2017年07月

2017年07月30日

II ENCUENTRO DE ESTUDIOS JAPONESES EN ARGENTINA 2017(del 1 al 3 de agosto)

II ENCUENTRO DE ESTUDIOS JAPONESES EN ARGENTINA 2017

LOS ESTUDIOS JAPONESES: ENTRE LA INVESTIGACION ACADEMICA Y LA PROMOCION CULTURAL

Buenos Aires – 1, 2 y 3 de agosto de 2017-

Centro Cultural de la Cooperacion, Ciudad Autonoma de Buenos Aires

Republica Argentina
Organiza: Asociacion Japonesa en la Argentina

Centro de Estudios Japoneses – IRI – UNLP

ALADAA –Japon

Auspicia: Japan FoundationPANEL
“ENSENANZA DEL IDIOMA JAPONES EN LA UNIVERSIDAD (EDUCACION SUPERIOR)”
Convocatoria
America Latina vuelve a estar en la mira del Japon. La inversion
creciente en Mexico, los acuerdos para explotacion de minerales en
diversos paises de America Latina, la circulacion de poblacion entre
Japon y los principales paises de la region, hace que cobre cada vez
mas importancia los estudios sobre el Japon y la necesidad formar
recursos humanos con conocimiento de la lengua y una formacion de
base en cultura japonesa.
En estas circunstancias, la ensenanza del idioma japones siempre tuvo
una buena repercusion en la sociedad argentina, ademas de ser
intrinseca de la vida en la comunidad japonesa. Hoy al reflexionar con
motivo de la celebracion del CENTENARIO DE LA ASOCIACION JAPONESA EN
LA ARGENTINA, nos preguntamos por que su ensenanza no ha alcanzado aun
un lugar formal en los planes de estudio como lo es en otras
universidades del mundo, incluso en America Latina, como lo es en el
caso de Brasil o Chile.
Durante la decada de 1970, la Universidad de Buenos Aires recibio el
apoyo oficial del gobierno japones para el equipamiento de un
laboratorio de idiomas y la formacion de una biblioteca, pero
finalmente solo llego a formar parte del Laboratorio de Idiomas de la
Facultad de Filosofia y Letras, como actividad de extension.
En 1992, nuevamente el gobierno japones realizo una segunda donacion
con motivo de la reorganizacion de la ensenanza de idiomas extranjeros
en el Instituto Nacional de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan
Ramon Fernandez y dio origen a su curso de idioma japones, como
actividad de Extension Nivel Superior y como materia dentro de las
carreras de profesorados y traductorados.
Ya durante la primera decada del siglo XXI (2010), un gran paso lo dio
el Instituto Privado Argentino Japones en Buenos Aires (NICHIA
GAKUIN), al obtener el reconocimiento del Ministerio de Educacion de
la Ciudad Autonoma de Buenos Aires, de la ensenanza del japones dentro
del programa regular de materias que se imparte en el nivel primario y
secundario. Ahora estan trabajando en crear un instituto terciario que
responda a la necesidad de la formacion de docentes en idioma y
cultura japonesa.
Pero por otra parte, en las universidades argentinas, ya han comenzado
a proliferar cursos, que todavia, e incluso a pesar de contar con una
trayectoria de varias decadas, no pueden trascender mas alla del
ambito de la extension universitaria.
Con el objeto de nuclear a los profesores que estan trabajando
principalmente en este nivel, de poder conformar una red que permita
la colaboracion, el intercambio de experiencias y conocimiento y se
pueda comenzar a consolidar el camino para obtener un lugar formal en
el campo de la ensenanza de las lenguas extranjeras reconocidas,
convocamos docentes del ambito universitario, a participar con
trabajos que den cuenta de su experiencia.
Por segunda vez desde 2013 y en esta oportunidad, en el marco de los
festejos del CENTENARIO de la Asociacion Japonesa en la Argentina,
llamamos a aquellos que esten realizando docencia a reflexionar,
generar trabajos y debatirlos en este espacio, y contribuir a
profesionalizar el campo de la ensenanza de la lengua japonesa.

Profesoras Tomoko Aikawa y Liliana Nakama

ACTIVIDAD ARANCELADA:

Ponentes graduados: $ 500

Ponentes estudiantes – grado y posgrado: $ 200

Asistentes con certificado: $ 100

Asistentes sin certificado: sin cargo



SE SOLICITA ENVIAR LAS PROPUESTAS A LA SIGUIENTE DIRECCION DE CORREO ELECTRONICO

ee.japoneses@gmail.com

Para inscribirse utilice este formulario,
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd1Gv0OHPjyrtJwfSza2fTa1JYWM5Ov7YRjvKwkk5RwOg60Hg/viewform?c=0&w=1


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





tomokoar at 12:53|この記事のURLComments(0)

「第二回アルゼンチン日本研究学会2017」パネル「大学レベル(高等教育機関)での日本語教育」でレングアスビバス日本語講座について話します。

 来る8月1日午前9時から3日まで「第二回 アルゼンチン日本研究学会2017」
テーマ「学術研究と文化振興のはざまにある日本研究」が開催されます。
詳細は以下です。当方は最初のパネル「大学レベル(高等教育機関)での日本語教育」(午前9時半から11時)でコーディネーターとしてレングアスビバス日本語講座での実践、そして大学レベルにおける日本語教育の言語政策について話します。(日本語とスペイン語です)
そして、JICAシニアボランティアの宮本みき先生が「タイとコスタリカにおける日本語教育」について、さらにトゥクマン大学の斉藤けいこ先生の「日本人会から大学教育」についての発表があります。そのほか、日本文学、翻訳文学、日本社会、日本歴史、日本移民など3日間多くの研究発表が行われます。

詳細は
「第二回 アルゼンチン日本研究学会2017」
テーマ「学術研究と文化振興のはざまにある日本研究」
日時 2017年8月1、2、3日
会場 アルゼンチン国ブエノスアイレス市
Centro Cultural de la Cooperacion文化センター
(住所Av. Corrientes 1543, CABA)
主催  :  在アルゼンチン日本人会Asociacion Japonesa en la Argentina、国立ラプラタ大学日本研究センターCentro de Estudios Japoneses – IRI – UNLP、 アジアアフリカ研究会 アルゼンチンー日本ALADAA –Japon
後援 : 国際交流基金
パネル「大学レベル(高等教育機関)での日本語教育」
(8月1日午前930時から11時の予定ーその後、1245まで研究発表、ネットワーキングを行います)

はじめに

ラテンアメリカは近年、日本から注目を集めています。
メキシコへの投資は増大し、ラテンアメリカとの鉱業取引を結ぶ企業は年々増えています。両地域への往来が進み、今後、ますます日本研究のそして日本語の知識をもち、日本文化を理解する人材が急望されるようになりました。
この背景を鑑み アルゼンチンでは日系社会において日本語教育は発展してきましたが、在アルゼンチン日本人会が100周年を迎えたのを機に、日本語教育はどうしてほかの国々、特にラテンアメリカではブラジルやチリのように、大学レベルの公式教育に達していないのかという疑問に達しました。
1970年代、国立ブエノスアイレス大学ではLL教室そして図書寄贈を日本政府から受けました。しかしながら、国立ブエノスアイレス大学哲学文学部の語学ラボラトリー講座の一つに数え上げられるだけであり、市民講座の一部です。
1992年、日本政府は再び、アルゼンチン国立語学高等院レングアスビバス「フアンラモンフェルナンデス校」にLL教室二室とビデオ編集室の無償供与を行いました。おりしも同校の外国語教育科目編成期にあたり、日本語講座が新設されました。市民講座としても機能しながら、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語の翻訳学科や教師養成学科の選択外国語科目に指定され、高等教育機関としての初めて日本語が正規科目となりました。
2010年、日亜学院の尽力により、ブエノスアイレス市教育省において小学校、中学校レベルにおいて日本語が公式科目として認められました。
近い将来、日本語と日本文化の専門教員を養成する高等教育機関を付設したいという計画があります。
一方、ほかの地方、アルゼンチンの大学でも年々、日本語講座が開設されるところが増加しています。しなしながら、何年経っても市民講座の域を出ません。
大学、高等教育機関レベルの教師を一同に介し、協力ネットワークを作り、経験と知識を交換し、今後、同レベルにおける外国語講座の中で公式講座の地位を獲得していく場となることを願い、今回のそれぞれの経験と知見を交換する学術的な場を作ることとしました。
アルゼンチン日本研究の場は2013年そして今回となりますが、初めて日本語教育研究のパネルが設置されることになりました。この機会に活発な研究発表、意見交換、討議は今後アルゼンチンにおける日本語教育の分野を専門的にすることに導くと願ってやみません。ぜひ、御参加いただければ幸いです。よろしくお願い致します。
コーディネーター 相川知子、仲間リリアナ

日本語教育研究発表
(午前11時半から12時45分を予定)
参加費用:発表者(大卒者、大学院卒者): $ 500、発表者(大学生、大学院生 ) : $ 200
出席者 (参加証明代)   : $ 100、出席者 (参加証明不要) 無料
お問い合わせ、研究発表の送付はこちらにどうぞ。
ee.japoneses@gmail.com
また登録はこちらのフォームで行ってください。当日参加も可能ですが、出席者の整理のためにご協力ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd1Gv0OHPjyrtJwfSza2fTa1JYWM5Ov7YRjvKwkk5RwOg60Hg/viewform?c=0&w=1

当方へのご質問は sadakoar@gmail.com  まで。

8月1日から3日 日本研究学会は開催されますが日本語のパネルと研究発表は
8月1日のみです。
 
II ENCUENTRO DE ESTUDIOS JAPONESES EN ARGENTINA 2017

LOS ESTUDIOS JAPONESES: ENTRE LA INVESTIGACION ACADEMICA Y LA PROMOCION CULTURAL

Buenos Aires – 1, 2 y 3 de agosto de 2017-

Centro Cultural de la Cooperacion, Ciudad Autonoma de Buenos Aires

Republica Argentina
Organiza: Asociacion Japonesa en la Argentina

Centro de Estudios Japoneses – IRI – UNLP

ALADAA –Japon

Auspicia: Japan FoundationPANEL
“ENSENANZA DEL IDIOMA JAPONES EN LA UNIVERSIDAD (EDUCACION SUPERIOR)”
Convocatoria
America Latina vuelve a estar en la mira del Japon. La inversion
creciente en Mexico, los acuerdos para explotacion de minerales en
diversos paises de America Latina, la circulacion de poblacion entre
Japon y los principales paises de la region, hace que cobre cada vez
mas importancia los estudios sobre el Japon y la necesidad formar
recursos humanos con conocimiento de la lengua y una formacion de
base en cultura japonesa.
En estas circunstancias, la ensenanza del idioma japones siempre tuvo
una buena repercusion en la sociedad argentina, ademas de ser
intrinseca de la vida en la comunidad japonesa. Hoy al reflexionar con
motivo de la celebracion del CENTENARIO DE LA ASOCIACION JAPONESA EN
LA ARGENTINA, nos preguntamos por que su ensenanza no ha alcanzado aun
un lugar formal en los planes de estudio como lo es en otras
universidades del mundo, incluso en America Latina, como lo es en el
caso de Brasil o Chile.
Durante la decada de 1970, la Universidad de Buenos Aires recibio el
apoyo oficial del gobierno japones para el equipamiento de un
laboratorio de idiomas y la formacion de una biblioteca, pero
finalmente solo llego a formar parte del Laboratorio de Idiomas de la
Facultad de Filosofia y Letras, como actividad de extension.
En 1992, nuevamente el gobierno japones realizo una segunda donacion
con motivo de la reorganizacion de la ensenanza de idiomas extranjeros
en el Instituto Nacional de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan
Ramon Fernandez y dio origen a su curso de idioma japones, como
actividad de Extension Nivel Superior y como materia dentro de las
carreras de profesorados y traductorados.
Ya durante la primera decada del siglo XXI (2010), un gran paso lo dio
el Instituto Privado Argentino Japones en Buenos Aires (NICHIA
GAKUIN), al obtener el reconocimiento del Ministerio de Educacion de
la Ciudad Autonoma de Buenos Aires, de la ensenanza del japones dentro
del programa regular de materias que se imparte en el nivel primario y
secundario. Ahora estan trabajando en crear un instituto terciario que
responda a la necesidad de la formacion de docentes en idioma y
cultura japonesa.
Pero por otra parte, en las universidades argentinas, ya han comenzado
a proliferar cursos, que todavia, e incluso a pesar de contar con una
trayectoria de varias decadas, no pueden trascender mas alla del
ambito de la extension universitaria.
Con el objeto de nuclear a los profesores que estan trabajando
principalmente en este nivel, de poder conformar una red que permita
la colaboracion, el intercambio de experiencias y conocimiento y se
pueda comenzar a consolidar el camino para obtener un lugar formal en
el campo de la ensenanza de las lenguas extranjeras reconocidas,
convocamos docentes del ambito universitario, a participar con
trabajos que den cuenta de su experiencia.
Por segunda vez desde 2013 y en esta oportunidad, en el marco de los
festejos del CENTENARIO de la Asociacion Japonesa en la Argentina,
llamamos a aquellos que esten realizando docencia a reflexionar,
generar trabajos y debatirlos en este espacio, y contribuir a
profesionalizar el campo de la ensenanza de la lengua japonesa.

Profesoras Tomoko Aikawa y Liliana Nakama

ACTIVIDAD ARANCELADA:

Ponentes graduados: $ 500

Ponentes estudiantes – grado y posgrado: $ 200

Asistentes con certificado: $ 100

Asistentes sin certificado: sin cargo



SE SOLICITA ENVIAR LAS PROPUESTAS A LA SIGUIENTE DIRECCION DE CORREO ELECTRONICO

ee.japoneses@gmail.com




記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスのスペイン語講座第三期・後期は7月31日レベルチェックテスト

 ブエノスアイレス市立外国語大学レングアス ビバスの外国人のためのスペイン語講座2017年後期の学期が
来週7月31日から始まります。

集中講座の場合は ((授業の時間帯は午後2時から6時頃))
第三期7月31日がレベルチェックテストで 午後2時から開始です。
その後同じ週に登録を行います。
第三期受講期間は 8月7日から9月29日まで
それから10月2日がレベルチェックテストで
第四期受講期間は、10月7日から12月8日まで。

レギュラー講座((午後6時以降週二回))は今回、後期が始まります
(前期と後期に入学チャンスがあります)
同じ7月31日ですが、午後6時からレベルチェックテストです。
後期受講期間は8月7日から12月1日の予定です。


通称 Lenguas Vivas  レングアスビバス
スペイン語名称 Instituto de Ensenaza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernanez -
(ブエノスアイレス市立外国語大学フアンラモンフェルナンデス校レングアス ビバス)
住所 Carlos Pellegrini 1515 


一度入りますと、進級テストがあり、新規学生の申し込みの週に進級テスト合格の場合はそのレベルに登録を済ませることがあります。そして、新規学生はその空きにより登録が可能かどうか決定されます。たとえば、今期は7月31日レベルチェックテストで、8月3日が登録です。すでに学生の場合は
次のレベルに8月2、3日に登録します。
 レングアスビバスのスペイン語集中講座は2ヶ月でその後、進級テストで合格したら次の2ヶ月とレベルが上がって行きます。もちろんその都度、初心者コースも開講され、3月、5月、7月、(冬休み)10月になります。

 集中講座は午後2時からOficina de Curso 語学申し込みオフィスで申し込みを行えますが、実は大変申込者が多いので学校前で並んで待つ人が多いです。
また日程がありますが、空席がなくなり次第終了ですので通常は初日で定員となります。

 初心者も初級者も、既に学習したことがある人も、全員レベルチェックテストを受けます。ただ全くの初心者の方でしたら、テストができなくても心配要りません。できないからと初心者になりますから、名前を書くだけで十分です。パスポートを携行し、住所などの個人データを持って、その後、申し込みをすることができます。そしてその結果発表の日が別にありますから正式登録の日程を教えてもらえます。

 レングアスビバスはアルゼンチンの公立教育機関なので無償です。ただ、維持会費としてBono Contribucion寄付金をお願いしています。今年の推奨寄付額は月400ペソです。(2017年7月現在30ドル弱)
 一旦登録できれば次は進級テストでパスすれば優先的に事前登録をすることが可能です。ですからこの期間で勉強し始めるには、3月から始めるのをおすすめします。
 1年間この学校に通いたいと思っているのなら、3月に申し込んでそのままストレートにいくに限ります。
 翌週から授業が始まります。
初心者の場合は平日毎日2時から4時ぐらい週8時間勉強することができます。レベルにより時間帯と授業数が変わり上に行くほど少ないので、プライベートレッスンや他の講座とかけもちで行ってもいいでしょう。

 スペイン語を学ぶことについて情報や心構え、いろいろなやり方について、いろいろ以下で書いていますのでご参考にしてください

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045672.html


こちらの一昨年の記事もどうぞ! アルゼンチンでスペイン語を学ぶ
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/10/post_225.html

外国語大学ですが、
登録の手続き全てスペイン語です。初心者の方など付き添いが必要であれば
頼むことができますから、お早めに申し込んでください。
tomokoargentina2@gmail.com

それから、結構厳しいので、ついていけない人へのためのプライベートレッスン、
グループプライベートレッスンも行います。もちろん、もっと深めたい場合もご対応可能です。



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2017年07月29日

「一億人の大質問笑ってこらえて!」8月2日3時間スペシャルでアルゼンチン登場!

18767733_1339758999445315_4963507953805571116_n


来る8月2日(水)午後7時〜10時
日本テレビ「一億人の大質問笑ってこらえて!」
「笑ってコラえて!3時間スペシャル」は
アルゼンチンが登場します。
http://www.ntv.co.jp/warakora/

ダーツの旅的 世界一周1年間ロケしっぱなしの旅のコーナーで
日本を出て戻らずに行きっぱなしで、世界を一周して
1年間ロケしっぱなしの小松原ディレクターが
日本人はまだ訪れたことのない地を目指して日本語が
堪能な助太刀をつれて旅をするコーナーですが、
6カ国目の目的地 アルゼンチンが登場します。

18767415_1339758979445317_972358407409064418_n


6月21日コスタリカの放送の際、
すでに パナメリカノホテルのナイトビューから生中継しました。
その様子はこちらからどうぞ。
http://tetsusism.com/komatsubara-costarica-bijo-hosojiko-warattekoraete-19782

首都ブエノスアイレスを訪れた小松原氏がどんな場所で、どんな旅をし、
どんな人達に出会うか、お楽しみください!

なおこのコーナーは毎回一カ国二回にわたって放送されるので次週 
8月9日も笑ってこらえて アルゼンチン編をお楽しみください。
なお、通常は
日本テレビ
毎週水曜日午後756から854まで
「一億人の大質問笑ってこらえて!」で放送されています。


よろしくお願いします。

TOMOKO 
相川知子
「主観的アルゼンチンブエノスアイレス事情」
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年07月28日

アルゼンチンこども書籍展2017 

20292901_1485044608256962_2190601604690176881_n



CCK文化センターで、毎日11時から20時
週末は13時から20時まで アルゼンチンこども書籍展2017開催中です。(7月30日まで)
会場は昔の中央郵便局でCorreo Centralという方がポピュラーです、地下鉄のB線LEANDRO ALEM駅からすぐです。最近はこちらの大通りメトロブスもあり、行きやすくなりました。

http://www.cck.gob.ar/eventos/27-feria-del-libro-infantil-y-juvenil_2017
五月広場からも歩いていけます。

入場無料自由なのですが、特別な催しごとに整理券が必要です。
入り口でまず地下のマリオネットの券entradaエントラダ
をいただくかあるかどうかチェックしましょう。

20374453_1484134561681300_4894536397139188900_n


20294114_1484134761681280_6883978817434801093_n


3階の催しの券をもらうといいでしょう。こちらはアニメーション技法を学ぶという講座に参加したうちの姪の双子ちゃん。。。待合の間に世界で一番小さい男の展示で遊びます。
15時について マリオネットの券はぎりぎりなくて、3階にいって、
20分並んで1640のチケットをゲットしました。


20294032_1484134771681279_6648741434760751767_n



なお、券がいらないイベントもあります。これは3時半からのマジシャンショー エレベーター横です。いずれも三階。

20294374_1485044791590277_1287353728939093421_n




20431623_1485044604923629_2708747925731635608_n


マリオネットショーとマリオネット工房は入り口で整理券をもらってください。
http://www.cck.gob.ar/eventos/me-lo-dijo-el-rio_2031

20374698_1485044901590266_8555544755483336234_n (1)


((私がほしかったのはこれ、アルゼンチンの歴史のすべてがわかる本2000ペソ!150ドル弱ですが、なんとこのフェリアでしか買えないそうで、来年買えるまでがんばろう))


アルゼンチンの人達はスペイン語圏で一番本をよむ人達のようです。
ブエノスアイレスの書籍店数は人口比からも世界のトップレベルです。

ただ、やはり流通の面ですべての本が行き届かないのでこのような書籍展で
本が一度に見られるのです。

最近はネット検索もありますが、その昔はまずはどこの書店に売っているか、またスペインではなくアルゼンチンでどうやって購入が可能か、書籍展に来なければならなかったのです。



20292677_1484133588348064_5256953127036430359_n


20293148_1484133731681383_5630751888014118297_n



今ではいろいろな関連イベントもあり、上記整理券をもらってぜひ参加してください。
ほかにも有名なISOLイソルさんという絵本作家の展示が3Fにあります。なんと今度国営放送 CANAL PUBLICOでアニメにもなるそうです。

20294567_1485044711590285_1299861304182822357_n


20294184_1485044681590288_4396304373823824809_n (1)




以前、日本でアルゼンチン児童文学を研究している方がわざわざブエノスアイレスにお越しになりました。こんなにアルゼンチンの児童文学が評価されると驚いたものです。

うちの娘たちはもうちょっと大きくなってしまったので冬休み田舎から出てくる姪たちを
遊ばせて楽しみましたが、
こんなに遊ばせたのに昨年同様、この建物のエスカレーターが一番楽しかったそうです。。。

また姪たちにとお菓子を届けてくださった方もいました!!!
 ありがとうございます!












2017年07月22日

LA RURAL(アルゼンチン農業牧畜協会)の祭典は7月19日から30日まで

 7月19日から30日までLA RURAL(アルゼンチン農業牧畜協会)主催第131回農業牧畜展La Exposicion deGanaderia, Agricultura e Industria Internacional が開催されます。
 アルゼンチンにある23州から各地の代表が首都ブエノスアイレスに結集し、牧場、農業の祭典を延べ二週間、12万ヘクタールの敷地で展開しました。
牛や馬、羊などの家畜の全種類の優劣を競う品評大会、また農業、遺伝子学、農機や栽培技術などの最新技術やトレンドが展示されます。メイン会場として、アルゼンチンのカウボーイ、ガウチョが礼装をし馬に乗って登場する、パレードや4WD車のテストドライバー、騎馬隊などパレードなども行われます。このビデオがその様子です。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51979209.html

ラ ルラルというのは牧場、農地のという意味でここは、農業牧畜協会の歴史はアルゼンチンの農業、牧畜の発展でもあります。その歴史は1866年にさかのぼります。そして1878年か、139年前から
La Ruralラ ルラル農牧展は開催されています。

La Ruralラ ルラル農牧展
La Rural, Plaza Italia, Palermo
開催日時
7月19日から30日 午前9時から午後8時まで
Del 19 al 30 de julio, de 9.00 a 20.00hs.
入場料は 平日100ペソ、土曜日、日曜日120ペソ


 農牧展は、その伝統を守る人、そしてそれを継ぐ人、新しい改革を行っていくアルゼンチンの産業の中心なのが農産業でもあります。そしてその関連企業や、またそれに乗じて宣伝をする人達、観光招致もあり、ショーありで、ちょうど冬休みの時期に重なりますから毎日多くの人出があります。
すばらしい牛を愛でながら、ここで、パリージャこと焼肉屋が並びます。自分の仲間の肉を焼いていおすすめはアサドデエスタカというたてに大きな長い串に刺されて焼かれた骨付きのバラ肉は柔らかくほっくりしています。脂身がすでに焼いている間に落ちていくんです。
 ほかにもアルゼンチンの郷土料理のエンパナーダをふるまう店があったり、地方の郷土特産物の展示や音楽のショーなどもあります。

こちらが農牧展示会のHPです。
http://www.exposicionrural.com.ar/

毎日のプログラムはこちらで日にちをクリックすればいいですが、
その際、PISTA CENTRALというのが品評会場の真ん中にある大きな競技場の場所になりますからここで品評会、コンクール、パレードなどがあります。
http://www.exposicionrural.com.ar/index.php/programas-y-actividades/
またツイッターでも行事の案内があります。
https://twitter.com/exposicionrural/


一番 アルゼンチンらしいイベントですので機会があれば時間をゆっくりとって訪れてみてください。一日いても楽しいですよ。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 




((ご注意))日本語で書かれた詐欺手紙がアルゼンチン日系家庭に届いています。

日本語で書かれた詐欺手紙がアルゼンチン日系家庭に届いています。
 ブエノスアイレスだけではなくコルドバなど地方にも!しかも、亡くなったお父さんやおじいさん、おばさんの名前で手紙が来ているのです。うけっとったのは日系二世だったり三世だったり、または日系女性と結婚していたアルゼンチン人で義父の名前できて奥さんには先だたれていたり、日本語が完全には読めません。
 そのため、私の日本語の生徒の知り合いだったり、当方を日本語スペイン語翻訳家と聞いて、スペイン語に訳していただけませんか、と相談にこられるのです。それから友人の日本語教師のところにも相談がきています。

 内容的にイギリスに住むおじいさんの友達が急死し、大金の遺産がある。
 おじいさん(おばあさんでもいいですが)を相続人に指定されていて、それが今まで行方がわからなかったので連絡できなかったが大金が宙に浮くので相続してもらえないかといわれ、手口は手続きのため指定口座にわずかな手数料(とはいっても結構な額)を振り込めば、それで遺産を相続して法的手続き料を引いた大金が。。。と続くわけです。
  しかしながら、まあ、以下の写真の手紙をご覧ください

20139977_1752538134775608_1774477792725081334_n


https://www.facebook.com/laplatahochi/?hc_ref=ARTL8zJg0owV6EJW9zwpmBgF5nQ9auid5n3zCr5vBxpO_mopr8o160pXpw4nZbvRyqI&fref=nf&pnref=story

 これは1948年創立のアルゼンチンの邦字新聞「らぷらた報知」の読者から寄せられてフェイスブックに掲載された手紙の写真です。なお「らぷらた報知」は、現在も発行されている唯一の新聞社でアルゼンチンのニュースを日本語で伝えたり、このように日系社会に起こる、事件を共有し、地方にすんでいるにも呼びかけることができる媒体です。なお、最近はメール、フェイスブックでずいぶんネットワークがつながりましたし、日本語で読む人が少なくなり、スペイン語で日本関係のニュースが増えてきたんですけれどもね。

そして、なぜか私のフェイスブックの方にも日系二世の友達という人からメッセージで相談に来たのをコピーしてみました。こちらの方が読みやすいですが、なぜ、それがデジタル文書になっているのか(スキャナーして文書に転換したんですかね?)

))))))))))))))) 手紙全文、宛名は消しています。

拝啓 このような形でのご逑絡亡なウでしまったことを真挚に疎蒯孜しますとともにーーどうかご理解いただけたらと恶い非常に緊急で重要な案件として私の目に留まり、相互利益の観点からあなたの同意を求めることが重要であると強く感じたのです。私はガーンジー島(Jersey)にあるNYK Finance (U.K.) Plcでコンプライアンス部長をしている
Mr. Katsuya Nakanoと申します。私は日本国籍の故ヒロシ氏の個人的な資産管理者です(personal funds manager to Mr. HiroshiTsmaki) 同氏は奥様と唯-のご子息様とともにビルマで休暇滞在中に亡くなり、その亡骸は埋葬のためにイギリスに輸送されました.最後の監査で、同氏の名義の休眠口座に
£28,844,000.00 (二千八百八十四万四千英ポンド)の預金があることが分かりました
私たちの調査で、同氏はご子息様を最近親者に指名していることが判明しました。同氏のその他の阻族関係を突きめようとあらゆる努力を試みましたが不可能でした。イギリスの日太大使館は、死者の
血族関係を全く突き止めることができませんでした" 口座は氏の逝去から長らくの間、休眠したままでした。したがって、私たちは貴方に連絡し、私たちが貴方を故人の最近親者に指名し、資産を故人の最近親者の貴方に譲渡するための同意を求めることにしたのです。私たちの亡くなった顧客の弁護士の同意を取りつけることで、弁護士は貴方を最近親者であると確認し、資産を貴方
に譲渡するにあたり、貴方が預金、資産の唯一の相続受取人であると確認することになります。資産があなたに譲渡された後、貴方はその38%を、私たちは60%を受け取ります。2%は両当事者が手続きの最中に発生する費用(もしあれば) として確保しておき,.故人に関する情報を私たちは有しており、これにより資産を首尾よく主張することができます,あなたの前向きなご対応により、私たちがヨークシャー銀行することができ、故人の遺産の主張を正当化することができますこれは良心の呵責に基づくものではなく、誠実な目的であることを保証致します。慰の職業上、この機会を利用してお伝えいたしますがリスクはありません。私は実直で、真っ当な人格をもち、養う家族がいるからです。この情報は常に内密にしていただけるようお願いいたします。へ提出する故人の作成済み申請苔と口座情報によってあなたを相続者に指名の事業手続きにご関心があり、手続きをする作成済み申謂書のコピーをご希望でしたら, emailかFAXにて彩にご連絡ください. Email: XXXXXXXXX
また、直接連絡の取れる連絡先を教えてください。私たちの前向きな目標の達成への簡便な進め方の詳細について議論致しましょう.
敬具: James Katsuya,NakanoCorporate Director NYK Finance (U.K.) Pc

もし、高齢のご夫婦もしくは独りで暮らしているおじいさんなどがあれば 知らない人からこんな手紙が来たら知らせなさいと、教えてあげてください。そうしたら確認をとってあげることができます。
アルゼンチン式のオレオレ詐欺ですよね。。。

でも、これ、一世の日本人よりむしろ、日本語のあまり読めない、その子弟がしかも英語とかがわかっちゃうと、ひっかかりやすそうです。。。まあなかなかうまい話など世の中にないと思った方がいいんじゃないかと思います(笑)そういうときにOJALA(オ ハラ!)ああそうであればいいのにね。。。とスペイン語でいいますよ。

これを書いている最中にも、ブエノスアイレス州近郊都市のアルゼンチン人で親戚の日系家族のところに届いた手紙について翻訳料はとたずねられてきました。
通常、翻訳の場合は最近は写真でもいいので、メールで送ってきてもらえば見積もりをしますが、
それが。。。と濁しているので聞き出したら案の定。。。HIROSHIという友達が。。。という話ですので、それはちょっと怪しいですよ、とお知らせしました。

しかしその一方で翻訳をお願いしたいので住所を知らせてくださいというのです。
あのメールアドレスなら言えますけれども、いまどき翻訳のために見せにこなくてもいいです。
写真をとって送ってくださいと言いました。見積もりをしてそれからですから大丈夫、
でも、だいたい誰とも名乗らないなんておかしいですよね、どこから電話してきているんですか。それでやっと、日本人の名前をいって、地域を言いましたけれどもね、確かにそんな日系家族はいますが、今考えれば最初、私のことをおじいさんだと思っていたみたいですね、でも日系のファミリーがいるのならTOMOKOなんてすぐ女性の名前と分かるはずでしょうに。
。。

まあ本当にまともな!スペイン語日本語翻訳のご用命の場合は連絡してください!

なお、近隣のパラグアイやブラジルにも飛び火する可能性もありますので、
フェイスブックのパラグアイ、ブラジル掲示板ではお知らせしておきました。

また当方はアルゼンチン掲示板も管理しています。ブログもありますが、
緊急性の場合(今回のようなときですね)それから、写真などふんだんです!

https://www.facebook.com/groups/argentinakeijiban/
(こちらは自己紹介文をメッセージしてフェイスブックで申し込んでくだされば入会できます)
tomokoargentina2@gmail.com

注 上記のこともあります。。。
そのため、自己紹介を書いてくださいと、
いつもお願いします。名前だけの自己紹介なんて自己紹介ではないし、
自己紹介ができない人は申し訳ないですが、普通にお付き合い難しいと思います。

さらに、何で、スペイン語学校の詳細を知るために、アルゼンチンのレストランを知りたいだけなのに、自己紹介しなければならないんですか!などとキレル人、それもお友達になるのは難しいですね。面倒かもしれませんが、人間関係というのは、基本面倒だと思います(笑)
また私も教える義務もありません、だから多くのこと書いてありますしね。見てください、というだけです。
しかしながら、そんな面倒なことを乗り越えて、いろいろなことを分かち合う、一緒にいて楽しい方とお付き合いしたいと思います。

よろしくお願いします。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 






2017年07月20日

#DiaDelAmigo アルゼンチン7月20日は友達の日

7月20日はアルゼンチンでは友達の日を祝います。友人同士で電話、メッセージを送り、また一緒に過ごしますから今日の夕方の喫茶店はお茶会で、夜のレストランもパーティーでどこも満員です。
いつも素敵なメッセージをくれる大学院時代の友人のメールを紹介します。

Salud, amigos!
A punto de cumplir las bodas de diamante con la vida, sigo sin encontrar las palabras justas para agradecer a todos los que me acompanan en esta senda. Con cada uno de ustedes voy descubriendo las innumerables facetas de esta piedra preciosa. Todos -los que pertenecen a mi sangre, los que han quedado adheridos a la piel desde la infancia, los que aun siguen a mi lado- ayudan a conformar la coraza que me protege de las maldades del mundo…
Y todos, sin excepcion, hacen que el camino sea cada vez mas apetecible.
Alzo mi copa con ustedes para un !gracias por el disfrute compartido!
Marta
友達よ乾杯!
もうすぐ人生とダイヤモンド婚の年を迎えますが、この道を一緒に歩んでくれる人々に感謝するためのちょうどいい言葉がみつからないでいます。一人人と一緒にこのすばらしい石の数え切れない面を発見する毎日です。私と血のつながりがある人、そして、子供のときから肌についてきた人、そしていつもそばにいてくれる人、その皆さんが世界の悪から私を守る鎧を形成してくれます。
例外なく、皆がこの道を受け入れやすいものにしてくれるのです。
皆さんのためにグラスを掲げます。一緒にこの楽しみを分かち合ってくれてありがとう!
マルタ
ここまで書かなくても、十分
フェリス ディア デル アミーゴ!FELIZ DIA DEL AMIGO! 
の挨拶でも大丈夫です。。。。(実は多くの日が フェリスディア! FELIZ DIA!  だけでもごまかせちゃいます)


今日はアルゼンチンは友達の日です。
7月20日はアルゼンチンでは友達の日DIA DEL AMIGO として友情を確かめ合い、祝う日になっています。祝日ではありませんが、母の日の次ぐらいにアルゼンチン人の心にとってはとても大切な日です。その起源はエルネスト フェブラロというブエノスアイレス州ロマス デ サモラ出身の心理学、哲学、歴史の先生であり、フリーメーソンでもあり、さらにはロータリークラブの発起人の一人でもある著名人の方が、1969年7月20日アポロ11号が月面に着陸したのに感動し、世界中の人々がこの世紀の偉業を通じて一つになったとし、1000人の100カ国の世界中の友達に手紙を送って、その喜びを分かちあったのだそうです。(なお、お礼の返事が来たのは700通だったそうです)それでこの記念すべき7月20日をDia del Amigo 友達の日としました。
残念ながら2008年、エルネスト フェブラロさんは 84才でなくなっています。
こちらのリンクで写真を見ることができます。
http://www.eldia.com/nota/2008-11-6-murio-el-creador-del-dia-del-amigo

インターネットやフェイスブックのない時代、ない方法で基本的な手紙とそして本当のつながりというソーシャルネットワークを使って、友情を分かち合ったのです。なお、この方は2回ほど、ノーベル平和賞の候補になっています。
その言葉が 
'un buen amigo no aconseja; se mete en el problema, se embrolla y ayuda al otro',

「いい友達というのは 問題に首をつっこむことを決して勧めない、自分のことのように思い、そして相手を助ける」

だったそうです。

20233086_1476198495808240_1136051090691133366_o



アルゼンチン的には残念ながら2011年パラグアイの平和文化イニシアチブにより国境の友情の橋の関係から、国連による国際友情の日は7月30日と制定されています。

ちなみにうちの娘たちはレコレータショッピングモールで友達と会って友情を祝うためにでかけますが、いつも大好きな広いアバストショッピングセンターに行かないのは先週2階の天井が一部落ちたところがあり、やっぱり「ヤバイ」と思い 行かないんだそうです。


みなさんもいつもご訪問いただき 感謝をこめて、
FELIZ DIA!


NHKラジオ深夜便をネットでも!(7月24日午後12時10分すぎ)

アルゼンチンでは聞けないと思っていた NHKラジオ深夜便はネットでも聴くことができるようになったとのこと。以下のリンクからどうぞ。アプリをダウンロードするのが必要なときもあります。
http://www.nhk.or.jp/radio/player/?ch=r1&area=tokyo

なお、日本との時差がありますので
アルゼンチンでは 7月24日月曜日午後12時10分すぎになります。10分ほど今の時期の話題をお話します。
19990276_1381024818652066_3179231690853181511_n



毎晩 日本時間午後(アルゼンチン時間午前)11時から5時まで放送があります、私だけではなくいろいろな国の方が出演したり有名な方のお話もありますのでよかったらご視聴くださいませ。
よろしくお願いします。
放送予定は以下のリンクから
http://www4.nhk.or.jp/shinyabin/1/

こちらは多くの世界からのリポータープロフィール掲載されています。
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/worldrepo.html


私の次の出番は 日本では 
来る7月25日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便(NHKラジオ第一)
「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス〜相川知子」
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/wn.html
登場します。

放送的には7月24日の夜の回のNHKラジオ深夜便(アンカー 宮川泰夫氏)
は午後11時15分から始まり、25日の午前5時00分に終わります。


19904928_1381024821985399_651544608736983487_n



アルゼンチンの生の声をお伝えすることができるよう
がんばりたいと思いますのでぜひ応援してください。

地球の反対側、アルゼンチンにて 違った視点をきちんとお届けできるよう、
努力しますのでよろしくお願いします。
詳細はこちらから
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52167231.html

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





2017年07月17日

7月25日午前零時10分過NHKラジオ深夜便「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス〜相川知子」

 2017年5月から出演させていただいているNHKラジオ深夜便 にて 
放送予定が発表になっています。(以下のリンクから)
http://www4.nhk.or.jp/shinyabin/1/
私の次の出番は 来る7月25日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便(NHKラジオ第一)
「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス〜相川知子」

http://www.nhk.or.jp/shinyabin/wn.html
登場します。

放送的には7月24日の夜の回のNHKラジオ深夜便(アンカー 宮川泰夫氏)
は午後11時15分から始まり、午前5時00分に終わります。

私の出演時間は
時差は12時間のため、日付が変わって、7月25日、日本の午前0時10分過ぎは、
こちらは正午すぎです。実は今まで、日本のお昼や夕方のラジオはこちらの真夜中や早朝であったので今回は大変助かります。
2ヶ月おきの出演ですが、アルゼンチンの生の声をお伝えすることができるよう
がんばりたいと思いますのでぜひ応援してください。

実は先月、ちょっとおしゃべりしすぎたのですが、皆さん優しくって、
楽しい話だったと視聴報告いただきました。ありがとうございます。今回もよろしくお願いします。

地球の反対側、アルゼンチンにて 違った視点をきちんとお届けできるよう、
努力しますのでよろしくお願いします。



なお、上記のhttp://www.nhk.or.jp/shinyabin/worldrepo.html のプロフィール写真は
世界を旅して仕事するライター、フォトグラファーのめぐみさんに撮ってもらい、気に入っていましたのを使ってもらいました。
http://megintheworld.hatenablog.com/entry/southamericasafety

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 






外国在住日本人のJR PASS購入手順(2017年7月現在)

 日本でJR線、特に新幹線が乗り放題のJRパスは外国人観光客、そして外国に長く在住する日本人の帰国の際、大変便利な交通手段です。
しかし、
最近の条件改定で ’’外国在住の日本人には販売しない’’状況でした。
それが、継続要請が高かったことから
また 販売されることになりました。
これに、但し、がつき、10年以上の在外公館の「在留証明」を提示することが条件になりました。
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.japanrailpass.net/img/about_jrp/file/conditions_ja.pdf

アルゼンチンのケースを紹介します。

まずは在アルゼンチン日本大使館の領事部へ行ってください。大使館は17階ですが、
領事部は15階です。なお、ここで、DNIをお忘れなく。
入館手続きにも、また在留証明手続きにも必要です。
#パスポートは必要ありません。
Consulado del Japon en Argentina
Bouchard 547, Piso 15
C1106ABG - Ciudad de Buenos Aires, Republica Argentina
Tel: (54-11) 4318-8220
なお、受付時間は9:00 から 12:30 まで、そして午後 14:30 から17:00 までです。
昼の時間にご注意ください。

「在留証明」(10年以上)を領事館で取得するために、必要なものは何ですか?
料金はいくら?

領事館でDNIと一緒に申請書を書いてお願いします。
150ペソで、忙しいときでなければその場で待っていればできます。
私の場合は自分で申請書を書いて、提出してみてもらって、30分以内で全部終了しました。

「在留証明」(10年以上)をそれからどうするの?

旅行会社などを通じてJRパス販売代理店にDNIと一緒に見せます。
私はPDFにしてメール添付で送りました。
その代理店が日本で許可を得れば売ってもらえます。

ちなみに私の買ったのは1週間のものです。
日本円は33000円です。 
アルゼンチンではさらに21%の消費税などやレートの関係で
4900ペソほどとなりました。(7月10日時点)

なお、アルゼンチンで受け取るのはJRパス引換券なので、こちらは日本で空港や引き換え所などで
JRパスを使用期間を指定して引き換える必要があります。

なお、のぞみやみずほには乗れません。
でも 広島の宮島行きのJRフェリーには使えます。そのほか、普通のJRや特急も多くが可能です。
さらに、利用してほしいのは、このJRパスの普通ので指定席ももらえます。
みどりの窓口でお願いできますので、あらかじめ乗る便を決めて、指定席をとっておくと
混雑時期にも大変便利ですし、席を探さずに済みますし、そして空いてている時間帯、時期
でも自由席ほどホームで遠くないので、大きめの荷物をもっている海外在住者には便利です。

ですから全部の滞在期間で使えるだけではなく、
たとえば、一週間や二週間だけ滞在の期間の中で移動期間を決めて、使うことも可能です。
また、外国人を引率する場合、(家族も。。。)ただでさえ時間がとられるので、すでに
このフリーパスをもっていれば新幹線、在来線そのまま切符をかわずに乗ることができるので
便利です。

これを書きながら、子供はどうするか疑問がわきましたので、またうちの子が日本へいくときに
報告します。

なお、もちろん詳細はこちらのページをご覧ください。各国語に対応しています。
http://www.japanrailpass.net/

tomokoar at 03:01|この記事のURLComments(0)生活関係 

2017年07月15日

日亜学院の日本文学を読もうセミナー7月講座(7月15日午前9時から)

明日7月15日(土)は、日亜学院の日本文学を読もうセミナー7月講座です。
午前9時から10時40分です。
https://www.facebook.com/Seminario-Literatura-Japonesa-2016-1636729143318174/?notif_t=page_fan¬if_id=1500040497721910


日亜学院は
Pringles 268, CABA
ブエノスアイレス市のアルマグロ地区にあるもともとは移住してきた日本人の子弟のための
ブエノスアイレス日本語学校でした。
その起源は1927年、もう90年前のことになります。

現在は大部分が日系ではない非日系の方の入学が多く
2歳からの幼稚園は生まれたらもう予約すべきらしいですよ。

やはり日本語とそして日本文化、特に規律が人気の秘密のようです。
土曜日は文化センターとして一般の方向けの日本語、日本文化講座が開かれています。
その一環で、日本文学を読もうセミナーを行っています。
アルゼンチン人の少し日本語を親しんで深めたい人が対象です(ひらがなが読めること)
ですが、スペイン語練習中の日本人留学生もきて、スペイン語の練習、また 日本文学好きのアルゼンチン人との交流もしています。

Manana el sabado 15 de julio a las 9hrs. en Nichia gakuin(Pringles 268) vamos a leer Yume juuya ゆめじゅうや「夢十夜」de Natsume Sooseki なつめそうせき夏目漱石


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年07月14日

アルゼンチンの折鶴が広島へ (7月末まで受付)

20170712_145751



 小さな手が集まって見せているのは平和への折鶴です。
先日、ラスパンティ教育大学の文化祭でも平和への折鶴教室を行いましたが、
2015年行った平和の折鶴教室で習いにきたイトゥサインゴのモニカ先生がカステラールのマハトマガンジー中学校で平和への折鶴教室を昨日7月12日開催、写真を送ってきてくれました。

20170712_145821



アルゼンチンでは子供たちの写真を載せるのはそれぞれの両親の許可が要りますので、一般には
学校では写真を撮りません。しかしながら、お手手の写真は大丈夫。。。逆にとってもかわいいです!




20170712_145805


20170712_145844


20170712_151349



こうやって、いろいろなところで折鶴をおってくれて平和を考えるこどもたちが増える、平和文化教育をして、いろいろな面でも平和な心をもった人が成長し、社会構成民となれば町は平和であり、国も平和、世界平和が一番だとNGOフンダシオンサダコは考えます。わたし達のテーマは平和、友情、そして環境保護、慣れればちらしでも折り紙ができますから、折鶴がリサイクルペーパーでもできあがります。

なお、今回の折鶴教室だけではなく、この地域のいろいろな学校で折ったのをあわせて千羽鶴にして広島に送るんだとモニカ先生は意気込んでいます。

ちょうど今年は 長崎で平和首長会議の総会が8月7日から10日まであり、専門委員として出席します。その前にもちろん、広島に行くので、原爆の子の像にささげ、写真を撮って送れば子供たちはきっと大喜びです。
もちろんその後、長崎にももって行きます。

広島、長崎へもって行く折鶴は7月末まで受け付けていますし、事前にどれぐらいか、教えてくださればスペースをとっておきますのでぜひ、よろしくお願いします。

sadakoar@gmail.com
こちらでリアルタイムにフンダシオンサダコの活動を発信中。
https://www.facebook.com/FUNDACION-SADAKO-137603382954853/

なお、こちらの活動に賛同して、折り紙、テグス、針、糸など 協力してくださる方のご連絡もお待ちしております。今年はたくさんの読者さんがアルゼンチンを来訪し、もってきてくださいました。大変感謝申し上げます。さらに、どんどん折鶴が折られていきますので、またよろしくお願いします。もちろん、差し入れも大歓迎です。また折り鶴教室に参加したい方もご連絡ください。スペイン語の練習にもなりますよ!

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2017年07月11日

また教員ストです(7月11日)

 明日7月11日はブエノスアイレス市教員組合のPARO(パロ)といいますが、ストがあります。
午前11時にブエノスアイレス市教育省(Av. Paseo Colon 255)集合になっています。大統領府のウラ付近ですから、いつもどおり午前中からお昼過ぎまでオベリスコ、5月広場付近は交通が混乱するでしょう。
 ブエノスアイレス市の教員が全員ストに参加するわけではないですが、参加しなくても交通遮断のため、出かけられなかったりして学校へ行けないこともありますので、市立校へ行っている場合はそれぞれ確認したほうがいいでしょう。レングアスビバスも同様です。

 実は私は11日(火)は日本語NIVEL1の筆記テストの予定なんですが、まだいけるかどうか不明です。でも午後5時からのクラスで4時過ぎに出かけるので多分この時間は収まっていると思っています。

基本的には担任の先生に直接聞いたほうがいいでしょう。
記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2017年07月09日

雑誌「奇跡の絶景」(講談社)5/30 発売号 パタゴニア特集

雑誌「奇跡の絶景」(講談社)
(5/30) 発売号は、パタゴ二アの特集が組まれています。
http://mirapla.com/_ct/17081529

フルカラーのパタゴニア特集で、パタゴニアを魅力が満載です。

att9ff6f



実際にいくとすばらしいのに感動して、それにぜひ感動すべきで写真をどう撮ってもきれいなんですが、
こちらの雑誌の写真は美しいに尽きますね。

これからの旅を考えている人、おすすめですよ!そうして写真も大切ですが、ぜひ、生の肉眼で見るパタゴニアを味わってください!

2017年07月04日

ブエノスアイレスでの公立校と私立校の違い

ブエノスアイレスで子供を学校におくるには公立の学校と私立の学校がある。
学校内容はそれぞれ違うし、特色があるが、大きな違いは無償と有償である。
私立は最近は10000ペソ(約600ドル)はかかるらしい。それ以下も少しはあるし、それ以上は果てしなくある。また制服、スクールバス、お弁当、遠足代、教材代と枚挙にいとまがないので、結果的にはこども一人 毎月15000から20000ペソはかかる計算になる。
 公立校は寄付金を要請されるがそれでも一年間で1500ペソ。100ドルもしない。払えなければはらわなかくてもいい。遠足もバスのチャーター代は市がだしてくれたり、場合によっては習い事先も公立校の子割引がある。
 もちろん、教科書代や文房具代は公立だろうが私立だろうが同じことである。
そして、もう一つの大きな違いが時間である。
 公立校は一般に勉強は4時間ときまっている、通常は同じ学校の校舎で中学校は朝7時半からで、午後は小学校となっている。なお、外国語を中心にしている学校はもう40分ずつ長い。たまに一日校もあり、8時から4時であるが少数派である。
 しかし私立は基本的には8時から4時の間 学校へいてくれるので
共働きなどであったら迷わず一日学校へいてもらうほうがいいと考える人もいる。
でも兄弟がいれば割引はあるがそれでも1000ドルというのは大きいと思う。
ただ、一方で公立学校が学校が新学期なかなか始まらなかったり、教員ストで休校になったり、たまに電気がつかないから休校になるのをストレスに感じるのなら、お金を払ったほうがいいと思う。
 学力差がときどき言われるけれども、よほどの社会格差のある地域の学校でなければブエノスアイレス市内の普通の住宅街のところでは科目的にはそんなに変わらない。それよりも学校の雰囲気であり、一番大事なのは学校を見に行ってどんなところか肌で感じることである。これは学校の中で先生にあったり、施設をみたりする以外に回りの様子を観察することも重要である。そして、私立はキリスト教精神とか、バイリンガルスクールとか、芸術に重点を置いているとか、スポーツが盛ん、もしくはアメリカやEUの学校にそのままいける卒業証明書をもらえるとか、いろいろな特色がある。もちろん学校にいる時間が長いのでそれらも可能なのである。

 次はうちの場合について書きますね!

tomokoar at 20:56|この記事のURLComments(0)生活関係 

2017年07月03日

フンダシオン ボルヘスのボルヘス博物館にて 日本映画上映会2017年期が開始(7/3)

来る7月3日(月)午後2時からフンダシオン ボルヘスのボルヘス博物館にて
日本映画上映会2017年期が開始されます。
フンダシオン ボルヘスの住所はこちらJORGE LUIS BORGES
Museo Borges:en la FUNDACION INTERNACIONAL 
Anchorena 1660, esquina Juncal, CABA

(ドイツ病院の裏付近です)

ボルヘスはアルゼンチンでは川端康成に匹敵する文豪です。
その未亡人はマリアコダマさん、という日系二世の人で、盲目になったボルヘスの
目として最後の日まで一緒にすごした人です。

明日の7月3日は日本映画上映会の2017年の第一回なので(ちょっと時期的に遅いのですが。。)
マリアコダマさんからの挨拶から始まります。
また在アルゼンチン大使館広報文化センター所長の笠原氏も臨席され
フォーマルな雰囲気で始まると思います。
今回の上映は最近「君の名は」で有名な新開監督の作品「ことのはの庭」アニメーションで、
この上映内容設備とも大使館広報文化センターが支援しています。
どんなアニメかはトレーラーをリンクしておきます。

なお、オリジナルは日本語でスペイン語の字幕だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=udDIkl6z8X0

El proximo lunes 3 de julio, 2017 a las 14horas
dara comenzado el Ciclo de Cine del Japon en el Museo Borges:en laFUNDACION INTERNACIONAL JORGE LUIS BORGES, Anchorena 1660, esquina Juncal, CABA
Acceso libre y gratuito
Maria Kodama, presidenta de la Fundacion Internacional Jorge Luis Borges,
abrira el ciclo de documentales/peliculas cedidos por el
Centro Cultural e Informativo de la
Embajada del Japon en la Argentina.
Sra. Maria Kodama dara sus palabras de la apertura.
La acompanara el Agregado Cultural de la Embajada Sr. Kasahara
Luego mostrara un documental Argentina en Japon (Mayo, 2017)
Por ultimo,
Se proyectaran una pelicula de animacion del Director Makoto Shinkai
“El Jardin de las palabras (言の葉の庭 Kotonoha no Niwa”
https://es.wikipedia.org/wiki/El_jard%C3%ADn_de_las_palabras
El trailer
https://www.youtube.com/embed/udDIkl6z8X0

Para mayor informacion,
Fundacion Internacional Jorge Luis Borge Telefonos 4822-8340//4940
borges.internacional@fibertel.com.ar
www.fundacionborges.com.ar

2017年07月01日

Instituto Raspantexiラスパンティ教育大学で文化祭2017 折り紙教室行います(7/9)

来る7月9日(日)、ブエノスアイレス州モロン市アエドのラスパンティ教育大学にて文化祭が開催されます。

Afiche Bunkasai (1)


そのため、12時からと14時から、折り紙講座を開催します。
((でも、基本 平和の折鶴をおりますから、本当は 平和の折鶴講座なのですが、文化祭の日本の文化の一環という名まえで折り紙講座になります。それに折り紙をやりたい人は皆折鶴を折りたがるのでいいのです。))
NGOフンダシオンサダコの活動についてはこちらのフェイスブックをご覧ください。https://www.facebook.com/FUNDACION-SADAKO-137603382954853/

ちょっと遠いのですが、ほかに漫画講座、日本の歌講座 いろいろあり、日本食出店に太鼓や演歌もありますから、よかったら足を運んでください。また一緒にいきたい方はご連絡下さい。
sadakoar@gmail.com

ラスパンティ教育大学はキリスト系の教育大学なのですが 障害者学校も併設し、障害者教育を志す若者(若くなくても18才以上なら大丈夫ですが)を養成している学校で、教務主任の新里ネリダ先生は日系二世ですので、日本的教育を取り入れています。

おりしも7月9日はアルゼンチンの独立記念日で祝日です。
国民的祝日の日に日本的イベント楽しいと思います。

住所はポスターに記載されています。
HAEDO駅の近くです。
なお、入場料が50ペソとなっています。



BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CONSULTA! Aqui estan los libros japoneses.

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CODIGOS!


クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村 サッカーブログへ
ラテンアメリカ関係テレビ番組
アルゼンチン撮影コーディネートはファニプロラテンアメリカにお任せください!詳細はこちらから


((オンエアのご案内)))

2014/05/17,24,31
フジテレビ「めざましテレビ」(6-830am)
公式HP:http://www.fujitv.co.jp/mezamado/
めざましどようび藤原倫己
“CHANGE THE WORLD for 2020”アルゼンチン編
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/




2012年グローバルビジョン「世界の起業家」
5月5日(土) 19:0019:54
5月8日(火) 27:0027:54 (再)
5月12日(土) 19:0019:54 (再)
5月19日(火) 27:0027:54 (再)
見逃し視聴「起業家」(ウルグアイ)

2012年3月20日(火)午後9時から
NHK BS1「夢をあきらめない
〜女子ホッケーさくらジャパン〜」


TBS世界ふしぎ発見!
2012年3月10日(土)午後9時から
第1222回 一番遠い親日国アルゼンチン
宮地眞理子インタビュー1
宮地眞理子インタビュー2

NHK >地球アゴラ
2012年3月4日(日)午後10時から
第160回アルゼンチン編

TBS 夢!世界どうぶつ大図鑑
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dーバルデス半島他

2012年1月21日
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dー南の牧場


朝日放送朝だ!生です 旅サラダ
毎週土曜日午前8時から午前9時半
海外マンスリー三月はアルゼンチンBY石川梨華
2011年3月5日(土)ブエノスアイレス
3月19日(土)サルタ
3月26日(土)エル カラファテ

vol.103 「世界の働く女性(Part2)」 
2011年 3月13日(日) 21:0021:54
3月16日(水) 27:0027:54 (再)
3月19日(土) 16:0016:54 (再)
3月20日(日) 21:0021:54 (再)
3月23日(水) 27:0027:54 (再)
3月26日(土) 16:0016:54 (再)
vol.100 「世界の誕生日」
vol.101 「世界の石」
「グローバルビジョン見逃し視聴」

NHK BS-1 地球アゴラ
12月19日(日) 
「第111回」

NHK BS-1 地球アゴラ
11月28日(日) 
「第108回耕せ世界の大地」

アルゼンチンにて12月12日(日)1710

BS TWELLV、グローバルビジョンTVにて
「競技会]「チリのクエッカダンス競技会にかける若者」
11月27日(土) 16:0016:54 (再)
11月28日(日) 21:0021:54 (再)
12月1日(水) 27:0027:54 (再)
12月4日(土) 16:0016:54 (再)
「グローバルビジョン見逃し視聴」
BSジャパン
<8月29日(日)午後9時から 
「アルゼンチン絶景の旅」

「先住民の文化を継ぐパラグアイ」
7月22日(木)18:00〜(1時間番組)
「パンタナールの大自然〜パラグアイ〜」
7月29日(木)18:00〜(1時間番組)
地球ゆうゆう紀行
2010年1月24日(日)午後10時から
NHK地球アゴラ
はるばる日本人のコーナー「世界一蹴の旅」
世界一蹴の旅
アルゼンチン ブエノスアイレスからLIBEROユニット生出演

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

Profile
地球の歩き方2010年版発売中(巻末見てください)
05753-7 GUIA DE TURISMO DE ARGENTINA; CHILE; URUGUAY Y PARAGUAY EN JAPONES 地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員のページへ
バンクーバーオリンピック アルゼンチン人選手頑張れ!
DSC06734 スキーフリースタイル男子でアルゼンチン代表として、2010年2月のバンクーバーを目指しますクライド ゲティCLYDE GETTY選手 https://5dreams.panasonic.net/
テレビ番組コーディネート、スペイン語通訳などご用命は。。
テレビ番組撮影コーディネート
現地コーディネーター
スペイン語通訳
プロジェクトコーディネート

アルゼンチンのことなら! 

tomokoargentina☆gmail.com
☆を@に変えてメールをどうぞ!

FunnyPro LatinAmerica
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
br_decobanner_20091225082816
((オンエアのご案内)))

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員
51Ehu1%2B6utL__SL500_AA300_ 世界一蹴の旅の本アマゾンで購入!
livedoor プロフィール
トラベルコちゃんのサイトで旅行者向けブログを書いています! トラベルコちゃん、素顔のブエノスアイレス・アルゼンチン 旅行情報ブログ
ブエノスアイレスでW杯を楽しむ
アートとカルチャーを満喫
コロン劇場 攻略ガイド など続きます。
格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行情報サイト
#ブエノスアイレス、パタゴニア、 北西部、イグアスの滝、南極の 旅、目的別の旅行、視察、研修。
#スペイン語留学
#スペイン語学習
#短期 ’長期滞在
#手続き
#−−がしたい!
#−−さんと会いたい!
など、 通訳、翻訳、便宜、資料作成、 語学レッスン、プラン作り、 コーディネーションを行います。
MIN+GOB_REF
https://5dreams.panasonic.net/