以前、『ライターとしてこういう生き方もある』という

お話を『レギュラーWrite』さんに書かせていただきました。




たいてい突然ココロに火がつき、それだけ、にまっしぐらになり、

他がおそろしくぬけぬけになるこの性質……。 

仕事、恋愛、趣味、その他なんでもそうだから、

我ながら予測不能でおもしろいです。w




とまこ@駒沢公園450




そんなのがあっての今までの歩みのお話でした。

旅に目覚め、書くに目覚め、売り込み続け、制作し続け、すごく密接に結婚離婚があり。

なんか、こう、あついご感想をいただいておりとっても光栄です。

よろしかったらご覧下さいませ。コチラになります★



    ( *'v`* )



続きまして、『ド素人が本を売り込む』というところに

注目したお話を書かせていただきました。



ライター講座で、こんなこと聞かれます。

〜初出版までの道のりと、「書く」に関するエトセトラ〜 



53




書くこと、描くこと、撮ることを習ったことはなく、コネもないわたしが

書いて売り込み出した、初めの1年以上、

いきなりトライする編集さんに決まって言われたのはコレでした。




「あなた素人でしょ(書き上げられるの?)。」

「旅の本は売れないんですよ(売れるのはビジネス書)。」

「南米? 1番日本人が行かないところですねぇ(市場が無い)」




ごもっとも!!! 納得しかありません!!! w w w




気がつけば南米
これ初めての本『気がつけば南米〜いきなり結婚→南米へ!おきらくカップル180日間の旅』




まぁ、そんな中、どうやって書き続けてきたかの

具体的な行動とメンタリティのお話です。あっつw




読んでいただき、楽しくなったり、やる気になったり、

なんかしらないけど元気でたり、そんなことあったらうれしいです ( *'v`* )