2007年03月

2007年03月29日

ヒレンジャク

904ece77.jpg今日(3月28日)早朝神奈川県愛川周辺の中津川で14羽のヒレンジャクを発見、残念ながらキレンジャクは含まれて居ませんでしたが早朝の柔らかい光の中で撮影。

木の新芽を食べていた為かふんは粘る事無く普通でした。

tomtad47 at 11:11コメント(0)トラックバック(0) 
野鳥観察 | バードウオッチング

2007年03月26日

ミヤマシトドに付いて。

ee9e3754.jpg昨年3月中旬から4月始めまで厚木市下川入の中津川河川敷で撮影したのがミヤマシトドでした、撮影当初は山渓社刊日本の野鳥に掲載が無く「篭脱け」と思い暫く忘れていたのですが行方不明だった平凡社刊日本の野鳥570が出て来て再度確認するとミヤマシトドの掲載が有り確認が出来ました

後に渡り鳥に関する書籍にミヤマシトドの記載が少し有り、殆どが北米大陸に生息するものと分かり、やはり「篭脱け」かと思いましたが私には良く判りません。


tomtad47 at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
野鳥観察 | バードウオッチング

2007年03月23日

亜種アカウソは本当に存在するの?。

c556cbdd.jpgこの冬(06/12〜07/03)はウソが特に多く見られました早戸川林道金沢橋、谷戸山公園、道保川公園などでも多く見られバードウオッチャーやカメラマンを喜ばせていました、この冬の特徴はアカウソが多かった事ですとても綺麗で良かったのですが以前からアカウソはウソの婚姻色?と言う思いがこの冬のアカウソを見て一層強くなりました。
数年前1月に雪の山中湖村で10日間ほど定点撮影をしていた時にもアカウソが出たのですが1ヶ月程後に同じ場所へ撮影に入った人のアカウソの写真を見ると赤みが増して鮮やかに成っていましたし数も多かったようです、勿論違う個体と言う事も十分に考えられるのですが。

日本の野鳥の分類に付いては分かり難い事が多く見られるます費用は多く掛かりますがDNA鑑定をしてキチット分類をして頂けると私個人的には助かりますしハッキリさせる事は対鳥インフルエンザ対策にも成ると思われるのですが。

tomtad47 at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
野鳥観察 | バードウオッチング

ミヤコドリ

76c998e7.jpg昨日(3/22)早朝江ノ島へハヤブサを撮影に行きましたがハヤブサを見る事は出来たのですが残念ながら撮影は出来ず。

帰る前に釣り人の乗って無い磯をねんの為に双眼鏡で見ていると3羽のミヤコドリを発見一寸距離的には遠かったのですが何とか撮影出来ました。

場所は、市営駐車所に入った突当たりの磯です今工事中の為か地磯から一寸離れている為か釣り人のいない磯でノンンビリと3羽のミヤコドリは餌を探したり水浴びをしたりです。


tomtad47 at 09:42コメント(0)トラックバック(0) 

2007年03月20日

インフルエンザで死んだクマタカ

今年に入って鳥インフルエンザでクマタカが死んだそうです、渡りをしないと言われているクマタカが鳥インフルエンザで死んだ原因は。

先ず、ユーラシア大陸の何処かでインフルエンザに感染した野鳥が日本に渡り発症して死ぬ、その死んだ野鳥を日本国内のカラスとカラスに食性の近い猛禽類が食べる又はキャリアの野鳥を捕食者である猛禽類が捕食そしてキャリアに成った猛禽類やカラス類のいずれ発症して死んで行く私には鳥インフルエンザの潜伏期間がどの位の有るのか判りませんが、いずれ時限爆弾が突然爆発するようにアチラコチラで今回のクマタカの様な事例が起きて来るような気がします。

周辺のカラス類や身近な猛禽類トビ等を注意深く観察しましょう我々に出来る事は残念ながら見守るだけ。

tomtad47 at 02:20コメント(0)トラックバック(0) 
野鳥観察 | バードウオッチング

2007年03月19日

逃げないノスリ(07/03/11)

001dd1f9.jpgこの日はシメ狙いで昨日と同じ場所に入るが先客のノスリのせいか小鳥達の動きが悪く、何とかノスリに退散して頂きたく車で寄って行ったりしたのですがご覧のように私の車に全く興味を示さず、こんなアップの映像が出来上がりました、散歩の人がノスリの止まっている木の直ぐ近くを歩いても全く意に介してないようでしたが、犬を連れた人が近づくと流石に少し飛んで止まる場所を変えていた。

tomtad47 at 10:04コメント(0)トラックバック(0) 
野鳥観察 | バードウオッチング

今年のベニマシコは赤い。(07/03/10)

ff02a5d7.jpg神奈川県厚木市の中津川河川敷に3月10日早朝から撮影に入る、例年に無くベニマシコの数は多く色調も際立って赤い。

ベニマシコがセイタカアワダチソウを好む事は良く知られている事ですが、セイタカアワダチソウの中にも色々有るらしく、全く寄り付かない物ともう食べる所が無いのでは?と思うような物に何度もベニマシコは止まっていた。

tomtad47 at 09:45コメント(0)トラックバック(0) 
Archives