スペイン語を学ぶ

2018年01月09日

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスの外国人のためのスペイン語講座2018年要綱

 アルゼンチンでスペイン語を学ぶ上で、お勧めするのはブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス「フアンラモンフェルナンデス校」(通称レングアスビバス)の外国人のためのスペイン語講座の集中講座ことインテンシボ(週8時間程度受講)です。

申し込みのためのレベルチェックテストは2月26日午後2時に予定されています。
しかしながら、近年導入されている整理番号を得る作業があり、
2月21日の午後2時から4時半が受付です。Oficina de cursos 語学講座オフィスで行います。
レベルチェックテスト後、結果発表、登録手続きがあります。

おそらく3月5日の午後2時から4時半です。
なお、すべて先着順となります。

第一期のインテンシボのクラスは3月12日から5月11日の予定です。
クラス時間帯はレベルによりますが、だいたい午後2時から6時の間に日によって、
2時間または4時間のクラスがあり、週に二回か、三回か、四回です。

なお、週二回午後6時以降の
レグラル(レギュラー)コースは4ヶ月で前期と後期に分かれます。
2月26日午後6時がレベルチェックテストです。
3月12日から6月29日が前期で冬休みをはさんで後期が始まります。
8月13日から11月30日が後期です。
クラス時間帯は午後6時以降、週に二回2時間ずつです。
これは通常のオフィスアワーで働いている人向きです。


いずれもInstituto de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez
(住所 Carlos Pellegrini 1515, CABA)ことレングアスビバスはブエノスアイレス市立の高等教育機関なので、学費が無料です。
ただ、協力費で運営委員会を補助します。
昨年は外国人のためのスペイン語集中講座は月に400ペソ。
レギューラーコースと他の外国語は150ペソ程度でした。
今年の値段は不明ですが、多少値上げするのではないかと思います。
しかし、現在 1ドル18ペソなのでこの金額なら22ドルです。
だいたい、いつもレートによりますが、25ドル前後相当で高いときも30ドルです。

IMG_6687



アルゼンチンで最初に外国語教育を行った機関であり、100年以上の歴史がある語学教育の最高峰です。
7か国語が学べますが、日本語も公的高等教育機関で単位の得られる科目として最初にそして唯一の学校です。
((詳細はこちらから https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/10/post_224.html ))
IMG_6691


ただし、学生には選択科目、そして一般には公開講座にもなっています。
さらに無料ですから、大変人気があります。
そのため、平等にするため、申し込みは基本、先着順です。
ただ一度入ることができますと修了試験に合格すれば、自動的に進級することができます。

昨年末まで履修していて、
今年2018年留年、進級する人は2月19、20日(初心者、初級)
そして、2月21、22日(中級以上)が申し込みの予定です。


##なお、2017年の語学講座コーディネーターが病気治療で休んでいまして、12月のミーティングがなかったし、今学校は夏休みのため閉まっています。念のため、今一度2月に確認したほうがいいのであくまでもご参考までに。
ただし、おおよその概要は毎年同じです。

ブエノスアイレスでスペイン語をしっかり学ぶ上で、
一番のおすすめはこの2月末の申し込み前までに来て、登録することができれば12月まで
じっくり勉強することができます。
このチャンスを逃すと次のインテンシブの登録は5月ですので
少し前の4月には来ているといいでしょう。

普通のブエノスアイレスの公立大学なので、外国人への特別対応はこの外国人のためのスペイン語講座のみなので、登録の手続きなどは、全てスペイン語です。((もちろんクラスも同様です))
初心者の方はもちろんですし、また実は日本語講座を申し込むアルゼンチンの人にも難しいので、既習の方もある程度難しい部分がありますので、付き添いなどのサポートが必要であれば有料で頼むことができますから、お早めに申し込んでください。
tomokoargentina2@gmail.com

また レングアスビバスのスペイン語講座についてのよくある質問はこちらに書いてあります。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52155277.html

それから、結構厳しいですから、ついていけない人へのためのスペイン語のプライベートレッスン、
グループプライベートレッスンも行います。
最近はレングアスビバスの集中講座インテンシブは週に8時間だけなので
(その昔は週に20時間だったんですが)
例えば上記のコースに通いながら、
週に一度モニタリングをしながら、補強するのは重要です。そして 話すことに慣れるためのライティングも行います。

プライベートレッスンだけではなく、スペイン語学習コーディネート、
異文化コミュニケーション学習コーチングも行います。
すでに学習歴のある方にはアルゼンチン人の友人教師をご紹介することもあります。
またホームスティ、ホームビジットも手配可能です。
私のプライベートレッスンは安くはないですが、
多くのアクティビティをコーディネートして総合的に多方面から学び、また最終的には
お得だと思いますので、短期滞在(一年以下は短期と考えられます)には大変効率的だと思います。
真剣に勉強する人にはお得ですが、あまりやる気のない方には辛いけれどもアクティビティで楽しいというのがありますが、やはりリズムに乗って勉強する方を優先してお手伝いしたいと思います。

それから当方が行うクラスの方針などは
ブエノスアイレス滞在開始型 スペイン語講座 学習プラン に書いてあります。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52127114.html
こちらが私のプロフィールです。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50052981.html


ご相談は、
tomokoargentina2@gmail.com
相川知子まで。

その他、
スペイン語を学ぶ カテゴリーでいろいろな記事で学習アドバイスをしていますのでご参考にどうぞ!
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045672.html


スペイン語好きとラテンアメリカ文化が大好きで
人生の半分以上アルゼンチンに根付いて暮らしておりますので、アルゼンチンにて
スペイン語を学び、そしてスペイン語を使って、もしくはその経験で日本でも世界でも活躍することができる人材がどんどん増えてくれるのが楽しみです。
また、スペイン語が目的ではない滞在でも、やはりスペイン語ができると毎日の、またお仕事の幅が違ってきます。せめてこの学校の3つ目のレベルの一年分(レギュラー講座でしたら3年分になりますが)を履修していたら何とかなると思います。

記事がよかったら以下クリックしてください!
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 









tomokoar at 00:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月25日

日本語の生徒が日本へ初めて行きます2018年2月

来年2月3日ぐらいから27日まで、私の日本語の生徒レングアスビバスの日本語1の生徒ビビアナさん(女性)が初めて日本へ行きます。
この期間でのおすすめ、お得情報、安くていいお宿、うちに泊まったら? 案内する? ご飯食べにおいで、食べさせる、スペイン語の練習したい、日本語の練習を手伝いたい、
など交流希望の方がいらっしゃったらお知らせください。
なお、ビビアナさんは若者ではありません。。。でも、一人で初めて行きますのでちょっと心細くまた
やはり毎日ホテルは予算的にも大変です。。。よろしくお願いします。またお料理も得意なのでお礼にお宅で料理をする、なども可能です。
なお、寒いのが好きなんだそうです。2月8日ごろ、北海道の雪まつりに行きたいそうです。
JAPAN RAIL PASSを買う予定なので、JRでどこでも行けます! 
ほかにここでこんな体験したらいい!などのお勧めも募集中です。

tomokoargentina2@gmail.com にご連絡ください。

外国人への日本語クラスってどんなんだろう。。。と思う人はこちらのフェイスブックのページをご覧ください。現在4月から初めてもうすぐ半年の人たちです。

https://www.facebook.com/CursoDeJaponesLenguasVivas/?ref=aymt_homepage_panel


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



tomokoar at 03:44|この記事のURLComments(0)

2017年08月21日

スペイン語検定DELE10月試験の申し込みは8月30日締切

アルゼンチンでスペイン語を勉強している人である一定の自分のレベルの区切りをつける、もしくは到達点を図るには
スペイン政府のDELEというスペイン語検定を受けてみるのがいいでしょう。
今年10月の試験は8月30日が申し込み締め切りです。
なお、今回はA2, B1, B2のみになります。
A2はとりあえずスペイン語できます、というレベルです。
B2になりますとスペイン語通訳の仕事を始めてもまあ何とかなるレベルです。
しかしながら、最近の日本のスペイン語関係施設やメキシコでの工場通訳の
レベルはA2からぐらいになっています。
一方で、あまり勉強しなくてもアルゼンチンである程度社会生活を送れるようになっていれば3年ぐらいでA2ぐらいにはなります。それ以上は意識的にボキャブラリーまた表現力そしてその言語における社会経験をつむ必要があるでしょう。
日本でスペイン語専門で大学を出ていてもB2レベルに達するのはなかなか難しいです。やはり文章などを練習する必要があります。
受験料は
それぞれ、99ドル、110ドル、125ドルで、最初からオーラルテストで口頭表現をみる面接テスト、そして文書作成能力を見るため、たくさん書きますよ! 事前に対策していろいろなライティングを練習しておくといいでしょう。
お申し込み、お問い合わせは
Fundacion Ortega y Gasset Argentina
secretariafoga@ortegaygasset.com.ar
TE +5411 4314-2809
Viamonte 525, tercer piso, CABA
www.ortegaygasset.com.ar
GLAERIAS PACIFICOのショッピングセンターの3Fに事務所があります。

別途 試験対策講座などのスペイン語プライベートレッスンも可能です。ご連絡はこちらまで
tomokoargentina2@gmail.com


tomokoar at 06:44|この記事のURLComments(0)

2017年07月30日

「第二回アルゼンチン日本研究学会2017」パネル「大学レベル(高等教育機関)での日本語教育」でレングアスビバス日本語講座について話します。

 来る8月1日午前9時から3日まで「第二回 アルゼンチン日本研究学会2017」
テーマ「学術研究と文化振興のはざまにある日本研究」が開催されます。
詳細は以下です。当方は最初のパネル「大学レベル(高等教育機関)での日本語教育」(午前9時半から11時)でコーディネーターとしてレングアスビバス日本語講座での実践、そして大学レベルにおける日本語教育の言語政策について話します。(日本語とスペイン語です)
そして、JICAシニアボランティアの宮本みき先生が「タイとコスタリカにおける日本語教育」について、さらにトゥクマン大学の斉藤けいこ先生の「日本人会から大学教育」についての発表があります。そのほか、日本文学、翻訳文学、日本社会、日本歴史、日本移民など3日間多くの研究発表が行われます。

詳細は
「第二回 アルゼンチン日本研究学会2017」
テーマ「学術研究と文化振興のはざまにある日本研究」
日時 2017年8月1、2、3日
会場 アルゼンチン国ブエノスアイレス市
Centro Cultural de la Cooperacion文化センター
(住所Av. Corrientes 1543, CABA)
主催  :  在アルゼンチン日本人会Asociacion Japonesa en la Argentina、国立ラプラタ大学日本研究センターCentro de Estudios Japoneses – IRI – UNLP、 アジアアフリカ研究会 アルゼンチンー日本ALADAA –Japon
後援 : 国際交流基金
パネル「大学レベル(高等教育機関)での日本語教育」
(8月1日午前930時から11時の予定ーその後、1245まで研究発表、ネットワーキングを行います)

はじめに

ラテンアメリカは近年、日本から注目を集めています。
メキシコへの投資は増大し、ラテンアメリカとの鉱業取引を結ぶ企業は年々増えています。両地域への往来が進み、今後、ますます日本研究のそして日本語の知識をもち、日本文化を理解する人材が急望されるようになりました。
この背景を鑑み アルゼンチンでは日系社会において日本語教育は発展してきましたが、在アルゼンチン日本人会が100周年を迎えたのを機に、日本語教育はどうしてほかの国々、特にラテンアメリカではブラジルやチリのように、大学レベルの公式教育に達していないのかという疑問に達しました。
1970年代、国立ブエノスアイレス大学ではLL教室そして図書寄贈を日本政府から受けました。しかしながら、国立ブエノスアイレス大学哲学文学部の語学ラボラトリー講座の一つに数え上げられるだけであり、市民講座の一部です。
1992年、日本政府は再び、アルゼンチン国立語学高等院レングアスビバス「フアンラモンフェルナンデス校」にLL教室二室とビデオ編集室の無償供与を行いました。おりしも同校の外国語教育科目編成期にあたり、日本語講座が新設されました。市民講座としても機能しながら、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語の翻訳学科や教師養成学科の選択外国語科目に指定され、高等教育機関としての初めて日本語が正規科目となりました。
2010年、日亜学院の尽力により、ブエノスアイレス市教育省において小学校、中学校レベルにおいて日本語が公式科目として認められました。
近い将来、日本語と日本文化の専門教員を養成する高等教育機関を付設したいという計画があります。
一方、ほかの地方、アルゼンチンの大学でも年々、日本語講座が開設されるところが増加しています。しなしながら、何年経っても市民講座の域を出ません。
大学、高等教育機関レベルの教師を一同に介し、協力ネットワークを作り、経験と知識を交換し、今後、同レベルにおける外国語講座の中で公式講座の地位を獲得していく場となることを願い、今回のそれぞれの経験と知見を交換する学術的な場を作ることとしました。
アルゼンチン日本研究の場は2013年そして今回となりますが、初めて日本語教育研究のパネルが設置されることになりました。この機会に活発な研究発表、意見交換、討議は今後アルゼンチンにおける日本語教育の分野を専門的にすることに導くと願ってやみません。ぜひ、御参加いただければ幸いです。よろしくお願い致します。
コーディネーター 相川知子、仲間リリアナ

日本語教育研究発表
(午前11時半から12時45分を予定)
参加費用:発表者(大卒者、大学院卒者): $ 500、発表者(大学生、大学院生 ) : $ 200
出席者 (参加証明代)   : $ 100、出席者 (参加証明不要) 無料
お問い合わせ、研究発表の送付はこちらにどうぞ。
ee.japoneses@gmail.com
また登録はこちらのフォームで行ってください。当日参加も可能ですが、出席者の整理のためにご協力ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd1Gv0OHPjyrtJwfSza2fTa1JYWM5Ov7YRjvKwkk5RwOg60Hg/viewform?c=0&w=1

当方へのご質問は sadakoar@gmail.com  まで。

8月1日から3日 日本研究学会は開催されますが日本語のパネルと研究発表は
8月1日のみです。
 
II ENCUENTRO DE ESTUDIOS JAPONESES EN ARGENTINA 2017

LOS ESTUDIOS JAPONESES: ENTRE LA INVESTIGACION ACADEMICA Y LA PROMOCION CULTURAL

Buenos Aires – 1, 2 y 3 de agosto de 2017-

Centro Cultural de la Cooperacion, Ciudad Autonoma de Buenos Aires

Republica Argentina
Organiza: Asociacion Japonesa en la Argentina

Centro de Estudios Japoneses – IRI – UNLP

ALADAA –Japon

Auspicia: Japan FoundationPANEL
“ENSENANZA DEL IDIOMA JAPONES EN LA UNIVERSIDAD (EDUCACION SUPERIOR)”
Convocatoria
America Latina vuelve a estar en la mira del Japon. La inversion
creciente en Mexico, los acuerdos para explotacion de minerales en
diversos paises de America Latina, la circulacion de poblacion entre
Japon y los principales paises de la region, hace que cobre cada vez
mas importancia los estudios sobre el Japon y la necesidad formar
recursos humanos con conocimiento de la lengua y una formacion de
base en cultura japonesa.
En estas circunstancias, la ensenanza del idioma japones siempre tuvo
una buena repercusion en la sociedad argentina, ademas de ser
intrinseca de la vida en la comunidad japonesa. Hoy al reflexionar con
motivo de la celebracion del CENTENARIO DE LA ASOCIACION JAPONESA EN
LA ARGENTINA, nos preguntamos por que su ensenanza no ha alcanzado aun
un lugar formal en los planes de estudio como lo es en otras
universidades del mundo, incluso en America Latina, como lo es en el
caso de Brasil o Chile.
Durante la decada de 1970, la Universidad de Buenos Aires recibio el
apoyo oficial del gobierno japones para el equipamiento de un
laboratorio de idiomas y la formacion de una biblioteca, pero
finalmente solo llego a formar parte del Laboratorio de Idiomas de la
Facultad de Filosofia y Letras, como actividad de extension.
En 1992, nuevamente el gobierno japones realizo una segunda donacion
con motivo de la reorganizacion de la ensenanza de idiomas extranjeros
en el Instituto Nacional de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan
Ramon Fernandez y dio origen a su curso de idioma japones, como
actividad de Extension Nivel Superior y como materia dentro de las
carreras de profesorados y traductorados.
Ya durante la primera decada del siglo XXI (2010), un gran paso lo dio
el Instituto Privado Argentino Japones en Buenos Aires (NICHIA
GAKUIN), al obtener el reconocimiento del Ministerio de Educacion de
la Ciudad Autonoma de Buenos Aires, de la ensenanza del japones dentro
del programa regular de materias que se imparte en el nivel primario y
secundario. Ahora estan trabajando en crear un instituto terciario que
responda a la necesidad de la formacion de docentes en idioma y
cultura japonesa.
Pero por otra parte, en las universidades argentinas, ya han comenzado
a proliferar cursos, que todavia, e incluso a pesar de contar con una
trayectoria de varias decadas, no pueden trascender mas alla del
ambito de la extension universitaria.
Con el objeto de nuclear a los profesores que estan trabajando
principalmente en este nivel, de poder conformar una red que permita
la colaboracion, el intercambio de experiencias y conocimiento y se
pueda comenzar a consolidar el camino para obtener un lugar formal en
el campo de la ensenanza de las lenguas extranjeras reconocidas,
convocamos docentes del ambito universitario, a participar con
trabajos que den cuenta de su experiencia.
Por segunda vez desde 2013 y en esta oportunidad, en el marco de los
festejos del CENTENARIO de la Asociacion Japonesa en la Argentina,
llamamos a aquellos que esten realizando docencia a reflexionar,
generar trabajos y debatirlos en este espacio, y contribuir a
profesionalizar el campo de la ensenanza de la lengua japonesa.

Profesoras Tomoko Aikawa y Liliana Nakama

ACTIVIDAD ARANCELADA:

Ponentes graduados: $ 500

Ponentes estudiantes – grado y posgrado: $ 200

Asistentes con certificado: $ 100

Asistentes sin certificado: sin cargo



SE SOLICITA ENVIAR LAS PROPUESTAS A LA SIGUIENTE DIRECCION DE CORREO ELECTRONICO

ee.japoneses@gmail.com




記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 





tomokoar at 12:22|この記事のURLComments(0)

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスのスペイン語講座第三期・後期は7月31日レベルチェックテスト

 ブエノスアイレス市立外国語大学レングアス ビバスの外国人のためのスペイン語講座2017年後期の学期が
来週7月31日から始まります。

集中講座の場合は ((授業の時間帯は午後2時から6時頃))
第三期7月31日がレベルチェックテストで 午後2時から開始です。
その後同じ週に登録を行います。
第三期受講期間は 8月7日から9月29日まで
それから10月2日がレベルチェックテストで
第四期受講期間は、10月7日から12月8日まで。

レギュラー講座((午後6時以降週二回))は今回、後期が始まります
(前期と後期に入学チャンスがあります)
同じ7月31日ですが、午後6時からレベルチェックテストです。
後期受講期間は8月7日から12月1日の予定です。


通称 Lenguas Vivas  レングアスビバス
スペイン語名称 Instituto de Ensenaza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernanez -
(ブエノスアイレス市立外国語大学フアンラモンフェルナンデス校レングアス ビバス)
住所 Carlos Pellegrini 1515 


一度入りますと、進級テストがあり、新規学生の申し込みの週に進級テスト合格の場合はそのレベルに登録を済ませることがあります。そして、新規学生はその空きにより登録が可能かどうか決定されます。たとえば、今期は7月31日レベルチェックテストで、8月3日が登録です。すでに学生の場合は
次のレベルに8月2、3日に登録します。
 レングアスビバスのスペイン語集中講座は2ヶ月でその後、進級テストで合格したら次の2ヶ月とレベルが上がって行きます。もちろんその都度、初心者コースも開講され、3月、5月、7月、(冬休み)10月になります。

 集中講座は午後2時からOficina de Curso 語学申し込みオフィスで申し込みを行えますが、実は大変申込者が多いので学校前で並んで待つ人が多いです。
また日程がありますが、空席がなくなり次第終了ですので通常は初日で定員となります。

 初心者も初級者も、既に学習したことがある人も、全員レベルチェックテストを受けます。ただ全くの初心者の方でしたら、テストができなくても心配要りません。できないからと初心者になりますから、名前を書くだけで十分です。パスポートを携行し、住所などの個人データを持って、その後、申し込みをすることができます。そしてその結果発表の日が別にありますから正式登録の日程を教えてもらえます。

 レングアスビバスはアルゼンチンの公立教育機関なので無償です。ただ、維持会費としてBono Contribucion寄付金をお願いしています。今年の推奨寄付額は月400ペソです。(2017年7月現在30ドル弱)
 一旦登録できれば次は進級テストでパスすれば優先的に事前登録をすることが可能です。ですからこの期間で勉強し始めるには、3月から始めるのをおすすめします。
 1年間この学校に通いたいと思っているのなら、3月に申し込んでそのままストレートにいくに限ります。
 翌週から授業が始まります。
初心者の場合は平日毎日2時から4時ぐらい週8時間勉強することができます。レベルにより時間帯と授業数が変わり上に行くほど少ないので、プライベートレッスンや他の講座とかけもちで行ってもいいでしょう。

 スペイン語を学ぶことについて情報や心構え、いろいろなやり方について、いろいろ以下で書いていますのでご参考にしてください

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045672.html


こちらの一昨年の記事もどうぞ! アルゼンチンでスペイン語を学ぶ
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/10/post_225.html

外国語大学ですが、
登録の手続き全てスペイン語です。初心者の方など付き添いが必要であれば
頼むことができますから、お早めに申し込んでください。
tomokoargentina2@gmail.com

それから、結構厳しいので、ついていけない人へのためのプライベートレッスン、
グループプライベートレッスンも行います。もちろん、もっと深めたい場合もご対応可能です。



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


tomokoar at 11:59|この記事のURLComments(0)

2017年07月15日

日亜学院の日本文学を読もうセミナー7月講座(7月15日午前9時から)

明日7月15日(土)は、日亜学院の日本文学を読もうセミナー7月講座です。
午前9時から10時40分です。
https://www.facebook.com/Seminario-Literatura-Japonesa-2016-1636729143318174/?notif_t=page_fan¬if_id=1500040497721910


日亜学院は
Pringles 268, CABA
ブエノスアイレス市のアルマグロ地区にあるもともとは移住してきた日本人の子弟のための
ブエノスアイレス日本語学校でした。
その起源は1927年、もう90年前のことになります。

現在は大部分が日系ではない非日系の方の入学が多く
2歳からの幼稚園は生まれたらもう予約すべきらしいですよ。

やはり日本語とそして日本文化、特に規律が人気の秘密のようです。
土曜日は文化センターとして一般の方向けの日本語、日本文化講座が開かれています。
その一環で、日本文学を読もうセミナーを行っています。
アルゼンチン人の少し日本語を親しんで深めたい人が対象です(ひらがなが読めること)
ですが、スペイン語練習中の日本人留学生もきて、スペイン語の練習、また 日本文学好きのアルゼンチン人との交流もしています。

Manana el sabado 15 de julio a las 9hrs. en Nichia gakuin(Pringles 268) vamos a leer Yume juuya ゆめじゅうや「夢十夜」de Natsume Sooseki なつめそうせき夏目漱石


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



tomokoar at 01:01|この記事のURLComments(0)

2017年03月06日

#CervantesTokio セルバンテス東京の日本最大スペイン語図書室新刊「母の遺産」(水村美苗著)スペイン語訳

IMG_3808


Instituto Cervantes Tokio(インスティトゥート セルバンテス トーキョー)ことセルバンテス文化センター東京の図書館に2015年出版された「母の遺産」(水村美苗著)のスペイン語版La herencia de la Madre(Adriana Hidalgo Editora 出版 相川知子訳)右側
(詳細は出版されたときの記事参照 http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52112531.html )
と姉妹図書 本格小説のスペイン語訳左側の二冊が新刊として書架に並びました!

IMG_3809



セルバンテス文化センターは東京千代田区にある、スペイン政府機関のスペイン語学習支援・振興を中心にスペイン語圏の文化を日本で普及しています。ここに スペイン語の図書室があります。
おそらく日本で一番の規模のスペイン語蔵書を誇ります。

日本文学のスペイン語訳も多く所蔵しています。スペイン語書籍はなかなか手に入れられないことがありますので、ここで閲覧が可能です。
((私が学生のときと比べてずいぶんすごいことになりました!))

セルバンテス東京 Federico Garcia Lorca フェデリコガルシアロルカ図書室
開館時間は 
火曜日から金曜日10:30 から19:45
土曜日は10:30 から 17:30
入館自由で、図書は図書室内で閲覧可能です。
貸し出しに関しては図書館利用カードが必要です。
費用は一年間有効で3300 円。
ただし、セルバンテス東京でスペイン語講座受講生は無料です。
なお、学生と60歳以上は2500 円。(要証明書提示)
こちらの申請書を記入。
http://tokio.cervantes.es/imagenes/File/biblioteca/solicitud_carnet_biblioteca.pdf

住所は以下の通り
Edificio Instituto Cervantes
2-9, Rokubancho
Chiyoda-ku, Tokio 102-0085
Tel +81 3 5210-1704
Fax +81 3 5210-1811
セルバンテス文化センター東京
〒102-0085
東京都千代田区六番町2-9
セルバンテスビル
Tel (03) 5210-1707
Fax (03) 5210-1811
http://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm
https://twitter.com/CervantesTokio

IMG_3812



IMG_3815


IMG_3816


日本にありながら、日本でないような空間の素敵なロルカ図書室は
David Carrionダビッ カリオン図書室長の寄与だと思います。
素敵な写真も送ってくださいました! Muchas Gracias!!!

なお、ブエノスアイレスにいらっしゃったら、La herencia de la Madre de Minae Mizumura,
por Adriana Hidalgo と言って

世界で二番目に美しいと言われるエル アテネオ書店 グランスプレンディッ劇場支店
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2013/06/post_276.html
をはじめ、市内の多くの本屋にて購入することが可能です。
日本語版とスペイン語版を比べると楽しいですよ。



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年03月04日

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスのスペイン語通常講座は3月6日(月)レベルチェックテスト

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス2017年外国人のためのスペイン語講座の
通常講座の申し込みのためのレベルチェックテストは、3月6日の午後6時からです。
一応3月10日までですが、先着順ですので、6日に行った方がいいです。
まずregular レグラル通常講座のクラスは週2回4時間受講。
レベルにより、時間帯、曜日が違います。
なお、午後2時から4時半まで 語学オフィスが開きますので、
その時から整理券が配布される予定です。
本日3月3日現在、まだ政府側との合意に至らず、
3月6日教員ストがアルゼンチン中の学校で決行される予定ですが、教員ストですので
語学事務所は関係ありません。
ぜひ整理券をもらいに行ってください。午後2時からでも、先着順ですので早めに行ったらいいでしょう。そしてレベルチェックテストは午後6時からで、
ストに参加する先生が行かないこともあるかもしれません。
その場合は別日(スト開け)になるでしょうが、レベルチェックテストを受けられる人数にも限りがありますので、せめて整理券をもらうべきでしょう。ただし、ストで町中は混乱するでしょうから
早めに時間の余裕をもって移動したらいいでしょう。
なお、レベルチェックテスト後、結果発表があり、登録手続きに行かなければなりません。
また3月1日の集中講座でレベルチェックテストすら受けられなかった人はせめてレグラル講座に行ったらいいでしょう。またレベルチェックテストが受けられてもかなり後尾な場合はインテンシブを受講できる可能性がないかもしれません。語学事務所に相談してこちらも行ってみたらいいでしょう。

なお、今年のBono Contribucionボノコントリブシオン協力寄付金はインテンシブは月に400ペソです。(現在一ドルは15から16ペソです)レグラルはおそらく200ペソでしょう。
なお、レングアスビバスの外国人のためのスペイン語講座はそれぞれのレベルに一クラスだけで、
受講は先着順で、昨年からの受講生が進級していきますので、初心者コースで早くいった人は問題ないですが、それ以上のレベルのクラスも定員に限りがありますので、試験でレベル分けされますが、
あくまでも空席があった場合になります。
なお、昨年受講していて進級(もしくは進級しなくて同じレベルを再受講する人も)
する人は3月6日の午後2時から事務所へ手続きに行ってください。

一応、一般的に再履修は可能ですが、再履修は二回までですので進級もがんばってくださいね。

週二回午後6時以降の
Regularレグラル(レギュラー)コースは4ヶ月で前期と後期に分かれます。
3月6日の午後6時がレベルチェックテストです。
一応6日から10日まで受け付けていますが、先着順に埋まっていきますので、
早く行かないとこれも席がなくなります。
前期は3月20日から7月14日まで
7月31日がレベルチェックテストで
後期は8月7日から12月1日まで。
12月から3月までは夏休みです。


ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスの正式名称は
Instituto de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandezです。
住所 Carlos Pellegrini 1515, CABA
簡単にレングアスビバスといいますが、もともとは国立で現在はブエノスアイレス市立の高等教育機関で英語学科やフランス語学科などがあり、語学講座同様学費が無料です。
ただ、協力費で運営委員会を補助します。

レングアスビバスはアルゼンチンで最初に外国語教育を行った機関であり、
日本政府に無償協力にてLL教室二部屋とビデオ編集室の寄贈を受けました。
英語学科、フランス語学科、ポルトガル語学科、イタリア語学科の他に7ヶ国語を選択外国語科目として教えており、学科生の受講生が優先ですが、それぞれの外国語クラスに空きが出れば一般へ公開講座として開放しています。それのため、日本語も寄贈をきっかけに1992年から公立の高等教育機関で単位の得られる科目として最初に開講され、そして現在も高等教育課程の中で日本語が教えられている唯一の学校です。
さらに無料ですから、大変人気があります。


外国語大学ですが、登録の手続き全てスペイン語ですから初心者の方など付き添いが必要であれば
頼むことができますから、お早めに申し込んでください。
tomokoargentina2@gmail.com
それから、結構厳しいので、ついていけない人へのためのプライベートレッスン、グループプライベートレッスンも行います。

何かあれば私は3月16日午後5時から6時半まで
日本語のレベルチェックの日には確実に学内にいる予定です。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 






2017年02月28日

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスのスペイン語集中講座は3月1日(水)レベルチェックテスト

 ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス2017年外国人のためのスペイン語講座申し込みは
現在のカーニバルの連休明けの3月1日からレベルチェックテストが始まります。
一応3月1日から3日までですが、先着順ですので、1日に行った方がいいです。
まずINTENSIVOインテンシボ集中講座のクラスは週8時間程度受講。
だいたい一日2時間四日間、クラスは午後2時から6時の間でレベルにより、時間帯、曜日が違います。また昨年 引退した先生がいますので、また時間帯が変わっています。ただ、例えばBASICOバシコの場合は月曜日は午後2時から4時火曜日は休みで水曜日は2時から6時、木曜日は2時半から4時半。。。。といった感じです。3月13日が開講ですから、そろそろ発表があるでしょう。
参考までに以下は2015年の時間割です。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52082638.html

午後2時からのレベルチェックテスト後、結果発表があり、登録手続きに行かなければなりません。
なお、今年のBono Contribucionボノコントリブシオン協力寄付金は月に400ペソです。(現在一ドルは15から16ペソです)一コースで合計800ペソです。なお、受講は先着順で、昨年からの受講生が進級していきますので、初心者コースももちろんですが、それ以上のクラスも定員に限りがあります。なお、昨年受講していて進級する人は3月6日から手続きに行ってください。
第一期は3月13日から5月12日までの予定です。
その次はまたレベルチェックテストがあり、新しい生徒を受け入れます。もし第一期で合格すれば
進級が可能で、またレベルチェックなどの手続きではなく、進級手続きをすればいいだけになります。
またBASICO からは Preintermedio 初中クラス でそれから intermedio 中級クラスになりますが、
人によってはintermedio へ飛び級できることもあります。
第二期5月22日から7月14日まで
それから7月31日がレベルチェックテストで
第三期は 8月7日から9月29日まで。
それから10月2日がレベルチェックテストで
第四期は、10月7日から12月8日

なお、週二回午後6時以降の
Regularレグラル(レギュラー)コースは4ヶ月で前期と後期に分かれます。
3月6日の午後6時がレベルチェックテストです。

一応6日から10日まで受け付けていますが、先着順に埋まっていきますので、
早く行かないとこれも席がなくなります。
3月20日から7月14日まで
7月31日がレベルチェックテストで
8月7日から12月1日まで。
12月から3月までは夏休みです。



ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバスの正式名称は
Instituto de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandezです。
住所 Carlos Pellegrini 1515, CABA
簡単にレングアスビバスといいますが、もともとは国立で現在はブエノスアイレス市立の高等教育機関で英語学科やフランス語学科などがあり、語学講座同様学費が無料です。
ただ、協力費で運営委員会を補助します。

レングアスビバスはアルゼンチンで最初に外国語教育を行った機関であり、
日本政府に無償協力にてLL教室二部屋とビデオ編集室の寄贈を受けました。
英語学科、フランス語学科、ポルトガル語学科、イタリア語学科の他に7ヶ国語を選択外国語科目として教えており、学科生の受講生が優先ですが、それぞれの外国語クラスに空きが出れば一般へ公開講座として開放しています。それのため、日本語も寄贈をきっかけに1992年から公立の高等教育機関で単位の得られる科目として最初に開講され、そして現在も高等教育課程の中で日本語が教えられている唯一の学校です。
さらに無料ですから、大変人気があります。
そのため、平等にするため、申し込みは基本、先着順です。
ただ一度入ることができますと試験に合格すれば自動的に進級することができます。
英語、フランス語、ポルトガル語、イタリア語、ロシア語、アラビア語、日本語の初心者コースは
3月27日に登録にいきます。
レベルチェックテストはまず整理券を3月13日か14日午後1時半から4時半にもらいに行き、
3月15日の午後5時から7時40分か16日午後5時から6時20分にレベルチェックテストをし、その後、20日と21日に登録を行います。ご興味のあるご家族、親戚、お友達にもよかったら
お知らせください。スペイン語でクラスの様子についてはフェイスブックで発信中です。
https://www.facebook.com/CursoDeJaponesLenguasVivas/?fref=ts

スペイン語を学ぶ上で、
一番のおすすめは2月末までに来て、登録することができれば一年間じっくり勉強することができます。次は5月ですので少し前の4月にはレベルチェックテストの日までに来ているといいでしょうし、生活に慣れることも重要です。

外国語大学ですが、登録の手続き全てスペイン語ですから初心者の方など付き添いが必要であれば
頼むことができますから、お早めに申し込んでください。
tomokoargentina2@gmail.com
それから、結構厳しいので、ついていけない人へのためのプライベートレッスン、グループプライベートレッスンも行います。

何かあれば16日の日本語のレベルチェックの日には確実に学内にいる予定です。

記事がよかったら以下クリックしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年02月27日

Seminario Invitacion a la lectura de la literatura japonesa2017日本文学を読もうセミナーは3月18日開始

2017年度「日本文学を読もう」セミナーSeminario, Invitacion a la lectura de la literatura japonesa.
(講師 相川知子)が来たる
 3月18日(土)午前9時から 開始します。前期は7月まで月に一度開催します。
日亜学院文化センター主催の「日本文学を読もう」講座は、昨年2016年は万葉集などを読んでいきましたが、
今年は夏目漱石の生誕150年、没100年ということで、最初の3回は
夏目漱石祭りです。我輩は猫である、そして夢十夜を読みながら、夏目漱石についてそして日本文学から日本の英知を学びそして歴史的習慣や文化を紐解いていきます。その後他のテキストを考えています。おそらく尾崎紅葉の金色夜叉になると思います。文学においては、原文を読むことはとても重要だと思います。
いままで日本文学講座は信じられないことに全てスペイン語訳だけで行っていたのです。。。
アルゼンチンの日本文学が大好きな人たちはとても熱心です。スペイン語を理解するまた勉強中の日本人の方の受講も歓迎します。
ただし、講義はスペイン語で、日本語(ひらがな)で日本文学の原文を読みますし、用語(日本語)の解説をスペイン語で行います。一応昨年度の続きで、継続しますが、割高になりますが、
途中からも参加可能です。ご興味があるアルゼンチン人の方にもぜひお知らせください。
そしてよかったら一緒に日本語ースペイン語で日本文学を楽しみませんか。
場所は
日亜学院文化センター
申し込みは
Centro Cultural Nichia Gakuin.
住所 Pringles 268 ブエノスアイレス
https://www.facebook.com/Centro-Cultural-Nichia-Gakuin-712384728906280/?fref=ts
Tel 4983 0056/0072 (日本語でも、分かる方につなげてくれます)
月から金 14時から18時
土    11時から17時 
お問い合わせはtomokoargentina2@gmail.comへどうぞ。

Seminario Invitacion a la lectura de la literatura japonesa.
Profesora: Tomoko Aikawa
5 encuentros una vez por mes
..........................................................
Inicio: sabado 18 de marzo 9:00 hs,
.........................................................
siguientes clases: 22/04, 20/05, 10/06 y15/07.
Horario: de 09:00 a 10:40 hs
Requisito: Conocimiento de Hiragana y vocabulario basico de idioma japones.
Este seminario es una aproximacion a la literatura japonesa especialmente para quienes posean conocimiento de japones
............................................................................
Informes e inscripcion:
Centro Cultural Nichia Gakuin.
Yatay 261/ Pringles 268. Tel 4983 0056/0072
Horario de atencion:
lunes a viernes de 14 A 18 hs sabados de 11 a 17 hs





2017年02月23日

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス2017年外国人のためのスペイン語講座申し込み

2月21日現在 
ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス2017年外国人のためのスペイン語講座の
インテンシボ(週8時間程度受講、上級になると減ります)申し込みのためのレベルチェックテストは3月1日午後2時に確定されました。
レベルチェックテスト後、結果発表、登録手続きがあります。
なお、一応3月1日から3日までとなっていますが、1日以降に行くと席がないでしょう。
第一期は3月13日から5月12日までの予定です。
その次はまたレベルチェックテストがあり、
第二期5月22日から7月14日まで
それから7月31日がレベルチェックテストで
第三期は 8月7日から9月29日まで。
それから10月2日がレベルチェックテストで
第四期は、10月7日から12月8日

なお、週二回午後6時以降の
レグラル(レギュラー)コースは4ヶ月で前期と後期に分かれます。
3月6日から10日の午後6時がレベルチェックテストです。

3月20日から7月14日まで
7月31日がレベルチェックテストで
8月7日から12月1日まで。
12月から3月までは夏休みです。

日本語クラスは3月27日午後1時半からに初心者の登録受付があります。
すでに学習した人は13、14日に整理番号を受け取り、15、16日レベルチェックテストを受けることになります。

いずれもInstituto de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez
(住所 Carlos Pellegrini 1515, CABA)ことレングアスビバスはブエノスアイレス市立の高等教育機関なので、学費が無料です。
ただ、協力費で運営委員会を補助します。
昨年は外国人のためのスペイン語集中講座は月に400ペソ。
レギューラーコースと他の外国語は150ペソ程度でした。

アルゼンチンで最初に外国語教育を行った機関であり、
日本語も公的高等教育機関で単位の得られる科目として最初にそして唯一の学校です。
ただし、公開講座にもなっています。
さらに無料ですから、大変人気があります。
そのため、平等にするため、申し込みは基本、先着順です。
ただ一度入ることができますと問題がなければ自動的に進級することができます。

今年進級する人は3月6日が申し込みです。

スペイン語を学ぶ上で、
一番のおすすめは2月末までに来て、登録することができれば一年間じっくり勉強することができます。
次は5月ですので少し前の4月には来ているといいでしょう。

外国語大学ですが、登録の手続き全てスペイン語ですから初心者の方など付き添いが必要であれば
頼むことができますから、お早めに申し込んでください。
tomokoargentina2@gmail.com
それから、結構厳しいので、ついていけない人へのためのプライベートレッスン、グループプライベートレッスンも行います。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年02月01日

国立ブエノスアイレス大学語学ラボラトリー外国人のためのスペイン語講座(夏期集中2月開始)

夏の間にブエノスアイレスでスペイン語の集中講座を受けるのなら
国立ブエノスアイレス大学語学ラボラトリー外国人のためのスペイン語講座がお薦めです。
2月1日と2日の午前10時から午後2時の間にレベルチェックテストが行われます。
先着順に筆記試験をやり終わったら口述試験になります。
夏期集中講座は2月3日開始です。
別途3月からの一般講座は3月8日から10日が申し込み手続きで、20日から7月15日までになります。こちらが冬休みなどの講座カレンダーです。
http://www.idiomas.filo.uba.ar/content/calendario-academico
すなわち、この4ヶ月分の講座が
月曜日から金曜日、930から1230の毎日3時間、夏期集中講座(60時間)
で受けられるわけです。
こちらが値段表です。初めての受講生はカテゴリー2で10410ペソになります。
(1ドル現在約15ペソ)なお、支払いは現在カード引き落としか銀行振込になっています。
http://www.idiomas.filo.uba.ar/webfm_send/320
ちなみに一度カテゴリー2を経験したら次のコースからはカテゴリー1になり、既存の学生は
少し安くなります。一番安いカテゴリー3は当地での身分証明書か、外交官カードなどを持っている人です。

外国人のためのスペイン語講座夏期講座を受けられるのは
こちらです。
会場Laboratorio de Idiomas UBA  国立ブエノスアイレス大学語学ラボラトリー外国人のためのスペイン語講座
住所 25 de mayo 221
*5月25日通りというのは道の名前です。アルゼンチンの革命記念日が道の名前になっています。。。221は番地です。*カサ ロサーダこと大統領府から200mです。

ときどきいい語学学校を紹介してください、という問い合わせがありますが、
基本的にはレングアスビバスLenguas Vivas (3月からの講座についての紹介リンクhttp://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/52155277.html
と、こちらの ウーバUBAで十分だと思います。
また基本的に両方の機関では外国語としてのスペイン語教師の養成講座があり、その卒業生以上が
教授に当たっていますので安心です。

どちらにしても、スペイン語を勉強するには、たんに学校に通って授業を受ける勉強だけではなく、自分で能動的に活動し、五感で覚えることをお薦めします。ですからお友達になる、一緒にお出かけする、スペイン語を使う活動をするなどどんどんやったらいいでしょう。。。。
ああ、なんていいんでしょうね(笑)勉強できるうちが花なので頑張ってください。
その他 スペイン語を学ぶ、について各種アドバイスを掲載していますのでご参考にどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045672.html






2017年01月30日

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス2017スペイン語講座

ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス2017年外国人のためのスペイン語講座は
例年通り集中講座とレギュラー講座が開催され、おそらく3月1日午後2時が登録日です。
((おそらくと書いたのは年末コーディネーターが変わりまして、今年は2月末までどうなるかいまだ不明だからです))
一応 3日までとなっていますが、3日に行ってはもう席がないでしょう。
レベルチェックテスト後、登録手続きがあり、
第一期のクラスは3月13日から5月12日までの予定です。
その次はまたレベルチェックテストがあり、
第二期5月22日から7月14日まで
それから7月31日がレベルチェックテストで
第三期は 8月7日から9月29日まで。
それから10月2日がレベルチェックテストで
第四期は、10月7日から12月8日
レギュラーコースは
3月6日がレベルチェックテストで
3月20日から7月14日まで
7月31日がレベルチェックテストで
8月7日から12月1日まで。
12月から3月までは夏休みです。

2月の半ば以降に確認ができますが、念のためいま決まっている予定を載せておきます。
なお、その他に英語、イタリア語、フランス語、ロシア語、アラビア語、ポルトガル語、そして日本語があります。
こちらの登録はレベルと科目により、3月はクラスの時間にレベルチェックテストを行います。
初心者は3月25日以降ぐらい(日本語は3月27日の予定)に初心者の登録があります。

いずれもInstituto de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez
(住所 Carlos Pellegrini 1515, CABA)ことレングアスビバスはブエノスアイレス市立の高等教育機関なので、学費が無料です。
ただ、協力費で運営委員会を補助します。
昨年は外国人のためのスペイン語集中講座は月に400ペソ。
レギューラーコースと他の外国語は150ペソ程度でした。

アルゼンチンで最初に外国語教育を行った機関であり、いまも当地の語学教育機関の権威ですし、
さらに無料ですから、大変人気があります。そのため、平等にするため、申し込みは基本、先着順です。

ただ一度入ることができますと問題がなければ自動的に進級することができます。

一番のおすすめは2月末までに来て、登録することができれば一年間じっくり勉強することができます。

外国語大学ですが、登録の手続き全てスペイン語ですから初心者の方など付き添いが必要であれば
頼むことができますから、お早めに申し込んでください。
tomokoargentina2@gmail.com


よくある質問
1) 授業は何語ですか。
スペイン語のクラスですので、スペイン語です。
2) 授業料は本当に無料ですか。
アルゼンチンの公立教育機関は無料です。
ただ、協力費、そして、テストのコピー代、資料代、教科書代がかかります(いずれも実費)
3) テストはありますか。
進級のときにしっかり筆記試験と口述試験があります。
4) レベルチェックテストは難しいですか。
レベルをチェックするためのテストですから、できるところまでやれば結構です。
できないところは白紙で構いません。
なお、普通に日本で勉強していてもせいぜい、初心者のBasico からPreintermedio 程度にしか入れませんのでがっかりしないでください。なお、わからなくても、せめて名前は書いてください。めでたく初心者コースになります。
5)ついていけなくて退学はありますか。
この学校で一度、アルファベットが書けなくて退学になった人がいますが、
アルファベットさえかければ、落第はしても退学にはなりません。しかし同じレベルを
やるのは2回までで、2回すべると退学かもしれませんが、普通はせいぜい一度
落第のみです。
6)一クラスの人数は多いですか。
通常は多くても10人ぐらいです。
7)レベル分けは以下のとおりです。
Basico
Pre-intermedio
Intermedio
Pre-avanzado
Avanzado


2017年01月13日

ブエノスアイレスの家「パレルモ」オープン  スペイン語学習してアルゼンチンの家族になりませんか。

 「ブエノスアイレスの家CASA DE BUENOS AIRES」パレルモがオープンしました。
ブエノスアイレス市内でも一番大きいそして、多様な環境で緑がとても多いところがパレルモ地区PALERMOです。
IMG_2639

日本の旅行ガイドブックで有名なパレルモはパレルモソーホーといいますが、その中心地まで500m、
そして生活のアクセスに便利なサンタフェ通りから100m。
IMG_2635

アルゼンチンの展示会やイベントではなくてはならない会場である、ラ ルラル 農牧展示場まで100m
です。

IMG_2656


サンタフェ大通りには最近開通したメトロブスというバスレーンがあり、ベルグラーノ地区へつながっています。また地下鉄D線のイタリア広場PLAZA ITALIA駅からすぐです。

15941246_1273161576111934_4071828450835302809_n


市内で一番の規模のパレルモ公園が始まる近くは200mでその後朝夕のジョギングも
簡単です。

近所に図書館も二軒あります。なんでもそのうちのひとつはブエノスアイレスで一番古いんだそうです。
16003122_1273161599445265_5124363752031888038_n


もともと、パレルモの中でも比較的物価が高くない、イタリア広場付近です。実は、この辺は10年前なら少しパレルモ地区はパレルモ地区でも比較的治安に不安な地域でした。((もちろん他の地区と比べればいいけれども))
今ではデザイナーブランドやおしゃれなカフェが並ぶパレルモソーホー地区の入口になり、往来もさらに増え、
昔ながらの庶民的な地域と高住宅街的級であり、外国人向けなエリアのミックスとなっています。((安いレストランも高い店もあり、選択肢が多いです))

15978079_1273160186112073_1139991814895731463_n


さて、ブエノスアイレスの家に住めば、ブエノスアイレスの家のファミリーと一緒に肉屋に行ったり(ここはパレルモソーホーのレストランに肉を下ろしている御店) 生活をいっしょにします。

16003154_1273160219445403_6494621530495074677_n


15941003_1273160359445389_8177430017690920672_n

高級でもなく下町でもなく、普通のブエノスアイレス市民の生活が安全に体験できますし、い長く滞在の場合スペイン語留学として長く滞在のときも、イントロダクションとしてこの家に滞在し、ここから出て自活しても、安全に行動ができるように、うちの子として教えていきます。

IMG_2321


 家族と同居ですが、明るい部屋の一角を使って、アルゼンチンなブエノスアイレスの家の体験が可能です。

 普通の家庭なのでブエノスアイレス的朝食、昼食、ときどきオヤツを、夕ご飯をいっしょにします。
もちろん家事や家族の行事にも参加してください。 
昼は家族それぞれの日常について行ったり、地下鉄で15分の中心街へ行くのもよし、街をぶらぶらしたりできます。またサンタフェ大通りはどこへ行くにも簡単です。おすすめのレングアスビバスというブエノスアイレス市立外国語大学へも簡単に行けます(3キロで、バスで30分程度です)
また各種スポーツクラブも近いので現地の若者との交流にも最適です。パレルモ公園に出てもいいでしょう。

 アルゼンチンでは12月中旬から3月初めまで夏のバケーションの時期なので、この時期に来ると、家族との交流がより可能ですし、お出かけにも一緒に行けます。
 女性一人旅も安心です。
 できればお得意の料理を披露したり、またお買い物から初めて、アルゼンチン料理を学んだりも可能です。

 滞在は1日などよりはできれば長めをおすすめします。滞在の目的を教えてください。
最適なのはホームスティスペイン語集中講座です。これに希望の場合は2ヶ月以上が最低単位です。二ヶ月いれば全く初心者でも基本的なスペイン語の基礎の勉強が実践が可能です。2ヶ月後はなんとか外海に出ていってもだいじょうぶ。もちろん本人が勉強してくれなくちゃですが。
既得者ならもっと応用力が高まるでしょう。

 そのほか、アルゼンチン文化(タンゴ、サッカー、そのほかのアートなど)を習いたい場合もコーディネート可能です。
 
 ホームスティというよりも、下宿でもなく、ブエノスアイレスの生活を体験し、その日常の家族の一部となれる「ブエノスアイレスの家」CASA DE BUENOS AIRESです。ゲストハウスやB&Bとカテゴリーされるかもしれませんがお客様として受身ではなく、是非、日常にご参加し、家族のメンバーとなっていただける方をお待ちしています。また家族も精一杯、アルゼンチンを満喫していただけるよう努力します。是非、自己紹介とともに、ご連絡はtomokoargentina2@gmail.com まで
TOMOKO


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2017年01月09日

チリでの日本人留学生行方不明事件現地報道は日本の取材班が珍しいらしい。

 フランスの日本人留学生行方不明事件で、チリ人が容疑者になっているということで、チリではフランスからのニュースと日本のニュースをソースとして、さらに現地の検察局からの情報を元に
ニュースを作っているようです。ようやく正月明けにニュースとして出てきました。

それ以外に気になるのは、

チリの新聞EL DIA(エルディア)では共同通信社のわたなべまさひろさんへの
逆取材でインタビュー「日本人が外国で何かあれば皆感心が高い、
日本人は心配している、そういう民族だ」と回答。
http://www.diarioeldia.cl/policial/prensa-nipona-asegura-que-no-se-ira-hasta-lograr-ubicar-chileno

ツイッターでも日本人の取材班を撮影したり、、、、

BIOBIOCHILE ビオビオチレによると、検察は、フランスの要請により、容疑者のチリ人の銀行情報を提供したと録音付きで報道しています。なおここによると 誘拐の疑いで、という要請だったと明かしています。
http://www.biobiochile.cl/noticias/nacional/chile/2017/01/06/fiscalia-remite-a-francia-datos-bancarios-de-chileno-indagado-por-desaparicion-de-japonesa.shtml

ちょっと疑問なのは日本で報道されている国際指名手配というのはどういう意味なのでしょうね。
なんとなく、国際的にそうだとすぐ「つかまる」方向になるイメージですが。。。。

国をまたがる事件は一筋縄ではいかない、と、そこをさくっと説明しているのは朝日新聞です。
http://www.asahi.com/articles/ASK172RP5K17UHBI00C.html
国をまたがって、簡単ではないんですよね。。。。

さらに自国民でもないですから、最初はフランスの寮で5日間も授業に出てこないのに、その前に
見に来なかったなんて!また夜中に悲鳴が聞こえたのなら、どうしたのーとドアをたたくのが普通でしょう、フランス人は冷たい、と勝手に思っていました。
((アルゼンチンなら数時間 行方がわからないだけで 皆大騒ぎします、もっとも人に行き先を告げていたり
友達がいる場合ですが))
しかし今ではこの寒い中、森を探してくれる訳ですしね。。。。

さて、本日1月8日、BIOBIO CHILEのニュースは はっきり言って、半分が日本人取材班のニュースです。
タイトルはずばり、アジアのメディア陣はラセレナでチリ人容疑者を捜索中。日本人留学生殺人の容疑で。Medios asiaticos buscan en La Serena a chileno sospechoso del presunto asesinato de joven japonesa
http://www.biobiochile.cl/noticias/nacional/chile/2017/01/08/medios-asiaticos-buscan-en-la-serena-a-chileno-sospechoso-del-presunto-asesinato-de-joven-japonesa.shtml

日本人取材班が前回は5チーム、でしたが今回は数局になっています。
そして「この事件は過去三週間で日本のニュースで最重要のものの一つである」
. “Este es uno de los casos mas importantes en los noticieros en Japon, por lo menos desde hace tres semanas”,
と説明。
さらにこのチリ人と日本人のロマンスをまとめています。

2014年大学の関係で筑波大学に留学したセペダとナルミは知り合い、恋人同士に。
2015年 ニコラスはチリに帰国しなければならなかった。
その後、ナルミは二ヶ月チリに訪問。 ラスコンデスのニコラスのマンションに滞在。
その後、数箇月は不明
2016年初め、セペダは筑波大学に戻る。ナルミと再会、しかし関係は冷め始め、
ナルミは少し距離をおくようになる。
2016年9月 ナルミはフランスに留学。
ニコラスは彼女を追い、フランスへ。
その後の行方が分かっていない。
12月4日 ナルミが最後に目撃された日でその後行方不明。
ニコラスはその三日後戻り、 チリに12日に帰国。
ナルミが最後にいっしょにいた人物はニコラスだっという。

アジアのメディア
レポーターによると、ニコラスセペダは ラセレナの両親の家にいるという。
マンションの前には取材陣が集まっている。
The Japan Times
Tokyo Reporter
Fuji TV は写真を掲載し、現場からレポートしている。
近隣市民には日本人取材班がたくさんいるのに気づかないはずはない。
El Observatodoというポータルサイトの写真家カルロスは
7局はいたと語っている。,
まずはサンティアゴのニコラスのマンションからレポートし不在がわかると、両親がラ セレナにいると調べ、この地までやってきている。
「母親はいるのが証明されてる、なんども犬の散歩に外出し、ときには娘の一人が同行している。ただ何も話さない。答えない」
Fiscalia Centro Norte 北部検察は、フランス当局にニコラス容疑者の銀行口座情報を伝えたという。
このデータから、ニコラスがチリにいるという。
国家検察はフランスから引渡しの要請が来ているという。また国際犯罪捜査協力の要請もあるという。
=ーーーー

ここまではBIO BIO CHILE現地新聞に書いてある記事を訳したものです。

この事件が起こってから周りの日本人留学生の無事を確認しました。とりあえず無事でしたのでよかったです。((返事ない人もいますが。。。日本的には便りのないのはいいこと!?))
ブエノスアイレスでもスペイン語を学びに来る日本人留学生がいるのです。
「異国の地で起こった事件、邦人女性が被害に遭っていて、フランスで起こったのに容疑者としてチリ人(外国人)があがっている、という特殊性を持っているので日本でもかなり注目されているようですが、これは留学したことが原因ではないし、日本国内で、日本人同士でも起こりうるものではあると感じました」
と、意外に冷静な女性留学生。もうすぐ帰国だそうです。

「実は、アルゼンチン人に騙されることがあって、先生が口を酸っぱく[気をつけてね]とおっしゃっていたのを思い出しました。当時、先生に言われたときは、自分は大丈夫だと甘く見ていたのですが、今となってはきちんと先生の話を聞いていればよかったと後悔しています。
フランスの事件も僕と同じトビタテの奨学金で留学していたようですので、より一層注意して生活したいと思います。先生も事件に巻き込まれないように気をつけて下さい」

と あら、逆に心配されちゃいました。
いろいろな人がいますし、いろいろな目的の人や背景の人がきますが、
基本知り合った人が何かにあうと悲しいし、残念ですから、是非、みなさん、安全対策ですから、どこかへ行く戻ったなど周りに言っておいてくださいね。
どこかへ行くというのを行っていればそちらで何か問題があったりしたら知らせてくれたりしますし、、、
案外日本はクールなのか、無関心なのか、なんでしょうが、こちらでは皆さん、相手のことを意外に思ってくれていますので、できればそれに答えるといいと思います。

ちなみに私は26年ブエノスアイレスに住んでいて、なくなった方、重体になった方、突然の急病、妊娠などご対応していますが。。。
無事で元気なのが当たり前と思わないで、困ったときではなく、質問したいときだけではなく、元気よーという連絡もしてくださいね。そうしていると気にかけていますから。


注))) 私も貧乏旅行のときやこちらに来てばかりのときは、危ない橋をたくさんわたりましたから、若い人の気持ちわからないまでもないんです。 ((メキシコ ヒッチハイクのエピソード、安宿での怖さ、国境通過、ちょっと気をゆるしてあわやだったりー笑ー)) 怒ってくれる人がいましたので、大事にはいたらず今元気でいるわけです。。。

それでも今回の話は、せめて、ナルミさんがニコラスとどっか誰もいないとこに行っちゃって!みんな心配したのよ!と怒鳴ってあげることができればいいのですが。。。。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2016年12月13日

ブエノスアイレスの家 アルゼンチンホームスティ スペイン語留学 スペイン語集中講座 異文化理解講座

image
 ブエノスアイレス市の中心であり、街の心を知ることができると言われる Almagro アルマグロ地区に「ブエノスアイレスの家」はあります。

街の心としてのこの地域は、高級でもなければ下町でもなく、普通のブエノスアイレス市民の生活がそこにあります。ブエノスアイレス州まで続いて他の道とは違い名前が変わらないAv. Rivadavia リバダビア大通り4000番街は昼も夜も賑やか。そこから一本入るとまるで20世紀初頭のブエノスアイレスの移民者達が築いてきた古きよきアルゼンチンの世界に足を踏み入れることができます。
image (3)

なんとこのブエノスアイレスの家の家族団らんのリビングルームにはブエノスアイレスの街の象徴 街灯があります。

タンゴ好きな方には例えばピアソラカップでの朝ごはん。(サッカーバージョンもありますよ!)
11234806_858021500959279_5016790736064349117_n


10641172_858078927620203_5473649511355114551_n


昼はパスタ。。。。

夜はもちろん
11193350_854410854653677_8117532490120386321_n


アサード

11218919_960116357416459_6945174801707420511_n

牛カツのミラネッサ

12311168_957784560982972_5388975533658168585_n

ホームメードハンバーグ


((毎日こうじゃないと思うでしょ。。。毎日 基本 肉です。
でもたまにはこのようなさっぱりメニュー、もしくは前菜です。  トマテ レジェーノ
12342727_959153907512704_8087759411470608025_n



 家族と同居ですが、明るい一部屋を使ってとってもアルゼンチン的ブエノスアイレスの家の体験が可能です。

ご滞在目的に合せてお部屋を用意します。

または、時期やプランによっては別途、プレイルーム2階になることもあります。

 普通の家庭なのでブエノスアイレス的朝食、昼食、ときどきオヤツ、そして、夕ご飯を一緒に取れます。
 またはアルゼンチン料理にチャレンジも可能です。
 一緒に作りましょう。
11203722_855647047863391_1795031937311248510_n



 毎日の行動は、家族それぞれの日常について行ったり、ブエノスアイレスで100年の歴史を誇る
こちらに紹介されているような中心街には地下鉄に乗って15分です。
(最寄り地下鉄駅CASTRO BARROSまで200mです)
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2016/01/post_353.html
150年の歴史のカフェトルトーニまでも、地下鉄のPIEDRA駅を出たらすぐ!です。

 日本語や日本文化好きなアルゼンチンの友人とのお出かけも楽しいです。
13710_821387577896823_6718443701582416227_n


  異文化コミュニケーションも日本好きな人たちなら大丈夫!女性一人旅も安心です。

 できればお得意の料理をしてパーティを開いたり、またお買い物から初めて、アルゼンチン料理を学んだりも可能です。

 滞在は1日でも、、3日、1週間、1か月、2か月など 設定可能です。

((なお、スペイン語集中講座では、初心者の場合は最低二ヶ月からがお薦めです))

 そのほか、タンゴ、フォルクローレ好きの友人達のところへ体験レッスンに行くことも可能です。
 
 近くの 徒歩圏内に、マルセラ先生はダンスだけではなく、ブエノスアイレスっ子 ポルテーニャ(女性ですから)の心意気を教えてくれます。いっしょにお茶を飲むのも、ブエノスアイレスの
夜の街に繰り出す素晴らしいガイドです。

10996664_10153269927014795_4226867074302582705_n

詳細はこちらから!
http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2014/05/post_308.html

 もちろん テレビに実際にサッカーの試合を一緒に見るのも楽しいです。

 単なるアルゼンチン ブエノスアイレス ホームスティでもなく、下宿でもない、ブエノスアイレスの生活を実際に体験し、その日常の一部となれるのが「ブエノスアイレスの家」です。
 アルゼンチン生活体験に最適です!

 ブエノスアイレスゲストハウスやB&B(でもBREAKFASTだけではないです)
とカテゴリーされるかもしれませんがお客様ではなく、是非、日常にご参加し、家族のメンバーとなっていただける方をお待ちしています。
 また家族も日常はありますが、精一杯、アルゼンチンを満喫していただけるよう努力します。
是非、自己紹介とともに、ご連絡ください。

tomokoargentina2@gmail.com

 別途 スペイン語集中講座プランもあります。 生活体験、宿泊、食事、スペイン語講座が
いっしょにブエノスアイレスで
行えます。ブエノスアイレスでスペイン語留学、短期留学、長期留学もサポートします。

((なお、スペイン語集中講座では、ある程度時間が必要なため、
初心者の場合は最低二ヶ月からがお薦めです))

同時にレングアスビバス(市立外国語大学)のスペイン語講座に通うためのサポート、そして、
一緒に予習、復習、試験対策を行えます。
二ヶ月でアルゼンチンで生活するための基本中の基本をスペイン語力と共に、生活力をつけていただきます。

 初心者の方には、日常生活から見えるスペイン語表現、語彙の特訓から、
それを試験、実践、そして駆使のレベルにまでお伴します。
((ちなみに日本での週二回のスペイン語講座2年分以上がここで学べます。))

 すでにスペイン語力はあるけれども、ブラッシュアップしたい方には道場的に厳しく、そして優しく楽しく指導します。

 すでにある程度できるけれども、仕事に使える、文章力、プレゼンテーション力・スピーチ力(人前で話すこと)、も学べます。
 スペイン政府スペイン語検定DELE対策(特にオーラル試験の対策)も行えます。


1939825_759769750784455_1242092865518861376_n



記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 

2016年09月21日

レングアスビバスのスペイン語講座10月期は10月11日がレベルチェックテスト

 レングアスビバス(Instituto de Ensenanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez, Carlos Pellegrini 1515, Capital)のスペイン語講座、本年度最後の10月期(10月11月の二ヶ月)の申し込みのためのレベルチェックテストが10月11日(火曜日)(いちおう、12、13日までとなりますが、定員になると終了です)になりました。
 今回10月10日が10月12日の祝日が移動したのと、一番中心になっていたコーディネーターのマリアナ先生が定年になり、新しい先生を選抜中だからです。窓口は午後2時から受付ですが、早めに行って、順番を待つ人が多いです。
 レングアスビバスはブエノスアイレス市立外国語大学で学費は無料ですが、協力金で運営に貢献します。今回は二ヶ月で720ペソだそうです(50ドルぐらい)。別途テキスト料は200ペソです。

記事がよかったら以下クリックしてください!
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 



2016年09月03日

日亜学院にての日本文学を読もう講座第二弾第二回「源氏物語 桐壺」(9月3日)

明日9月3日(土)午前9時から
日亜学院にての日本文学を読もう講座第二弾第二回では「源氏物語 桐壺」をよみます。アルゼンチンの日本文学が大好きな人たちはとても熱心です。日本人の方も参加歓迎です。講義はスペイン語ですが、テキストは日本語(ひらがな)です。ご希望の方は  tomokoargentina2@gmail.comまで。
Manana 3 de septiembre, a las 9am seguimos leyendo literatura Japonesa
Seminario ; Invitacion a la lectura de la literatura japonesa. Profesora: Tomoko Aikawa
==================================
2a ciclo.2 encuentro : sabado 3 de septiembre9:00 hs,
==================================
Vamos a leer el primer capitulo Kiritsubo (pabellon de la paulonia) de Genjimonogatari (Historia de Genji ) de Murasaki Shikibu
https://www.facebook.com/1636729143318174/photos/pb.1636729143318174.-2207520000.1472342076./1639183526406069/?type=3&theater
3 encuentros una vez por mes, siguientes clases: 03/09 y 01/10
Horario: de 09:00 a 10:40 Arancelado con inscripcion previa.
Requisito: Conocimiento de Hiragana y vocabulario basico de idioma japones.
Este seminario es una aproximacion a la literatura japonesa especialmente quienes posean conocimiento de japones.
Termario:
Hyakuninisshu (100 poetas y 100 poesias),
Tsurezuregusa (Ensayo por el correr de tiempo)
................................................................
Informes a partir del lunes 1a de agosto:
Centro Cultural Nichia Gakuin. Yatay 261/ Pringles 268.
Tel 4983 0056/0072
Horario de atencion: de lunes a viernes de 14 A 18 hs.
sabados de 11 a 17 hs
https://www.facebook.com/Seminario-Literatura-Japonesa-2016-1636729143318174/?fref=ts
記事がよかったら以下クリックしてください!
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 



2016年07月06日

レングアスビバスのスペイン語集中講座 8月、10月開講予定

 2016年8月のレングアスビバス(ブエノスアイレス市立外国語大学コミュニティカレッジ)の外国人のためのスペイン語講座第三コース8月期の日程が出ました。
来る8月1日から2日の間にレベルチェックテストに参加して、その結果が出た後、申込みをすることができます。
アルゼンチンの公立の学校ですから受講料は無料です。ただ、学校に協力金を寄付します(月30ドルぐらい)教科書のコピー代、テスト用紙コピー代、かかりますが、他の国立ブエノスアイレス大学や私立のご学校のことを考えたらと全く問題ない金額ですし、100年以上の歴史のあるアルゼンチンの語学教育の最高峰の学校です。
 インテンシボ集中講座は、平日の午後に、週に8時間程度のクラスです(でも、この復習や予習のため、週に30時間は自習しないと落ちこぼれますよ!)
 レギュラー講座は午後6時以降の週4時間です。 今回の八月がレギュラー講座今年最後の申し込みです。
 インテンシボは次は10月です。
集中講座は午後2時からテストは開始されます。
次の登録時期は10月です。
スペイン語集中講座8月期は8月8日から二ヶ月間で、
10月期は10月3日にレベルチェックテストです。レギュラーはもう次の三月までありません。



よくある質問
1.どの時期に行ったらいいか、一番の理想は3月の集中講座を始めるため、2月中旬にくれば
3月期、5月期、8月期、10月期、コースが四回履修することができ、全くの初心者でも9ヶ月である程度
進みます。まあ日常的な行動になんとか対応できるというレベルです。
既習者ならまたこれはバリエーションがあります。

2.ビザは必要ですか
普通ビザはとれないので、三ヶ月毎に出国するといいでしょう。

そのほか、お問い合わせはTOMOKOまで。
状況を教えてくだされば
アドバイスが可能です。
tomokoargentina2@gmail.com

まずはこちらをご覧ください。 
こちらにスペイン語を学ぶアドバイスなどを書いています。
スペイン語を学ぶ
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045672.html



別途、レングアスビバス申し込みのお手伝いも可能です。
また補講、予習のスペイン語プライベートレッスンやホームスティなども可能です。

今回8月のを申し込むのならば、せめて7月末前についてから臨むといいでしょう。


記事がよかったら以下クリックしてください!
にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 






2016年06月05日

第二回「日本文学を読もう」セミナー(6/18)Seminario, Invitacion a la lectura de la literatura japonesa

第二回「日本文学を読もう」セミナー(6/18)Seminario, Invitacion a la lectura de la literatura japonesa
 来る6月18日(土)午前9時から第ニ回「日本文学を読もう」セミナーを日亜学院で行います。

スペイン語翻訳の日本文学を鑑賞して解説をするというのがアルゼンチンで一般的だったなかで、
実際に日本語で読もう!という試みです。今回は第一回の万葉集につづき、第ニ回枕草子です。

基本は、ひらがなが分かるレベル以上の日本語、そしてもちろんもっと上の日本語が分かる方も、そしてアルゼンチン人と一緒にまたスペイン語で(説明はスペイン語です)日本文学に挑戦という日本人の方も大歓迎です。すでにお二人いらっしゃる方がいて、アルゼンチンの方々の熱心さに感動し、また、初めて万葉仮名で万葉集を読んだということでした。(でも実際にはひらがなで読みますからだいじょうぶ!) 

第二回「日本文学を読もう」セミナーSeminario, Invitacion a la lectura de la literatura japonesa.
清少納言「枕草子」 春はあけぼの。 ありがたきもの。
講師 相川知子
5月21日(土)午前9時から
日亜学院文化センター
申し込みは
Centro Cultural Nichia Gakuin.
住所 Yatay 261/ Pringles 268 ブエノスアイレス
(日亜学院ではいろいろな日本文化講座もあります。有料ですが妥当な値段で知っている日本文化もスペイン語でやってみるのは楽しいですよ)
https://www.facebook.com/Centro-Cultural-Nichia-Gakuin-712384728906280/?fref=ts
Tel 4983 0056/0072 (日本語でも、分かる方につなげてくれます)
月から金 14時から18時
土    11時から17時 
次は7月2日 三回講座がいったん終了します。


アルゼンチンの方が日本文学を理解するために必要な日本の風物、花鳥風月や色彩感覚など
それぞれのテーマに合せながら、紹介、説明していきます。
アルゼンチンの方は俳句などを嗜む方も多く、それに近年ではスペイン語に翻訳された日本文学書が多く出版されるようになりました。

次回、7月2日は おくの細道の予定です。

なお、今度は百人一首をしたいのですが、かるた、がありません。もしお手元にお持ちの方で
貴重なものですが、貸してもいいという方、今度日本からいらっしゃるときに持ってくるよーという方が
いらっしゃいましたら、是非ご連絡いただければ幸いです。
tomokoargentina2@gmail.com

以下、スペイン語で紹介しています。
Seminario Invitacion a la lectura de la literatura japonesa.
a cargo de la Prof. Tomoko Aikawa
...........................................................
Inicio: sabado 18 de junio 9:00 hs,
............................................................

El amanecer de la literatura japonesa y aun hoy se basa en los sonidos
y la resonancia de las palabras como si hubiera alma en ellas, razon
por la cual el eje del programa plantea mostrar los materiales en
forma auditiva (realizacion de la lectura a cargo de la profesora y
conjunta a su vez, su grabacion).

ー18 de junio a las 9am
Makura no sooshi (El Libro de la Almohada) por Seishonagon
Haru wa Akebono, En Primavera, el amanecer
Arigataki mono, Es dificil que haya

3 encuentros una vez por mes.
Siguiente clase: 02/07
Horario: de 09:00 a 10:40 hs
Requisito: Conocimiento de Hiragana y vocabulario basico de idioma japones.
Este seminario es una aproximacion a la literatura japonesa

Informes e inscripcion:
日亜学院文化センター 
Centro Cultural Nichia Gakuin, Pringles 268.
http://nichiagakuin.edu.ar/ngf/index.php?option=com_content&view=article&id=349&Itemid=1570&lang=es
Tel 4983- 0056/0072
Horario de atencion: de lunes a viernes de 14 A 18 hs.
sabados de 11 a 17 hs
https://www.facebook.com/Centro-Cultural-Nichia-Gakuin-712384728906280/?fref=ts
www.fundacionsadako.org
紹介していただきました。
アルゼンチン日系グループ アルテルナティバ日系はスペイン語で日本のことをいろいろ紹介しています。
http://alternativanikkei.com.ar/evento/seminario-sobre-lectura-de-literatura-japonesa/?instance_id=706
日亜学院では他にもいろいろな楽しい日本文化講座があります。
アルゼンチンの人と一緒にスペイン語で学ぶのも楽しいですよ。

Aquellos que no tienen conocimeinto de idioma japones, pero estan
interesados, consulten a
tomokoargentina2@gmail.com

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 

2016年05月31日

DELE2016 7月の試験は7月15日、締切は6月8日まで。

 DELE(デレ)とは外国語としてのスペイン語能力検定、Diploma de Espanol como Lengua Extranjeraで、スペイン政府主催です。スペイン語を学習しているのなら一度受けておきたい資格試験です。
来る7月15日、ブエノスアイレスで受けられますので、申込み締切は6月8日です。パスポートとコピー一部と、料金を支払えばうけることができます。ガレリアス パシフィコショッピングセンター内、ボルヘス文化センター三階Viamonte 525 3o piso - Centro Cultural Borgesから少し奥へ入った
FUNDACION ORTEGA Y GASSETという団体が実施しています。
料金はA1は75ドル、A2は99ドル、B1は110ドル、B2は125ドル、C1は135ドル、C2は140ドルです。
((ドルでもっていく必要があることがあります))
Viernes 15 de Julio
Inscripcion
hasta el 8 de Junio, inclusive.
Requisitos: Pasaporte original y fotocopia.
secretariafoga@ortegaygasset.com.ar
+54 11 4314 2809
+54 11 5555 5452
Viamonte 525 3o piso - Centro Cultural Borges

 スペイン語を勉強したと言えるにはA2は欲しいものです。即ち、ある程度スペイン語で生活やスペイン語圏の人とコミュニケーションがだいたい取れるという入口で、スペイン語がわかる、と言え始めることができるレベルです。でもA1も立派なことですのでせっかくアルゼンチンでスペイン語を勉強しているのなら一度は受けるといいでしょう。また日本へ帰る前に試験を受けた方が忘れなくていいでしょう。日本で何年勉強してもこのレベルに到達するのがなかなかなことが多いです。
 日本で大学のスペイン学科出身でも勉強の次第によってはA2も取れないこともあります。普通にちゃんと勉強したらB1かB2ぐらいでしょう。メキシコなどの工場通訳などの募集では、だいたいB1からB2を基準にしています。場合によってはA2でもだいじょうぶなときがあってちょっとびっくりしますが。もちろん資格試験が全てではないですけれどもね。
 日本のスペイン協会のスペイン語検定と大きく違うのは試験問題は全部スペイン語です。そして筆記は選択問題だけではなく、ちゃんと、課題に合わせて文章を書いたり、答えたりする必要があります。オーラル試験で、面接官とコミュニケーションが取れるか、課題に対応できるかが問われます。
ちなみにスペイン語検定の3級がB1からB2ぐらいでしょう。
 面接官との試験が一番緊張すると思います。一番のアドバイスはもしわからなかったら、ちゃんとその旨を試験官に伝えることです、レベルによっては全部完璧にできなくても出来具合を見る、またコミュニケーション中の対処の仕方を見ることがあります。黙っているのが一番よくないです。
 なお、7月を逃したら、10月、11月があります。以下詳細を貼っておきました。そのときにより実施しないレベルの試験がありますからご注意ください。例えば、7月はA1とC2がありません。11月は全レベルが実施されますのでそうやって目標を作って勉強したらいいでしょう。
試験ですから目標を作って対策をするといいでしょう。オルテガ財団でも対策講座がありますし、時に数時間まとめて頼むとお得のようです。

当方もDELE対策プライベートレッスン、グループができればグループレッスンも可能ですから必要がありましたらご連絡ください。tomokoargentina2@gmaill.com (相川知子)

Viernes 15 de Julio.
Plazo de Inscripcion: del 16 de Febrero al 8 de Junio inclusive.
Niveles: A2, B1, B2 y C1.
Octubre

Viernes 21 de Octubre.
Plazo de inscripcion: del 16 de Febrero al 14 de Septiembre inclusive.
Niveles: A2, B1 y B2.
Noviembre

Viernes 25 y Sabado 26 de Noviembre.
Plazo de inscripcion: del 16 de Febrero al 19 de Octubre inclusive.
Niveles: A1, A2, B1, B2, C1 y C2.
 
記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 





2016年04月07日

信頼できるお手伝いさん、ベビーシッターさん

 ブエノスアイレスでの生活は信頼できるお手伝いさん、ベビーシッターさんがいるとぐっと違ってきます。

 うちの娘たちはずいぶん大きくなってきたので自分のことは自分でさせたいのですが、やっぱりお手伝いさん
いると甘えちゃいますし、またこれからお手伝いさんも仕事を増やしたいのですが、私たちの予算もこれ以上時間数を増やすと大変なので、よかったらうちのお手伝いさんを紹介しますので、よかったらご連絡ください。
 tomokoargentina2@gmail.com に御宅についてご説明いただければ幸いです。
 
 基本的にまずはお試しで御宅に行って働いてもらいその後、決めてください!
 最初の指示などはお手伝いしますよ。

 それに、またスペイン語勉強中の人はこういう人と付き合うことにより、スペイン語上達の可能性もあり。
実践ならプライベートレッスンよりも家事を手伝ってもらって一石二鳥。またお買い物や料理などを一緒にしたら
ブエノスアイレスの生活も幅が広がります。

 幸いうちのお手伝いさんは日本人に慣れているので、全部が全部わからなくても大丈夫ですよ。

 

2016年03月20日

ブエノスアイレス滞在開始型 スペイン語講座 学習プラン

ブエノスアイレス滞在開始型 スペイン語講座 学習プランを紹介します。

アルゼンチンに来て、右も左も分からない、そのときに生活オリエンテーションをしながら、スペイン語でどう毎日を対処するかの手ほどきをします。ブエノスアイレスに来たばかりの方に最適ですが、今からでもがんばれるかしら、の人も大丈夫です。

一般目標: 初歩のスペイン語知識の習得。 アルゼンチンの人々との日常の基礎的コミュニケーションが容易になるようにすること。

講座の目標 : スペイン語の基本的な概念を学びながら、ラテンアメリカ、スペイン語話者の視点の違いについて認識し、その後のスペイン語の学習が容易になり、また自身で応用し、将来の学習に備える基礎づくりを行う。初歩的な口頭発言を可能にし、また聴解を可能にし、協力的な対話者との日常的なコミュニケーションを可能にする足がかりを作りながら、その後の基礎となる文法やスペイン語特有の表現を学ぶ。異文化コミュニケーションにも対応。

推奨学習時間40から60時間 事前知識、学習心構えに寄る。

また別途同時間からその倍の自習が要求される。 別途実践学習として20から40時間の実践会話練習を推奨

例) 週に一度なら月4回 そのため10ヵ月から12ヵ月。

週二回なら5ヵ月か6ヶ月。そのため、最初は一日2時間週に3日実践を週に二回。
しかし実際は集中講座にして、二ヶ月で終了することを薦めます。
ビジネスマンの場合は、 仕事のペースに合わせて週に一度を3週間 集中講座4日間12時限 を繰り返して約3ヵ月で終了することも可能。

学習事項:
((文字))
アルファベットの理解、筆記体、発音練習、「速読のコツ」

((文法))
語順、基本動詞、前置詞、数字、時間など、そのほか基本表現、日常の決まり表現

((コミュニケーション))
1.挨拶、自己紹介、他紹介、買い物など基本的なコミュニケーションが可能になる。
2.希望が言える、招待ができる、時間や日程の都合などの基本的な表現で友好的に対処する。
3.毎日の活動の描写。それに関する質問が可能、または回答が可能。
4.実際のビデオや人の会話などにより、発音練習。またその聞き取り、書き取りが可能。
必要に応じて、アルゼンチン人ゲストが参加。一緒に現実のコミュニケーションを再現し、実践インターアクションの練習。

((インターネット))
スペイン語圏の情報リソースへの手ほどき。
また 接続がいいことが、おすすめ。

((教材))
レングアスビバス、ブエノスアイレス市立外国語大学作成 外国人向けスペイン語 レベル0・ベーシック
(レングアスビバスにて寄付金により配布ーほぼコピーのコスト)
そのほか日本の文法書やテキスト。
パンフレット、ちらし、新聞、雑誌などのリアリア(実際のスペイン語の文書)

((活動))
毎日書きます! 

別途、レングアスビバスの講座などの併用もおすすめです!


主任講師 相川知子  
連絡先 tomokoargentina2@gmail.com

こちらは初心者向けですが、

すでに学習歴がある人には初級を用意します。一般に、ちょっとやったんだけれども。。。
という方は、過去形がまだできていない人が多いです。過去形ができて 立派に!「初級」になります。
初心者には、この初級の足がかりまでいきます。

初級者、中級者、上級者向けも対応します。


スペイン語を学ぶ! カテゴリーで学習法、学習の心構えを書いています。ご参考までに!
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045672.html


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 


2016年03月17日

ブエノスアイレス市政府の外国人インターンシップ生募集開始(3月30日まで)

11215874_953968181364610_8364785224660652805_n締切がもう迫っていますが、ブエノスアイレス市では外国人の若者のインターシップを開始します。
30才までの大卒、もしくは大学院生である程度スペイン語で業務ができる能力がある若者で、
現地のブエノスアイレス市政府の政策に興味があり、それをグローバル視点で経験にしたい
人を募集中。(人数書いていません)

6月27日から8月5日まで受け入れます。そして、以下の点を提供します。
1.チューターをつけて業務遂行をサポート
2.スケジュールに則りブエノスアイレス市役所の仕組みを理解し、どんな政策を実行しているのか学ぶこと。
3.ブエノスアイレス市が提供する文化行事参加し現地文化の理解を深めること。
4.現地での昼食と移動費

締切は3月30日まで以下のリンクに申し込みフォームがあります。スカイプでテストする模様。

http://www.buenosaires.gob.ar/noticias/veni-vivir-la-experiencia-buenos-aires-internacional


早くも外国人へのスペイン語教育に力をという批判が出ていますが。。。
また、滞在費、航空券などは参加者の負担になります。
すでにブエノスアイレス滞在中の人も応募できると思います。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 
 

2016年03月06日

レングアスビバス スペイン語集中講座第二コース(5月期)2016

2016年 5月のブエノスアイレス市立外国語大学コミュニティカレッジの外国人のためのスペイン語講座
第二コース5月期の日程が出ました。
来る5月9日から13日の間にレベルチェックテストに参加して申込みます。
アルゼンチンの公立の学校ですから受講料は無料です。ただし、学校に協力金を寄付しますし、教科書のコピー代、テスト用紙コピー代、かかりますが、他の国立ブエノスアイレス大学や私立のご学校のことを考えたらと全く問題ない金額ですし、100年以上の歴史のあるアルゼンチンの語学教育の最高峰の学校です。
集中講座は、平日の午後に、週に8時間程度のクラスです(でも、この復習や予習のため、週に30時間は自習しないと落ちこぼれます)レギュラー講座は午後6時以降の週4時間です。
集中講座は午後2時からテストは開始されます。
次の登録時期は5月で、
スペイン語集中講座は5月16日から7月8日の二ヶ月間です。
レギュラーはありません。
ただ、なお、この時期にレギュラー講座も終了します。
そのため、おそらく8月1日から登録が集中講座もレギュラー講座も開始する予定です。


こちらにスペイン語を学ぶアドバイスなどを書いています。
スペイン語を学ぶ
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045672.html

2016年01月28日

アルゼンチン スペイン語留学 一年の計画 予想!3月集中講座前に来るのがお薦め!

2016年 レングアスビバス(ブエノスアイレス市立外国語大学フアン ラモン フェルナンデス校)は3月7日に新規申し込みが始まります。
午後2時から登録前のレベルチェックテストが行われます。
これに入ることができると、
もちろん事前学習をしていれば違うこともありますが、それは日本で大学でスペイン学科で専修していたり、別途勉強に熱心だったりしない限り、普通の人は
超初心者コースBASICO 1 クラスになります。。。 
((それがこれ、結構難しいんですよ。第一全部スペイン語ですから、事前知識あってちょうどいいぐらい))
そうすると、2か月間の週8時間ほどの集中講座が始まります。
超初心  3、4月  合格すると。。。
初心   5、6月
7月は冬休み。。。
初中級  8、9月
中級    10、11月
なかには飛級する人もいるので、うまくいくと
中上級  で終了し、
7月の冬休みや、12月、1月は夏の集中講座よりはむしろ 実践と社会勉強のため旅行したり、友達とバケーションに行ったりね!!!
机の上の勉強に暗記や繰り返しも必要ですが、実はその勉強を効果的にするには、そのへんの人とおしゃべりしたり、一緒に何か活動をしたりすることが重要で、実践にもなりますし、さらに新しい事項を学ぶきっかけにもなります。映画やテレビをみてても勉強なんですから、なんと素晴らしいことでしょう。。。
さて、時間もお金もない人にはこの中級で終わって日本に帰っても はい、ここまでいけば日本でこれだけできる人はかなり少ないです。初心者のレベルを四技能(読む、書くーーこれもライティングという意味ですーー聞くーー聞いて理解するーーという意味で、。話す。。。)到達する人もスペイン学科であっても、本当に少ないぐらいですからね。。。そしてこのレベルがぎりぎり日常生活がなんとか送ることができるレベルです。
中級ならもっとです。だいたい友人関係で日常会話ができるレベルです。
正直、最近はメキシコへの日系企業進出などで、中級レベルで十分役に立つと思います。
人生にとてもいい投資になるでしょう。。。
もちろんそれ以上のレベルに努力することも必要です。途中別途 プライベートレッスンをとったり
飛躍することも可能です。でも実際は最初の超初心者コース、初心者コースを突破するのも
毎日2時間、もしくは4時間の講座のためにはその倍から三倍の自習が最低でも必要です。
もっとも、また3月に新しい講座が始まります。。。。。 その間にまたレベルを乗り越えるよりも、ある程度の定着に取り組み、次のレベルをぎりぎりではなく、余裕をもって履修することができれば最高です!
さて、もし3月7日の登録に間に合わなければ次は5月2日ぐらいに登録のためのレベルチェックテストが
あります。しかしそれがまた2か月、上記のプランからずれていきます。。。。
 もちろん、人生の中でスペイン語を学びたい!と思うのはいつも遅くないと思うし、またいつも素晴らしい決断だと思いますから、応援しています!!!
IMG_0044

VAMOS TODAVIA!

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 




2016年01月13日

スペイン語が聞き取れない!という人には。。。

 スペイン語を一生懸命勉強しているのに、聞き取れない!という人がいます。
 エーその場合、まずは聞く努力をしていますか? というのがあります。一番の救いはたくさん聞き、慣れることです。 わからないのに、聞く、それは大変苦痛なことかもしれませんが、聞くというか、語学上達の中に人との交流なしでは大変難しいのです。だから、特にできるだけいろいろな人と話してみて聞きましょう。街中のキオスコ、パン屋さんに目的だけで行かないで、、、たまには 暑いねー Que calor ! などと言ってみましょう。そうすると、おそらく弾丸のように返事が返ってくるかもしれませんが我慢して、聞いて、次に別に Insoportable! 我慢ならない!とか muy pesado!うっとおしい!とか、文句系を言うと相手ももりあがるでしょう。。。。
さて、わからないのに、聞くのは苦痛ですからそればっかりではなく、特にテレビを見てみましょう。好みによりますが、サッカーが好きならサッカーの試合、実況がありますね。そして女性には特にドラマがおすすめ、へえああいうときにああいう風に返すのね!などとシュミレーション、また抜書きしてみましょう。 
 ビデオがいいのは、もう一度聞いたりすることができるからです。。。。
しかも、まあ、この主人公早口できんきんなのでなんて聞きにくいか、一度お試しあれ!こちらはホームページです。http://www.eltrecetv.com.ar/esperanza-mia
どうもアルゼンチンの人たちには教会のシスターはセクシーみたいです。そして、神父さんとの禁断の恋、、、PADREというのはお父さんではなく、神父様です。。。 
 とはいえ、聞き取れずに理解できなくてときどき、悔しい思いをした、情けない思いをしたら、まあ、それを乗り越えるために、勉強するしかないんですね。ええ。
でもね 実際には聞き取れないのは、
1.耳ができていない。 は、上記で解決を徐々にできますが。。。
2.続いて言われるのでわからない。。。。   これこれ、たとえば これ、En el jardin  エン エル ハルディン(庭で)は実際の発音はエネル ハルディンと言っているので、これがEN EL JARDINと一つずつ単語を分けて理解するのに時間がかかるのです。
3.聞けないのにまさか!といわれますが、実は音読は重要です。教科書なり新聞の興味ある記事なり、音読をしましょう。目で見て読むのではなく、声を出していきます。これ、全部わからなくてもいいですが、上記の2だったり、何度も出てくる単語に注意してみましょう。発音できない音は理解できないのは当たり前です。しかも自分の発音ができないのに、聞いてわかる訳がないでしょう、という訳。
そして、4、最後に、やはり聞く能力は総合能力でもありますからこれが弱いということです。
だいたい聞き取れても、まあせめて単語を探すのにはいいですが、結局は理解ができないとどうしようもないですね。 理解するには要は総合力が高まるしかないのです。要は、単語レベルもしかなり、そして、文法能力しかなり、読解能力と、シチュエーションに合わせて理解する直感力、異文化理解力、そして、相手とうまくコミュニケーションをとるコミュニケーション能力に限るのです。 だって 恥ずかしい勘違いやわかったつもりでの失敗?そんなのはスペイン語が上手な人なら、確実に通っていますから、あなただけが恥ずかしいのではないのです。大丈夫!それから 全部わかろうとしても無理があります。今、どんなシチュエーションにいるのか、どういう状況で文脈を考え、そして既存の知識を総動員して。。。。聞けるわかるという気持ちを高めるとそれはそれで大きな力になります。
 まあ、それでいったい何のためにやっているかといえば、たとえば現地の人たちと話して、考え方を知りたい!のでしたら完璧にできるのをまたないで、今あるレベルでたどたどしいながら、自分の意見を言ってみて(いまどきはね、翻訳ツールも単語もすぐ検索できるし、。、、、それで何とか意思表示をしてみて、相手から返ってくる言葉に真っ向から取り組んでみましょう。真剣にやっていると、天使が降りてきて、きっと助けてくれたり、道を照らしてくれるはずです!   

 さあ、気持ちをリラックスして、わからないことはわからないといい、もう一度、そして書いてもらったり、繰り返してもらったりして、ちょっと ちょっとちょっとずつ、理解の階段を上りましょう! 急にできると思ったら大間違いです。そして、もうこんだけ勉強したのに、と悲観しないでください。わかる人はあなたの3倍勉強しているか、上記の1、2、3、4を実行しています。やっているんですが、だったら、はい、それを続けてやってください。なんとなくできるようになるのに普通は三年かかるのを忘れないでください。しかし、アルゼンチンにいて、スペイン語漬けになり、勉強もしていて、クラスもとっているのなら、それは はい、短縮できるのは確実です。

 私がアルゼンチンに住んでいるのはスペイン語が大好きだからなんです。
 だからこの大好きなスペイン語をまた少し学んでくれる人が増えれば本望でございます!

 どうしても大変なときは多少はお役に立ちますが、プライベートレッスン、きっかけのレクチャーなどをします。
 ご連絡はこちら。。。。tomokoargentina2@gmail.com
お疲れさま!のマテ茶つきです(笑)
12360002_966924886735606_6780218174980918813_n


 でも、結局は一人でやっていただくことが多いですよ!
ですから私ができるのは励ますことと、理解に向けて説明とそのヒントを教えるだけですが、ちょっとでもお役に立てたら幸いです。

追伸 いまどきは Netflixもいいですよ。うちの娘おすすめは jessi なんと字幕つきでも見られます。
ああ、私もこういうツールがあったらね。。。と思います。レンタルビデオ屋のVHSがせいぜいでございました。


記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 



2015年11月08日

スペイン語上達への道   どんな文章を書いたらいいのか。

スペイン語の文章を書く、と言ったって何を書いたらいいのか!?

 まずは 日記をつけてみましょう。日本の国語のクラスのような詩的なものではなくて、具体的に朝から晩まで時間軸に沿って、何時に起きた。朝ごはんを食べた。何を食べた。
11234806_858021500959279_5016790736064349117_n



何で(はしで、フォークで)食べた。
どこへ行った。何に乗った。ーーーー何時に寝た。というアクションを書きます。
それができるようになれば少しふくらませて、
何時にどこに何に乗って、誰となんのために行った。と叙述できればすばらしいです。
その後、この素晴らしい、おいしかった、よかった、などの感想を入れていきます。最初はSERかな、ESTARかな、と迷うことはそのまま形容詞や副詞だけでも大丈夫。なんとか入れることができればきちんと動詞のSER、ESTARを活用させていれていきましょう。
またーーー時間かかったとか、一般的に、アルゼンチン人はーーーが好きですが、日本人は。。。
それから比較級を加えて、ーーーよりーーーです。などなど。。。。
最初は5行で終わった日記が次は10行に、そして20行書いても同じぐらいの時間でできるようになります。

 もちろん、先生に見せる、または、誰か直してくれる人がいれば最高です。

そして、この書くだけに終わらず、それをソラで言えるようにも練習しましょう。
そうしていくと日常生活のだいたいの話ができるようになります!!!

 これができれば、その後、日本のような詩的な日記を書いてもいいんです。

 そしてまた別途。。。説明文を書きましょう。

 何か日本について説明を、特に初心者バシコが終われば求められます。選挙のときは日本の選挙制度など。。。。とは言っても、何才からか、そしてアルゼンチンは義務なので、権利であって、義務ではないことが言えればいいのですが、突然は無理なので、最初に作文しておくわけです。

 日本文化の説明をしたいとはりきっても、いきなり、歌舞伎に生花は、普段やっていないと意外に知らないものです。調べればまあ言い訳ですが、最初は本当に身近な説明文、例えば、日本の学校は何才から何時から、科目は何。。。程度の説明、そして、日本人の朝ごはんについて、料理のレシピなど、簡単なものから始めましょう。文法の練習問題はできて、そしてまた活用は覚えても、どのように使うのか、また文法的には間違っていないけれども、普通はこういうのよという感覚が養われます。
 先日、日本語の生徒が うめぼしとご飯、と言いましたが、間違っていないんですが、やっぱり ご飯と梅干ですよね。同じことでJAMON Y QUESOというのが普通で反対にQUESOからいうと、ちょっと違う訳です。
 アイスクリームは食べるじゃなくて、TOMARを使うとか、もらったはME DIERON(私に与えた)を使うのが普通とか、そういう言い回しを覚えることができます。
 そしていろいろな説明文をゆっくり作っておけば、クラスで突然、ーーーについて話してください、にもビビらず(笑)対応できます。
 実はここまで到達する人が本当に少ないです。

ちなみにここまでできて スペイン政府のスペイン語検定のやっとA1 終了レベルです。

なんとか スペイン語を話す、というのはせめてのせめて、A2終了かB1ぐらいまで行って欲しいです。

まずはここまで頑張って、また相談に来てくださいね。

  記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 







2015年11月05日

スペイン語上達の道 文章を書くことと話すことについて

 書くことはできるんだけれども話せない。。。そう思っている人は実は書くこともできないときがあります。。。
まずは 一日自分が何をしたか、きちんと言えますか? 語学の最初のハードルとして 誰が何をする、した、を言える、それが続けてできるようになると、日常生活を時間軸に合わせて、それぞれを表現することができるかどうか、が重要になります。何時に起きて。。。から寝るまでですね。それから今度はそれについて質問に答えることができるか、です。練習相手がいればいいですがいない場合も想定の質問回答で書いていってみましょう。その後、もう少しその行動を細かく説明することができるか、そして自分のコメントを入れることができるかです。その後、今度は料理のレシピのような説明をしてみましょう。それが発展できれば例えば自分の生まれた街について日本の人口とか行事や習慣などですね。そういう「台本」を作っておいていざ会話に挑戦してみましょうね!
また相手の言っていることが全部理解できなくても状況で大雑把に理解するように努めましょう。細かいアンテナは閉じて、大きなアンテナだけはりましょう。そして相手の話を聞いて(わからなくてもある程度話してもらって、理解に努めましょう。。。)そのためには、最近はネットで映画などを見ることができるし、とても便利になりました。映像と言葉で映画は理解しやすいです。まず最初に少年少女もの、ディズニーなどですと、比較的理解しやすいスペイン語で話しています。現地のアルゼンチンドラマは四人登場人物がいれば四人共が一度に話すので、わかりにくいですからね!また歌もいいです。リズムに合わせて歌わなければならないので節回しなどで口の練習になりますよ。

記事がよかったら以下クリックしてください!



にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
 
 


  続きを読む

2015年09月16日

在アルゼンチン日本国大使館専門調査員募集

外国の日本大使館で、自分の専門を生かし、また現地での言語の基本的語学力のある専門調査員という期間限定の仕事があります。
今回、来年赴任する在アルゼンチン日本大使館の募集があります。
以下のリンクに沿って、募集内容を確認し、ご応募ください。 (試験は東京で行われます)

http://www.ar.emb-japan.go.jp/NotasJP/01.AvisoExamenSenmonchosain.html

ブエノスアイレスでお待ちしております!



BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CONSULTA! Aqui estan los libros japoneses.

BASE de DATOS, Biblioteca del Centro Cultural de la Embajada de Japon


CODIGOS!


クリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村 サッカーブログへ
ラテンアメリカ関係テレビ番組
アルゼンチン撮影コーディネートはファニプロラテンアメリカにお任せください!詳細はこちらから


((オンエアのご案内)))

2014/05/17,24,31
フジテレビ「めざましテレビ」(6-830am)
公式HP:http://www.fujitv.co.jp/mezamado/
めざましどようび藤原倫己
“CHANGE THE WORLD for 2020”アルゼンチン編
http://ameblo.jp/tomoki-fujiwara/




2012年グローバルビジョン「世界の起業家」
5月5日(土) 19:0019:54
5月8日(火) 27:0027:54 (再)
5月12日(土) 19:0019:54 (再)
5月19日(火) 27:0027:54 (再)
見逃し視聴「起業家」(ウルグアイ)

2012年3月20日(火)午後9時から
NHK BS1「夢をあきらめない
〜女子ホッケーさくらジャパン〜」


TBS世界ふしぎ発見!
2012年3月10日(土)午後9時から
第1222回 一番遠い親日国アルゼンチン
宮地眞理子インタビュー1
宮地眞理子インタビュー2

NHK >地球アゴラ
2012年3月4日(日)午後10時から
第160回アルゼンチン編

TBS 夢!世界どうぶつ大図鑑
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dーバルデス半島他

2012年1月21日
2012年2月11日アルゼンチン特派員足立原Dー南の牧場


朝日放送朝だ!生です 旅サラダ
毎週土曜日午前8時から午前9時半
海外マンスリー三月はアルゼンチンBY石川梨華
2011年3月5日(土)ブエノスアイレス
3月19日(土)サルタ
3月26日(土)エル カラファテ

vol.103 「世界の働く女性(Part2)」 
2011年 3月13日(日) 21:0021:54
3月16日(水) 27:0027:54 (再)
3月19日(土) 16:0016:54 (再)
3月20日(日) 21:0021:54 (再)
3月23日(水) 27:0027:54 (再)
3月26日(土) 16:0016:54 (再)
vol.100 「世界の誕生日」
vol.101 「世界の石」
「グローバルビジョン見逃し視聴」

NHK BS-1 地球アゴラ
12月19日(日) 
「第111回」

NHK BS-1 地球アゴラ
11月28日(日) 
「第108回耕せ世界の大地」

アルゼンチンにて12月12日(日)1710

BS TWELLV、グローバルビジョンTVにて
「競技会]「チリのクエッカダンス競技会にかける若者」
11月27日(土) 16:0016:54 (再)
11月28日(日) 21:0021:54 (再)
12月1日(水) 27:0027:54 (再)
12月4日(土) 16:0016:54 (再)
「グローバルビジョン見逃し視聴」
BSジャパン
<8月29日(日)午後9時から 
「アルゼンチン絶景の旅」

「先住民の文化を継ぐパラグアイ」
7月22日(木)18:00〜(1時間番組)
「パンタナールの大自然〜パラグアイ〜」
7月29日(木)18:00〜(1時間番組)
地球ゆうゆう紀行
2010年1月24日(日)午後10時から
NHK地球アゴラ
はるばる日本人のコーナー「世界一蹴の旅」
世界一蹴の旅
アルゼンチン ブエノスアイレスからLIBEROユニット生出演

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

Profile

tomokoar

地球の歩き方2010年版発売中(巻末見てください)
05753-7 GUIA DE TURISMO DE ARGENTINA; CHILE; URUGUAY Y PARAGUAY EN JAPONES 地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員のページへ
バンクーバーオリンピック アルゼンチン人選手頑張れ!
DSC06734 スキーフリースタイル男子でアルゼンチン代表として、2010年2月のバンクーバーを目指しますクライド ゲティCLYDE GETTY選手 https://5dreams.panasonic.net/
テレビ番組コーディネート、スペイン語通訳などご用命は。。
テレビ番組撮影コーディネート
現地コーディネーター
スペイン語通訳
プロジェクトコーディネート

アルゼンチンのことなら! 

tomokoargentina☆gmail.com
☆を@に変えてメールをどうぞ!

FunnyPro LatinAmerica
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
br_decobanner_20091225082816
((オンエアのご案内)))

BS 12グローバル・ビジョン 
vol.64「世界の夫婦」(パラグアイ)
12月27日(日)21:00〜22:00、
28日(月)19:00〜20:00、
2010年1月2日(土)16:00〜17:00
地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然〜アルゼンチン〜」 (再々放送)
2009年12月28日(木) 午後1559から1時間
氷河国立公園、バルデス半島のハイライトが1時間見られます。

BS ジャパン「南米のパラダイス パラグアイ絶景の旅」
2010年2月7日(日)夜9:00〜(2時間)。

地球の歩き方 アルゼンチン/ブエノスアイレス特派員
51Ehu1%2B6utL__SL500_AA300_ 世界一蹴の旅の本アマゾンで購入!
プロフィール

tomokoar

トラベルコちゃんのサイトで旅行者向けブログを書いています! トラベルコちゃん、素顔のブエノスアイレス・アルゼンチン 旅行情報ブログ
ブエノスアイレスでW杯を楽しむ
アートとカルチャーを満喫
コロン劇場 攻略ガイド など続きます。
格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行情報サイト
#ブエノスアイレス、パタゴニア、 北西部、イグアスの滝、南極の 旅、目的別の旅行、視察、研修。
#スペイン語留学
#スペイン語学習
#短期 ’長期滞在
#手続き
#−−がしたい!
#−−さんと会いたい!
など、 通訳、翻訳、便宜、資料作成、 語学レッスン、プラン作り、 コーディネーションを行います。
MIN+GOB_REF
https://5dreams.panasonic.net/