2006年03月16日

不思議が緩やかに溶けていったあの思春期の様な

小さい頃母が飲んでいた真っ黒なコーヒーや、
父のビールや煙草、兄の部屋にあったAV。

不思議が緩やかに溶けていったあの思春期の様な、
そんな気持ちが今しています。

きっとすばらしい出来事なんだろうね、私は待ち望んでいたんです。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ポッさん   2006年03月17日 00:03
いつだったかな、

「なかおち」ってエントリーの内容に魅せられて以来
ファン?いや、考え方にすごい魅かれてる者です。

またこれもいいスね。
2. Posted by モコモコ   2006年03月18日 21:11
>ポッさん
ありがとうございます。
今後ともよろしく。
でも私は何一つ考えてません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔