4048676652それでも会社を辞めますか? 実録・40歳からの仕事選び直し (アスキー新書)
多田 文明
アスキー・メディアワークス 2009-02-11

by G-Tools

キャッチセールス潜入取材ルポ『ついていったら、こうなった』で有名な多田文明さんの転職論の本。図書館で見つけて借りてみました。

多田さん本人の転職体験談も書かれていました。本が売れて有名になっても、フリーライターでは全然生活できません。収入を得るため就職しようと面接を受けても「さぞかし作家先生としてもうかっているのでしょうねえ」と嫌味を言われ、『ついていったら、こうなった』で取り上げた企業から損害賠償請求の訴えを起こされ、テニスのインストラクターを始めるも体力が続きません。

《転職にはこれだ!というコンプリートなテキストはない。それゆえ、本書で述べたような生きた体験談こそ、いざ倒産、リストラ、解雇などの憂き目にあった時に役立つものになるのではないだろうか。》(p187)とあとがきにありますが、人によって置かれている環境もこれまでの経緯も違うので、他人の体験談がそのまま役立つということはありません。

《中高年の働き口はタイミングで決まるものだといってもいいかもしれない。》(p128)と書いてあるとおり、努力していろいろやってみてもうまくいかないときもあれば、逆になんとなくうまくいくということもあるでしょう。結局は、運次第だと思います。だから、他人の意見や人目を気にせず、自分が納得いくように、好きなようにやるしかないと思います。

◆あなたは会社派?それとも独立派?
 自分が会社派か独立派かを見分けるための設問というのがあったので、やってみました。下記の設問でYESが多いほど独立派の傾向が強いそうです。

Q1:考えてみると、会社の中で評価された記憶があまりない。
Q2:興味関心のあり方が非常に狭い。
Q3:様々な個性の人間をまとめてチームを率いていくような作業は苦手である。
Q4:毎年、出す年賀状の数ともらう年賀状の数は3:1以上の開きがある。
Q5:会社の忘年会は何かと理由をつけて欠席したいタイプである。
Q6:はっきりいって空気を読むのは苦手だ。
Q7:自分が決めたやり方を押し通す傾向がある。
Q8:仕事以外の人脈を多く持っている。
Q9:出来ればランチは一人で食べたい方だ。
Q10:仕事はできるだけ早く終わらせて、次のことに入りたい。

やってみたら、私は完ぺきに独立派でした。単に人付き合いが苦手なだけだと思いますけど。