世界中に愛をワールドメイトのおもいで(退会者のブログ)

神道系宗教団体「世界中に愛をワールドメイト」会員を体験して感じたことを、アンチでもシンパでもなく勝手気ままに記します。

退会して何年?ALL OKな日々

お久しぶりです!ともです。

生きてましたよ!
昨年から夢にどんと近づいた仕事に恵まれまして
お金も悪くないし
なにより仕事が楽しいし
環境には恵まれてるし、

自然と神様や万物に感謝することが増えてます。

感謝するのはいい時ばかりではありません。

私の学びになるような出来事にも、感謝できるようになりました。


いらっとすることがあれば、
そういう反射的反応をした自分に
反応するだけの何かがあるのだろうと振り返るようになりました。

気づきって、自分を成長させてくれますね。

万事が万事、自分の夢想した楽園てわけではありません。

だからこそ、生きていて楽しい。


どんな自分になりたいか、
何ができるようになりたいか、
クリアになったので、
それに必要な勉強をするようになりました。

少しでも前に進みたいので15分タイマーをかけて時間を使い、

リラックスやリラクゼーションの時間もとって

仕事のパフォーマンスをあげるためにスナック菓子もやめました。


自分の価値観と目標が合致すれば、

人は迷いなく前進するんですね。


ここで大事なのは、
「自分の価値観」が基本、てとこです。


人の価値観で生きても、生きづらいよ。
体は曲がっていくしね。肩凝りもひどくなるし。



いろいろあるけど、いろいろあっても
あまり動じない自分になっています。



ワールドメイトのことは正直、思い出すことがほぼありません(笑)

今回、久々にコメント投稿を頂いて、
この放置ブログの存在を思い出しました。


せっかくコメントしてくれてたのに認証を放置されてたみなさん、ごめんなさい;


でも、こないだ、自分がこの遍歴を経てよかったな、と思えることがありました。


周りがほぼ全員社長、ていうお食事会に、ひょんなことで参加できたんですね。
(会員時代ならこれを証というのでしょう。私はもうカタシロとか書いてませんけど)


そのとき、なんかの話の流れで、今の政局の混乱から天皇の話になって、

神道やら出口王仁三郎から合気道の話になりました。

この話の流れに全てついていけたんです。

自分の過去を全て受け入れました。

ワールドメイトに関わった(そして卒業した)からこそ、今この話がわかるし、

この瞬間があるんだなあ。って。

社長さんの素敵なご自宅で
野菜料理の出張シェフのおいしいお食事を頂きながら、
自分の過去に感謝しました。


会員当時、支部で
膝が痛いだの腰が痛いだの
会社があーだの
ダンナがわかってくれないから離婚するだのと
ぐだぐだ話に囲まれながら
みんなの幸せを願ってお金を使ってた、
自分が変わりたくて、でも自分に向き合わず夢だけ見てお金だけ使ってた、

そのためにお金をうしなった、

そんな自分をも、もう受け入れました。


これは時間が経たないと見えてこないかもしれない。


だから、退会したてで不安な方がもしここを見ていたとしたら、


私は声を大にして、

「大丈夫!!」と言ってさしあげたい。



そのかわり、自分の足で生きるんだよ。

自分で自分を生きるのは、とても自由だよ。

自由と責任は裏腹だから大変だけど
すごく自分が成長するよ。


人や環境のせいにしてしまう自分がいるなら、

または前向き思考に疲れたら、

「心を知る技術」
「世界はバランスでできている」の著者の本を読んでみて。


私はワークに取り組んでる最中で
まだ突破した感はないけど、
日々自分を認め受け入れてきています。


信仰宗教に入ってしまったのは、
自分の穴を埋めるためだったんだもん。


いまでも落ち込むこともあるけど、
いろんな感情を生きてるうちに経験できるありがたさと、
私が自分の価値観に基づいて向かう目標に必要なことを
教えてくれたり助けてくれる人達がいるから
そしてそのこともその人達のためになっていると今は信じられるから
落ち込むことすらさほど怖くなくなりました。
人との関係もオープンで気楽です。



いまは、

ワールドメイトに入って、そして卒業してよかった。


心からそう言えます。



さて、今日もお仕事楽しんできます!


みなさんも、よい一日を(^O^)/





『マインドコントロールへの落とし穴』

youtubeでたまたま見つけちゃいました。

古そうな映像ですが、実験もありなかなかおもしろかったのでご紹介します。
1つの映像が3〜8分で、7つあります。


1 マインドコントロールとは、
【強制せず、さも自分の意志で選択したかのようにある結論に誘導する技術】


・マインドコントロールのテクニック
・「人間というのは極端な混乱に陥るとパニックを避けるために自動的に思考を停止してしまう」
・「コミットメント(接触)の一貫性・・・つじつまの合う自分でいたい」
・街にちりばめられているマインドコントロールの要素


2 慈善行為のアピール(実験) 先入観による印象の変化




3 強制のない集団圧力(実験) 判断に影響する材料


・「返報性」 何かしてもらったらお返しをしなきゃいけない
・「集団的無知」 裸の王様現象(自分だけが間違っているのではないかという不安から周りに合わせる)


4 カルト教団 実際の事件、ニュースより



・一度かかったマインドコントロールからの脱出は困難


5 脱会者の体験談 「聖書を学んでいるつもりが、組織の教理を学んでいた。」



・グループでの活動や修行の頻度と時間が多ければ多いほど
「何のために今まで・・・」という心理が働く(コミットメントの一貫性)


6 カルト宗教脱会者の告白
 

・洗脳は鉄の枠、マインドコントロールはオブラート
・二人の有子さん・・・「偽りの有子さん」と「本物の有子さん」
・脱会するときの恐怖を信じ込むのは最初の出会いから仕込まれる
・「脱会の説得にひっかからないように本心をごまかしていた」
・「本当の有子さんとお話がしたい」
・「私は精神的に操作されていた」
・「たたりですか?そんなのないです〜」
・キーワードは『人生の転換期』


7 対策  自分だけは大丈夫 と思っている人はもっとも無防備、無警戒


・無償の愛にご用心
・矛盾する行動をとっても構わない 前と同じ行動に縛られることはない
・単純な答はない
・時々、位置を振り返ろう  初心に帰る
・逃げ出すことを恥じない ごめんなさいと謝ってでも逃げる






私たち経験者には特に実感として深く理解ができる番組だと思います。
宗教団体から卒業したからもう大丈夫!と思うのでなく、
罠は巷にあることも忘れてはいけませんね。



本当の自分に対して嘘をついていないかどうか?と確認できるような感覚を鍛えると
心も体も健康でいられると私は思います。




それぞれの動画の題名をクリックするとyoutubeに飛びます。
各動画に寄せられているコメントも面白いですよ。



統監

ほんと思いがけず、なんですが・・・

創価学会の「統監」というシステムの存在を知り、
そのシステマチックさに恐怖を感じました。

詳細は知りませんが、
現在の会員数、未来会員数、
減った数(死亡数、転居先不明数)
などなど逐一数字で管理するようになっているらしい。
それも年代ごとに。
壮年、婦人、一般、中学生や小学生まで・・・

以下、知恵袋。

『創価学会では統監というシステムがあり、その統監によって会員の存在を掌握しています。

という回答を見ました。』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213062862

以下、回答より抜粋。
---------------------------------
私の場合ですが、「転居先を教えてください」と地区婦人部長が玄関先にやってきました。
(当時の私は、内心ではもう脱会状態でしたが、やめると地獄に落ちると洗脳されてたので、やめられない心理状態でした)

私は、転居先は言えないと言いました。
地区婦人部長の顔が、恐ろしい顔に変わっていきました・・・・。
「なぜ?どうして?」
「どうしても」
「それじゃあ引越し先で、組織につけないわよ!」
「自分で必要だと思ったら、近所の学会員を探しますから」
「そんなんじゃだめ!教えてくれないと!」
「個人情報じゃないですか・・・。教える義務はありますか?」

しばらくこんな感じで押し問答。
最終的に諦めてくれましたが。
私のように強気で抵抗できない人だと、無理だと思います。
どこに引っ越そうと、所在は把握されます。

そしてある日、玄関先に・・・・・
「はじめまして、この地域の婦人部です!」と 彼らが立っています。
-------------------------------

ワールドメイトはここまでしないだけ良心的ですね。
またはそれを売りとして他宗教団体との差別化を計っているような気もします。

この地区婦人部長は、統監で数字を報告する手前、「転居先不明」の人を出したくなかったのでしょうね。
責任感の強い方ですね。あるいは聞かないと怒られちゃうんでしょうね。

ちなみに会員数はどの地区も婦人(主婦)がダントツに多いようです。
習い事やサークル感覚なんでしょうか。
主婦がコミュニケーションをしたがっている、繋がりを持ちたい、認められたい・・・
向上心か寂しさ虚しさがそこに表れている気がします。
そしてそこをあおりたてるように、所属意識や責任感を生ませて充実感を味わいさせる。


どの宗教団体も似たり寄ったり。


宗教の教えは素晴らしいものが多いので、人間にとってよいものだと思いますが、
マス的教えを押し付けて思考の自由を奪いがちな宗教団体は、
考える事が最大の特徴である人間の、本来の姿を奪うもののように感じます。


※コメント欄は閉じておきます。

Recent Comments
記事検索
無料でできるよ!ワンクリック募金『イーココロ』♪
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ