2016年09月27日

久しぶりに風邪

日曜日開催の静岡レクチャー、予約者は少し少な目とのことでしたが、蓋をあけたら当日フラッと現われた方が多めで (^^;) 満員でございました。

お集まりいただいた皆さん、ありがとうございます。

懐かしい方にもお会い出来て嬉しかったです。

今後ともよろしくどうぞ。(^^♪

ただ前々日から喉の調子が悪く、いつもよりもテンション低めであったかもしれません… その点はごめんなさい。

ま、内容自体はカード、コインからカップ&ボール、ロープまで、ここ数年の実際のレパートリーを公開しましたので、どれかは使っていただけると思いますし、ちょっとしたアイデアやコツ、サトルティ、その適切な使い方など、少しでも参考にしていただけたのではと思います。


そして月曜日はmMLチェックと定例のゆうき会。

mMLの収録は基本的に2か月先行していますので、毎回新鮮です。

自分で見ていても、演者が(私ですけどね)どんなマジックをしようとしているのか、途中までわからないのです。

今回は10月に発売予定の、136号のチェックなのですが… 各トリックの演技時間と解説が長く、どこをカットするべきかで悩まされました。

収録時間には限りがありますからね。

この号は大作といえる作品が2点ありまして、そのうちのひとつは、大阪の奇術家、石田隆信さんによる、カードを使った魔方陣トリック。

最近この魔方陣をテーマにした作品が見直されているようで、テンヨーさんの新製品にも、1点含まれていました。

大抵の場合、観客の決めた数の魔方陣を、すばやく作ってみせるという、速算術とでもいうテーマとして見せるのですが、

コイツをカードで行うこと自体が珍しく、星の数ほどあるカードマジック作品群の中でも、数えるほどしか発表されていないと思います。

石田さんの作品はロバート・パリッシュの作品を元にしているそうですが、簡単な準備でできるよう工夫されており、原作にはないツイストも入っていて豪華です。

毎度おなじみ、ゆうきなりのアイデアや工夫もありますので、楽しみにお待ちください。


ところでテンヨーといえば、先日三越劇場で開催されたマジックフェスティバル。

例年よりも気持ち短めで、とても見やすかったですね。

いわゆるステージマニプレーション系の大物ゲストはいなかったのですが、

トリのふじいあきら、大トリのへクター・マンチャと、現場主義とでもいう、プロフェッショナルの凄みを見せてくれました。
ま、マンチャは一応アマチュアなのですが… 別枠ですよね。(^^;

※マンチャはグランプリアクトとは別の手順もサプライズで演じてくれました。


演技は生ものであり、2回公演ですから、昼と夜とでは多少違ったでしょうし、

基本的に奇術愛好家の大会であり、愛好家の感想はそれぞれ違っていて面白かったのですが、

夜の部のふじいあきらは、本人の思惑がすべてハマっていて… 長年見てきた中でもベストの出来ばえでした。

とあるテンヨー関係者は 「あれは神回でしたね」 そう語っておりましたしね。(^^)


ここらへんの事情は、来月10月15日、駒込で開催の『サタデーナイトマジック』でも語る予定です。

tomoyuki_magic at 12:16コメント(0) 
マンスリーレッスンDVD | トリック

2016年09月19日

応用色々

大阪と京都のレクチャーからもう一週間…

相変わらず早いです。(^^;)

大阪と京都、それぞれ違う内容のレクチャーを行ったのですが、2点だけどちらでも解説した作品があります。

ひとつは先日もここで取り上げた、mML135号収録作品『あなたの目の前で』。

そしてもう一つが、5枚のカードから1枚を選んでもらうのですが… その1枚が意外な形で予言されている『見えない予言』。

ちなみに『見えない予言』は、レクチャーの時にはまだ名前がなかったのですが、上記の(現象の)トリックのことです。参加されたみなさんは分かりますよね?

このトリックの肝が演出自体であることは明白なのですが、ここで使われているメソッド自体も、結果的にぴったりとハマっていたようで… 演者の想像以上に、一般の方はもちろんのこと、マジック愛好家の方にもウケます。

まだ東京を含めて3か所でしかレクチャーをしておりませんから、未見の方のために現象は秘密にしておいてくださいね。


ところでここでのメソッドというのはフォースの方法であり、2007年に出版した『コミュニケーション力が身につくクロースアップマジック23』(小学館文庫)の132ページに解説されているものです。
もう9年前なのでうろ覚えですが、フォーサイトから発売されているDVD『モダクラ劇場』のどこかでも演じた気がします。

この時はケータイを使用した演出だったのですが、『見えない予言』ではごく普通のカードマジックのように見せかけて、意外なオチを付け加えました。

5枚からのフォース方法としては悪くないやり方で、応用もききますので、ご存じない方や、私のように忘れていた方 (^^;) は是非チェックしてみてください。

まあ、本の方はもう絶版なのですが…

タイトルはともかく(私が付けたものじゃあありませんからね)内容はホントウに「良い!」です。

見つけたら買って損はないですよ。

なんせ値段は500円切ってますからね。(^^;)


ちなみに今回のレクチャーを受けた方で、私のサイトで販売中の『オーディナリーペン3』をお持ちの方がいたら、ペンのクリップに例の予言をはさんで(観客の目の前に)おくと、別の演出が可能です。

ペンに合わせたフォースカードを、本に解説した原案通りに選んでもらい、“予言”を見てもらうのです。

お客様が紙を開いて戸惑ったら、「予言はそちらではありませんよ…」とかなんとか言えばよいという訳。(^^♪

楽しいですよ。


さて、今週末の25日(日)は、静岡のマジックバー『NOT』(054-272-0030)をお借りして、私のレクチャーを開催致します。

主催は静岡のマジシャン、ウメ&マツのコンビ。

開場は13時半、開演は14時、参加費は4千円です。

お申込みは直接お店へお願いします。

17時からは懇親会があるようですが、私も1時間ほどお邪魔する予定。

お時間のある方は是非。

上記で紹介した『見えない予言供戮皺鮴發靴泙垢茵


それと10月10日のイベントは残席が5つ。

ひとネタコンテスト枠はあと2つです。

お申込みはお早目に。

tomoyuki_magic at 02:14コメント(3) 
トリック | ショー レクチャー

2016年09月16日

135号でました

このブログ…

そもそもはマンスリーマジックレッスンの宣伝のために始めたはずなのですが…

最近はあまりこのスペースで触れておりませんでしたね。(^^;)

正直いって書くことはいくらでもあるのですが、ただでさえ毎月の情報量が多く、ここで一旦始めてしまうと大変…

ま (^^;) とりあえず、先日の大阪と京都の両レクチャーで共に公開し、評判の良かった作品、

「あなたの目の前で」に関して少しだけ。

元々名作トリックであった作品を、とあるアイデアを取り入れることで、演じやすく(観客にもやさしく)したものなのですが、

肝心の技法部分に関して申しますと(実際のライブではまったく問題ないのですが)映像で見ると、少し弱く感じるかもしれません。

というのも、実際に技法の対象とする観客は、映像では(事情があり)演者から見て左側の観客に対して行っているのですが、実際にはなるべくなら右側の方が強いのです。

ライブ感を出すためにやっていることが、映像的には(タネの隠見に関しては)良くないことって、結構あります。

今回はなぜそうなのか? 

ま、理由を考えるのも勉強になりますよ。

ちなみにあの技法を使ったあとで、デックの表裏を混ぜてしまい、いわゆる「トライアンフ」につなげることも可能ですので、余裕のある方は工夫してみてください。

それともう一つ。

今回のワークショップコーナーでは、「通いの碁石」を取り上げております。

ここで使用している碁石と、私が自分の手順で使用している巾着袋付のセットは、私のサイト「ゆうきともマジックギャラリー」にて販売されていますが、在庫が10を切りましたので、必要な方はお早目にどうぞ。

私の手順は京都のレクチャーでも取り上げましたが、原案に興味のある方はmML87号をご確認ください。

ちなみに原案を立って演じる場合は、特に最後の消失部分において、サムパームではなく、オーディナリーパームを使うと効果的です。

お試しください。


最後に、10月10日(月祝)開催の

「新ゆったりとクロースアップ・ライト」は

残席が6つとなりました。

ひとネタコンテストのエントリーはあと3名までです。

お申込みはお早目に〜。

tomoyuki_magic at 03:45コメント(0) 
マンスリーレッスンDVD | レクチャー

2016年09月10日

10日と11日のイベント

13日まで地方出張により、フォームからのお問合せ、商品のご注文に対する返信は14日(火)以降となります。

さて、本日10日(土)は大阪心斎橋のバー「トライアンンフ」さんにて、レクチャーとショーがございます。
詳細や残席に関しては、お店まで直接お尋ねください。

明日11日(日)「京都教育文化センター204号」で開催(18時半より受付)するレクチャーの残席はまだ2席ございますが、メールでのご予約は締め切らせていただきます。

同日、同じ会場(203号)で14時〜16時半開催する、Yuji村上さんのイベントはご予約なしでも入場可能です。
私はこのイベントにも参加いたしますので、ご予約なしでレクチャーに参加したい方は、そちらで直接お申し付けください。



tomoyuki_magic at 07:17コメント(0) 
お知らせ | ショー レクチャー

2016年09月06日

この2本だけは。

気が付いてしまいました。

もう長月なのですね。

1日に見た映画、コイツには少し触れておかないと… 

そう思いつつ、

気がつけばもう6日ですよ。(^^;)

『君の名は。』

というアニメーション。

普通に映画を30年以上見てますとね… あれとあれを足して、ちょっとひねって…

なんぞとはすぐに思うのでありますが…

それにしてもうまいことまとめてあります。

十分に楽しんで、十分に感動できました。

新海監督、ありがとう!

『シン・ゴジラ』にしても、『君の名は。』にしても、一見すると子供向けのコンテンツなのですが、いやいやいや、大人が劇場に足を運んで観賞するべき作品ですよ。

個人的にお気に入りであり、かつ人にお勧めしやすい映画って、なかなか存在しないのですが…

そういう意味ではこの夏の邦画はすごいな。

どちらも予備知識なしでごらんください。


さて10月10日開催のマジックイベント

『新ゆったりとクロースアップ・ライト』ですが、

残席はあと10となりました。

今月10日以降のお申込みの受付は14日からとさせていただきますのでご注意。


9月10日の大阪イベント(夜のショー)、9月11日の京都イベント(夕方からのレクチャー)はまだ若干お席がありますよ〜

詳細は私のサイト『ゆうきともマジックギャラリー』講習会、ライブ情報をご覧ください。

tomoyuki_magic at 16:45コメント(0) 
映画 | ショー レクチャー

2016年08月30日

色あせない作品を目指して

先日フォーサイトの庄司さんと一緒に、ニコニコ動画の番組「マリックチャンネル」に出演してまいりました。

予定よりも長くなったとのことで、前編、後編、に分けての放送というお話でしたが、両方ともにすでにアップされているようです。

有料チャンネルではありますが、毎週更新されており、様々なマジシャンの演技やお話が聞けるので、お時間のある方は是非。

上記の番組内で、私はサイト(ゆうきともマジックギャラリー)の限定商品でもある「34」と、フォーサイト(庄司さんの経営している会社)にて、もう10年以上販売し続けているベストセラー(^^;)「マネーゲーム」を演じました。

「マネーゲーム」は、ポール・カリー氏のコンセプトを元に、かなり以前に私の構成した作品なのですが、最後にどんでん返しがあり、とても盛り上がるトリックです。

ありがたいことに、マリック氏にはとても喜んでいただけました。(^^♪

ちなみに「マネーゲーム」を私のサイトでお買い上げいただくと、私が普段演じている演出のサービス原稿がついております。(^^;)


さて28日の日曜日は、定例会ではないマジックイベントが朝霞台でありました。

午前中はレクチャーとワークショップ、午後はマジックショーです。

なかには岩手や宮城、愛知からいらしていただいたお客様も…

本当にありがとうございます。

久しぶりのマジック出演だった今西章さんは、全然ブランクを感じさせない演技。

そして齋藤修三郎さんはもう安定の演技でしたね。

で… ここでも「マネーゲーム」は鉄板でございました。(^^)


さてさて、9月は大阪と京都に参ります。

9月10日(土)は、大阪のマジックバー「トライアンフ」でのレクチャーとショー。

14時からのレクチャーは、まだ2席空きがあります。

基本的にはカードマジックをガッツリ行う予定ですが、お土産として、サイトでも販売している「オーディナリーペン3」を1本と、予言用のカードを進呈いたします。

「ペン」は解説書とは違う手順を公開しますよ。

また18時と、20時半からのショーもそれぞれ2席ずつ空いているようです。

こちらへのお申込みは直接お店へお願いします。


9月11日(日)は京都でのレクチャー。

こちらのレクチャーでは、カードの他、碁石やESPカードなど、少しバラエティにとんだマジックを解説致します。※お土産付き

参加される方はデックとマット、そしてESPカードをご用意ください。

お申込みは私のサイトからお願いします。

あと3名で締め切りで〜す。

tomoyuki_magic at 06:39コメント(2) 
テレビ | ショー レクチャー

2016年08月23日

新イベント 第一報

ここ数年、30人限定でのクロースアップマジックコンベンション

『新ゆったりとクロースアップ』(以下 新ゆったりと)を年に2回のペースで開催してまいりましたが、今年は7月に氣賀康夫氏を招いて開催した12回目のみとさせて頂きます。

その代わり 10月10日(月祝)に

『新ゆったりとクロースアップ・ライト』

を開催致します。

※以下『ゆったりとライト』ということで (^^;)

時間帯は9時から17時まで。

会場はシティイン北朝霞ホテル 瑠璃ホール です。

募集定員は20名とし、スタッフ込みで25名を考えております。

9月9日までのお申込みの方は会費を五千円とし、それ以降のお申込みは六千円とさせていただきます。

ちなみに一回目のゲストは、静岡の山田直弘さん。

先日の『新ゆったりと』ひとネタコンテストのチャンピオンであり、その際の演目はパズリックでありながらもコマーシャルな演出でコーディネートされた、非常にクォリティの高い作品でした。

今回も代表作や新作のデモの他、数あるオリジナル作品のいくつかをレクチャーしていただきます。

3分以内でのひとネタコンテストも開催致しますので、エントリーされる方は、お申込みの際にお申し付けください。

ライトとは言いながらも、内容は盛りだくさんです。

クロースアップマジックのお好きな方は是非。

tomoyuki_magic at 17:13コメント(0) 
お知らせ | コンベンション

2016年08月08日

今月もすぐに終わりそう…

あらまあ、もう8日ですよ。

もう静岡も随分と前の話となりましたね…

メインのお話を書いていると9日になってしまいそうなので、まずは告知から。(^^;


明日の9日(火)は、駒込マジックルームでの定例会

『ともの会EX』

実際に人前で演じる方のためのワークショップです。
※23日(火)にも開催します。

詳細は私のサイト(その他の項目)をご覧ください。

演じることを目標としている方、興味のある方であればどなたでも参加できますよ。


11日(木祝)は、これまた定例の講習会

『ともの会その前に』

祝日ということで、18時からのスタート予定です。

お間違いなく。

ちなみに今回の教材は9点しかご用意できませんでしたので、教材付での講習をお望みの方はお早目にご予約ください。

教材の必要ない方は、当日ふらりと来られても問題ありません。

※いわゆるボール&ベースを使った奇術を2種類メインで講習致します。


20日(土)はこれまた定例のミニライブ

『サタデーナイトマジック第七十三夜』がございます。

出演は私と庄司タカヒト、ゲストは未定ですが、今回は高校生以下の入場料金を500円とします!
ぜひとも若い方をお誘いください。
一般の方は1500円ですよ〜。


そして28日(日)は、東武東上線、朝霞台駅、もしくはJR武蔵野線、北朝霞駅から1分のホテル、シティイン北朝霞『瑠璃ホール』でのイベントが2つございます。

『レクチャー&ワークショップ in 朝霞』

10時から14時まで、昼食時間を挟んでのイベントです。

会費は5千円ですので、本気で学びたい方には、結構お得な会だと思います。

当初は12名の予定でしたが、教材の関係で10名にて締め切らせていただきます。

参加者の方は、デックとマットの他に、できればESPカードをご用意ください。

お席はあと5つございますので、お申込みはお早目に。


この日、同じ会場にて、15時からは

『クロースアップマジックショー』がございます。

こちらは一般の方も参加する、カジュアルなマジック&トークショーです。

ゲストは齋藤修三郎さん。

参加費はお一人2千円。

こちらのお席はあと6つですよ〜

tomoyuki_magic at 23:58コメント(0) 
ショー レクチャー | ワークショップ

2016年08月02日

今年一番

先週末のお話を少し。

23日(土)バー「コットン」でのイベントを終え、マスターの横田さんとスタッフのあゆむ君、浜松から参加の山田さん(先日の「新ゆったりと」一ネタチャンピオン)、池谷さんらと共に深夜営業の中華屋さんで食事。

翌日は静岡ということもあり、朝の3時前には解散したのですが…

なんと山田さんはこれから2時間ドライブして浜松の家に帰るとのこと。( ゚Д゚)

静岡県って、結構広いのね…

で、今までアルコールを飲んでいなかったのですね… (^^;)

昼の3時から夜中の3時まで… いやあ〜タフな人です。


そんなこんなで翌日は横田さんの車で池谷さんと共に静岡までドライブ。

横田さんに先日のコンテストに関するアドバイスをしているうちに静岡に到着。

丁度お昼ということで、3人でそばをすすり、まずは静岡駅前にある『静岡市美術館』にて開催中の『エッシャーの世界』展へ。

M・C・エッシャーは20世紀のオランダを代表する版画家で、晩年のだまし絵的作風が有名ですが、今回は貴重な初期の作品や下書き、氏の師匠であるメスキータの作品など、充実した見ごたえのあるラインナップです。

個人的には見慣れている版画の下書きがすべて反転していることが(当たり前ではあるのですが)新鮮でしたね。

エッシャーグッズも結構充実しておりました。

この企画は8月28日までとのこと。時間は10時から19時で、お休みは月曜日。

お近くの方は是非。


エッシャーを堪能した後はいよいよメインイベントなのですが… それはまた次回ということで。(^^;)

というのも、昨日は映画の日。

昼間に1本、夜に1本を観賞したのですが…

夜に見た映画があまりにも素晴らしくて \(^o^)/

『シン・ゴジラ』

傑作です!

私的にはもう今年のベストです。

昨今の映画宣伝はとにかくネタバレネタバレで嫌になってしまうのですが、

考えてみたらこれだけの有名コンテンツの割に、そういった宣伝を見かけず…

これはおそらく、超駄作の可能性もあるなと、恐る恐る見に行ったのです。

で、昼間はとあるホラー映画を見たのですが、ちょうど向かい側の劇場ではゴジラが上映されており、

退場の際には劇場のスタッフが、

「ゴジラのネタバレにご注意願います。その手のお話は劇場を出てからお願いします」

との異例ともいえる配慮 ( ゚Д゚)

これはすごいことです。

東宝側の通達なのか、劇場スタッフの自発的な行動なのか…

いずれにしても珍しいことだなと思い、昼間の用事をすませ(この話も面白いのですが、また機会があれば)、21時50分からの最終回を見に行った訳です。


良い!


庵野監督の最高傑作が誕生しましたよ。

庵野監督のキャリアはこの作品の為にあったのかと思うほど。

1954年の第一作に匹敵する、21世紀のゴジラ映画誕生です。


ゴジラ愛に育まれた大人のためのゴジラ映画。


主人公は日本、そして東京です。


2016年の今だからできること、全てをぶち込んだ、

ハリウッドには決して、ひっくり返ってもまねのできない純日本産のゴジラ映画です。


めずらしくレビューや評論ブログをちょっとチェックしてみたら、『物語る亀』というブログに以下の表現がありました。

〜一作目のゴジラは「反核映画」だったのだけど、今回のゴジラは「知核映画」なのだよね〜

なるほど。しっくりきます。

いずれにしても、一作目以降60云年、長い長い間、子供向けコンテンツであったゴジラが、

ついに大人の映画として復活した訳です。


小学生にはわからんだろうなあ…


あ…


宣伝の控えや、異例のネタバレ注意の喚起はもしかしてそのため?


商売としては子供連れのファミリー層に見てもらわないといけないですからね。(^^;

tomoyuki_magic at 17:14コメント(0) 
ショー | 映画

2016年07月28日

先週末も色々と

まずは土曜日に沼津のマジックバー「コットン」にて開催されたレクチャーとショーにお集まりいただいたみなさん、ありがとうございました。

今回はレクチャーが主体だったので、ショーはお店のオープン前に軽く1回の予定だったのですが、飛び込みの一般観客の方も結構来られ、都合3回のショーとなりました。

結局お店を畳んだのが1時過ぎとなり、その後で遅い夕食を残ったメンバーで取り、翌日の静岡で開催される別のイベントに備えたのでした。

ま、静岡の話はまた次回として (^^;) ホントか?


本日は今年4回目の「世田谷WEBテレビ」の生放送。

時間は19時半からです。

場所は三軒茶や駅から徒歩10分。

世田谷線沿いの小さなギャラリー『ギャラリー233』で検索してみてください。

どなたでも参加できます。

本日のゲストもユニークですよ〜。

tomoyuki_magic at 16:26コメント(0) 
お知らせ 
ゆうきとも マジックギャラリー
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
最新コメント