切ないふりをしてみる

2008年03月12日

結婚式場の見学に行って思ったこと

まだまだ人生は長い。

好きなものを食べて飲んで、
あったかい所で海でも見ながら、
猫をたくさん飼って、髪を長く伸ばす。

読みたいときだけ本を読んで、
たまに歌を歌ったりして、子供を産む。

楽しく楽に、とにかく大きな声で笑って、明るく過ごすのだ!




tomokomokomoko at 21:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年02月28日

わいは

いいとこでした。
海夜景

 

 

 


この木なんの木かめさん

 

 

 

 

ねこにゃんにゃー



tomokomokomoko at 10:24|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年11月23日

21時〜24時

この時間帯はもっとも難しい。
21時では早いし22時では中途半端。23時は若干見え透いているように思えるし24時ではなにもかもちがってしまう。

中学生の頃、好きな男の子の家に電話をかける一番タイミングの良い時間は21時半だった。

tomokomokomoko at 12:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月18日

風があんまり甘いから

久しぶりに朝まで飲んでさっき起きた。
窓の外を見たら雨が降っていたけど特になにも感じない。

そうだ、やっとうまくやり過ごす方法が分かったかもしれません。
それはすごく簡単なようでして、ただただ伏し目を続ければいいんですよ、
誰にも迷惑はかからないし問題は無いに等しいんです。

友人に朝方バイクで送ってもらいながら、風があんまり甘いから眠くなったことを思い出した。

飛行機雲



tomokomokomoko at 21:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月16日

不思議が緩やかに溶けていったあの思春期の様な

小さい頃母が飲んでいた真っ黒なコーヒーや、
父のビールや煙草、兄の部屋にあったAV。

不思議が緩やかに溶けていったあの思春期の様な、
そんな気持ちが今しています。

きっとすばらしい出来事なんだろうね、私は待ち望んでいたんです。


tomokomokomoko at 22:17|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年12月23日

すっかりやさぐれました。

涙ってなにかと卑怯だと思うの。

一度涙が出てしまえば、どんどんわざと自分を追い詰めていって

私ってなんて悲劇的なの、あーかわいそうな私、なんて思ってしまうような気がしませんか、
自分に酔っていく様子が泣きながらうかがえたときのあの感覚、わかりますか、


だからなのか、泣き終わった後は妙にしらけてて。
けーっきょく、なんにも残んないのよね。
あーくそ、馬鹿馬鹿しい、ふざけてる、なんで泣いてるんだ私は、
なんて感じることもしばしばありませんか。


よく涙にも色々あるなんて言うけど、きっとそんなのは嘘っぱちで、
目から出てしまえばただの液体に他ならないのよ。

すっかりやさぐれてしまいました。



なのに、なのにどうして涙はやっぱり特別であんなにきれいなの。
ずるいわよ、ちくしょう。

涙はなにと比例しているかしら、
悲しみかな喜びかな、それともやさしさかな、
自分のための涙の量はあらかじめ確保しておくべきなようで、おくべきではない気がします。


そんな私が今までで一番泣いたのは、
昔飼っていた猫が死んだとき。
あたし本当はもっと仲良くしたかったのよちゃこ。



tomokomokomoko at 22:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年12月16日

だからなんだってことないさ

ねぇ、レジでさ、なんでおつり渡すときレシートの上に小銭おくの。
あれすごいきらい。やだ。あの不要レシートボックスもきらい。

だからなんだってことはないさ、いいんだよ別になんだって。

tomokomokomoko at 17:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月01日

りんりんりん

ちゃり

 

 

 

 

元気が出ました。



tomokomokomoko at 12:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年09月05日

おわったおわった

あーあ、はたちになっちゃた。


tomokomokomoko at 14:26|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年05月25日

「運命の恋の手に入れ方」

うんめい-ろん  【運命論】
一切の出来事は運命によってあらかじめ決定されており、人間の意志や選択は無力であるとする考え方。宿命論。宿命観。

今回のananは「運命の恋の手に入れ方」らしい。
運命っていう言葉は、
「運命で決まってる」とか「運命の人」とか、そんな具合で使われてる。

うんめい 【運命】
超自然的な力に支配されて、人の上に訪れるめぐりあわせ。天命によって定められた人の運。

超自然的、、天命、、
あんまり運命について考えたことがなかったから、変なかんじ。

でもつまり、自分の力ではどうしようもないってことだよね。
なのに「運命の恋の手に入れ方」っていうのはおかしな話な気がする。

運命なんてそもそも気がつかないものだと思う。
気づいた時点でそれは本当の運命ではなくなってしまう。

たぶんこういうことって考え出したらキリがなくて答えがない。
だから「運命」っていう言葉に全てを背負わせたのかもしれないね。

それでも何だかんだ言いながらも、
運命の人がいることを信じてしまうのは乙女心でしょうか?


tomokomokomoko at 00:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)