2013年10月

2013年10月23日

セイタカシギ

seitaka02

 このセイタカシギが居た場所が私には一寸驚きの場所でした、座架依橋近くの飼料置き場の水溜まりで餌を啄んでいました、何だかんだと10年以上通って居る場所ですが本当に驚きましたがバックに難有りなので早々に退散。
この場所は11月〜12月に掛けて希にタゲリが見られる面白い場所ですが此所でのセイタカシギは初めて。
他に イソシギ ウ(多数飛来) カルガモ スズメ ヒヨドリ(久し振りです) モズ(♀) カラス 等々

tomtad47 at 10:24コメント(0)トラックバック(0) 
ビデオ撮影 | 野鳥観察

2013年10月18日

バン

ban3

 何時もの水辺での撮影です、オオバンとバン若鳥とバン幼鳥なのですがオオバンとバン若鳥は特に問題が無いようですがバン若鳥とバン幼鳥は緊張関係に有る様です因みにオオバンはバン幼鳥には殆ど興味が無いようで殆ど反応しません。
それからノビタキ多いですね今年の春の渡りでは全く確認出来ず富士山周辺でも数が極端に少なかったのですが例年、さほど数の多くない秋の渡りの時期に頻繁に見られる、そんな年も有る様ですね。
他に カワセミ オオヨシキリ ガビチョウ シジュウカラ モズ ムクドリ カワラヒワ スズメ サギ類

tomtad47 at 09:59コメント(0)トラックバック(0) 
ビデオ撮影 | 野鳥観察

2013年10月15日

ヒドリガモ

hidorigamo2

 今朝、相模川座架依橋近くにコガモ♀の20羽程度の群れが姿を見せました、この中にヒドリガモの♂が1羽、混ざっていました。
厚木側で遊弋する群れを座間側から撮影、テレコンを2個入れての撮影で殆ど使い物に成らない影像ですが確認影像と言う事す。

tomtad47 at 10:30コメント(0)トラックバック(0) 
ビデオ撮影 | 野鳥観察

2013年10月12日

ノビタキ

nobitaki6

 10月10日に撮影した物です、♂なのか♀なのかこの時期のノビタキの判別は難しい。

tomtad47 at 11:09コメント(0)トラックバック(0) 
ビデオ撮影 | 野鳥観察

2013年10月04日

ノビタキ

nobitaki5

今回は正真正銘のノビタキです3羽を確認、座架依橋付近、収穫後の田圃で確認・撮影しました。例の鳥が抜けたのを皆さんも何とか納得してくれた様です、何時もの状態に、ほぼ戻り、此の数日で何とか通常のル−ティンで野鳥を探し撮影出来る環境が戻って来ました、良かった良かった。
他に モズ アカモズ? カワセミ バン オオヨシキリ(若) ウグイス(若?)
尚 この数日河原に押し込められていて感じた事なのですが、カイツブリてこの時期、こんなに見る事、撮影する事が難しいの?一寸気に成ります。

tomtad47 at 11:46コメント(0)トラックバック(0) 
ビデオ撮影 | 野鳥観察

2013年10月02日

セグロサバクヒタキ

http://youtu.be/jo0OZroyP14
sabaku03

 同じ日の同じ被写体の影像を3回(4カット)も使うのは初めての事なのですが、2日程前に知り合いの方からカタカナのセグロサバクヒタキで無く、英名のPied Wheatearで検索して調べ直せとのメ−ルで英名で検索を掛けると動画も写真も豊富で私自身の判断の拠り所としていた尾羽の模様に付いては、殆ど確認出来ませんでした写真の中には人が手に持ち尾羽を広げた物も有るのですが26日に名前を挙げた図鑑の物とはイメ−ジが大きく違っていて、20日と26日の私の判断は間違いだった様ですし、今回撮影した映像に良く似た被写体が動画でも写真にも有りセグロサバクヒタキで、ほぼ間違いが無いようで、今回の被写体はPied Wheatearのメスの若鳥の様なのですが元の文章が日本語以外なのをGoogie備え付けの翻訳ソフトで翻訳した物なので全体の文章は解り難いのですが「女性」と言う単語と「若い」と言う単語が有ったので、多分メスの若なのかメスの個体と言う事らしいです。
尚 10秒程度の影像を3カット繋げて30秒程の動画をYouTubeにアップしました、逆光と午前11時前後のトップライトなどで褒められた影像では有りませんがもし良かったらご覧下さい、他の方の動画のアップも有ります其方も是非ご覧下さい、検索はセグロサバクヒタキ?でお願いします。
今回使用している影像も9月20日に撮影した動画をスチ−ル化した物で最近の物では有りません。
追伸ですがGoogieの翻訳ソフトが悪いと言っている訳では有りません日本語でも使うジャンルや場面によって意味が大きく変わる事が有りますが外国語に無知は私には大きなヒントには成りますし無料で此だけのソフトを提供してくれるGoogieには感謝感謝です。

tomtad47 at 06:56コメント(0)トラックバック(0) 
野鳥観察 
Archives