サッカー

2017年03月03日

アルゼンチンサッカーの情熱とブエノスアイレスの街周遊ツアー3月13日午前10時から

 アルゼンチンサッカーの情熱とブエノスアイレスの街周遊ツアーを来る3月13日午前10時から
午後5時まで開催します。
 ブエノスアイレス観光局主催で、アルゼンチンサッカーの情熱とブエノスアイレスの街の地域を回る周遊バスツアーですが、特別日本人枠を設けてもらいました。
http://www.lanacion.com.ar/1967902-a-la-cancha-un-tour-por-los-barrios-portenos-para-vivir-la-pasion-por-el-futbol

IMG_2783




集合場所はこちらです。
なお、午前10時の集合場所はこちらです。
Sarmiento y Av. Leandro N. Alem (Plaza del Correo) 151
セントロクルトゥラルキッシュネルCCK前です。
周遊場所は以下のスタジアムです。 
1。ボカジュニオルスBoca Juniors (ボカ地区)
2。ウラカン Huracan 
IMG_2794
 
##先日は偶然、選手に遭遇しました。
3。サンロレンソSan Lorenzo (アルマグロ地区)
IMG_2825

4。アルヘンティノスジュニオルス Argentinos Juniors  注  
マラドーナが最初所属していたチーム
5。リベルプレート River Plate  
((ヌニェス地区なので、こちらに近い人はそのまま帰ることもできます))
です。

IMG_2782


バス周遊自体はブエノスアイレス市文化事業で無料ですが、
それぞれのスタジアムへのアクセスに入場料がかかります。
それから日本語通訳料、現地ガイドさんへの心付け。
また地元ぽいランチ付きです。

IMG_2805



参加ご希望の方は tomokoargentina2@gmail.com にご連絡ください。
ご氏名、お子さんの場合は年齢も、そして、ご滞在先などの連絡先 
電話番号があれば電話もお願いします。
観光で滞在の場合、ホテルにお迎えが必要な方はホテルもお知らせください。

なお、人数により参加費が変動します。

なお 別途ニ人以上でしたら、
ご希望の日に実施することも可能ですからご相談ください。(ただし、月、水、金になります)
TOMOKO

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





2016年12月18日

アルゼンチンサッカーの情熱とブエノスアイレスの街周遊ツアー 12月21日午前10時

 ブエノスアイレス観光局主催で、アルゼンチンサッカーの情熱とブエノスアイレスの街周遊ツアーが
毎週月、水、金の午前10時から午後3時までの5時間バスで回ることができるようになりました。
こちらにバスが見られます。
http://www.lanacion.com.ar/1967902-a-la-cancha-un-tour-por-los-barrios-portenos-para-vivir-la-pasion-por-el-futbol
集合場所はこちらです。

Sarmiento y Av. Leandro N. Alem (Plaza del Correo) 151 (1041) - Retiro, Buenos Aires, Argentina

周遊場所は以下のスタジアムです。 
Boca Juniors (ボカ地区)
Huracan
San Lorenzo (アルマグロ地区)
Argentinos Juniors  注  マラドーナが最初所属していたチーム
River Plate

です。

ブエノスアイレス観光局のおかげで特別に日本人枠をつくってもらいましたので
ある程度座席が確保できます。
まずは来る12月21日に実施します。

バス周遊はブエノスアイレス市文化事業で無料です。
それぞれのスタジアムへのアクセスに入場料がかかります。
それから日本語ガイド料、現地ガイドさんへの心付け。人数で分担となります。
また簡単なランチも用意します。
参加ご希望の方は tomokoargentina2@gmail.com にご連絡ください。

なお ニ、三名以上の人数集まれば
ご希望の日に実施することも可能ですからご相談ください。(ただし、月、水、金)
TOMOKO


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2016年12月03日

サッカーSUB20アルゼンチン代表12月5日、7日日本親善試合招集メンバー発表

サッカーのU−19日本代表がアルゼンチン遠征中で無事ご到着されました。

アルゼンチン代表SUB20と親善試合の予定です。
試合は二回、12月5日(月)は午後4時からと7日は午前10時からです。会場はAFAのエセイサ練習場で行われます。
ブラジルのチャペコエンセのコロンビアでの飛行機墜落事故はサッカー界での歴史的悲報ですので
和製メッシの15才の久保選手をはじめいい対戦を期待します。

サッカーSUB20アルゼンチン代表 日本親善試合招集メンバーはこちらになります。

sub20vie


確認しましたが、プライベート試合、ということで一般観戦はなしなんだそうで。。。。
((時間も場所も難しいですけれどもね)
えーみんなで応援団作りたいのに。。。とちょっとごねています。




2016年12月01日

アルゼンチンの国技はパト PATO DEPORTE NACIONAL ARGENTINO

15284945_1229084400519652_3929999207391263172_n


アルゼンチンの国技はパト PATOです!
世界ふしぎ発見11月26日放送で取り上げていただきました。

 歴史的詳細は以下の以前の記事ご参考に。。。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51883194.html

上の選手が持っているのが「ボール」で皮の取っ手がついている「かご」にボールを中にいれます。

15219393_1229084307186328_4124691318586263588_n


そしてそれを取り合って競技。

15192741_1229084343852991_1102864725874308130_n


最後はこの奥のネットにいれ込むとゴールです。

馬が疲れちゃうので15分ごとに交代で、休憩して馬を変えます。
ですからとってもハードなスポーツでポロよりも「激しい」ガウチョなスポーツです。

しかしながらアルゼンチンだとサッカーが国技のようですよね!

アルゼンチンではサッカーがもちろん染色体にしみこんでいるぐらいのものですね。次の人気はおそらく
カーレース(F1よりもTURISMOというカテゴリーです)、そしてラグビー、バスケット、テニスが同じぐらいの順に人気です。そうそうホッケーも強いです。特に女子ホッケーラス レオナスは有名です。そしてそうですね。世界的にもポロが盛んな地域です。でも、まあこれは結構特別なスポーツですね。ポロトーナメントで世界中から観戦客がきますし、世界中でポロの選手や、馬の調教師などはアルゼンチン人がになっています。

実際に子供のときから習わせたりするのでした、やっぱりサッカー、ラグビー、バスケットですね。
先日勝利したデビスカップのテニスももちろんですが、個人競技になるので習うにはお値段が高くなりますから少しセレクトされた人たちでしょう。またタンディルというブエスアイレス州の人たちが伝統的にお上手のようです。

それから意外にハンドボールも人気です。子供たちの体育のスポーツ科目です。バレーボールも並んでありますが、ハンドボールが一番人気です。

パトを見たことがあるのは、アルゼンチン人でも極少数です。
テレビで見たことがあるというのもなかなかないそうです。

そのため今回はパトを取材したのでパト選手の皆さんに関係者に大変喜ばれました。

それでミステリーハンターの比嘉バービィさんが、馬に乗っけてもらい、パトの選手に早変わりした訳です!
その様子は比嘉バービィブログでご覧ください。

http://ameblo.jp/barbyhiga-model/entry-12222878483.html?timestamp=1480073489


また今度パトを見に行きたい!という人に朗報です。今はトーナメントやっていますよ。
観戦コーディネート可能です。
tomokocomunication@gmail.com

15241335_1222196411208451_7686420753980027083_n


記事がよかったら以下クリックしてください!
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 







サッカーのU−19日本代表アルゼンチン遠征(12月5日、7日)

 サッカーのU−19日本代表がアルゼンチン遠征を行います。
本日11月30日、日本を出発し、ブエノスアイレスに滞在しアルゼンチSUB20と親善試合の予定です。
試合は二回、12月5日(月)と7日です。日時、会場はいまだ公表されていません。
特にアルゼンチンは昨日ウルグアイ代表との親善試合をブラジルのチャペコエンセのコロンビアでの飛行機墜落事故の悲報を受け中止に
したばかりです。
http://news.livedoor.com/article/detail/12352745/?http://news.livedoor.com/article/detail/12352745/

日本のサッカー界でもジェフユナイテッド千葉でプレイしていたブラジル人FWエヴェルトン・ケンペス選手をはじめ三名が犠牲になっています。
http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20161130/521937.html?cx_art=newarrivalcat

11月24日のサルタ州コンビネーションチームとの試合で3−0で勝利し、マティアス サラチョがゴールを決めています。またクラウディオ ウベダがトレーナーとして活躍中です。
http://www.lanacion.com.ar/1958879-el-sub-20-argentino-sumo-su-segundo-exito-en-salta
アルゼンチンサッカー協会は長年君臨してきたグロンドーナ会長の死去、汚職問題、またサッカー選手とプレスとの間の確執などで、揺れています。リオ五輪も危うく不参加になりそうでしたが、新しい世代の選手達は
あまり古い柵に閉じ込められずこれから飛躍が期待されます。
どちらにしてもサッカー界で一番の歴史的悲劇だっただけにブラジルでは国中が喪に服していますし、
アルゼンチンサッカー協会は必要があれば選手を無料レンタルする、という声明を発表しています。
なお、エピソードとして数週間前アルゼンチン代表も同じ機体を利用していたということで全く人事ではありません。

 http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20161124/519711.html

応援団でも出しましょうかね。
行く人は 
tomokoargentina2@gmail.comにご連絡ください。



2015年06月21日

コパアメリカ試合時間(6月20日)

 本日のコパアメリカcopa america の試合時間は以下のとおりです。
uruguay vs paraguay→4:00〜
argentina vs jamaica戦→6:30〜

 ウルグアイ、パラグアイの試合もおもしろそうですし、もちろんアルゼンチン代表戦、午後から町は静かになるでしょう。 

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 

2015年06月19日

アグエロ選手のコパアメリカ大会中のサポーターの秘密

11421464_10206256809875933_22346686_n

 現在チリで開催されているコパ アメリカサッカー大会でアルゼンチン代表のアグエロ選手は大活躍中ですが、かわいいエピソードが伝わってきました。
 なんと足の補強に使っているサポーターがキャプテン翼柄なのです(写真)これはアルゼンチン国旗をバックにしているので特注らしいのですが、そのきっかけはベンハこと息子のベンハミン君はアルゼンチンでは((スーペルカンペオネスという題名でしかも翼君がオリベルという名前なのですが))キャプテン翼の翼君が大好きなのだということ。それで息子のためにこのサポーターを使うことにしたのだそうです。息子思いのアグエロ選手もその昔、クムクムという日本の原始人一家のアニメが大好きで、またそのような「野生児」のように元気でしたから((スペイン語でKUMと訳され、読み方はクンとなりました))今はセルヒロ アグエロ選手はクンというニックネームになったのです。なんとなく、日本の関係が強いアグエロ選手、いえ、クン!ですね。

ちなみにこのベンハミンはマラドーナの娘ジャニーナマラドーナとの間の息子ですから、マラドーナの孫です。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 

2015年01月24日

ブエノスアイレス州メルセデス市が平和首長会議加盟 平和サポーター!モネールさんに感謝

DSC_0067


ブエノスアイレス州メルセデス市のカルロス セルバ市長が平和首長会議に加盟してくださいました!
加盟書をもって、見せてくれています。こちらはメルセデス市のHPです。緑の多い農業生産者と工業生産者両方が存在するブエノスアイレスの落ち着いたいい町です!http://www.mercedes.gob.ar/

こちらはフンダシオン サダコのページでこちらでも報じております。
https://www.facebook.com/pages/FUNDACION-SADAKO/137603382954853?ref=hl

DSC_0068


この立役者、平和サポーターとして ピースボランティアで市長に 広島の松井市長の平和首長会議への加盟招待状をもって言ってくれたのが我アミーゴ フェルナンド モネールさんです。アルゼンチンでの親日家ナンバーワンです。
実は私はモネールさんのサポーターをしています。モネールさん大好き!ME ENCANTA MONERのフェイスブックのページ 
(モネールさんは横浜フリューゲルスでサッカー選手をしていました。さんまさんの番組で有名になり、
今もまたときどき日本のテレビではサッカー大会のレポーターを務めたりしていますアルゼンチンではウラカンがホームチームでした。現在ベテランとしての活動と、青少年のスポーツ活動のNGOをホームタウンのメルセデスで行っています。他に不動産関係の仕事をしています)

https://www.facebook.com/monersandaisuki?ref=hl
コチラはモネールさんのブログです。
http://www.diamondblog.jp/official/moner/profile/

このモネールさんに続いて平和サポーターのみなさん、ピースボランティアとしてお住まいの、またはお近くの町で是非、市長さん、町長さん、村長さんにお近づきになってお願いしていただけませんか?メールで送るときは
以下の雛形メールを使ってください。 スペイン語の勉強をしながら、平和文化普及活動を
NGOフンダシオンサダコは応援しています。 
 
ご連絡はこちら!sadakoar@gmail.com


Tenemos el agrado de dirigirnos a fin de hacerle llegar la carta de invitacion del
Intendente de Hiroshima Dr. Kazumi Matsui para la Red de Alcaldes por
la Paz (mayors for peace) En este link puede encontrar la version en espanol y tambien envio en
forma adjunta.
http://www.mayorsforpeace.org/data/pdf/01_monthly_updating/otherlanguages/10_request_in_spanish.pdf

リンクにスペイン語版の加盟招待状とそれから平和首長会議の説明が書いてあります。世界中で2015年1月現在6490加盟都市(160ヶ国)があり、市民を守る市長さんに平和への約束をしていただき、核兵器のない平和な世界を作ることを使命としています。

DSC_0064 (1)


記事がよかったら以下クリックしてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2014年07月13日

決戦の日 到来 バモス アルヘンティーナVamos Argentina!

10478149_10152066902341467_5170457398021501517_n
とうとうこの日を迎えました。W杯アルゼンチンが決勝に進出、ブラジルを大敗させたドイツと対戦します。真冬のブエノスアイレスですが、町中が熱気ムンムン。今までのことがあるので、あまり期待しなかったのがよかったようです。これはカバラという 縁起かつぎなんですが、あまり優勝 優勝と言わないのが縁起がいいとのこと。
なんと、アルゼンチン代表のキャンプ地でチャンピオンようこそ!とメッセージが
書かれていたのを消してもらったぐらいですからね。
意外に信心深い? アルゼンチン人です。さらに ユニフォーム、帽子でも何か水いろと白の物を身につけるのがいいですよ!
アルゼンチン出身のローマ法王フランシスコもついているし!!!
アルゼンチンは順風に乗っています。なおサッカー好きのフランシスコもこのワールドカップがスポーツの祭典にとどまらず、多くの国と人々と宗教の出会いの場所となり大変意義がある、と述べています。
 優勝したらどうなるか? あんまりそういうことも言わない方がいいらしいのですが、読者の皆さんにはこっそり
(おそらく月曜日は休みです、仕事を考えるのは無理です)
とりあえず、街の様子を地球の歩き方 ブエノスアイレス特派員の
ブログの記事にてお伝えしますが、国中のいろいろな場所で同じような状態です。また市内もオベリスコだけではなく、町中の主な交差点でも人が溢れます。場所によっては本日 閉店のお店も多いようです。食料確保をお忘れなく!

TOMOKO

アルゼンチン応援歌の練習 日本語バージョンあり。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2014/07/post_312.html
マッチェラーノの奇跡(日本ではマスケラーノと言われている。。。)
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2014/07/post_311.html#.U8KPg-oqlDY.twitter
いざオベリスコへ
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2014/07/post_310.html
決勝準備中
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2014/07/w.html
バモス アルヘンティーナ
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2014/07/vamos_argentina.html
ブエノスアイレスでW杯の楽しみ方 シールコレクション
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2014/06/wa.html
ブエノスアイレスでW杯の楽しみ方 パブリックビューイング 
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2014/06/post_309.html


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 

2014年07月09日

アルゼンチン代表応援歌 練習!日本語バージョンあり!

アルゼンチンは準々決勝に進み、本日7月9日独立記念日の午後5時から対オランダ戦キックオフです。

本日のブログの一番ヒット記事はアルゼンチン代表応援歌です。
こちらにリンクしてあります。歌詞も書いてあります。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51675966.html

しかし、どうしてもスペイン語で歌えない方のために日本語訳、そして歌えるようにしました。
それはこちらです!
http://www.youtube.com/watch?v=-jlUSh2a9GU

がんばれ アルゼンチン、いくぞ かつぞ!
きょういのチームだ!
応援せずにいられない!

Vamos Vamos Argentina! Vamos Vamos a ganar!

Esta barra Quilombera !

no te deja no te deja de alentar!!!

レングアスビバスの日本語の生徒達が頑張って歌っています!ちょっと音程!なんて言わないでね。

記事がよかったら以下クリックしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 

2014年06月05日

FIVB Volleyball World League 2014 Japon Vs. Argentina日本対アルゼンチンのバレーボール試合(6/6,8)

 来る6月6日と8日午後8時から
FIVB Volleyball World League 2014
Japon Vs. Argentina  日本対アルゼンチンのバレーボールの試合があります。FIVBはワールドカップの次に重要な世界大会でランキング28までの国の代表が対戦します。
会場はローマデサモラというブエノスアイレス州で、首都圏外になります。
入場料は100ペソ、二日分なら150ペソです。
当日券はないそうなので、事前に前売り券を以下の場所で入手してから行くことをおすすめします。
Federacion Metropolitana de Voleibol (Sanchez de Bustamante 74 - Ciudad de Buenos Aires, Tel. (11)4864-4566) - Lunes a viernes de 13 a 20 horas.
ブエノスアイレスバレーボール連合会 
なお、両日共はテレビのTyC Sportsのチェンネルで、生放送が8時からあります。

Dias y horarios: 6 y 8 de junio a las 20:00 hs.
Lugar: Microestadio de Lomas de Zamora, calle Molina Arrotea y Las Lilas, Lomas de Zamora.
Valor de las entradas: Viernes 6/06 $ 100.-
Domingo 8/06 $ 100.-
Abono por los dos dias $ 150
Puntos de Venta (comprar con anticipacion, ya que no se venderan en el Estadio):
-Teatro del Municipio (Manuel Castro 262 - Lomas de Zamora) - Lunes a viernes de 9 a 21 horas.
-Federacion Metropolitana de Voleibol (Sanchez de Bustamante 74 - Ciudad de Buenos Aires, Tel. (11)4864-4566) - Lunes a viernes de 13 a 20 horas.
-Club Defensores de Banfield (Rodriguez Pena y Penna – Banfield) Lunes a viernes de 13.30 a 22 horas - Sabado de 9 a 13 hs.
記事がよかったら以下クリックしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2014年05月06日

モネールさんとラーメン食べました。

1614507_10203448770689944_1304532887_o

 アルゼンチン出身のサッカー元横浜フリューゲルス選手のモネールさんとブエノスアイレスでラーメン食べました。以前からお友達で、友達らしく、いつも突然 トモチャーン、ゲンキ!と日本語で明るく電話してきてくれます。日本で長かったので、日本食大好きです。
 出会った場所はフロリダ通りとサンタフェ通り近くのムラサキです。ここのラーメンは標準点、本当はトンコツラーメンがよかったのですが、中心街のレストランいはなくて、時間がないということで仕方ない。ちょうどオベリスコにいるというのと、セントロのホテルにお客様を送って手があいた私と再会実現できました。
 昨年の4月には フジテレビの世界行ってみたらこんなトコだったアルゼンチン編で、隅川ディレクターのホームスティ先になって出演してくれました。お料理上手も見せてくれましたし、家族でマテ茶を飲んで一家団欒をみせてくれました。
 それい懐かしい2007年にはエンゼルの星がホームページに出ています。この番組は子供が主役で、家族で出てくれています。こちらの小さなパトリシア君。。。現在はもう180cmの大男になっていますが、若干15才です。。。将来が楽しみですが、サッカーではなくバスケットが専門とのことなのは、このときからで
元フリューゲルスのサッカー選手もこの番組でシンジラレナーイと息子の夢にがっかりしたのでした。
http://www.ntv.co.jp/angel/20071118/main.html
子供たちのこと、日本の震災のことなど話、また忙しいブエノスアイレスの街を去って、お別れしました。
ワールドカップもブラジルへ行く予定です。
日本を応援してくれるそうです。
何かお仕事ありましたらよろしくお願いします。
 マネージャーまでご連絡ください。tomokoargentina2@gmail.com です。

なお、モネールさんファンのために 「モネールさん大好き ファイスブック」
始めました!
https://www.facebook.com/monersandaisuki



記事がよかったら以下クリックしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 

 

2014年03月17日

藤坂ガルシア千鶴著「キャプテンメッシの挑戦」が発売

スポーツライターというのが正式でしょうが、アルゼンチンではスポーツといえばサッカー!
スポーツライター 藤坂ガルシア千鶴さんの
新著「キャプテンメッシの挑戦」が発売になりました。
なんと、表紙ジャケットの下にはキャプテン章をつけるメッシの勇姿があるそうです!
ご購入は全国書店、もしくは
アマゾンにて! http://www.amazon.co.jp/dp/4022511583/ref=cm_sw_r_tw_dp_4wJitb0GP7E5A


 
 記事がよかったら以下クリックしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2013年07月01日

「私はワールドカップには行かない」ブラジルの話題のビデオNo, I'm not going to the World Cup

 リーダーのいない左翼でもないブラジルの国民デモをした/している、多くのブラジル人の心情をうまく代弁し、さらにミニドキュメンタリーにして分かりやすくyou tubeで発表したカルラさんという人がいます。そのタイトルもずばり「私はワールドカップには行かない」映像作家であり、カリフォルニアにいるので英語でルックスのかわいい本人が出演して厳しく理由を主張し、また現状でのインタビューだけではなく状況をうまく編集して描写、そのビデオの視聴数はうなぎ上りで三百万を越えています。英語でブラジル語字幕のままでもいいですが、

スペイン語の方が分かりやすいので、以下翻訳した人がいますので、全文です。
http://canchallena.lanacion.com.ar/1596010-quien-es-la-brasilera-anti-mundial-que-es-un-suceso-en-youtube
 それをさらに日本語に訳しておきました。日本では全く紹介している気配がないのですが。。。
 ブラジルがネオリベラリズム的に市場開放、国際的競争力ができ、経済発展をとげて、近頃もうすごいなあ、とアルゼンチンからは見えましたが、そこで社会的に階層変化があり、景気にのっとり形成された新しい中産階級ですが、行き場がなくなったようで、社会福祉や公共設備の充実を求めている人々がいるのにも関わらず、表向きは素晴らしく発展したブラジルを見せておきながらやはり内政は難しくまた一方で汚職などの腐敗政治があるのはいつもどおりでありながら最近は度がすぎるのか、国民が黙っていられなくなったか。。。ということなのでしょうか。
 ワールドカップ、オリンピックという華々しい行事が矢継ぎ早にある予定なのに、準備は遅々としていてやっと重い腰をあげたというのは聞いています。こういうときに予算が知らないうちに消えているということも通常よくあることでしょう。
 ブラジルのこと自体はあまりよく知りませんが、アルゼンチンの市民蜂起であった昨年のN8の鍋デモ的な一般市民が政府に聞く耳を持ってほしいという現象だと思います。市民はそんな国際イベントどころじゃない、ということでしょう。
 教育や医療の無償化を訴えていますが、まあ、それはよし悪しの面もあるのよ、というのをアルゼンチンの例からお知らせはしたいと思います。それにしても公共交通機関はずいぶん高いようで、アルゼンチンからは信じられません。でも、現在の地下鉄も普通にしたら7ペソはするのに現在2.5ペソというように政府からの多くの助成金でまかなわれています。
 公共交通機関の値上げ反対デモで始まったようですが、本質的には深い、そして忘れられた国民が自分たちの声を届けようとしています。

「私はワールドカップへは行かない」

 私はカルラ、ブラジル人です。このビデオで私がどうしてワールドカップに行かないか、説明したいと思います。

 このビデオをつくった理由は私はブラジル人です、というと、どこでも、ワールドカップに行くよ、と言われることです。

 さて、まずは町に出て ブラジルと聞けばどういうイメージなのか、聞いてみたいと思います。

((インタビュー))
女の子!

お尻が大きい、いいよね!

ロナウド

サッカー、サッカーが一番

お祭りが大好きで、よく踊る。

ホット. (セクシー)

まじめな話をしましょう。ワールドカップは3千万ドルの予算です。これは三回ワールドカップを行ったのより予算が上なのです。

ただ2千五百万ドルが加わっています。

ブラジルでは文盲率は21%、平均は10%です。人的開発指数では第85位。

1千三百万人が毎日栄養失調で苦しんでいます。治療待ちで毎日多くの人が亡くなっています。
こんな国にさらにサッカースタジアムが必要でしょうか?

ドキュメンタリー))
私は医者よ。とても怒っているわ。担当は私一人!病人が多すぎてどうしようもない状態、政府は
何をしているんでしょう、何もしていない!

政治家はワールドカップやオリンピックは我が国のインセンティブとなり、改善に必要です、
え!ちょっと待ってどういうこと?

一年中税金を払っているのに、何のために? 国民の面倒を見るためにどんな国がインセンティブが必要なのでしょうか?

突然、スタジアムを建設するたくさんのお金が出てきて、国民にワールドカップを行うのは生活を改善するためのインセンティブだと思わせます。

でも、本当は、ワールドカップでのお金のほとんどはFIFAに行くのです。それは私達が見ることのない。観光客が落とすお金、投資なども直接、今すでにお金を持っている人たちの手に入るのです。

多分、ビーチでアイスクリームを売る人はその週は商売繁盛でしょう、でも、それが生活を変えるのに役立つのでしょうか

まだあります。

平和維持警察がファベーラに入り、ストリートバンドを追い出しています。

それでどこへ行けというのでしょう。そしてどれぐらいの期間いなくなればいいのでしょう。

こんなことをしている国がブラジルです。カーペットの下にほこりをかくして、短い間物事を片付けていては根本的な問題はいつのことになるのでしょう。

それに、サンバ、パーティがあって、ダンスですって? そんなドラッグがどこから出てくるか
知っていますか?

当ててください。

強盗団は、決して遠くにいるままではないのですよ。

それからね、

オリンピックやワールドカップのために多くの人がスペースを作るため、自分の家から追い出されています。

毎日 この家、と決められて、壊されて、こんなことが起こっているのです。

保障はなく、お金もなく、ただ追い出されているだけ。。。。

ネイティブ歴史文化センターのインディへナの人々も反抗したら、警察に爆弾や、こしょうエアスプレーなどで脅かされて、負傷しています。

その場所はオリンピック委員会博物館になるそうです。これはどんな民主主義と言えるのでしょうか。

私の主張を勘違いしないでください。ワールドカップもオリンピックも素晴らしいイベントです。
でも、今の状態の我が国に必要なことなんでしょうか。

ワールドカップが行った国を見てください。建築したものを維持する費用もかかります。

2008年 北京オリンピック ビーチバレーコート

2004年 ギリシャアテネ オリンピック ソフトボールスタジアム

何百万の月々の支出は公共のお金です。

スタジアムは必要ありません。必要なのは教育です。ブラジルが世界で見栄えがよくなる必要もありません。私たち国民は食料と健康が必要です。

サッカーの試合はもう必要ありません。雇用が必要で、生活が持続可能になることです。何億ものお金があることが示されているし、状況を変えるには必要十分です。少なくともワールドカップやオリンピックがくるまであったわけです。

このビデオが今の状況で何ができるかわかりません。おそらく、あなたが他の誰よりも知っているでしょう。この情報が外国へ出て行くことが必要だと思います。ビデオはあまりありません。情報がないのですから。

私たちは何を優先していかなければならないか、何が重要なのか、考える時期に来ています。

このビデオを見て、気に入ったら、ぜひ、シェアしてください。さらに情報が必要なら以下多くのリンクをしておきました。同じテーマで素晴らしいプロジェクトです。シェアをお願いします。
ご視聴ありがとうございました。


[Dilma Vana Rousseff ジルマ大統領のスピーチl]

私達の国民は誇りに思う理由がいくつかあります。今日、経済は安定し、成長しています。過去8年間、4百万人のブラジル人を中間層のレベルに上げることができました。

これには飽き飽き!

[Dilma Rousseff]

私たちの国は社会参加を推進し、民族的に、文化的に、宗教的に多様である、それがブラジルの宝であり、また、環境を大事にしてきています。だからこそ、今日ブラジルはサッカー、音楽、カーニバルだけではなく、またそれ以上に賞賛の対象にされています。世界中の人々がこの向上したブラジルをそして、ブラジル人を知ってほしいと思います。ワールドカップを開催するのにふさわしい国であり、必要な施設ができ、交通機関は整備され、コミュニケーションシステムが発展していること、そして治安がいいことを。2014年のワールドカップは今までにないものになるでしょう。新しいブラジルが2014年世界を歓喜させることを確信してください。

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2013年06月30日

少年サッカー大会開催(メルセデスにて6/30)

DSC_0064
来る6月30日(日)午後3時からブエノスアイレス州メルセデスにて、同地の国立病院へのチャリティ少年サッカー大会が開かれます。同時に音楽やテレビの有名人などが登場し、入場料、そしてそこでの飲食などが全て寄付になります。小さいながら、すごいガッツの少年達ですが、アルゼンチンでは各地域でこのような少年チームがあります。DSC_0056青少年の心身の向上のため、地域の大人がもちろんサポートしますが、その昔やはりサッカーが大好きながら大学へまた就職へとその道から遠ざかった人や、もちろん元サッカー選手や関係者がいます。IMG_20130508_164327この地域の「有名人」はフェルナンド モネールさん。アルゼンチンではウラカンというチームのアルゼンチンプロ選手、日本でもJリーグ横浜フリューゲルスで活躍しました。プレイはもちろん元々の明るく積極的でその場にすぐなじむ親しみやすさで日本でも人気者になり、2002年ワールドカップでレポートしたりしましたのでご存知の方も多いでしょう。私はマラドーナ+一行の同行通訳をしていたので、一行に合流したモネールさんと知り合いました。アルゼンチンでもたまにお会いしますが、ときどき私がアルゼンチン的に約束に遅刻して「ともこちゃん、おそいよ!あなたアルゼンチン人ね!」と怒られています。写真はモネルさんが小さくなってくれて私が精一杯大きくなった図です。 今回も、「もしもし、ともこちゃん、サッカー見においでよー」とお誘いがあったのですが、残念ながら地球アゴラの生放送を控えておりますので、行けるかどうか。。。。ですので、お詫びに少年サッカー大会について、そしてきっと来年は皆さん、ぜひ一緒に行きましょう!と約束の意味も込めてここに掲載しますね! 記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2013年05月30日

リベルタドール杯はニューウエルズ。。。

 リベルタドール杯で、アルゼンチンクラブの対戦。ボカとニューウエルズでした。ボカのHPからは
http://www.bocajuniors.com.ar/es-ar/noticias/2013/05/29/bianchi-con-la-frente-alta
ビアンチ監督con la frente altaで。とあるのは con orgullo「誇りをもって」という意味で選手達もよくやってくれた。。。とあります。ニューウエルズはその昔取材したことあります。ロサリオの伝統的なチームです。ところで、ビアンチ監督を見るたびに手塚治虫が描いていた博士を思いだします。
http://www.clarin.com/deportes/Newells-Boca-deciden-semifinal-Rosario_0_928107370.html
リケルメさんはまた「彼らはラッキーだった」とよく分からないことを言っています。
http://www.ole.com.ar/boca-juniors/futbol/suerte_0_928107487.html



2012年11月03日

メッシの息子ティアゴ誕生おめでとう!

 本日11月2日、バルセロナで活躍中のメッシの子どもが誕生しました。メッシのフェイスブックのメッセージは「今日僕は世界で一番幸せだ。子どもが産まれた。神様、贈り物をありがとう。家族の皆協力ありがとう!皆に抱擁を!」Hoy soy el hombre mas feliz del mundo, nacio mi hijo y gracias a Dios por este regalo! Gracias a mi familia por el apoyo! Abrazo a todos".というメッセージを出産立ち会い後か来ました。子どもはTiago ティアゴと名付けられました。
 http://playfutbol.infobae.com/notas/679177-Messi-tras-la-llegada-de-Thiago-Soy-el-hombre-mas-feliz-del-mundo.html


記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


2012年10月20日

マラドーナお家騒動

 ディエゴ マラドーナのお父さんが入院の中、マラドーナの恋人ベロニカ オヘダの妊娠が発覚し、マラドーナファミリーはアルゼンチン芸能界を騒がせています。
 こちらはスポーツ紙の記事ですが、ホームドクターのカエ医師はベロニカの妊娠は望まれたものではなかったといい、実際避妊具DIUを装着しているにも関わらずの妊娠であること、そして、健康診断をして偶然四ヶ月であることを確認したということです。http://canchallena.lanacion.com.ar/1518687-el-embarazo-de-la-mujer-de-maradona-no-era-deseado
 事の発端は、ベロニカ妊娠、そして二人は破局か、産まれる子どもはマラドーナ姓をもらえない、というセンセーショナルなもの、ベロニカの弁護士はマラドーナファミリー(特に元妻に二人の娘)との不協和音によるものだと説明しています。
 今のところ、マラドーナ姓を得ているのはクラウディア ビジャファネとの間のジャニナとダルマであり、ジャーニーナは、アルゼンチン代表でもあるセルヒオ アグエロ選手と子どもをもうけ、ベンハミン アグエロ マラドーナという男の子(2009年生)がマラドーナの直系孫として、姓も継いでいます。(ちなみにこの子のニックネームはベン10)
 クラウディアとは正式に離婚というか、ディエゴが三行半をつけつけられたため、離婚した経緯がありますから、このベロニカさんは恋人とは言っても、別に独身のディエゴと一緒に生活している内縁の妻的でもあります。しかしながら、結婚はしてはおらず、またディエゴがイタリア時代につきあっていた女性との間のほぼ確実にディエゴの子である有名なマラドーナジュニアもいます。どちらにしても、ディエゴはこの子にもマラドーナ姓を与えていません。
 なお、アルゼンチンでは堕胎は基本的には違法です。(最近例外として、暴行の結果の場合は合法になりましたが、それを執刀する医師はまあ法内で行うのを拒む傾向にありますので、闇堕胎が行われることもありますが、合法ではなく、また通常の医師ではないので、何かあったときに訴えるところもなく、非合法堕胎手術でアルゼンチンの女性が死亡することは結構あります)
妊娠したら産むのが当たり前です。それから、結婚していなくても普通に安定したカップルの間でしたら、産まれた子どもを認知というか、二人で子どもの出生登録をして男性の名字、女性の名字の順につけるか、男性の名字だけをつけます。(自由です)それは特に結婚しているとかしていないに関係ありません。実際 現在アルゼンチンで出生する子の半数近くがこれに当たりますが、別に私生児とかそういう感覚はありません。
記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




2012年06月24日

RIVER おめでとう。再び昇格

 アルゼンチンのサッカー界では大多数のファンを二分しているリベルとボカなのですが、リベルが降格し、2部リーグでプレイをしていましたが、今期2部リーグで優勝し、昇格となりました。
本日24日のクラリンはかなり大きくそのニュースを伝えています。こちらトップhttp://www.clarin.com/
http://www.clarin.com/deportes/River-busca-triunfo-lleve-Primera_0_724127843.html
その喜びを伝えているのが次のリンクです。町中には歓声とリベルのフラッグを持って喜びに酔いしれる人々が出てきて、オベリスコで集結し、勝利を味わい分かち合いました。その混雑で交通渋滞の中にまぎれてしまったのが、バスケットボールではアメリカのNBAで活躍のマヌエル シノビリで、それをツイッターに入れて話題になりました。http://canchallena.lanacion.com.ar/1484666-hasta-manu-ginobili-estuvo-en-el-obelisco
 バスケットのプロ有名選手ですが、実はシノビリはサッカー大好き少年でした。しかしながら、その身長に瞬発力などで、バスケットに転向した方がいいと薦められたそうです。
 サッカーは代表選手名簿にもれても、すごい選手ぞろいのアルゼンチン。有名チームではなくても、アルゼンチンの一部リーグのプロ選手というだけで、隣国チリでは大活躍、大人気のアルゼンチン人が多く、それはヨーロッパ諸国でも同様です。ただ、チームとしては最近低迷しているので、当ブログでは伝えるのがおもしろくなくなってきているのが現状です。今後持ち直してほしいものです。。。
  なお、対抗チームのボカは、リベル昇格おめでとうの各種ポスターを作りましたが、「息子達よ、よく我が家へ帰って来たな。これからは恥をかかないためにも頑張ってくれよ」という上からの目線でリベルの生還を讃え、おちょくっています。http://canchallena.lanacion.com.ar/1484697-los-de-boca-se-rien-con-afiches-los-de-river-festejan-el-regreso
例えばVOLVER 「帰る」を Bで書いたり、RIBER とVをBに換えて ボカのプレゼンス(存在感)を示している訳です。ちなみにボカは?と言えば本日午後3時からの試合で、1部リーグでの優勝かどうかがかかっています。
 こういう相手チームへの悪口、からかいの押収をするのが、アルゼンチン人の楽しみであり、そして、ウイットに富んでいることだと思います。
 ですから、通常、ビジネスミーティングで行って、コミュニケーションを深めるための世間話で、サッカーの話題は乗ってくることが多いです、ただ、アルゼンチン代表が好き!いいね!程度のコメントは商談を円滑に進める潤滑油になりますが、よく調べておかないと、リベル好きの社長の前で、リケルメ好き!は うまくまとまるものも まとまりにくくなる可能性もありますので、気をつけましょう。
 



2012年03月25日

ビエルサ監督健在

 EL Locoとして名高いBielsaビエルサ監督はチリ代表監督の後、現在 Athletic Bilbaoに在籍、バルサやレアルマドリッドだけではないスペインサッカーを見せてくれています。そのため去る22日マラドーナが賞賛の言葉を送りましたので、それをお返しにアルゼンチンに貢献した英雄的人物だけではなく、本当に感謝と賞賛に値する方にお褒めの言葉をいただいて恐縮です。"Siento especial idolatria por todo lo que nos dio a los argentinos. Lo agradezco y lo valoro" と答えています。チリ代表後期に日本監督か?という話しがでましたが、日本が必要とするのはビエルサのような監督だと思います。
http://canchallena.lanacion.com.ar/1459388-bielsa-le-agradezco-a-maradona-siento-idolatria-por-el

2011年10月11日

アルゼンチンの国技「パト」(あひる)

patomo
アルゼンチン国技 はPATOパトと言います。
PATOパトとはスペイン語で「あひる」という意味です。古くは1610年に文献の記述が見られます。写真はアルゼンチンの平原パンパの生活の様子を生き生きと描いたモリナ カンポスの作品です。
これで見られるように、取っ手のついた皮に納められたアヒルを使っていた競技でしたのでこの名前がつきました。アルゼンチンの一番の産業は農業牧畜業ですが、その作業に従事するガウチョ(カウボーイ牧童)の遊びとして荒馬乗りなどの競技の一つとして発展しました。それ以前は原住民が行っていたと言われています。その当時はルールがなく、大勢で参加したり、あまりの乱暴さに競技中なくなったり、また試合終了後 ナイフで決闘などが起こり、大変暴力的なものでした。そのため、歴史上、何度も禁止されました。パトの変遷の歴史は以下のとおりです。
1790年 アレドンド副王命により、禁止
1796年 パトの試合で亡くなったらキリストの加護が得られないという教会令の発布

ー1810年 5月革命によりスペインから自治を得て旧アルゼンチン(州の連合体)となる。 ー

1822年 ブエノスアイレス州政府の禁止令
(禁止されたからといって、当時は特に拘束力も少なく、中断したわけではない)
1930年 アルベルト カスティジョ デ ロセス牧場主によりルールが制定され始める。
1937年以降はアヒルでなく現在使用されているのと同様のボールに変わる。
1941年4月3日 アルゼンチン パト競技連盟が発足
1953年 フアン ドミンゴ ペロン大統領により 国技に制定
9月16日に法令第17468によりアルゼンチンの国技に定められました。

ーエビータという有名な大統領夫人の、夫のペロン大統領です、この時期に現在の様々なアルゼンチンの基礎が固まりますー

しかしながら、この制定によっても特に都市部に普及することなく、アルゼンチン国ブエノスアイレス州を中心とするパンパという大平原における牧場地帯の農牧業従事者により継続して競技が行われました。実は、この伝統がアルゼンチンが世界的に優秀なポロ競技者を輩出することの基盤となっていると言われています。

それでもブエノスアイレス市内で行われる農牧展や日曜日に開催されるマタデーロス フェリアでもアトラクションとして競技を見ることができるときもありますが、通常はブエノスアイレス州の各地で主に5月から10月ぐらいの間に毎週末トーナメントが行われています。

なお、2008年初めて世界大会がアルゼンチンで開催されました。
世界の普及度では、フランスに1930年にクラベ将軍により導入され、ヨーロッパ各地例えばポルトガルやベルギーなどでも行われていて外国ではホースボールと呼ばれています。
一方で、2010年に サッカーを国技として認め、パトの地位を下げるようにという動きがありました。というのも 80%以上のアルゼンチン人はパトの競技を見たことがないと言われていますし、当然プレイするのも見るのもアルゼンチンで一番盛んなスポーツはサッカーだからです。
しかしながら、擁護派は、サッカーはイギリスから導入された外国のスポーツであり、パトは純粋にアルゼンチンで発展し、さらに歴史があるものという論は説得力があります。そのため、依然パトはアルゼンチンの国技として健在であり、テレビのクイズ番組の問題にも取り入れられているアルゼンチンの「ウンチク」だと思います。


2011年10月10日

ラグビーアルゼンチン代表残念ながら敗退

ニュージランドのオールブラックス相手に大健闘しながら、敗退のアルゼンチン代表ラグビーチーム。Los Pumasロス プマス(ピューマ達)が本日のトップニュースです。
http://www.canchallena.com/1413272-los-pumas-se-despidieron-del-mundial-cantando-con-los-hinchas-argentinos-en-la-madrugada
 本当の国技である パト(次回説明予定)よりも世界的にもアルゼンチンではサッカーが有名のはずですが、残念ながらあまり活躍の場面が最近は見られません。ワールドカップ予選の対チリ戦ではメッシが初めてキャプテンにて勝利をマークしましたのはいい兆しだと思います。今後もこの調子で進めていってほしいもので、最近は若者の間でラグビーが人気が出ています。だいたい、サッカーもある程度優秀な選手であっても、選抜メンバーの敷居が高いものですから、パラグアイ、イタリア、フランス、スペイン国籍にて(アルゼンチンは二重国籍多い)プレイ、もしくは帰化して世界中のクラブチームだけではなく、代表でアルゼンチン選手が活躍中です。
 なお、日本で活躍したモネール選手はステージパパ的に息子さんの試合のアシストをして、あちこちにつれ歩いているとのこと、そして、それもサッカーならず、バスケットに打ち込んでいます。
 そう、アルゼンチンはバスケットも強いし、バレーボールはほとんど注目浴びませんが強いらしいですし、テニスも世界ランキング、人口は日本の四分の一と少ないのですが、一体、何がこのスポーツ王国を形成しているのでしょうか。

2011年07月21日

パラグアイ対ベネズエラ

 本日7月20日はアルゼンチンは友情の日です。そのため、基本的にこの記事は友好国パラグアイに捧げます。というのも、コパアメリカの準々決勝、すでにウルグアイは決勝行きを決めていますので、その相手はパラグアイかベネズエラかの戦いが行われるからです。基本、アルゼンチンの兄弟国パラグアイを当地では応援します。実際、南米でのサッカーを話題にするときアルゼンチンかブラジルか、になってしまいますが、パラグアイも強いのです。しかしながら、ベネズエラも力をつけてきたことは確かです。どちらにしても、話題になっていなかったのに輪をかけてアルゼンチン敗退でアルゼンチン人の間ではもうコパアメリカは終わりモード。町中での話題も週末に行ったアバストショッピングセンターにてのコパアメリカの展示はガラガラでした。只、大量に各国からの応援団がアルゼンチンを訪れています。ベネズエラは数が少ないため、チリ代表応援団が半額で売ったチケットを購入し、ベネズエラを応援するとして代表団にエールを送った人々にチケットを配りました。パラグアイ人はあまりの寒さに毛布にくるまっています。南米でも年中暑い国で評判ですからね。。彼らにとっては16度以下は寒いらしいです。パラグアイ代表キーパーのビジャルはスペインのバジャドリッド所属ながら、今回の大会にて交渉プロセスを集結させ、アルゼンチンのエストゥディアンテス デ ラプラタに移籍が決まっている。ブラジル戦では守りに守っただけに期待できる逸材ですね。そして、パラグアイはこの試合の成功をサルバドール カバーニャに捧げるそうです。こちらでライブでみることができます。http://www.youtube.com/user/CopaAmerica

2011年07月17日

コパアメリカ8強について メッシもガルデルもアルゼンチン人

ブラジル在住のサッカーライター沢田啓明さんが、コパアメリカ準々決勝に進出した南米8強それぞれのプレイと過去の戦歴について詳しく説明されていますので、以下のリンクからご覧ください。
 http://blog.livedoor.jp/hiroakisawada1955/archives/5320593.html
そうなんですよね、アルゼンチンはウルグアイが苦手で、ブラジルはパラグアイが苦手なんです。それが今回4強前に当たってしまったので、お互い調子もよくないことに加えて危ないというのが本音ですので、頑張ってほしいものです。
できればお互いに勝って、最終決勝はアルゼンチン対ブラジルで行きたいのが両者の目標であり、どちらかが途中で敗退してしまうとお互いにつまらない、とはいえ、お互いにできれば当たりたくないというのも本音。これが宿命のライバルというものですね。アルゼンチン全体が先般のエクアドル対ブラジルではエクアドルを応援し、テレビのアナウンサーも「これで負ければブラジルは敗退だー」と常に叫んでいたとおりです。
それから、スペイン語のウンチクですが、ウルグアイ代表監督には常にマエストロ タバレスと言っていますが、尊敬の念というよりもウルグアイでは伝統的に、監督をMaestroマエストロと呼びます。同様にチリではProfesorプロフェソールと呼びます。同じスペイン語でもマエストロもプロフェソルもディレクトルもサッカーのチームの場合は監督と訳します。
そして、楽しいのが本日のアルゼンチンのスポーツ誌OLEオレの表紙です。
http://www.ole.com.ar/la-tapa/メッシ選手がカルロス ガルデルという別名タンゴの神様の格好をしています(合成写真)それもそのはず、ガルデルはアルゼンチン人ではない、ウルグアイ人だと言う議論があるからです。そしてタイトルがEs Argentinoというのは実はメッシがやはりアルゼンチン人ではない、という議論があるからです。出生地主義を持つアルゼンチンの国籍法によりメッシはロサリオ市生まれのまぎれもないアルゼンチン人なのですが、やはり幼くしてバルセロナに行き、唯一アルゼンチン国内リーグでプレイしたことなく、アルゼンチン代表選手となっています。そして、バルセロナで見せるプレイの半分も見せていない、というのがアルゼンチンの大部分の講評であり、批判する人の中にはひどいことにアルゼンチン人じゃない、という始末。実はこれが一番メッシにとって悲しい批判らしいし、本人もアルゼンチン代表で結果が出せない一番苦しいところにあります。ですから、それを応援する意味をもちながらのアルゼンチンジョークでチャルア軍団(パラグアイにチャルア族というインディヘナがいたそうで、パラグアイ代表という別称)へ「誰もその出自には疑いのないように、今日はアルゼンチン代表はウルグアイとの対戦を死守しますし、ガルデルもメッシもアルゼンチン人だからねー」と牽制を示しているのだと思います。


2011年07月15日

コパアメリカ組み合わせ

 コパアメリカの8強がそろいました。以下が試合の組み合わせと日程です。
7月16日(土)
午後4時から コロンビアーペルー(コルドバにて)
午後7時15分から アルゼンチンーウルグアイ (サンタフェにて)
7月19日(火)
午後9時45分 上記勝者の対戦 (ラプラタにて)
7月17日(日)
午後4時 ブラジルーパラグアイ(ラプラタにて)
午後7時15分 チリーベネズエラ (サンフアン)
7月20日(水)
午後9時15分 上記勝者の対戦


2011年07月12日

コパアメリカTWITTERやっています。

本日の試合などつぶやいています。アルゼンチンーコスタリカは3対0で圧勝。
明日の午後8時半ウルグアイ対メキシコの対戦後、相手が決定されます。
http://twitter.com/tomokoargentina
試合直後のスポーツ紙
http://www.canchallena.com/1388611-por-sus-carencias-la-argentina-juega-una-instancia-impensada
今日は試合のスキームを変えてみた。今日はうまく行った、キレイにいくことができ、もちろん監督であるが、ピッチでは彼らのものであるから、今日はうまく彼らがやりたい方に進めることができて、本当によかった。今日だけではなく、これから変えていくつもりだ。今日の達成感を保持し選手達が自信をつけてきたことが今日の試合の重要な成果だった。私たちのチーム、選手はいいメンバが残っている。コスタリカもボリビアもよかったけれども、アルゼンチンがやってきた。。。まあ、うちのチームもいいけれども、他のチームをもちろん尊重します。アルゼンチンへの心配はうちの選手がいいのがそろっているからね、まあそれがアルゼンチン何だけれども(笑)
チームの全体の指揮とそして一人一人とチームとしての自信が必要だった。リオはそのパーソナリティを今日はうまくフィールドで出す事ができてよかった。(バティスタ監督 試合終了後記者会見コメントダイジェスト)


2011年07月11日

なぜアルゼンチンではサッカーに熱狂するのでしょう。

 なぜサッカーに熱狂するのか、っていうのはアルゼンチンでは変な質問なんですね。サッカー=熱狂なんですよ。サッカー自体が情熱なのです。もう血の中、DNIの中に組み込まれているんではないでしょうか。
 こちらではhinchaインチャ(サポーター、ファン)といえば、先祖代々、まあ、1810年からの建国200年の若い年ですから、せいぜいおじいさんの代ですが、そのときから、このチームのファンと決まっているんです。男の子が産まれたらボールをプレゼントする、またひいきチームのユニフォームや帽子をお父さん方、またお母さん方のおじさんなど、誰が着せるかで喧嘩までして戦うんです。この子はこちらのチームのファンにする、って。そして、よちよち歩きをするときにはボールを与えて、公園でドリブルしながら歩くのを促すんです。ですから、サッカーという感覚の土台が全く違うんです。
 「私たち」という表現もおもしろいです。自分たちのチームの状況を話すときなどに使います。
 金銭的な意味もあります。例えば、野球は経済的に豊かでないとできません。ミットもいるし、バットも高値です。もっとも、アルゼンチンでは野球は全く見られなくて、サッカーの次はバスケットボールか、ラグビー、そして、テニスですが、サッカーボール一つで最大22人が遊べるんですから経済的な遊びなんです。ボールがなかったら、紙を丸めたり、雑巾を丸めたものを蹴って簡単ですね。小学校の登下校時、子ども達は学校の前で「いらない」紙をまるめて、蹴っています。女の子もなかなかうまいですよ。
 要するに、アルゼンチンではサッカーは文化なのです。日常であり、文化の側面であるから、きってもきれない、ということです。


2011年07月10日

本日のコパアメリカアルゼンチン代表(7月9日)

 コパアメリカニュース 本日7月9日アルゼンチン代表は午後の練習をエセイサ合宿所で行った。明日10日は午後7時にコルドバへ出発し、11日午後9時45分のコスタリカ戦に備える。
本日の練習はアレハンドロ トカリ担当で通常通り開始され、次に二グループに分かれて、行われた。
最初のグループはタッチ練習で、セルヒオ バティスタ監督の指揮の元低い位置のボールの保持練習が行われた。別のグループは技術練習とSUB20ユースチーム相手にスペースを減らしてプレイした。
 10日の午後7時出発から午後9時にコルドバ着の予定。その後、バティスタ監督の記者会見が行われる。


2011年07月04日

コカコーラ、コパアメリカCM

南米選手権コパアメリカ関連CMが少しずつ見られるようになりました。
7月1日の開幕戦でこんな人いたんじゃないかと思わせるリアリティのあるおもしろCMをコカコーラが
制作してくれました。言葉は不要ない分かりやすいメッセージで、やっぱりコカコーラ。。。。と思わせるコマーシャルです。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=iCtT9qfoa7E

南米選手権コパアメリカ、アルゼンチンの盛り上がりは?

 アルゼンチンで去る7月1日から開催中のコパアメリカ。アルゼンチンの次の対戦相手コロンビアは白星をマークし、A組首位となっている。開催地であるはずのアルゼンチンでは南米選手権コパアメリカがいまいち盛り上がりに欠けている。通常ならこのレベルの大会があれば、そんなに前に盛り上がらないブエノスアイレスであっても、せいぜい試合当日2時間前はスーパーマーケットのレジは応援食料を買い込む人でごった返し、そして試合中は町中は閑古鳥がなく。ゴールがあれば、試合を見ていなくても周りの振動と絶叫により、どちらにゴールが入ったか分かるぐらいである。そして、町中が水色と白のアルゼンチン国旗色に染まり、車のクラクションが鳴り響く。子ども達は対戦相手丸分かりマップを手にして、試合をフォローするし、フィグリータという選手のシールセットをキオスコに買い求める。。。
 もちろん対戦相手がボリビアだったから?それにしたって、コパアメリカのコの字程度の周りは一体どうしたのだろう。私の周りにサッカーファンがいないわけがない、ワールドカップ開催中にワールドカップ未亡人という表現で友人達と嘆いていたくらいであるから。
 第一の理由は地元リーグの番狂わせ?それともそうなるべくなった、アルゼンチンでは二大チームの一つである(はずの)リベルのB降格(2部行き)にある。そして、これは熱狂的ファンの怒りをかい、ホームグラウンドのあるヌニェス地区の店舗など周辺は破壊され、リベル幹部や選手への脅迫が続いたりで、社会問題に発展している。ショックで精神的に病み寝込んでいる人もいるほどである。それに加えて、審判に圧力をかけたとしてホームグランドの使用停止という処分はコパアメリカ決勝戦に影響する。
 一方でラプラタ市のヒムナシオも降格したからである。ラプラタは今回コパアメリカの会場となり、素晴らしい最新の設備のスタジアムを擁することになった。ブエノスアイレス州州都ではあるが、国際的には影が薄い。この機会に外国人訪問者を迎える絶好のチャンスである。にもかかわらず、精鋭がないのは近年国際大会でも復活を見せているエストゥディアンテス デ ラプラタと宿命のライバルであるヒムナシオの悲劇があるからである。ちなみにクリスティナ フェルナンデス大統領はラプラタ出身でヒイキチームがヒムナシオである。
 その一方でリベルの対極であったボカは不調ではありながら、元気である。昨日7月2日リケルメ選手の銅像はボカミュージアムの展示品の一つとなった。リケルメはクラブへの忠誠心を新たにする一方でボカに所属する事はアルゼンチン代表に出るのと同じぐらい重要である、と涙ながらに語った。本日例年のタンディルに代えて、ブラジルのクリチバにチームは出発しオフシーズンの間の避寒合宿をする予定である。
 なお、マクドナルドはコンボというセットメニューに二ペソを加えればアルゼンチン選手入りのドリンクマグが得られる。コカコーラの瓶はコパアメリカバージョン柄になっている。
一方で試合会場はコルドバ、サンタフェ、メンドサ、サンフアン、フフイと地方にも分散されている。アルゼンチン最北部の州であるフフイでの日本代表不参加のニュースはかなり落胆されたものであった。どちらにしても国際試合を観戦できる機会を地方の人々が得られる貴重な機会である。このようなときに地方の底力と団結心はダカルラリーにも見られた。アルゼンチンというであればおそらくブエノスアイレス首都からの主観では語れないことも起こる。



BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CONSULTA! Aqui estan los libros japoneses.

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CODIGOS!


クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村 サッカーブログへ
ラテンアメリカ関係テレビ番組
アルゼンチン撮影コーディネートはファニプロラテンアメリカにお任せください!詳細はこちらから


((オンエアのご案内)))

2014/05/17,24,31
フジテレビ「めざましテレビ」(6-830am)
公式HP:http://www.fujitv.co.jp/mezamado/
めざましどようび藤原倫己
“CHANGE THE WORLD for 2020”アルゼンチン編
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/




2012年グローバルビジョン「世界の起業家」
5月5日(土) 19:0019:54
5月8日(火) 27:0027:54 (再)
5月12日(土) 19:0019:54 (再)
5月19日(火) 27:0027:54 (再)
見逃し視聴「起業家」(ウルグアイ)

2012年3月20日(火)午後9時から
NHK BS1「夢をあきらめない
〜女子ホッケーさくらジャパン〜」


TBS世界ふしぎ発見!
2012年3月10日(土)午後9時から
第1222回 一番遠い親日国アルゼンチン
宮地眞理子インタビュー1
宮地眞理子インタビュー2

NHK >地球アゴラ
2012年3月4日(日)午後10時から
第160回アルゼンチン編

TBS 夢!世界どうぶつ大図鑑
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dーバルデス半島他

2012年1月21日
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dー南の牧場


朝日放送朝だ!生です 旅サラダ
毎週土曜日午前8時から午前9時半
海外マンスリー三月はアルゼンチンBY石川梨華
2011年3月5日(土)ブエノスアイレス
3月19日(土)サルタ
3月26日(土)エル カラファテ

vol.103 「世界の働く女性(Part2)」 
2011年 3月13日(日) 21:0021:54
3月16日(水) 27:0027:54 (再)
3月19日(土) 16:0016:54 (再)
3月20日(日) 21:0021:54 (再)
3月23日(水) 27:0027:54 (再)
3月26日(土) 16:0016:54 (再)
vol.100 「世界の誕生日」
vol.101 「世界の石」
「グローバルビジョン見逃し視聴」

NHK BS-1 地球アゴラ
12月19日(日) 
「第111回」

NHK BS-1 地球アゴラ
11月28日(日) 
「第108回耕せ世界の大地」

アルゼンチンにて12月12日(日)1710

BS TWELLV、グローバルビジョンTVにて
「競技会]「チリのクエッカダンス競技会にかける若者」
11月27日(土) 16:0016:54 (再)
11月28日(日) 21:0021:54 (再)
12月1日(水) 27:0027:54 (再)
12月4日(土) 16:0016:54 (再)
「グローバルビジョン見逃し視聴」
BSジャパン
<8月29日(日)午後9時から 
「アルゼンチン絶景の旅」

「先住民の文化を継ぐパラグアイ」
7月22日(木)18:00〜(1時間番組)
「パンタナールの大自然〜パラグアイ〜」
7月29日(木)18:00〜(1時間番組)
地球ゆうゆう紀行
2010年1月24日(日)午後10時から
NHK地球アゴラ
はるばる日本人のコーナー「世界一蹴の旅」
世界一蹴の旅
アルゼンチン ブエノスアイレスからLIBEROユニット生出演

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

Profile
地球の歩き方2010年版発売中(巻末見てください)
05753-7 GUIA DE TURISMO DE ARGENTINA; CHILE; URUGUAY Y PARAGUAY EN JAPONES 地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員のページへ
バンクーバーオリンピック アルゼンチン人選手頑張れ!
DSC06734 スキーフリースタイル男子でアルゼンチン代表として、2010年2月のバンクーバーを目指しますクライド ゲティCLYDE GETTY選手 https://5dreams.panasonic.net/
テレビ番組コーディネート、スペイン語通訳などご用命は。。
テレビ番組撮影コーディネート
現地コーディネーター
スペイン語通訳
プロジェクトコーディネート

アルゼンチンのことなら! 

tomokoargentina☆gmail.com
☆を@に変えてメールをどうぞ!

FunnyPro LatinAmerica
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
br_decobanner_20091225082816
((オンエアのご案内)))

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員
51Ehu1%2B6utL__SL500_AA300_ 世界一蹴の旅の本アマゾンで購入!
livedoor プロフィール
トラベルコちゃんのサイトで旅行者向けブログを書いています! トラベルコちゃん、素顔のブエノスアイレス・アルゼンチン 旅行情報ブログ
ブエノスアイレスでW杯を楽しむ
アートとカルチャーを満喫
コロン劇場 攻略ガイド など続きます。
格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行情報サイト
#ブエノスアイレス、パタゴニア、 北西部、イグアスの滝、南極の 旅、目的別の旅行、視察、研修。
#スペイン語留学
#スペイン語学習
#短期 ’長期滞在
#手続き
#−−がしたい!
#−−さんと会いたい!
など、 通訳、翻訳、便宜、資料作成、 語学レッスン、プラン作り、 コーディネーションを行います。
MIN+GOB_REF
https://5dreams.panasonic.net/