おやじライダー^^

40中半でビッグスクーターに跨ったリターンライダー オフ車やネイキッドも乗り回し、自分に一番合ったバイクスタイルが見えてきたので購入したのがYAMAHA FJR1300A 買ったはいいけど 重くて動かすのが大変>< コケないように頑張ってます。

バトル! パートⅡ

先日話したスズメバチとの格闘
原始人のような投石戦法で巣を破壊したけど、残党が居残りリベンジを誓う
BlogPaint
青い囲みが落とし残した巣で、赤丸が残党
動画から撮りだし見にくいけど、とにかく怒りまくって狂暴化(怒!
子孫を葬られ、家をぶち壊されたから当たり前だけどw

この巣の在りかは新潟と福島の県境付近にあるスキー場
投石で巣を破壊した後に台風がまともに通過してくれたため蜂は逃げ出したのでは?
淡い思いを抱き 本日リベンジ戦を決行!

その結果
DSCF0067
\ WIN /

蜂は一匹も残っておらず、張り付いていた巣の残骸も3分の1程に縮小

主が去ったことを確認し、頭の上を通過したトンボにビビりながら
ぶち壊したハチの巣を拾い集めて記念撮影
DSCF0064
草刈り機のエンジンより数倍デカイ

下の写真のように、破壊前は長さ50cm以上あったから
DSCF0116
残骸だってかなりの大きさです。

残骸の周辺に生命体が残っていないのを確認してから、マクロを使って残骸を要観察@@

DSCF0065
これ巣の内側 幅1cm程の隙間を空けながら3重~5重の外壁を作ってます。
1重目は痛んでボロボロ あちこち穴だらけ (石ぶつけたから当たり前かw

DSCF0066
外側を撮影すると、白と茶色のコントラストがなんとも不気味だけど、これぞ明らかに自然のアート
刺さなければ いい奴らなんだけど・・・

とにかく、当社の業務を遂行するに安全確保できました。
明日のKYは、堂々と「蜂に注意!」 巣を撃退してから作業すること

あぁ~安心した^^

バトル!

ここ最近7急激に涼しくなり、私のような山奥の現場を徘徊する現場従事者には仕事しやすい気候となりました。
本日も山奥に入り、防災関連のチェックをしていたところ
DSCF0114
なんとなく不穏な気配を感じ、目を凝らして辺りを伺うと


ありました
DSCF0116
夏が終わり涼しくなると活発に動き出すブンブン野郎
直径30cm・長さ50cm程のスズメバチの巣
幸い小型の黄色スズメバチ 昨年刺された大スズメバチに比べれば大きさは半分
リベンジしてやります(笑

BlogPaint
春から夏は大人しくしてるけど、秋になって冬の気配を感じ始めると急激に狂暴になり、近傍で動いていれば かならずやってきます。
古典的な投石で巣を撃退することに、子供のころにやった石投げで巣をぶっ潰します(怒!

だいの大人二人掛かりで石ころを100発以上投げ、当たったのはたったの3~4発
野球少年として育った割には低い的中率
DSCF0121
さらに二人そろって翌日は肘が痛むし><

石を投げてるころには巣の周りに100~200匹群がっていたけど、巣が崩壊したら20匹程まで減りました。しかし、巣から離れる気配はなくせっせと修繕の準備に取り掛かる勤労さ(
石を当てた喜んでテンションがあがった我々より、蜂の方がはるかに興奮状態にあったため本日は作業を中止することに
来週には終わらせないといけない仕事なので、巣が復元された際には新たなアイテムを持参しリベンジ戦を
「tomzuはジェット噴射器を手に入れた」テケテ テッテッテッェ~♪

こんな話を孫に教えたら、「ハチの巣退治するの動画撮ってきて^^」だって
人の気も知らずに・・・

パッパっ パンクぅ~(苦

我が家の駐輪場での話です。出先でなく自宅で気づき難を逃れました(ホッ

走ってた時は何も感じず、重量級のせいで面倒くさい車庫入れもスムーズに済んだため違和感なかったけど、何気なくバイクを眺めていたらタイヤがペチャンコ><
膝で押すとタイヤがめ込む 空気圧0の状態
P9210049
タイヤが潰れていたのでセンタースタンドを立てようかと全身の体重をスタンドに集中し、
呼吸を止めて踏みつけ、ハンドルを持ち上げ、立ちゴケ寸前の格闘の末やっとこさスタンドアップ。
9月に入り、朝の気温が20℃を割った涼しいこの頃。無駄な汗を掻いてしまった(汗々
このタイヤ 交換し1ヶ月経っていない新品なのでショックのレベルは\倍/
2回のツーリングで走行距離はたったの500kmです。

パンク原因を探してみると、簡単に発見
P9210050


抜いてみると
P9210053
ステンレスのスクリュー釘。我が家の古びた外壁から抜け落ちた釘だと思います。
築25年経過しヤバくなってきたのは知ってたけど、こんな被害がでるなんて・・・

取り合えず原因が判明したため修理することに
P9210054
修理材注入でも済みそうだけど、今後10,000kmは使うつもりなので確実な方法で
(写真右側のゴム糊を使う従来からの補修方法)

四角錐形の針にゴム糊を載せ
P9210056
パンク穴にブスッ!
P9210057
穴を広げ、穴の中に糊を満遍なく塗布するための荒療治
説明書では、「最低3回繰り返せ」との事で、押し込みながらの回転方向は1方向のみ
私は時計回りでグリグリしました。

P9210060
糊を充填した後に詰め込みゴムに糊を塗って、思い切りズブズブッと

P9210061
赤いスペーサを付けてから入れないと入りすぎてヤバイらしいです。

P9210062
詰め込みゴムをブチ込んだ状態
P9210063
余計な打ち込みゴムをカットした状態

少し時間を置いて糊が固まるを待ってからエア注入
P9210070
FJRは180-17タイヤ 約250回ペコペコして3kPa 結構疲れますw
P9210067
260kPaになってるけど、最終的には取説通り290kPaまで入れました。

わがFJRには空気圧チェック機能付きバルブキャップを使用してるため
P9210064
パンク時

P9210068
修理後

空気圧が200kPa以上であれば緑色、少し少ないと緑~黄色、ダダ漏れしてると緑~黄~赤色と変化するためチェックは容易です。

出先でなくてヨカッタ^^ 涼しくなってきたので遠出する人も多いかと思います。
人里離れた山奥や、見知らぬ土地の夜間にパンクすると、かなりの労力と経費と気苦労が必要となります。皆さんも十分気をつけて楽しいツーリングとなるよう準備をお忘れなく です。
プロフィール

tomzu

ブログ村バナー
ギャラリー
  • バトル! パートⅡ
  • バトル! パートⅡ
  • バトル! パートⅡ
  • バトル! パートⅡ
  • バトル! パートⅡ
  • バトル! パートⅡ
livedoor 天気
  • ライブドアブログ
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村