2018年07月10日

ビジネスマッチング交流会

直前の告知となりますが、7月12日(木)に昭和信用金庫主催のビジネスマッチング交流会に出展します。
平日の昼間7時間だけの開催ですが、新宿NSビル地下1階のイベントホールにて
100社以上が出展します。
今回、弊社は主にアクリルトロフィーを展示する予定です。
もしお時間がございましたらお越しくださいませ。
よろしくお願いいたします。

ビジネスマッチング交流会  
Posted by tomonari_plastic at 21:26Comments(0)その他 

2018年06月11日

シェムリアップの職業訓練校

少し時間が経ってしましましたが、5月の連休を利用してカンボジアに行ってきました。
今回は久しぶりのシェムリアップ。
パートナーが設立した株式会社TOMONARIでは、カンボジアでの技術教育を進めようとしています。
今回は、世田谷区内の金属加工会社社長と共に、シェムリアップに建築中の職業訓練校での
打ち合わせをサポートするために同行。
機械を設置する場所、教育方法などかなり踏み込んだ具体的な話しができました。
まだまだこれから道のりは長そうですが、日本の技術がカンボジアにとって役立つことと、
私共の持つ日本のアナログ技術の継承されることを願いつつ、共に歩んで友となりトモナリに…(笑)

建築中建築現場訓練校完成予想図
  
Posted by tomonari_plastic at 20:19Comments(0)カンボジアの話 

2018年03月16日

IT企業を訪れる

最近はIT系企業様からの引き合いも多くなり、打ち合わせなどでそういった新しい企業に出向く機会が増えてきたような気がします。
昭和生まれ、普段は工場べったりの私にとって、そういった企業様に伺って天井の高いオープンな空間で打ち合わせていると、新鮮さと共に時代の移ろいを感じます。
同時に不慣れさからか驚きと失敗も多々…

1.会社のエントランスに入ったら、ロボット(多分Pepperくん)がいて、視線?が合ってビビってしまい、外に出て携帯で担当者様を呼んだ。

2.会社入り口に、呼び出す電話の代わりにiPadが置いてあり、悪戦苦闘の上に担当者を呼び出せるところまでたどり着いたのに運悪く席を外されていて不在…結局、携帯で連絡をとる。

3.高層ビル上階のオフィスを訪ね、担当者の部署は1階下なのでそちらにと言われ、エレベータに乗ったら何故かその階から1階まで直行のエレベータだった…(注意不足)

4.とあるイベントに声を掛けていただき、業者の立場なのでスーツにネクタイを締めて参加したら、ネクタイしている人は数えるほどしかいなかった。(というより、私が参加者中最高齢?笑)

5.打ち合わせの際に、各企業様のロゴの入ったおしゃれなペットボトルが出されると、飲みきれないときは必ず持って帰る(笑)

来年5月から元号が変わるようですが、新しい時代に遅れを取らないようなものづくりに取り組んで行きたいと思っております。

http://www.tomonari.co.jp/trophy.html


イメージ1

画像はイメージです  
Posted by tomonari_plastic at 20:48Comments(0)その他 

2018年02月25日

色を作る

かつて製図用定規を量産していたころは、アクリルを切断・切削し目盛や文字を彫刻、
そして色を入れ仕上げるといった工程で製作していました。
色を入れるとは、主にラッカー系の塗料などを使用おり、黒色が基本ですがそれ以外には赤と白、たまに黄色、青色、緑色など一般的にはこれら原色しか使っていませんでした。
特殊な色が必要な時は近隣の塗料屋さんにカラーチップを持って行って調色してもらい、シルク印刷の時はDICやPANTONEなどで指定すれば印刷屋さんがインクを調色するのが通常でした。

インクジェットプリンターを導入してから、色はデータ化されCMYKでコントロールされるようになり、まさにアナログからデジタルへと変わっていったのですが、白い紙にプリントするものと、透明板にプリントするものは見た目で大きく変わってしまうことが多く、
色校をお出ししてお客様に確認をしていただくことになります。

印刷が専門ではないので偉そうなことは言えませんが、見た目に美しくデータの数値を変えずにプリントする調整はかなりアナログ的な部分もあります…ということをお伝えしたかったのが本音です(笑)
弊社WEBに上げさせていただいているトロフィー類もそんな地道な(?)調整を重ねた結果、製品となっています。
www.tomonari.co.jp/trophy.html

色_1色_3色_5  
Posted by tomonari_plastic at 20:01Comments(0)ものづくりの話 

2018年01月22日

クメール柄の彫刻

年が明けて3週間、大雪の静かな夜にデスク仕事も終え、ふと思い出して、
昨年は1回もブログを更新していなかった…

昨年の出来事を振り返って、まずはカンボジアのこと(2017年9月14〜16日)

汎用平面彫刻機をカンボジアに運び込んで数年が経ちましたが、私が訪れた時には文字彫りを中心にした練習といったことがほとんどでした。
が、昨年9月には初めて製品としての彫刻を行いました。
弊社製作のアクリル枡にカンボジアをイメージした柄を彫刻し、数量限定で伊勢丹において販売する目的として。
私が行く前にはある程度の数量が出来上がっていましたが、位置出しの難しいものを早速指導して作業開始。
今回は全部で5種×30個を作りました。
正直、私も少し手を焼くようなやや細かい柄もあったのですが、カンボジア女性はコツコツとひたすら彫り続け…頭が下がります。


IMG_5637IMG_5647

順調に進んできたところで、外にでも出てみようかと思ったら、突然のスコール。

IMG_5661IMG_5650

                   神様すみません、サボってはだめですねwww
                   使っていない機械をせっせとお掃除いたしました。
  
Posted by tomonari_plastic at 21:54Comments(0)

2016年10月10日

職場体験

先月のことですが、昨年に引き続き世田谷区立中学校より2学年生徒さん2名の職場体験学習を受け入れました。同じ運動系のクラブに所属している仲良し女の子2人。
期間は3日間と決まっており、その期間内に少しでも多くの経験ができるよう、また本人たちの希望にも沿えるよう弊社なりにカリキュラムを考え、社会人として最低限必要な言葉遣い・挨拶・マナーに始まり、社内での軽作業、パソコン作業、そしてちょっとだけデザインの真似事…(笑)
今回はそれぞれに好きな写真を持ってきてもらい、それをアクリル板にプリントして、表面には好きな書体を選んでもらってレーザー彫刻をして記念の品として持って帰ってもらいました。
つい先日、2人から感想を書かれた手紙が届きました。先生から指導を受けたのでしょうが、丁寧な文字と文面。印象に残っていることが2人のそれぞれの視点から書かれており、あ、こんな風に感じてくれたのだとつくづく感心。
弊社にとっても、昨年同様良い経験となりました。



DSC01856  
Posted by tomonari_plastic at 22:35Comments(0)

2016年08月30日

書見台

アクリル製の書見台を製作しました。
美術館で使用されて…いるのではなく、映画撮影に使用されました。
背面部は本を広げる角度に合わせなければいけないので、アクリル板の接着部に角度をつけ、我々が言うところの「トメ接着」で作っています。角度の取り方が微妙で、かつ接着の際に気泡が入りやすくかなり神経を使うのですが、この書見台に載っている本は映画の中で重要な役割を占めているとのことで、とにかくシビアな目で出来具合をチェックされました(-_-;)

因みに映画は昨年の作品ですが「図書館戦争 THE LAST MISSION」です。私は見ることができなかったのですが最後のテロップに弊社名が出ているらしいのでDVDを買って見なければ(笑)

書見台_1書見台_3書見台_2










友成工芸
  
Posted by tomonari_plastic at 22:04Comments(0)ものづくりの話 

2016年08月23日

アクリル枡(mas/mas)の蓋

部品を加工する際、図面に指示されている寸法ピッタリに製作することは通常できません。加工条件やその時の気温などにより多少寸法にバラつきがでるので、±0.1といったように最大最小の公差が図面には記されています。
で、今回の写真はアクリル枡(mas/mas)の蓋。
実際に作って寸法が公差内に入っていたとしても、蓋を嵌めた時の感覚が「きつい」とか「ゆるい」とかを社内で確認し、状況に応じて0.01mm単位で調整しています。
データの数値を変えるだけでのことではありますが、寸法だけではなく感覚を大切にしたモノづくりを心掛けています(少しだけ自慢…笑)

403_MIZUHIKI_ver2_web403_MIZUHIKI-FUTA-1_web403_MIZUHIKI-FUTA-2_web









友成工芸  
Posted by tomonari_plastic at 16:39Comments(0)

2016年08月07日

星型什器(TCK30周年イベント)

1986年7月31日に大井競馬場で日本初の夜間競馬が開催され、今年で30周年を迎えられました。
今は東京シティ競馬・トゥインクルレースと呼ばれているようですが、その30周年記念イベントで使われた「星型什器」を製作しました。
イメージキャラクターを務める俳優の斎藤工さんと女優の剛力彩芽さんが「発光液」を注いで星の輪郭部に発光液を流して光らせるというもの。
と書いてしまえば簡単そうに感じるかもしれませんが、実物は星型の高さが約1200mmあり、縮小模型を2個作り、部分的な模型も2種作って、液体の流れ具合・空気の抜け具合、液体とアクリルとの相性等々…失敗は許されないので弊社の技術と英知を結集して(笑)製作しました。
最初の設計では液体の量は7.5ℓ。一升瓶2本以上になるものでしたが、クライアント様からシャンパンボトル2本分程度まで量を減らしてほしいと言われたのが納品の1週間前…如何にその量を減らして表現できるか悩みに悩んで、実際に使われたものは1.3ℓに抑えて、シャンパンボトル2本分の量で済むようにしました。。
お許しが出たので写真を掲載しますが、斎藤工さんと剛力彩芽さんが写っている画像はネットで検索してみてください(笑)
なお、7月31日はトゥインクルレースの日と制定されているそうです。

TCK_2
TCK_1


友成工芸  
Posted by tomonari_plastic at 15:30Comments(0)

2016年08月02日

TOKYOものづくりセッション

mixiだのfacebookだのLINEとかにうつつを抜かしていたら、自分のブログを3年も更新していないという体たらく…
心機一転ブログを書き綴れるよう、既に終わってしまった展示会ネタを(笑)

地元の池尻にある「IID 世田谷ものづくり学校」において、7月29・30日に「TOKYOものづくりセッション」と称した企業展示、セミナー、ワークショップが開催され、弊社は企業展示として自社製品のアクリル枡「mas/mas」を展示しました。

TOKYOものづくりセッション1 TOKYOものづくりセッション2


今回は、世田谷区内製造業と足立区内製造業のセッション。
足立区から出展された皆さんは足立ブランド認定企業。地場産業からブランド事業を通して足立区を盛り上げようという、意識の高い方たちでした。
世田谷にはものづくりブランドはありませんが、世田谷区という名称が一つのブランドであることについついあぐらをかいていたのではないかと。
私にとって大きな刺激になったのは言うまでもなく、同時に足立ブランドに対しては畏敬の念を抱いたのも事実。
新都知事さん、製造業にも目を向けてね(笑)
  
Posted by tomonari_plastic at 01:08Comments(0)ものづくりの話