2006年11月06日

Smartphone battle

各社から「smartphone」が発売されているが、自分が使っているのはwillcomのW-Zero3【es】。

この携帯を使い始めてから色々と他の携帯を見て比較してみたが、それぞれ特徴があるようだ。ただ、個人的に感じていることは、日本市場向けの携帯は日本企業が作ってるものの方がいいと思っている。

主な理由は、「日本語」という言語の対応である。

日本語は非常に特殊な言語であり、それらがSmartphoneを動かすOSに与える影響が少なからずあるはずだからである。日本語を熟知しているという視点から考えた時にはやはり、日本企業の作ったsmartphoneが無難ではないだろうか?

個人的にW-Zero3の気に入っている所はスタイラスペンである。ちょっと苦しい説明かもしれないが、これならばマックのポテトを食べながらネットブラウズしても画面がそう汚れることはないだろう。どんなに画面を汚さない努力をしても、通話をすれば液晶が皮脂で汚れるので同じことなのだが…。

クリックよろしく♪http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



2006年11月01日

ハロインバージョン

http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/c/a/caea5b30-s.gif Googleのトップページをみてみると、Hallowin versionに変わってる!!すごくビックリした。今や日本人にも定着しつつある「Hallowin」。うちの近所でも、玄関先にカボチャの置物?を置いてる家もチラホラと…。

うちの近所の場合は、外国人の方が住んでいて、その方が地域を盛り上げようとしてることがきっかけのようですが…。いつも色々と驚かされます。特に、クリスマスが近くなるとイルミネーションが丘の上を飾ってすごくきれいです。この一画に住んでることをどこか誇りに感じますね。

ちょっと話はそれましたが…、本当にGoogleは色々な遊び心でユーザーの心をつかんで離さない。本当に魅力的な企業です。

クリックよろしく♪http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



2006年10月30日

シイラミニ

http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/d/9d316b7f-s.jpg 前にも話したのですが、もうひとつのblogを運営してるのですが、こちらではどちらかというと、ニュースの話題やらを中心に扱っています。そんなとき重宝するのが、

シイラ mini

というWidgetです。ただ、本当に小さいので、近眼の方にはおすすめでしません(;゚д゚)ァ....個人的な使い方としては、記事を書いていて、もっと内容を掘り下げたいと思った時に、「シイラ mini」を使って他の記事を参考にしたり、用語の定義を確認したりしています。

もっとも、Bloggerでは投稿用のWidgetがあるために、シイラ miniでGoogle Newsを確認してネタ探しをして、わからない言葉が出てきたら、wikipediaで意味を調べる…。なんてことをしてます。

クリックよろしく♪http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



2006年10月29日

Dashalytics

http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/5/2/52c5df3e-s.jpg 今日は「DashlyticsというWidgetの紹介です。もちろん、Macでしか使うことのできないフリーソフトですが…。これはMax OS XのDashboard画面から「Google Analytics」の概略を見ることが出来る個人的にはかなり重宝してるソフトです。

やはり、どれだけの人がどのようにして自分のblog.を訪問してくれたのか…ということはblog.管理者にとって重要なことですが、それを強力にサポートしてくれるフリーツールが、

「Google Anlytics」

です。必要な項目を視覚化してくれるので傾向をつかむのには最適で、webページ管理を強力にサポートしてくれるツールであると個人的には感じております。とはいうものの、自宅から「簡単に数字だけを見てみたい」というときにこの&size(20){「Dashalytics」}は活躍してくれます。センターホイールを簡単にクリックして、Dashboard画面を立ち上げるだけでOK!!

もちろん、Google Analyticsに登録してる色々なサイトの情報も見ることが出来ます。自分は、会社のサイトと自分で保有しているblog×2+HomePageの計4つをこのツールを使って管理しています。

クリックよろしく♪http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



2006年10月28日

おもしろい記事を見つけた…。

「hatena」をちょっとのぞいていると気になる記事を見つけた。

僕に対して、Macを買うように説得してください。

という質問だった。ってか、本人も認めているように、質問にはなっていないのですが(;゚д゚)ァ....そんなことはいいとして、個人的な話ですが、Macを使っているとアイデアが次々と湧いてくる。それは洗練されたグラフィックのおかげであると個人的には思う。winを軽くするために極限まで軽くすると、たどり着くのは「あの真っ青な画面」である。ありきたりでデザインもへったくれもない。「いかにもPCで仕事してます」って感じで気が重くなる。

つまり、あのグラフィカルなデザインが「仕事をしてる」という感覚から解放してくれる。そんな気がするのである。最終的にどのPCが自分に適してるかなんてのは、人それぞれだと思う。個人的には、win特有の機能を捨ててデザインを選択したのかもしれない。個人的には満足してるからそれでいいと思うし、他人に無理矢理Macを勧める気なんてサラサラない。

「スタバで260円払ってコーヒーを飲む価値があるかどうか?」

そんな価値観の問題にしかすぎないと思うのは自分だけだろうか…。

賛同してもらえたならクリック♪http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



2006年10月27日

blog ping ping

もうひとつのblogを運営してるのですが、こちらはトラックバック機能がついていないため、pingを送信することができない。ここで登場するのが…

「ぶろぐぴんぴん」

というフリーソフト♪Macにも対応していて、色々なpingサーバーにping送信できる代物である。

ってな訳で例のごとく早速試してみた( ; ゚Д゚)

なかなか使いやすくて、ちゃんと送信できたかどうか確認することができる。これは本当にping送信の履歴を確認するのに都合がいい。ただ、blog peopleに登録した人だけがダウンロードできるソフトなのですが…。

気に入ってもらえたならクリック♪http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



2006年10月24日

Core 2 Duoという選択

intel Core soloを搭載している愛機、「Mac mini」

自分が今まで使っている分には全く問題はない。ただ、Adobe系のアプリとOffice系のアプリを同時に起動させると調子が悪くなる。ただ、どちらかを単体で使う分にはパフォーマンスに問題はないのだが…。

今月のMac peopleに掲載されていたのですが、&size(30){「intel Core 2 Duo」を搭載することが出来る}そうです。googleの社訓にもある通り、

「遅いより早い方がいい」

ということで試してみたいと思ったのですが、何せCPUが高価なのでこれならばあともう少し出してMac noteかiMacを購入した方がいいのではないだろうか?と思ってみた。Macはあの愛らしい外観が命なのに自分から傷を付けることに抵抗を感じます。当然のことですが、CPUを交換してトラブルが起きても自己責任の範疇なのでそのリスクを負ってまで早さを求めるのはいかがなものであろうか?と考えて躊躇してしまった。

やっぱりメーカーが最適化したデフォルトが一番♪なんて考えてしまった( ; ゚Д゚)

投票よろしく♪→http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



2006年10月23日

Yahoogle

http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/c/4/c42757f4-s.gif &size(20){Yahoo+Google}というスタイルの検索が誕生した。~~それが、~~&size(30){Yahoogle}~~である。これも時代の流れだろうか…保険会社の代理店がYahoogleのサービスを提供してるのが驚きである。

なんだかんだ思いながらもで早速、試してみた( ; ゚Д゚)

トップ画面はgoogleのシンプルな感じを引き継いだ形になっているが、検索バーの下には人気検索ワードが掲載されている。この辺がちょっとYahoo的かもしれない。肝心の検索ですが、普通に情報を探すという観点から考えた時には申し分ない感じがしました。相対的には日本向けのサービスだなぁというのが第一印象です。

以前に本で読んだのですが、世界ではGoogleの利用者が多いのですが、日本は不思議なことにYahooの利用者が多く、性別で見ると特に女性がYahooを使う傾向が高いようです。グラフで各国を比較してみるとこの差は顕著なようです。これは日本という国の性格も関係しているようですが、利用する人が「検索に何を期待するか」ということによるものだそうです。

趣味の範囲であれば、好きな検索エンジンで好きなように探せばいいのですが、ここに「ビジネスや学問」という要素が絡んできた時にはYahoogleは強力なツールになるのではないでしょうか?

色々と説明を読んでみたのですが、簡単にいうと、参加者がAPIを登録することで知的集合体を作り上げて、この中から自分の好きな情報を取り出すというのがYahoogleの目的なのだろうか…。

今日のKey word

  1. +マッシュアップ~~複数のWebサービスやAPIを組み合わせて新しいサービスを作ることである。元々は様々なジャンルの音楽を組み合わせるミクスチャーミュージックの用語だったが、いまやインターネットを代表するキーワードのひとつとなっている。最近、「Web2.0」というキーワードをよく聞くようになったが、マッシュアップはその代表的な存在であると言えるだろう。(参照元:Yahoogleヘルプ)
    1. API~~あるプラットフォーム(OSやミドルウェア)向けのソフトウェアを開発する際に使用できる命令や関数の集合のこと。また、それらを利用するためのプログラム上の手続きを定めた規約の集合。個々のソフトウェアの開発者がソフトウェアの持つすべての機能をプログラミングするのは困難で無駄が多いため、多くのソフトウェアが共通して利用する機能は、OSやミドルウェアなどの形でまとめて提供されている。個々の開発者は規約に従ってその機能を「呼び出す」だけで、自分でプログラミングすることなくその機能を利用したソフトウェアを作成することができる。(参照元:IT用語辞典)

投票よろしく♪→http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



2006年10月16日

Web 2.0

web 2.0

という言葉の認知度が低いようだ。知ってても知らなくてもどちらでもいいようなこの言葉は、IT用語辞典では次のように定義されている。

:Web 2.0|2004年頃から登場し始めた新しい発想に基づくWeb関連の技術や、Webサイト・サービスなどの総称。「2.0」という表現はソフトウェアの大幅なバージョンアップをなぞらえたもので、1990年代半ば頃から普及・発展してきた従来型WWWの延長ではない、質的な変化が起きているという認識を込めたもの。~~ 特定の技術やコンセプトがWeb 2.0な訳ではなく「次世代のWeb」を漠然と総称する言葉であるため、明確な定義は無く使う人によって認識も異なるが、多くの人が合意するいくつかの有力な概念が含まれている。その最も大きな特徴の一つは、Web 2.0ではコンピュータにおけるOSのようにWebが一種のプラットフォーム(基盤)として振舞うようになり、その上で情報や機能が製作者の手を離れて組み合わされたり加工されたりするという点である。~~ 従来のWebは製作者が作った状態で完結しており、利用者は単にそれを利用するだけの関係であったが、Web 2.0ではWebサイトの持つ情報や機能を外部のサイトやソフトウェアなどから参照したり呼び出したりすることができ、利用者や他の事業者がソフトウェアやWebサービスを組み合わせて新たなコンテンツやツールを作成できるようになる。~~ また、多くのユーザが参加して情報を出し合うことで、その蓄積が全体として巨大な「集合知」を形成するという点も重要である。例えば、ブログは多くの執筆者が議論を重ねていく過程が全体として広がりと深みのある情報の集積となっていくし、ソーシャルブックマークは参加者がURLに特徴や分野を表す短いフレーズであるタグを自由に付けていき、それを合成することによって万人にとって有用な分類を行なうことを試みる。~~ 他にも、開発途上のベータ版の状態でサービスを公開し、ユーザの意見を聞きながら洗練させてゆく開発手法や、SNS(ソーシャルネットワークサイト)などに見られるようなユーザ数が増えると急速に価値が高まっていく「ネットワーク効果」の概念、ブログの更新情報の配布などに使われるRSSのような「データについてのデータ」であるメタデータの整備や普及、Ajaxのようなページ遷移を伴わないWebアプリケーションのインターフェースなど、多くの「Web 2.0的」なアイデアが提出されている。

「一つの知的集合体を作り上げていくことのできる双方向性のweb環境」と言えばいいのだろうか?CNETの記事によればこの言葉の認知度がおおよそ4割だと言う。この数字が低いのか高いのかという議論になれば、個人的には高いと思う。やはり、知ってても知らなくてもネット環境にある人ならば、「体感している」ことだと思うから。体感していることを言葉で知るとより一層、興味が持てるのかもしれないが、インターネットをツールとして考える人にとっては特に知る必要がないだろうというのが個人的な意見なのですが…?皆さんはどのように感じますか?

http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



2006年10月11日

googleさんが止まらない!

You Tubeの買収劇で世界をあっと驚かせたGoogleがまたやってくれました。

「Google Docs & Spreadsheet」

簡単に言うと、Web上で文書作成や表計算を行うことが出来るというもの。これはかなりありがたい機能です。特に自分のように会社でWindows machineを、Macを使ってる者にとって、互換性は大きな問題です。以前よりは改善されたとはいえ、まだ文字化けが起こる事があるので…。

そればかりではない。Googleのサーバーが落ちない限り、PCのパフォーマンスが一定に保たれるからだ。つまり、PCの機種やスペックに依存しない、インターネットの通信速度だけに影響される環境が提供されたと言っても過言ではないだろう。それにHTML形式やPDF形式で保存することが出来たり、Bloggerとの連携も図られているためにblogに記事を編集することが出来る。あとは、文書を共有することが出来るので、仕事上でプロジェクト文書を作るのに使えそうだ。Microsoftの独壇場だったOfficeアプリケーションの地位を脅かすことになりそうだ。

%%ありがとうOffice, さよならOffice%%

と言ったところだろうか。以前からサーバーを使って、末端の端末でアプリケーションを使うということが企業では行われていたが、世界中の人に共通のサービスを提供しようとする大快挙をGoogleがやってのけようとしている。本当にGoogleは魅力的な企業だわ。

http://livedoor.blogimg.jp/tomykay/imgs/9/3/93b8bb74.gif



Google Adsense
本屋さん♪
google tools
Ads by Apple
Apple Store(Japan)
そうだ!音楽を聴こう…
 iTunes Store(Japan)
ネットでもはじめてみるか…
NTT西日本
blogをはじめてみよう♪
winの方はこちらもどうぞ♪
マイクロソフトライセンスセンター