。そのビデオはこちらです。歌詞も出てくるので一緒に歌うとスペイン語も上達します。

 

2011年11月08日

アルゼンチンの日系病院ニッカイ共済会ー医師前田先生を助けましょう!

 アルゼンチンで病気になって困ったら、日系医師が勤務し、また日本語で受付もしてくれるお医者さんがブエノスアイレスにあります。ムトゥアルニッカイことニッカイ共済会
Mutual Nikkai
Av. San Juan 2496
Tel: 4308-5462 です。
(今まで日本人会と一緒であったのが独立し、在ア沖縄県人会の近くになりました)
旅行者の診察だけではなく、長期でいらっしゃるのならムトゥアルニッカイ会員になり、月極の会員費を払って治療を受けるときなどに別途会員向け優待治療費を払うこともできます。
この日系病院の設立に尽力し、長年内科医として勤務し、また一方で緊急往診も対応していた前田英康先生が現在 重病でベルグラーノ地区のClinica Loiaconoにもう一ヶ月近く入院中です。前田先生は医師としての使命を常に立ちむかわれた人で、あまり収入面を考えずに仕事をしてきたため、現在の病気のため経済的に大変な状態となっています。そのため金銭的援助を要請する連絡がきました。以下にスペイン語のオリジナルお願いを掲載しておきますが、以下の場所で支援を受け付けていますのでよろしく御願いします。(日本語で対応可能です、もしスペイン語でも日本語で続けたら、日本語の人に変わってもらえるでしょう)
- F.A.N.A(日系団体連合会).: Av. Independencia 734 2o piso Tel: 4307-2026
- A.J.A(在ア日本人会).: Av. Independencia 734 2o piso Tel: 4300-1182
- Mutual Nikkai(ニッカイ共済会): Av. San Juan 2496 Tel: 4308-5462
EL DOCTOR MAEDA QUE SIEMPRE Y DESINTERESADAMENTE NOS AYUDO, HOY NECESITA DE NUESTRA AYUDA.

Como es de publico conocimiento el Dr. Hideyasu Maeda fue intervenido quirurgicamente a raiz de una cruel enfermedad. Hace 25 dias que permanece internado en la unidad de terapia intensiva de la Clinica Loiacono y su evolucion continua con pronostico reservado.

El Dr. Maeda es uno de los fundadores de la Mutual Nikkai. Dedico toda su vida a cuidar y mejorar la salud de las familias de la colectividad japonesa. Su espiritu etico, su profunda sensibilidad y humanidad no reconocia distancias ni horarios para aliviar el dolor ajeno. Siempre dispuesto y de buen humor para honrar esta profesion que sentia profundamente como filosofia de servicio. Es por ello que nunca tuvo aspiraciones economicas y materiales para el ni para su familia. .
    Esta cruel realidad economica necesita de nuestro apoyo material para superar este delicado momento que vive el Dr. Maeda .
     Esperando y agradeciendo profundamente su colaboracion.
    Reciba a traves nuestro un saludo muy respetuoso y afectivo del Dr. Maeda.
    Se recepcionan donaciones en las siguientes Entidades:
- F.A.N.A.: Av. Independencia 734 2o piso Tel: 4307-2026
- A.J.A.: Av. Independencia 734 2o piso Tel: 4300-1182
- Mutual Nikkai: Av. San Juan 2496 Tel: 4308-5462
Akio Tamaki
Presidente Mutual Nikkai


2011年11月07日

サンラファエル平和への折り鶴教室報告

サンラファエルのデルカルメン学校にてフンダシオンサダコ平和への折り鶴教室を11月4、5日行いました。P1200801HAAI

それがこの写真、みんなできているー「はい!」と元気に返事してくれていますが、写真一枚に全員入らない人数でした。jpg


ブエノスアイレス中心部ビル倒壊の経過ニュース関係

 11月4日(金)、午後4時1分、現在問題のBartolome Mitreのマンションからのブエノスアイレス市への103番緊急電話への連絡が大悲劇が起こるのを未然に防いだ。この電話をしたのはカルロス バッカさん、1Bに住み、家族は、妻と三人の息子。カルロスさんは「午後3時半、隣の建物を建設中のシャベルカーの電動シャベルがうちの部屋の壁に当たった音がしました。窓から見たら、その敷地内で作業員が走って逃げているのです」それで、分かったのはシャベルが当たって、マンションの横にひびが入ったのです。すぐに降りて、工事エンジニアに様子を聞きに行ったら、落ち着くように言われました。」とラナシオン新聞の取材に応えている。その後、午後4時に、携帯電話で103番に電話をする、そして緊急事態であるから、早急に対処してもらえるように要請、2度かけたら、2度ともすぐ対応してもらえた。
カルロスさんはインタビューを続けて「その後、降りて(1階のBに住んでいたのは日本からすると2階)、マンション中の呼び鈴を鳴らしました。一軒しか返事をしませんでしたが。そして、管理会社連絡し、すぐに工事を見に行くように頼みました、結局来ませんでしたけれどもね」カルロスさんによると、その後も管理会社担当者は現場に現れていないそうだ。カルロスさんは23年前から(3部屋)2LDKのこのマンションに住んでいた。記者の部屋に何か貴重な物は残していないかの質問に、家族の写真と、息子と孫のプレゼント、そして、今まで働いてきたこと、そして、うちへの愛着が残ると、語った。
http://www.lanacion.com.ar/1420955-el-vecino-que-con-una-llamada-salvo-vidas
340058_10150351203803613_113686738612_8230626_633398462_o

今回、10階建て30戸のマンションの半分が11月4日(金)午後7時50分倒壊した。上記のカルロスさんのとっさの判断で多くの命が救われた。周辺住民も会わせて220人が現在避難している。
コンスティトゥシオン地区近くの元々は低所得もしくは失業妊婦の救済所が別のところへ移動され、そこに65人が身を寄せている。大部分は近くのホステルに泊まっていた、チリ人、ブラジル人、コロンビア人などの旅行者で、その他は親戚の家に泊まっているという。6日(日)になって、74歳の耳の遠い男性が行方不明であり、おそらく、倒壊したがれきの中ではないか、と家族は訴えているが現在、建物周辺は危険であり、捜索は困難である。周辺は警察などがいたり、テープが貼られて、侵入禁止となっている。正確にはBartolome Mitre通り 1100 から1300, Talcahuano通りは Peron から Av. Mayoまで。Libertad 通りは Peron から Av. de Mayoまで/,Av. Rivadavia 1100 から 1300まで, Pasaje Rivarolaは緊急車両のために利用されている。
地下鉄A線は中心部は不通で、Plaza Miserereから Carabobo間のみの制限運行をしている。バスなどは迂回をしている。

ビル崩壊

Bartolome Mitre 1232にある10階建てのビルが金曜日夜崩れました/まだ全壊ではなく、建物にヒビが入り、どうなるか分からない状態です。周辺では避難を警告しています。この付近は地下鉄A線がある付近で、7月9日大通りから国会議事堂方面です。明日の月曜日、撤去を始める予定ですが、大変デリケートなことですので、安全が確保されるまでまず近寄らないことをおすすめします。もし約束があっても、別の日になど変更した方がいいでしょう。
また追って、記事を追加します。以下崩壊時のビデオが見られます。
http://www.lanacion.com.ar/1420987-denuncian-a-un-hombre-desaparecido-en-el-edificio-derrumbado

2011年11月06日

11月10日はアルゼンチンの伝統の日

 ホセ エルナンデスは「マルティンフィエロ」というアルゼンチンには欠かせない農牧業の舞台であるブエノスアイレス州のパンパでの牧場における主人公ガウチョ(カウボーイ)の生活と喜怒哀楽を文学的に描いたことにより有名な作家です。生誕が11月10日のため、1939年のブエノスアイレス州令により、この日はホセ エルナンデスを讃えて「伝統の日」と制定されました。アルゼンチンの伝統とはガウチョ文化なのです。ガウチョ自身の装束、馬具、そして、馬を使った技、例えばソルティハと呼ばれるアルゼンチン的流鏑馬(やぶさめ)、トロピジャと呼ばれる馬の集団を巧みに操る技、などを競ったり、デモストレーションをしたり、さらに、伝統衣装によるデスフィレと呼ばれるパレードが開催されます。
 その中でもサン アントニオ デ アレコは、プログラムを送ってきてくれましたので、掲載しておきます。レティロのバスターミナルからミクロで行くこともできます。またグループが形成できれば当方でコーディネートして遊びに出かけることも可能です。ご連絡はtomokoar@gmail.com
72o Fiesta de la Tradicion
Programa de la Comision Permanente de Festejos de la Tradicion.
Sabado 5
18:00 Ermita de San Antonio en el Parque Criollo. Misa de campo.
20:00 Salon Guerrico. Inauguracion de la 38° Exposicion de la Artesania Arequera.

Lunes 7
11:00 y 13:00 Parque Criollo. Demostracion y charlas de usos y costumbres.
Jueves 10
10:00 Monolito de Jose Hernandez. Dia de la Tradicion: Acto recordatorio con paisanos.
11:00 y 13:00 Parque Criollo. Demostracion y charlas de usos y costumbres.
11:30 – Museo: Presentacion del Plan Maestro del Museo Guiraldes.
Viernes 11
11:00 y 13:00 Parque Criollo. Demostracion y charlas de usos y costumbres.
20:30 Patio de la pulperia La Blanqueada. Se enciende el Fogon de la Tradicion, con musica y bailes criollos y servicio de cantina.

Sabado 12 (*)
10:00 Parque Criollo. Recepcion de paisanos y tropillas.
14:00 Parque Criollo. Destrezas criollas.
15:30 Parque Criollo. Jura y entrevero de tropillas. Corrida de sortijas. Carreras cuadreras.
21:00 Patio de la Pulperia La Blanqueada. Gran Fogon Criollo. Musica, bailes tradicionales con los paisanos y servicio de canina.
(*) En caso de mal tiempo se pospone para el sabado 19.

Domingo 13 (*)

8:30 Edificio Municipal. Recepcion de autoridades e invitados. Visita a la 38° Exposicion de la Artesania Arequera.
9:00 Parque Criollo. Concentracion de gauchos y tropillas para el desfile de la Tradicion.
10:45 Plaza Ruiz de Arellano. Musica con la banda militar y danzas tradicionales frente al palco oficial.
11:00 Plaza Ruiz de Arellano. Inicio del Desfile de gauchos y tropillas por las calles del pueblo, regresando al Parque Criollo.
13:00 Parque Criollo. Gran asado de la 72a Fiesta de la Tradicion –muy esmerado servicio de cantina; con musicos y bailarines tradicionales. (Esta actividad no se suspende por mal tiempo).
14:30 Parque Criollo. Musica con la banda militar, Destrezas gauchas, entrevero de tropillas, jineteada con recado completo.
20:30 Parque Criollo. Entrega de premios.
(*) En caso de mal tiempo se pospone para el domingo 20.

2011年11月03日

スサナヒメネスもドルを買えなかった。。。各種経済話

21
アルゼンチンでは先週から税務署によるアメリカドル売買の規制が始まっています。ちょうど大統領選挙終了後ということ、多くの方面から不満の声が高まっています。非公式売買が増え、アルゼンチンの資金が外国に流れるのを防止するため、、というのですが、外国人はパスポート提示程度で済みますが、アルゼンチン人は国民身分証明書の提示、そのお金がどこから出たのかの証明、さらに、税務署の承認があって初めてドルを売買できるということになりました。(少しまじめな話は先週の中央銀行外国為替介入参照)http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51887965.html今まで身分証明書程度の提示でよかったし、特に大金ではなかったら大丈夫であったのが、小額でもこの手続きが行われます。さらに、昨日から税務署のコンピュータがダウンし、機能しない、さらに、多くの規制から、とうとうテレビでリビングルームに有名人を迎えて対談番組を行う、アルゼンチン的黒柳徹子さんであるスサナヒメネスさんまで今日は換金できなかったとのこと、もちろん、手持ちがあるでしょうが、明日はマイアミに行くということで、対談相手のホルヘリアルさんにもいつマイアミに行くの?ドルが換金できたらねーと冗談をかまして、現在視聴率が20%へとアップ中です。
 さて、しばらくはアルゼンチンペソ商売の方がいいですね。ドルを利用する、車の販売、不動産のやり取りなど現在、いろいろ難しくなっていて、ドルを得ることができるまで中断、というケースも多いようです。折しも、企業への補助金を削除するという発表があり、しかしながら、消費者への価格は変化しないという日本語でもスペイン語でも意味が分からない発表が本日午後あり、鉱業、カジノ、運輸関係はどうなるのか、ですが、このスサナの部屋でもカジノに政府補助金があるのなんて初めて聞いたとコメントがありました。。。。選挙勝利までいろいろな発表が控えてあったようなのですが、これからさらなる物価上昇の兆しですね。

2011年11月01日

ブエノスアイレスで楽しく滞在するためちょっとした気をつけてほしいこと。

 ブエノスアイレスで楽しく滞在、旅行をするためには、以下の点に気をつけましょう。日本の方といてヒヤヒヤものを揃えておきました。もちろんこれだけ考えてびくびくしないことも重要です。
1。荷物を下におかないで。
コンピュータが入っているビジネスバッグなどを下において、通りで名刺交換などの挨拶するのはちょっと危険です。そのすきに持って行かれる可能性大。
同様なかばんを喫茶店などで足元におかないで。同上の理由です。知能犯は横を通り過ぎながら、その鞄をサッカーのように蹴って反対側にいる仲間にパスします。
どうしたらいいか。。。。外では名刺交換やめましょう。それか鞄を抱えたままで。。。。店では隣に椅子をひいて椅子の上におきましょう。他の人の迷惑になるとかあまり考えなくていいです。(盗まれる方が他の人に迷惑がかかります)オープンカフェの場合はひざの上に荷物をおきます。IMG_7791

2。携帯電話を歩きながら使わないで。
何のための携帯電話か、と思われますが、日本からの電話器は立派すぎます。また一方でこちらのものでも日本人が使っているのはすぐいいものと分かります。それを歩きながら、周りをきにせずに使っていたら、取ってください、と言っているようなものです。お店に入ったとき、またはわざわざ入って使った方がいいでしょう。バス停など駅類は格好のカモになりやすい場所です。
現地だけでつかえる簡単なプリペイドカードの安いのがあるので、短期滞在で携帯が欲しい人はそれをお勧めします。それなら、取られても被害が少ないでしょう。
3。バス、地下鉄など公共交通機関では、ドアの近くには立たない。
 ドアの近くにいたら、降りるとき、さっと鞄をひったくられて降りて行ってしまう可能性大。
また込んでいるときには、逆にタクシーに乗った方が財布を盗まれるより後で安くつくかもしれません。#ついでに乗ったらすぐどこかにつかまりましょう。急発進しますから。。。
4。公園の中は横切らないで。
公園の外側の道はいいですが、中を横切るというのは、誰が出てくるかわかりませんから、慣れていないと危ないです。IMG_7459

5。マンションなど家の前に来るときより先に鍵は出しておきましょう。
家の前で、鍵はどこだっけ、とごそごそしないで、鍵をぱっと出してさっと入りましょう。時間かかってていると誰かが現れてそのまま家の鍵をあけさせられたりします。
6。マンションの玄関で知らない人を通さない。
知らない人だったら、玄関の鍵をあけている間に入りたがっても入らせないでください。
7。荷物は必ず目の前に。鞄はしっかり持ちましょう。盗みのプロならどうやってもっていっても、ですが、ファスナーなどがちょっと開いているとスキのある印象を与えますので、気をつけましょう。


BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CONSULTA! Aqui estan los libros japoneses.

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CODIGOS!


クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村 サッカーブログへ
ラテンアメリカ関係テレビ番組
アルゼンチン撮影コーディネートはファニプロラテンアメリカにお任せください!詳細はこちらから


((オンエアのご案内)))

2014/05/17,24,31
フジテレビ「めざましテレビ」(6-830am)
公式HP:http://www.fujitv.co.jp/mezamado/
めざましどようび藤原倫己
“CHANGE THE WORLD for 2020”アルゼンチン編
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/




2012年グローバルビジョン「世界の起業家」
5月5日(土) 19:0019:54
5月8日(火) 27:0027:54 (再)
5月12日(土) 19:0019:54 (再)
5月19日(火) 27:0027:54 (再)
見逃し視聴「起業家」(ウルグアイ)

2012年3月20日(火)午後9時から
NHK BS1「夢をあきらめない
〜女子ホッケーさくらジャパン〜」


TBS世界ふしぎ発見!
2012年3月10日(土)午後9時から
第1222回 一番遠い親日国アルゼンチン
宮地眞理子インタビュー1
宮地眞理子インタビュー2

NHK >地球アゴラ
2012年3月4日(日)午後10時から
第160回アルゼンチン編

TBS 夢!世界どうぶつ大図鑑
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dーバルデス半島他

2012年1月21日
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dー南の牧場


朝日放送朝だ!生です 旅サラダ
毎週土曜日午前8時から午前9時半
海外マンスリー三月はアルゼンチンBY石川梨華
2011年3月5日(土)ブエノスアイレス
3月19日(土)サルタ
3月26日(土)エル カラファテ

vol.103 「世界の働く女性(Part2)」 
2011年 3月13日(日) 21:0021:54
3月16日(水) 27:0027:54 (再)
3月19日(土) 16:0016:54 (再)
3月20日(日) 21:0021:54 (再)
3月23日(水) 27:0027:54 (再)
3月26日(土) 16:0016:54 (再)
vol.100 「世界の誕生日」
vol.101 「世界の石」
「グローバルビジョン見逃し視聴」

NHK BS-1 地球アゴラ
12月19日(日) 
「第111回」

NHK BS-1 地球アゴラ
11月28日(日) 
「第108回耕せ世界の大地」

アルゼンチンにて12月12日(日)1710

BS TWELLV、グローバルビジョンTVにて
「競技会]「チリのクエッカダンス競技会にかける若者」
11月27日(土) 16:0016:54 (再)
11月28日(日) 21:0021:54 (再)
12月1日(水) 27:0027:54 (再)
12月4日(土) 16:0016:54 (再)
「グローバルビジョン見逃し視聴」
BSジャパン
<8月29日(日)午後9時から 
「アルゼンチン絶景の旅」

「先住民の文化を継ぐパラグアイ」
7月22日(木)18:00〜(1時間番組)
「パンタナールの大自然〜パラグアイ〜」
7月29日(木)18:00〜(1時間番組)
地球ゆうゆう紀行
2010年1月24日(日)午後10時から
NHK地球アゴラ
はるばる日本人のコーナー「世界一蹴の旅」
世界一蹴の旅
アルゼンチン ブエノスアイレスからLIBEROユニット生出演

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

Profile
地球の歩き方2010年版発売中(巻末見てください)
05753-7 GUIA DE TURISMO DE ARGENTINA; CHILE; URUGUAY Y PARAGUAY EN JAPONES 地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員のページへ
バンクーバーオリンピック アルゼンチン人選手頑張れ!
DSC06734 スキーフリースタイル男子でアルゼンチン代表として、2010年2月のバンクーバーを目指しますクライド ゲティCLYDE GETTY選手 https://5dreams.panasonic.net/
テレビ番組コーディネート、スペイン語通訳などご用命は。。
テレビ番組撮影コーディネート
現地コーディネーター
スペイン語通訳
プロジェクトコーディネート

アルゼンチンのことなら! 

tomokoargentina☆gmail.com
☆を@に変えてメールをどうぞ!

FunnyPro LatinAmerica
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
br_decobanner_20091225082816
((オンエアのご案内)))

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員
51Ehu1%2B6utL__SL500_AA300_ 世界一蹴の旅の本アマゾンで購入!
livedoor プロフィール
トラベルコちゃんのサイトで旅行者向けブログを書いています! トラベルコちゃん、素顔のブエノスアイレス・アルゼンチン 旅行情報ブログ
ブエノスアイレスでW杯を楽しむ
アートとカルチャーを満喫
コロン劇場 攻略ガイド など続きます。
格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行情報サイト
#ブエノスアイレス、パタゴニア、 北西部、イグアスの滝、南極の 旅、目的別の旅行、視察、研修。
#スペイン語留学
#スペイン語学習
#短期 ’長期滞在
#手続き
#−−がしたい!
#−−さんと会いたい!
など、 通訳、翻訳、便宜、資料作成、 語学レッスン、プラン作り、 コーディネーションを行います。
MIN+GOB_REF
https://5dreams.panasonic.net/