おやじライダー^^

40中半でビッグスクーターに跨ったリターンライダー オフ車やネイキッドも乗り回し、自分に一番合ったバイクスタイルが見えてきたので購入したのがYAMAHA FJR1300A 買ったはいいけど 重くて動かすのが大変>< コケないように頑張ってます。

大変お世話になりました

今年の雪解けから始まり、年末の降雪期まで大変おせわになりました。
何のことかとお思いでしょうが、仕事で通った山奥の民宿の御夫婦への感謝の気持ちです。
場所は新潟と長野の県境にある秋山郷 小赤沢地区の「丸山荘」
築100年以上の旧家をリフォームし、山の幸満載の手料理を腹いっぱい食わしてくれます。

maruyamaso1

秋山郷は、新潟県中魚沼郡津南町と長野県下水内郡栄村とにまたがる中津川沿いの地域の名称です。(新潟県側に8つ、長野県側に5つの集落)
東を苗場山、西を鳥甲山に挟まれた山間地域で、日本の秘境100選の1つに数えられ、狩猟(特にクマ狩り)や焼畑を行っていたことでも知られ、交通・通信が不便で、豪雪地帯でもあったことから、独特の生活習慣が残されてきました。
江戸時代には、新潟県塩沢出身の文人「鈴木牧之」の著書 『秋山記行』 や 『北越雪譜』、また昭和になってからは、地理学者の市川健夫によってこれらの自然や歴史、風俗習慣が紹介されました。
秋山郷は、湯量豊富な秘境の温泉郷としても有名で、各集落には、それぞれ独自の源泉があり、温泉施設や温泉宿が存在しています。


お母さんの手料理 なんと13品@@
KIMG0264
県境にあるため地元と言って良いか悪いか微妙だけど、津南町の地酒で頂きます
DSCN0389

他のお客さんのup画像を拝借してみると
maruyamaso3
山菜と手作り餃子 餃子はお母さんの十八番で焼き立てホカホカを出してくれます。

maruyamaso2
根曲がり竹も美味かったし、春先には運よく熊汁も頂きました。

朝飯は
maruyamaso4
多少シンプルに見えるけど、ここに御飯とみそ汁がついて、食後のヨーグルトと珈琲がついて、お茶で締めくくるため、朝から腹満杯。

どなたの画像を見てもボリューム満点。
これらの食材の大半は、裏の畑の自家製&山で採ってきたもの
新鮮なのは勿論のこと 味付けも抜群です。

仕事をしてる時、ドッドッドッド・・・と谷間に響き渡るエンジン音を何度も聞きました。
狭い渓谷内を登ってくるので、エンジンが響き よく聞こえるんです。
雪が降るのが早く、雪解けが遅いのでバイクで行けるのは5~10月に限られちゃうけど、自然を堪能し 温泉に浸かり 美味しい山の幸で一献
大人のツーリングに最適かと思います。

初冬の息抜き

とうとう師走入りしてしまいました。
昨年の12月は記録的な大雪で仕事は滅茶苦茶><
猟師でもないのに山奥で稼いでる私としては辛い記憶がよみがえります。

それが今年は逆に快晴
KIMG0329
12月の新潟県とは思えない 雲一つないブルースカイ^^
冬期間は灰色の空に閉じ込められる新潟県人が、用もないけど出かけてしまうアルアル
思わず私も つられて出掛けてきましたw

KIMG0322
気温が10℃程まで上がるのを待ってから出発したFJR
まだ気温が低めだったせいか、2週間放置してたせいか解らないけど、
セルの音に元気なかった・・・(FIだから一発始動だけど)

FJRをアップで撮れば、
KIMG0327
陽射しが強かったおかげで、12月の写真とは思えない色合い
こげ茶色なんて爺くさいと思ってたけど、
この茶色に輝く車体に惚れて購入した経緯を思い出し、季節外れの陽射しに感謝(拝

天気は良くても 12月の新潟県の山奥はガラガラ
ノロノロ渋滞がなかったので、久しぶりに気合を入れて走ったら、超ぉ~腹が減ってきたw
KIMG0330
山奥にちなみ 蕎麦屋さんで昼飯
KIMG0331
蕎麦屋さんの入り口

KIMG0332
天日干しされた 真っ赤な唐辛子が出迎えてくれます。
風情があるでしょ^^

けど、ここは1番うえの写真に写ってる大きなホテルの敷地内にあり
そこそこリーズナブルなお値段で頂ける蕎麦屋さん
頂いたのは 冬の蕎麦の代表格
KIMG0334
冷たいそばを温かい鴨汁で頂く 「鴨せいろ」
関西人でもないくせに薄味を好む私は蕎麦湯で少し薄めて食したけど、鴨肉の臭みも抜けて美味しくいただけました。

それにしても、気温が15度程まであがり冬装備を一枚脱いでしまおうかと考えるほどの快適さ
異常気象万歳\(^o^)/なのか・・・ 昨年のような大ドンデン返しが待っているのか・・・
すごしやすい年末だといいけど

車検が終わったので

2~3ヶ月前の話になりますが
FJRを購入してから2年が過ぎ
無事に車検が終わりました。
2年間もノーマルのままバイクを維持したことがないので
何故かムズムズ血が騒ぎ、飲んだ勢いでポチってました(反省

PA140008
後ろめたいのでビニールに包んだ状態から始まりの

PA140015
開いて見せた状態からの
PA140010
Two Brothers Racingのスリップオンマフラー
Amazonで定価の半額で売ってたので 思わずポチッと!

PA210031
ノーマルを外し 新しいのをポン付けしてしまえば あっという間にドレスアップ
PA210034
シルバーとブラックの地味な2トーンカラー ブラックシリーズって奴です
メーカーのオリジナルは、最初の写真のステッカーのように青・赤・黄色の派手な色が使われてるけど
私は地味好きな根暗人間なので(笑

サイレンサー内部は直管です。新品なので とても綺麗
PA140012
離してみれば解りやすいかな?
PA140011
バッフル付きでYouTubeでは 良い音してたけど リアルは音が割れてテンション
装着した姿は問題ないけど、もっと拘りを見せ、静かな低温が響き渡る音とか、澄んだ高音で回転数が上がるとフォ~ンみたいな楽器のような音色等
走り出した際のワクワク感を感じさせて欲しかったと思わせる出来栄え
FJR乗りさんのために詳細を話せば、アイドリングから3000rpm付近までは低音が響くけど、
それ以上だと、ノーマルとの差が分からないほどの静音。ただし、汚いバリバリ音が響く感じで残念・・・

 今までマフラーなんて変えてしまえば そこそこ満足し 弛んだ下腹に低音が響けば満足してたけど、いつの間にか綺麗な音色を求める年代に入っていたようです。

ハーレーの 「ドッ ドッ ドッ ドォン!」も いいけど
4気筒の「ポォ~」が、「フゥォ~~ン」に変化する瞬間も捨てがたい。
最後の1台なんだから 思い切り満足させてくれるパフォーマンスを期待してるけど
思った程 上手くいきません・・・><
プロフィール

tomzu

ブログ村バナー
ギャラリー
  • 大変お世話になりました
  • 大変お世話になりました
  • 大変お世話になりました
  • 大変お世話になりました
  • 大変お世話になりました
  • 大変お世話になりました
livedoor 天気
  • ライブドアブログ
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村