2007年02月14日

おっぱいの間からうじ虫

私は電車に乗っていて、つり革につかまりながら窓に映りこんでいる自分を見ている。
髪の毛をアップにしていて、襟と肩が大きく開いた服を着ていた。
少し首を左に傾けると、右の首筋から鎖骨にかけて、赤いブツブツとしたデキモノができていた。
右手でそのデキモノのあたりを触ってみると、ぼろぼろと何か砂のようにこぼれ落ちた。
あわいピンク色をしたうじ虫だった。
それは右の首筋から胸元まで這うように覆いつくされていて、
ブラジャーを付けた私の両方のおっぱいの間からうじ虫がどんどん湧いてきていた。
私は発狂して電車を飛び降りる。
目覚めが悪い。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by YSN   2007年02月14日 22:18
ときめきが止まりません
2. Posted by モコモコ   2007年02月16日 03:59
ヲイ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔