2009年07月

2009年07月28日

カワセミ

4df80ed8.jpg未だ一寸暗い時間帯、特に今日は曇天5時を少し過ぎていたのですが陰に成る場所はかなり暗い、現場に付いて直ぐの映像は給餌なのですが幼鳥の口には入れますが親鳥が中々放さずコンナ状態で1分ほどヤット給餌を受けた幼鳥はグッタリ。
今日はカワセミ、セグロセキレイ、スズメ3種の給餌を撮影此処で分かった事はセグロセキレイの幼鳥とハクセキレイの幼鳥は見分けが難しい!

tomtad47 at 09:13コメント(0)トラックバック(0) 
ビデオ撮影 | バードウオッチング

2009年07月24日

カワセミ

9cf2b99d.jpgこの映像は昨日(23日)に撮影した物ですが一寸変です、と言うのも今月21日に撮影した物と比べ明らかに固体が幼いのです21日撮影した2個体が若鳥なら23日に撮影したものは嘴も短く足も真黒で巣から出たばかりの幼鳥です親鳥から給仕も受けています、事実23日の2羽のカワセミの個体は足が赤味を見せ始めていたし嘴もほぼ成鳥と同じ長さで嘴の下側が赤味が指し始めています、これが23日の映像が先で21日の映像が後ならば少しは間尺が合うのですが之は何なのでしょうか。
撮影しながら考えたのは。
 ー稍撮憶は他所のポイントで成長し育ての親鳥に追出されて偶々この場所に現れた。
◆ー稍擦藩陳擦麓稍擦1番子幼鳥が2番小で親は同じ親鳥で追出した筈の1番子の若鳥2羽が舞い戻った。
 若鳥と幼鳥は同じ時期に卵として生まれたが孵化した時期が若鳥の方が早く幼鳥の時期が遅かったと。
考えては見た物の△鉢は一寸考え辛い,一番説得力有るのか?

tomtad47 at 17:14コメント(0)トラックバック(0) 
ビデオ撮影 | 野鳥観察

2009年07月21日

カワセミ

cbc28c72.jpg久し振りに良い撮影に成りました天気予報が悪かったので一寸遅く起きて外を見ると道路が濡れてないので慌ててカメラバックを抱えて気に成っていたカワセミ親子の居る水辺へ、付いて直ぐに目に付いたのがこの場面ですこのポイントを知っている人なら分かると思いますが驚くほど距離が近いのですが私の車が近付いた事に気が付かないのかそれどころではないのか全く動じる事も無い様でこの映像殆どトリミング無しですこの状態が5分ほど続き、突然撮影が難しくなるほど動きが激しくなり数分後に又同じ場所に同じ様に止ると言う事を繰返していたのですがメスと思われる3羽目が出現してからは動きがダイナミックになり水場一杯に飛回り撮影する方も大変でした。
そうこうしている内に3羽のオオヨシキリが同じエリアに現れ止り木をカワセミ達と争うようになり動きはより激しく複雑に成り9時を過ぎた当たりで残り40分有ったテープの残り少なくバッテリーも無くなりカワセミ オオヨシキリの動きも止った様なので帰宅、カワセミも生抜くのは大変だと思い知らされた1日です。
他に ゴイサギ若 セグロセキレイ ガビチョウ ホオジロしかしアマサギは何処へと言う感じですね6月の終わりに中衣知で撮影した以来全く姿を見ません。

tomtad47 at 10:34コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月19日

オオヨシキリ

354b163d.jpgオオヨシキリが見え無くなったと嘆いていたポイントにオオヨシキリの若が2羽出てきました繁殖を中止したのかと思ってのですが良かった!

tomtad47 at 09:13コメント(0)トラックバック(0) 
ビデオ撮影 | バードウオッチング
Archives