September 18, 2006

ファイナル・デッドコースター

雨の日の鑑賞。少なかった、ほぼ男性客。まあ、そうでしょうね。((^^;

「ファイナルデッドコースター」2006 アメリカ
予知夢を見た若者たちが次々に奇妙な死に方をする『ファイナル・デスティネーション』『デッドコースター』に続くパニック・ホラーの第三弾。
Final Destination3ビビリ人間なのに、観たくなるんです

1.2観てなくても大丈夫な作りにはなってるけど、1を観てからの方がいいと思う。そのエグイのが観られたら大画面でコレも観られるかと。(^^;

結果:2で謎解きにかなり力を注いだのに。。。この高校生達はそんな過去を調べなかった。シリーズ物じゃない感じで淡々と終わった。調べると1と3は監督同じ。2だけ違う。

内容抜粋:ウェンディは、高校の卒業イベントでアミューズメント・パークに
やってきた。彼女は、彼氏と友達カップルの4人で遊んでいた。そして、
アミューズメントパークでは外せないジェットコースターに乗ることになる。
乗り込んだ瞬間、彼女は、乗っているジェットコースターが暴走し、学友達が
死ぬ予知夢を見てパニックになる。隣に座っていた友人の彼ケヴィンとともに
乗車を拒否した後、実際に事故が起きて乗客全員が死亡した。ウェンディは
彼氏と友人を救えなかったことで自分を責め続けた。ケヴィンは過去に似たよう
な予知夢を見た高校生がいたこと、そして生き残った人達の不可解な死を知る。


かんそう:非常にあっさりしてました。死の順番があっさり判明なので、頭を
使う感じではないし。
かなりエグイけど、びっくりするような死に方じゃなかった。というのも今回は、
観客には、生存者がどういう死に方をするのか想像する時間がある。そう死ぬこと
への心の準備が出来るので、びっくりしません。
それにね、びっくりするほど生存者達の気持ちがまとまらないから、どんどん
死にます。何でもない場所で。。。

あっという間に人数減ります。

謎解きは無いので、「ぎょ。そんな死に方は嫌だなーー」(><)と思いながら鑑賞。
日焼けサロンでは、苦しいです。
こういう作品の死は凄まじいですね。日本人は、こういうの出来ないと思う。
潰れる。ちぎれる。飛び散る。。。(>_<)観てしまったよ。

tomoyama3 at 19:53│Comments(0)TrackBack(0)映画at映画館3 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字