自然観光

2016年08月27日

サンタロッサの兆し? 今日の暑さは。。。。

 サンタロッサとは特に冬から春になる時期に来る春の嵐です。
 急に暖かくなったなーーーもう春かしら?と思っていた頃、急に大嵐が来て、そのあとまた冷え込みます。
もしかして今日の暑さはその兆し? ブエノスアイレス州では現在風が強くなってきているそうですので、
それが急に強くなって、大雨になる可能性があります。(カサでは足りません)
家にいるのが一番です。明日になるか明後日になるかそれが問題ですが。。。
皆さん、お気をつけて! 

2016年07月17日

ブエノスアイレス市内観光ツアー モデルプラン

1.ブエノスアイレス市内観光ツアー クラシック
 基本的な町の中心地、カサロサーダ、5月広場、カテドラル、カビルド、5月大通りを歩きながら、歴史を説明し、さらに安全対策レッスンを行います。
また街歩きに必要な地下鉄やバスに乗る体験もします。
通常は3時間ですが、ご希望によって、変更可能です。
ブエノスアイレスについた初日に是非、ご利用ください。

13179382_1004150833006135_500541036495932278_n



2.ブエノスアイレス市内観光  ネオ 

ファッションとデザインのブエノスアイレスの町を探訪、特に
パレルモソーホー地区でお薦めの御店を探訪しながら、
お土産を探すのに、ご利用ください。
通常3時間です。

12509741_981391315288963_4823773088962545770_n



3.ブエノスアイレス市内観光ツアー クラシック + カミニート

1.とボカ地区カミニートをコンビネーション。
バス利用の場合は全部で5時間で周遊が可能です。
専用車利用の場合は3時間で回ることが出来ます。

4.ブエノスアイレス市内観光ツアー クラシック + カミニート +世界で一番美しい書店

1.3に加えて英国の雑誌で世界で二番目に美しい書店(劇場が書店になりました)を訪問します。
詳しくはこちらから
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2013/06/post_276.html

公共交通機関利用の場合は6時間から8時間です。
専用車の場合は、5時間で回ることができます。


13445525_1023926317695253_1548150470083670204_n


いずれもゆっくり回りたい、1時間、2時間追加も可能です。

別途 土曜日日曜日のみ、大統領府カサロサーダ館内ツアーも行います。((人気です!!))
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2016/05/casarosada.html

日本語ガイドお問い合わせは
tomokoargentina2@gmail.com



 


 

2016年01月29日

アルゼンチンでは現金がよく必要になります。

 昨今では世界中どこでもクレジットカードで支払いが済ませられます。アルゼンチンも例外ではありません。しかしながら、多くの場合、現金が必要なことがあります。
1.少額の買い物 
クレジットカード使用最低金額があります。店により違いますが、だいたい100ペソ以上なら問題ないです。
(日本円で千円ぐらい)それ以下は現金で払うようになっています。
ただし、スーパーやマクドナルドなどではクレジットカードで支払い可能です。
2.タクシー、公共交通機関
カードで支払えるタクシーも増えてきましたが、ほとんどが現金です。地下鉄もそうで、バスはプリペイドカードのSUBEを使いますがそのチャージは現金です。
3.チップ
レストランではたまにクレジットカードでも払える比較的高級な店はありますが、だいたい10%ぐらいは現金で支払います。
またホテルのポーターなどにもちょっとした心付けを渡します。
4.店舗 ショッピング、レストラン
ショッピングでカード利用ができる店が多いですが、全てではありません。
またカードで払わなかったら10%引いてくれることもあります。
現金ではいくら、カードではいくらと値段が違うことがあります。
それからカードが使えることになっていても機械が不調、電気がない、つうじない、などで使えないことも
多々あります。店舗前にシールが貼ってありますが、今の時期は使えない、というときもありますので
店に入って、カードが使えることを確かめましょう。
 現金とは言っても一般的にはペソです。外国人対象ならアメリカドルやユーロでもとってくれるところがあり、その場合はお釣りはペソのことが多いです。日本円は無理と行っていいです。両替できる場所も少ないし、日本より
20から30%不利なので、成田であっても現金ドルに少し変えておきましょう。
 現金を持ち歩くのが怖いとは言っても、大金でなければとくに問題ないでしょうし、逆にカードを同じ財布にたくさん入れているほうが、怖いです。お財布にまとめて入れておかないで、現地用のすぐだし入れできるお財布か、お札だけを別にしておきましょう。





記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 





2016年01月26日

ブエノスアイレスは観光シーズン! プエルトマデロの変化

IMG_4639

現在 ブエノスアイレスの日曜日は、バケーション時期も重なって、市内観光に最適です!
昨日のブエノスアイレスまるまる一日堪能プランはとっても皆さんご満足いただけましたので、紹介。

1. 7月9日大通り、オベリスコ ドライブ
2. 五月広場 100年の歴史を持つ地下鉄、大統領府、市議会カビルド、カテドラル(大聖堂)
 そして、サンマルティン近衛兵の交代劇をキャッチ
3. 旧市街ドライブ サンテルモ地区のレサマ公園、ボカ共和国、ボカスタジアム、
4. カミニート小道 散策 
  ランチタンゴコンサートを一瞬見学、お土産物屋
5. プエルトマデロのレストランで 食事
6. 乙女橋までドライブ  
   写真撮影
7. 大統領府へ戻り 写真撮影
8. 国立銀行、五月大通り、フロリダ通り ドライブ
9. カフェトルトーニ 見学
10。 国会議事堂、レコレータ地区 ドライブ
11。 レコレータ墓地散策
12。 エル アテネオ書店 グランスプレッド支店 見学
13。 パレルモ地区ドライブ
14。 パレルモソーホードライブ
15。 ショッピング
16。 コロン劇場 写真撮影

終了です! 朝10時から午後6時までです。
ただし、平日の場合はここまで回る保障はありません。
またグループでしたら、皆さん、ご自身の希望はあるでしょうが、ある程度集団行動を
尊重していただく必要があります。
ご用命はtomokoargentina2@gmail.com

 ところでプレルドマデロに浮草が大量に入りこんで普段と別な景色を見せています!!!
ブエノスアイレス市内は問題ないのですが 多くの北部の街で洪水問題があり、そのため 北から
流れてきたものなんだそう。。。



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 

2015年01月13日

ブエノスアイレス国際空港エセイサから安全安心な移動レミスサービス

 ブエノスアイレス国際空港エセイサに到着して、荷物を受け取り、税関を通って、出るだけで、フアンカルロススプリンター社のドライバーがお待ちし、安全に安心にブエノスアイレス市内の目的地までお送りすることができます。
10665852_711772345584196_768011188801289827_n

((こちらは空港で降り立ったときの写真です。お客様から見て左側でいつもお待ちしております))
 国際空港から市内までは通常車両ですと、スーツケースをお持ちの3名様までゆったりと乗っていただけます。お荷物が少ない場合は4名でも可能です。
DSC02396

もちろん、反対のブエノスアイレス市内から国際空港エセイサまでご指定の場所から場所へお届け致します。
 ブエノスアイレス国際空港エセイサから市内までは約40分ほどの移動時間になりますが、時にはより早くお届けします。(渋滞/事故/デモの場合はこの限りではありませんが、より迅速的確にプロドライバーが判断します)

フアン カルロス スプリンター社はブエノスアイレ国際空港エセイサからブエノスアイレス市内のホテルまたはご指定場所から各種目的地までの安心/安全な移動サービス(レミス サービス)をご提供しています。


 例えば、ブエノスアイレス国際空港エセイサからブエノスアイレス国内空港アエロパルケへの移動も同料金です。この場合、国際空港から国内空港への乗り換え(国内空港から国際空港も同様)は、できれば4時間以上の乗り換え時間を見ておいた方が安心です。

 国内便への乗り換えにも是非ご利用ください。エアラインをご指定いただければそちらに一番近い場所へお届けします。反対に、国内空港アエロパルケから国際空港エセイサまでも同様です。特にエセイサではブエノスアイレス発の場合エアラインによってターミナルが違うことがありますので、事前にお知らせいただければ幸いです。

 それ以上の人数のグループの方や行き先が別途ある方、そのほかブエノスアイレス州へ直接行かれる場合もご相談ください。 
 現在、バン(10人乗り)もありますので、1台で一緒に移動できますから、2台ご利用よりも簡単です。
DSC02786


 連絡はこちらjuancarlossprinter@gmail.comから
日本語で、ブエノスアイレスご到着前に
 ご依頼可能です。
 1。到着日時、
 2。便名、
 3。お名前(ローマ字読みもお願いします)
 4。目的地(ホテル名 住所)などの情報を添えて

ご相談ください。

また観光や出張の会社訪問などと
 レミス専用車利用として
 半日利用(3時間から4時間) 市内観光に最適です。
 1日利用(6時間)、
 フル利用(8時間)と また
空港送迎コンビネーションで依頼することも可能です。

安全に車からフォトサファリ(きれいな写真を取るために車がうまく動きます)も可能です。

もちろんその場で少し降りて見学して次の場所へ向かうことも可能です。

 または夜8時からと遅いアルゼンチンのディナー時間にレストランにお届けし、お帰りまでお待ちすることも可能です。

 お問い合わせはこちらへ日本語でどうぞ。
juancarlossprinter@gmail.com
フアンカルロススプリンター  ブエノスアイレス空港送迎サービスはこちらのHPでご覧ください。
http://juancarlossprinter.wix.com/juancarlossprinter

 その他、ご旅行に必要なサービスは別途、有料/無料がありますが、ご対応しております。ご相談ください。

そして、 エセイサ空港から直接マルデルプラタまで、もしくはブエノスアイレス州の町へ、
 またはブエノスアイレス市内からアルゼンチン伝統文化の町
San Antonio de Areco サンアントニオデ アレコへの観光
ARECO2

ルハン教会、ルハン動物園ツアーなども可能です。

また、友人、知人の方をお迎えに行くため、市内から一緒に同乗してお迎えに行くことも可能です。
これまでにビジネス出張、テレビ撮影、新婚旅行、スポーツイベント参加、観光
のお客様にご利用いただきました。

こちらのお客様から感想を書いていただきました。ありがとうございます。
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/20606/
「短期間で慌ただしくて内容濃くてとにかく楽し過ぎ!アルゼンチン旅行10日間☆」
楽しい日記なので、アルゼンチン旅行の参考にもなりますので ご参照ください。

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52070188.html

記事がよかったら以下クリックしてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2014年10月14日

ブエノスアイレスは夏に向かっています

 
10557360_731628836931880_8505378924869308302_n

 日々緑が濃くなり、豪雨の週末から一転光眩しい週末になりました。 まだまだお花は少ないですが、ブエノスアイレスは確実に春で夏に向かっている新緑が爽快です。こんな街路樹の様子は市内のあちこちで見られ、南米近隣諸国から来る人々にとってもブエノスアイレスを特別な町にしているようです。
 もういくつねるとハカランダ、もう一箇月はきったと思います。日本なら桜前線があるのに。。ブエノスアイレスの桜的青紫のキリモドキこと、ハカランダは通常11月初めに咲きます。 
 こちらに来て、数年目に仕事に没頭してふと頭を上げるとハカランダが満開なのに気づきました。季節の変わり目も気付かなかった自分に反省しましたが、日々のことで過ごして忘れてしまいがちになります。それからは毎年ハカランダの季節を楽しみにしています。
10353555_731629043598526_7325614410735806577_n

この左の地味目がハカランダです。
なお、今はパロボラッチョの花がすぎて、綿をもつ時期になっています。ピンクのはラパチョという花ですね。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 

2013年07月08日

雲への列車 冬休みスケジュール

 アルゼンチンは7月の第三週の来週から2週間、学校は冬休みに入ります。この時期、旅行する方、普段より込んでいたり、高いのはこのためです。
さて、この時期いろいろな観光先が込んだり、増便があります。昨年の「世界ふしぎ発見」今年の「世界行ってみたら」でぜひ、アルゼンチン北西部サルタのtren a las nubes! 雲への列車に乗りたい!と思った方朗報で、次のように増便が7月はあります。
7月11日(木)、13(土)、16(火)、17(水)、18(木)、20(土)、21(日)、25(木)、27(土)、8月3日(土)です。
 サルタ駅で直接申し込むか、ブエノスアイレスでご手配ください。

 

2013年07月06日

『世界一周できません (と思ってたらできちゃった)』(幻冬舎文庫)発売で、ブエノスアイレスの私もちょっと出ているそうです。。。

1014069_539051102824588_1094647083_n

世界新聞の編集長 松崎敦史(まつざきあつし)さん著
『世界一周できません
(と思ってたらできちゃった)』(幻冬舎文庫)が去る7月3日出版されました。

世界中でいろいろな経験をして(あんまりしない方がいいこともあったかもしれないけれども)「無事に」日本へ帰り、一周することができました。逆に今までのお仕事に深みを増したようです。
(もともと書くことが好きでそれを仕事としていたそうです)だからこそ、書ける、読ませる 話もあると思いますから興味がある方は、現在 幻冬舎海外旅行ブックフェアがあるそうなのでお近くの本屋で手にとってみてあげてください。
ちょっとよい子はあまり真似しない方がいい反面教師的なことも
あるかもしれません(笑)まあ無事だからよかったんですが、
でも、若いこと、知らないってこと、元気があるってこと、
本当に価値があることです。そのときそのときを大事にしていくこと そしてそんなつもりはなかったことなどなどそんな気持ちを思い出させられました。
その昔(+昔 x 2まではいかないけれども、近い)わら版紙に近い、三色刷「地球の歩き方」の本を持って、メキシコを旅行しました。一日2000円で旅しよう、というのがキャッチフレーズでした。(ちなみに確か1ドル180円ぐらいでしたよ。。。)外国語学部スペイン学科で勉強していたし、漠然とラテンアメリカに興味を持ち、何でも見てやろう精神です。オアハカのゲラゲッツアの祭りなど地元の人たちと会場まで長い間列をして並び「いい席」を確保しようとがんばったり、いろいろな思い出がありますし、幸いちょっとスペイン語はわかりましたので、現地観光局や文化局が出しているスペイン語版リーフレットなども合わせて情報を得ましたし、旅の予定を組みました。
 でも、テオティワカンのピラミッドで光と音のショーへ地元の普通の路線バスで郊外まで行って、安くついたのはいいのですが、帰りは遅いので、観光バスにまぎれて乗せてもらおう!とたかをくくっていたのですが(よい子は真似をしないようにー笑)観光ツアーバスは終わる前に帰ってしまったので、一般の人たちが駐車場から出てくる中、よし!デド!(ヒッチハイクです)と心を決めました(注 これも20歳の女の子がラテンアメリカでやることではありません。特に現在。。。)しかしながら、エクアドル人のおにいさん三人が「女の子一人でヒッチハイク!俺たちも手伝ってやろう!」と強引に合流されて「えーん、一人でも乗せてくれるかなのに、四人で誰が一体乗せてくれるの!」と内心泣きながら怒りながら、だったのですが、何と親切なメキシコ人一家が子供達を奥の荷台に乗せ全員を拾って、一時間近くあるメキシコ市内まで送ってくれたのです(今だったら道路交通法で。。。と無理でしょう、昔もだめでしたが、大らかな時代でした。(アルゼンチンもその昔車に何人も乗せては知っていましたしね)しかしながら、帰ってお世話になっていたメキシコ人家族にとってもとっても叱られました。当たり前ですけれどもね。。。。まあそんな無謀なときもありましたがおすすめできることではありませんし、昔に比べてやはりちょっと大らかじゃなくなっていることもありますので気をつけましょう。。。。。思い出話になりました。。。
 松崎さんは2012年レングアスビバスの日本語講座にビジターとして参加してくれました。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/10/post_224.html
こっそり、写真を撮っていたので(まあこっそりな気もなかったのかもしれませんが一応授業中です。。)そして先生な私に「「動物園」じゃないんだから、写真を撮りたいときには言ってね」と微妙に叱られました。
そんな話もあるのかな?違う? 私も出ているそうです。どんなことになっているんでしょうね。。。
『世界一周できません
(と思ってたらできちゃった)』(幻冬舎文庫)↓amazonの商品ページ
http://p.tl/u8N0
松崎さんの世界新聞のブログはこちらです。
http://sekaishinbun.blog89.fc2.com/blog-entry-453.html

記事掲載のカテゴリーに入れましたが、ちょっと違いますね。。

  記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 

2013年07月03日

フジテレビ「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」アルゼンチンスペシャルは明日7月3日オンエア!

IMG_4850とうとう明日7月3日(水)午後6時55分から8時54分まで2時間たっぷりのアルゼンチン編スペシャルフジテレビ「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」が放送されます。
番組HPはこちらですがhttp://www.fujitv.co.jp/sekaiittemitara/next.html
こちらにアップデートな情報が掲載されました。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/sekaiittemitara/

アルゼンチンには 隅川ディレクターと庄司ディレクターがいらっしゃいました。
ロケ地はそれぞれブエノスアイレス市内とブエノスアイレス州とイグアス、そして、アルゼンチン北西部のサルタ/フフイとパタゴニアのエル カラファテです。IMG_7646
番組では2週間強の滞在中の出来事全て撮影し、とっておきを編集しこの国の「今」を伝えます。
地球の反対側に行きました、と、ちゃんと書いてくださったのは1998年から地球の反対側の国だというメッセージを送っている者として嬉しい限りです。(反対側というのと裏側というのとの考え方の違いは
開国アドバイザーのコラムを読んでください!ここです!http://kaikoku-japan.net/column/3223
アルゼンチンはサッカーや情熱のタンゴなどで知られていますが、大自然の雄大さに絶景も魅力的です。世界遺産であるイグアスの滝に、パタゴニアのペリトモレノ氷河を訪問していただけましたが、さらに「雲への列車」の素晴らしさ、そして、北西部での人々の自然な営みを体験していただきました。208716_10151340240150547_1015017671_n
「アルゼンチン」ブエノスアイレスを訪れた隅川恵美ディレクターに出川哲朗さんという世界の食マスターとおいしいレストランを訪れます。アルゼンチンでおいしい物を食べたい方はぜひチェクお願いします!
それからいろいろな楽しいアルゼンチンの仲間が出てきて、景色、食べ物だけではなく、アルゼンチンの人々の素晴らしさも見せてくれます。アルゼンチンに来たことある人はぜひ懐かしんでまたお待ちしておりますし、今まで知らなかった人も楽しめることでしょう!
c3cd6e0e.jpg



世界行ってみたら的な旅、体験がしてみたい方は ご連絡ください!
tomokoargentina2@gmail.com



アルゼンチン撮影コーディネーションのご用命はファニプロラテンアメリカへ
http://tomokoargentina.wix.com/funnyprolatinamerica


  記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2013年06月28日

アルゼンチン「イグアスの滝」国立公園の現状は大水ながら開園中です。(6/27現在)

1044979_438077542956769_45390132_n

アルゼンチンの北部にある世界遺産イグアスの滝はブラジルと国境を分けて大瀑布が展開しますが、ブラジル側からイグアス川が氾濫し、多くの新聞では国立公園は閉鎖と伝えています。http://www.infobae.com/notas/717355-Impactantes-fotos-del-rio-Iguazu.html
しかしながら、6月26、27日現在、一番大きな「悪魔ののど笛」へのアクセスは閉鎖されていますし サンマルティン滝へ突っ込む滝激突ボートなどは中断されていますが、上流と下流への遊歩道は開園されています。こちらは26日に行った人のビデオです。また普段以上に水のスペクタルショーを見ることができます。即ち、行けるということです。

アルゼンチン イグアス国立公園では今後できるだけ注意をするため、特に悪魔ののど笛は新聞の写真のように遊歩道が流れないように、折りたたみ式になっています。大水ながら、見学は可能です、と伝えています。現在のイグアス国立公園の入場料は170ペソです。入場料はアルゼンチンペソのみ受付ですのでご注意ください。
945601_438412486256608_1270315892_n


もちろん自然のことなので、突然 変更になることはあるでしょうが、現在 ほんの少しずつですが水量は減っているとのことです。

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2013年03月29日

地球ゆうゆう紀行「伝統文化を受け継ぐアルゼンチン北西部」(3/31)

来る3月31日、BS ジャパンで地球ゆうゆう紀行 「伝統文化を受け継ぐアルゼンチン北西部」が再放送です。こちらは2008年に収録しましたが、今でも新鮮な映像でアルゼンチンの北西部のサルタとフフイの魅力がまるまる1時間たっぷり、美しい、ゆったりした映像が流れます。保存版ですよ!
2013年3月31日(日) 16時00分〜17時00分
BS ジャパンで地球ゆうゆう紀行 「伝統文化を受け継ぐアルゼンチン北西部」

なお、他の地域もこちらにダイジェスト写真があります。ときどき番組表をチェックしていると再放送がありますよ!
http://www.bs-j.co.jp/argentina/
(BSジャパン アルゼンチン 絶景の旅)
P9221551

 実は、このカメラマンさんはアルゼンチンで生まれた方なんです(生まれただけの日本人ですが)そのため、今まで知らなかった初めて見る出生国への愛があふれている映像だと思います。
 ウマワカ渓谷のカラフルな山並み、ティルカラ村のやさしい人々、市場で笑うおばちゃん、リャマのステーキなどの郷土料理、母をたずねて三千里のマルコが通っただろう景色、大きな6mを超すサボテン国立公園、赤いグェメス将軍の血を象徴する赤いポンチョ、ポンチョを作る伝統の村、ガウチョ(カウボーイ)の祭りとポンチョを着るマリア像、全て織り込まれています。
 アルゼンチン、南北5000キロ、どこでもかなり行っていますが、北西部は ほっとさせてくれる人々、町並み、食文化があります。どうぞお楽しみに!

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


2013年03月26日

サルタ雲への列車2013始動(3/29から!)

P9211509

昨年の世界ふしぎ発見でミステリーハンター諸岡なほこさんが乗った 雲への列車ことトレン ア ラス ヌベスが 3月29日、2013年期再開します。
どんな列車かはこちらのビデオをご覧ください。

 クライマックスはポルボリージャ鉄橋(4200m)ですが、その後、こちらのように
208716_10151340240150547_1015017671_n
民芸品を買うオ土産コーナーが準備されています。
 ここでとまって景色を堪能し、皆でアルゼンチン国歌を歌います(なぜ?それは国境近くですし、さらにここまで来た、アルゼンチンの覇権がここまである、という証でしょう)そして、このリャマと写真をとったりリャマの織物を買ったり楽しいのですが、その後、サンアントニオデロスコブレス駅に1時間半ほど戻ります。。そのとき、なんとこのお土産コーナーの人たちがそのままいるんです。。。みなが高山で列車のなかで酸素ボンベを使っている間に、現地の人たちはソトを走って、次の駅まで戻っているんですよ。。。すごい!たくましい!高地の人々に遭うのがおすすめです。なお、現在、毎週土曜日午前7時にサルタ駅を出発した列車はポルボリージャ鉄橋、サンアントニオデロスコブレス駅の後は乗客は列車ではなく、バスでもどることになっています。
記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


2013年03月18日

空港送迎の安全/安心な足として レミスのお薦め

IMG_0053送迎専用車(レミス)フアン カルロス スプリンター社では
ブエノスアイレス エセイサ国際空港から市内までの安心/安全な移動サービスが提供されています。
2013年3月末まで、空港送迎サービス通常車両の場合は、三名まで50ドル。また市内などから国際空港へもホテルなどご指定場所にお迎えしてお届けします。 お帰りのご予約の往復は100ドルです。
約40分ほどになりますが、快適に安全に安心して移動が可能です。また時にはより早く目的地までお届けします。(もちろん、渋滞/事故/デモの場合はこの限りではありませんが、より早く的確にプロドライバーが判断します)
 (目的地は原則一つですが、場所によっては問題ないので相談可能。
  国内空港アエロパルケも同料金です)
 それ以上のグループの方や行き先が別途ある方/ブエノスアイレス市内の場合もご相談ください。 
 連絡はこちらjuancarlossprinter@gmail.comから
 日本語で ご到着前に
 ご依頼可能です。到着日時、便名、お名前、
 目的地などの情報を添えて依頼してください。また観光や出張の会社訪問などと
 レミス専用車利用として一日、半日利用とコンビネーションで依頼することも可能です。  
ブエノスアイレスから電話では 15 5988 7817 に直接どうぞ。
 その他、ご旅行に必要なサービスは別途、有料/無料がありますが、ご対応しております。また、友人、知人の方をお迎えに行くため、市内から一緒に同乗してお迎えに行くことも可能です。
 記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


2013年01月03日

アルゼンチン旅行計画には!

 地球の歩き方 特派員ブログにて アルゼンチンの旅行計画のための記事を準備編で
リンク、また記事を掲載したときからの変更事項をアルゼンチン旅行準備/入国改訂版2013年として
書いております.新しい年 アルゼンチン旅行へのご参考にどうぞ!P8092608
   新しい年 アルゼンチン旅行へのご参考にどうぞ!http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2013/01/post_239.html
ブエノスアイレスでお待ちしております!


記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


2012年12月25日

アルゼンチンでのブラジルビザ取得について

P4190363日本国籍の日本人はブラジルへ行く際にはブラジルのビザが目的に応じて必要です。通常の観光ビザをブエノスアイレスのブラジル領事館で取得するには、こちらの領事館のサイトが詳しいです。
http://www.conbrasil.org.ar/CONSBRASIL/index.asp
基本的には
1。事前にオンラインで訪問日時を予約する。
2。オンラインで必要事項を記入しておき、その番号を持っていく。もしくはプリントアウトする。
3。指定された時期にブラジル領事館に行く 
  1)申請書のプリントアウトもしくはナンバー
  2)証明写真 4x4cm 
  3)銀行の残高証明書
  4)旅程表 できればホテル予約証明など
  5)往復チケット
  6)有効期限6ヶ月以上のパスポート
4。上記の申請書を領事館にあるPCで記入も可能です。
 (指導も受けられるのでこの方が便利かもしれません)
5。申請書が受領されたら、近くのイタウ銀行へビザ料をペソ建てで支払う
6。早い日は翌日の正午以降、遅くても3日後(通常営業日ですから、金曜日に申請したら翌日は月曜日です)には発行されますので、銀行の支払い証明書を持って指定された発行日以降に行けば受け取りが可能です。
費用はそのときのブラジル レアル、 ドル、アルゼンチンペソのレートによりますが、11月に行ったときは40ドル弱でした。
 上記 申請に事前コーディネート(予約、書類などの不備がないかチェックします)、同行通訳/コーディネーションが必要な場合はご用命ください。
原則日本国籍の方は日本で申請することになっているので、それ以外の場合はどうしてなのか、理由を聞かれることもあります。
 なお、イグアスの滝観光へ行く場合は アルゼンチンのプエルト イグアス市領事館で上記手続きが可能です。上記条件は同じですが、場合によっては3から5はある程度おおめにみてくれることがあります。ただし、受け付けは午前中のみですので、お気をつけください。また基本翌日以降発行ですが、ブラジルやアルゼンチンの祝日、週末によってはのびます。その他、クリスマスの25日、1月1日はどこも休みです。
 アルゼンチンで現地在住資格がある場合はその日のうちに帰るのでしたら、例えばブラジルのイグアス国立公園に行って帰る程度でしたら、ビザは必要ありません。ただし、それは半年に一回になりますので、それを使って2ヶ月後に再訪する場合はビザを取得する必要があります。(私は4ヶ月の間に4回行ったので、それはブラジルビザが必要ですー笑)
 また一般に日本人の場合、アルゼンチンのプエルト イグアスからパラグアイへ出る場合は原則としてブラジル経由なので、ブラジルビザが必要です。反対も同様です。
 ただ、実践的には、普通の路線バス利用などでしたら、アルゼンチンからブラジル経由パラグアイ(その逆もあり)へノーチェックで通れることも多いです。ただし、原則と正規の方法は上記なので、念のために。また、ブラジル旅行を先にしていて、パラグアイに入った場合、きちんと出国スタンプを教えてもらえていないと、再びブラジルを訪れる場合、罰金になることが多いでしょう。
 別途、パラグアイでは首都アスンシオンの他に、イグアスの滝との国境のシウダ デル エステ、アルゼンチンのポサダス市との国境のエンカルナシオンにて、ブラジル領事館で、同手続きが可能です。その場合、3ー5は同様の場合と緩和されることがあります。以前、プエルト イグアスは簡単であったようですが、その後、業務が増加したのでしょう。厳しくなりましたので、時期によって変わる、また原則は上記ということを十分に鑑みた上で、申請に余裕を持って臨みましょう。
なお、2011年11月現在、アスンシオンでは、5X7cmの写真が必要でした。たずねたら、ビザを作る機械の規格がアルゼンチンと違うそうです。
 撮影などのメディア関係、ビジネス出張の場合は上記と少し手続きが違います。別途ご相談ください。記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


2012年12月24日

ブエノスアイレス観光オプション*専用車周遊

P4060126 ブエノスアイレスはクリスマスシーズンですでに町中の市民はバケーションに出かけました。そのため、市内は交通渋滞など無くすっきり。市内観光の足にお役立ちのオプションを日頃のご愛顧のお礼に
クリスマス年末年始プロモーションとして フアン カルロス スプリンター社が提供してくれます。
(こちらのプロモーションは現在のところ、1月15日までです、また日によってご対応できない場合もありますのでご容赦ください。他の目的地や別のサービスや日程はそのつどお問い合わせください。)
市内周遊3時間以内コース (移動、駐車している間、観光地を見学、その後、また乗車をするプランです、もちろん忙しい方は車のままでも、一周できます)
*市内の主な観光名所(ホテル、または待ち合い場所から、中心街、オベリスコ、大統領府、ボカ地区カミニートもしくはレコレータなど、他にプエルト マデロ、リベルスタジアムやパレルモ公園、パレルモSOHOなど、時間内なら可能です。もしくはプラスオプション。)IMG_7792
  50ドル (1名) 
  80ドル (2名) 
 105ドル (3名) それ以上の人数はご相談ください。なお、お値段はアルゼンチンペソ相当も可能です。
車両はその日空いているタイプで、一般乗用車、VIP車、ミニバスになります。
また周辺ののティグレやラプラタ、ルハン ー片道1時間前後の移動ー、
サン アントニオデ アレコー片道2時間ーなどへのご希望はまたご相談ください。
別途マルデルプラター片道4時間ーなどの観光地への送迎も可能です。
どちらも治安や各種おもしろスポットの事前ご案内を致します。IMG_7803

なお、3名以下の場合や、ミニバスサイズのグループの場合、
こちらに当方、もしくはスタッフが乗りまして、
日本語での観光ご案内の追加オプションや 旅サラダでのロケ地、
世界ふしぎ発見ロケ地紀行オプションもあります。

もちろん空港へのお見送りも可能です。
もちろん、その他の目的別のブエノスアイレス、その周辺訪問などご相談ください。
ご用命は juancarlossprinter@gmail.comへ
日本語ではこちらにご連絡ください。tomokoargentina@gmail.com


2012年12月17日

お薦めお土産2 ピンクの石ロドクロシータ

1355605512670
 昨日は久しぶりにブエノスアイレス クラフトマーケットにいってきました。レコレータのフランス広場にて土日かいさいされています。ここは基本全て自分達の手作り品を並べることになっています。その中でアルゼンチン的お土産でかさばらないのが決めてのロドクロシータというピンクの石です。アルゼンチンの北西カタマルカという州でとれます。ペンダントトップにハートなどの形でかわいいのがおみせによって20 から 120ペソでした。作り下ろしかによっても違うし石の室は本当は透明度が高ければ高級です。でもかわいいで買うならにごっていてもいいし鉱脈のしまがあるのが個人的に好きです。そして黒いオニックスとコンビでペンギンちゃんもかわいいです。このお店は真ん中辺です。
1355604048998


2012年12月06日

サン テルモの骨董市  (ブエノスアイレス観光お薦め!)

フェリア デ サン テルモ (ブエノスアイレス骨董市の歴史)
San Telmoサン テルモとはキリスト教の聖人の名前です。テルモ聖人ですね。
このフェリアは同名の教会の保護の元に発足したので同じ名前がつけられています。
 サンテルモ地区は、ブエノスアイレスでもモンセラート地区同様一番古い地域です。
ブエノスアイレスがまだスペインの副王領の首都の時代、イエズス会により、1748年建設された教会は、イエズス会追放後、サン ペドロ ゴンサレス テルモ寺院が創設されるための仮の場所として1806年から利用され始めましたが、最終的にはそのままサンテルモ寺院として定着してしまいました。
当時、この地域はアルト デ サン ペドロと呼ばれていました。スペインから1816年7月9日、独立が宣言なされた日、ブエノスアイレスの市民はここに集まり、独立を祝ったといわれています。
 現在のドレゴ広場は、1822年 デル コメルシオと呼ばれていました。その後、
メルカド デ サン テルモが1897年出来上がり、後に、広場はドレゴ大佐広場と呼ばれるようになります。 
 サン テルモ地区は かつてブエノスアイレスの名家が住んでいた地域でもありました。
しかしながら、1871年 黄熱病がはやり、彼らは北部に引っ越していってしまいました。そこをバリオ ノルテといい、現在のレコレータ地区、パレルモ地区周辺(パレルモとは言っても、流行のパレルモソーホーではなく、現在植物園や動物園のある昔ながらの地域です)そのため、古いマンションと呼ばれる大きな家をヨーロッパの移民者に賃貸するようになりました。当時は仕事や新大陸への夢をもってやってくる移民が多く、大邸宅を長屋のように使っていました。中でもサンフアン通りからでフェンサ通りに入り、左手にある、エセイサ家大邸宅がその名残を残していますし、お店があるので、中に入ることができます。そのまま社会的に昇進の方法もないまま、小さな部屋を借りたままの人々も多く、富裕階層とそうではない階層にはっきり別れて行きました。さらに地域的に現在のセントロやレティロ地区の発展もあり、このサンテルモ地区はやがて廃れて生きました。
1950年代にはすっかりこの地域を現代的な集合住宅にしてしまおうという国家法案が
通るところでしたが、結局決議されずに、そのまま古い様相を残していました。
もちろん、ほかの地域は近代化する一方でした、しかしながら、1970年ブエノスアイレス市博物館の創立者である、ホセ マリア ペニャがドレゴ市場にてサン ペドロテルモの骨董市を始めました。ブエノスアイレスの人々が歴史を持つ祖先の遺品の価値を見出し、またそれを交換することができるようにするためでした。その後観光客にも有名になり、現在の古い町並みと古い品物を大切にする地区と化するのです。
1978年、当時の市長 オスバルド
カシアトレ氏により、大通り構想によって、インデペンデンシア大通りと、サンフアン、ガライ通りが拡張され、多くの1910年以前の建築が撤去されました。
 ブエノスアイレス市博物館長は、再び、1979年、この地区の120ブロックの建築規制をし、古い町並みを残すことに尽力します。
1982年その規制はまとまり現在のように古い町並みを残し、さらに新しい建築は古く作らないことが決定されます。家屋だけではなく、アドキンと呼ばれる石畳もそのままです。
 1970年から休むことなく、毎週日曜日の朝早くから、サンテルモにはお店を出す人々がやってきます。だいたいの店が出来上がるのは午前10時半。ブエノスアイレスの昔ながらの鼓動が打ち始めます。
店舗数は270です。この伝統市に、出店するには厳しい資格審査に合格する必要がありますし、現在その定員は満員のため、店があいたらという順番待ちになっています。店主は店に常にいる必要があり、唯一アシスタントを置き、二時間程度は席を空けることができます。また三ヶ月毎に場所の位置換えの抽選があります。
P5200752

 実際にはもっとたくさんの店舗があるように見えます。それはこのドレゴ広場のにぎわいを目当てに、周辺の道におみやげ物やさん、ヒッピーアクセサリー、そして、大道芸人が集まってくるからです。お店の人によると、あの人たちと私たちは一線を課しているとのこと、市場に店を出しているのは伝統的な毎週の決まりごとであり、習慣だといいます。そして、この市場は市の博物館所属であるように、野外博物館となっているのです。
 経験から分かるのは、たくさん質問する人は単に好奇心からで、ひやかしの客が多く、じっくり見ている人の方が買っていくそうです。半数以上の店主が自分の骨董の店を郊外にある自宅近くに持っていて、日曜日はコレクターとの接点のために、また見本市であり、そして、お互いの情報交換が中心です。それぞれの専門家がいるのですが、自分の専門ではお店がなりたたない場合はほかの品物を出しているときもあります。またちょっとトイレや留守をしたいときに、隣のお店の人が代わりに対応してくれることも多く、ふと値段を聞くと今オーナーが来るから待っていてといわれたりします。店主の大部分が最低20年は店を出しています。店の種類はグラス屋さん
シャンデリアのパーツ屋さん、
古時計屋さん、
牧場のカウボーイグッズ屋(これも銀製品のバックルをはじめ、骨董です)さん
陶器の人形屋さん
ナイフ屋さん、などなど。。。
 日曜日にブエノスアイレスにいるスケジュールがあれば、是非、お立ち寄りください。以外に古いもののアクセサリーなど素敵な物が見つかりますよ。
記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2012年10月28日

11/3 世界ふしぎ発見!第1251回チリ→アルゼンチン 奇跡の花園と天空のアンデス

P9181112
既報11/3(土)午後9時より、毎週放送の TBS世界ふしぎ発見http://www.tbs.co.jp/f-hakken/にて、コーディネート番組「チリーアルゼンチン」編
TBS世界ふしぎ発見!第1251回 チリ→アルゼンチン 奇跡の花園と天空のアンデス11/3(土)午後9時より
 チリ北部のアタカマ砂漠、アタカマ高地、アンデス山脈で国境を越え、アルゼンチン サルタのサンアントニオ デ ロス コブレスから「雲への列車」の旅です。実はこの国境付近が心が痛くなるほど素敵な世界です。チリとアルゼンチンの北部の素朴な人々と風景をお届けします。
border="0" alt="P9221551" hspace="5" class="pict" align="right" />
ミステリーハンターは 諸岡なほこさんです!  http://ameblo.jp/nahoko/(楽しいブログはこちら)
今回のミステリーハンター諸岡なほこさんへのインタビューがこちらに掲載されています。
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/index-j2.html
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/index-j.html
さすが なほこさんのコメントは楽しくて素敵です!
サンチアゴから飛行機で北へ行ったらすぐ砂漠な風景から
町はまだ???と聞いていて、町に着かないで砂漠に降りちゃったのでびっくりされています。本当にからからの大地ですが、いい人ばかりで心は潤います。
お楽しみに!P9211518












なお、雲への列車 Tren a las Nubes の旅をしたい方急いで!今シーズンは12月初めで終了です。
http://www.trenalasnubes.com.ar/
次は来年の3月から4月頃から再開します。サルタという町から午前7時に、火曜日か金/土曜日(時期による)出発です。11月から12月のスケジュールは 11/2,6,9,16,20, 24,30, 12/7 です。2012年10月からは、有名な4220mの鉄橋の後、サンアントニオ デ ロス コブレス駅により、お土産やを眺めた後の帰りはバスか、モビトラックという高地向けの大型トラック的バスになります。お値段はそれぞれ$830と$855です($はアルゼンチンペソです。現在1ドル4.7ペソぐらいです)朝7時に出て、午後8時にサルタ市に着くことになりました。アルゼンチンやチリの北部への旅、ご相談ご希望の方はこちらにお問い合わせください。スペシャルな旅のプランをコーディネートします。tomokoargentina2@gmail.com  
記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


2012年10月01日

ル・コルビュジエの家

IMG_3923

クルチェット邸はスイス生まれフランスで活躍した建築家ル・コルビュジエのアメリカ大陸唯一の作品で、アルゼンチン、ブエノスアイレス州の州都ラプラタ市にあります。そのため、建築を学ぶ人のメッカとして、国内外からの訪問客を受け入れています(現在、建築学科の管理下にあります)今回は、日本からの建築専門科のUさんに特別に解説をお願いして掲載致しました。
 クルチェット邸はル・コルビュジエのアメリカ大陸唯一の作品です。
 ラ・プラタ市の 自然科学博物館や動物園のある広大な公園に隣接したブラウン広場に面した こじんまりしてはいるが存在感のある白い住宅です。
広場からは ピロティの上部に日除けの水平線が強調され 細い円柱で支えられた屋根つきの吹き抜けの屋上庭園が見えるので 何階建てか判りにくいですが手前は2階建です。
手前と奥とが 大きな木の植わった中庭で分けられていて、手前は事務所で奥が住宅です。
 正面左側に 建物から独立したパースペクティブな奥行きが感じられる入り口の門があり、
右側の車の入り口鉄扉がスゴイ!
道路から車庫に向かって登り勾配になっているので、普通に考えるとこの扉はひらきません、ところが扉の吊り元が兆番になっていて 開けると扉の先端が徐々に上がるのです。IMG_3954

この鉄パイプが回転します。IMG_3955

玄関に入り 美しいカーブの2段の階段を上がり、右手に太い木の幹、壁の色と同じ白色の抽象彫刻の置かれた白砂利の中庭を見ながら木製笠木のスロープを登って、突き当たり右側が住宅の入り口です。
奥まった玄関ホールなのに 木製の大型ガラス窓を通して光が入り明るく 1,5層分の天井高なので中庭と一体化して開放感があります。
IMG_3945
スロープを折り返して更に登ると 事務室、事務室は2部屋に分かれていますが 窓側は通路になっているので 外から見ると1部屋に見えます。
円柱・ガラス窓・日除けが外部との緩衝地帯を構成しています。
住居部分の上階には居間・食堂・厨房があります。
階段室から書斎コーナーのある居間に直接アクセスし 奥に進むと吹き抜けのガラス窓から日除けによって調整された光が部屋中をやさしく照らしています、そのまま外部に出ると公園から見えた屋上庭園です。
事務所の日除けが上部に連続して 屋上庭園では奥行きのある手すりの役目を果たしています。
この日除けは屋上庭園のプライバシーも守っています。
2層分の高さの天井は 屋上庭園の上方への区切りで専有空間であることが感じられます。IMG_3952
居間の右側は中庭に面した食堂、厨房とは前室を介してつながっていて、厨房の臭い・物音・視線を遮断する役目をしています。

最上階には3寝室があります、建物はほとんど敷地いっぱいに建っていますが、敷地の隅に中庭を配しているので、採光・換気は十分とれています。
浴槽・洗面・トイレスペースは曲線の平面計画で最小面積を追求した 不思議な空間になっています。

動線計画・配置計画・意匠など全てにおいて 住まい方・使い方・見え方・見られ方を徹底的に追求した、見れば見るほど感心する部分を発見できる デザインが凝縮した建物です。

ル・コルビュジエ(Le Corbusier、1887年10月6日 - 1965年8月27日)はスイスで生まれ、フランスで主に活躍した建築家で、ル・コルビュジエは祖先の名からとったペンネームです。
美術学校で学びましたが、専門的な大学教育は受けていません。
フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれています。
1930年代に「「近代建築の五原則」( 1.ピロティ 2.屋上庭園 3.自由な平面 4.水平連続窓 5.自由な立面)を提唱し クルチェット邸(1949年)でも実践されています。 
記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
現在日本で「ル・コルビュジエの家」というアルゼンチン映画が公開されています。アルゼンチンでは
「隣に住む男」という原題でしたが、邦題とおりこの家を舞台に隣人との生活への葛藤がうまく描かれている作品です。、映画9月15日から新宿のK's cinema、10月6日から六本木のシネマート六本木で公開です。
映画の詳細は以下のリンクからどうぞ。
http://www.action-inc.co.jp/corbusier/index.html

2012年07月16日

BSジャパン 地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然」再放送(7/28)

IMG_5742 来る7/28(木)13:00〜14:00
BSジャパン 地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」が
放送されます。
 再々放送ですが、いつみても素敵で、また美しい景色がゆっくりと大人の番組です。
アルゼンチンの南部パタゴニアの山々や渓谷、湖など、様々な自然景観を持つアルゼンチン随一の
景勝観光地です。氷河、バルデス半島の海洋動物など、ゆっくり御楽しみください。

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2012年07月12日

ブエノスアイレスの空を見上げてご覧

413707_4257071754599_1304701379_o
どんよりじめじめした日もありますが、冬の晴れ空も爽快なブエノスアイレスですが、よく見てください。中央に何かいるでしょう?
287747_4257074674672_1118889725_oこの鳥さんは町中にたくさんいますが、特にパレルモ公園に多い、cotoraことオキナインコです。こんなのが街に群れでいるなんてブエノスアイレスもまだまだ自然がありますね。市内から100キロも行くと、ブエノスアイレス州のパンパの大草原ももちろん、広過ぎて目立ちませんが、いろいろな種類の鳥が羽ばたいているのを眺めるもの楽しいです。

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2012年07月11日

ワールドバザール21 #1「モンテビデオ蚤の市」編 が再放送(7/16)

P2130855世界市場紀行ワールドバザール21 #1「モンテビデオ蚤の市」編 が再放送されます。
トリスタン ナルバッハ市場を徹底取材、さらにカンドンベの太鼓(タンボール)工房特集もあります!
TwellVにて 2012年7月16日(月) 26時30分〜27時00分
モンテビデオのラプラタ河海岸です。夏はビーチとして楽しめます。

2012年07月10日

アルゼンチンで出張

P5300888アルゼンチンで出張行く、空港はどんな感じなのか、御紹介します。ここはアエロパルケ一般に国内空港なのですが、国際線発着所です。(ちょっと意味不明ですがそうなんです)隣国、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルの一部が市内の国内空港から出る便が増え、ブエノスアイレスのビジネスマンには重宝しています。ところで、アルゼンチン人のちょっと困った習性が、まず喫茶店の席に二人かけだろうが、四人がけだろうが、一人で座る。なので、四人がけがくっついているから、反対側に「Puedo sentarme aqui? プエド センタルメ アキ「こちら座っても大丈夫ですか?とかEsta libre? エスタ リブレ「ここ空いていますか」聞いてみちゃってください。そうすればもちろん席を確保できます。P5300889そして、皆さんしばしばスクリーンを見て悩んでいます。最近(ここ半年ぐらいだと思いますが)ブエノスアイレスの空港のフライトインフォーメーションスクリーンは大変見にくくなり、何とアルファベット順になりました。ですから行き先の地名順なんです。どうしてこんなことをしたのか、と誰もがつぶやいています。フライトの時間順だったはずだったので、イライラしながら、スクリーンを見つめています。どうしてこんな記事を書いているかと言うと、私も暇だったのですね。一体いつフライトは再開するのか。。。P5300887こちらは私の出張セットです。機内持ち込みぎりぎりのカートケースに、PC入り手持ちバッグです。アルゼンチンではPCのスイッチを入れてーとかないので、便利です。水のボトルも近隣諸国へならオッケーだったりします。よく見るとどのビジネスマンもこの格好、現地に着いてそのまま仕事場へ行って、夜帰る日帰りも多いですからね。これで十分です。荷物が出てこない/時間がかかるなどを防ぐ意味でいいことです。
ま、アルゼンチンではフライトの遅滞はよくあることですし、遅滞ですめば幸せです(欠航もありですから)ただ、私 久しぶりにミスったのは、ホテル代をけちって、朝の便でチリのサンチアゴに行こうとしたことですね。アンデスに囲まれて盆地の街サンチアゴ、特に冬は濃霧があって空港発着が不可能になることがしばしばです。サンチアゴ行きは午後か、夜がおすすめです。用事より早く着いて、おいしいチリサーモンのお寿司で夕食をとり、ゆっくりがよろしいようで、、、私のように早朝行ってそのまま仕事をしようとすると、裏目に出ることがたまにありますので気をつけましょう。よかったら、クリックしていだだければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


2012年07月08日

7月9日独立記念日に向けて大統領府

 7月9日、独立記念日に向けてでしょう、大統領府はこんな素敵なライトアップになっていました。278074_4245867994512_974060236_o
アルゼンチンの国旗水色と白が普段のピンクに加わりました。


2012年07月05日

リオデジャネイロ世界遺産 おめでとう!

P4210479 先般、にじいろジーンちゃんでリオデジャネイロを取材しましたが、
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51935070.html
何と、リオがユネスコに世界遺産に登録されたとのこと、おめでとうございます!
http://www.lanacion.com.ar/1486734-rio-de-janeiro-fue-declarada-patrimonio-de-la-humanidad
独特の町並み、海、自然、全体的に (食べ物もファッションも)私はいいところだなーと思って、再三リオよかったよーと会う人毎に言っておりました。それにブエノスアイレスの友だちに二回も会ったなんて、観光地だったのです、そして、私も楽しませていただいたのが、十分番組に反映していたとのことでした。
 毎年カラファテやイグアスに二回以上行かない年はありませんので(昨年の記録はイグアス5回、一昨年の記録はパタゴニア8回。。。)少し新鮮でした。ただ、ラテンアメリカいろいろ歩いていますが、あんなに警官がぞろぞろの街は初めてです。まあ昔よりは治安がよくなった、とは聞いていますが、現地の子にも もうこの時間だから帰る、とか、ここ以上はヤバいよーーーとアドバイスをもらいました。と、いうことで、仲良くなって、また奇麗なだけではなく、お茶目なガビちゃんとセクシーショット!P4180289二人で気に入ってしまったGILSON MARTINSのお店です。通常、就業上機密がありますので、オンエア前は何をしていたのかあまりお知らせすることができませんが、もうオンエア終了で、ご紹介したので、現在、地球の歩き方アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/をしていますから、ここに番外編でお店紹介などしたいと思います。
また、その他すでに更新している記事のリンクを御届けします。
ブエノスアイレスでお金の持ち方
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/07/post_206.html
冬の長雨をオシャレに!
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/07/post_205.html
街一番のチョリパン屋さんに行きましょう!
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/07/post_204.html
ブエノスアイレスの朝ご飯
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/07/post_203.html


2012年07月01日

霧のブエノスアイレス(空の便欠航多し)

 本日7月1日(日)昨日夕方からでしたが、霧でつつまれたブエノスアイレスです。4(水)ぐらいまで続く模様です。http://www.lanacion.com.ar/1486735-la-niebla-podria-quedarse-hasta-el-miercolesこのおかげで、国内空港はほぼ全滅で欠航中。エセイサ国際空港は一部動いています。
現在、ウルグアイへ行く船も欠航模様ですね。
 現在アルゼンチンは真冬です(日本とは半年違い)冬場はこういうことが多いので、滞在許可関係で出国しなければならない人はいけるときに行っておくのをお勧めします。メンドサなどのチリ抜けルートも毎日開くか開かないかの日々が続いています。でも今年は霧の日数が多い気がします。

2012年06月15日

アルゼンチンのお金の話題いろいろ

 現在、ドル(ユーロ)への両替が不自由なため、アルゼンチンでは誰でも今後アルゼンチンペソをどうするか、が話題になっていますし、どうなるか誰も不明です。どちらにしても外国通貨ドルやユーロの価値は毎日上がり続けています。 
 不動産や車などは基本ドル建てで売買されてきました。ドルが得られなくてもペソでの支払いは?と相談しても銀行で正規に買えてくれる公定レートではなく闇レートでの支払いを指示されるので、頭が痛いところです。しかしながら、ドルを買うことが普通できなくなってきているので、それで全部の契約をペソ化するという動きもありますが、話だけですし、だいたい、一般人の取引でこの「不当さ」に文句言っても仕方がありません。
 逆にブティックなどでドル現金だとお得に販売してくれることもありますが、これも将来的に取り締まるとのことです
 さて、腹巻きというのは日本人の特権かと思っていましたが、メンドサ経由でチリに抜ける国境でドラッグ調べの際、お腹辺りがおかしいということでそれぞれお腹に10本100ドル札を100枚ずつくくっていたアルゼンチン人夫婦がいました。http://www.lanacion.com.ar/1481903-detienen-a-una-pareja-con-us-200000-al-entrar-a-chile?utm_source=n_qpaso_ranking1&utm_medium=loquepaso&utm_campaign=NLEco  法的には1万ドル以上の現金を携行する場合、税関に申告することになっていますね。
 もともと、今回の措置がなくても外国通貨で外国へのお金の持ち出し、送金などは大変な国です。できればそれをしないのが無難ですから、腹巻きスタイルで出てしまったのでしょう。
 一方で、最近の旅行者の方などは日本の口座から簡単に現地通貨を引き出すサービスで便利なのですが、今回のニュースですと困ります。30%給与増減に向けて、昨日14日午後7時より、銀行の自動支払機ATMのお金を充当する現金輸送車の運転手のストが始まりました。労働者の見方、トラック共同組合のモジャノ氏の発表によると、とりあえず、24時間であるが、その後は不明となっています。
http://www.lanacion.com.ar/1482319-confirman-que-faltara-plata-en-los-cajeros-por-el-paro-de-moyano
 もともとこの自動支払い機、実は午後4時ごろは比較的 お金が引きだせないことが多いです。実はちょうど、銀行が終わって現金を入れ替えている時間なのです。また連休が続くとお金が減ってそのままになっています。普段でもショッピングセンターの近くなど現金不足の機械が多いです。
 旅行へ出掛ける際はくれぐれも早めに引き下ろすくせをつけておくことでしょう。
明日でかける!と言って一人ぐらいならまだしも家族のためにでしたら、一度に出る限度額はだいたい、900か700ペソです。通常その三回の動作をしたら、1日の引き出し限度はそこで終了、次の日に行わないといけないことがあります。
 旅行先の地方はもっとないことが多いですから、事前に用意しておく方が安心できるでしょう。
なお、T/Cも現金化しないと使えません。
 またカードで支払える場合、いくらマークがついていても入るときに確認した方がいいでしょう。ときどき今日は機械の故障、というのがよくあります。また外国からのカードと相性が悪いお店もあります。チリなど南米の一部の国のスーパーでは外国発行のクレジットカードは受け付けないところがあります。そして、アルゼンチンは身元証明書であるドクメント、もしくはパスポートなしにはカードの利用ができません。ときどき必要ないと言われるところもありますが、逆に私などは確認していただけるお店の方が安心して利用できます。まあ、常連さんですとまた別ではあります。コピーでいいという場所もまれにありますが、基本はパスポートが必要です。上記、両替も同様です。



2012年04月08日

世界新聞社さんブエノスアイレスにようこそ!

 レングアス ビバスの日本語クラスでアルゼンチン訪問中の世界新聞社の松崎さんの訪問を受け、他にも数人の日本人ビジターと第三回目のクラスながら、コミュニーションを日本語で少し取れたということで、生徒達にも自信がつきました。そのときの笑顔の生徒達との写真が掲載されているブログをリンクします。また順次掲載されるでしょうか。写真をクリックすると別のフォトギャラリーに飛びます。
 http://sekaishinbun.blog89.fc2.com/blog-entry-332.html
今後また交流が続いたらいいでしょうね。松崎さん、ブエン ビアへBuen Viaje!

2011年11月16日

ハカランダ大好き

IMG_9076
ブエノスアイレスではハカランダの花も素敵ですが、花を横に素敵なカップルを見つけました。IMG_9073

IMG_9072

IMG_9080
是非このブエノスアイレスのハカランダ並木の御散歩に!ブエノスアイレスで御待ちしております。IMG_9084


BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CONSULTA! Aqui estan los libros japoneses.

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CODIGOS!


クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村 サッカーブログへ
ラテンアメリカ関係テレビ番組
アルゼンチン撮影コーディネートはファニプロラテンアメリカにお任せください!詳細はこちらから


((オンエアのご案内)))

2014/05/17,24,31
フジテレビ「めざましテレビ」(6-830am)
公式HP:http://www.fujitv.co.jp/mezamado/
めざましどようび藤原倫己
“CHANGE THE WORLD for 2020”アルゼンチン編
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/




2012年グローバルビジョン「世界の起業家」
5月5日(土) 19:0019:54
5月8日(火) 27:0027:54 (再)
5月12日(土) 19:0019:54 (再)
5月19日(火) 27:0027:54 (再)
見逃し視聴「起業家」(ウルグアイ)

2012年3月20日(火)午後9時から
NHK BS1「夢をあきらめない
〜女子ホッケーさくらジャパン〜」


TBS世界ふしぎ発見!
2012年3月10日(土)午後9時から
第1222回 一番遠い親日国アルゼンチン
宮地眞理子インタビュー1
宮地眞理子インタビュー2

NHK >地球アゴラ
2012年3月4日(日)午後10時から
第160回アルゼンチン編

TBS 夢!世界どうぶつ大図鑑
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dーバルデス半島他

2012年1月21日
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dー南の牧場


朝日放送朝だ!生です 旅サラダ
毎週土曜日午前8時から午前9時半
海外マンスリー三月はアルゼンチンBY石川梨華
2011年3月5日(土)ブエノスアイレス
3月19日(土)サルタ
3月26日(土)エル カラファテ

vol.103 「世界の働く女性(Part2)」 
2011年 3月13日(日) 21:0021:54
3月16日(水) 27:0027:54 (再)
3月19日(土) 16:0016:54 (再)
3月20日(日) 21:0021:54 (再)
3月23日(水) 27:0027:54 (再)
3月26日(土) 16:0016:54 (再)
vol.100 「世界の誕生日」
vol.101 「世界の石」
「グローバルビジョン見逃し視聴」

NHK BS-1 地球アゴラ
12月19日(日) 
「第111回」

NHK BS-1 地球アゴラ
11月28日(日) 
「第108回耕せ世界の大地」

アルゼンチンにて12月12日(日)1710

BS TWELLV、グローバルビジョンTVにて
「競技会]「チリのクエッカダンス競技会にかける若者」
11月27日(土) 16:0016:54 (再)
11月28日(日) 21:0021:54 (再)
12月1日(水) 27:0027:54 (再)
12月4日(土) 16:0016:54 (再)
「グローバルビジョン見逃し視聴」
BSジャパン
<8月29日(日)午後9時から 
「アルゼンチン絶景の旅」

「先住民の文化を継ぐパラグアイ」
7月22日(木)18:00〜(1時間番組)
「パンタナールの大自然〜パラグアイ〜」
7月29日(木)18:00〜(1時間番組)
地球ゆうゆう紀行
2010年1月24日(日)午後10時から
NHK地球アゴラ
はるばる日本人のコーナー「世界一蹴の旅」
世界一蹴の旅
アルゼンチン ブエノスアイレスからLIBEROユニット生出演

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

Profile

tomokoar

地球の歩き方2010年版発売中(巻末見てください)
05753-7 GUIA DE TURISMO DE ARGENTINA; CHILE; URUGUAY Y PARAGUAY EN JAPONES 地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員のページへ
バンクーバーオリンピック アルゼンチン人選手頑張れ!
DSC06734 スキーフリースタイル男子でアルゼンチン代表として、2010年2月のバンクーバーを目指しますクライド ゲティCLYDE GETTY選手 https://5dreams.panasonic.net/
テレビ番組コーディネート、スペイン語通訳などご用命は。。
テレビ番組撮影コーディネート
現地コーディネーター
スペイン語通訳
プロジェクトコーディネート

アルゼンチンのことなら! 

tomokoargentina☆gmail.com
☆を@に変えてメールをどうぞ!

FunnyPro LatinAmerica
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
br_decobanner_20091225082816
((オンエアのご案内)))

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員
51Ehu1%2B6utL__SL500_AA300_ 世界一蹴の旅の本アマゾンで購入!
プロフィール

tomokoar

トラベルコちゃんのサイトで旅行者向けブログを書いています! トラベルコちゃん、素顔のブエノスアイレス・アルゼンチン 旅行情報ブログ
ブエノスアイレスでW杯を楽しむ
アートとカルチャーを満喫
コロン劇場 攻略ガイド など続きます。
格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行情報サイト
#ブエノスアイレス、パタゴニア、 北西部、イグアスの滝、南極の 旅、目的別の旅行、視察、研修。
#スペイン語留学
#スペイン語学習
#短期 ’長期滞在
#手続き
#−−がしたい!
#−−さんと会いたい!
など、 通訳、翻訳、便宜、資料作成、 語学レッスン、プラン作り、 コーディネーションを行います。
MIN+GOB_REF
https://5dreams.panasonic.net/