アルゼンチンで日本

2018年01月21日

ブエノスアイレス日本食レストランガイド2018年

 アルゼンチンのブエノスアイレスの日本食レストランのランキングです。
LISTA DE LOS RESTAURANTES JAPONESES 2018 EN BUENOS AIRES
 このブログで人気記事の一つですね。これからバケーション時期なので御休みの期間を加えておきました。おすすめの内容も少し更新しました。参考価格も現在1ドル18ペソ程度です。
 主観的なリストですから、まずは、当方が実際に行くお店を紹介しています。
基本的にオーナーは日本人、もしくは日系の方ですが、最近はアルゼンチン系で大丈夫なところは含みます。場所が遠いところや駐車場がないところは行きにくくなっていますが、機会があれば、なので、お勧め、お誘いお待ちしております。

1.Ichisou   いちそう    
Venezuela 2145 - Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4942-5853/4943-6442   http://www.ichisou.com.ar/
月から金  昼営業(午後12時半2時半までと早いので注意) 
夜午後7時半から 土曜日は夜のみ。日曜日休
 老舗。日本食というより和食レストランである。昔からのレストラン街に位置するので
現在ではちょっと外食産業地域とは違うが、わざわざ行く価値あり。
にぎりずし、麺類、ゆどうふ、ほうれんそうのおひたし、いか納豆、ラーメン、うどんなどだいたい何でもある。定食は現在640ペソ。
魚はその日に入ったものを尋ねるといい。焼き魚なども逸品。
コンパートメントがあり、プライベート空間があり、また奥に畳の和室(掘りごたつではない)があり、接待も可能。何でも普通以上の味で、量も多め。ご飯もおかわりできるようにおひつで来るのは嬉しい。食器も普通に和食器でいい。基本的に食べたいものは何でもあるしおいしい。その代わり安くはない、がアルゼンチン料理の高級レストランほどは高くない。日本語対応も問題なし。
お昼は給仕の人が少ないので多少時間がかかるので、昼も夜も早めの時間がお薦め。
なお、2016年6月、正面に位置していたCasa Japonesaという日本食材や雑貨の店はNUEVA CASA JAPONESAとして引っ越した(Humberto Primo2357)  
 2018年2月3日から26日まで  3週間 夏のバケーション休み
駐車車がPasco 740 にあり。(店の契約ではない)
日本語可。

2.Nihonbashi  日本橋    
Moreno 2095 - Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4951-7381 
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2013/11/post_292.html
火曜日から日曜日 夜7時半から 11時頃オーダーストップ 月休 
しゃぶしゃぶ、すき焼き専門店、日本的焼肉もある。他に寿司などの料理もあるが
お肉料理が一番!  老舗
土曜日、日曜日、祝日はしゃぶしゃぶもすき焼きも焼肉も食べ放題600 ペソ
(ただし、鍋なのでテーブル毎にしゃぶしゃぶならしゃぶしゃぶだけ頼むことになる)で、肉皿のおかわりが可能。野菜はおかわりできないが量は十分。すき焼きとしゃぶしゃぶはうどんも入っている。子供は無料(10才まで)なのでファミリーサービスである。さらにアイスクリーム(小さいが日本人的にはちょうどいい)のがついている。 抹茶アイスもある(別料金)
人気があるので早めに予約が必要である。
肉をその場で切っているので、おかわりをするのは早めに。平日は大変落ち着いている。日本人的にはひとり前はちょうどいい。お薦めはしゃぶしゃぶのニー三人分、二人前ちょっとの値段で 三人で食べるのに十分な量、別途サイドオーダーが必要な時もある。
 他にタン焼きなどがある。掘りごたつのある畳の部屋がある。店の内装といい、ニッポン空間が味わえる。さらに、ウエイトレスがきれいな着こなしの着物姿で愛想もよく、教育が行き届いているので、アルゼンチン人接待には必ず喜んでもらえる。ただし、アルゼンチン人と行くと、しゃぶしゃぶを自分で作るのを教えないと、こちらが全部取ってあげたり、つくらなければならないので大変ですがからご注意。タレの追加料は別途料金が加算される。最後のお茶はサービス。
アルゼンチン人ウエイトレスも日本語はメニューの範囲なら わかってもらえます。
難しいことは日本人オーナーと話してください。
正面に駐車場あり。  (店の契約ではない)    
2018年1月22日から2月19日 夏のバケーション休み 
 

オーナー日本語可。

3. TORiTORi   トリトリ  アルゼンチン初焼き鳥専門店
Ecuador 1175
Buenos Aires
011 4961-7978
http://toritori.com.ar/
営業時間 月ー土 19-23時
日曜祝日定休 デリバリー、テイクアウト可能
最寄駅 地下鉄H線CORDOBA駅
AV CORDOBA Y PUERREDON近く  2016年6月オープン以下記事です。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52138014.html
本格的焼き鳥店。アルゼンチンとの炭火とのコンビネーションが最高です。
焼き鳥4本200ペソ。お味噌汁やおにぎりもあり、軽く食べられる。味もだいじょうぶ。
カウンター的席ばかりなので、長居をするところではない。しかしリトルニッポンを楽しめるので
日本人にもアルゼンチン人にもお勧めです。
小さい居酒屋、また本当に焼き鳥店なので、特に週末は予約した方がいいでしょう。
オーナー日本語可。
写真の5本、ご飯、サラダのセット285ペソ。
26240309_1961569580837130_8077138300727842312_o

おにぎり2つ、焼き鳥3本、サラダは275ペソ。7本おまかせと付け合わせが300ペソ
セットメニューがお得です。

バケーションは特になし。


4.Matsuoka 松岡スシ
Sanchez de Bustamante 1027
Buenos Aires  夜のみ。日曜日定休
4861-4913 / 3750-8258
https://www.facebook.com/sushiMatsuoka/?fref=ts
http://www.matsuokarestaurante.com.ar/
シェフのフアン松岡氏は二世ですが、懐石を学んだ経験があり。ただやはりアルゼンチン的な日本料理をつくらないとお店ではやっていけないので。。。しかしメニューにないもの、相談してください(わたしはすうどんを頼んだことあり)2017年はアルゼンチンで一番有名な週刊誌GENTEに掲載。
最近はデリバリーで注文し家でたべるのがおいしくお得にたべるお薦め。8時前に頼むと10%引き。
IMG_9195


配達区域から外れているので別途配達代を払いますが、
コンビネーション松は50ピース、サーモンのみ。アレンジ寿司もまざっています。
COMBINADO MATSU
todo salmon (50 piezas)
Tataki, Niguiri, Philadelphia Roll, Shake Furai, Tartar Furai Roll, Spicy Guacamole y Geisha
見かけはどこにでもあるデリバリースシですが、一味違います。
注 現金のみ。正面に駐車場あり。

オーナー日本語可。ただし、お寿司を握っていると対応はアルゼンチン人スタッフ。


5.NUEVA CASA JAPONESA ヌエバ カサ ハポネサ
Humberto Primo 2357,
火から日  お昼のみ  ((営業時間が変わりました 月曜日やっていません!))
日本食材スーパーは午前9時から午後7時半までですが、二階に食堂があります。
https://www.facebook.com/nuevacasajaponesa/?fref=ts
ラーメン、うどん、うなぎじゅうがあり、エビフライ、餃子もともと日本食材店ですから
コストも安いのでしょう。お安く気軽な食堂です。
200ペソから、十分食べられるのはブエノスアイレスでは画期的な値段です。クオリティは最近
落ち気味ですが、人気となるとそうなるのは避けられません。お店の対応は普通ですが、人が入りすぎると結構時間がかかるので週末は特に余裕を持っていきましょう。平日はそうでもないですが、
週末は要予約。
土曜日のみスシバーがあり、こちらは本格的で、お安いのでお勧めですが、12時の早い時間に行くほうがいいです。
今のところ夏休みはない。


6.Murasaki  むらさき
Galerias Larreta /Florida 971
Telefono: 4314-6866  フロリダ通りとサンタフェ通り近く。 ギャラリーの中に入っていくと中央にある、喫茶店的な食堂。
月曜日から金曜日開店 喫茶店業務が午前8時から 食事は午前11時から午後8時まで。 
土曜日は11時から16時まで。
ラーメン220ペソ。 家庭で作っている感じのもの。 
セントロにいると利用しやすく、値段も低め。
まあ当地に長いと食べられるちょとラーメンのイメージと違うが味はだいじょうぶ。
みそラーメンと醤油ラーメンと塩ラーメン。 カツ丼は普通においしい。
昼はすしを自分で選んで、その量で支払いをする セルフサービスシステムがおもしろい。
高級ではないが簡単に食べられる。手巻や鉄火巻(サーモン)が安くてシンプルな味。
Viamonte y San Martinの角にもあるがギャラリーの方がおすすめ。


7.SUIREN スイレン
Suipacha 517
Telefono: 4322-6372
と 町の中心街にある。
朝から昼にかけて開店。
立地の割にお得なランチなどあるし、早いので忙しいビジネスランチにピッタリ。10ドル以下で食べられるのはブエノスアイレスではありえないのに、さらにご飯ものがある。
HOTEL PANAMERICANOの近くなのでここまでデリバリーなど頼める。
20046352_1277869225669711_5538727150341148235_n


バケーションは1月15日までだったので営業中。

8.Nobiru のびる
Mendoza 1627
4782-0401
12時から夜まで (途中閉めない!!!) 月曜日定休
https://www.facebook.com/Nobiru-309341369100300/?fref=ts
エビフライ、トンカツ、カツ丼、ラーメン
 オーナーは長野県系二世の高山さん。アルゼンチンでの次世代日本食レストランの先駆者で、
各種レストランを手がけ、富士山、都、につづいた三号店。居酒屋タイプで気楽な店。
ベルグラーノ地区の中華街で、赤ちょうちんが出ている
日本風居酒屋ということでアルゼンチン的にはタパスおつまみやさん、
12時から夜まであいているので
夕方でも食べられます。エビフライ、トンカツなどの揚げ物系がさっぱりからっとおいしいし量もいい。
ご飯セットもあり。
ブエノスアイレスで初めて豚骨ラーメンを出したお店です。最近は少しとんこつスープのレシピが変わってしまったようで残念。
スパイシーでたべるのがきついのり巻きを頼まないように気をつければ、装飾スシもだいじょうぶ。
デリバリー、持ち帰りも可能。


9.Comedor Nikkai コメドール ニッカイ 日会食堂

Independencia, Av. 732 Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4300-5848 サン テルモ地区 地下鉄C線Independencia駅下車3ブロック、
バス10番など
月から金 昼正午から午後3時まで
月から木夜7時半から11時 金土午後8時から12時 土曜日は夜のみ、日休  老舗
お得なランチ定食あり。200ペソでお茶もセットになっている。
別途お茶は有料。夏は冷緑茶あり。
にぎり寿司 なお、お勧めだった天丼は全く違うものになりましたので、
天ぷらとご飯と思えば可能。
うどん寿司セット、カレーライス(昔風の黄色いルー)、ラーメン、うどんなど食堂的メニューを選ぶのがお勧め。酢豚ならず、酢魚も意外においしい。値段は全体的に他の日本食レストランに比べて低めであり、家庭的でおいしい。出てくるのが早いので忙しいとき助かる。駐車場は以前横にあったが、なくなりました。ただし、Chacabuco かpiedras通りの駐車場へとめて駐車券を店に持っていけば、2時間までは無料に。
注文の日本語は可の二世のウエイターさんが多い。話せないこともありますが、ある程度のことは聞いてわかってくれる。
NHKが店内で見られる。日本人会併設なので、日本人が多かった。
その昔、島唄のインスプレーショーンをカセロというアルゼンチン人歌手が受けたのがこの店。 
老舗。
その昔いたアルゼンチン人板前さんミゲルはすでに隠居。 駐車場はChacabuco entre Av. de Independencia y Estados Unidos

10.Miyako Sushi 都
Nazca, Av. 388 6o piso Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4611-2638  フローレス地区
Web: www.miyakosushi.com.ar
Mail: info@miyakosushi.com.ar
月から土   昼 夜  ランチメニューあり。  日曜日定休
昼のセットメニュー(日本人なら二、三人前)
夜のセットメニューもある。 (何を頼むか悩むことなくバラエティセット、決して定食ではない)
普通に考えると、都心ではないので、アクセスが難しい。しかし、常連客が多いし、日本食の通の人には穴場である。どの料理も及第点以上であるし、量も妥当。 
建物の6階にあるのも、アルゼンチン人には信じられないくらい珍しいらしい。韓国人ビジネスマンが多いので、キムチもおいてある。早めに行くか予約してボックス席がいい。焼き鳥がお勧め。焼き飯もおいしい。抹茶アイスが大きくて嬉しい。アルゼンチンの邦字新聞らぷらた報知が読める。ここは麺類は頼まない方がいい。
15894268_1265060963588662_2105433820998385165_n

写真はおまかせ寿司、日本人の考えるおまかせとはちょっと違うので気をつけて。もちろんおいしかったですけれども。


11.FUJISAN  富士山
Mendoza 1650 昼から夜まで途中閉まらない。ただし、月曜日定休    
Buenos Aires
4784-1313
https://www.facebook.com/RestFujisan/?fref=ts
中華街に登場した初日本食店。
日曜日あいている「唯一」のブエノスアイレスの日本食レストラン。 日曜日におすしが食べたくなったらここ!ただし、中華街がしまる月曜日は休み。
味はまあ何とか食べられます。おすしはまずます、量は多いです。調度品など雰囲気もいい。
鯉もいます。ただ、カレーはおすすめできない。
上にパーティ会場あり。

12.Irifune  入り船
Paraguay 412 Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4312-8787  セントロ地区 フロリダ通りから2ブロック半で都心
Web: www.irifune.com.ar
Mail: info@irifune.com.ar
月から土  ランチあり。
 にぎりずし(白身魚、たこ、ときにはまぐろもあり、魚の種類があるときはある。
デザートは全体的に小さめだが、天ぷらアイスあり。早めに注文しないとなくなることもある。
セントロ地区という立地にありながら、値段も高め。
座席はブエノスアイレス的には狭いので、ランチでビジネスマン的にささっと食べる向き。
独りでうどん、ラーメンも食べられる。
昼から夜12時まで続けてあいているので、ランチタイム外や、早めの夕食を取ることも可能でありその場合はとても落ち着いている。最近はちょっと味が落ちた。
昼のオフィス街での簡単な接待向けには可能。


13.KITAYAMA   北山
Virrey del Pino 2448, ベルグラーノ地区
4788-9955
日本的家屋の構えがステキ。とにかくなんでもある。  老舗
JOSE HERNANDEZの地下鉄駅近く。
レストランの正面に駐車場があり、一時間まで無料(レストランに駐車チケットを提示してハンコをおしてもらう)
夜は 午後19:30 から 23:30 (昼は現在やっていない)
お刺身、お寿司類がいい。
定食はたっぷり。バラエティありお薦め。660ペソが定食。お茶は別途料金。
麺類はすすめない。その昔、日本橋やいちそうの近くにあったが数年前にベルグラーノ地区にお引越し。
夏のバケーションは 2月5日から2月19日まで

14.Okiren Sushibar & restaurant  沖連レストラン
Centro Okinawense en la Argentina
Comida Japonesa y Okinawense.
San Juan 2651 ? Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4943-6927   地下鉄H線 フフイ駅 E線 ウンベルトプリメロ駅下車目の前
月から土曜日 夜のみで 午後7時から午後1130まで 
在アルゼンチン沖縄県人会館の2階にある。そのため、沖縄そば、ゴーヤチャンプルなど沖縄系料理がお勧め。値段も比較的抑え目。日本語が分かる人がいる。
IMG_6704



15.EN - Jardin Japones エン 園
Av. Casares 2966 (y Av. Berro) Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4800-1322  パレルモ地区  
昼は日本庭園にて散歩も可能である。(日本庭園の入場料要)
夜やレストランへ行くときはLIBERTADOR リベルタドール大通り近くのCASARES通りの
入り口から直接入る。(入場料なし)
Web: www.jardinjapones.org.ar
火曜日定休  昼からお茶の時間、その後夕食12時まで。
夜がお勧め。日本庭園がロマンチックに見えて、アルゼンチンのカップルのデートスポットになっている。
ボックス席や掘りごたつ席もあり、接待にもいい。
全体的な一皿の量が少ない。お勧めは、カリカリロール  サーモン、チーズなどのコンビネーションで外側がカリカリになっている温かいロール。日本的ではないお寿司の中で意外においしい味の発見である。((微妙な感想ー笑))
なぜか焼き飯も自慢メニュー。最近は、もはや日本食ではない雰囲気になってきた。立地は最高でアルゼンチン人は感動してくれる。
午後のお茶の時間も景色がいいのでおすすめ。
ただし、緑茶は薄いので、かなり懐かしいのでなければコーヒーの方がいい。日本的おせんべいつき。

16.Shogun   将軍
Uriburu 280 - Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4952-5897
昔からある日本食レストラン。和室あり。日本人オーナーの対応もよく、だいたいのものがあるが、ときどきイメージと違うものもある。老舗

番外編
17.NINO GORDO - ニーニョゴルド
THAMES 1810, Palermo Soho
詳細はこちらから http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52177956.html

IMG_7498

お好み焼き、餃子などもあります。アジアンアレンジレストラン。

18.Tao Tao  タオタオ 「中華料理」唐揚げ、ギョーザ、ちょっと中国的ラーメン、日本風中華料理
Cabildo, Av. 1418 - Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4783-5806
中華レストランですが、日系ファミリー経営。日本的な餃子が特におすすめ。
また酢豚的にタオタオ将軍ポーク cerdo al general Tao、またはチキンの甘辛煮おすすめ POLLO・GENERAL TAO

唐揚げも日本的。ラーメンは中国的ですが、おいしい。そのまま言ってアルゼンチン人の長年日本人対応ウエイターさんはわかってくれます。
記事が古いので値段は全く別ですが、ご参考までに
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51755657.html


19、GREEN EAT グリーンイート  「お寿司弁当あり」
南米で大活躍の日本人シェフ大野剛浩(おおのたけひろ)シェフプロデュース。
レジで買ってから店内でたべるか、テイクアウトできる、日本のコンビニ的なハイセンスの出来合いヘルシーフードのお店。
日本食はお寿司だけ。お寿司セット弁当があり、200ペソぐらいがあり、のり巻きとサーモンのにぎり寿司で比較的
お得サイズに値段。 マクドナルドでたべるのと値段がほとんど変わらないので、ハンバーガーではなく簡単に時間なくたべるときにはこちらを利用しています。なお、おかませは日本人なら二人でシェアできる量。
Av. Santa Fe 1661 かGalerias Pacifico 地下フードコーナーがお薦め。その他市内に店舗あり。
http://www.greeneat.com.ar/


20.Hanami 花見
Medrano1232 Tel 4867 3834
料理は日系家庭で食べる感じで、アルゼンチンで使用できる素材で最大限、また価格も抑えている。
雰囲気もアットホームで気楽。
特別イベント開催。
ただ、一般的にはケータリングサービスでパーティでの料理。イベント会場もあり。



なお、上記主観であり、またあくまでも日本のようにはいかないことも多いので、いろいろ許してくださいね。

そして、おいしいと表現しても、アルゼンチンで日本食を食べて、ということです。

それでも、これだけのお店や日本食材が得られるのも100年以上の日系社会の歴史がある賜物です。
野菜、ネギ、大根、ごぼう、日本的なす、日本的きゅうり、しょうがなどを手に入れられるのも素晴らしいことです。お魚の種類が少ないですが、チリのサーモンは近いだけあり、新鮮でおいしいですよ!

アルゼンチン一般のレストラン、食べるべきもの紹介はこちらから。
https://www.facebook.com/Comer-en-Argetnina-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E9%A3%9F%E3%81%B9%E6%AD%A9%E3%81%8D-192006611151457/

地球の歩き方ブエノスアイレス特派員ページでも書いています。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/cat1676/

当ブログの食べ物ガイドはこちらから。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50041743.html

記事がよかったら以下クリックしてください!
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



tomokoar at 11:43|この記事のURLComments(0)

2017年12月03日

2018年は日本アルゼンチン修好120周年になります。

121692

  19年前の今日、1998年12月3日、日本アルゼンチン修好100周年記念式典が東京の帝国ホテルで行われました。アルゼンチンのメネム大統領が来日し、経済セミナー開催後でした。帝国ホテルでのレセプションはホテルの大広間で挙行されました。日本代表は当時の小渕恵三首相そして、日亜議員連盟の日本代表を務めていらっしゃいました。アルゼンチン側はリカルド ブランダ上院議員が議員連盟代表を務めました。皇室では秋篠宮ご夫妻が臨席されました。
このとき、帝国ホテルロビーでフアン カルロス パジャロル氏の銀細工展が開かれていました。
 夜はオーチャードホールでアルゼンチン国立交響楽団によるタンゴのコンサートが開催されました。
 この機会に日本の郵政省から日亜修好100周年記念切手がタンゴをモチーフに発行されました。やはり両国を結びイメージはタンゴのようですね。
またこの機会にブエノスアイレス日本庭園に世界平和の鐘の鐘楼の建立が行われました。

1898年2月3日、日本とアルゼンチンとの間に修好通商航海条約が結ばれました。
なお、通常は、日亜修好条約と短く言われます。来年は120年を迎えます。


あれから20年、アルゼンチンのことを日本語で伝える私のネット活動もGEOCITIES時代の素顔のブエノスアイレスHPから数えて来年20年になります。
 



tomokoar at 00:10|この記事のURLComments(0)

2017年11月28日

マリアコダマさんの本の出版発表会に行ってきました。

23794872_1591009350993820_4219340999734535339_n

  マリア コダマさんが、本を出版されたので発表会へ行ってきました。
会場は エルアテネオ書店グランスプレンディッド劇場支店です。世界で二番目に美しい書店として有名です。こちらから書店についてはどうぞ!
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2013/06/post_276.html

23783859_1590935751001180_726640111967837688_o

出版発表会でお約束は本を買って、サインをもらうことです。早速買いまして、発表会に臨みました。
23844536_1591010077660414_5613759535082019485_n



2階のホールの座席は満員でしたがこの写真を撮れる席には座れました。
隣に日系の方がいて、ふと日本人ですか?ご親戚ですか?と聞いたら、ええまあ。。。と。。。もしかしたらホルヘさんなのかしら、といろいろ想像を後でしました。

本の題名はRELATOS いろいろなお話の集大成です。実は今まで 短編を書かれていて、それをことあるごとにボルヘス氏をはじめ、友人に読んで聞かせていたそうなんですが、

Alejandro Kokocinski アレハンドロ ココシンスキーさんというロシア系のイタリアの芸術家の作品が本のイラストになっていて、その絵画をモチーフにした四本の短編が編集されています。
その題名は“La sentencia”, “El dinosaurio”, “Leonor” y “John Hawkwood” であり、恐竜では考古学者になりたかった子や、サムライが伝統と欲望の葛藤に悩んだり。。。と 全体が後悔、罪、許し、狂気などのテーマがモチーフとなっています。
いえ、実はその逆で、この芸術家がある日、もう目も見えなくなりつつあり、スランプに陥ったというんです。それで友人がマリアコダマの話を送ってやると、みるみる元気になり、イタリアでも中国でも大成功の展示会を納めたと。そしてまた病気だったのですね。そして、ぜひ、このいい話を本に出版してみたいと懇願したんだそうです。。。
ですから、仕方なく。。。出版を決意したんだそうです。物心ついたときから書くのは大好きで、
いつも話を作っていたんですが、ボルヘス氏が再三、出版しなさい、私が前書きを書くから。。とおっしゃるので、いやだったんだそうです。出版をしたいとも思わなかったんだそうです。

と、お話しの仕方がもう楽しいのです。マリアさんは。作家というと書いている人という感じですけれどもね、ずっとお話しをみな聴きたくなります、お話し上手で楽しい方です。

若いファンもいて、こちらの右の子は12歳なんだそうです。

23754975_1591009457660476_7442300280964223813_n


待っている間に、マリアコダマさんが主催している中高生のハイクコンクールにぜひ応募しなさいよ、とお勧めしちゃいました。
お母さんはスペイン語教師で、なんと私が勤めているレングアスビバスの翻訳科のスペイン語いわゆる国語の先生でした。お父さんは中学の歴史の先生ということで。。。お父さんは写真は撮る、お母さんはお話をして盛り上がっていました。マリアさんは一人一人のファンの方とお話をしながらサインをしていました。((ブエノスアイレスはこんな風に知らない方とでもお話をして盛り上がります))

23722632_1591009380993817_3500452604456358594_n


もちろん私もサインをいただきました。((その小学生に撮ってもらいましたー笑))


 
IMG_6595


マリアコダマさんはアルゼンチンの作家の第一人者であるホルヘルイスボルヘスの未亡人です。
(ホルヘボルヘス氏はノーベル文学賞の候補者でした)
23915543_1591808387580583_3000199061168073442_n

(( 文豪ボルヘス氏はCafe Tortoniで他の文化人と一緒の写真がたくさんあります!))

16才のときからボルヘス氏一緒にアングロサクソン語を学んでいたそうです。
お父さんは日本人で、ボルヘスはいつも「あなたのお父さんは私のために教育してくれたんだね」と言っていたそうで、父親ゆずりの責任感や厳しさ、そして日本の物語などを感謝しているそうです。
30年ほど前にボルヘス氏がジュネーブでなくなる2か月前に結婚されましたが、それ以前から世界を旅するときに目の見えないボルヘス氏の目として世界を旅したり一緒に行動するマリアさんがいました。なお、白い服をよく着ているのはボルヘス氏は見えないとは言っても白いと少し見えるので、見そのため、だったらしいです。

日本を、日本文化を普及に貢献したということで、旭日双光章を2016年受賞されました。文筆家ということと国際ボルヘス財団理事長という肩書でしたね。いつもボルヘスの展示会や講演会で世界中を飛び回っています。
以下そのときの写真です。
https://www.infobae.com/tendencias/2016/11/01/maria-kodama-fue-condecorada-por-el-emperador-de-japon-por-sus-aportes-culturales/

CATEDRA JAPONということで、月に一度、在アルゼンチン広報文化センターの支援で、日本映画などを無料で公開しています。
23316330_1575296012565154_2714122806573799645_n


先日は11月最後の会でした。

23319291_1575295922565163_5933494490050792556_n


一番後ろでマリアさん参加中。前では、オラシオ マルコさん(元日本大使館広報文化センター広報官であり、現在ボルヘス財団広報官です)が新しく着任された金子夏枝一等書記官、新広報文化センター所長を紹介しているところです。

IMG_6599


最後はボルヘス氏と記念写真!


tomokoar at 13:32|この記事のURLComments(0)

2017年11月27日

宮城セルヒオさんJICA研修2017から帰国インタビュー

23167879_10215048298947723_2266044529868051805_n

  アルゼンチンでの日系移住者の子弟である宮城セルヒオ(45)は10月、JICAの南米出身者
NPO研修の参加者として初めての来日を果たした。10月から11月の一か月の研修であり、横浜センターを中心に北に南に日本を横断した。
22491691_10214312109138157_1464456599729343218_n

((日本人には何気ない街並みも、彼には大変珍しく素晴らしく美しいものに映る))

 普段は日亜文化財団というブエノスアイレス日本庭園を運営する団体で広報担当官。そのほか、日本や東洋系の活動やイベントの広報担当を務めているセルヒオさん。研修中も常にソーシャルメディアで体験を発信していたので日本を楽しんでいる様子はわかったが実際に感想を聞いてみた。
「私の夢が叶ったんです。JICAに大変感謝しています。二世であり、沖縄系、そして日系団体で23年働いているので、日本へずっと行ってみたかったけれども、航空チケットも滞在費も高い、経済的問題で無理だった。他にも留学のチャンスを試してみたが選ばれなくて。。。」
しかし、挫折せずに次のチャンスに挑戦。今年JICAの研修に応募。晴れて合格し、2017年10月から11月の一か月の研修の切符を手にした。
「日本でのJICA横浜での研修は、しばべみかさんがいつもついてくれて、本当に素晴らしいものだった。日本文化についても、日本の食事の仕方などきちんと教わった。実際に体得するにはもっと時間があればよかったけれども。。。驚いたのは日本の組織、計画。きちんと立ててあって、着いてすぐ次の日、帰りの準備の手順の指導を受けたぐらい。そして、日本のNPOでは障がい者の自立を促し、コピー機などの修理をしていたのには驚いた」
22552414_10214891257221778_5110973114611427054_n


いろいろなNPOの運営、活動の現場などを視察した。
「私達日本庭園では、2011年の東北大震災のためにチャリティー活動をしていたんですから、そのため、宮城県南三陸町へ行けた経験は貴重なものでした。復興の様子をこの目で見られたので、それを仲間に伝えたいと思うし、特に大山さん宅でホームスティをして畳の生活を体験。そのとき食べた新鮮なタコ料理の味は忘れらない。それから松岡さんが船に乗せてくれて、とれたての生ガキと焼き牡蠣を船でいただいたのはその味に驚く以上に感動にあふれた」
 初めて日本に行き、自分のルーツである沖縄の大宜味村で父親の親戚に初めて対面した。あふれる感情に涙を流さずにはいられなかった。
22405489_10214854153574210_6286014971362312674_n

((沖縄の家族と、上に先祖の写真もあり、大きな家族がよくわかる))
「今まで せつおばあちゃん、やすひろおじいちゃん、やすこお母さん、義理のお母さんだけれども人生の母、はるこお母さんが懐かしそうに話してくれていた美しい青い海を見て、白い砂浜に立って、しばらくたたずんで、今はもうこの世にいない家族がそこにいるのを実感した。私は日系二世だけれども、それがどういう意味を持つのか、そして、それを誇りに思い、これが大きな感情を起こすことを知った」
 日本語は少し理解したし、英語も日常会話で、一か月の滞在では大きな問題はなかった。しかし、
「もっと日本語がわかれば、いろいろ学んだことがさらに理解が深まったし、多くの人と深い話ができたであろう」と残念がった。しかしながら、言葉が正確に全部分からなくても東京でも田舎でも道に迷ったときに、どうにかして教えてあげようとした日本の人々の親切に感銘を受けたそうだ。そして「実は、畳の生活に慣れていなかったので、畳の上で座ったり、さらに寝るのには少し不安であったし、あまり具合がいいものではなかった。しかしきっと毎日やれば慣れるものでしょう(笑)それから、仕事帰りで酔っ払っている人が電車に乗っているのには躊躇した」と本音ももらした。
11145123_10207174489910967_5458835864199125424_o
 
((アルゼンチンのテレビで、七夕についてインタビューを受ける宮城セルヒオさん))
 23年間、日系団体で働き、10年以上前から日系団体で広報の責任者の仕事をして、日本はすごい、日本人はすごい、日本文化は素晴らしいと人々に伝えているが、改めて、日本の安全なことを知り、そして、教育、組織、団体としての行動などをこの目で見られて、想像以上の驚きを得た。おかげでこの背景知識をもち、これからアルゼンチンの人々に同じことでもしっかりと伝えることがこれから可能になるだろう。そしてもっと将来、自分でも日本とアルゼンチンをつなぐNPOを発展させたい」と感動に続く、抱負を語った。
「日本に行く前とその後では、私の人生は全く違ったものになりました。この機会を与えてくれたJICAに感謝し、この学んだことを多くの人と享受したい」と大変前向きないつもエネルギッシュな
宮城セルヒオ(みやぎせるひお)さん! これからも応援しています。  TOMOKO

ブエノスアイレス日本庭園は2016年11月日本政府のフェイスブックで紹介された。
https://www.facebook.com/JapanGov/photos/p.1207142509342879/1207142509342879/?type=3&theater
2016年安倍首相夫人とマウリシオマクリ大統領夫人のフリアナアワダ氏の会談の場所ともなった。

こちらは日本庭園についての拙稿。
http://www.e384.com/imadoki/26argentine/argentine_06.html

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





tomokoar at 01:46|この記事のURLComments(0)

2017年11月23日

11月23日マルボタナ番組で小宮山シェフの日本紹介に福嶌大使出演

23844446_1590803804347708_2475288405253155618_n


明日11月23日(木)午前10時15分から正午まで放送の America TVの
"Cocinando para vos" (あなたのために料理して)というアルゼンチンの有名なママシェフ 
マルボタナの番組に小宮山巌(こみやまいわお)
シェフが日本食紹介に登場!
(マル ボタナについては以下の記事を参照してください。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2015/05/_cafe_en_maru_botana.html

さらに、在アルゼンチン日本国福嶌大使も10時半ごろからご出演の予定です。
なお、小宮山氏は、2017年2月日本の農林水産省から日本食普及のび親善大使として任命されました。
23843217_1590803671014388_6836201083829178883_n


23755409_1590803754347713_675766626944063859_n




先日の大使館のレセプションではその場で握り寿司の実演、そして食べられるということで大変な人気でした。またアルゼンチンの方、近年お寿司がポピュラーになり、また以前からの小宮山巌氏のテレビや本、そして料理学校での教授の貢献でもあります! 


テレビのチャンネルは以下のとおりですが、オンラインでも見られます。
http://www.americatv.com.ar/vivo

アルゼンチンの番組は結構インターネット配信されています。

Manana El dia 23/11 a ver Maru Botana "Cocinando para vos" America TV (de 1015 a 1200) Iwao Komiyama Embajador de Arte Culinario Japones presentara cocina japonesa junto al Embajador del Japon Sr. Fukushima (a eso de las 1030)

En vivo!    
http://www.americatv.com.ar/vivo

Cablevision:
Canal 9 (Analogico/Digital)
Canal 609 (HD)
DirecTV:
Canal 120 (SD)
Canal 1120 (HD)
Telecentro:
Canal 13 (Analogico)
Canal 15 (Digital)
Canal 1005 (HD)
Para su referencia mi nota sobre Maru Botana y las direcciones de sus confiterias riquisimas!
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2015/05/_cafe_en_maru_botana.html


## 後ほど連絡があり、こちらは番組の変更により延期になり、後ほど再度、放送日が発表されるそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


tomokoar at 03:33|この記事のURLComments(0)

2017年11月18日

NIPPONMANIA2018日亜学院のニッポンマニア(11月19日)

23559420_1613644278695852_5412396056970874181_n


日亜学院でニッポンマニア2018が来る11月19日(日)開催されます。
入場料は当日券が70ペソ。事前購入すれば50ペソです。
同学院にて購入することができます。
住所はPRINGLES268にて。午前11時から午後6時まで。
日本文化展示。デモストレーション、模擬店など、いろいろな日本文化、芸術、音楽好きのアルゼンチン人にとってはとても楽しみにしている祭典です。
なお、PRINGLES通りを閉鎖しての通りは入場料はありません。しかしながら、メインのイベントは学校内で展開されます。
スペイン語での説明は以下のとおりです。

★Nippon Mania 2017 - Yoroshiku Japon★
➖ Mega Evento de Cultura Japonesa ➖

●Exposiciones ●Espectaculos ●Workshops (talleres participativos)
●Charlas sobre Becas a Japon ●Clases demostrativas de Comida Japonesa
●Sesiones de Digitopuntura, Reflexologia y Reiki
●Stands de Productos Japoneses ●Variedad de Comida Japonesa

▪Entrada: $70 en puerta el dia del Evento
▪Anticipadas: $50 en venta en la Administracion del Colegio
▪Pringles 268 de Lun. a Vier. de 8 a 13 y de 14 a 17 hs.

NO se suspende por lluvias
Organizado por el Instituto Privado Argentino-Japones "Nichia Gakuin"
Pringles 268 - Capital Federal / www.nichiagakuin.edu.ar

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





tomokoar at 11:48|この記事のURLComments(0)

2017年11月10日

Nuevas Miradas del Japon2017アルゼンチン人による日本文化芸術展示会(11/9から11/26)




11月9日(木)在アルゼンチン日本大使館広報文化センター主催のNuevas Miradas del Japon 日本の新しい視点と題し、
年次展覧会がブエノスアイレス市中心街セントロ地区のボルヘス文化センターで行われます。

これは、毎年、日本文化をベースとして様々な視点から芸術表現をアルゼンチン人に行ってもらい、また日本文化、芸術のアルゼンチン社会に浸透を図るもので、広く一般公募するものです。

在アルゼンチン日本大使館広報文化センターは、若い新進の芸術家や研究者への発表の機会を提供し、その視点をアルゼンチン社会へ紹介し、さらに日本文化の美を広く知らしめるのに貢献したいと
いう目的で行っています。

11月9日午後7時からそのオープニングイベントがボルヘス文化センターで開催されます。
ボルヘス文化センターの所在地はこちらです。
Centro Cultural Borges   SALA26
Viamonte 525, Buenos Aires
なお、本日以降毎日11月26日まで 
午前10時から午後9時まで開場しています。入場無料です。
なお、日曜日は正午から午後9時までです。

ただ、フロリダ通りとコルドバ通りのショッピングセンターGalerias Pacificosガレリアス パシフィコス文化センターの2階、3階奥がボルヘス文化センターになっています。という方がわかりやすいかもしれません。ショッピングセンターからですと 1PISO (日本的には二階)のところで通路が接続されています。
もしくはそのままVIAMONTE通りから入ると、長いエスカレーターがあり一つ目にインフォーメーションがあり、その右手を上がるとボルヘス文化センターの中心になります。
昨年はそのさらに上に階段を言ったところが会場でした。
今年はSALA26というところです。

23244082_1599305126815176_8275895870843548713_n

いろいろな芸術家の紹介があります
例えば
フリエタ ヒテルマン「金属の森」はコンテンポラリー墨絵と題し、
暖かい感触の紙の代わりに冷たいアルミニウムを使い、墨がその金属を森に変えます。
アルミが景観に代わる訳です。アルミ素材を使うのは新しいチャレンジであり、
和紙と同様、直しのきかない「金属の森」を描きだします。
((これ、作品を見ていないので、そのまま 森、と訳していますが、時々 森ではなく、山のような意味でBOSQUEを使うこともありますし、森まで行かない茂みなこともあります))

Julieta Jiterman
“Bosque de metal” / Sumi-e contemporaneo

Sustituyendo el papel por aluminio...
De pronto el calido papel, se convierte en un frio metal.
La tinta transforma el metal en un bosque.
Transformando el aluminio en paisaje...
El aluminio genera nuevos desafios, al igual que el papel de arroz,
tampoco permite correccion, dando origen "BOSQUES DE METAL".


そしてほかにも以下の方々が作品を発表します。
🔴 Maria Florencia Kaneshiro. Noche en el Bosque - Urushi
🔴 Julieta Jiterman, Bosque de metal - Sumi-e contemporaneo
🔴 Carina Gulio, Eterno instante - Sumi-e
🔴 Giacomina Penette, Suminagashi, sutil gesto del agua



こちらのボルヘス文化センターで
2008年は日亜修好100周年記念の日本芸術祭 FESTIVAL DE ARTE JAPONESを開催コーディネートいたしました。こちらにその時の記事と写真が掲載してあります。
http://www.e384.com/imadoki/26argentine/argentine_46.html
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51425896.html
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51436730.html


アルゼンチンの方のためにスペイン語版も掲載しておきます。お友達、ご家族と観覧に訪れるのも楽しいでしょう。

El proximo 9 de noviembre te invitamos a disfrutar de una nueva edicion de Nuevas Miradas del Japon, una iniciativa que busca acercar al publico todo tipo de expresiones culturales japonesas a traves de nuevas tendencias y la profundizacion de su desarrollo en la Argentina. Desde el Centro Cultural e Informativo de la Embajada del Japon queremos ofrecer a los jovenes artistas e investigadores un ambito donde expresar y exponer sus conocimientos o sus obras, mediante conferencias o muestras, para que puedan manifestar desde su mirada la amplitud y belleza de la cultura japonesa.

Consulta toda la informacion en el evento:

https://www.facebook.com/events/127924904537159/ y elegi asistire !te esperamos!

こちらに在アルゼンチン日本大使館のフェイスブックのリンクです。
様々な大使館をはじめとするアルゼンチンにおける日本関係イベントの紹介があります。

アルゼンチン人の方々がいかに日本について知識を得、文化や芸術を楽しんでいるかわかります。
またときどき時事の紹介もあり、すべてスペイン語でありますから、日本についてというすでに知識のあることをスペイン語で読むのは勉強にも大変いいことだと思います。
https://www.facebook.com/Emb.jp.ar/

そしてぜひ、周りのアルゼンチンの方を誘ってあげてくださいね!


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



tomokoar at 01:07|この記事のURLComments(0)

2017年11月09日

トレスデフェブレロ市第二回日本文化デー開催(11月11日)

23215696_1462590713789440_2381352928549321419_o


来る2017年11月11日(土)正午から午後7時まで
E.M.A.C URQUIZA 4750 CASEROS (電車のCASEROS駅すぐ)にて
トレスデフェブレロ市第二回日本文化デーが開催されます。
主催は トレスデフェブレロ市日本友好協会 
後援は トレスデフェブレロ市、在アルゼンチン日本人会

プログラムは以下、日本語とスペイン語で入れておきます。
SUBSECRETARIA DE CULTURA、E.M.A.C URQUIZA 4750 CASEROS 
トレスデフェブレロ市文化会館にて
12 時 合気道デモストレーション クリスティアン デルフィノ先生(三段)
12.45 日本の伝統料理 寿司 大講堂にて
13.30 霊気 チベット民話
14.00 フンダシオンサダコ 
https://www.facebook.com/FUNDACION-SADAKO-137603382954853/ 
平和の折り鶴について ひろしま平和大使 相川知子
14.30  開会式 (関係者、来賓スピーチ)
15 時 武道
16.30  日本のエコロジーについて 日本アルゼンチンエコロジー協会 
新里ウンベルト、ニコラスフローレス
17.15 HS アルカリ水のメリットについて Dr. Carlos Carrier, Dr Eduardo Alberto Gleizer , Dr.Humberto Shinsato
18.30 スワナイバンド音楽 
なお、会期中 霊気のセッション、折り紙教室などが同時に行われます。

CINE OCEAN 会場にて
住所Av La Plata 3530 Santos Lugares
午後3時から6時まで アニメショー

NGOフンダシオンサダコは どこでも((日時会場ロジスティックなど調整が必要ですが))
広島セミナー、平和の折り鶴講座、一般、学生、子供たちのどなたにでも 平和文化教育活動を
行います。また一定時期が合えば サダコ展、日本芸術祭など行います。
また、ピースボランティアしたい!折り紙などを寄付したい!という方々も募集中。
アルゼンチンにいらっしゃる間に活動に参加したり、差し入れや
折り紙を持ってきてくださる方よくいらっしゃいます。また普段はいけない場所へ
行ったり、その機会に一緒になった方とお友達になることも!
そして、アルゼンチンの人々と触れ合ったりするのも一緒に折り鶴を折れば簡単です! 

お問い合わせは
sadakoar@gmail.com



2do JORNADAS JAPONESAS EN TRES DE FEBRERO (SABADO DE 12 A 19HS ) E.M.A.C URQUIZA 4750 CASEROS

PROGRAMA DE ACTIVIDADES
SABADO 11/11. ( 12HS A 19HS)
12 HS EXHIBICION DE AIKIDO Prof CRISTIAN DELFINO 3° DAN
12.45HS COMIDAS TRADICIONAL JAPONESA SUSHI. SALON SUM
13.30HS REIKI . CUENCOS TIBETANOS
14.00 HS FUNDACION SADAKO.GRULLAS DE LA PAZ EMBAJADORA DE LA PAZ DE HIROSHIMA ( LIC. TOMOKO AIKAWA )
14.30 HS ACTO INAGURAL (DISCURSOS DE AUTORIDADES)
15 HS ARTES MARCIALES
16.30 HS CHARLAS SOBRE ECOLOGIA EN JAPON
Disertantes :Dr. Humberto Shinsato y lic. NicolasFlores
17.15 HS CHARLAS BENEFICIOS SOBRE LAS AGUAS ALCALINAS
Disertantes: Dr. Carlos Carrier, Dr Eduardo Alberto Gleizer , Dr.Humberto Shinsato
18.30HS MUSICA POR EL CONJUNTO SUNAWAI
DURANTE TODO EL EVENTO HABRA SECCIONES GRATUITAS EN REIKI, ORIGAMI ,ARTESANIAS JAPONESAS Y TERAPIAS ALTERNATIVAS
Sub Secretaria de cultura
EN EL CINE OCEAN Av La Plata 3530 Santos Lugares
15hs a 18hs show de ANIME’


tomokoar at 00:26|この記事のURLComments(0)

2017年11月06日

誰も守ってくれないNadie que me proteja日本映画上映(11月6日午後2時)

22861531_10155805876728609_8463506580377260983_o



 本日11月6日(月)午後2時からは、
ボルヘス財団
住所 Anchorena 1660
にて在アルゼンチン日本大使館後援の日本映画上映会
今回は 誰も守ってくれない、です。詳細は以下。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%B0%E3%82%82%E5%AE%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84

日本語で上映され、スペイン語字幕になります。お友達や家族とも行けます。
入場無料です。
なお、毎月の上映会ですが、今年はこの11月をもって、終了です。

6 de Noviembre. Finaliza el cicl
o de cine japones en el Museo Borges: Anchorena 1660 detras Hospital Aleman.

CINE LIBRE Y GRATUITO, EN ANCHORENA 1660 Y JUNCAL.


tomokoar at 23:37|この記事のURLComments(0)

2017年10月29日

ラテンアメリカ最大観光展FITに日本が出展!

毎年、FIT FERIA INTERNACIONAL DE TURISMO国際観光フェアには アルゼンチンの各地、周辺の観光関係者が集結して最新ニュース、いろいろなオッファーをいただいたり、ちょうど調べているプロジェクトを具体的に練ったり、いつもお世話になっている地域の皆さんに挨拶したりするので毎年行っています。
22853113_1566974980063924_8865200056866673007_n


22894516_1566974786730610_9048796682926685393_n


22894105_1566971086730980_1571496706686975200_n



おそらく今年初めて、「日本」が参加中です。
22788683_839623069549294_1065074291287503733_n

何しろ比較的お金がないレングアスビバスの私の生徒さえも日本へ観光に行くようになったぐらい日本へアクセスしやすくなったのですね。来年はビビアナさんが2月、そしてアリエル君が4月に行く予定だそうです。
22815368_839623162882618_2517653246896536089_n


 またインターネットの普及で情報も得やすく、まあ、一方で物価高で、家や車も買えないので、旅行というレジャーにアルゼンチン人が目を向け始め、従来のデスティネーションから広がったのでしょうね。
 ということでとてもタイムリーにスタンドができ、同時にどこのスタンドもそれぞれの地域色を出してきます。
22788690_839623376215930_29746412077960962_n


日本的な背景で写真が撮れ、ハッピも着せてもらえたり。。。。

22814031_839623096215958_4192941242104787355_n


お名前をカタカナで書いてもらったり。。。。。 

22885807_839623029549298_956961641710365460_n



皆さん、とても楽しそうです。親日家の育成にもいいし、
明日29日は1630から1715の間の作家の講演会もあるそうです。

22713363_1583811875031168_6329698697473349449_o


22789173_839623119549289_2793120033422820133_n


22852164_839623179549283_1362473860742667099_n



日本のスタンドは赤パビリオン、1753です。
22788789_1566974013397354_4344271581315645881_n

もちろん、ほかの地域のスタンドもたくさん、個人的にはサルタがお勧め、ダンスあり、飲み物、お菓子あり。

22814177_1566974400063982_6859679950674667015_n


22851718_1566974316730657_537970861522680033_n


22852072_1566972370064185_8542821159926587164_n


22894481_1566972586730830_468934481752931263_n


メンドサも結構食べ物でますが、あまり感じがいいとは言えない、サルタはなんたってガウチョの州と言われていますから、おもてなしを重視しています。
またくじ引きもありますよ。
別途ワインの試飲なら、サンラファエルがお勧めです。

22814471_1566971883397567_949249332012750864_n


22894251_1566974756730613_8908030981544803762_n


マテ茶はミシオネスです!

22814110_1566974233397332_1803409628234620967_n



実演で機織りをしたり、音楽ダンスなど、楽しい観光ショーを楽しむイベントです。
またグッズが当たるくじ引きやゲームもあります。

それぞれの地域の美女も登場します(美女だけではなく美男子も。。。)
22853006_1566974826730606_671919497454605857_n


22894466_1566971996730889_1098711976713592988_n



パラグアイ!

22886252_1566971286730960_353105242367126940_n



一般公開は28、29日 15から22時まで観光関係者はゆっくり30、31日10時から19時に行きます。

22886084_1566818700079552_4335282704161221134_n


笑ってこらえての撮影でお世話になったラゴポサダスLago Posadas のマウイさんもいました!


Plaza Italiaイタリア広場からすぐのLA RURALという農牧展示場会場ですが、AV.SARMIENTO 2701という動物園正面の横の大通りからアクセスします。
入場料100ペソです。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


tomokoar at 13:46|この記事のURLComments(0)

2017年10月11日

第二回アルゼンチン日本シンポジウムが10月10日火曜日、午後6時から 国立ブエノスアイレス大学経済学部講堂で開催

tapav01


第二回アルゼンチン日本シンポジウムが10月10日火曜日、午後6時から
国立ブエノスアイレス大学経済学部講堂で開催されます。

主催は在アルゼンチン日本大使館とアルゼンチン日本ビジネスクラブ
後援はブエノスアイレス大学経済学部、JICAアルゼンチン事務所、INTI国立工業技術研究所です。
午後6時から受付開始
午後6時半から開演 
基調講演として
 アルゼンチン日本ビジネスクラブ 吉原ガブリエラ会長
 在アルゼンチン日本大使館 福島大使 
6時40分 
セッション1 二つのビジョン
アルゼンチン産業省 中小企業政策担当官 ダミアン テストリ氏
JICAアルゼンチン事務所   三田村所長
国立工業技術院INT  特別プロジェクトマネージャー マルコス ロドリゲス氏
モデレーター パブロ シンヘルマン( Singerman & Makon コンサルティング)
7時30分
セッション2 企業経験

日本におけるアルゼンチン企業   INDUSTRIAS GUIDI の 工業ディレクター Carlos Pa 氏
         同上      PLANAR - 設立メンバー  DI Lucila Flombau氏
アルゼンチンにおける日本企業  – HONDA の品質エンジニアリング部長Javier D’Uva氏
同上    SONY - アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ代表取締役社長 Armando Mola 氏
モデレーターは  Victor Barrionuevo Mitsuta アルゼンチン日本ビジネスクラブディレクター Wobax CEO)

8時40分  終了予定です。


日時: 2017年10月10日午後6時から8時40分
会場: Av. Cordoba 2122, piso 2 - Salon de Actos de la Facultad de Ciencias Economicas. UBA
国立ブエノスアイレス大学経済学部講堂
入場は無料ですが、ご参加希望者は
maria.martelli@alternativanikkei.com.ar  にご連絡ください。

国内外における中小企業の生産性と達成における影響を与えるため改善、向上を目的としたマネジメントフォーカスについての意見交換とその分析の場とし設けられたシンポ有無。
日本的経営、日本的マネジメントについて学び、知識を共有して、アルゼンチン企業とともに、今後の両国のビジネス交流、発展を促進する目的で、一般に開放しているが特に中小企業経営者に焦点を当てている。2017年今回で2年目、2回目を迎える。


スペイン語の詳細は以下のとおり。




SEGUNDO SIMPOSIO ARGENTINA - JAPON

DOS VISIONES DE MANAGEMENT

Martes 10 de octubre de 2017

Coorganizado por
Embajada de Japon en Argentina - Club de Negocios Argentino Japones

Auspician
Facultad de Ciencias Economicas
Universidad de Buenos Aires
JICA Argentina - Japan International Cooperation Agency
INTI Instituto Nacional de Tecnologia Industrial


18.00 ACREDITACION

18.30 APERTURA

• Club de Negocios Argentino Japones - Dra. Gabriela Yoshihara, Presidente
• Embajador de Japon en Argentina - Emb. Noriteru Fukushima

18.40 SESION 1 – DOS VISIONES

• Ministerio de Produccion de la Nacion - Ing. Damian Testori – Subsecretario de Politica y Gestion de la Pyme
• JICA Argentina (Japan International Cooperation Agency) – Sr. Tatsuhiro Mitamura - Representante Residente en Argentina.
• INTI Instituto Nacional de Tecnologia Industrial – Ing. Marcos Rodriguez - Gerencia de Proyectos Especiales
Moderador: Prof Pablo Singerman (CEO Consultora Singerman & Makon)

19. 30 SESION 2 – EXPERIENCIAS DE EMPRESAS

• Empresa argentina en Japon - INDUSTRIAS GUIDI - Ing. Carlos Pan (Director Industrial)
• Empresa argentina en Japon – PLANAR - DI Lucila Flombaum (Socia fundadora)
• Empresa japonesa en Argentina – HONDA – Ing Javier D’Uva (Gerente Calidad e Ingenieria)
• Empresa japonesa en Argentina – SONY - Sr Armando Mola (Presidente para Argentina, Uruguay y Paraguay)
Moderador: Sr. Victor Barrionuevo Mitsuta (Directivo de Club de Negocios Argentino Japones - CEO de Wobax)

20..40 – CIERRE



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
DATOS GENERALES DEL SIMPOSIO
Fecha: 10 de octubre de 2017
Lugar: Av. Cordoba 2122, piso 2 - Salon de Actos de la Facultad de Ciencias Economicas. UBA
Duracion: de 18.00 hs a 20.40 hs.
Actividad no arancelada con Inscripcion previa: maria.martelli@alternativanikkei.com.ar (Indicar nombre y apellido, nombre del medio y telefono de contacto)

Es un espacio propuesto para el analisis e intercambio de enfoques sobre el management con el objetivo de mejorar aun mas la gestion en las pymes que impactara en la productividad y resultados en el contexto nacional e internacional. Una especial mirada al management y metodos japoneses que se estan implementando en empresas argentinas junto a los testimonios de sus protagonistas.
DIRIGIDO A:

o Empresarios, Pymes, Directivos de los diferentes sectores y profesionales comprometidos en la gestion y productividad de las pymes
o Docentes, investigadores, estudiantes de grado y posgrado, y demas interesados de carreras afines a la tematica propuesta.







http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52172499.html

tomokoar at 03:19|この記事のURLComments(0)

2017年10月02日

第25回日本語スピーチコンテスト開催

22141327_1456095724426002_8857227102549119343_n (1)

 2017年10月1日(日)午前10時より、第25回日本語スピーチコンテストが始まりました。
まずは主催の在亜教育連合会の米須精文会長から挨拶です。25年目を迎えJICA、国際交流基金の支援でこの回があることを振り返られながら、アルゼンチンで日本語学習をがんばる参加者を激励しました。
22049915_1456095831092658_5312918703654076898_n


こちらは発表前の緊張した皆さんです。

22089859_1456095881092653_7403683307480824085_n


こちらも。。。。
22090085_824584804386454_3293513409926089231_n


アルゼンチンの各地からがんばって参加していますが、半数はブエノスアイレスからです。
しかし、特に参加者の中で、ロサリオから来た人たちは夜中のバスで到着して寝ないで
そのままの参加です。多分6時間以上かかってやってきています。おそらく終了後、夕方のバスで帰るんでしょうね。
(写真はロサリオ校のフェルナンダラモス先生です。この先生は中学生のときから教えています。
日系三世になりますが、家庭よりもむしろJICA海外開発青年の教え子で、その後日本へJICA研修に行き、どんどん力をつけていき、今ではロサリオではなくてはならない存在です。JICAボランティアの歴史も30年ですが、こういうところで実を結んでいるのを見るのは素晴らしいと思います。)

22141279_824584864386448_8055178335177381806_n



こちらがプログラムです。

22089504_1456095967759311_2132386901884203042_n


うちの生徒のフロレンシアさんは4番、ミカエラさんは15番ですが途中欠席などがあり、早く進みます。

22050058_1456096057759302_2680946284177805779_n


審査員の先生方です。
大使館からは領事、日本人学校の先生、そしてJICA所長、シニアボランティア、ジュニアボランティアと続きます。甲乙つけがたいときもありますし、正直この日系学生センターの講堂の音響はよくありませんので苦労されること必須です。


22050119_824584764386458_5469438676394963536_n


CEUAN 2017年。そしてこの建物ももうすぐ、25年たつのですね!


22046854_1456112654424309_5097854150970197340_n

司会の先生も大変です。アルゼンチン人の名前、カタカナで読みにくいです。。。


22196139_1456108041091437_8844021192240017841_n


22096037_1456137191088522_1246131379668562654_o



22050064_824559401055661_8384428745706352855_n


22046826_824559297722338_7578799346021356887_n


私の予想では、この日亜学院の中国系の青年が最優秀賞ですね!と、皆さんいろいろ考えながら聞くのも楽しいです。

22089885_824559281055673_2810903184524965310_n


コンクールなので優越はつきますけれども、もちろん、そして勝たないよりは勝った方がそれはいいのですが、どちらにしてもですね。

22051229_1455563627812545_8601660128012584363_o (1)


語学の勉強は実は自分との闘いです。この間より今できればいいのです。
右のフロレンシアは三分半、なかなかそのまま続けて読めなかったのです。
緊張してしまいつっかえて、どこからだったか、忘れていました。
しかしながら、間違えてもつっかえてもそのまま続けて終わらせなさい、と言っておきましたら、
なんと、今日は4分かかっちゃいましたが、ほぼそのまま読み続けることができました!
ミカエラはどうしても最後のイントネーションがスペイン語的なのがなおらなくて努力はしていたんですが、それからときどき、ろ を る と勘違いしてしまったり。。。。
しかし彼女はきちんとしたできる子で、自分のコントロールもよかったのでそつなく参加もできました。でもやはりいつもより声が小さかったのは緊張していたのでしょう。。。。でももちろん上手に感情をこめて比較的きれいな発音で読むことができました。
どちらにしても、フロレンシアは今年の4月に初めて ひらがなを見て、こんにちは、から練習、ミカエラも、去年始めましたが、8月ぐらいに仕事で続けることができず、11月までの一年分終了できずに今年再度の挑戦です。

そして彼女たちが頑張る姿を見て、励まされるほかの生徒たち、フェイスブックで応援していました。なんとガードマンやバーテンの仕事をしていると、日曜日の朝というのは参加できないんです。
またほかに日曜日はおばあちゃんの家に行くと決まっているんです、先生ごめんなさいという生徒も。それからやはり仕事以外でバス代を使えないという人もいますし、それぞれの事情がいっぱいつかった日本語クラスにそしてこのコンクールです。

特にレングアスビバスは公教育機関で、月謝も無料です。。。
その辺も皆さんのあまり負担にならないように
マクドナルドやショッピングセンターのフードコートで集まり、お茶代などの費用がかからないよう工夫しました。

結果はまた後程!

こちらに写真、ビデオ各種載せています!

https://www.facebook.com/CULTURAJAPONESAENESPANOL/?modal=followers¬if_id=1506875806710982¬if_t=page_follow

アルゼンチン親日家が大集合したスピーチコンクール、日本はこんなにたくさんアルゼンチン人の友達がいる、ということだと米須会長も最初におっしゃっていました。
アルゼンチン人でもっともっと日本語や日本文化が大好きな人大切にしたいですね。






tomokoar at 02:31|この記事のURLComments(0)

2017年10月01日

MURASAKIcomedor escondido en Florida971フロリダ通りの日本食食堂MURASAKI

 ブエノスアイレスに旅して必ず行く歩行者天国フロリダFLORIDA通り、その道が終わり、サンマルティン公園のあるサンタ・フェ通りの近く Galeria Larreta (FLORIDA971)というギャラリー(建物の中に入って、いろいろな店舗がある作りになっているところ)の中にMURASAKIはあります。営業時間は12 時から19時で途中閉まりません。(月から金)
DSC_0033



 自分で握りずしを選べるシステムも簡単ですし、短い時間のお昼時間を効率よくという日本人的アイデアですね。
DSC_0032




 前菜に餃子もおいしいんです。
DSC_0028



 ここで私はときどきラーメンをいただきます。日本食は一般的に高いのですが、ここのラーメンは10ドル程度で安くそして田舎の親戚のおばさんが手作りで作ったおつゆでいただけます。
実際シェフは、家庭料理を家族で提供することにして店を作ったという、日系の女性です。

DSC_0029


これは味噌ラーメン。

DSC_0030


焼きそば

DSC_0031


これは照り焼きチキン

 日本から来た旅行者の人にはあまり向かないかもしれませんが、お肉ばかりで疲れた胃にもいいでしょうし、こちらに長年住んでいるとこれぐらいでいいかなーという感じのお味ですが、お値段も財布にやさしいので両方のパフォーマンスバランスとれているし、アルゼンチン人に紹介しても なんちゃって日本食レストランというわけではなく ほどほど感が好きです。そりゃーおいしくてもこの二倍、三倍の値段だと考えちゃいますからね。なお、ランチ時間には麺類以外はワンドリンク付けてくれます。メニューによりますので確認ください。
 街で手続きなどをするときにはわざわざ!家族でぞろぞろ行って楽しみます。(アルゼンチンの中学校は午前中で授業が終わります)と、言ったら実はブログに写真を載せるためがんばって協力しているんだそうです。

 

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 







tomokoar at 08:44|この記事のURLComments(0)

2017年09月29日

Certamen de Oratoria de Idioma Japones 2017 (1 de octubre) 日本語スピーチコンテスト2017は10月1日午前10時から

20046310_1384785434890365_2499421746507209927_n


 来る10月1日(日)午前10時から、アルゼンチン日本語スピーチコンテスト2017が開催されます。
アルゼンチン人の皆さんが日ごろ勉強している成果を口頭で発表する機会です。
在アルゼンチン教育連合会主催で、Centro Estudiantil Argentino Japones (Charcas5157) で行われます。レングアスビバスの生徒も参加しますのでよかったらぜひ応援に来てください!
((Lenguas Vivas Curso de Japones レングアスビバスの日本語講座についての詳細はこちらから))https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/10/post_224.html

なお、スピーチコンテストは最初は朗読のカテゴリーになり、あらかじめ練習したテキストを読みます。
 うちの生徒はNIVEL1という今年4月にこんにちは、やひらがなから始めた生徒です。その後、それぞれのアルゼンチン人日本語学習者が自分で考えたスピーチがあります。それぞれのアイデアでとても楽しいです。

 お昼休みをはさみ(ここが審査会になりますね)その後、審査発表で表彰されます。

19731803_1377216648980577_5851950519752989143_n


19665647_1377218532313722_4344309767933512371_n


19665167_1377216708980571_281262938110991562_n




記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





tomokoar at 08:48|この記事のURLComments(0)

2017年09月25日

NUEVA CASA JAPONES los lunes cerrado!日本食店は9月から月曜定休

13173739_551575015020769_2894517598817237610_n


アルゼンチンの日本食店NUEVA CASA JAPONESA(ヌエバ カサ ハポネッサ)は、定休日が変わりました。2017年9月から月曜日定休。ということで日曜日は開いています!
実は先週の月曜日行ってしまいましたが、多くの人々がシャッターが閉まっている店の前でうろうろしていました。要注意です!

13177153_551574941687443_7601350731631718520_n


本当に何でもそろいます! ただし、お値段は日本の三倍ぐらいです。
上記 寿司海苔はだいたい10ドルぐらいで、上質なわけではないですが、仕方ありません。

13166104_551574955020775_4755889384971949239_n


日本的野菜、ネギ、大根、キュウリ、ナスも売っています。ときどき白菜やゴーヤなども。このようなこちら農産品は比較的安いです。
おとうふも、納豆もアルゼンチン製があります。日系の方が作っています。一部お漬物なども。。。
それからときどき海苔巻きセット、お餅、あん入り餅、そしてどら焼きやお饅頭もあります。。。

13179033_551574925020778_365687985274463552_n


13177734_551574918354112_3174593202957009475_n


缶入りドリンクなどもあり、練り製品もあります。。。。
食器類、水筒、炊飯器など感動ものです。
日本の値段を知っていれば高く思いますが、アルゼンチンのまあまあいい製品は何でも高いので
それを考えるといい品質が確実にわかっていれば高くない、と感じることもあります(笑)例えば、100円均一で売っているものが5ドルから10ドルですけれども、アルゼンチン一般で売っていて同じ値段か、それ以上で、品質はうーん。CASAJAPONESAのものは日本からの輸入ですからやはりこちらがいいと思います。
チョコパイもHAVANAのアルファフォールに比べたらお得です。
ただ、私はエンゼルパイの方が懐かしいから食べたいですけれどもね。
レストランもおすすめです。
21390497_10214294855314842_568505326_o
21441222_10214294855434845_1314995502_o



時間帯
スーパーコーナー1階奥
火曜日から土曜日は午前9時から午後7時半。
日曜日は午前10時から午後7時まで。
21766836_1536871809740908_6586960593645679031_n


Chaashuu Raamenチャシューラーメン ((チャーシューメンだと思います。あくまでもアルゼンチンで、ですがおいしいです))

21768009_1536871806407575_7651835914191938521_n

Ebifurai エビフライ ((これは冷凍物が下のスーパーで売っています))三本でした(過去形)

21687938_1536871776407578_7941886663702640865_n


Unagi don

私は確実なうな丼(ってうな重みたいですが) これは日本からの輸入品をあたためて
おいしいコメトーさんご飯の上にかけているだけですから確実においしいです。
こちらは確か200か、今は250ペソかもしれませんがこのお値段で日本のものは
ありえませんでしたので、
大満足。

レストラン2階
火曜日から日曜日 正午から午後4時半。
平均10から15ドルでラーメン、うどんなどの一品料理が食べられます。
寿司バー1階は、
土曜日のみ 12時から午後4時まで
以前の遊亀の板前さんですからおいしいですよ。そしてお値段はCASA JAPONESA価格なのがうれしいです。

Nueva CASA JAPONESA
住所 Humberto Primero 2357  (道と同名の地下鉄の駅H線近くです)
CAPITAL
https://www.facebook.com/nuevacasajaponesa/
HORARIOS
SALON DE VENTAS
Martes a Sabado 9.00 a 19.30 hs
Domingo 10.00 a 19.00 hs
RESTAURANT (primer piso)
Martes a Domingo 12.00 a 16.30 hs
SUSHIBAR
Sabado 12 a 16 hs.

ちなみにこの道の名前が不思議で、人によって、
HUMBERTO PRIMOか、HUMBERTO PRIMERO
といいますが、同じ道です。
実はPRIMOはイタリア語らしいです。


tomokoar at 03:32|この記事のURLComments(0)

2017年09月20日

在アルゼンチン日本人会にて日本映画上映会9月22日、10月20日、11月10日

来る9月22日、10月20日、11月10日
Asociacion Japonesa en la Argentina (AJA) アッハこと在アルゼンチン日本人会
(住所 Av. Independencia 742)にて日本映画上映会が行われます。映画は日本語ですが、字幕がスペイン語です。入場無料です。以下詳細をご覧ください。スペイン語版もありますので、ぜひアルゼンチンの方とお誘いあわせの上いくと楽しいと思います。


・9月22日(金)19 : 30分 (於 : AJA会館、Av. Independencia 742, CABA)
  「カッパの三平」(Sanpei ``el kappa`` -Un duende de rio)(平田史靖監督、1992年、90分、アニメ)
    ★妖怪漫画の大御所・水木しげるの原作『河童の三平』を長編アニメ映画化。脚本は同じ水木原作のTVアニメ版「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズも手がけている雪室俊一が担当した。おじいさんの十兵衛と山奥で暮らしている少年・三平。彼は来たる水泳大会にそなえ、川でこっそりと泳ぎの練習に励んでいた。学校でカッパと呼ばれている三平だったが、泳ぎに関してはまったくダメで急流にのみこまれてしまう。そんな三平が意識を取り戻すや、なんとそこはカッパの世界。カッパのガタローと仲良しになった三平は彼を連れて人間の世界へ戻る。二人は行方不明の三平のお母さんを探すため、妖怪たちが潜むという鬼首岳へ向かうが。(「allcinema」ホームページより)

・10月20日(金)19 : 30分
  「言の葉の庭」(El jardin de las palabras)(新海誠監督、2013年、46分、アニメ)
    ★『秒速5センチメートル』など、繊細なドラマと映像美で国内外から人気を集めるアニメーション作家・新海誠監督が、初めて現代の東京を舞台に描く恋の物語。スタッフにはこれまでの新海作品とは異なる新たな顔ぶれがそろう。 靴職人を目指す高校生・タカオ(声:入野自由)は、雨が降ると学校をさぼり、庭園でスケッチを描いていた。ある日、年上の女性・ユキノ(声:花澤香菜)と出会い、雨の日だけの逢瀬を重ね心を通わせていくが…。(国際交流基金ホームページより)

・11月10日(金)19 : 30分
  「書道ガールズ! わたしたちの甲子園」(Las chicas de Shodo!)(猪股隆一監督、2010年、120分)(主演〜成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ)
    ★町興しのために、“書道パフォーマンス甲子園”と題したイベントを開いた愛媛県の高校生の実話に基づく青春ガールズムービー。書道に青春を懸ける女子高生たちの奮闘をさわやかに描く。愛媛県四国中央市は紙の生産高では日本一。だが不況の影響で商店街は閑散としており、高校の書道部部長である里子(成海璃子)も心を痛めていた。そんなある日、里子は臨時教師の池澤(金子ノブアキ)が、音楽に合わせて伸び伸びと大筆を操る姿に衝撃を受ける。(国際交流基金ホームページより)

  Proyeccion de PELICULAS JAPONESAS
en la sede de la Asociacion Japonesa en la Argentina (AJA),
Av. Independencia 742, CABA.
★Viernes 22 de SEPTIEMBRE, 19.30hs.
SANPEI ´EL KAPPA´ -UN DUENDE DE RIO- (Titulo original: kappa no Sanpei) (1993, 90 min., dibujo animado, DVD)
Realizacion cinematografica de la serie popular del dibujo animado fantasmagorico de Shigeru Mizuki, maestro del genero. Sanpei es un nino y vive en el campo con su abuelo. Su companero de escuela lo llama ´duende de rio´ por su apariencia, pero en realidad, Sanpei nunca fue buen nadador. Un dia cuando practicaba furtivamente en el rio para la competencia de natacion, quedo atrapado en la corriente fangosa. Al recuperar el conocimiento, se da cuenta que se encuentra en la tierra de los duendes. Sanpei se hace amigo de Gataro, de apariencia muy parecida a Sanpei, y juntos deciden irse del lugar para volver al pueblo natal de Sanpei. Luego, cuando los dos descubren las pistas de la desaparecida madre de Sanpei, emprenden el viaje rumbo al temido Monte Cabeza del Diablo. Dirigido por Toshio HIRATA.
★Viernes 20 de OCTUBRE, 19.30hs.
EL JARDIN DE LAS PALABRAS (Titulo original: Koto no Ha no Niwa) (2013, 46 min., dibujo animado, DVD)
Takao se entrena para ser zapatero. Pero los dias de la lluvia, falta a la escuela y se dirige a un jardin del estilo tradicional japones para hacer bosquejos. Un dia Takao se encuentra con una misteriosa muchacha, Yukino, en el jardin. Desde entonces, sin acordar ni la hora ni el dia, Takao y Yukino, una y otra vez, se juntan en el mismo jardin, pero solo los dias de la lluvia. Dirigido por Makoto SHINKAI. Entrada libre y gratuita
Reservas : 4300-1182 e-mail : asocjaponesa@yahoo.com.ar
Organizan : Centro Cultural e Informativo de la Embajada del Japon y Asociacion Japonesa en la Argentina(AJA)

★Viernes 10 de NOVIEMBRE, 19.30hs.
!LAS CHICAS DE SHODO! (Titulo original: Shodoo Girls ! Watashi-tachi no Kooshien) (2010, 120 min., DVD)
Este film transcurre en una ciudad de Prefectura de Ehime, situada en la isla de Shikoku, que cuenta con la mayor produccion de papel de Japon. Un club estudiantil de caligrafia esta a punto de desintegrarse por la misma inactividad que azota a la ciudad. Ante tales circunstancias, surge la idea de hacer una performance de caligrafia, la cual pronto tomara fuerza y eventualmente se transformara en un gran evento para revitalizar a toda la ciudad. Dirigido por Ryuichi INOMATA, con la actuacion de Riko NARUMI y Nobuaki KANEKO.


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


tomokoar at 14:36|この記事のURLComments(0)

2017年09月03日

「杉原千畝 スギハラチウネ」Cine Japones Sugihara -Persona Non Grata en AMIAで上映(9/12) 

Flyer-a4
 
来る9月12日「杉原千畝 スギハラチウネ」(2015年製作)、
スペイン語題はPersona Non Grata がAMIAにて上映(9/12) されます。
日時は2017年9月12日午後7時から
住所は AMIA、Pasteur 633 (Primer Subsuelo 地下一階)
 主役の杉原氏は唐沢寿明が演じていて、基本、日本語でそのまま上映され、英語の字幕付きですから日本映画が無料で楽しめます。(ただし、会場収容人数以上になりますと先着順になると思います,
また公的施設なのでアルゼンチンの身分証明書、またはパスポートを携行したほうがいいでしょう)
 杉原千畝とは第二次世界大戦中、ユダヤ人がナチスからの迫害に逃れることができるよう独断で日本ビザを発行し、約6,000人ののユダヤ人を救った在リトアニア領事で、その杉原千畝の生涯を描いた
作品です。
 Persona Non Grata ペルソナ ノン グラタとはラテン語ですがスペイン語でもそのまま分かります。直訳で「好ましくない人物」という意味。外交上このままの用語で使用されており、最初、杉原氏はソ連への赴任の際、ペルソナ ノン グラタというカテゴリーで入国拒否をされ、その結果、最終的にはリトアニア赴任になり、このきっかけで「人道的な偉業」、しかしながら、国家的にはビザ発給が制限されているのに独断で行ったという任務的には外れたことをしていますが、近年このような形で評価されていますし、国際的ユダヤ系社会では「英雄」「恩人」として扱われているようです。そしてペルソナノングラタ「好ましくない人物」では結果的になかったわけですね。
 ですから、後世にも語り継ぐべきストーリーとしてAMIA(アミア)というアルゼンチンのユダヤ系イスラエル共済会 Asociacion Mutual Israelita Argentina (AMIA) での上映という運びになったのでしょう。
 ユダヤ系の人々は当地アルゼンチンで比較的多く、特に商業、そしてメディアの関係者もしくはオーナーはユダヤ系であることが多いです。だいたい苗字の特徴で分かります。個人差で多少はあれ、比較的伝統料理、宗教、装束などを保っていますし、主観的に申し上げますが、仁義を重んじることが多いので、日本人に近い感覚で付き合いやすいときもあれば、やはり宗教や習慣の違いから難しいときもあり、これもまた日本人に似ていると個人的に思います。
 レングアスビバスでの日本語講座が1992年から日本政府の語学施設無償供与がきっかけで開講されましたが、実は同じ年、開講の目前の3月に150m先のイスラエル大使館が爆破され、建物奥行きがその正面側だったため、反対側から被害を受けしばらく学校が閉校しました。その後1994年7月18日、このAMIA共済会が被害を受け 多くの死傷者をだしたという歴史的背景があります。



 
記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



tomokoar at 01:40|この記事のURLComments(0)

2017年08月26日

Dr. Shujiro Urata浦田 秀次郎先生アルゼンチン講演"La recuperacion economica de Japon y la integracion regional en Asia-Pacifico: implicancias para America Latina en Univ. la Matanza(25/08)

 浦田 秀次郎先生の講演会が CARIと略される国際関係カウンシルで去る8月24日午前10時から11時まで行われました。
20993923_1510337015727721_6800737979781635281_n


演題は「日本経済復興、アジア太平洋における地域統合、ラテンアメリカのための含意的課題」
"La recuperacion economica de Japon y la integracion regional en Asia-Pacifico: implicancias para America Latina
スタフォード大学経済博士ご出身で英語講演、スペイン語通訳付でした。
 日本の現状として人口が減少の一途を取り、日本経済にとって外資による投資は必須であり、日本における現在のアベノミクスの政治経済的戦略を説明、特にアジア太平洋における国際経済関係の専門家ですから、そこからなる日本を中心に世界のグローバルサプライチェーンネットワーク、TTPをめぐる日本の段階的戦略について言及し、この多様化を説明、分析、そして、農業分野などの貿易バランスに関して日本が自由貿易を助長させたいのならそこを改善すべきだという指摘もありました。

21078506_1510337019061054_7701203362359089165_n


そのため、通常のエコノミストの説明が中心の講演会とは一線を書き、アルゼンチンがそれではこの日本経済の波に入り成長することができるようにするにはどんな可能性があるのか、という私の疑問を講演会の中で学術的に紐を解いてくださいました。

基本的にはやはりアルゼンチンと日本は補完的な役割にあるべきでしょう。
しかしながら、その前に大きな問題点としては日本からメリットがあるようアルゼンチンは盛り立てなければならないし日本から魅力があるように成長すべきであり、それは制度としてそして実行可能である規制と、そして理想的な規制を制定し、今までの将来が常に描きにくいアルゼンチン経済から脱却し、多少は展望が得られるような状態に、それは人的にも物質的にもそしてインフラ的にも対処すべきではないかと思います。
 ちょうどフロアからの質問がありました。
20992977_1510337022394387_5217011678215133485_n


それも国際経済専門のカルロス モネタCARLOS MONETA先生でした。昨年
中国とアルゼンチン経済の関係の書籍を出版されました。
14469539_1164804493614310_1656127282122836530_n


((私の大学院での先生でもあります、そして実は詩人です!))

14469585_1164804380280988_7905428800542089116_n


ODAになりまして、その辺はあまり言及されませんでしたが、
現在の文部科学省による留学生のみならず、JICAを中心とした人造り計画は長い長いスパンに入っていますが、ボランティアを送って30年のJICAの根が少しずつ各地で伸び、それが花開いてきているのはそれは継続的援助だけではなく、そしてグローバル経済の影響だけではなく、

またアルゼンチン自体の政治、経済的状況が変わってきているだけではなくそれにより人々の心構えが変化しているのではないかと感じます。

さらに学術研究、そしてシンクタンクの役割の重要性にも言及されました!
がんばりましょう!

浦田先生の早稲田大学のプロフィール(日本語)
https://www.waseda.jp/gsaps/about/faculty/urata-shujiro/

本日8月25日午後7時から ラマタンサ大学で、ブエノスアイレス州のサンフスト市の大講堂で講演会です。これは予約など要りませんし、入場自由無料なので、もしご興味がある方はぜひ足を運ぶ価値ありです! 
✅ 25 de agosto, 19 hs, en el Auditorio grande de la Universidad Nacional de La Matanza, Florencio Varela 1903, San Justo. No requiere inscripcion previa.


Por primera vez nos visita el especialista Shujiro Urata, Doctor en Economia de la Universidad de Stanford y actual docente de la Universidad de Waseda, para compartir su perspectiva sobre como Japon se convirtio en region abierta a la economia mundial en la conferencia "La recuperacion economica de Japon y la integracion regional en Asia-Pacifico: implicancias para America Latina"

Perfil del Dr. Urata de la Univ. Waseda en ingeles
http://web.waseda.jp/gsaps/en/about/faculty/urata-shujiro/


20900666_1523492811063075_859224958404300751_o


こちらは在アルゼンチン日本大使館のフェイスブックです。このようなイベントなどの告知もあり日本人も参加可能。また逆に日本に興味のあるアルゼンチン人に出会えるチャンスでもあります。
そしてスペイン語で日本のことをいろいろ説明しているのでスペイン語と逆に新たな日本発見になりますよ。
https://www.facebook.com/Emb.jp.ar/?hc_ref=ARR9lcztSHn6uh2jFcIq6dAIyLQcSd4xKtBARjqItTM2TAqtBoMTHprtDzKSUQaXXWc&fref=nf&pnref=story


24 de agosto, 10 hs, Consejo Argentino para las Relaciones Institucionales. Es necesario confirmar a agenda@cari.org.ar, Uruguay 1037, piso 1o, CABA.

✅ 24 de agosto, 19 hs, Salon Borda de la Facultad de Ciencias Juridicas, Callao 660. Cupos limitadas, se requiere inscripcion previa a: francesca.baccanelli@usal.edu.ar

✅ 25 de agosto, 19 hs, en el Auditorio grande de la Universidad Nacional de La Matanza, Florencio Varela 1903, San Justo. No requiere inscripcion previa.

tomokoar at 02:00|この記事のURLComments(0)

2017年08月01日

SHOW ORIENTANGO / オリエンタンゴ ショー 06 de AGOSTO / 8月6日(日) TACONEANDO 19hs (Balcarce 725)

アルゼンチンに来て10年のバイオリニスト増田香織さんから以下コンサートのお知らせです。
広島の原爆投下日8月6日ということで広島のためのタンゴもあるそうです。

広島では8月6日の午前8時(アルゼンチン時間では8月5日午後8時)に平和記念式典があります。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1347936740512/index.html
なお、7時50分からライブ中継をこちらのサイトからご覧いただけます。http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1500515643655/index.html
(わたしはどこかにいるでしょう)

合わせて、こちらのタンゴショーも よろしくお願いします。
サンテルモ地区で有名なタコネアンドに
一度足を運ぶいい機会です。((ただ、お独りではなくグループ行動をお勧めします))
このように日本とアルゼンチンの人々の理解と友好関係がつながり、
こんな地球の反対側に住む人々が合作でコンサートをやりとげるには楽しいことだけではなく大変なことも多かったでしょう。このような相互理解が
世界の平和の一歩となるでしょう。         広島市特任ひろしま平和大使 相川知子

私事ですが、8月6日(日)に、タンゲリ−ア「TACONEANDO」19時〜で、アルゼンチンに来て10年目の記念コンサートをすることになりました。
「さくら さくら」をタンゴにアレンジしたり、その他いろいろゲストも来てくださいます。 
もちろん、8月6日は、広島の原爆記念日ですので、HirosimaのためのTangoも弾きます。また、広島からのダンサーも参加します。
お時間が取れますようなら、是非いらしてください。
Kaori (violin)

SHOW ORIENTANGO / オリエンタンゴ ショー
DOMINGO 06 de AGOSTO 2017 / 2017年8月6日(日)
en TACONEANDO 19hs (Balcarce 725) / 場所 タコネアンド 19時 (バルカルセ 725)
Tel: 4307-6696
ENTRADA LIBRE (Consumicion obligatorio) / 入場無料 (1オーダー制)


orquesta  OSCAR GONZALEZ (bandoneon) / オスカル ゴンザレス(バンドネオン)
オーケストラ  JUAN PABLO GALLARDO (piano) / ファン パブロ ガジャルド (ピアノ)
 KAORI MASUDA (violin) / 増田 香織(ヴィオリン)
 KAREN SANO (contrabajo) / 佐野 かれん(コントラバス)

cantantes  FERNANDO RODAS y ALICIA GONZALEZ / フェルナンド ロダス・アリシア ゴンザレス 
歌手

bailarines  VIVIANA y GABRIEL BORDON / ヴィヴィアナ & ガブリエル ボルドン
ダンサー    CRISTINA LUIZAGA y FABIAN IRUSQUIBELAR / クリスティーナ ルイサガ & ファビアン イルスキベラル

invitados especiales MARIO MARZAN (piano) / マリオ マルサン (ピアノ)
スペシャルゲスト   EDUARDO MALAGUARNERA (violin) / エドアルド マラグアルネラ(ヴィオリン)
RODORIGO y NATSUKO (bailarines japoneses) / ロドリゴ & なつこ

programa EL CHOCLO, HIROSHIMA NUEVO SOL , ADIOS NONINO etc.
プログラム  エル チョクロ 、広島の新しい太陽 、アディオス ノニーノ 他

2017 Gracias Argentina por los 10 anos , con tantos amigos y a puro tango.
Les espero!!! KAORI 
2017年 アルゼンチンに来て10年、沢山のお友達と純粋なタンゴに感謝をこめて・・・
是非いらしてください。お待ちしております!! 香織


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





tomokoar at 00:33|この記事のURLComments(0)

2017年07月30日

「第二回アルゼンチン日本研究学会2017」パネル「大学レベル(高等教育機関)での日本語教育」でレングアスビバス日本語講座について話します。

 来る8月1日午前9時から3日まで「第二回 アルゼンチン日本研究学会2017」
テーマ「学術研究と文化振興のはざまにある日本研究」が開催されます。
詳細は以下です。当方は最初のパネル「大学レベル(高等教育機関)での日本語教育」(午前9時半から11時)でコーディネーターとしてレングアスビバス日本語講座での実践、そして大学レベルにおける日本語教育の言語政策について話します。(日本語とスペイン語です)
そして、JICAシニアボランティアの宮本みき先生が「タイとコスタリカにおける日本語教育」について、さらにトゥクマン大学の斉藤けいこ先生の「日本人会から大学教育」についての発表があります。そのほか、日本文学、翻訳文学、日本社会、日本歴史、日本移民など3日間多くの研究発表が行われます。

詳細は
「第二回 アルゼンチン日本研究学会2017」
テーマ「学術研究と文化振興のはざまにある日本研究」
日時 2017年8月1、2、3日
会場 アルゼンチン国ブエノスアイレス市
Centro Cultural de la Cooperacion文化センター
(住所Av. Corrientes 1543, CABA)
主催  :  在アルゼンチン日本人会Asociacion Japonesa en la Argentina、国立ラプラタ大学日本研究センターCentro de Estudios Japoneses – IRI – UNLP、 アジアアフリカ研究会 アルゼンチンー日本ALADAA –Japon
後援 : 国際交流基金
パネル「大学レベル(高等教育機関)での日本語教育」
(8月1日午前930時から11時の予定ーその後、1245まで研究発表、ネットワーキングを行います)

はじめに

ラテンアメリカは近年、日本から注目を集めています。
メキシコへの投資は増大し、ラテンアメリカとの鉱業取引を結ぶ企業は年々増えています。両地域への往来が進み、今後、ますます日本研究のそして日本語の知識をもち、日本文化を理解する人材が急望されるようになりました。
この背景を鑑み アルゼンチンでは日系社会において日本語教育は発展してきましたが、在アルゼンチン日本人会が100周年を迎えたのを機に、日本語教育はどうしてほかの国々、特にラテンアメリカではブラジルやチリのように、大学レベルの公式教育に達していないのかという疑問に達しました。
1970年代、国立ブエノスアイレス大学ではLL教室そして図書寄贈を日本政府から受けました。しかしながら、国立ブエノスアイレス大学哲学文学部の語学ラボラトリー講座の一つに数え上げられるだけであり、市民講座の一部です。
1992年、日本政府は再び、アルゼンチン国立語学高等院レングアスビバス「フアンラモンフェルナンデス校」にLL教室二室とビデオ編集室の無償供与を行いました。おりしも同校の外国語教育科目編成期にあたり、日本語講座が新設されました。市民講座としても機能しながら、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語の翻訳学科や教師養成学科の選択外国語科目に指定され、高等教育機関としての初めて日本語が正規科目となりました。
2010年、日亜学院の尽力により、ブエノスアイレス市教育省において小学校、中学校レベルにおいて日本語が公式科目として認められました。
近い将来、日本語と日本文化の専門教員を養成する高等教育機関を付設したいという計画があります。
一方、ほかの地方、アルゼンチンの大学でも年々、日本語講座が開設されるところが増加しています。しなしながら、何年経っても市民講座の域を出ません。
大学、高等教育機関レベルの教師を一同に介し、協力ネットワークを作り、経験と知識を交換し、今後、同レベルにおける外国語講座の中で公式講座の地位を獲得していく場となることを願い、今回のそれぞれの経験と知見を交換する学術的な場を作ることとしました。
アルゼンチン日本研究の場は2013年そして今回となりますが、初めて日本語教育研究のパネルが設置されることになりました。この機会に活発な研究発表、意見交換、討議は今後アルゼンチンにおける日本語教育の分野を専門的にすることに導くと願ってやみません。ぜひ、御参加いただければ幸いです。よろしくお願い致します。
コーディネーター 相川知子、仲間リリアナ

日本語教育研究発表
(午前11時半から12時45分を予定)
参加費用:発表者(大卒者、大学院卒者): $ 500、発表者(大学生、大学院生 ) : $ 200
出席者 (参加証明代)   : $ 100、出席者 (参加証明不要) 無料
お問い合わせ、研究発表の送付はこちらにどうぞ。
ee.japoneses@gmail.com
また登録はこちらのフォームで行ってください。当日参加も可能ですが、出席者の整理のためにご協力ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd1Gv0OHPjyrtJwfSza2fTa1JYWM5Ov7YRjvKwkk5RwOg60Hg/viewform?c=0&w=1

当方へのご質問は sadakoar@gmail.com  まで。

8月1日から3日 日本研究学会は開催されますが日本語のパネルと研究発表は
8月1日のみです。
 
II ENCUENTRO DE ESTUDIOS JAPONESES EN ARGENTINA 2017

LOS ESTUDIOS JAPONESES: ENTRE LA INVESTIGACION ACADEMICA Y LA PROMOCION CULTURAL

Buenos Aires – 1, 2 y 3 de agosto de 2017-

Centro Cultural de la Cooperacion, Ciudad Autonoma de Buenos Aires

Republica Argentina
Organiza: Asociacion Japonesa en la Argentina

Centro de Estudios Japoneses – IRI – UNLP

ALADAA –Japon

Auspicia: Japan FoundationPANEL
“ENSENANZA DEL IDIOMA JAPONES EN LA UNIVERSIDAD (EDUCACION SUPERIOR)”
Convocatoria
America Latina vuelve a estar en la mira del Japon. La inversion
creciente en Mexico, los acuerdos para explotacion de minerales en
diversos paises de America Latina, la circulacion de poblacion entre
Japon y los principales paises de la region, hace que cobre cada vez
mas importancia los estudios sobre el Japon y la necesidad formar
recursos humanos con conocimiento de la lengua y una formacion de
base en cultura japonesa.
En estas circunstancias, la ensenanza del idioma japones siempre tuvo
una buena repercusion en la sociedad argentina, ademas de ser
intrinseca de la vida en la comunidad japonesa. Hoy al reflexionar con
motivo de la celebracion del CENTENARIO DE LA ASOCIACION JAPONESA EN
LA ARGENTINA, nos preguntamos por que su ensenanza no ha alcanzado aun
un lugar formal en los planes de estudio como lo es en otras
universidades del mundo, incluso en America Latina, como lo es en el
caso de Brasil o Chile.
Durante la decada de 1970, la Universidad de Buenos Aires recibio el
apoyo oficial del gobierno japones para el equipamiento de un
laboratorio de idiomas y la formacion de una biblioteca, pero
finalmente solo llego a formar parte del Laboratorio de Idiomas de la
Facultad de Filosofia y Letras, como actividad de extension.
En 1992, nuevamente el gobierno japones realizo una segunda donacion
con motivo de la reorganizacion de la ensenanza de idiomas extranjeros
en el Instituto Nacional de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan
Ramon Fernandez y dio origen a su curso de idioma japones, como
actividad de Extension Nivel Superior y como materia dentro de las
carreras de profesorados y traductorados.
Ya durante la primera decada del siglo XXI (2010), un gran paso lo dio
el Instituto Privado Argentino Japones en Buenos Aires (NICHIA
GAKUIN), al obtener el reconocimiento del Ministerio de Educacion de
la Ciudad Autonoma de Buenos Aires, de la ensenanza del japones dentro
del programa regular de materias que se imparte en el nivel primario y
secundario. Ahora estan trabajando en crear un instituto terciario que
responda a la necesidad de la formacion de docentes en idioma y
cultura japonesa.
Pero por otra parte, en las universidades argentinas, ya han comenzado
a proliferar cursos, que todavia, e incluso a pesar de contar con una
trayectoria de varias decadas, no pueden trascender mas alla del
ambito de la extension universitaria.
Con el objeto de nuclear a los profesores que estan trabajando
principalmente en este nivel, de poder conformar una red que permita
la colaboracion, el intercambio de experiencias y conocimiento y se
pueda comenzar a consolidar el camino para obtener un lugar formal en
el campo de la ensenanza de las lenguas extranjeras reconocidas,
convocamos docentes del ambito universitario, a participar con
trabajos que den cuenta de su experiencia.
Por segunda vez desde 2013 y en esta oportunidad, en el marco de los
festejos del CENTENARIO de la Asociacion Japonesa en la Argentina,
llamamos a aquellos que esten realizando docencia a reflexionar,
generar trabajos y debatirlos en este espacio, y contribuir a
profesionalizar el campo de la ensenanza de la lengua japonesa.

Profesoras Tomoko Aikawa y Liliana Nakama

ACTIVIDAD ARANCELADA:

Ponentes graduados: $ 500

Ponentes estudiantes – grado y posgrado: $ 200

Asistentes con certificado: $ 100

Asistentes sin certificado: sin cargo



SE SOLICITA ENVIAR LAS PROPUESTAS A LA SIGUIENTE DIRECCION DE CORREO ELECTRONICO

ee.japoneses@gmail.com




記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





tomokoar at 12:22|この記事のURLComments(0)

2017年07月15日

日亜学院の日本文学を読もうセミナー7月講座(7月15日午前9時から)

明日7月15日(土)は、日亜学院の日本文学を読もうセミナー7月講座です。
午前9時から10時40分です。
https://www.facebook.com/Seminario-Literatura-Japonesa-2016-1636729143318174/?notif_t=page_fan¬if_id=1500040497721910


日亜学院は
Pringles 268, CABA
ブエノスアイレス市のアルマグロ地区にあるもともとは移住してきた日本人の子弟のための
ブエノスアイレス日本語学校でした。
その起源は1927年、もう90年前のことになります。

現在は大部分が日系ではない非日系の方の入学が多く
2歳からの幼稚園は生まれたらもう予約すべきらしいですよ。

やはり日本語とそして日本文化、特に規律が人気の秘密のようです。
土曜日は文化センターとして一般の方向けの日本語、日本文化講座が開かれています。
その一環で、日本文学を読もうセミナーを行っています。
アルゼンチン人の少し日本語を親しんで深めたい人が対象です(ひらがなが読めること)
ですが、スペイン語練習中の日本人留学生もきて、スペイン語の練習、また 日本文学好きのアルゼンチン人との交流もしています。

Manana el sabado 15 de julio a las 9hrs. en Nichia gakuin(Pringles 268) vamos a leer Yume juuya ゆめじゅうや「夢十夜」de Natsume Sooseki なつめそうせき夏目漱石


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



tomokoar at 01:01|この記事のURLComments(0)

2017年07月14日

アルゼンチンの折鶴が広島へ (7月末まで受付)

20170712_145751



 小さな手が集まって見せているのは平和への折鶴です。
先日、ラスパンティ教育大学の文化祭でも平和への折鶴教室を行いましたが、
2015年行った平和の折鶴教室で習いにきたイトゥサインゴのモニカ先生がカステラールのマハトマガンジー中学校で平和への折鶴教室を昨日7月12日開催、写真を送ってきてくれました。

20170712_145821



アルゼンチンでは子供たちの写真を載せるのはそれぞれの両親の許可が要りますので、一般には
学校では写真を撮りません。しかしながら、お手手の写真は大丈夫。。。逆にとってもかわいいです!




20170712_145805


20170712_145844


20170712_151349



こうやって、いろいろなところで折鶴をおってくれて平和を考えるこどもたちが増える、平和文化教育をして、いろいろな面でも平和な心をもった人が成長し、社会構成民となれば町は平和であり、国も平和、世界平和が一番だとNGOフンダシオンサダコは考えます。わたし達のテーマは平和、友情、そして環境保護、慣れればちらしでも折り紙ができますから、折鶴がリサイクルペーパーでもできあがります。

なお、今回の折鶴教室だけではなく、この地域のいろいろな学校で折ったのをあわせて千羽鶴にして広島に送るんだとモニカ先生は意気込んでいます。

ちょうど今年は 長崎で平和首長会議の総会が8月7日から10日まであり、専門委員として出席します。その前にもちろん、広島に行くので、原爆の子の像にささげ、写真を撮って送れば子供たちはきっと大喜びです。
もちろんその後、長崎にももって行きます。

広島、長崎へもって行く折鶴は7月末まで受け付けていますし、事前にどれぐらいか、教えてくださればスペースをとっておきますのでぜひ、よろしくお願いします。

sadakoar@gmail.com
こちらでリアルタイムにフンダシオンサダコの活動を発信中。
https://www.facebook.com/FUNDACION-SADAKO-137603382954853/

なお、こちらの活動に賛同して、折り紙、テグス、針、糸など 協力してくださる方のご連絡もお待ちしております。今年はたくさんの読者さんがアルゼンチンを来訪し、もってきてくださいました。大変感謝申し上げます。さらに、どんどん折鶴が折られていきますので、またよろしくお願いします。もちろん、差し入れも大歓迎です。また折り鶴教室に参加したい方もご連絡ください。スペイン語の練習にもなりますよ!

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


tomokoar at 00:59|この記事のURLComments(0)

2017年07月03日

フンダシオン ボルヘスのボルヘス博物館にて 日本映画上映会2017年期が開始(7/3)

来る7月3日(月)午後2時からフンダシオン ボルヘスのボルヘス博物館にて
日本映画上映会2017年期が開始されます。
フンダシオン ボルヘスの住所はこちらJORGE LUIS BORGES
Museo Borges:en la FUNDACION INTERNACIONAL 
Anchorena 1660, esquina Juncal, CABA

(ドイツ病院の裏付近です)

ボルヘスはアルゼンチンでは川端康成に匹敵する文豪です。
その未亡人はマリアコダマさん、という日系二世の人で、盲目になったボルヘスの
目として最後の日まで一緒にすごした人です。

明日の7月3日は日本映画上映会の2017年の第一回なので(ちょっと時期的に遅いのですが。。)
マリアコダマさんからの挨拶から始まります。
また在アルゼンチン大使館広報文化センター所長の笠原氏も臨席され
フォーマルな雰囲気で始まると思います。
今回の上映は最近「君の名は」で有名な新開監督の作品「ことのはの庭」アニメーションで、
この上映内容設備とも大使館広報文化センターが支援しています。
どんなアニメかはトレーラーをリンクしておきます。

なお、オリジナルは日本語でスペイン語の字幕だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=udDIkl6z8X0

El proximo lunes 3 de julio, 2017 a las 14horas
dara comenzado el Ciclo de Cine del Japon en el Museo Borges:en laFUNDACION INTERNACIONAL JORGE LUIS BORGES, Anchorena 1660, esquina Juncal, CABA
Acceso libre y gratuito
Maria Kodama, presidenta de la Fundacion Internacional Jorge Luis Borges,
abrira el ciclo de documentales/peliculas cedidos por el
Centro Cultural e Informativo de la
Embajada del Japon en la Argentina.
Sra. Maria Kodama dara sus palabras de la apertura.
La acompanara el Agregado Cultural de la Embajada Sr. Kasahara
Luego mostrara un documental Argentina en Japon (Mayo, 2017)
Por ultimo,
Se proyectaran una pelicula de animacion del Director Makoto Shinkai
“El Jardin de las palabras (言の葉の庭 Kotonoha no Niwa”
https://es.wikipedia.org/wiki/El_jard%C3%ADn_de_las_palabras
El trailer
https://www.youtube.com/embed/udDIkl6z8X0

Para mayor informacion,
Fundacion Internacional Jorge Luis Borge Telefonos 4822-8340//4940
borges.internacional@fibertel.com.ar
www.fundacionborges.com.ar

tomokoar at 11:34|この記事のURLComments(0)

2017年07月01日

Instituto Raspantexiラスパンティ教育大学で文化祭2017 折り紙教室行います(7/9)

来る7月9日(日)、ブエノスアイレス州モロン市アエドのラスパンティ教育大学にて文化祭が開催されます。

Afiche Bunkasai (1)


そのため、12時からと14時から、折り紙講座を開催します。
((でも、基本 平和の折鶴をおりますから、本当は 平和の折鶴講座なのですが、文化祭の日本の文化の一環という名まえで折り紙講座になります。それに折り紙をやりたい人は皆折鶴を折りたがるのでいいのです。))
NGOフンダシオンサダコの活動についてはこちらのフェイスブックをご覧ください。https://www.facebook.com/FUNDACION-SADAKO-137603382954853/

ちょっと遠いのですが、ほかに漫画講座、日本の歌講座 いろいろあり、日本食出店に太鼓や演歌もありますから、よかったら足を運んでください。また一緒にいきたい方はご連絡下さい。
sadakoar@gmail.com

ラスパンティ教育大学はキリスト系の教育大学なのですが 障害者学校も併設し、障害者教育を志す若者(若くなくても18才以上なら大丈夫ですが)を養成している学校で、教務主任の新里ネリダ先生は日系二世ですので、日本的教育を取り入れています。

おりしも7月9日はアルゼンチンの独立記念日で祝日です。
国民的祝日の日に日本的イベント楽しいと思います。

住所はポスターに記載されています。
HAEDO駅の近くです。
なお、入場料が50ペソとなっています。



tomokoar at 22:54|この記事のURLComments(0)

2017年06月13日

折り紙の協力本当にありがとうございます。

18193464_986304604805542_8530999343694508491_o (3)


ヒラリオ アスカスビ図書館で毎週水曜日午後3時から折り紙教室を行っています。
おかげさまで善意の折り紙をたくさんいただいて、感謝感激です。

17352128_709134312598171_166021218775710509_n


17352343_710245819153687_5700572726884583599_n


17352285_710245785820357_8570518966068788870_n


そのうちの作品を紹介します。

17834258_959320720837264_8908145084951483896_o


18193986_734169926761276_4310647694554322022_n



18194725_734169870094615_214536448341325423_n


18157659_734169860094616_6118664223012108225_n


18920242_757078991137036_7293509958940576125_n (3)



なかなかアルゼンチンでは指をつかうことがないんですね。。。。

18950954_757079077803694_537410405521035460_n (4)


19029539_757079141137021_2594418682360682014_n (2)



ですから子供たちにも高齢者にも
脳の活性化に、大変役立ちますよ、と、だんだん難しくなりますが、ずいぶんできるようになりました。



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





アルゼンチン唯一の焼き鳥専門店TORi TORiが一周年

18953609_1847455218915234_44975022352735087_o (1)


来る6月21日、アルゼンチン唯一の焼き鳥専門店TORi TORiが一周年を迎えます。
オープン時の記事はこちらから
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52138014.html
これを機に RODRIGO CASTILLO las pizarras bistroのシェフを迎えてちょっと「オリジナル」な焼き鳥コースを提供します。べ=コン、海の幸、チキン、カモ、イノシシ!?そしてデザートはカカオしょうゆシャーベット!_ほか付け合せ、おにぎり、梅酒で350ペソ。
この日は完全予約入れ替え制で、19:00, 20:45, 22:30の時間帯で 4961-7978 電話してくださいとのことです。((私は19時にいく予定!))

18768481_1842159399444816_7893393597899593635_o


18814664_1842759086051514_781674452508827633_o


18699588_1837139776613445_5471351711099787470_o



詳細は直接ご連絡ください。
TORi TORi
住所 Ecuador 1175
1425Buenos Aires
011 4961-7978   (日本語可)
info@toritori.com.ar  (日本語可)
https://www.facebook.com/toritori.yakitori/ (日本語可) 
開店は午後7時から
日曜日定休

En TORi TORi ya vamos a CUMPLIR UN ANO 🎂🎊🎏 y el 21 de JUNIO vamos a celebrar 💥🙌. Vamos a preparar un menu super especial con nuestro amigo RODRIGO CASTILLO 👨🏻‍🍳de @laspizarrasbistro para sorprenderlos a todos!!😎Todas las brochettes y platos van a ser nuevitos nuevitos (solo vamos a servirlos por ese dia) 😱😱Se lo van a perder??🤔Podes asegurarte tu lugar SOLO con RESERVA (19:00, 20:45, 22:30). Llamanos al 4961-7978 y veni a festejar nuestro primer anito. 🎊 los esperamos 🙋🏻🙋🏻̴ 5;♂


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 









2017年06月10日

Seminario Invitacion a la lectura de la literatura japonesa #NichiaGakuin「日本文学を読もう」セミナー 6/10

2017年度「日本文学を読もう」セミナーSeminario Invitacion a la lectura de la literatura japonesa.
(講師 相川知子)第四回が来たる6月10日(土)午前9時から 日亜学院で行います。
前期は7月まで月に一度開催します。(6月10日、7月15日)

 日亜学院文化センター主催の「日本文学を読もう」講座は、
 昨年2016年は万葉集、枕の草子、源氏物語、百人一首、徒然草、奥の細道などを読んでいきました。
18953407_1429859323775491_3575471634822386948_o


今年は夏目漱石の生誕150年、没100年ということで、最初の3回は「アルゼンチン夏目漱石祭り」最初は「我輩は猫である」、そして今回は「夢十夜」を読みながら、
夏目漱石についてそして日本文学から日本の英知を学びそして歴史的習慣や文化を紐解いていきます。結構日本人にとっては当たり前のことも、日本文学から例を出していきアルゼンチンの方々に
日本文化を日本語を説明していきます。
文学においては、原文を読むことはとても重要だと思います。
いままで日本文学講座や解説、談義は全てスペイン語訳だけで行われていました。
((とはいえ、日本文学のスペイン語訳が出版されるのは素晴らしいことです))
手前味噌ですが、2015年水村美苗著「母の遺産」のスペイン語訳"La herencia de la Madre"(Adriana Hidalgo Editoraです。スペイン語訳ささせていただきました。
いつもおもうのは原文あっての翻訳なんですからね。
ですから 翻訳文がどうであれ、原文をあたるのが普通のことだと思います。それに、
日本語で読むのは初めて!という参加者に喜ばれています。もっとも ひらがなをつけて少し読みやすくはしています。
また一方で日本文学を通じて世界の英知をアルゼンチンの方々に学んでほしいと思います。
アルゼンチンの日本文学が大好きな人たちはとても熱心なので、大変関心しますが、
このような人達と触れ合ういいチャンスだと思いますので、
スペイン語を理解する、またスペイン語勉強中の日本人の方の受講も歓迎します。

18955100_1429865963774827_4532056170353599563_o


ただし、講義はスペイン語で、日本語(ひらがな)で日本文学の原文を読みますし、用語(日本語)の解説をスペイン語で行います。ご興味があるアルゼンチン人友人の方にもぜひお知らせください
もちろん、日本語での発言も理解できる人がいますし、楽しんでくれますし、サポートします。

よかったら一緒に日本語ースペイン語で日本文学を楽しみませんか。

夏目漱石の後は尾崎紅葉 金色夜叉の予定です。

場所は
日亜学院文化センター
申し込みは
Centro Cultural Nichia Gakuin.
住所 Pringles 268 ブエノスアイレス
https://www.facebook.com/Centro-Cultural-Nichia-Gakuin-712384728906280/?fref=ts
Tel 4983 0056/0072 (日本語でも、分かる方につなげてくれます)
ecultural@nichiagakuin.edu.ar
月から金 14時から18時
土    11時から17時 
もしよかったら tomokoargentina2@gmail.comへどうぞ。
Facebook Seminario de Literatura Japonesa
https://www.facebook.com/Seminario-Literatura-Japonesa-2016-1636729143318174/?fref=ts
現在一回200ペソが参加費です。

そのほか日亜学院ではいろいろな日本文化講座があります。

19060178_1429867977107959_4132162801355222243_n


日亜学院文化センター長の三井デリア先生はいつも優しい笑顔で迎えてくれて生徒たちに囲まれています。
今年 この学校 日亜学院は日本とアルゼンチンを結ぶ教育の場として発足してから今年90年となります。

Seminario Invitacion a la lectura de la literatura japonesa.
Profesora: Tomoko Aikawa
5 encuentros una vez por mes
..........................................................
Inicio: sabado 10 de junio 9:00 hs,
.........................................................
siguientes clases: 22/04, 20/05, 10/06 y15/07.
Horario: de 09:00 a 10:40 hs
Requisito: Conocimiento de Hiragana y vocabulario basico de idioma japones.
Este seminario es una aproximacion a la literatura japonesa especialmente para quienes posean conocimiento de japones
Vamos a leer Natsume Soseki (Wagahai wa neko dearu, Yo soy un Gato, Yume juuya 10 noches de sueno) etc.
Para conocer como es el Seminario de Literatura Japonesa
https://www.facebook.com/Seminario-Literatura-Japonesa-2016-1636729143318174/?fref=ts
............................................................................
Informes e inscripcion:
Centro Cultural Nichia Gakuin.
Yatay 261/ Pringles 268. Tel 4983 0056/0072
ecultural@nichiagakuin.edu.ar
Horario de atencion:
lunes a viernes de 14 A 18 hs sabados de 11 a 17 hs

2017年05月17日

5月23日(火)MTB(TBS系)「世界の日本人妻は見た!」アルゼンチン編放送

来たる5月23日(火)MTB(TBS系)午後8時から
「世界の日本人妻は見た!」の番組にて アルゼンチン編が放送されます。
こちらが番組のHPで次回放送の予告とビデオがあります。
http://www.mbs.jp/japa-zuma/
実は、タイトルが不思議ですが
当初はそうだったのですが、今年から その内容は、
世界にすむ日本人ネットワーク情報局のような取り扱いになっています。
そのため、アルゼンチンに住む多くの方にレポーターとしてご出演いただいております。
このブログの読者の方々にも協力していただきました。
特にブエノスアイレス日本人学校の皆さん、元気な様子を見せてくださり、感謝しております。
18447334_1404429412985149_6289481897113193206_n


またNueva Casa Japonesa日本食材店でも撮影させていただきました

18527520_1404439796317444_2037074947837357046_n


18557168_1404439832984107_2891605886054945879_n



基本的にインタビューさせていただいた方は、撮影した全部のように
長くはないのですが、その編集後、出ていただいていると聞いております。


アルゼンチンにいる日本人の皆様が元気であると、そして日本人から見れば
ふしぎだったりおもしろかったりしますが、すばらしい国だという
メッセージにもなれば幸いです。

今後ともよろしくお願いできましたら幸いです。
ファニプロ
撮影通訳コーディネーター
 相川知子
tomokocomunication@gmail.com
Tomoko Buenos Aires
主観的アルゼンチン ブエノスアイレス事情
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年05月13日

Japan Made in Argentina展示即売会 (Hanami evento 5/13)

18403571_10212204436483114_3603434566921915007_n


来る5月13日13時から20時までJAPAN MADE IN ARGENTINAというアルゼンチンでの日本というタイトルのテーマでバザー的に日系企業家がそれぞれスタンドを出して展示即売会を行います。

18447371_10212204436923125_1991164876074098083_n
HANAMI 花見イベントにて開催します。用意ができたそうです。

Medrano 1232
CP1179 Buenos Aires

こちらはフェイスブック。ここはイベント会場で、誕生日会や懇親会などがオーダーメードで行えます。
https://www.facebook.com/hanami.eventos/

その場で展示即売会なので、お金を持っていったほうがいいでしょう。
18058041_1621365654560249_3975543443831223691_n


日本的なデザイングッズ、抹茶ドリンクをはじめとするグルメ食品があります。 日本的にはちょっと高いかもしれませんが(日本ほどアルゼンチンでの日本的なもの好きの市場規模は小さいですからね、また 輸入品でコストもかかりますから) 楽しい雰囲気でお気に入りのプレゼントがみつかるかもしれません。
入場料はありません。


2017年03月23日

Taller de Origami en Biblioteca Ascasubi アスカスビ図書館の折り紙教室第二回から

17436042_1341972595897498_6448101866541609301_o


 本日の作品は上からお財布Billetera ビジェテラ 右 コップVaso バッソ 左 箱Caja カッハです。
お財布は チラシなどやいらない紙などリサイクルして大きい紙で作ってもらいます。
それからコップは想定以上に大受け。
これにチョコレート入れてもいいわね。ポップコーンとか。そうよーもっと大きい紙でやってもいいしと皆さんの利用のイマジネーション想像力が広がります。

最後の箱は微妙に難しかった。やっぱり中折が困難なのですよね。そして立体ですからね。
でもやはり難しいものを行うと最後には達成感や満足感が増大します。もちろんお手伝いしてみんなできましたよ。

 こんな感じで、
ブエノスアイレス市文化省図書館読書振興局図書館ネットワーク主催の折り紙教室を行っています。
Taller de Origami  タジェル デ オリガミとスペイン語では言います。
会場はイラリオ アスカスビ図書館
Biblioteca Hilario Ascasubi
住所はフロレスタ地区のこちらです。
General Cesar Diaz 4219, Floresta.
地下鉄D線Plaza Italia 駅から、Oro通り沿い y Guemesグエメス通りと交わるところに止まる34番に乗り換えて、途中パレルモSOHO地区からはJuab B. Justo という大通りを走っている中央のバスレーンを走る幹線バスのメトロブスという大通りの真ん中を通るバスでJuab B. Justo7100番台でおりて500mほどで行くことができます。(パレルモから20分ほどです)
時間は
毎週水曜日午後3時から4時です。
講師は私、相川知子です。

講習費は無料です。ありがたいことに、昨日はまた

17353392_1339451029482988_4274671966184890930_n


折り紙のご寄付をいただきました。大変助かります。

さらに折り紙が得意というお友達にもご協力いただき、
作品のバラの花を見せてもらい、皆感動しました。ーーー ちょっとまだ難しいです。
17425982_1341986069229484_4370469553018187409_n



こちらの教室のスペイン語の説明は以下のとおりです。お友達、ご家族にもおしらせください。
Taller de Origami
El 15 de marzo comienza el Taller gratuito de origami en la biblioteca Hilario Ascasubi. El mismo estara a cargo de la profesora Tomoko Aikawa y los encuentros seran todos los miercoles de 15.00 a 1600 horas. Podran participar personas de cualquier edad, sean o no socias de la biblioteca. Ya estamos inscribiendo... apurense porque los cupos son limitados al tamano de la sala.
Telefono: 4566-5171
Correo electronico: biblioteca_ascasubi@buenosaires.gob.ar
Direccion: General Cesar Diaz 4219, Floresta.
Los esperamos!!
本日はお孫さん連れの方や、息子さん娘さん(8歳から10歳)そして、年金退職者の方々と本日初めての人たちバラエティに富んだ顔ぶれでした。

 折り紙はやはり脳の活性化にも役立ちます。今時のことばでは脳トレ、というんでしょうかね。
また形の認知は数学的ですね。
そして集中力、持続力を養います。もちろん形を見ながら、次はどうしたらいいという想像力、そして新しいものを考える創造力にもいいのです。

 しかしながら、日本人は通常 子供のときから慣れっこになっています。
上手な人もまあまあの人もそれなりに折れますが、。。。
アルゼンチンの普通の人は全然知らないのです。

その全然知らない人に 教えていくのもまあおもしろい作業ですね。
この積み重ねが少しでも大きくなり、
17311094_1341997989228292_7638736349057492820_o

小さい積 が 大きく為る、と「小を積んで大と為す」積小為大(せきしょういだい)というそうです。
 こちらは別途Tシャツで以前やはり読者からのプレゼントです。いやーよくプレゼントもらいます(笑)ありがたいことです。


 1998年からアルゼンチンのことを日本語で発信していますが、来年でなんともうすぐ20年になるではないですか。毎日ではないですが、いろいろな記事をおしらせで、説明で、そしてニュースでアルゼンチンをはじめラテンアメリカのことをお伝えしています。

 折り紙教室の初歩クラスで、改めて 初心を思い出しました。
 


 記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CONSULTA! Aqui estan los libros japoneses.

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CODIGOS!


クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村 サッカーブログへ
ラテンアメリカ関係テレビ番組
アルゼンチン撮影コーディネートはファニプロラテンアメリカにお任せください!詳細はこちらから


((オンエアのご案内)))

2014/05/17,24,31
フジテレビ「めざましテレビ」(6-830am)
公式HP:http://www.fujitv.co.jp/mezamado/
めざましどようび藤原倫己
“CHANGE THE WORLD for 2020”アルゼンチン編
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/




2012年グローバルビジョン「世界の起業家」
5月5日(土) 19:0019:54
5月8日(火) 27:0027:54 (再)
5月12日(土) 19:0019:54 (再)
5月19日(火) 27:0027:54 (再)
見逃し視聴「起業家」(ウルグアイ)

2012年3月20日(火)午後9時から
NHK BS1「夢をあきらめない
〜女子ホッケーさくらジャパン〜」


TBS世界ふしぎ発見!
2012年3月10日(土)午後9時から
第1222回 一番遠い親日国アルゼンチン
宮地眞理子インタビュー1
宮地眞理子インタビュー2

NHK >地球アゴラ
2012年3月4日(日)午後10時から
第160回アルゼンチン編

TBS 夢!世界どうぶつ大図鑑
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dーバルデス半島他

2012年1月21日
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dー南の牧場


朝日放送朝だ!生です 旅サラダ
毎週土曜日午前8時から午前9時半
海外マンスリー三月はアルゼンチンBY石川梨華
2011年3月5日(土)ブエノスアイレス
3月19日(土)サルタ
3月26日(土)エル カラファテ

vol.103 「世界の働く女性(Part2)」 
2011年 3月13日(日) 21:0021:54
3月16日(水) 27:0027:54 (再)
3月19日(土) 16:0016:54 (再)
3月20日(日) 21:0021:54 (再)
3月23日(水) 27:0027:54 (再)
3月26日(土) 16:0016:54 (再)
vol.100 「世界の誕生日」
vol.101 「世界の石」
「グローバルビジョン見逃し視聴」

NHK BS-1 地球アゴラ
12月19日(日) 
「第111回」

NHK BS-1 地球アゴラ
11月28日(日) 
「第108回耕せ世界の大地」

アルゼンチンにて12月12日(日)1710

BS TWELLV、グローバルビジョンTVにて
「競技会]「チリのクエッカダンス競技会にかける若者」
11月27日(土) 16:0016:54 (再)
11月28日(日) 21:0021:54 (再)
12月1日(水) 27:0027:54 (再)
12月4日(土) 16:0016:54 (再)
「グローバルビジョン見逃し視聴」
BSジャパン
<8月29日(日)午後9時から 
「アルゼンチン絶景の旅」

「先住民の文化を継ぐパラグアイ」
7月22日(木)18:00〜(1時間番組)
「パンタナールの大自然〜パラグアイ〜」
7月29日(木)18:00〜(1時間番組)
地球ゆうゆう紀行
2010年1月24日(日)午後10時から
NHK地球アゴラ
はるばる日本人のコーナー「世界一蹴の旅」
世界一蹴の旅
アルゼンチン ブエノスアイレスからLIBEROユニット生出演

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

Profile
地球の歩き方2010年版発売中(巻末見てください)
05753-7 GUIA DE TURISMO DE ARGENTINA; CHILE; URUGUAY Y PARAGUAY EN JAPONES 地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員のページへ
バンクーバーオリンピック アルゼンチン人選手頑張れ!
DSC06734 スキーフリースタイル男子でアルゼンチン代表として、2010年2月のバンクーバーを目指しますクライド ゲティCLYDE GETTY選手 https://5dreams.panasonic.net/
テレビ番組コーディネート、スペイン語通訳などご用命は。。
テレビ番組撮影コーディネート
現地コーディネーター
スペイン語通訳
プロジェクトコーディネート

アルゼンチンのことなら! 

tomokoargentina☆gmail.com
☆を@に変えてメールをどうぞ!

FunnyPro LatinAmerica
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
br_decobanner_20091225082816
((オンエアのご案内)))

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員
51Ehu1%2B6utL__SL500_AA300_ 世界一蹴の旅の本アマゾンで購入!
livedoor プロフィール
トラベルコちゃんのサイトで旅行者向けブログを書いています! トラベルコちゃん、素顔のブエノスアイレス・アルゼンチン 旅行情報ブログ
ブエノスアイレスでW杯を楽しむ
アートとカルチャーを満喫
コロン劇場 攻略ガイド など続きます。
格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行情報サイト
#ブエノスアイレス、パタゴニア、 北西部、イグアスの滝、南極の 旅、目的別の旅行、視察、研修。
#スペイン語留学
#スペイン語学習
#短期 ’長期滞在
#手続き
#−−がしたい!
#−−さんと会いたい!
など、 通訳、翻訳、便宜、資料作成、 語学レッスン、プラン作り、 コーディネーションを行います。
MIN+GOB_REF
https://5dreams.panasonic.net/