友成工芸 イメージ画像

更新情報

明後日、4月30日は平成の大晦日なんだそうで、いよいよ令和が始まります。 祖父は明治・大正・昭和、父は大正・昭和・平成と過ごしてきたのに続き、私も昭和・平成・令和と3つ元号の中で生きていくことに多少なりの感慨があります。 昭和50年代に製造業の隅に身を置くこと
『平成の最後に』の画像

直前の告知となりますが、7月12日(木)に昭和信用金庫主催のビジネスマッチング交流会に出展します。 平日の昼間7時間だけの開催ですが、新宿NSビル地下1階のイベントホールにて 100社以上が出展します。 今回、弊社は主にアクリルトロフィーを展示する予定で
『ビジネスマッチング交流会』の画像

少し時間が経ってしましましたが、5月の連休を利用してカンボジアに行ってきました。 今回は久しぶりのシェムリアップ。 パートナーが設立した株式会社TOMONARIでは、カンボジアでの技術教育を進めようとしています。 今回は、世田谷区内の金属加工会社社長と共に、シェムリ
『シェムリアップの職業訓練校』の画像

最近はIT系企業様からの引き合いも多くなり、打ち合わせなどでそういった新しい企業に出向く機会が増えてきたような気がします。 昭和生まれ、普段は工場べったりの私にとって、そういった企業様に伺って天井の高いオープンな空間で打ち合わせていると、新鮮さと共に時代の移
『IT企業を訪れる』の画像

かつて製図用定規を量産していたころは、アクリルを切断・切削し目盛や文字を彫刻、 そして色を入れ仕上げるといった工程で製作していました。 色を入れるとは、主にラッカー系の塗料などを使用おり、黒色が基本ですがそれ以外には赤と白、たまに黄色、青色、緑色など一般的
『色を作る』の画像

年が明けて3週間、大雪の静かな夜にデスク仕事も終え、ふと思い出して、 昨年は1回もブログを更新していなかった… 昨年の出来事を振り返って、まずはカンボジアのこと(2017年9月14〜16日) 汎用平面彫刻機をカンボジアに運び込んで数年が経ちましたが、私が訪れた時には
『クメール柄の彫刻』の画像

先月のことですが、昨年に引き続き世田谷区立中学校より2学年生徒さん2名の職場体験学習を受け入れました。同じ運動系のクラブに所属している仲良し女の子2人。 期間は3日間と決まっており、その期間内に少しでも多くの経験ができるよう、また本人たちの希望にも沿える
『職場体験』の画像

アクリル製の書見台を製作しました。 美術館で使用されて…いるのではなく、映画撮影に使用されました。 背面部は本を広げる角度に合わせなければいけないので、アクリル板の接着部に角度をつけ、我々が言うところの「トメ接着」で作っています。角度の取り方が微妙で、か
『書見台』の画像

部品を加工する際、図面に指示されている寸法ピッタリに製作することは通常できません。加工条件やその時の気温などにより多少寸法にバラつきがでるので、±0.1といったように最大最小の公差が図面には記されています。 で、今回の写真はアクリル枡(mas/mas)の蓋。 実
『アクリル枡(mas/mas)の蓋』の画像

↑このページのトップヘ