四半可通で行こう!!

宮城県のみぞおち辺りに住まう、半可通にすらなれなかった男。 その食い散らかし中心のブログです。

喰い散らかしが過ぎて、体重が酷いことになりそうだったので、カロリー分配の術とお店の新規開拓をかねた徘徊で減量中。
いい歳して最近ゆるキャラやご当地ヒーローなどのキャラクターにハマっています。
“岩出山おっち(落ち武者くん)” と “タガレンジャー” がイチオシ。
あと当ブログの価格表記は税込みだったり税抜きだったりまちまちです。ご了承ください。

カガモクで、こけしドーナツパフェを。
外観










店内はこけし塗れ。隠れこけしを探しているだけで待ち時間が程よくつぶれます。
店内










んで、パフェ。
こけしドーナツパフェ































ドーナツは揚げたてで、熱々サクサクです。
なので熱で生クリームがゆるくなっていますが、下層のコーヒーゼリーとかとよく絡むのでこれはこれで良しです。

【準喫茶 カガモク】
宮城県大崎市鳴子温泉川渡49

お会計
    
 こけしドーナツパフェ   800円

やまが旬の市でしょうゆなんばんを。
外観











きのこ屋からの帰りに寄ってみましたが、ほとんど売り切れでした。
しょうゆなんばん































【鬼首農林産物直売所 やまが旬の市】
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首中川原

きのこ屋でおまかせ定食を。
先日久米食堂に行った際に、下調べ段階から気になっていたお店。
外観










場所は秋の宮温泉郷。山中ですが道路は大きくて新しいので距離度外視ならば交通の便は良いです。(冬場はどうか知りませんが)

さて、おまかせ定食。
メニューには2000~3000円とありましたが、内容を尋ねたときは1500円からあるような説明でした。
とはいえ、ここまで来たのですから、3000円のを注文。食べ逃ししたくないですからね。

んで、出て来たのがこれら。
おまかせ定食(3000円)おまかせ定食(3000円) (2)おまかせ定食(3000円) (3)おまかせ定食(3000円) (4)

























































山菜がそんなに無い時期なので、キノコ中心ですが、トビタケやエゾハリタケ、タモギタケなど珍しいものが色々入っています。
今年はキノコの時期が早いらしく、なめこ以外はすべて今年採れたキノコだそうです。

あと場所柄と言えばいいのか、調理を始めてから素材を採って来ることもありました。
別に品切れで待たされているわけではないので、こういうのは純粋に気分が盛り上がりますね。

変り種が盛り沢山で美味しく楽しいです。
ここは馴染みになると色々と楽しそうです。川魚やジビエなど他にも気になるメニューがたくさんあったのでここはまた行って来たいですね。

ちなみに山中の古めの建物で営業している都合上か、虫が結構いました。(お店の方も気にして入るようでしたが)
自分が座ったのは窓側の座敷でしたが、地面と同じくらいの高さだからか畳のうえに色々と…。

なので、その辺りが駄目な人は虫のいない時期に行くか、入ってすぐ正面のテーブル席(一卓)にしたほうが良いかと思います。(奥に床の高い小上がりもありましたが、照明が消してあったので状況は分かりません)

【山の味 きのこ屋】
秋田県湯沢市秋ノ宮小杉山132

お会計
    
 おまかせ定食   3000円

土里夢でシャーベットを。
シャーベット(カラント)














頼んだのはカラント(フサスグリ)。
県から奨励されて花山地区で栽培が広まっているそうです。
酸っぱいですが、渋みとかは無いので、だいぶとっつきやすい感じですね。

あと敷地内の子ヤギ。
子ヤギ (2)










やっぱりコーンはバリバリ食べます。

【もぎたてフルーツ工房 土里夢】
宮城県栗原市一迫片子沢上権平20-2

お会計
    
 シャーベット   300円

和の倶楽でぎょんこつを。
外観










ぎょんこつは「ぎょかい」と「とんこつ」のラーメンです。
ぎょんこつ














一世を風靡した、あの魚介豚骨とは違った感じですね。ゴマたっぷりで口当たりからして違います。
あと、なぜか乳酸菌飲料が付いてきます。デザート?

それと、お土産にトリカラを。
トリカラ














気になるメニューが色々あり、雰囲気もいい感じだったので、また行ってこようかな。

【和の倶楽】
宮城県栗原市栗駒桜田上川原28−1

 お会計
    
  ぎょんこつ   780円
      トリカラ     700円

このページのトップヘ